10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぶらり鎌倉号」「鎌倉あじさい号」を撮りに横浜・平沼橋へ。。。。

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
神奈川県鎌倉市ではアジサイの花が見ごろらしいですが、
(「らしいですが」って・・・例年、とんでもなく混雑しているから、私は見に行かないけど)
JR東日本では、6月の土曜・休日を中心に、各地から鎌倉への臨時列車を運行していました。

(2014年)6月22日(日曜)、常磐線いわき発の「ぶらり鎌倉号」と、青梅線青梅発の「鎌倉あじさい号」をメインに、「気分転換撮影」に行ってきました。
(*'-'*)
このところ、お金と時間があれば「東海道五十三次を歩こ~♪」で東海地方へ行ってばかりで、「列車撮影」をほとんどやってないのでね。。。。

今回、撮影場所に選んだのは、横浜から相模鉄道に乗って一駅、平沼橋駅のホームです。
ここに来たのは何年ぶりでしょうか。約1km北を旧・東海道が通っており、そこは歩いているんですが、
ホームから撮影したのは、湘南新宿ラインに115系が入っていた頃ですから、2001~02年ごろでしょうね。もう10年以上も前です。

お目当ての9707M「ぶらり鎌倉号」は、水カツ(勝田車両センター)のE653系「K308」編成(7連)でした。
水カツE653系「K308」編成・急行「ぶらり鎌倉号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)1

E653系は「フレッシュひたち」からの撤退後、新潟へ転属して特急「いなほ」用になったグループと、勝田に残留して臨時列車に使われているグループに分かれましたが、
勝田残留組のうち7両編成のものは、いつまでこちらに残るんでしょうか。
当初の計画では、「7連は全部新潟へ転属」という話で、首都圏の臨時列車用に残るのは4両編成だけと聞いていましたが、
この夏の常磐線では、E653系7連や、7+4=11連の臨時列車も結構走るようですから、少なくとも来春ぐらいまではこのまま推移するのでしょう。
(「ぶらり鎌倉号」自体も、まだ6月24・26・28・29日、7月5・6日の運転が予定されています。)
ただし、来春、E657系車内の「空席表示灯」取付工事が完了し、今「フレッシュひたち」1往復に充当されている651系の「暫定運用」が終了すると、なんらかの変化があると思われます。

いずれにしろ、このE653系は「神奈川県には、たまにしか来ない車両」で、横浜市内を通過するシーンは、しょっちゅう見られるものではありません。
水カツE653系「K308」編成・急行「ぶらり鎌倉号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)2

ところで、この「ぶらり鎌倉号」って「急行」なんですね、急行
JRの急行列車は、今では非常に珍しくなりました。

珍しい列車だけ撮るんじゃなくて、定期列車にもカメラを向けましょう。
特急「踊り子107号」、宮オオ(大宮総合車セ)の185系「A5」編成。
宮オオ185系「A5」編成・特急「踊り子107号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)

伊豆もアジサイの季節。そして、金目鯛がおいしいんじゃないでしょうか。
私は撮らなかったけど、夕方には伊豆急下田~東京間に185系の団体専用列車「あじさい・下田きんめ祭り号」が走ったようですね。
(前日行った列車の折り返し。)

この日は「マリンエクスプレス踊り子」の運行はなく(7月19日から再開)、定期の「成田エクスプレス」でも撮っておきましょう。
これは「N'EX8号」(2008M)として横浜に到着したE259系を、大船まで回送する列車だったようです。
横クラE259系(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)

10時44分ごろ、185系4+6連の団体専用列車9721M(勝浦~鎌倉間。総武快速線・横須賀線経由)が通過しましたが・・・
宮オオ185系「B7+B4」編成(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)1

初期「踊り子」カラーになった「B7」編成+現行「踊り子」カラーの「B4」編成でした。
へぇ~、B7って初期「踊り子」カラーになったんだなぁ。。。。
( ゜。゜)
私が旧・東海道をベタベタ歩いている間に、4月下旬から初期「踊り子」カラーになったようですね。
宮オオ185系「B7+B4」編成(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)2

10時55分ごろ、8029M「踊り子109号」伊豆急下田・修善寺行きがやってきます。
この列車自体は、ほとんど毎週末に走っていて珍しくありませんが、編成は7+5=12連で、7連の下田行きに何が入るのかと思えば。。。。

この日は「157系調」の185系「OM 08」編成!
しかも、修善寺行きは初期「踊り子」カラーの「C1」編成!
ヽ(゜∀゜ )ノ
宮オオ185系「OM08+C1」編成・特急「踊り子109号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)1

