08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道五十三次を歩こ~♪ 三島宿→沼津宿

(取材日:2012年1月29日[日曜])
静岡県三島市の「三島グリーンホテル」を朝8時には出発しようと思ったんですが、
やはり前日の「箱根越え」は「大事業」で、体がだるく、ぐずぐずしてしまって出発は9時過ぎになりました。
(*゚∀゚)=3
9時25分、伊豆箱根鉄道の三島広小路駅前から、旧東海道、現在の県道沼津三島線(145号線。地元では「旧道」と呼ばれ、路線バスにも「旧道経由」の表示がある)を歩き始めます。
伊豆箱根鉄道駿豆線・三島広小路駅(2012年1月29日)1

伊豆箱根鉄道駿豆線・三島広小路駅(2012年1月29日)2

【三島市広小路町付近の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


旧東海道・三島市西本町(2012年1月29日)

すぐ、三島市から駿東郡清水町に入ります。
旧東海道・三島市加屋町と駿東郡清水町伏見の境界(2012年1月29日)

「千貫樋」(せんがんどい)の交差点を通過。
旧東海道・千貫樋交差点(静岡県駿東郡清水町伏見)(2012年1月29日)

「千貫樋」とは、三島駅に近い楽寿園(小松宮彰仁親王の別邸だったが、1952[昭和27]年以降は市立公園として一般公開)内にある小浜池の水を、現在の清水町にかんがい用水として引くために架設された「樋」・・・というか、「水道」です。
建設年代については諸説ありますが、天文24(1555)年に建設されたという説が一般的です。
これは当然、木製でしたが、1923(大正12)年の関東大震災で崩壊し、現在の千貫樋はコンクリート製です。
「千貫」とは昔の通貨単位で、「そのくらいの費用がかかった」(注)という説、「千貫の価値がある技術である」として名付けられたという説など、いろいろあります。
(注)千貫が、今の金額だといくらぐらいに相当するのかは、調べてみたんですが諸説あって、はっきりしません。慣例では1貫=銭1000枚(1000文)とされ、貨幣の穴に紐を通して1000枚に束ねました。

もっとも、昔は道路から千貫樋が見えていたそうですが、今は家並みが建て込んでよく見えません。
このときはわざわざ見に行ったりはしませんでしたが、この原稿を書くために、静岡県の公式サイトにある「東部地域施設概要 千貫樋」を見てみると、これは、なんだか面白そうな構造物ですね。
http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-620/rekishiteki/toubu/page/page11.html
私は橋が好きで、この手の構造物にも興味があり、「ちょっと回り道をしてでも見に行くんだった」と思いました。次回、このあたりを訪れた際のお楽しみです。

「こうじ(麹)製造所」の看板が出ている古い家。いい雰囲気です。
(*'-'*)
旧東海道・静岡県駿東郡清水町伏見付近(2012年1月29日)

その家の前に常夜灯が。
旧東海道・静岡県駿東郡清水町伏見付近・常夜灯(2012年1月29日)

1846(弘化3)年に建てられたものだそうですが、本来は十字路(上の写真の信号機付近)にあったといいます。
昭和の耕地整理で全く別の場所に移されていましたが、「東海道400年」を機に2001(平成13)年7月、あらためて現在地に移されたとのこと。
基部に「中内村」とありますが、1889(明治22)年に18ヶ村が合併して駿東郡清水村が発足した際の村に「中内村」の名はなく、この名は幕末~明治初期には消滅していたようです。

その先に「三島清水郵便局」があります。
この局名が、ちょっと気になる。
ここは、三島市ではありません。駿東郡清水町です。
(・.・)?
旧東海道・三島清水郵便局(静岡県駿東郡清水町伏見)(2012年1月29日)

同じ県内の清水市(現:静岡市清水区)と区別する必要があるのはわかりますが、三島市ではないのに「三島清水」とした理由はわかりません。
清水町内にある郵便局は長沢局、三島清水局、沼津卸団地簡易局、三島徳倉橋局の4箇所で、徳倉橋局も「三島」を冠していますが、「清水町郵便局」というものは存在しません。
卸団地にある簡易郵便局に至っては「沼津」を冠しており、これもお隣の市名じゃないですか。。。。

