11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟の165系M編成・・・私の「屑写真」から(笑)

img879-1img879-1 posted by (C)Mippyon

「165・169系急行用電車のことを書こう」とは前々から思っていましたが、末期のことだけでも新潟車・三鷹車・新前橋車・静岡車・神領車・・・と、
それぞれ思い出も深いので、今回は新潟車M編成「ムーンライトえちご」運用を中心に書きます。

新潟の電車基地は新潟運転所→上沼垂(かみぬったり)運転区→新潟車両センターと、何度も変遷していますが、
165系電車との縁は深く、1963(昭和38)年6月1日から、新潟運転所所属の165系で急行「弥彦」・「佐渡」・「越路」・「ゆきぐに」・「越後」が走り始めた時に遡ることができます。
(注:その少し前、1963年3月26日から急行701M「弥彦」・702M「佐渡」が80系電車から、暫定的に新前橋電車区の165系へ置き換えられていた。)

その後、上野~新潟間の急行列車名は「佐渡」に統一されましたが、私も「佐渡」には、よく乗りましたねぇ。。。。
1978(昭和53)年5月ごろの『時刻表』を見ると、定期列車として1日4往復(うち1往復は夜行)があり、臨時の「佐渡」は下り夜行2本、上り昼行2本が走っていました。
(うち、臨時1往復はEF58+12系の客車列車でした。これが長岡発着で運転されることもあり、その場合、列車名は「佐渡」ではおかしいので「信濃川」と称していました。)

1982(昭和57)年11月15日に上越新幹線が大宮発着で暫定開業すると、「佐渡」は昼行の1往復だけ「季節列車」として残っていたと記憶しますが、それ以外は夜行も含めて廃止されました。
その頃、6701M「佐渡1号」に乗りましたが、上野を朝7時30分ごろ出て、東三条着が12時ごろではなかったかな。。。。
新幹線だと「リレー号」で大宮へ行って乗り継ぎでしたが、それでも速かったので、「佐渡」はガラ空きでした。
ただ、当時発売されていた「新潟・弥彦ミニ周遊券」だと、急行の自由席には追加料金などが全く不要で乗れましたから、安くて助かりましたね。

1985(昭和60)年3月14日、東北・上越新幹線が上野発着になり、「佐渡」は全廃されました。同時に上野~長岡間の夜行普通列車(733M)も廃止されましたので、
上越線の夜行列車は、しばらく途絶えます(私は、733Mってやつも一回だけ乗ったことがあります。結構きつかったね、115系でしたから・・。)

1987(昭和62)年6月30日から7月21日まで、新潟~上野間にEF64+14系座席客車3両の夜行列車「ムーンライト」が走り始めましたが、これは新潟鉄道管理局が募集した「会員制ツアー列車」扱いで、
東京側では一切、乗車の取扱をしておらず、だいいち市販の『時刻表』に載っていない「謎の列車」でした。
私も、早朝6時過ぎの上野駅でそれらしい列車を見かけて「これが噂の・・・」と思いましたが、首都圏でチケットを売っていないのですから、指をくわえて(笑)見てるだけでした。

これは1985年10月2日に関越自動車道が全通し、東京(池袋)~新潟間に高速バスの運行が始まったことに対抗したものでしたが、
JR東日本としては「一定の需要が見込める」と考え、1987(昭和62)年9月3日から新宿~新潟間に快速「ムーンライト」の運転を正式に開始しました(後に村上まで延長)。
車両は上沼垂運転区(新カヌ)の165系が充てられ、廃車になったグリーン車(サロ481形?)から転用された座席に改装された専用編成が用意されました。


専用編成の編成番号と車両番号は、次のとおりです。
←新潟/新宿→
M1 クモハ165-76+モハ164-823+クハ165-105(ブラウン)
M2 クモハ165-100+モハ164-64+クハ165-166(赤)
M3 クモハ165-101+モハ164-65+クハ165-99(モスグリーン&ペパーミントグリーン)
M4 クモハ165-102+モハ164-66+クハ165-170(白&ピンク)
M5 クモハ165-130+モハ164-853+クハ165-195(白&黄色)
M6 クモハ165-137+モハ164-860+クハ165-203(白&黄色)

