08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道五十三次を歩こ~♪ 小田原宿→箱根宿(1)

(2011年12月31日[土曜]:取材)
この日は、二宮から小田原まで歩き、もう15時過ぎ。
今日中に小田原から箱根まで行けるはずはないんですが、せめて湯本までは行きたいですね。
(*'-'*)
しかし・・・
旧東海道(国道1号線)・小田原市本町3丁目(2011年12月31日)

この標識の「箱根 7Km」とあるのは湯本(箱根町役場)のことですから、「まだ2時間は歩く」ということですよ。。。。
(;゚∀゚)=3
「箱根八里」は、高校生の頃、小田原から三島まで歩いたことがあるんですよ。
つい数年前・・・っていうのは嘘で、もうずいぶん前ですが(笑)。
(帰りに三島駅で買った乗車券が「硬券」だったので、いつの時代か想像つくでしょう。。。。)
私は山岳部だったので、雑誌『山と渓谷』を愛読していましたが、あるとき、その「ヤマケイ」に「箱根八里を歩く」というグラビアが載ったのを見て、お友達を何人か誘ったのでした。

そのときは、町田を夜0時10分発の小田急線最終小田原行きで出発。
1時20分ごろ小田原駅に着き、3時に箱根湯本の三枚橋を通過。6時30分に甘酒茶屋、8時に芦ノ湖畔に到着。
ちょっと休憩して9時ごろ、箱根町から箱根西街道に入り、11時過ぎに、静岡県側の三ツ谷新田にある農協前を通過。
13時ごろには三島駅に到着し、当時はたくさん走っていた沼津~東京間直通の普通列車に乗りました。
記憶に間違いなければ、沼津発13:16→三島発13:22→東京着15:39の列車(844M)のはずで、横浜(15時04分着)まで爆睡しましたが。。。。
(つ_-)
約12時間ぐらいで箱根越えの約32Kmを歩き切ったわけで、脱落者もなく、「かわいいJKたち(笑)が、よくやったなぁ!」と思いますね。
ガンバロー!>(*'O'*)/ 
オ~!>(^O^)/
ただ、公共交通機関は当時の方が充実しており、元箱根港~箱根町~三島駅間の路線バスは30分に1本程度走っていて、「疲れたり、嫌になったらバスに乗ればいいよね」という前提で出発しました。
今、この路線バスは大幅に削減され、1時間に1本の運行になり、最終便の時刻も繰り上がりました。
(ただし、旅行シーズンのみ走る臨時便もあり。)

さて、国道1号線を行けば、こんな古い建物(薬局)が。
旧東海道(国道1号線)・小田原市南町3丁目付近の薬局(2011年12月31日)

【小田原市南町付近の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


そこから10分ほど歩くと「早川口」交差点。伊豆の下田から東海岸を通ってきた国道135号線と、国道1号線の合流点です。
今でこそ、真鶴道路(新道)と小田原厚木道路・西湘バイパスが直接つながったので、昔に比べたら渋滞は解消されましたが、日曜日の夕方にラジオの道路交通情報を聞いていると、「小田原の早川口では渋滞*キロ」などと、よく登場する「難所」です。
だって、こんなに狭い交差点だからね。。。。
旧東海道(国道1号線)・早川口交差点(小田原市南町3丁目)(2011年12月31日)

このあたりの路線バスは箱根登山バスの他に、ライオンズカラーの伊豆箱根バスも運行されています。
伊豆箱根バス(小田原市城山4丁目・国道1号線)(2011年12月31日)

行先表示に「J」とあるのは、「JR小田原駅に行く路線」という意味のようです。
このアルファベットは箱根登山バス・伊豆箱根バス共通の記号で、箱根湯本駅~元箱根港~箱根町間が「H」、箱根湯本駅~仙石~桃源台間が「T」のように定められていますが、私の印象では、あまり分かりやすい感じがしませんね。
( ・_・)
「板橋見附」の交差点で、新幹線とも交差。
この交差点の角に、公衆トイレがあります。
旧東海道(国道1号線)・板橋見附交差点(小田原市城山4丁目)(2011年12月31日)

