06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初で最後だった「ピーチライナー」乗車・・・私の屑写真から(笑)


屑写真(笑)を整理していたら、かつて愛知県小牧市を走っていた新交通システム「ピーチライナー」の写真が出てきました。
「そういえば、こんなの乗りに行ったんだなぁ。色即是空、空即是色・・・」と思い、今回取り上げてみました。

この「ピーチライナー」が開業したのは1991(平成3)年3月25日でしたが、線路自体はかなり早くから完成しており、何やら試運転をやっているのが中央自動車道から見えました。
しかし、たった7.4Kmの短い路線ですし、在来鉄道との接続駅は名鉄小牧線の小牧駅でしたが、
その小牧線自体、ターミナルの上飯田駅が他の路線と全然つながっていなかったため乗りにくく、「まあ、いずれそのうち・・・」と思っていたんです。
大赤字のため、地元では「ピンチライナー」と揶揄されていると聞きましたが、『鉄道ジャーナル』誌に「廃止か?」という詳細な報告が載り、気にしていたところ、
ついに2006(平成18年)3月28日、臨時株主総会で「同年9月30日限りで廃止」と決まり、同年6月7日付で国土交通省に軌道事業の廃止許可が申請されました(同年9月5日付で許可)。

鳴り物入りで開業した、ニュータウンの新交通システムが開業から15年で廃止とは驚きで、ベタ記事でしたが『読売新聞』の東京本社版社会面にも載りました。
日曜日の午後やっている、森本毅郎氏の番組『噂の東京マガジン』あたりなら、大喜びで取り上げそうなテーマですが(『東京マガジン』と言いつつ、結構、全国各地の話題をやるので)、
私も現地を見たくなったし、廃止日が近くなれば人が大勢出るでしょうから、新聞記事を見てすぐの日曜日に出かけました。
正確なメモが残っていないんですが、東京では散りつつあった桜が、長野県伊那谷では満開でしたので、2006年4月10日ごろだと思います。

「こんなことに交通費をかけるのもね・・・」とケチって、新宿駅新南口から名古屋行の高速バス「中央ライナー」に乗りました。これは「中央道桃花台」バス停に停車するので、好都合です。
桃花台で降りた人はもう一人いて、中年の女性。桃花台バス停に友人らしい女性が迎えに来ていましたが、どうもバスに乗っていた人は、かつて桃花台ニュータウンに住んでいたらしく、
たまにバスで遊びに来ているようでした。なにぶん新宿から片道5000円ですし、ネット予約だとさらに割引があるらしく、「なるほどね~」と感心しましたが。。。。

桃花台バス停から「ピーチライナー」の終点・桃花台東駅までは徒歩5分ぐらいで、高速道路内にあるバス停を出ると、もう駅舎や高架橋が見えていました。
しかし、私がここを歩くのも「最初で最後」でしょうし、そう考えると妙な気がしましたね。。。。


電車は20分に1本ですから、今、駅に停車しているのに乗り遅れると、何もない桃花台東駅で20分待つことになるので、急ぎ足で駅へ。
駅の写真は撮りませんでしたが、「1980年代テイスト」っていうか、「B級SF映画のセット」っていうか・・・。
「開業後、ほとんど何の設備改良もせずに15年経ってしまったんだな」というのが明らかな感じでしたね。
一応、名古屋市交通局や名鉄に準じてストアード・フェアカード「トランパス」が使えるようになってはいましたが、
「ピーチライナー」の駅では「カードが使える自動改札機は1駅1台だけ」とか、「チャージができない」「紙のチケットに引き換えできない」「子供は使えない」「(地下鉄・バスにはある)乗り継ぎ割引運賃などがない」
といった問題点があり、廃止まで、ついに改善されることはなかったそうです。

