05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道五十三次を歩こ~♪由比宿→興津宿

(取材:2014年3月9日[日曜])
前日は静岡駅南口の「静岡パークホテル」(税込み5300円:朝食なし)に泊まり、翌朝は6時に出発。
(3月上旬は、まだ日の出が遅く、あんまり早く出てもしょうがないんです。)
駅の北口まで歩き、国道1号線を渡った伝馬町の「吉野家」で朝食。この伝馬町には、夕方戻ってきます。
6時43分発の三島行き(724M)に乗り、由比に7時03分着。

由比といえば、やはり「さくらえび」。
駅前通りの名前も「桜えび通り」です。
由比駅前「桜えび通り」(静岡市清水区由比今宿)(2014年3月9日)

今日は、朝から薩埵峠(さったとうげ)を越えます。
箱根峠は別格として、この薩埵峠と、宇津ノ谷峠(丸子~岡部間)、小夜の中山越え(金谷~日坂間)が、静岡県内の旧東海道における「三大峠越え」といえるでしょう。
愛知県には「峠越え」と呼べるほど急峻な区間はなく、小夜の中山を越えたら、次は三重県の鈴鹿峠まで「峠」というほどの山はありません。
ただし、「**坂」と呼ばれる道は、白須賀宿手前の「潮見坂」、二川宿を出てすぐの「火打坂」などがあります。

薩埵峠にはいくつかのルートがあります。
これは由比側ではなく、興津側にある案内板ですが、何箇所かある案内板のうち、最もわかりやすいので写真を載せておきます。
薩埵峠西口の案内板(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)

そのルートとは、
・下道・・・峠の道が整備される以前は、海岸沿いに歩くしかなく、歩行者が波にさらわれることもあった。
危険なので、峠道が整備されるとわざわざ通る人も少なくなったが、1854(安政元)年の地震で海岸が隆起し、以後、再び道として通行されるようになった。
現在は、国道1号線が海岸沿いを通っている。

・中道・・・1601(慶長6)年に徳川家康が東海道を開いたときから約50年間、よく使われたルート。

・上道・・・1655(明暦元)年9月、朝鮮使節一行を迎えるにあたって開かれた道で、その後は幕末まで200年以上にわたって利用された。
朝鮮使節一行は、政治家、官僚、学者から音楽家、芸人、その付き人まで約500人に及ぶ一団で、それだけ大人数の国賓が通過するとなれば、新道を建設するぐらいのことを幕府もやったのでしょう。

・脇道・・・現在の東名高速道路に沿っており、これは太古の昔からあった。通称「地蔵道」とも呼ばれる。

薩埵峠にいくつかのルートがあることは、旅行記の類を読んで知っていましたが、どのルートを通るかは迷ってしまいますね。
そんなとき、2013年の夏でしたが、静岡市のふく爺氏がこの案内板の写真を送ってくださいました。
(夏至の頃には、上り東京行き「サンライズ瀬戸・出雲」が撮影可能で[興津通過4時55分ごろ]、それを撮りに行ったついで・・・とのこと。)
それを見て、「結局、どのルートを通っても正解」と判断し、最も楽そうな(笑)「上道」から「中道」を行くことにしました。

【静岡市清水区由比寺尾付近の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


「桜えび通り」を西に進むと「↑薩埵峠」の標識がいくつも立ち、「大歓迎」してくれます。
まあ、静岡県の人たちには「比較的お手軽なハイキングコース」として知られているのでしょう。
薩埵峠東口・寺尾(静岡市清水区由比寺尾)(2014年3月9日)1

寺尾橋の手前で、右の細い道へ。直進してしまうと国道1号線に出てしまい、峠の方には行かれません。
薩埵峠東口・寺尾(静岡市清水区由比寺尾)(2014年3月9日)2

なお、富士駅および蒲原病院から来る路線バス(富士急静岡バス)はここが終点で、寺尾橋~興津間にはバスがありません。
興津まで行くと、バスは富士急ではなく、しずてつジャストラインのエリアになります。

路地を標識に従って右折し、すぐ突き当たりを左折すると、寺尾の集落です。
薩埵峠東口・寺尾(静岡市清水区由比寺尾)(2014年3月9日)3

みかん畑の横を通り、
薩埵峠東口・寺尾(静岡市清水区由比寺尾)(2014年3月9日)4

眼下に海と道路、線路を見下ろす地点に出ました。
313系の普通列車が通過するのを待って撮影。
薩埵峠(東海道本線由比~興津間)(2014年3月9日)