この組み合わせ、めったに見られませんよ。
宮オオ185系「OM08+C1」編成・特急「踊り子109号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)2

以前「見られる確率は、宝くじで高額当選するようなもの」と書きましたが、南へ走り去るのを見送りながら、5億とか7億とまでは言わないけど、100万円ぐらい当たったような気分になってました(笑)。
o(^▽^)oキャハハハ
宮オオ185系「OM08+C1」編成・特急「踊り子109号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)3

「踊り子109号」で、すっかり「満ち足りた気分」になっちゃいましたが(笑)、
お目当てのラスト、11時05分ごろ通過した9771M快速「鎌倉あじさい号」。
この列車は八王子支社設定の列車ですが、車両は例年、長野支社の183・189系を借用しています。
この日は長ナノの183・189系「N101」編成。
長ナノ183系「N101」編成・快速「鎌倉あじさい号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)1

「N101」編成は京浜東北線仕様のATC装置を搭載していたので、かつては「はまかいじ81・82号」として横浜へ来る機会も多かったんですが、当時は旧・「あさま」色でした。
旧・国鉄特急色に戻って東海道線を行く姿、昔の183系特急「あまぎ」を思い出しますね。
長ナノ183系「N101」編成・快速「鎌倉あじさい号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)2

相鉄線の駅にいるんですから、もちろん、相鉄の電車も撮ってますよ。
(*'-'*)
この7000系赤塗装車は、昔は「相鉄といえば、これ」って感じでしたが、新型車両が増えて残り少なくなってきました。
相模鉄道7000系・7712F(2014年6月22日・平沼橋駅)

2014年4月27日のダイヤ改正から、相鉄にも「特急」が登場しました。
相模鉄道8000系・8711F(2014年6月22日・平沼橋駅)

本線の特急は横浜・二俣川・大和・海老名に、いずみ野線の特急は横浜・二俣川・いずみ野・湘南台に停車しますが、停車駅は「かなり厳選した」って感じですね。
相模鉄道停車駅案内(2014年6月22日・平沼橋駅)

ただし、各駅停車が若干減ったようで、以前は、いずみ野線の各停は横浜~湘南台間直通が基本でしたが、ダイヤ改正後は二俣川~湘南台間折り返しの各停が1時間に2本ぐらいあるようです。
(以前は、いずみ野線内折り返しの各停は早朝・深夜のみ運転していた。)

5月10日から、12月下旬までの予定で、相鉄のキャラ「そうにゃん」のラッピング車「そうにゃんトレイン」が運行されています。
「ぬこ」なのだ!(≡^∇^≡)
相模鉄道11000系・11003F(2014年6月22日・平沼橋駅)

相鉄のキャラは「そうにゃん」の他、「マナーアップキャンペーン」のキャラとして、「マナミー」という女の子もいますよ。

そして、これ。
相模鉄道10000系・10708F(2014年6月22日・平沼橋駅)

これはお似合い! テレビ東京とタイアップした「帰ってきたウルトラヒーロー号」。
4月30日から運行されており、8月下旬まで走る予定です。
では~♪(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

やっと撮れた!JR東海の213系

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
かなり前の話になりますが、2010年2月16日に
『今日は「岡山の」213系の日!o(^▽^)o』という記事を掲載しました。
http://mitsuka115jnr.blog119.fc2.com/blog-entry-94.html

岡オカ213系(岡山駅・2001年4月25日)

その中で、
「JR東海・神領車両区(海シン)所属の213系電車の写真を掲載したいが手元になく、車両運用の関係で”名古屋に行けば撮れる”というものでもないので、今回は割愛」
としましたが、
ようやく撮れましたよ、JR東海の213系を!
\(^o^)/
海カキ213系「H14」編成(2014年5月5日・豊橋駅)

2010年当時、JR東海の213系は関西本線(名古屋~亀山間)中心に走っていましたが、2011年9月末日限りで関西本線から撤退し、313系に置き換えられました。
その後は飯田線に転用されることになり、トイレの取り付けと、ドアの半自動回路(押しボタン式)取り付け改造工事を施され、2011年11月27日から改造第一陣が飯田線で走り始めました。
(同時に、所属も神領車両区→大垣車両区[海カキ]に変更。)
改造工事の済んだ編成から順次、飯田線に投入され、2012年3月17日のダイヤ改正を機に、213系全14編成が飯田線での運用を開始。従来の119系電車を完全に置き換えました。

上の写真は海カキ(大垣車両区)「H14」編成(クモハ213-5014+クハ212-5014)。2014年5月5日、豊橋駅で撮影。
213系は飯田線全区間(豊橋~辰野間)の他、中央本線の上諏訪駅まで顔を出す運用もあるんですが、それも含めて私は見る機会がありませんでした。