カッコ内は車体の「ベース色」です。最初は「色違い」だったんですねぇ。。。。
私は、コーヒーみたいなM1編成が好きでした。しかし、工場入場時の塗り替えが面倒だったとみえ、後になって登場したM5・M6編成の色に統一されてしまいます。
また、ある時期から、後で改造されたM5・M6編成が「ムーンライト」中心の運用になり、先発のM1~4は新潟~長野間の急行「赤倉」(昼行)の運用が多くなりました。
(注:急行「赤倉」は1997年10月1日から特急「みのり」になったが、2002年12月1日のダイヤ改正で「みのり」も廃止。)


上の写真は新宿駅で2000(平成12)年1月に撮影したM3編成の「ムーンライトえちご」で、列車名は1996(平成8)年3月16日のダイヤ改正から、
東京~大垣間の夜行列車が「ムーンライトながら」と名乗ったのを機に、単に「ムーンライト」から「ムーンライトえちご」になりました。
編成記号の「M」とは、「Moon light」のMかい?

でも、私は165系時代の「ムーンライト(えちご)」って、一回しか乗ってないんだよね。。。。
1994(平成6)年の5月だったか、新宿から中条(羽越本線)まで乗っただけです。
なんで、この時中条まで乗ったのか・・・確かに中条へ行く用事はあったんですよ。
だけど、「なんで新幹線じゃなかったんだろう?」と考えてみましたが・・・この夏、北欧へ行ったんだよね。
北欧は物価が高いし、コペンハーゲンとかストックホルムは格安航空券も少なく、成田発の安いチケットがあったアムステルダムへ飛び、「ユーレイルパス」で夜行列車に乗りましたが、
それに備えて節約したかったんだろうなぁ・・・(帰りは高速バスでした)。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

説明が前後して恐縮ですが、トップの写真は「ムーンライトえちご」の間合いで新宿~黒磯間を走る快速「フェアーウェイ」です。
2000年5月、東十条で撮影。「デカ目」のM2編成以下9連です。通常は6連でしたが、ゴールデンウィークとあって増結していたようですね。
この「フェアーウェイ」という列車は、その名のとおりゴルフ客を対象としており、栗橋、宝積寺、氏家、矢板など、ゴルフ場があれば小さな駅にも停車するのが特徴です。
これは、かなり頻繁に利用する機会があったなぁ・・・。

いや、私、ゴルフはやりません。というか、何度か連れてってもらったことはあるんだけど、面白くて面白くて♪
ヽ(゜∀゜ )ノ
ですが、私の尊敬する白洲次郎という人は、「働き盛りの者が、こんな面白い遊びをするなど、もってのほか」とか、
「若い者はチームでプレイする競技をして、そこから人生を学ぶべきだ」とおっしゃっていたそうなので、「自粛」しているんです。。。。
(^_^;)
(注:列車名がゴルフ用語由来だとすれば、「フェアウェイ」 [Fairway]が正しいはずだが、なぜかJR東日本は「フェアーウェイ」と伸ばしている。)

まあ、ゴルフをやらなくても、宇都宮以遠は列車の撮影とか山歩きなんかで、よく行ったんですよ。
そういう人は多く、「フェアーウェイ」はいつも混んでいましたが、逆にJRさんは東北新幹線に乗って欲しいらしく、いつの間にか毎日運転から、土曜・休日運転になっていました。
(注:某「webフリー百科事典(笑)」にある「1993年から」という記述は信用できんな。それを調べて訂正するほど、私もお人好しじゃないけど。。。。)

しかし、165系M編成も寄る年波で疲れが目立ち、「ムーンライトえちご」は2003年3月30日村上発から485系電車に置き換えられ(「フェアーウェイ」も同じ)、
最後のファンサービスでM2・M3編成が湘南色に戻され、さまざまなイベント列車に使われました。