【静岡県駿東郡清水町の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


旧・郵政省では、清水町が将来、三島市と合併すると見越していたのか?
そういえば、清水町内の集配業務を担当するのは三島郵便局(郵便番号:411-****)だし・・・と考えましたが、
調べてみたら、清水町と三島市の単独合併が検討されたことはなく、戦後、沼津市との合併、あるいは複数の市町の合併話が何回かあったものの、成立しませんでした。
静岡県駿東郡清水町カントリーサイン(2014年1月29日)

一回目は1962~63(昭和37~38)年ごろ、当時あった東駿河湾石油コンビナート計画を円滑に進めるため、県が主導したもので、沼津市・三島市・清水町の二市一町が合併する案でしたが、主に三島市の猛反対で不成立。

二回目は、1966~67(昭和41~42)年です。
沼津駅北口にあった市場や問屋さんが清水町に移転して、1969(昭和44)年にオープンした「沼津卸団地」(協同組合沼津卸商社センター)は、沼津市との合併を前提に「沼津」の市名を冠しています。
(卸団地の構内、「組合会館」内にある簡易郵便局が「”沼津”卸団地簡易局」である理由も同じ。)

三回目は1996(平成8)年以降のことで、沼津市と清水町の合併により「中核市」認定を目指したものの、2003(平成15)年に当時の清水町長が合併協議会の確認事項を否定し、翌年、合併協議会は解散。
これには沼津市側が怒って、2006年3月限りで清水町から委託されていたゴミ処理業務を拒否する・・・という出来事がありました。
(やむなく、清水町では2006年4月以降、函南町に委託。)
結局、2007年に新しい町長が選出され、新町長が公式に沼津市へ謝罪し、ゴミ処理業務の委託は再開されたものの、合併協議は再開されていません。

この三回目の過程で、沼津市・三島市・清水町・長泉町・函南町の二市三町合併案も出たようですが、これも成立していません。
静岡県沼津市カントリーサイン(2014年1月29日)

清水町は、東海道本線が町域内を通過しているものの、駅がないので知名度は低いんですが、
・新幹線停車駅(三島駅)や、東名高速の沼津IC・新東名高速の長泉沼津ICを控えて、交通の便が良い。
・雪もほとんど降らない。
・その名のとおり、水質が良い。
といった利点があり、工場や物流センターの立地が多く、税収があるんですよ。県東部で近年、人口が増加しているのも清水町と、隣接する長泉町だけですし。
ゆえに、他の市や町と合併したくないのだろう・・・と推察されますね。
これは、近隣の市や町も同じ考えだと思います。このあたりは裕福な自治体が多く、税収を手放したくないから、政府が鐘や太鼓で構造改革を推進しようが何しようが、「合併お断り」というのが本音でしょうね。

もしかすると、もう合併はせず、人口が5万人を超えた時点で、岩手県滝沢市(2014年1月1日、岩手県岩手郡滝沢村から市制施行。盛岡市との合併話を断った)のように「単独で市制施行」となるかもしれません。

話が複雑になって恐縮ですが、このように通り過ぎる市町村の「今」に思いをめぐらすのも、ゆっくり物を考える時間がある「歩く旅」ならではのことです。
(*'-'*)
清水町に駅がないのは不思議ですが、昔は三島広小路~沼津駅前間の旧東海道を、伊豆箱根鉄道の路面電車(1963[昭和38]年2月5日廃止)が走っており、廃止時点では12分間隔の運転だったそうですから、国鉄の駅がなくても不便はなかったのでしょう。

さて、旧東海道からは外れるんですが、知人から「清水町へ行ったら、柿田川公園に立ち寄るように」との強いお勧めがあり、国道1号線を渡って、行ってみました。
(その方は、「僕はあそこが好きで、3回行ったよ」と言っていました。)
ここは「泉頭(いずみがしら)城」という、戦国時代の城跡です。
柿田川公園(静岡県駿東郡清水町柿田)(2012年1月29日)1

柿田川といえば、岐阜県の長良川、高知県の四万十川と並ぶ「日本三大清流」として知られ、1985(昭和60)年、柿田川湧水群が静岡県では唯一、旧・環境庁の選定した「名水百選」に入選し、知名度が上がりました。
(その後、2008[平成20]年に環境省が「平成の名水百選」を選定し、静岡県では安倍川[静岡市]、阿多古川[浜松市]、源兵衛川[三島市]、湧玉池[富士宮市]の4箇所が入選した。)

