05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆくくるきっぷ」で北総鉄道に乗った!(・∀・)


悪天候で列車の運休が発生したため、秋田でUターンを余儀なくされた「みちのく弾丸ツアー」から帰ってきましたが・・・
昨日は「そうだ、北総鉄道の”ゆくくるきっぷ”が今日(1月3日)までだった!」と思い出し、夕方から出かけてきました(物好きなアタシ・・・)。

「ゆくくるきっぷ」とは、運賃がベラボーに高いことで有名な北総鉄道(京成高砂~印旛日本医大間)を1000円(小児500円)で一日乗り放題・・・というフリーきっぷで、
12月26日から1月3日まで、枚数限定(大人1万枚・小児1000枚)で発売されました。
京成高砂~印旛日本医大間は片道でも820円ですから、単純に往復しただけでも元が取れてしまいます。
これとは別に「ゆくくる遊遊きっぷ」(大人1800円・小児910円)というのもあって、こちらは北総鉄道と都営地下鉄全線が一日乗り放題でした。
(京成電鉄の京成高砂~押上間は1往復のみ乗車可。発売枚数は大人3000枚・小児500枚。)

これらの発売は、都営浅草線で偶然、北総鉄道の車両に乗った際、中吊り広告で知ったのですが、北総鉄道って、私は千葉ニュータウン中央から先へは乗ったことがありません。
なぜなら、運賃がメチャメチャ高いから。。。。

ちなみに、都営地下鉄日本橋~印旛日本医大間の通勤定期券は、6ヶ月ですと25万6350円です。
これを万一紛失して「自腹で弁償」とかいう話だと、人によっては1ヶ月分の給料が(たぶん残業代込みで)飛ぶ、あるいは、それ以上かも?・・・ってことですよ。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ?!
参考までに、JR本州3社の6ヶ月通勤定期運賃(幹線)だと、定期券として発売できる上限の100キロまで(例えば東京~湯河原間)でも、23万2850円です。
「新幹線定期券FREX」の3ヶ月もの(注:「6ヶ月」は発売されていない)だと、東京~三島間が25万5530円、東京~小山間が21万4270円ですから、
北総鉄道の運賃がいかに高額であるか、おわかりいただけるかと思います。
これは国会でも取り上げられましたし、昨年10月には森田千葉県知事から前原国土交通大臣へ「特段の配慮を求める」要望書が出されています。
ここでもモリケン知事が、「羽田のハブ空港化」の時みたいに、「あんまり地方をいじめないでくれよ~!」と言ったかどうかは存じませんが(笑)。

どっちみち、今年(2010年)7月から、北総鉄道線区間も「成田スカイアクセス」の一部に組み込まれて営業を開始すると発表されており、
その際、山本寛斎氏デザインの新「スカイライナー」に乗ればいいかな・・・と思っていましたが、
逆に、その「スカイライナー」運行のための待避設備は、どこの駅にあったかな・・・というのが気になったりして。。。。

京成高砂発17時02分発の印旛日本医大行は、北総車7300形(7308編成)でしたが、帰ってから調べたら、この7300形というのは7308編成と7318編成は自社所有ですが、
7808編成は京成電鉄3700形(3808編成)のリースだそうです。たった3編成しかないわりに複雑。。。。


車窓は・・・日が沈んでしまったから、全然見えません。
((ヾ​(∀´​* )​ アヒ​ャヒャ​ヒャヒ​ャ
そりゃ、もっと早く出てくりゃよかったんだけど、なにせ東北旅行から帰宅後、疲れを引きずったまま旅の終わりまでのブログをUPしたら午前3時でしたので、
午後1時近くまで寝てましたのでね。。。。

特急待避設備は矢切・東松戸・新鎌ヶ谷・小室・千葉ニュータウン中央・・・のようでした。
列車は、「成田スカイアクセス」開業を先取りしているかのように、結構飛ばします。
しかし、ほとんどの乗客は千葉ニュータウン中央までに下車。終点まで行く人はわずかでした。

終点・印旛日本医大駅は「松虫姫」というサブタイトル(?)が駅名標に書かれています。


「松虫姫」の伝説については、いくつものサイトに書かれており、
例えばhttp://johokan.net/history/tradition/matsumushi.htmlあたりを見ていただくとよいと思います。
サブタイトルになっているということは、そのものズバリ「松虫姫駅」という案もあったんだろうと思いますが、
どうも詩的な名称より、「日本医科大学付属千葉北総病院の最寄り駅である」という「実用性」を選択したようです。
しかし、「印旛日本医大」などという駅名は、京急線の横浜方面では「印旛というからには、千葉県のどこかだろう?」ぐらいの印象しか持たれないのか、
京急車だと、品川までは側面に「品川・日本橋方面 印旛日本医大」という、但し書き付きの行先表示をしています(品川停車中に、ただの「印旛日本医大」に変える)。

でも、もしこれが「松虫姫」行だったら・・・。
「その駅はどこにある?」とか「”松虫姫”って誰?」と、相当な話題を呼んだでしょうし、インパクトが強いので、「一度記憶したら絶対に忘れないだろう」という気がしますよ。
京急の駅名を例にするなら、「青物横丁」なんて駅名は、たぶん死ぬまで忘れないでしょうね。
でも、これが「南品川」なんていう駅名だったら、すぐ忘れちゃいそうですし、誰も話題にしないでしょう。。。。

