06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら「宇高航路」(ノд-。)


ミッピョン鉄道管理局(笑)制定「213系の日」をやるつもりで、瀬戸大橋線「マリンライナー」の写真を漁ったりしていたら、こんなニュースが・・・。

『四国新聞社 SHIKOKU NEWS』より(http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/article.aspx?id=20100213000083)【リンク切れ】
■宇高航路来月で廃止/フェリー2社撤退
2010/02/13 09:43
 高松―宇野間を運航する四国フェリー(高松市)と国道フェリー(同)の2社は12日、宇高航路の廃止届を四国運輸局に提出し、受理された。いずれも3月26日の運航を最後に同航路から撤退する。瀬戸大橋や高速道路の料金引き下げなどで利用が激減する中、経営状況が上向く見込みがないと判断した。
 フェリー就航から半世紀、旧国鉄の連絡船を含めると今年で100周年を迎える宇高航路はその歴史に幕を下ろす。
 国道フェリーは前身の宇高国道フェリーが1961年8月から、四国フェリーは66年12月から同航路でフェリーの定期運航を開始。
 瀬戸大橋が開通する直前の87年度には旅客約400万人、車両約190万台の輸送実績を誇った。
 
 両社などによると、88年の瀬戸大橋開通後も航路収支は黒字を保っていたが、2008年9月の高速料金割引以降、両社とも急速に収支が悪化。
 さらに景気の冷え込み、09年3月からは高速休日千円の影響が加わり、本年度は大幅な赤字拡大を見込んでいた。
 四国運輸局によると、本年度の輸送実績は前年度比で旅客が約3割、車両が約4割減っている。
 この間、両社は段階的な減便で対応。昨年末には両社で計44便と、ピークの3分の1まで減便した。昨夏には共同出資する別会社に船と従業員を移す運航統合でいったん合意したが、詰めの協議で決裂していた。

 国道フェリーの山下周市社長は「政府が高速無料化を公約とする中、経営改善の見込みがない」、
 四国フェリーの堀川智司専務は「公共交通とはいえ、慈善事業ではない。利用客には感謝しているが、(撤退は)やむを得ない」と語った。四国フェリーがグループで運航する他の航路は存続する。
 昨春以降だけで本四間航路の廃止は3例目。四国運輸局の貞広恵三海事振興部長は「高速割引の影響は当然認識しているが、離島航路でない以上、現在の制度で赤字補てんはできない。歴史ある幹線航路がなくなるのは非常に残念」と語った。

 通勤通学など生活交通としての利用者については「代替交通への振り替えが可能か、関係自治体と連携して対応したい」としている。

経済への影響注視
 真鍋武紀香川県知事の話 航路撤退の発表に大変驚いている。国には高速道路の料金引き下げの影響を受ける公共交通機関への支援などを要望してきたが、総合的な対策が示されないまま航路撤退という事態が生じたことは遺憾に思う。今後は引き続き国に対策を講じるよう強く要望するとともに、県内経済への影響を注視し、関係機関と連携して適切に対応していきたい。

非常に残念な結果
 石井正弘岡山県知事の話 高速道路料金の引き下げにより、公共交通機関は深刻な影響を受けている。非常に残念な結果だ。フェリーは二酸化炭素(CO2)排出量の削減や緊急物資輸送に大きな役割を果たしてきた。生活交通としても広く利用され、廃止の影響は大きい。宇野港は長年にわたり県の海の玄関口。住民の足が確保されるよう働き掛けていきたい。
(引用終わり)
(注:記事中「国道フェリーは前身の宇高(うたか)国道フェリーが」とあるが、
これは現在、宇高国道フェリー株式会社は船舶管理会社、運航・営業は同社の事業子会社である「国道フェリー株式会社」[2008年2月1日設立]に分社化したため。今でも「宇高国道フェリー」の呼称は、地元利用者の間では通用する。
なお、廃止された国鉄[JR]宇高連絡船の読みは「うこう」連絡船であるが、宇高国道フェリーのそれは「うたか」国道フェリーである。)

驚きましたね・・・。
「瀬戸大橋の通行料金が高いので、いまだにフェリーが人気」というのは半ば「常識」でしたが、2008年4月1日と2009年12月20日に大幅減便を伴うダイヤ変更を実施しており、
宇高国道フェリーは往時の1日50往復から37往復、そして22往復(四国フェリーと合わせて44往復)と、段階的に減っていたので「おやおや・・・」とは思っていましたが。