旧東海道は、本当はこの交差点から山の方に向かうらしいんですが、私はうっかりして国道を歩いてしまいました。
(*゚ー゚)ゞ
先に進むと、道路は箱根登山鉄道と交差します。画像の電車は小田急1000形のレギュラーカラー車。
国道1号線と箱根登山鉄道の交差地点(小田原市板橋・箱根板橋~風祭間)(2011年12月31日)

しかし・・・この区間は電車の本数が結構あるはずなのに、撮ろうと思うと来ない。しばらく待ちました。。。。
(*゚ー゚)ゞ

「東風祭」バス停付近で、小田原厚木道路(国道271号線)と交差。電車は小田急1000形の「箱根登山」カラー車。
小田原厚木道路と箱根登山鉄道の交差地点(小田原市風祭・箱根板橋~風祭間)(2011年12月31日)

現在、箱根登山鉄道の小田原~箱根湯本間は小田急車のみの運行になり、自社の車両は全く走らなくなりましたが、
小田急から乗り入れてくる新松田~小田原~箱根湯本間の各駅停車は、この赤い電車が専用車として充当されています。
ただし、車両運用の都合で銀色のレギュラーカラー車が充当されることもありますし、逆に、赤い電車が入庫回送を兼ねて本厚木まで運行されることもあります。

間違えたまま国道を歩いているわけにもいかず、風祭(かざまつり)駅前で踏切を渡って旧東海道へ。
風祭駅の踏切(小田原市風祭)(2011年12月31日)

「風の祭り」とは、いかなる由来があるのか。いい地名ですね。
(*'-'*)
箱根登山鉄道風祭駅(2011年12月31日)

踏切を渡ってすぐ左に曲がると、車がほとんど通らない、「いかにも旧街道」という道になります。
写真を整理していて気がついたんですが、画像左下のマンホールの蓋は、NTTではなく、旧・電電公社のものでした。
旧東海道・小田原市風祭(2011年12月31日)1
【小田原市風祭付近の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


みかん畑の横を進みます。
旧東海道・小田原市風祭(2011年12月31日)2

入生田(いりゅうだ)駅の先まで来ました。踏切を渡ります。
箱根登山鉄道入生田駅構内(2011年12月31日)

「小田原~箱根湯本間は、小田急車しか運行されない」と書きましたが、入生田には箱根登山鉄道の車庫があり、箱根湯本~強羅間で使われる車両も、回送電車としては入生田~箱根湯本間を走ります。
小田急電鉄の線路幅は1067ミリ、箱根登山鉄道の線路幅は国際標準の1435ミリですから、入生田~箱根湯本間は「3線軌条」になっています。
旧東海道と箱根登山鉄道の交差地点(小田原市入生田・入生田踏切)(2011年12月31日)

以前は小田原~入生田間も3線軌条でしたが、今は1435ミリ幅の登山鉄道車が走る機会はありませんから、1067ミリ幅のレールだけになりました。

旧東海道は、湯本の手前の山崎付近まで、国道1号線と登山鉄道に寄り添って続きます。
「箱根町」のカントリーサインは国道側にあるのか、私は見かけませんでした。代わりに「箱根町」の名が入った「交通安全塔」を撮りましたが。。。。
旧東海道・小田原市湯本(山崎)(2011年12月31日)

交通安全といえば、この付近の国道1号線は歩道があったりなかったり、歩くには「安全」とは言えませんので、旧街道を歩くことをお勧めします。

16時55分、湯本の三枚橋と温泉旅館街が見えてきました。小田原から7Km、やはり約2時間でしたね。
旧東海道(国道1号線)・小田原市湯本・三枚橋北詰(2011年12月31日)

