10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴見線にシキ180がやってきた!

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
(2014年)4月9日から10日にかけて、栃木県小山市にある高岳(たかおか)製作所から、横浜市鶴見区の東芝へ変圧器の輸送があり、
東北本線の小山から鶴見線の新芝浦に向けて、特大貨物輸送列車が運行されました。

特大貨物輸送列車は、首都圏では深夜の運行が多いので、なかなか見る機会がありません。この種の列車は速度を出せないので、昼間は走れないんでしょうね。

今回の充当貨車はシキ180形とのこと。これは80トン積み低床式大物車で、大物車の中では「小型」の部類なんでしょうね。1965(昭和40)年、国鉄浜松工場製の貨車で、この世に1両しか存在しません。
「使い勝手は良い」といわれ、比較的よく走っているようです。JR貨物の所有で、宇都宮貨物ターミナル駅常備です。

大物車といえば、巨大な240トン積みのシキ610形あたりを見たいところで、シキ180形ではいささか物足りない気もするんですが、「大物車が昼間の首都圏を”積車”で走る」こと自体そんなにないことですから、私も4月10日の朝、見に行きました。
(*'-'*)
夜勤明けに鶴見線の浅野駅へ。今日は「暖かい」どころか「暑い」とすら思えましたが、撮影日和です。桜は、だいぶ散っちゃいましたけどね。

DE10 1666[新]に牽引されて、9時50分にやってきました(列車番号:9997列車)。
DE10 1666[新]+シキ180(鶴見線浅野駅・2014年4月10日)1

こうしてみると、やっぱり大きいですね。真ん中の青い物体が積荷の変圧器です。
DE10 1666[新]+シキ180(鶴見線浅野駅・2014年4月10日)2

この貨車は「4台車・10軸」ですが、外側から2軸+3軸+荷台+3軸+2軸・・・と数えます。
走行音は「タタタタタタ・・・」という感じで、意外に静かでした。

鶴見線も205系電車が走るようになって久しいですが、103系電車から205系になって以来、私はあまり撮っていません。
平日朝夕のラッシュ時以外は極端に本数が少ないのが痛いんですが、あらためてカメラを向けてみると「205系もいいね」と思えました。
今度、ゆっくり撮りに来よう。。。。
横ナハ205系「T11」編成(鶴見線浅野駅・2014年4月10日)

ちなみに、浅野駅のホームは。。。。
「電車とホームの間が開いております」なんてもんじゃないですよ、これは!
( ゜。゜)ウヒョー
鶴見線浅野駅・ホームの隙間(2014年4月10日)

どうせ常連さんしか乗らない路線ですし、京浜工業地帯の地位低下で、現在では横浜支社管内でワースト3に入るとされる赤字路線ですから、改善が行き届かないんでしょうね。
もっとも、こうした「いまいち、JRの規格に合わない」というか、「旧・鶴見臨港鉄道をいまだに引きずってる(笑)」ようなところが、鶴見線の面白さなんですけどね。

さて、私は繰り返し書いているように鶴見の生れでして、シキを撮ったら母に「なんか食べるもん、ある?」と電話し、実家に顔を出してきました。
母は「鶴見線に今日、何か珍しいのが走ったの?」と笑ってましたが。
(*'-'*)
私の家は鶴見区でも山側になり、ここ浅野駅からはちょっと距離があるんですが、「産業道路を渡ってゴム通りへ出たら、タクシー拾えるかなぁ」と思いながら、歩き出しました。
「ゴム通り」! 川崎市側には「セメント通り」っていうのもあります。
よその土地の方が聞いたら「なにそれ?!」って言いそうですが、本当にそういう名前なんですよ。昔、横浜ゴムの工場があった名残で。
今、その跡地は「ヨコハマアイランドガーデン」という大きなマンションになっております。
では~♪(*'​-')​ノ
==========================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

シキですね
(@.@)
実際に変圧器が載っているのは迫力ありますよね
49才なんて頑張ってますね!
走行音「タタタタタタ・・・」で静かでしたか
てっきり「がたがたがたがた」って大きな音かと思ってました
(・.・)
鶴見線は風情ありますよね
基本的に工業地帯への通勤利用のみなんでバリフリ対応は
なかなかしないんでしょうね
205系ってライト小さくノペ~っとしたお顔ですね
ゴム・セメント通りは知りませんでした
(^.^)

まだ走る

こんにちわ。
貨物列車の中でもなかなか見ることができない特大貨物列車ですが、日中に見ることができたのは、結構貴重ですね。

シキ車は、海芝浦、千葉貨物、多気などで見かけたことはありますが、稼働しているのはまだなし、記事を読んで、実際に見たくなりました。

貨物列車が主体だった鶴見線も、貨物列車は激減してしまいましたが、廃線跡や、私鉄時代の名残りの設備を見て廻るのもまた楽しいです。

今の主役205系も、山手線からの転入が中心、都心で猛烈に働かされていた当時からすれば、楽隠居のような感じですか…

「ゴム通り、セメント通り」、工業都市、企業城下町らしい名称です。
確か宇部、小野田あたりにも同じようなものがあったような記憶があります。

鶴見臨港鉄道時代は、「石油駅」なんて駅もあったようですね。

aki 様

こんにちは。
(*'-'*)

