07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと撮れた!JR東海の213系

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
かなり前の話になりますが、2010年2月16日に
『今日は「岡山の」213系の日!o(^▽^)o』という記事を掲載しました。
http://mitsuka115jnr.blog119.fc2.com/blog-entry-94.html

岡オカ213系(岡山駅・2001年4月25日)

その中で、
「JR東海・神領車両区(海シン)所属の213系電車の写真を掲載したいが手元になく、車両運用の関係で”名古屋に行けば撮れる”というものでもないので、今回は割愛」
としましたが、
ようやく撮れましたよ、JR東海の213系を!
\(^o^)/
海カキ213系「H14」編成(2014年5月5日・豊橋駅)

2010年当時、JR東海の213系は関西本線(名古屋~亀山間)中心に走っていましたが、2011年9月末日限りで関西本線から撤退し、313系に置き換えられました。
その後は飯田線に転用されることになり、トイレの取り付けと、ドアの半自動回路(押しボタン式)取り付け改造工事を施され、2011年11月27日から改造第一陣が飯田線で走り始めました。
(同時に、所属も神領車両区→大垣車両区[海カキ]に変更。)
改造工事の済んだ編成から順次、飯田線に投入され、2012年3月17日のダイヤ改正を機に、213系全14編成が飯田線での運用を開始。従来の119系電車を完全に置き換えました。

上の写真は海カキ(大垣車両区)「H14」編成(クモハ213-5014+クハ212-5014)。2014年5月5日、豊橋駅で撮影。
213系は飯田線全区間(豊橋~辰野間)の他、中央本線の上諏訪駅まで顔を出す運用もあるんですが、それも含めて私は見る機会がありませんでした。

4年前の記事のことで、時間は経過してしまいましたが、気になっていた件を掲載できたので、胸のつかえが下りた思いです。
(;゚∀゚)=3
============================
豊橋駅に行ったのは「東海道五十三次を歩こ~♪」の一環です。

現在の進行状況は、静岡県から愛知県に入っており
2014年5月5日19時に、岡崎宿(愛知県岡崎市)の名物「岡崎の二十七曲がり」を通り抜け、
名鉄名古屋本線の岡崎公園駅で切り上げ、帰京したところですが、
江戸・日本橋からの距離は316Kmに達しました

東海道は江戸~京都間492Kmとされていますので、残り176Kmです。
もっとも、176Kmとは江戸~府中(現:静岡)間に匹敵しますから、「残り3分の1」といっても、まだまだ気は抜けませんね。。。。
( ・_・)
ところで、最近は「東海道五十三次を歩こ~♪」の記事が多く、「撮り鉄」の記事が少ないので、ご不満の方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回は「東海道五十三次を歩こ~♪」番外編として、
「歩きながら撮った鉄道ちゃん」の写真をピックアップしましたので、これをご覧いただこうと思います。
(*'-'*)

由比宿から倉沢の「間の宿」を経て、薩埵峠(さったとうげ)へ向かう途中の道(静岡市清水区)で見下ろした東海道本線の線路を、313系が通過していきました。
薩埵峠(東海道本線由比~興津間)(2014年3月9日)

ここは、以前『鉄道ピクトリアル』の表紙になった場所で、「どうやって行くんだろう?」と思っていたんですが、
行ってみれば何のことはない、由比駅から徒歩20分ぐらいの場所。このあたりまでは坂道も大したことはありません。
坂がきつくなるのは、ここから先なんですよ。。。。
(2014年3月9日)

薩埵峠を越えて、興津川の川べりで橋梁を渡る313系+211系の普通列車を撮影。
この313系+211系の併結編成は、静岡支社ではポピュラーな存在で、これを見かける間は「歩いても歩いても静岡県」です(笑)。
(2014年3月9日)
興津川橋梁(東海道本線由比~興津間)(2014年3月9日)

江尻宿(静岡市清水区)を過ぎて、静岡鉄道に沿う旧東海道を歩いていたんですが、
現在は「南幹線」(県道静岡草薙清水線[407号線])と呼ばれるこの道は、自動車販売店が並ぶばかりの退屈な道で、
思いついて、静鉄の線路沿いの市道へ転進。

地元の方は「先刻ご承知済み」でしょうけど、この静鉄1000系電車には、最初からクーラーが搭載されていた編成と、後から改造で取り付けた編成があり、
当初からの編成には、分散式のクーラーが搭載されています。
静岡鉄道1509+1009(草薙~県立美術館前間)(2014年3月9日)

