08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊橋の駅弁「謹製 壺屋浪漫」を食す♪


(前回から・・・旅の続き)
「豊橋へ行くことがあったら、『謹製 壺屋浪漫』(800円)という駅弁を買うように。
ミッピョンなら、掛け紙を見たら感動して泣いちゃうかもよ・・・」
(​ノω`​)プ​プフ​゚
と、お友達のミセス・リエちゃん(愛知県蒲郡市出身・人妻。私と同い歳)は言います。

この、女優の和久井映見さんというか、NHK「きょうの料理」「趣味の園芸」の柘植恵水アナに似た色っぽい美熟女が何を言うのだ・・・と思い、ずっと気になっておりました。
豊橋駅の駅弁は、『JR時刻表』では東海道新幹線や東海道本線のページには記載がなく、飯田線のページには記事があるんですけど、
名物の「いなりずし」(480円)などだけで、「謹製 壺屋浪漫」というお弁当については何も書かれていません。

何に感動して泣いちゃうか知らないけど、まあ、デタラメだったら罰としてJOTのクールコンテナに入れて、「冷凍リエコ」としてどっかへ送っちゃえばいいや。。。。
(2009年11月22日付「隅田川駅貨物フェスティバル」参照)
もっとも、彼女には熱烈なファンがおり、「おお、理恵子ならいつでも**駅留めで送ってくれ!」というナイスなミドルが西日本某所にいらっしゃるらしいですけど。
こっちこそ(​ノω`​)プ​プフ​゚

乗り継いで、普通933Mで10時43分に豊橋着。10時55分発の新快速2315F大垣行に乗るまで12分・・・。
ありました、「謹製 壺屋浪漫」! しかも一個だけ!

掛け紙の絵柄はですね・・・うん、こりゃぁ泣かせるわ!!!!
img546-1
img546-1 posted by (C)Mippyon

『懐かしき駅弁売り(豊橋市花田町・昭和35年)
昭和39年に東海道新幹線が開業する前は、特急列車でも窓を開けて壺屋の弁当を買い求めることができました。』
と、キャプション(説明文)にあります。

写真の列車には「東京行」の表示があり、車両は明らかにスハ44形客車です。
帰宅して、昭和31(1956)年11月19日改正の『時刻表』を見れば、この列車は大阪発東京行の特急4列車「はと」と判明しました。
豊橋停車の特急は、この時代には「はと」だけだったのです。
時刻は大阪発12:30→豊橋着15:58/発15:59→東京着20:00
(注:昭和31年当時は臨時特急「さくら」も豊橋に停車している。が、これは昭和33年10月1日のダイヤ改正で廃止されたので、35年時点では「はと」」だけが停車。)

豊橋の時刻は、昼食には遅く、夕食には早いので、どの程度お弁当が売れたのかはわかりませんけどね。
ちなみに、現在480円の「いなりずし」は、昭和31年当時50円。。。。
豊橋?東京間の大人普通運賃(当時の3等運賃)は、現在4940円ですが、当時は520円でした。

特急「はと」と、その僚友「つばめ」は昭和35年7月1日から151系電車に置き換えられてしまい、写真のような客車(EF58形電気機関車牽引)ではなくなります。
また、弁当販売員も乗客も長袖を着ています。
写真の「はと」は、左側の車両に「5(号車)」の札が挿してありますが、右側は「6」ではなく「増5」になっており、増結車のようです。
この列車は、所定だと12両編成でしたが、旅行シーズンには2両まで増結可能だったそうで(それ以上の増結は、機関車のパワーとホームの長さが足りず不可能)、だとすれば、昭和35年のお正月か春休みに撮影されたものではないかと思われます。

合資会社・壺屋弁当部の公式サイト(http://tsuboya-toyohashi.com/)にも特に説明はありませんでしたが、
「壺屋レトロ博物館」というリンクがあり、過去に発売された駅弁の掛け紙などを見ることができます。
こんな面白いサイトが、開設以来たった1600アクセスしかされていないのも驚きですが、そこは「Google」って奴のアホさでして、
「壺屋 駅弁」とか「壺屋 豊橋駅」で検索すると、まず「おいしかった♪」なんて書いてある個人のブログを拾っちゃうんですよ。。。。
(このブログもですね・・・サーセンm(-_-)m)
検索する場合は「(資)壺屋弁当部」あたりでやってみてください。

さて、おかずはですね・・・
沖ぶりの焼き物/エビフライ/とろろ磯辺揚げ/しそ団子/ささみ梅の竜田揚げ/豆腐揚げ/さつまいもレモン煮/玉子焼/はんぺん/野沢菜漬
などでした。駅弁における「三種の神器」とは焼き魚・玉子焼・かまぼこなんだそうですが、かまぼこの代わりに「はんぺん」というのが、練り製品で有名な豊橋らしくていいなぁ。。。。
(ちくわも特産です。)

食べてみますと・・・おいし~♪(石塚さんやパパイヤ鈴木さんなら「まいう~♪」)
だがしかし・・・この列車、岡崎から大勢乗ってくるぞ! それまでに食べ終えなければ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛
(それがあるので、前に書きましたが私、駅弁というか、車内で飲食するのが好きになれないの。。。。)

(旅のお話・・・まだ続きます。次回もリエちゃん提供によるテーマの予定!)

【追記】(2012-03-14)
『謹製 壺屋浪漫』の掛け紙ですが、写真の詳細データが判明しました。
これは1960(昭和35)年5月25日、豊橋駅6番線に停車中の東京行特急4列車「はと」だそうです。
撮影者は白井良和さん(故人)です。
月刊『鉄道ピクトリアル』2011年10月号(通巻854号。特集:去り行く鉄道風景)の81ページに掲載されています。

特急「はと」は、撮影直後の1960年6月1日から151系電車に変わり、客車ではなくなったので、
まさに「去り行く鉄道風景」だったわけです。
===================================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。