4年前の記事のことで、時間は経過してしまいましたが、気になっていた件を掲載できたので、胸のつかえが下りた思いです。
(;゚∀゚)=3
============================
豊橋駅に行ったのは「東海道五十三次を歩こ~♪」の一環です。

現在の進行状況は、静岡県から愛知県に入っており
2014年5月5日19時に、岡崎宿(愛知県岡崎市)の名物「岡崎の二十七曲がり」を通り抜け、
名鉄名古屋本線の岡崎公園駅で切り上げ、帰京したところですが、
江戸・日本橋からの距離は316Kmに達しました

東海道は江戸~京都間492Kmとされていますので、残り176Kmです。
もっとも、176Kmとは江戸~府中(現:静岡)間に匹敵しますから、「残り3分の1」といっても、まだまだ気は抜けませんね。。。。
( ・_・)
ところで、最近は「東海道五十三次を歩こ~♪」の記事が多く、「撮り鉄」の記事が少ないので、ご不満の方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回は「東海道五十三次を歩こ~♪」番外編として、
「歩きながら撮った鉄道ちゃん」の写真をピックアップしましたので、これをご覧いただこうと思います。
(*'-'*)

由比宿から倉沢の「間の宿」を経て、薩埵峠(さったとうげ)へ向かう途中の道(静岡市清水区)で見下ろした東海道本線の線路を、313系が通過していきました。
薩埵峠(東海道本線由比~興津間)(2014年3月9日)

ここは、以前『鉄道ピクトリアル』の表紙になった場所で、「どうやって行くんだろう?」と思っていたんですが、
行ってみれば何のことはない、由比駅から徒歩20分ぐらいの場所。このあたりまでは坂道も大したことはありません。
坂がきつくなるのは、ここから先なんですよ。。。。
(2014年3月9日)

薩埵峠を越えて、興津川の川べりで橋梁を渡る313系+211系の普通列車を撮影。
この313系+211系の併結編成は、静岡支社ではポピュラーな存在で、これを見かける間は「歩いても歩いても静岡県」です(笑)。
(2014年3月9日)
興津川橋梁(東海道本線由比~興津間)(2014年3月9日)

江尻宿(静岡市清水区)を過ぎて、静岡鉄道に沿う旧東海道を歩いていたんですが、
現在は「南幹線」(県道静岡草薙清水線[407号線])と呼ばれるこの道は、自動車販売店が並ぶばかりの退屈な道で、
思いついて、静鉄の線路沿いの市道へ転進。

地元の方は「先刻ご承知済み」でしょうけど、この静鉄1000系電車には、最初からクーラーが搭載されていた編成と、後から改造で取り付けた編成があり、
当初からの編成には、分散式のクーラーが搭載されています。
静岡鉄道1509+1009(草薙~県立美術館前間)(2014年3月9日)

一方、後付けの編成は、集中式のクーラーが屋根上に1基だけ。このような違いがあります。
(2014年3月9日)
静岡鉄道1505+1005(草薙~県立美術館前間)(2014年3月9日)

府中、丸子(まりこ)と過ぎ、宇津ノ谷峠を越え、岡部、藤枝と来る間は、旧東海道とは離れていますが、
藤枝~島田間では、ほぼ東海道本線と並行します。
六合駅の手前、田んぼの中を走る313系のサイドビュー。
(2014年3月29日)
静シス313系(藤枝~六合間)(2014年3月29日)

島田から「越すに越されぬ大井川」を、大井川橋を歩いて15分で越えると金谷宿。
旧東海道は、大井川鐵道と踏切で交差します。
大鐵の本数は少ないので、「列車と出会うかどうか」と思っていましたが、踏切の警報機が鳴っている!
ε=ε=┏( ・_・)┛
踏切までダッシュで行けば、C56 44号機牽引の「SLかわね路14号」でした!
ヽ(゜∀゜ )ノ
大井川鐵道C56 44(新金谷~代官町間)(2014年3月29日)

「トイレ休憩」を兼ねて新金谷駅へ行ってみたら、西武鉄道から来た電気機関車・E34号機が車両区にいる。。。。
| |д・) ソォーッ…
大井川鐵道新金谷車両区(2014年3月29日)

この機関車は西武から購入後、長い間使用されず千頭駅構内に留置されていましたが、里へ下りてきたってことは、いよいよ「使う」つもりなのか?!
!( ゜д゜)
(2014年3月29日)