橋を渡ると「間の宿」倉沢です。
薩埵峠東口・間の宿倉沢(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)

倉沢を過ぎると、いきなり急な坂道になります。
薩埵峠東口・間の宿倉沢から峠へ(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)1

結構きつい坂道が続き、
薩埵峠東口・間の宿倉沢から峠へ(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)2

由比駅から約1時間、倉沢からは約30分で薩埵峠の展望台(公衆トイレあり)。
ここまでは、興津側から「上道」を経由すれば車で来ることができ、駐車場があります。
由比側から車で来ることも不可能ではなさそうでしたが、道が狭いので、あまり大きな車だと無理でしょうね。
薩埵峠展望台(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)

ここから先の「中道」は、車では行かれません。
先にも展望台があり、ちょっと上ってみると、駿河湾の展望が広がっています。
薩埵峠から見た展望(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)1

しかしこれは、いつか見た風景だなぁ・・・と思いましたが、よく台風が来ると「静岡市清水区由比付近の今の様子」としてテレビで流れる場所ですね。
そう思って周囲を見渡したら、遠隔操作のテレビカメラがありました(笑)。
(これは国交省富士砂防事務所が管理しており、各テレビ局は国交省から映像の提供を受けているようです。)

ここは有名な景勝地ですが、この日は富士山は見えず。。。。
その場所にあった案内板に掲示されていた写真をお借りしておきましょう。
薩埵峠から見た展望の案内板(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)2

線路に列車が来ればなぁ・・・と思い、待つことしばし。
やってきたのは211系の3連。
薩埵峠から見た展望(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)2

正直、3両編成じゃ物足りないですね。長い貨物列車か、ふく爺氏がお撮りになった「サンライズ瀬戸・出雲」(14両編成)ならサマになるんでしょうけど。。。。

ここを過ぎると・・・意外にもあっけなく、薩埵峠はおしまい。
峠の標高は意外に低く、107mだそうですが、そりゃそうでしょう。「海抜0m」の海岸からすぐ近くなんですから(笑)。

墓地の中を通り抜け(どうしてこんな所にお墓があるんだろうね?)、公衆トイレがある休憩所に出ました。
前方に海と「駿河健康ランド」が見えていますが、そこはもう興津です。
由比駅からここまで1時間45分、上の駐車場からだと40分ぐらいで来てしまいました。
(「駿河健康ランド」は画像の左側、海沿いに建っている白いビル。画像の正面、オレンジ色のビルは「老健施設きよみの里」です。)
薩埵峠西口の休憩所(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)1

ところが、ここから下る坂が結構きつい。
薩埵峠西口の休憩所(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)2

私は下りだからいいけど、西の方から来たらしんどいでしょうね。。。。

坂を下ったところに十字路があり、右へ行っても左へ行っても興津駅には出られますが、私は左に行きました。
薩埵峠西口の十字路(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)1

薩埵峠西口の十字路(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)2

白髭神社前の集落を抜けると、東海道線の「洞(ほら)踏切」があります。
東海道本線・洞(ほら)踏切(由比~興津間)(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)

東海道本線・洞(ほら)踏切(由比~興津間)を行く313系+211系SS 9編成(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)

踏切を渡って右へ進み、ほんの少しだけ国道1号線(歩道あり)を行くと、すぐに二股の分かれ道があるので、それを右へ。
すると、興津川の畔に出ます。
興津川橋梁(東海道本線由比~興津間)(2014年3月9日)

この興津川橋梁には、2001年頃だったか、撮影に来たことがあります。
そのときは、大垣→品川間の167系返却回送列車(「臨時大垣夜行」に使った車両を、昼間、品川へ回送するもの。興津通過13時ごろだった)がお目当てでしたが、
今ではそんな面白い列車が通ることもなくなり、旅客車は211系、313系、それに特急「ふじかわ」の373系と、前述した「サンライズ瀬戸・出雲」の285系が全てです。
昔(1980年代後半)は、ここを通過するEF58形牽引のお座敷列車の写真などを、よく鉄道雑誌で見かけましたが、最近、雑誌に紹介されることが少ないのは、通過する車両にバラエティがないからでしょう。
ただ、貨物列車は今でも面白いだろうと思いますけどね。