一方、後付けの編成は、集中式のクーラーが屋根上に1基だけ。このような違いがあります。
(2014年3月9日)
静岡鉄道1505+1005(草薙~県立美術館前間)(2014年3月9日)

府中、丸子(まりこ)と過ぎ、宇津ノ谷峠を越え、岡部、藤枝と来る間は、旧東海道とは離れていますが、
藤枝~島田間では、ほぼ東海道本線と並行します。
六合駅の手前、田んぼの中を走る313系のサイドビュー。
(2014年3月29日)
静シス313系(藤枝~六合間)(2014年3月29日)

島田から「越すに越されぬ大井川」を、大井川橋を歩いて15分で越えると金谷宿。
旧東海道は、大井川鐵道と踏切で交差します。
大鐵の本数は少ないので、「列車と出会うかどうか」と思っていましたが、踏切の警報機が鳴っている!
ε=ε=┏( ・_・)┛
踏切までダッシュで行けば、C56 44号機牽引の「SLかわね路14号」でした!
ヽ(゜∀゜ )ノ
大井川鐵道C56 44(新金谷~代官町間)(2014年3月29日)

「トイレ休憩」を兼ねて新金谷駅へ行ってみたら、西武鉄道から来た電気機関車・E34号機が車両区にいる。。。。
| |д・) ソォーッ…
大井川鐵道新金谷車両区(2014年3月29日)

この機関車は西武から購入後、長い間使用されず千頭駅構内に留置されていましたが、里へ下りてきたってことは、いよいよ「使う」つもりなのか?!
!( ゜д゜)
(2014年3月29日)

場所は飛んで、浜松を過ぎて、浜名湖。
弁天島から新居町への途中、浜名湖橋梁を行く311系電車を撮りました。
浜松~豊橋間の普通列車は、静岡支社の車両と、本社直轄(東海鉄道事業本部)の車両が半々なのかな?
(2014年4月13日)
海カキ311系(弁天島~新居町間)(2014年4月13日)

新居宿から白須賀宿を経て愛知県に入り、二川宿手前の踏切を、313系がカッチョよく通過するのを撮れましたが、
これを撮るために、ここで20分近く待機しました(笑)。
(2014年5月4日)
静シス313系「T16」編成(新所原~二川間)(2014年5月4日)

二川宿の本陣資料館を見学後、裏に回ったら・・・
EF210-155[新]牽引のレール輸送列車が通過しました。
EF210-155[新](新所原~二川間)(2014年5月4日)

この機関車は、私の実家に近い新鶴見機関区の所属で、
「やあ、みっぴょん。よくこんな所まで歩いてきたね」
と言ってました(嘘)。
(2014年5月4日)

二川宿から吉田宿(現:豊橋)へ。
豊橋といえば、今では旧東海道で唯一、「路面電車の走る街」。
(2014年5月4日)
豊橋鉄道モ3502(2014年5月4日・札木電停)

吉田宿から御油宿へ向かう途中で日没が近くなり、この日は切り上げて、伊奈駅から名鉄に乗って豊橋へ戻り、泊まりました。
「パノラマSuper」1000系+1200系の特急、健在です。
(2014年5月4日)
名古屋鉄道1000系+1200系(2014年5月4日・伊奈駅)

翌日、伊奈駅から歩き出して約3.5Km。旧東海道と国道1号線の合流点付近、跨線橋で名鉄名古屋本線を渡ります。
1000・1200系に、1800系を増結した特急電車が通過。
名古屋鉄道1000系・1200系+1800系(2014年5月5日・小田渕~国府間)

この名鉄の形式名がよくわからず、この原稿も『鉄道ピクトリアル』別冊の「名鉄特集号」で調べながら書いてます(笑)。
(2014年5月5日)

御油宿を過ぎて、いったん国道1号線と分かれた旧東海道は、再び国道に合流。
この区間は、ずっと名鉄線と並行します。
(2014年5月5日)
名古屋鉄道1000系(2014年5月5日・名電長沢~本宿間)

本宿の近く、旧街道から離れて名鉄の列車を何本か撮ってみました。
名古屋鉄道6800系(2014年5月5日・名電長沢~本宿間)

名古屋鉄道3100系+3700系(2014年5月5日・名電長沢~本宿間)