場所は飛んで、浜松を過ぎて、浜名湖。
弁天島から新居町への途中、浜名湖橋梁を行く311系電車を撮りました。
浜松~豊橋間の普通列車は、静岡支社の車両と、本社直轄(東海鉄道事業本部)の車両が半々なのかな?
(2014年4月13日)
海カキ311系(弁天島~新居町間)(2014年4月13日)

新居宿から白須賀宿を経て愛知県に入り、二川宿手前の踏切を、313系がカッチョよく通過するのを撮れましたが、
これを撮るために、ここで20分近く待機しました(笑)。
(2014年5月4日)
静シス313系「T16」編成(新所原~二川間)(2014年5月4日)

二川宿の本陣資料館を見学後、裏に回ったら・・・
EF210-155[新]牽引のレール輸送列車が通過しました。
EF210-155[新](新所原~二川間)(2014年5月4日)

この機関車は、私の実家に近い新鶴見機関区の所属で、
「やあ、みっぴょん。よくこんな所まで歩いてきたね」
と言ってました(嘘)。
(2014年5月4日)

二川宿から吉田宿(現:豊橋)へ。
豊橋といえば、今では旧東海道で唯一、「路面電車の走る街」。
(2014年5月4日)
豊橋鉄道モ3502(2014年5月4日・札木電停)

吉田宿から御油宿へ向かう途中で日没が近くなり、この日は切り上げて、伊奈駅から名鉄に乗って豊橋へ戻り、泊まりました。
「パノラマSuper」1000系+1200系の特急、健在です。
(2014年5月4日)
名古屋鉄道1000系+1200系(2014年5月4日・伊奈駅)

翌日、伊奈駅から歩き出して約3.5Km。旧東海道と国道1号線の合流点付近、跨線橋で名鉄名古屋本線を渡ります。
1000・1200系に、1800系を増結した特急電車が通過。
名古屋鉄道1000系・1200系+1800系(2014年5月5日・小田渕~国府間)

この名鉄の形式名がよくわからず、この原稿も『鉄道ピクトリアル』別冊の「名鉄特集号」で調べながら書いてます(笑)。
(2014年5月5日)

御油宿を過ぎて、いったん国道1号線と分かれた旧東海道は、再び国道に合流。
この区間は、ずっと名鉄線と並行します。
(2014年5月5日)
名古屋鉄道1000系(2014年5月5日・名電長沢~本宿間)

本宿の近く、旧街道から離れて名鉄の列車を何本か撮ってみました。
名古屋鉄道6800系(2014年5月5日・名電長沢~本宿間)

名古屋鉄道3100系+3700系(2014年5月5日・名電長沢~本宿間)

さらに進んで藤川宿の手前、名鉄の舞木検査場(名電山中~藤川間)下でも撮影。もっとも、雨が強くなって暗く、あんまりうまくいきませんでしたが。。。。
名古屋鉄道3100系(2014年5月5日・名電山中~藤川間)

旧東海道を歩く旅が終わったら、再び沿線を訪れて、ゆっくり名鉄電車を撮ってみたいなあ。。。。
(*'-'*)
(2014年5月5日)

この旅の詳細は順次書いていきますので、お楽しみに♪
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

臨時特急「あけぼの」、ただいま絶賛運行中!

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
2014年3月15日のダイヤ改正で定期運行を終了した、上野~青森間の寝台特急「あけぼの」が、
この大型連休期間中、臨時列車として運行されています。
●下り(9021列車) 上野発4月25日~5月6日運転
(上野発21:33→青森着12:19)
●上り(9022列車) 青森発4月24日~5月5日運転
(青森発17:11→上野着6:20)

この臨時運行、春季以降は、いったいいつまで実施されるか全く不明で、
「夏の臨時列車」としての運行があるかどうかも、今のところわからないため、
(2014年)4月27日の朝、毎度おなじみ東十条で9022列車を撮ってきました。
EF64 1031[長岡]牽引・臨時特急「あけぼの」9022列車(王子~東十条間)(2014年4月27日) (1)

牽引機はEF64 1031[長岡]でした。

客車は、定期運行時代は寝台車8両+電源車の9両だったんですが、臨時列車に格下げ後はA寝台車(スロネ24 550番代)が連結されなくなり、
「ゴロンとシート」車(普通車指定席)も廃止、B寝台個室「ソロ」(オハネ24 550番代)も1両だけになりました。
寝台車6両+電源車の7両編成になった姿、たった2両減っただけですが、妙に短くなった感じがしましたね。
臨時特急「あけぼの」9022列車(王子~東十条間)(2014年4月27日)

これは「ついで」ですが、上野到着後、尾久車両センターへ入庫する回送列車(回9022列車)も日暮里で撮れました。
EF64 1031[長岡]牽引・臨時特急「あけぼの」回9022列車(日暮里駅)(2014年4月27日)