「ピーチライナー」と、これを運営していた桃花台新交通株式会社については、「ウィキペディア」に「桃花台新交通桃花台線」という項目があり、
(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%83%E8%8A%B1%E5%8F%B0%E6%96%B0%E4%BA%A4%E9%80%9A%E6%A1%83%E8%8A%B1%E5%8F%B0%E7%B7%9A#.E5.BB.83.E6.AD.A2.E5.BE.8C.E3.81.AE.E5.95.8F.E9.A1.8C)
これが「ウィキ」にしては非常に珍しく、信頼できそうな記述ですから、ご参照いただきたいと思いますが(一般的には「ウィキ」など、「参考」にしかならないので)、
それにしても1971(昭和46)年当時の旅客輸送人員予測が1日4万3000人、78(昭和53)年に下方修正した後でも1日2万3000人と言っていたのに、
実際には、1991年度で1日平均3281人、開業10年目の2001年度には1日平均2182人だったそうです。
旧・国鉄の赤字ローカル線廃止の基準が「旅客輸送人員が1日平均2000人未満」だったことを考えると、もう、お話になりませんわな。。。。


しかも、これは「ウィキ」にはあまり触れられていませんが、旧・国鉄の赤字ローカル線を走る車両は、汎用性のある気動車(当該路線が廃止されても、そのまま他の路線に使える)だったのに対し、
「ピーチライナー」は地元・名古屋の日本車輌製造株式会社が開発した、中央案内軌条式の新交通システム「VONA」でした。
この「VONA」ってやつは採用実績が少なく、他は千葉県佐倉市の山万ユーカリが丘線「コアラ号」だけじゃないですか。。。。

ユーカリが丘線は、京成本線ユーカリが丘駅からニュータウンへ延びる環状(正確にはラケット状)の路線ですが、これを運営する山万株式会社自体は、京成電鉄とも日本車輌とも資本関係にはありません。
しかし、京成の車両は日本車輌製が多いし、ユーカリが丘線への導入前、今はなき京成谷津遊園で「VONA」のデモ運行(遊戯施設扱い)が実施されていたそうです。

日車としては、千葉県だけではなくどうしても地元に「VONA」の実績を作りたくて「ピーチライナー」・・・だったんでしょうが、なんとも「政治の匂い」がプンプンするお話ですし、
導入を決めた政財界のお偉方はそれでいいとしても、全国に2例しかないシステムの部品など、コストも高いし、それどころか確保に手間がかかり、さぞかし現場は苦労なさっていたと思いますよ。。。。
(余談ですが、昔、「法華[ほっけ]クラブ」という安いビジネスホテルのチェーンが全国にあって重宝しましたけど、アレって今、山万さんがやってるんですね。。。。)

結局、「ピーチライナー」は2006年9月30日限りで廃止されましたが、最終日だけは本当に1日2万人の利用者があったそうで、それもまた、「”ずいぶん”な話だなぁ・・・」と思いました。
┐('~`;)┌
桃花台新交通株式会社は、2006年11月17日の臨時株主総会で会社解散を決議し、翌年7月25日に名古屋地方裁判所へ特別清算を申請(負債総額45億9710万円)、
2007年度末に会社は解散しました。

で・・・まあ、なんでこんな話を書いたかっていうと、今、JALの問題で世間が騒がしいじゃないですか。
そこで、「消え行く・・・」という連想で「ピーチライナー」を思い出したんですがね。。。。
(いつぞや「ゆうちょJMBカード」というJALのマイレージ・カードを作ろうと思ったんですが、もたもたしているうちに「初年度会費無料」キャンペーンが終わってしまい、作らずじまいでした。
ですが、それで正解だったのか????)

いや、実は・・・JALどころじゃないんだよね、私の周辺では。
これまで、画像の点数が「gooブログ」の許容量を超えると「So-net Photo」からHTMLコードを引っ張ってくるという「トンデモ裏わざ」を使っていましたが、
この「So-net Photo」、5月10日限りでサービス供用停止だそうですよ。。。。
…(°□°;)

これまで、あちこちにベッタベッタ貼り付けたHTMLコードを「どこか」の「何か」に置き換えなきゃならないんですが・・・・
さあ?、困ったぞ。。。。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!

《追記》
祝・佐々木譲氏、直木賞受賞♪
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。