上の写真は2003年7月12日に新宿~甲府間を走った「懐かしの急行かいじ」です。場所は、鳥沢駅のやや東京方。
(注:「線路内立入り」ではないよ。ちゃんと安全圏で撮ってるんだけど、ちょっと頭を使えば可能。)
ついでに、鳥沢駅に掲示されていた「懐かしの急行かいじ」「懐かしの急行かわぐち」(新宿~河口湖間、7月13日運転)のポスターの写真も貼っておきましょう。


この頃、新潟では、「ムーンライトえちご」運用がなくなったM編成を使って、越後湯沢~長岡間に6月1日から臨時快速「こころ」が走っていました。
『こころ』とは、この年3月から9月まで放映されたNHK連続テレビ小説(主演:中越典子)のタイトルで、後半の舞台が六日町周辺だったらしいんですが、
私はこのドラマ、一回も観てないので、どんなのか存じません。。。。
┐('~`;)┌
(埼玉県川越と秩父が舞台だった『つばさ』と、徳島のミニコミ誌編集部の話『ウェルかめ』は結構熱心に観ていた。
でも、4月からの『ゲゲゲの女房』は、もう「ヒマ人生活」ともお別れだし、あんまり観ないだろうなぁ・・・。)

その快速「こころ」にはM1とM6編成がよく入っていたようですが、乗ったり撮ったりする機会はありませんでした。
ドラマに関心がなかったのもあるけど、この年は冷夏で、新潟は寒かったんですよ。。。。
((((((;゜Д゜))))))ガクガクブルブル

2003年9月30日、最後の「こころ」が走り、さらに、越後湯沢から新潟へ車両を戻す回送列車を旅客列車に変更、急行「さよならこころ」(団体列車扱い)として運転されました。
これが、40年間走り続けた「越後の165系」とのお別れというだけでなく、JRの165系電車自体の最終運行になってしまいましたので、無理をしても乗りに行くべきだったのかもしれませんねぇ。。。。
ヾ(*'-'*)
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

いらっしゃいませ♪

くにさん様
ようこそお越しくださいまして、ありがとうございます。
パソコン不調の件、いかが致しましたか?早く直るといいですね。
私のブログは、ただダラダラと長いばかりで、大したことは書いてませんので、お気になさらず。

さて、「よねやま」といえば上野?長岡?直江津間の急行(165系)でした。
今思えば、柏崎などの比較的大きな駅は当然として、「来迎寺に停車する数少ない優等列車」だったんですねぇ・・・。
あれは岩塚のお稲荷さんへ参拝する人のためだと思いますが。
(今は「きたぐに」が停車していますが、これは大阪方面?来迎寺の需要とがあるというより、時間帯からいって、下りは「新潟方面への通勤需要」なのかもしれません。上りは、ほとんど乗降ゼロだろうな・・・。)

「信濃川」は、当時(1970年代後半)でも昼間の客車急行は珍しかったので、憶えていますよ。
気動車急行はそんなに珍しくはなく、上野方面のはなかったけど、名古屋行「赤倉」、大阪行「越後」、それに金沢?青森間の「しらゆき」がキハ58系の急行でした。
(いずれも、70年代には全区間電化されていたのに、なぜか気動車・・・という妙な列車でしたね。)
そのうち、「赤倉」だけは東三条から名古屋まで乗ったことがあります。

このブログ、今はだいたい、週4?5回ペースで更新しています。「にほんブログ村」の「女性鉄道ファン」カテゴリを見ると更新状況がわかりますので、よろしかったら、また遊びに来てください。お待ちしております♪

ありがとうございました

先日はコメントをいただき、ありがとうございました。
あんな拙いブログを御覧いただいていたとは、貴ブログを読んで、恥ずかしい思いがします。
新潟の急行は懐かしいですね。私は『よねやま』に世話になりました。
しかし、急行『信濃川』をご存じとは!感動ものですな。
また、よろしければ、足跡を残してください。どうぞよろしく。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。