川を渡ると、甲府へ行く国道52号線の分岐点。
国道52号線起点(静岡市清水区興津中町)(2014年3月9日)

前述のように、このあたりから路線バスのエリアは「しずてつジャストライン」になります。
この色は新塗装のようで、この先も何十回となくしずてつバスを見かけることになりますが、古い塗装もまだ残っています。
しずてつバスとのお付き合いは、金谷駅前まで続きます。
(路線図を見ると袋井まで、しずてつのエリアらしいんですが、金谷以西は本数が少なく、見かける機会もあまりなくなる。)
しずてつジャストラインバス(静岡市清水区興津中町)(2014年3月9日)

まだ今日は、たいして歩いていないような気もするけど、やはりお腹は空いていて、この交差点のそばにあるローソンで揚げ物を買って食べちゃいました(笑)。

【静岡市清水区興津東町付近の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


2年間のブランクの間に、新東名高速が開通しちゃったんですね(笑)。新清水ICは国道52号線を左へ行くそうです。
静岡市清水区興津中町・新東名入口の標識(2014年3月9日)

しかし、昔の「身延道」への分岐点は国道52号線交差点ではなく、もう少し駅に近い「しずおか信用金庫」興津支店の前でした。
静岡市清水区興津中町・旧東海道と身延道の分岐点(2014年3月9日)

興津駅の姿をちょっと見ておこうと思い、駅前に立ち寄りました。
東海道本線興津駅(静岡市清水区興津中町)(2014年3月9日)

由比宿→興津宿間の距離は9.1Kmだそうですが、私は由比駅から歩いてきたので、ここまでの歩行距離は実質7Kmぐらいでしょう。
「峠越え」ということで、時間をたっぷり取りましたが、写真を撮ったりしながらブラブラ歩いても、所要時間は2時間50分程度でした。
(*'-'*)
============================
※由比宿→興津宿間のトイレ情報
・寺尾集落「東海道名主の館・小池邸」
・薩埵峠展望台駐車場
・薩埵峠西側(興津東町)の休憩所
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

こんばんは

由比出発ですね
(^.^)
桜えび通りにはデッカイえびいるんですね!
薩埵峠って聞いたことあるようなないような…
街道沿いの街並みいいですね!
(・.・)
テレビに出てくる景色の所なんですね!
富士山が見えると最高ですね
興津川橋梁もいい感じ
(@.@)
しずてつバスの地域になるんですね
しずてつは広範囲でも市街地以外は本数少ないのですかぁ
気温高い日が続いてますね
NHKニュースで偏西風の動きとか何とかの影響とかって
昔の夏休みの頃の気温ですよね
(>.<)
体調崩さないように気を付けて下さい

aki様

こんばんは。
(*'-'*)

>桜えび通りにはデッカイえびいるんですね!

どこかの、かに料理専門店の看板と違って、動かない物ですが(笑)。
しかし、このえびは、実際の桜えびの1000倍ぐらいの大きさはありそうですね。

>薩埵峠って聞いたことあるようなないような…

在来線に乗っていると、海岸線に沿って大きくカーブしながら東名高速の下を潜る所。
その東名高速を走っていると、「由比PA」という、トイレと自販機ぐらいしかない小さなパーキングがある所が、その場所です。
ちなみに、欧米の高速道路は、由比PAみたいな「トイレだけ」っていうパーキングばっかりだそうです。
「高速道路SAグルメ」とか、テレビの人気番組とタイアップしたイベント開催(今、足柄SAでやってますよ。なんか、ナインティナインの番組とのコラボらしい)なんて、日本だけみたいですね。

>街道沿いの街並みいいですね!