>実際に変圧器が載っているのは迫力ありますよね

これは、やっぱり積んでいるとサマになりますよね。

>走行音「タタタタタタ・・・」で静かでしたか
>てっきり「がたがたがたがた」って大きな音かと思ってました

意外に静かなんですよ。これには驚きました。

>基本的に工業地帯への通勤利用のみなんでバリフリ対応は
>なかなかしないんでしょうね

限られた人しか乗らない路線ですから。。。。

>205系ってライト小さくノペ~っとしたお顔ですね

これは先頭車化改造車です。最初に見たときは変な感じがしましたが、ようやく目が慣れました(笑)。

>ゴム・セメント通りは知りませんでした

ゴム通りは、鶴見市場から浅野方面へ向かう約3kmの市道です。
やたらに道幅が広いんですよ。
なんでも、「戦時下、いざというときに、飛行機の滑走路として使うつもりで作った」(?!)とかいう話も聞いたことあるけど、さすがにそれは嘘っぽいですね(笑)。。。。

では~♪
(*'​-')​ノ

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

>貨物列車の中でもなかなか見ることができない特大貨物列車ですが、日中に見ることができたのは、結構貴重ですね

首都圏は、とにかく「深夜運行」が多いんですよね。
静岡あたりですと昼間通過することもあり、「ふく爺」氏に写真を送っていただいたこともありました。
ただ、静岡のJR線は、旅客列車が変化に乏しく(211系と313系ばっかり。特急「ふじかわ」とホームライナーは373系)、
また「貨物列車もほとんどコンテナで、タンク車などは今、定期運行がない」とのこと。
以前、北海道から名古屋へ転属するタキが昼間の静岡県内を通過した際には、「えれぇ騒ぎ」になったそうですよ(笑)。

>貨物列車が主体だった鶴見線も、貨物列車は激減してしまいましたが、廃線跡や、私鉄時代の名残りの設備を見て廻るのもまた楽しいです。

「これでもか!」ってくらい走っていた鶴見線の貨物列車も、
今は扇町~三ヶ尻(秩父鉄道)間の石炭輸送列車と、浜安善~拝島間の米軍タンク車(これは週2回ぐらいらしい)だけが定期運行なのではないかと思います。

>今の主役205系も、山手線からの転入が中心、都心で猛烈に働かされていた当時からすれば、楽隠居のような感じですか…

今では「忙しいのは平日の朝だけ」で、あとはブラブラしてますから(笑)。
もっとも、「どうせ隠居するなら、空気のきれいな青梅線あたりに行きたかったな」と思っているかもしれませんね(笑)。

>「ゴム通り、セメント通り」、工業都市、企業城下町らしい名称です。
確か宇部、小野田あたりにも同じようなものがあったような記憶があります。

小野田(現:山陽小野田市)の「セメント町」ですね。
川崎・鶴見近辺で企業名の付いた町名は「小向東芝町」ぐらいなのかもしれませんが、
埋立て事業に関与した実業家の苗字を付けた町名・駅名が多いですね。「浅野」も然りです。
県や市が埋立てた場所だと、特定の人名というわけにいかないから、「宝町」とか「大黒町」とか、縁起のいい町名にしています。首都高速の「大黒PA」(横浜ベイブリッジのたもとにある)は、聞いたことがあるかと存じます。

>鶴見臨港鉄道時代は、「石油駅」なんて駅もあったようですね。

それは、後の「浜安善」駅です。
現在は、「安善駅の構内」という扱いになっており、独立した駅ではなくなりましたが、安善~浜安善間は、実際には2kmぐらいありますよ。
浜安善駅発着列車が毎日運転ではなくなり、運転日には、その都度、浜川崎駅の駅員さんが出張してくるようになってから、独立駅ではなくなったんだと記憶します。

しかしまあ、「石油」とは、あまりにもストレートな名前で、投げやりな感じもしますね。今でもそうですが、石油タンク以外の物が何もない埋立地ですから、他に名付ける方法もなかったんでしょうけど。。。。