さらに進んで藤川宿の手前、名鉄の舞木検査場(名電山中~藤川間)下でも撮影。もっとも、雨が強くなって暗く、あんまりうまくいきませんでしたが。。。。
名古屋鉄道3100系(2014年5月5日・名電山中~藤川間)

旧東海道を歩く旅が終わったら、再び沿線を訪れて、ゆっくり名鉄電車を撮ってみたいなあ。。。。
(*'-'*)
(2014年5月5日)

この旅の詳細は順次書いていきますので、お楽しみに♪
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

こんばんは。

 いつもいつも「久しぶり」っていう言葉からはじまっちゃうよな。
なんのなんの、列車の写真が少なくたって、53次シリーズは
楽しく拝見しているぞ。
 213系なんていう車両があるんだなあ、ワシ知らなかった。
今回は、当地静岡県の景色やら車両やらたくさん載っていて、
見ていても、嬉しい楽しい大好き♪
今までの53次シリーズも、案内が丁寧でわかりやすいから、
本当に勉強になるよ。
あらためて、知らねえことが多すぎることを実感させられるよ。
 きょうは今、時間に追われていて長くはコメントできねえけど、
また一両日中に再度コメントするよ。
 季節も、これからは出歩くにはちょうど良くなるだろうから、
みっぴょんには、ゆっくりじっくり各地を見てもらって、ワシは
そのレポートを読んで旅をすることにするよ。
身体に気をつけてな。
またな~ッ!
From ふく爺

こんばんは

歩こ~♪番外ですね
(@.@)
213系は20m2ドア車って見慣れないので新鮮です
313系+211系は違和感ありありです
静鉄に冷房機の違いがあるのは知りませんでした
(・.・)
大井川の踏切でSLに会えたのはラッキーでしたね
311系は見た事ないのですが211と313の中間的存在なんですかね…
豊橋の路面電車は都電のお友達ですか?
名鉄は乗ったことなく見たのも新幹線から一瞬ですが色々な形式あるんですよね!
今回は鉄分豊富でしたね
(^.^)ごちそうさま

No title

東海道の記事もどんどん進んでいますね。
コメント入れようと思いつつ、読むだけになっていました。
踏切を通る汽車は迫力がありますね。
踏切注意の標識には汽車が描かれたものがいまだにあちこちに残っていますが、
実物が通るところは少ないですね。
元西武の電気機関車は以前所沢でよく見かけましたが、こんなところに潜んでいたんですね。
元近鉄特急の後ろにこっそり居るところがカワイイです。
既に名鉄エリアに入りましたね。
名鉄といえば、板や幕ではなく普通のカーテンのある車両が印象的でしたが、今でもあるのでしょうか。
先日GW期間中に桑名に行く機会があって、はまぐりプラザで焼き蛤を食べた後、七里の渡し跡などをぶらぶらしてきました。
みっぴょんが訪れるのはいつごろなのかなぁ。

続いて…

改めてまして、こんにちわ。
213系5000番代、JRになってからの登場とはいえ、改めて見ると本当に国鉄的なデザインの車両だと思います。

飯田線にステンレス車は…とも思いますが、まだ国鉄的な車両、各駅停車で乗り通してみたいですね。
いや、途中平岡で一泊して…

名鉄名古屋本線 本宿駅、東海道の宿場町から来ていたんですね。
半田市に母方の親戚がいるので、常滑〜河和線は比較的乗る機会が多いですが、名古屋本線は乗ってないなぁ…

東海道と名鉄、どんな記事が出て来るのか、本当に楽しみです。

aki様

おはようございます。
(*'-'*)

>213系は20m2ドア車って見慣れないので新鮮です

西武4000系とか、東武6050系みたいな感じですね。

>313系+211系は違和感ありありです

静岡支社管内では、全く珍しくないんだけど、よそでは見ませんね。
東日本管内に、例えば211系+E231系なんて編成はありませんし。。。。

>静鉄に冷房機の違いがあるのは知りませんでした

実際の「冷え具合」は、どっちが良好なんでしょうかね。同じかな?

>大井川の踏切でSLに会えたのはラッキーでしたね

はい、これはラッキーでした!
おまけに、C56のすぐ後ろに連結されているのは、あまり走らないオハニ36でしたし。

>311系は見た事ないのですが211と313の中間的存在なんですかね…

311系は、国鉄末期に企画されたものの、すぐには作られず、JR東海になってからデビューした形式です。
どちらかといえば、117系をステンレス化・高速化したという感じなのかもしれません。

>豊橋の路面電車は都電のお友達ですか?