せっかく早く起きたので、651系「スーパーひたち4号」の入庫回送も撮りましたよ。
水カツ651系・「スーパーひたち4号」回送(日暮里駅)(2014年4月27日)

651系のオリジナル車(交流/直流両用。水カツ[勝田車両センター]所属)は、『鉄道ダイヤ情報』5月号によれば、
現在、K103・K105編成(7連)とK201・205編成(4連)が残っているとのこと。
いつのまにか、「草津」「あかぎ」系列車に充当される1000番代車(直流専用。宮オオ[大宮総合車両センター]所属)の方が多数派になってしまいましたが、
オレンジ色の帯がないオリジナル車の運用は2015年3月ごろまでだそうですから、日の出の時刻も早くなってきたことだし、日暮里なんかじゃなくて、もっと北で撮りたいですね。
(*'-'*)

では~♪(*'​-')​ノ
============================
【おまけ】
東京メトロ千代田線車内で見た広告。
東京メトロ企業広告(千代田線車内)(2014年4月27日)

左側は東京メトロの企業広告で、「総合指令所」の存在と意義をPRするもの。

右側はTBSテレビの新番組、ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』の広告。
原作は、かの記録的な大ヒット作『半沢直樹』と同じ池井戸 潤氏で、「柳の下のドジョウ」狙いなのがミエミエ(笑)。
(2匹目は、いるのか?!)

それはいいんですが・・・
「企業ドラマ的な図柄」っていうのは、
こんなふうに、似たイメージになってしまうものなのか?

と思って撮りました。。。。
o(^▽^)oキャハハハ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

鶴見線にシキ180がやってきた!

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
(2014年)4月9日から10日にかけて、栃木県小山市にある高岳(たかおか)製作所から、横浜市鶴見区の東芝へ変圧器の輸送があり、
東北本線の小山から鶴見線の新芝浦に向けて、特大貨物輸送列車が運行されました。

特大貨物輸送列車は、首都圏では深夜の運行が多いので、なかなか見る機会がありません。この種の列車は速度を出せないので、昼間は走れないんでしょうね。

今回の充当貨車はシキ180形とのこと。これは80トン積み低床式大物車で、大物車の中では「小型」の部類なんでしょうね。1965(昭和40)年、国鉄浜松工場製の貨車で、この世に1両しか存在しません。
「使い勝手は良い」といわれ、比較的よく走っているようです。JR貨物の所有で、宇都宮貨物ターミナル駅常備です。

大物車といえば、巨大な240トン積みのシキ610形あたりを見たいところで、シキ180形ではいささか物足りない気もするんですが、「大物車が昼間の首都圏を”積車”で走る」こと自体そんなにないことですから、私も4月10日の朝、見に行きました。
(*'-'*)
夜勤明けに鶴見線の浅野駅へ。今日は「暖かい」どころか「暑い」とすら思えましたが、撮影日和です。桜は、だいぶ散っちゃいましたけどね。

DE10 1666[新]に牽引されて、9時50分にやってきました(列車番号:9997列車)。
DE10 1666[新]+シキ180(鶴見線浅野駅・2014年4月10日)1

こうしてみると、やっぱり大きいですね。真ん中の青い物体が積荷の変圧器です。
DE10 1666[新]+シキ180(鶴見線浅野駅・2014年4月10日)2

この貨車は「4台車・10軸」ですが、外側から2軸+3軸+荷台+3軸+2軸・・・と数えます。
走行音は「タタタタタタ・・・」という感じで、意外に静かでした。

鶴見線も205系電車が走るようになって久しいですが、103系電車から205系になって以来、私はあまり撮っていません。
平日朝夕のラッシュ時以外は極端に本数が少ないのが痛いんですが、あらためてカメラを向けてみると「205系もいいね」と思えました。
今度、ゆっくり撮りに来よう。。。。
横ナハ205系「T11」編成(鶴見線浅野駅・2014年4月10日)

ちなみに、浅野駅のホームは。。。。
「電車とホームの間が開いております」なんてもんじゃないですよ、これは!
( ゜。゜)ウヒョー
鶴見線浅野駅・ホームの隙間(2014年4月10日)

どうせ常連さんしか乗らない路線ですし、京浜工業地帯の地位低下で、現在では横浜支社管内でワースト3に入るとされる赤字路線ですから、改善が行き届かないんでしょうね。
もっとも、こうした「いまいち、JRの規格に合わない」というか、「旧・鶴見臨港鉄道をいまだに引きずってる(笑)」ようなところが、鶴見線の面白さなんですけどね。