ご当地・玉野市在住の方からも「残念です」とのメールをいただきました。

「瀬戸大橋の通行料が高い」といっても、例の「土・日・祝日1000円」の普通車・軽自動車に対するETC割引は広く知られるところですが、
近年はETCコーポレート・カードを持っている企業向けに「大口・多頻度割引」という制度があり(通年適用)、運送業者などはこれを利用する会社が多くなっていたようです。
(本四連絡高速道路株式会社の公式サイトhttp://www.jb-honshi.co.jp/index.htmlをご覧ください。なんか、いきなり3人の「ゆるキャラ」が出てきて笑えますが・・・。)

この「ETC割引」の影響なのか、それとも本州~四国間の旅客流動自体が不況のため減っているのか、
JR瀬戸大橋線の「マリンライナー」も、「10両編成でも満員」だった一時期の勢いはなく、今年の1月24日から基本5両、列車によっては2両編成に減車している列車もあると聞きます。

実は、2007年11月6日から、宇高国道フェリーでもETCで乗船できる「実証実験」をやっていましたが「料金支払いがETCで出来る」というだけで割引はなく、
また、「たかまつ丸」では2008年10月1日から、日本初の「船内漫画喫茶」(乗船券の他、料金500円が必要)というユニークなサービスもやっていましたが、「通行料の割引」には勝てなかったようですね。
自動車の航送料金に「ドライバー1名分の運賃を含む」というのは当たり前ですが、この航路は「同乗者全員無料」でした。それでも、やっぱり「通行料1000円」のほうが安かったんです。
(長さ4~5mの自動車が片道2700円、土曜・休日と年末年始は2480円でした。)

国道フェリーは、その名の通り岡山市(北区大雲寺交差点)~高松市(中新町交差点)を結ぶ国道30号線の「海上区間」と定義されていました。
瀬戸大橋を含む「瀬戸中央自動車道」も国道30号線の「自動車専用道路」区間ですが、自転車と125cc以下のバイク(四国では「チャリバイ」と呼ぶらしいけど、関東の「原チャリ」)に対する海上交通手段がなくなってしまいます。
(「歩行者」は、瀬戸大橋を渡る列車やバスに乗ればいいのかもしれませんが。)
また、香川県の県庁所在地である高松市はともかく、宇野港がある岡山県玉野市が寂しくなるだろうなぁ・・・と思いました。
三井造船の大きな造船所があり、また四国・小豆島への玄関口としてかつては活気のあった街ですが。。。。

そこで「思い出の写真」を何点か貼っておきましょう。撮影はすべて2003(平成15)年11月23日です。
宇高国道フェリーの写真がなくて恐縮ですが、トップの写真は四国フェリーの「第八十五玉高丸」(1990年10月就航)です。

2点目。宇高国道フェリーの高松港乗船口。「FERRY」の文字と旗で華々しく飾られています。


トラックが2台下船するところですが、料金の面だけでなく、宇野~高松の1時間は「ゆっくり休憩できる」というのも、ドライバー諸氏に愛されたポイントだったんですが。。。。
なお、高松側乗り場から琴電瓦町駅方面へ延びる高松市道は、その名も「フェリー通り」と呼ばれています。

3点目。四国フェリーの「第八十七玉高丸」。1992(平成4)年9月就航で、結果的にこれが宇高航路における最新にして「最後の就航船」となりました。


4点目は、現在は撤退した本四フェリー(津国汽船)の「第8日通丸」が宇野港へ入港するところです。1960(昭和35)年7月就航の「老嬢」でした。


船名からわかるように、この船はもともと日本通運の所有だったのです。国道フェリーより早く、1950年代後半に日通が定期航路を開設していたんですよ。
本州~四国間に定期航路を持っていたとは、さすが日本最大の運送会社ですが、1990年代前半(?)に地元・玉野市の津国汽船へ譲渡されました。
ただし、乗船予約などはその後も日通が行っていましたが、2009(平成21)年3月31日を最後に航路は撤退しました。
2004年からは自社船を持たず、四国フェリーの1隻を傭船していたそうです。
不思議なことに、国道フェリーと四国フェリーの運賃(徒歩乗船・大人・片道)が390円のところ、本四フェリーは300円だったんですが(2003年9月現在)、
他社と違い、本四フェリーの船に喫茶・軽食コーナーのような「遊びの要素」は皆無で、地味な存在でした。
日通といえば全国どこでも「黄色のトラック」でおなじみですが、船も白と「日通イエロー」だったのが微笑ましく思えます。