これは、まさに元・都電7000形なんですよ。

>名鉄は乗ったことなく見たのも新幹線から一瞬ですが色々な形式あるんですよね!

名鉄といえば「赤い電車」のイメージでしたが、最近はステンレス車も増えてきましたね。

では~♪
(*'​-')​ノ

ふく爺様

こんにちは。
(*'-'*)

>なんのなんの、列車の写真が少なくたって、53次シリーズは楽しく拝見しているぞ。

ありがとうございます。
早いところ、「蒲原」まで書いてしまいたいですね。
そこから先は、2年間のブランクを経て(笑)比較的最近の話になりますので、「ほぼリアルタイム」(せいぜい1~2ヶ月前の話)でお楽しみいただけると思います。

以前「あの話は10年計画か?」などと言われましたが(笑)、
現在、岡崎まで来ましたので、近日中に、とにかく名古屋の熱田(七里の渡しの渡船場跡)までは行ってしまうつもりです。
そこから先、伊勢、近江を真夏には歩きたくないので、秋になってからですね。

>213系なんていう車両があるんだなあ、ワシ知らなかった。

JR東海車は28両しかありませんからね。現在は飯田線で運行されていますが、313系も走っていますから「飯田線に行けば必ず乗れる」というものでもありません。

>今回は、当地静岡県の景色やら車両やらたくさん載っていて、
>見ていても、嬉しい楽しい大好き♪
>今までの53次シリーズも、案内が丁寧でわかりやすいから、
>本当に勉強になるよ。
>あらためて、知らねえことが多すぎることを実感させられるよ。

とにかく静岡県は広いので、この先もまだまだ続きます。
鉄道から離れたエリアもありますが、それはそれで、どうぞお楽しみくださいませ。
しかし・・・自分で読んでみると「ここに公衆トイレあり」ばっかり書いてますね(笑)。
いや・・・「食べたら出す」は、生き物なら当然のことですから、「最重要情報」なのかもしれません。

では~♪
(*'​-')​ノ

ベルニナ様

こんにちは。
(*'-'*)

>東海道の記事もどんどん進んでいますね。
>コメント入れようと思いつつ、読むだけになっていました。

ふく爺さんへのコメントにも書きましたが、なるべく早く「ほぼリアルタイム」にしたいと思っています。

>踏切を通る汽車は迫力がありますね。
>踏切注意の標識には汽車が描かれたものがいまだにあちこちに残っていますが、
>実物が通るところは少ないですね。

この踏切がどうだったかは記憶にありませんが、五和(ごか)駅前の踏切の標識は、現在でも「汽車」の絵です。

>元西武の電気機関車は以前所沢でよく見かけましたが、こんなところに潜んでいたんですね。
>元近鉄特急の後ろにこっそり居るところがカワイイです。

南海・西武・近鉄の顔合わせですね。これは面白い。
ただ、元・西武機については「今の大井川鐵道に、電気機関車が何両も必要か?」ということで、名鉄に再譲渡という噂もありますね。
(名鉄の貨物列車など、とっくの昔に廃止されましたが、社内で使う資材輸送用の列車は今でもあるので。)

>名鉄といえば、板や幕ではなく普通のカーテンのある車両が印象的でしたが、今でもあるのでしょうか。

座席指定車ではなく、一般の通勤用車両の「横引きカーテン」でしょう?
今でもありますよ。もっとも、ここ10年ぐらいの新造車両は、他社のようなロールカーテンか、UVカットガラスにしてカーテン省略のようですから、そのうち見られなくなると思います。

>先日GW期間中に桑名に行く機会があって、はまぐりプラザで焼き蛤を食べた後、七里の渡し跡などをぶらぶらしてきました。
>みっぴょんが訪れるのはいつごろなのかなぁ。

「はまぐりプラザ」とは何なのか、検索してみました。
食事ができるのは、昼食時だけなんですね。

桑名ですか・・・。
とにかく、名古屋までは「早急に!」と思っていますが、伊勢は、やはり秋以降かなぁ。。。。
(なにしろ、真夏に歩きたくないので。既に、おでこなんか日焼けして真っ赤なんですよ[笑]。)