さて、私は繰り返し書いているように鶴見の生れでして、シキを撮ったら母に「なんか食べるもん、ある?」と電話し、実家に顔を出してきました。
母は「鶴見線に今日、何か珍しいのが走ったの?」と笑ってましたが。
(*'-'*)
私の家は鶴見区でも山側になり、ここ浅野駅からはちょっと距離があるんですが、「産業道路を渡ってゴム通りへ出たら、タクシー拾えるかなぁ」と思いながら、歩き出しました。
「ゴム通り」! 川崎市側には「セメント通り」っていうのもあります。
よその土地の方が聞いたら「なにそれ?!」って言いそうですが、本当にそういう名前なんですよ。昔、横浜ゴムの工場があった名残で。
今、その跡地は「ヨコハマアイランドガーデン」という大きなマンションになっております。
では~♪(*'​-')​ノ
==========================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

「いずっぱこ」(伊豆箱根鉄道)駿豆線で遊ぼ~♪

伊豆箱根鉄道3000系(第4編成)(2014年3月8日・三島~三島広小路間)

こんにちは、みっぴょんです。

昨日、2014年3月11日は東日本大震災から3年目でした。
亡くなられた方々にあらためて哀悼の意を表します。
また、被災された方々の生活が一日も早く、元通りに戻るよう
心から祈念いたします。

私は今年も、地震発生時刻の14時46分に1分間の黙祷を捧げました。
==============================
さて、2014年3月8日、湯河原駅で583系の撮影に成功してから先の旅日記です。
(*'-'*)
583系編成は夜、弘前へ戻るまで伊東駅構内で待機するようですが、私は熱海から9時58分発の静岡行き(1429M)に乗り、三島で下車。

かねて、私は185系電車を追いかけており、このブログでも下手な写真と記事をご紹介していますが、
「いずっぱこ」こと伊豆箱根鉄道駿豆線内を走る特急「踊り子」を、同線の沿線で撮ったことがありません。
「踊り子」の修善寺行きは、伊東・伊豆急下田行きに比べて利用者が少ないようで、「いつまで走るのか?」という話題が絶えない列車です。

2014年2月11日に、伊豆縦貫自動車道(東駿河湾環状道路)の三島塚原IC~大場・函南IC間、および連絡道の大場・函南IC~函南塚本IC間が開通し、
これが三島側では東名・新東名高速と、函南側では伊豆中央道(国道136号線バイパス)と接続しました。
伊豆中央道は、従来から修善寺道路(これも伊豆縦貫自動車道の一部分)と接続していたので、結果的に、東名・新東名から修善寺まで、自動車道だけで行けるようになりました。

現在、東京(新宿)~修善寺温泉間には、東海自動車と小田急箱根高速バスによる共同運行の「伊豆=新宿ライナー」が一日2往復、細々と運行されていますが、
所要時間は新宿~修善寺間2時間45分、運賃は2500円で、このバスが自動車道の延伸に伴って大増発されたら、「踊り子」を脅かす存在になることは間違いありません。

このバスは、2014年4月1日から、消費税増税に伴い運賃が2570円に改定されますが、
同時に、「伊豆長岡・修善寺温泉ライナー」に改称され、経由ルートも新東名高速・伊豆縦貫道に変更されます。
(注:これに伴い、現行ルート[国道1号線]上にある「サントムーン柿田川」停留所[静岡県駿東郡清水町]は、3月31日限りで経由しなくなる。)

「”踊り子”の修善寺編成は、185系引退時に、新型車両には置き換えずに廃止では?」と噂する人もあるんですが、バスのルート変更によって、それも現実味を帯びてきた感じですね。

そこで、185系撮影をメインに「いずっぱこで遊ぼ~♪」
(*'-'*)/
この路線の有名撮影地といえば、三島二日町~大場(だいば)間の「北沢林道踏切」付近があまりにも有名で、自社の公式サイトやポスターでも使われていますが、「有名になりすぎた」感じもします。 
富士山が見えればともかく、今日は2合目から上が雲に隠れて全然見えないので、あまりこの踏切にこだわる意味はなく、今回は割愛。
それより、私は三島市内の線路が曲がりくねった区間が好きで、三島の次の三島広小路駅で下車。
この、線路際までびっしり家並みが迫っている狭い空間を行く「クネクネ感」が好きなんです(笑)。
伊豆箱根鉄道3000系(第3編成)(2014年3月8日・三島~三島広小路間)

伊豆国分寺の周囲をぐるっと回って、三島駅に近い踏切で待っていると。。。。

三島発10時40分の4025M「踊り子105号」が来ましたが、これが初期「踊り子」カラーに戻った「C1」編成でした!
ヽ(^▽^)ノ
宮オオ185系「C1」編成(2014年3月8日・三島~三島広小路間)