恥ずかしながら、私は宇野~高松間の民間航路とのご縁は、そんなに深くはありません。
社会人になり、あちこち出歩けるようになった頃には瀬戸大橋が開通していました。
しばしば写真提供をお願いしているモイさんは少し年上ですし、やはり男性ですので高校生ぐらいから、親御さんもあちこち旅行するのを許していたのか、
「俺は”伊予丸””土佐丸””阿波丸””讃岐丸”の、国鉄宇高連絡船4姉妹全船に乗ったよ」と言うんですが、
そのモイさんも「民間航路は、一回だけ国道フェリーの”こうらく丸”(現在はクロアチアへ売却)に乗っただけだな」と言います。

なぜなら、モイさんは「他所者」ですから、「横浜市内から高知ゆき」のような長距離乗車券や、「四国ワイド周遊券」、あるいは「青春18きっぷ」で、
そのまま国鉄連絡船に乗ってしまうことが多かったので・・・とのこと。ダイヤ上も、列車と連絡船は10~20分程度で接続していましたし。

しかし、高松~岡山間など、鉄道と通しの国鉄定期券・回数券を持っている人はともかく、高松市民や玉野市民は、24時間運航で、乗り場が街に近い民間航路に乗る人が多かったと聞きます。
また、国鉄連絡船は自動車やバイクの航送をやっておらず(航送していたのは鉄道の「貨車」です)、「愛車とともに」というなら、民間航路に決まっていました。

宇野から高松へ行くのに、これからは児島→瀬戸大橋→坂出→高松・・・と、えらい大回りを強いられることになりますし、前述した「自転車・バイク」の問題もあります。
運航統合の話は決裂したそうですが、民間航路の船と従業員が散り散りになる前に、岡山・香川両県出資の第3セクターか何かで「宇野~高松フェリー運航会社」を設立することになるのか、
状況を見守りたいと思いますが、いずれにせよ、「ひとつの時代が終わった」感があります。
(お詫び・・・予告した「213系の日」は次回以降に。)

【追記】(2010-02-17)
地元・玉野市在住の方からいただいたメールによれば、ご当地では、やはり「宇高航路廃止」は市民生活に重大な影響を及ぼすショッキングな話として、かなりの騒ぎになっている模様で、
黒田 晋・玉野市長が前原誠司・国土交通大臣に陳情のため上京する・・・とのことです。
宇高航路も現行の850~999総トンの船は「大きすぎて維持できない」というなら、もう少し小さな船でもいいから、歩行者・自転車・バイクでの利用者の足を確保できないものかなぁ・・・と思っていますが、どうなるのでしょうね?。。。。

【追記2】(2012-05-10)
2010年3月4日、国道フェリー株式会社は、国土交通省に申請していた「航路廃止届」を取り下げた。
同年3月11日に、四国フェリー株式会社も申請を取り下げ、2012年5月現在、宇野~高松間航路は存続している。

【追記3】(2012-12-26)
国道フェリーは2012年6月3日から、従来の1日22往復を13往復に減便し、深夜運航も廃止された。
しかし、2014年度から瀬戸大橋の料金体系見直し(大幅な料金値下げ)が検討されており、収支改善の見込みが無いことから、2012年10月17日限りで航路休止とすることになった。
(2012年8月21日発表、8月24日に休止届を四国運輸局へ提出。)
そして、10月17日の宇野発14時30分、高松発16時30分の便(実際は定刻より10分遅延)をもって運航を休止した。

運航休止期間は1年間とされ、会社側は今後、高速船や観光クルーズ船の運航を検討しているといわれる。
また香川県は、東日本大震災の教訓で「災害時の輸送手段として船舶は不可欠」とし、船の存続を検討している模様だが、2012年12月現在、具体的な動きにはなっていない。

なお、四国フェリーの宇野~高松間航路はその後も運航されており、現在は、これが宇野~高松間唯一の定期航路である。
ただし、運賃は2012年10月1日から、大人片道390円→670円になり、大幅な値上げとなった。
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

なお、「gooブログ」に「船舶」や「フェリー」というジャンルはなく、また「にほんブログ村」は一日だけのカテゴリ変更が困難なので、
本日分も便宜上、固定の「鉄道」カテゴリに登録しています。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。