では~♪
(*'​-')​ノ

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

>213系5000番代、JRになってからの登場とはいえ、改めて見ると本当に国鉄的なデザインの車両だと思います。

西日本(岡山)車がデビューしたのは、国鉄分割・民営化の1年前でしたが、当時は「1M方式であること」、また「全車禁煙であること」などが、逆に「国鉄離れしている」と思いましたね。

>飯田線にステンレス車は…とも思いますが、まだ国鉄的な車両、各駅停車で乗り通してみたいですね。
>いや、途中平岡で一泊して…

平岡の駅内温泉、あそこは私も泊まってみたいと思いますね。
「いな穂※」さんはお泊りになったそうですが。

>東海道と名鉄、どんな記事が出て来るのか、本当に楽しみです。

どうぞ、ご期待くださいませ~♪
では~♪
(*'​-')​ノ

名古屋方面の電車

中京圏に行くと電車が転換座席なのがいいですね。ゆったり座れますね。熱海と浜松の間だけ我慢すれば、西の方へは電車が快適ですね。名鉄と競争しているんでしょうね。 
札幌近郊の電車は今後、Uシートを除いては導入される電車は全部ロングシート車になる見たいです。現在走っている快速エアポートも新型車両からは普通車はロングシートになるみたいです。
 静岡鉄道は以前何度か乗ったことあります。出張のときですけど、普通の電車で印象は薄かったです。
 大井川鉄道は以前父親と乗ったことありますけど、またぜひ乗ってみたい路線です。

びゅんびゅん丸様

こんばんは。
(*'-'*)

>名鉄と競争しているんでしょうね。

これが、すごいことになってるんだな。。。。

名鉄には「名古屋特割2」という豊橋~名古屋間の往復割引切符があり、平日用1740円・土曜休日用1540円。
ノーマル運賃の往復ですと2220円ですから、かなりお得です。

一方、JR東海は豊橋~名古屋間の往復割引切符が平日用1860円・土曜休日用1540円。
(ノーマル運賃での往復は2560円。)
驚くべきは、往復割引切符に平日は510円、土曜休日は390円足すと新幹線(自由席)に乗れちゃうんですよ!

>熱海と浜松の間だけ我慢すれば、西の方へは電車が快適ですね。

実際に乗ってみると、地元では熱海から浜松まで、ずっと各駅停車に乗り続ける人などいません(笑)。
三島、沼津、富士、静岡など、「節目の駅」で人が入れ替わります。

2人掛けシートの車両が「快適」といえるかどうかは、はなはだ疑問だなぁ。
このシリーズでも、新居町から浜松まで乗ったんですが(311系)、
お行儀が悪くて、2人分あるいは4人分を1人で独占しちゃっているのがいて、感じがよくなかったね。
ご当地、静岡県の人は、あんまりそんなことはしません。
そういうのは、たいてい「18きっぷ」で関西から東京まで乗り通すような連中です。
浜松以東は211系のロングシート車でしたが、むしろホッとしましたよ。

>札幌近郊の電車は今後、Uシートを除いては導入される電車は全部ロングシート車になる見たいです。現在走っている快速エアポートも新型車両からは普通車はロングシートになるみたいです。

仕方ないんでしょうね、それは。
ただ、その733系3000番代だかが導入されると同時に、国鉄時代からの711系が廃止されるとのこと。
これも仕方ないんですけど、「もう一回ぐらい乗りたかった」気もしますね。なにしろ、711系は「私が北海道で初めて乗った車両」なので。
(千歳空港駅[今の南千歳駅]から札幌まで。)

>静岡鉄道は以前何度か乗ったことあります。出張のときですけど、普通の電車で印象は薄かったです。

ああ、これは東急の電車に興味と知識がないと、「印象が薄い」かもしれない。静岡鉄道1000系のモデルは、東急7200系なので。
逆に、7200系が好きな人には「おおっ!」って感じですね(笑)。
このブログでは2010年9月だったかな、「静鉄1000系特集」をやりました。

>大井川鉄道は以前父親と乗ったことありますけど、またぜひ乗ってみたい路線です。

このブログでも取り上げましたが、今年の3月以降、ものすごく本数が減ってしまったんですよ。
JR線の車内放送では、
「次は金谷です。大井川鐵道線はお乗換えです」
と、平然と言うだけで、次の列車の接続時刻も言わないんですが、
金谷駅に降り、「次の列車は3時間後!」と知って「ジェジェジェ!」とか叫ぶ人がいそう。。。。
必ず、大井川鐵道の時刻を調べてからお出かけくださいませ。

では~♪
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。