06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成の「秘境駅」・・・東成田駅ヽ(゜∀゜ )ノ


京成電鉄に存在する「秘境駅」(笑)・・・東成田。

ここが旧・成田空港駅だった頃には何度か乗降していますが、現在の成田空港駅が1991(平成3)年3月19日に開業して以来、利用したことはありませんでした。
気になっていた「日本一短い私鉄」芝山鉄道に乗ってきたんですが(2010年1月26日)、ついでに東成田駅も見てきましたので、書いておきましょう。

空港第2ビル駅を降りると、「京成線東成田駅への連絡口」という表示があります。しかし、電車を降りた人たちが、その存在に気づいているかどうか?
ちなみに、『京成時刻表』VOL.24-3(平成21年2月14日発行)には空港第2ビル駅の構内案内図が載っていますが、この通路の存在は無視されています。
セキュリティ上の理由なのか、あまり知られたくないのかも知れませんね。
「知られたくない」といっても、そこに存在しており、セキュリティチェックもないので堂々と通ればいいんですが。
(注:時期によってはチェックや通行規制が行われている場合もありますので、身分証明書等の持参をお勧めします。)


「これより先カートの使用を禁止します。成田国際空港株式会社」の看板を除けて先へ進めば・・・
こんな殺風景な通路がず~~~~~~っと続いています。約500mもね。。。。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!


最初だけは壁面の広告枠に成田市や芝山町の色あせた観光ポスターが掲示されていますが、「どうせ誰も見ないだろ」ということか、先へ進むと、何も入っていない広告枠だけが続きます。
もちろん、料金を払って広告を出そうというスポンサーなど、いるはずもありません。
だって、誰も歩いていないもの。。。。
(もし「ここに広告を出したい」という、ものすごく奇特な方がいらっしゃったら、成田国際空港会社へお問い合わせくださいませ。ただし、広告効果は皆無だと思いますよ。)

退屈なので・・・歩きながら「東成田駅」の沿革でもお話しましょうか。

紆余曲折の末、1978(昭和53)年5月20日、成田空港(当時の正式名称は「新東京国際空港」)が開港しました。
オープン初日は発着便がなく、翌5月21日、京成電鉄の京成成田~(旧)成田空港間が開業します。
この「(旧)成田空港駅」が、今から行く「東成田駅」です。

この駅は成田空港のターミナルビル(現・第1ターミナルビル)から約700m離れており、バスで連絡していました。
歩いて行くこともできたらしいのですが、駅の階段を上がると検問所があり、常に機動隊員が警備していましたから、「歩いて行く」と言っても認められたかどうか・・・。
「バスに乗れ」というのは、つまり「余計な所を歩くな」という意味らしく、歩いている人を見たことはありませんでした。
なお、このバスは成田空港交通(株)が運行していましたが、この会社は盛業中で、現在は空港内連絡バスのほか、
千葉中央駅・海浜幕張駅・松戸駅・立川駅・土浦駅と成田空港を結ぶリムジンバス、さらに仙台~成田空港間の夜行高速バス「ポーラースター」を運行しています。
(「ポーラースター」は千葉駅・西船橋駅・柏駅にも停車しますので、空港に関係ない人も乗車できます。
余談ですが、バスの名前を聞いて、八神純子さんの古い歌を思い出したあなた・・・プッ![笑])

京成の成田空港駅は、ターミナルビルから離れた位置に設けられましたが、ビルの地下には、国鉄が運行するはずだった成田新幹線の駅が眠っていました。
よく京成がターミナルから離れた位置で納得したと思いますが、「泣く子とお上には勝てない」ということなんでしょうね。。。。
もっとも、「将来的に芝山、松尾方面へ路線を延長することを考えると、ターミナルの至近より外れた位置がよい」と納得づくだった・・・という話もあり、真相は定かではありません。

成田新幹線計画は、東京都江戸川区や千葉県浦安市など、沿線自治体の強硬な反対や、国鉄財政の悪化により頓挫しますが、その後、当時運輸大臣だった石原慎太郎氏が地下に眠る駅を視察し、
天井から垂れる雫を見て「見ろ。国民の涙が流れているぞ」と、文学的な表現で政府の無策を批判し、号令一下「JR在来線および京成線の駅に転用」と決まります。

そしてインフラの整備と完成後の管理を行う成田空港高速鉄道(株)が設立され、1991(平成3)年3月19日、JR成田線の成田~成田空港間と、京成本線の京成成田~(現)成田空港間が開業しました。
JRの「成田エクスプレス」が走り出したのはこの時で、京成の「スカイライナー」も全列車、新駅発着になりました。
同時に、京成の(旧)成田空港駅は東成田駅に改称されました。
(注:かつては京成成田~[旧]成田空港間を「空港線」と称したが、この時、京成成田~[現]成田空港間は「本線」に編入され、京成成田~東成田間は「東成田線」となった。)