そろそろお腹が空いてきたので、早めの昼食にしようと三島広小路駅前に戻りました。
三島といえば「うなぎ」で、以前訪れた際(2012年1月28日)には三嶋大社前の「すみの坊」というお店でうな丼を食べましたが、確か2500円ぐらいだったか。
その後、うなぎは稚魚の価格高騰で、とんでもない高級食品になりましたから、今ならいくらなんだろう。。。。

三島広小路駅前にも「桜家」という超有名店があるんですが、なんと11時の開店を前に行列ができており、制服の警備員が誘導するほどの人気でした!
( ゜。゜)ウヒョー
このお店で最も安い「うな丼」(うなぎ2枚)は3600円だそうで、まあ、そのくらいのお金はあり、旅費が足りなくなったら「ゆうちょ銀行」のATMへ走るまでですが(笑)、
それより、うなぎというのは調理に時間がかかるもので、そちらの方が気になります。今日は食事に来たんじゃなくて、電車の撮影が主目的なのです。。。。
そこで「桜家」の向かいにある「ビストロ大木」というお店に入りました。
何を食べるか思案し、880円の「カツカレー」とコーヒーを注文。
おいし~♪(*'-'*)/
P3080037.jpg

じっくり煮込んだカレーはおいしく、開店40周年記念で「コーヒーはサービスします」とのことで無料になり(注:3月9日まで)、満足して駅へ戻りました。

450円区間の切符を買い(本当は「駿豆線一日乗り放題乗車券『旅助け(たびだすけ)』」[1000円]を買うと、若干お得だったらしい)、電車に乗ります。
到着を待つ間、地元の不動産広告を見ていたんですが、伊豆長岡駅から徒歩5分のところにあるアパート(6部屋)が3600万円で売りに出ていました。
( ゜д゜ )bフムフム?
今、1部屋1ヶ月6万円の家賃で貸しているらしく(温泉街なので水商売の人が相手なのか、三島二日町あたりより高い)、単純計算だと、大家には月36万円の収入があることになります。
このアパートを買い取って、家賃収入で生計を立て、毎日富士山を眺めながら、初期の村上春樹氏みたいな文体の「粋な小説」(笑)でも書く人生も悪くない・・・と、一瞬思ったんですが、一括で3600万円を払えるはずはないから、当然ローンでしょう。
さらに、税金や営繕費の積み立てなどを考えると、私の手取りは実質的には半分、1ヶ月に約20万円ぐらいか・・・と、現実に引き戻されたところで修善寺行きの電車が来ました。
村上春樹調の「粋な小説」執筆はともかく、もうそろそろ私も「老後の過ごし方とお金」のことを考えなければならない年齢になっているのです。やれやれ(笑)。。。
(*゚ー゚)ゞ
終点・修善寺のひとつ手前、牧之郷で下車。
「まきのごう」ではなく「まきのこう」と読み、ローマ字も「MAKINOKO」になっています。
伊豆箱根鉄道駿豆線・牧之郷駅駅名標(2014年3月8日)

この駅は相対式ホームの交換可能駅で、無人駅です。
修善寺行き(1番線)側・三島方面行き(2番線)側のどちらからでもホームに入れますが、
伊豆箱根鉄道3000系(第1編成)(2014年3月8日・牧之郷駅)

券売機は2番線側にしかありません。1番線側には路線バスと同じタイプの整理券発行機があり、「修善寺へ行く人は、これを取って乗り、修善寺駅で運賃を払ってください」という方式。
「修善寺行き(130円区間)専用」の券売機など設置してもあまり意味はなく、当然といえば当然ですが、ずいぶん合理的ですね。
伊豆箱根鉄道3000系(第5編成)(2014年3月8日・牧之郷駅)

1991(平成3)年と92年に、2編成作られた7000系が来ました。
伊豆箱根鉄道7000系(第1編成)(2014年3月8日・大仁~牧之郷間)

これは「JR線乗り入れ仕様車」で、運転台のハンドルはJRの211系と同じツインレバー式になっており(3000系はワンハンドル式)、JR線仕様のATS装置や列車無線装置をいつでも取り付けられるよう、準備されていました。
客室内は、転換式クロスシートです。
なぜ「JR線乗り入れ仕様車」なのかといえば、この沿線は、沼津市や富士市で働く人たちのベッドタウンで、東海道線に直通する通勤列車の運転が企画されたんです。
残念ながら、景気の後退その他によって、この計画は事実上中止され、その後の増備車は7000系ではなく、3000系のステンレス車(第6編成。1997年製造)になりました。
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)(2014年3月8日・三島~三島広小路間)

伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)(2012年1月29日・三島広小路駅)

なお、1300系という車両(元:西武101N系)もあるんですが、どうも予備車的な存在らしく、この日は走っているのを見かけませんでした。
今回は遭遇しませんでしたが、過去の写真があったので、載せておきますね。
(左側、8番線に停車中の車両。2012年1月28日、三島駅。)
伊豆箱根鉄道3000系(第4編成・右)・1300系(第2編成・左)(2012年1月28日・三島駅)

ところで、なぜ牧之郷へやってきたかといえば。。。。
まず、12時35分ごろ、東京発の8079M「踊り子109号」が到着して運転停車。
宮オオ185系「C4」編成(2014年3月8日・大仁~牧之郷間)

そして12時37分ごろ、さっきの「C1」編成が東京行き4026M「踊り子106号」として戻ってゆきます。
この「185系同士の行き違い」を撮りたかったんです。
(*'-'*)
宮オオ185系「C4」編成(左)・「C1」(右)(2014年3月8日・牧之郷駅)

宮オオ185系「C1」編成(2014年3月8日・大仁~牧之郷間)

この路線は、ずいぶん前に終点の修善寺まで乗っているので、今回、修善寺まで行く理由はなく、三島行き普通電車に乗って戻りました。
途中、田京(たきょう)駅で「反対列車待ち合わせのため、少々停車します。なお、節電のため車内灯を消させていただきます。ご理解・ご協力をお願いします」と放送があり、消灯しました。
そう、これですよ。
東日本大震災から3年、「原発再稼動の是非」という政治的な話は、私などにはわかりませんが、
「限りある資源を有効に使う」という根本的なことさえ忘れ去られている感じがして、苦々しく思っていましたが、この会社は忘れていないのでした。
(*'-'*)/

帰りは、次回訪問のためのロケハンとして車窓をじっくり眺めましたが、韮山(にらやま)付近の、畑の中をまっすぐ走る区間なども面白そうでした。

三島に着き、「ああそうだ。もう一本”踊り子”があった」と思い出し、西の方角へ歩きました。
寿町の踏切に立ち、通りかかったおばあちゃんに柵のペンキを塗り替える作業員に間違えられたりしながら(笑)、三島発13時40分の4035M「踊り子115号」を撮影。
宮オオ185系「C3」編成(2014年3月8日・三島~三島広小路間)

画面左側の建物は「三島信用金庫」本部(長泉支店)ですが、例のアパートを購入する際、この信金が融資してくれることを願って(笑)。
なお、この踏切は三島市と駿東郡長泉町の境で、信用金庫は長泉町側になります。

この先、どうしようか迷いましたが、2年前(2012年2月22日)に蒲原宿で中断したままになっている「東海道五十三次を歩こ~♪」を再開することにし、蒲原宿最寄の新蒲原駅へ向かいました。
静岡支社管内ではちっとも珍しくありませんが、211系と313系の併結運転を見ると「JR東海管内に来たな」と思いますね。
JR東日本では、211系と他系列の併結運転など絶対にやりませんから。
静シス313系「W9」編成+211系「LL7」編成(2014年3月8日・三島駅)1

静シス313系「W9」編成+211系「LL7」編成(2014年3月8日・三島駅)2

新蒲原へ行く前に、富士川駅にEF200-10が停車していたので、ちょっと下車して撮影。
EF200-10[吹](2014年3月8日・富士川駅)

そして下り高速貨物列車が通過。EF210-170が「やあ、みっぴょん。久しぶりだね」と言いながら通過していきました(嘘)。
EF210-170[新]牽引・高速貨物列車(2014年3月8日・富士川駅)

確かに「久しぶり」。昨年5月5日、東京貨物ターミナル駅の一般公開で、コンテナ特急「たから」のヘッドマークを付けて展示されていたのがEF210-170でした。
EF210-170[新](2013年5月5日・東京貨物ターミナル駅)

結果的に、この日は新蒲原で降りて由比まで約6Km歩き、静岡駅近くの「静岡パークホテル」に宿泊。
翌日は由比から薩埵峠(さったとうげ)を越え、江尻宿(清水)を経て府中宿(静岡)まで、約22Km歩きました。

「東海道五十三次を歩こ~♪」の執筆も、神奈川宿まで書いたところで止まっていますが。これも近々再開する予定です。
では~♪(*'​-')​ノ

伊豆箱根鉄道グループ公式サイト
http://www.izuhakone.co.jp/

『恋するフォーチュンクッキー』伊豆箱根鉄道グループVer.
http://www.youtube.com/watch?v=bE5tLmZRJRs

============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。