印旛日本医大駅のコンコースは、赤坂の絵画館みたいなドームになっており、さらに時計搭まで立っているスゴイ駅舎なんですが、利用者は少なく、
電車から降りた中年女性が一人で立っており、携帯で電話していましたが、いくらご主人が車で迎えに来る(であろう)とはいえ、「怖くないのかなぁ」と思いました。
(暗くて駅舎の写真は撮れませんでした。あしからず。)
私も、昼間なら松虫寺と松虫姫神社(1キロぐらい北東にある)へ行ってみたかったんですが。。。。

帰りは18時05分発の羽田空港行に乗りましたが、これは2編成しかない9000系でした。


この9000系、1983(昭和58)年・日本車輌製の電車で、当時の私鉄通勤用電車のオーソドックスなスタイルであり、見てもそんなに面白くはない電車です。
車内設備も同様で、語るべき特徴は何もありません。
しかし、経歴を調べると
1.当初は住宅・都市整備公団(後に都市基盤整備公団)の所有で、公団のマークを付けていた。
2.「2000形」という形式称号で登場したが、都営・京急直通運転にあたり、京急に「2000形」が存在するため「9000形」に改番した。
3.先頭車は当初電動車ではなかったが、京急に乗り入れる車両は「先頭車を電動車とする」約束事があり、それに従って後年、改造によって電動車化した。
(これは面倒な改造だと思いますよ・・・なお、同時に中間車を増備し、6連→8連になった。)
4.都市基盤整備公団が(独)都市再生機構(UR)に改組された際、インフラとともに車両も千葉ニュータウン鉄道(後述)に譲渡されたが、
車両には「北総鉄道」と書かれた銘板が取り付けられている。しかし、真の所有者は北総鉄道ではない(9100形電車も同じ)。

「ううむ・・・何なの? この複雑な履歴は」と唸りたくなるような難しさです。。。。

ところで、北総線の小室~印旛日本医大間は当初、公団が所有する鉄道として開業し、構造改革によって公団が独法に改組された2004(平成16)年7月1日から、
京成電鉄の全額出資子会社「千葉ニュータウン鉄道(株)」へ移管(有償譲渡)されました。
しかし、実質的な運行管理は、公団時代も現在も北総鉄道(旧・北総開発鉄道)が行っています。

「千葉ニュータウン鉄道」などという社名は、公文書や政府刊行物に出てくるだけで、鉄道愛好者の話題にすらなりませんし、
運賃も北総鉄道と一本ですから「ゆくくるきっぷ」で全線乗れたんですが、もしかすると、来年以降は変化があるかもしれません。

と言うのは、「成田スカイアクセス」の営業権(第2種鉄道事業)は全区間、京成電鉄が持っているんだそうです。
そのことは、だいぶ前の『鉄道ジャーナル』誌で読んだ記憶があり、その時は「ああ、スカイライナーが通過するもんね。その営業権のことね」としか思いませんでしたが、
昨年12月16日のプレス発表によれば、「スカイライナー」とは別に、特急料金不要の特急電車も走り、これは東松戸・新鎌ヶ谷・千葉ニュータウン中央・印旛日本医大に停車し、
その絡みなのか、北総線各駅は制度上「京成電鉄の駅でもある」ということになるそうです。

また、北総鉄道の列車は印旛日本医大止まりで、その先、成田空港まで行くのは京成電鉄の列車だけなんだそうですよ。。。。
だとすれば、印旛日本医大?空港第2ビル間に出来る「成田湯川」という新駅は京成が管理するんだと思いますが、
とにかく話がやたら複雑で、(@_@)???なんです。
おそらく、権利関係の複雑さは日本一・・・いや、外国にもこんな事例があるのかどうか?
そこを、「事業仕分け」で突っ込んでほしいと思うくらいです(笑)。

(そこで裏話というか「弁解」・・・このブログ、「サクッ」と書いて1月4日午前0時にUPして寝よう・・・と思ってたんですが、
「成田スカイアクセス」関連の資料を読み出したら、あまりに複雑なので、UPが大幅に遅れてしまった・・・という次第。サーセン!)

たぶん、「成田スカイアクセス=営業権は京成」ということと関係あるんだと思いますが、
これまで、6月と12月に発売されていた「敬老パス」(高齢者向け、6ヶ月間有効の特殊定期券)が廃止されました。
京成としては「そんな割引は、やりたくない」と考えているのかもしれませんし、運賃については国会で問題になったり、県知事の陳情があったりするデリケートな問題ですから、余計なことはしたくないのかもしれませんね。
その「敬老パス」廃止も北総鉄道の内部では混乱しているらしく、いったんは12月10日発行のPR誌『北総ライフスポット』に発売告知を掲載してしまったものの、公式サイトで撤回し、お詫び文を掲載する始末。。。。
(http://www.hokuso-railway.co.jp/)【もう消えてます】
そういうお話ですと・・・「ゆくくるきっぷ」は京成がOKしない限り、来年以降は出るのかどうか、わかりませんよ。。。。

まあ、企画乗車券が出ようが出まいが、私はこの夏、「成田スカイアクセス」が開業したらすぐ乗ってみるつもりで、この地も半年後に再訪することになるでしょう。
その折には、また印旛日本医大駅に降りて、松虫姫神社と松虫寺に参拝しますね♪
(*​´0`​)ノ
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

今回の北総のうんちく、面白かった!!
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。