1994(平成4)年12月3日、空港第2ビル駅が開業し、その時、この連絡通路が作られたのです。
当時、芝山町や多古町方面へ行くバスは東成田駅発着でしたが(現在は芝山千代田駅にシフト)、時間帯によっては東成田駅に発着する列車がない場合もあり、
その際、バスに乗り継ぐ人は、とりあえず空港第2ビル駅で列車を降りて、連絡通路を歩いて東成田駅前からバスに乗ればいい・・・という配慮だったのでしょう。
確か、「バス利用者用の特別な通行許可証を新東京国際空港公団が発行しているので、希望者は町役場を通じて申請してほしい」という新聞記事を読んだ記憶があります。

さて・・・長~~~~~い地下通路を歩いて歩いて、東成田駅の構内に到着です。

コンコースは「(旧)成田空港駅」時代のままで、かなり広いんですが、誰もいません。まさに「秘境駅」。。。。
┐('~`;)┌
京成電鉄東成田駅(2010年1月26日)1

「曲水の宴」なる壁画が飾られていますが、見る人もなく、虚しいことです。しかし、こういう物があるところに、過去の賑わいを思わせます。
構内にあった飲食店や売店は、すべて閉店しています。もっとも、飲食店は昔も一軒だけ(確か「アートコーヒー」)だったと記憶しますが。。。。

外へ出るための階段も広いんです。乗る人もいないエスカレータが動いていましたが、これはもったいない・・・。
最近は、人が近づくとセンサが感知して動き出すタイプが増えていますが、アレに改造できないんでしょうか?
例のワンガリ・マータイ女史(注)が見たら、怒ると思いますよ。ただ、また来日されても、成田空港駅ならともかく東成田駅に乗り降りするとは思えないけど。
(注:1940年、ケニア生れの環境保護活動家。2004年、環境分野で初めてノーベル平和賞を受賞した人物。2011年没。)
( ゜Д゜)<MOTTAINAI!

駅舎はこんな感じですが↓、一部に「撮影禁止」だとか書いているサイトもありますね。でも、全然警戒なんかしてませんし、その旨を書いた表示も見ませんでしたが。


見かけたのは「混雑時、バスにお乗りの方はこちらへお並びください→」なる看板ですが、これは(旧)成田空港駅時代の名残でしょうね。。。。

ホームには・・・一人だけ、中年の女性がベンチに座っていました。携帯で話していたから寂しくないでしょうけど、そうじゃなかったら。。。。
(トップの写真)
この駅は現在、係員は常駐1名のようです。2008年度の1日平均乗降人員は2691人だそうで、これは京成全64駅中、第60位。
「ここよりも利用者の少ない駅ってあるわけ?!」と、ちょっと驚きましたが、第61位が宗吾参道駅(2562人)、第62位が西登戸(にしのぶと)駅(2155人)、第63位が新千葉駅(1270人)、
そして・・・第64位は大佐倉駅(465人。3桁だぜ!)だそうです。

現在使われているホームは1面2線だけで、かつての特急ホームは、なんと「なりたくうこう」の駅名標もそのままに眠っております。。。。
(-.-)zzZ

京成電鉄東成田駅(2010年1月26日)2

このホームは、どうやら夜間滞泊列車の留置線としては今も使われている模様で、京成成田方面からのレールは繋がっています(帰りに確認)。

ところで、京成上野~空港第2ビル・(現)成田空港間の運賃は1000円ですが、京成上野~東成田間だと930円です。
だけど、こっちで降りてターミナルビルまであの通路を歩き、「70円お得!」と喜ぶ人など、誰もいないだろうな。。。。

運賃といえば、東成田~空港第2ビル間は200円、東成田~(現)成田空港間は220円です。
しかし、電車だと一旦、京成成田を経由しないと行かれないんですが、東成田~京成成田間は250円なんですよね。。。。
もっとも、「東成田→200円区間」(空港第2ビルまで)の切符を買って京成成田で「前途放棄します」と言って降り、「50円、得した!」なんていうミミッチイことは、たぶん不可能だと思いますよ。。。。
(注:これは、本線と東成田線の分岐点にある「駒井野信号場」を、運賃計算上は「正式な”駅”」とみなしているんじゃないかと推測します。)

・・・無駄話をしていたら、電車が来ましたね。
京成電鉄3600形(2010年1月26日・東成田駅)

これに乗って、「日本一短い」芝山鉄道の終着駅・芝山千代田まで行ってみましょう。。。。
(続きは、次回です。)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

東成田の悲恋、とても面白かった!よくよく、しらべあげますね!

C57様

古い記事を順番にご覧いただいているようで、ありがとうございます。
このように、当ブログを「アーカイブ」的にご利用くださる読者も多いようですので、随時、「追録」などを行なっています。
(この記事の写真は、一部見られなくなっているものがあったので、貼り直しました。)
今後とも、ご愛読よろしくお願いします。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。