ここは知名度が低いのと、行くとしても車を停める場所が少ないため、基本的には「駅から徒歩」だからなのか、訪れる人が限られており、
逆に言うと「荒らされていない」場所ですね。

つい最近の『鉄道ダイヤ情報』に、この峠の「撮影地ガイド」が掲載されましたが、「本格的に峠越えをしようと思うと、徒歩で約3時間はかかる」などと書いてありました。
私はそれを読んで「たかが3時間じゃん! 箱根なんて急いでも12時間かかるよ!」と思いました。
このように、最近の私は「歩き慣れ」というより、「歩きズレ」してます(笑)。

>しずてつバスの地域になるんですね
>しずてつは広範囲でも市街地以外は本数少ないのですかぁ

本文の書き方は、やや舌足らずでしたが、
袋井へ来るしずてつバスは、御前崎方面から延びている路線の続きです。
(昔の軽便鉄道、駿遠線の名残。)
掛川あたりを走っていたしずてつの路線バスは、大部分が「掛川バスサービス」という会社に分社化されてしまったので、しずてつとしては今、あまり本数が多くないんですよ。

なお、金谷から菊川宿(間の宿。JRの菊川駅からは全く離れた場所)の間は、一日に数本のコミュニティバスのみ。
菊川宿から日坂(にっさか)宿の間は、全く公共交通機関がない。
日坂から掛川の間は、前述した掛川バスですが、2時間に1本ぐらいです。

>気温高い日が続いてますね
>NHKニュースで偏西風の動きとか何とかの影響とかって
>昔の夏休みの頃の気温ですよね

そうですよね。
約30年間続いた「暖冬」が終了し、「寒い冬」「暑い夏」が復活したらしいんですが、
それにしても、暑くなる時期が以前より1ヶ月ぐらい早い感じで、このままでは「梅雨がないまま、本格的な夏になるのか?」と思いますね。
それもまた異常ですし、だいいち、暑さに身体が慣れていないうちに「30度越え」は、きついです。
やはり、地球温暖化というのは本当なんだなぁ・・・と思っています。

体調管理に気をつけましょう。レモン水とか、いいかもね。
では~♪
(*'​-')​ノ

日本語は難しい

こんばんわ。
薩埵峠、ちょっと難しい読み方か?
宇津ノ谷峠、小夜の中山は、鉄道唱歌にも出てくるなど、割と有名だと思いますが、薩埵峠は、初めて聞きました。
この峠の名称、すぐに読める方そうはいないですよね…

倉沢の街並み、とてもいい感じです。
ゆっくり歩きながら建物を観察してみたいですね。

新幹線や高速道路を走っていては絶対に気が付かない街並みや風景、次はどのような風景が待っているのでしょうか?

自分の足で歩いてみる、会社勤めしているとなかなかできませんが、それでも短い距離でもやってみたいですね。



103おじさん様

おはようございます。
(*'-'*)

>薩埵峠、ちょっと難しい読み方か?

「埵」という字は、一発では変換できませんので、私もIMEパッドから拾ってきました。
そのため、今は「薩た峠」とか「さった峠」のように表記することも多いようです。
ちなみに「YahooMAP」で「薩堆山」となっているのは誤記です。
(「堆積」の「堆」になっている。)

>倉沢の街並み、とてもいい感じです。
>ゆっくり歩きながら建物を観察してみたいですね。

ここは例の「間の宿」で、正式な宿場ではなかったんですが、
国道1号線のルートからは外れ、近代になっても、道路は大型自動車が入れるように改修されませんでした。
(本文に書いたように、バスは手前の「寺尾橋」止まりで、倉沢の集落までは行きません。また、大型クレーン車やミキサー車が入るのも不可能で、倉沢にビルを建てることはできなかったのでしょう。)
それゆえに、古い町並みがタイムカプセルのように残ってしまったんだと思います。

>新幹線や高速道路を走っていては絶対に気が付かない街並みや風景、次はどのような風景が待っているのでしょうか?

種明かしをすると、しばらくは清水・静岡の市街地が続くんですが、
そうは言っても、静岡市の中でも「旅行者が立ち寄らない街」を歩いてゆくことになりますから、面白いものがいろいろ登場します。
楽しみにお待ちくださいませ。

>自分の足で歩いてみる、会社勤めしているとなかなかできませんが、それでも短い距離でもやってみたいですね。

どこの町でも、それは面白いだろうと思いますね。
地元の市区町村、あるいは教育委員会のサイトをご覧になると、たいてい「歴史散歩」のコーナーがありますから、それらを参考にするのもいいと思います。
我が練馬区にも、「富士山信仰」の名残の道(最終的には調布で甲州街道に合流して富士山に向かう)とか、ありますもの。。。。

では~♪
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。