公園内にある「わき間」からは、一日に100万立方メートルの水が湧いているといわれます。
柿田川公園(静岡県駿東郡清水町柿田)(2012年1月29日)4

この湧水が柿田川となりますが、この川自体は1.2Kmと短く、すぐに狩野川と合流してしまいます。
柿田川公園(静岡県駿東郡清水町柿田)(2012年1月29日)3

柿田川公園(静岡県駿東郡清水町柿田)(2012年1月29日)2

「おいしい水」、もちろん飲んでみました。
P1290015.jpg

旧東海道沿いのお米屋さんで、おにぎりを売っていたので、それと一緒に。
お米も水もおいし~♪(*'-'*)/
P1290020.jpg

確かに「気に入って3回訪れた」という方がいるように、すばらしい環境です。10時ちょうどに到着したんですが、40分ほどのんびりしてしまいました。

ゆっくりしたところで出発。
「八幡」の交差点で国道1号線から旧東海道に戻ります。
(「国立静岡医療センター」の方には行かないように。また、「八幡東」というよく似た名前の交差点があるので、間違えないように注意。)

旧街道沿いの「長沢」バス停前に「旧道広場」というものがあり、公衆トイレがありました。
ここは災害時の住民避難場所ですが、どうも昔の路面電車の車庫跡のようでした。ただし、痕跡は何も残っていませんが。
旧東海道・旧道広場(静岡県駿東郡清水町長沢)(2012年1月29日)

道沿いに松の木が植えてあったりするのが「旧街道っぽい」ところ。
旧東海道・静岡県駿東郡清水町長沢付近(黄瀬川橋東詰)(2012年1月29日)

旧道広場から約700mで黄瀬川を渡ります。
このときは新橋の架設工事中で、車両通行止めになっていましたが、沼津市の公式サイトによれば、2014年3月8日に新橋が開通したとのことです。
旧東海道・黄瀬川橋(静岡県駿東郡清水町長沢・沼津市大岡)(2012年1月29日)1

仮設橋(歩道のみ)の上から北の方角を見れば、昨日下ってきた箱根の山並みが。。。。
旧東海道・黄瀬川橋(静岡県駿東郡清水町長沢・沼津市大岡)(2012年1月29日)2

この川が清水町と沼津市の境界です。川の名前は「黄瀬川」ですが、集落の名は「木瀬川」と書くようでした。
旧東海道・静岡県沼津市大岡付近(黄瀬川橋西詰)(2012年1月29日)

「東下石田」の交差点で、県道富士清水線(380号線。旧・国道1号線)と合流。
旧東海道・沼津市大岡(東下石田交差点)(2012年1月29日)

この道は、路面電車が走っていた往時を知る世代の人たちは今でも「電車通り」と呼ぶようですが、今は電車の痕跡もなく、いささか単調。
旧東海道・沼津市大岡付近(2012年1月29日)

単調さを我慢しつつ歩き、ようやく沼津駅の近くまで来ました。
この歩道橋の下で、細い道を左に折れ、狩野川べりに出るのが旧東海道。「川廓(かわぐるわ)通り」といいます。
旧東海道・沼津市大手町4丁目(2012年1月29日)

旧東海道・川廓通り(沼津市大手町4丁目)(2012年1月29日)1

旧東海道・川廓通り(沼津市大手町4丁目)(2012年1月29日2

沼津城跡、現在の中央公園(公衆トイレあり)には12時05分に到着。
旧東海道・沼津城跡(中央公園)(沼津市大手町4丁目)(2012年1月29日

三島宿~沼津宿間は5.8Kmですから、柿田川公園で40分も休憩したとはいえ、ちょっと時間がかかりすぎましたね。
(*゚ー゚)ゞ
【沼津市大手町の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


休憩時間を除くと、急げば約1時間30分、ゆっくり歩いても約2時間の距離でしょう。
(沼津宿→原宿→吉原宿間に続く)
=========================
※三島宿→沼津宿間のトイレ情報
・柿田川公園(駿東郡清水町)
(旧東海道からは外れる。国道1号線沿い)

・旧道広場(駿東郡清水町)
(「長沢」バス停の前。)

・中央公園(沼津市大手町4丁目)
=========================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