では~♪
(*'​-')​ノ

鶴見線

変圧器が運ばれてゆく様子は
迫力ありますねe-451


工業地帯をゆく鶴見線
乗りに行ってみたいな~e-172

浅野駅で
うっかり電車とホームのあいだに
落ちないように気をつけますv-190

巨大貨車と鶴見線

普段、貨車とかはあまり見ないんですけど、こんな巨大な貨車があるんですね。こんな巨大なもの運んで線路がへこまなきゃいいですけどね。
鶴見線って、一度乗ったことありますけど、不思議な電車ですね。国道っていう駅に降りたんですけど、なんか薄暗い建物が両脇に並んでいて、すっごく古いお店でした。
なんか懐かしい風景かな、って思っていたら、以前行った、広島のみろくの里となんとなく似ていました。昔の町並みが再現され、その上には茶色い旧型電車が置かれていました。
鶴見線は工場地帯を走っていて、カーブも多いですね。
写真のように線路とホームが開いていて子供だったら怖くて泣き出しそうです。スマホながらだったら完全に線路に転落しますね。
鶴見線は海芝浦まで行って帰りました。そのときはフリーキップか何かで乗ったように覚えています。

いな穂※様

おはようございます。
(*'-'*)
お返事が遅くなって申し訳ありません。
(静岡方面へ行っておりました。)

>変圧器が運ばれてゆく様子は
>迫力ありますね

京葉臨海鉄道の方では、年に1~2回、もっとスゴイのが走るらしいけど、まだ私は見たことがありません。

>工業地帯をゆく鶴見線
>乗りに行ってみたいな~

暖かくなってきたので、ぜひどうぞ。

>浅野駅で
>うっかり電車とホームのあいだに
>落ちないように気をつけます

ふふふ・・・それより、電車の本数が昼間は少ないから、それに気をつけてね。
あと、鶴見線の駅前は食事できるところがほとんどありません。
工場の人たちは社員食堂か、給食業者のお弁当を頼むか、愛妻弁当持参なので、お店が成り立たないんですよ。
むしろ、幹線道路(鶴見産業道路とかゴム通りなど)へ出ると、トラックの人たち相手のお店が見つかるかもしれません。
(「ライス大盛りと豚汁」とかね。そういうのも、私は大好きなんですが。)
あとは、鶴見駅前かな。鶴見の駅ビルだったら、まあだいたい何でもありますよ。

どうか、「我が故郷」鶴見の鉄道をお楽しみくださいませ!
では~♪
(*'​-')​ノ

びゅんびゅん丸様

おはようございます。
(*'-'*)
お返事が遅くなって申し訳ありません。

>普段、貨車とかはあまり見ないんですけど

北海道は、千歳線と室蘭本線には「本州連絡」の貨物列車が結構走っていると思うけど、他の路線は少ないもんね。。。。

>こんな巨大な貨車があるんですね。こんな巨大なもの運んで線路がへこまなきゃいいですけどね。

へこみはしないけどね(笑)。
でも、一応はJRの、ヘルメット姿の人たちが10人ぐらい、安全確認のために来てました。それと、たぶん荷主の東芝の社員さんだと思うけど、背広を着た人が数人、そのJRの責任者と打ち合わせしてましたね。

>鶴見線って、一度乗ったことありますけど、不思議な電車ですね。国道っていう駅に降りたんですけど、なんか薄暗い建物が両脇に並んでいて、すっごく古いお店でした。

あそこは、全国的に見ても「いまどき珍しい駅前風景」かもね。
よく、終戦直後のシーンを撮影するために、映画とかテレビドラマのロケをやってますね。
知り合いのおばさんが「武井咲ちゃんが来たのよ!綺麗なお嬢さんなのよ、これが!」と自慢してました(笑)。

>なんか懐かしい風景かな、って思っていたら、以前行った、広島のみろくの里となんとなく似ていました。昔の町並みが再現され、その上には茶色い旧型電車が置かれていました。

「みろくの里って何?」と思って調べたら、テーマパークなのね。。。。
お台場にも、そういうのがあるし、「結局、日本人は”昭和”が大好きなんだなぁ」って思いますね(笑)。

>鶴見線は工場地帯を走っていて、カーブも多いですね。
>写真のように線路とホームが開いていて子供だったら怖くて泣き出しそうです。スマホながらだったら完全に線路に転落しますね。

何もない埋立地に建設した鉄道なんだから、もっと、アメリカ大陸並みに緩い大胆なカーブでもよかったんじゃないか・・・と思うけど、なぜかチマチマした急カーブが多いんですよ。
それに比べて当地の道路は、戦前から太く、広々とした直線道路が多かったんです。
設計した担当者の考え方が違ったんですかね。

>鶴見線は海芝浦まで行って帰りました。そのときはフリーキップか何かで乗ったように覚えています。

売ってたね。何年か前に、「開業90周年」だか、「国営移管70周年」だかで。
(「国営移管」といっても、今はJRなんだけどさ[笑]。)
アレは、その後「値下げする代わりに、JRと京急の電車だけ乗れるけど、バスには乗れなくなった」とかなんとか、制度があらためられたんですが、今は売っていないようです。

では~♪
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。