こんばんは

沼津へGOですね
三島広小路駅ってペッタンコで
清水って静岡市以外にもあるんですね
三島清水ともなると知らない人は注意ですね
静岡の合併話は多くあったんですね
路面電車があったのは知りませんでした…
この後に出てくるかもですが静鉄も昔は走ってたんですよね
(・.・)
湧水におにぎり最高ですね!
ウサギ取っ手の蛇口可愛いです!コップは持参ですか?
(^,^)
JRだと1駅あっという間ですが旧道の雰囲気あって
歩くと色々あるのが分かりますね
(@.@)
これから雨みたいですね
体調崩してませんか?気を付けて下さいね

aki様

こんばんは。
(*'-'*)
>三島広小路駅ってペッタンコで

ビルにする計画はないようですが、この駅舎は昔からで、
左側のタクシー乗り場が、昔は沼津へ行く路面電車の乗り場だったようです。

>清水って静岡市以外にもあるんですね

駅がありませんから、知名度は低いかもしれません。
清水町というより「名水・柿田川」のほうが知られているかもしれませんね。

>三島清水ともなると知らない人は注意ですね

うん、危ない危ない。
日本郵便の部内では、東京都世田谷区の「千歳」郵便局(「千歳烏山」の千歳ね)は、
文書類では「東京千歳」郵便局としている・・・とのこと。
お分かりと思いますが、「北海道の千歳」と区別するためです。

>静岡の合併話は多くあったんですね

静岡県は、結構合併してるんですよね。
「平成の大合併」がほとんど進まなかった東京都や神奈川県とは対照的です。

>路面電車があったのは知りませんでした…

「伊豆箱根鉄道軌道線」で検索すると、結構写真が出てきますよ。
廃止が1963(昭和38)年なので、もうこの時代にはカメラを持っている人が少なくなかったんでしょう。

>この後に出てくるかもですが静鉄も昔は走ってたんですよね

出てきますよ! ただし、今は地元に保存車両が1両もないんですが。。。。

>湧水におにぎり最高ですね!
>ウサギ取っ手の蛇口可愛いです!コップは持参ですか?

このコップは持参です(笑)。

>JRだと1駅あっという間ですが旧道の雰囲気あって
>歩くと色々あるのが分かりますね

おっしゃるようにJRだと6分ぐらいで、途中に駅もないんですが、
歩いてみると、さまざまな発見がありますね~。

>これから雨みたいですね
>体調崩してませんか?気を付けて下さいね

実は、先週は疲れのせいで、また歯肉炎になっていた。。。。
(>.<)
これが出ると「気をつけろ!」のサインなんです。
(「アセス」塗って治しましたが。)
歯肉炎になるってことは、要するに「抵抗力や免疫力が落ちてる」ってことですから、要注意です。

連休の後半は私も時間があり、「東海道」シリーズもいよいよ愛知県入りの予定で、高速バスとホテルを予約しました。
今、倒れちゃうとそれが実行できなくなるので、今日は休みだったんですが、どこにも行かず、おとなしくいい子にしてましたよ(笑)。
本当は、いすみ鉄道か両毛線に行きたかったんですが。。。。

では~♪(*'​-')​ノ

みっピョン、こんにちは。大分前の、船橋歴史物語に続き、今回の沼津、清水町の合併話も面白かったよ~。
ずっと、みっピョンのブログ読みすすめて、やっと2014年4月まで来ました。早くリアルタイムに追い付くぞ!

sumioC57様

こんにちは。
(*'-'*)

船橋は今、「ふなっしー」の町になってしまいましたが(笑)、
当時、そんなのはいませんでしたね。

>ずっと、みっピョンのブログ読みすすめて、やっと2014年4月まで来ました。早くリアルタイムに追い付くぞ!

ご愛読ありがとうございます。
もっとも、「東海道」は一回分の原稿を書くのが、なかなか手間で(調べることが多いため)、
現在、「実際の旅から3ヶ月遅れ」ぐらいで進行しています。
(最新記事は3月9日に行った由比~興津間ですが、実際の歩みは5月26に三重県の四日市まで進んでいる。)
まあ、旧街道の町並みに「劇的な変化」もないので、3ヶ月ぐらいの遅れだったら「ほぼリアルタイム」と言っても差し支えないんですけどね(笑)。

さすがに、web上に漂っている、他の方が10年前に書いた「東海道旅行記」を読んだりすると、現地まで100系新幹線の「こだま」→113系の普通電車の乗り継ぎで行った写真が載ってたりして、「ずいぶん前の話だなぁ」と思いますけどね(笑)。

今後ともよろしくお願いいたします。
では~♪(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。