旧東海道は「畑宿」方面(県道湯本元箱根線[732号線])です。
旧東海道(国道1号線)・小田原市湯本・標識(2011年12月31日)
【箱根湯本駅付近の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


今日は・・・というか、2011年はここでおしまい。
旧東海道・小田原市湯本・三枚橋(2011年12月31日)

箱根湯本から電車で帰ることにしましたが、私の好きなフェルメール・ブルーの小田急MSE車、60000形が停車中。
小田急電鉄60000系電車「MSE」(箱根湯本駅・2011年12月31日)

これは千代田線北千住行きの「メトロはこね24号」(箱根湯本発17時04分)で、表参道か大手町までこれに乗ってみようかと思いましたが、モタモタしているうちに発車しちゃいました。。。。
ウゥゥ(;_;)
結局、新松田行きの各駅停車に乗り、小田原で新宿行きの急行に乗り継ぎました。

今から箱根の山へ登ってゆく人は少ないのか、登山電車はガラ空き。
箱根登山鉄道箱根湯本駅(2011年12月31日)

1000形「ベルニナ」号が発車すると、モハ110+モハ107+モハ103の旧型電車を撮れました。
ヽ( ・∀・)ノ
箱根登山鉄道モハ110+モハ107+モハ103(箱根湯本駅・2011年12月31日)

雰囲気があっていい車両ですが、なにぶん古いので、最近は毎日走っているわけではないらしく、ラッキーでした。
多客期なので動員されたのか、この写真を撮ってすぐ、入生田車庫へ回送されてゆきました。
またね~♪(*'​-')​ノ

ここから先、「箱根東坂の苦闘」篇、「箱根西坂の死闘」篇は、年が変わって2012年1月8日になります。
(続く)
=========================
※小田原宿~箱根湯本間のトイレ情報
・「小田原宿なりわい交流館」(本町交差点角)
・板橋見附(小田原市板橋。新幹線と国道1号線の交差点付近。「三本コーヒー」営業所の向かい)
・箱根登山バス湯本案内所の地下(箱根湯本駅の向かい。国道1号線沿い)
=========================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

こんにちは

小田原から箱根ですね!
みっぴょん様は山岳部だったとは…だから歩けるんですね
(@.@)
旧道なのでウイロウのお城の前は歩かなかったのですね
バスのJ・T・Hって記号あったんですね
私も今まで気にした事なかったです
(・.・)
箱根登山電車が登場で風祭駅は綺麗になりましたね
昔1両だけ手動でドア開けていた駅ですよね
旧道なので駅伝で出るカマボコ屋さんの前は歩かなかったんですね(2回目)
(^.^;)
入生田はロマンスカー待ちしたりしますよね
今月に朝の電車を運休して待望の新車を搬入するみたいですね
(@.@)
メトロはこね乗れなかったけどモハ3両連結の貴重な画像撮れましたね
ベルニナの塗装が今はオレンジなんですね!
いよいよ箱根のお山越えになるんですね
(+.+)
今日は昼食後の晴れたなぁ~と感じウトウト昼寝してしまい雨と雷の音で起きました
季節の変わり目ですね…桜も散ってしまいそうですね

aki様

こんにちは。
(*'-'*)
>みっぴょん様は山岳部だったとは…だから歩けるんですね

昔は「鉄子」なんていなかったので、
学校の正式なクラブ活動に入部し、「部活動」「合宿」の名目だったら、親もお金を出してくれるし、堂々と鉄道ちゃんに乗れるじゃないですか!(笑)
日頃の活動は小田急線や御殿場線沿線の丹沢が多かったけど、中央線や大糸線、身延線の方まで行くこともありましたよ。

もちろん、それだけが目的じゃなくて、私は中学まではあまり丈夫じゃなかったんですが、登山のおかけで健康になりました。
\(^o^)/ 

>旧道なのでウイロウのお城の前は歩かなかったのですね

いや、あそこは国道と旧東海道が同じ区間ですので、歩きましたよ。
ただ、あのお城はちょっと「やりすぎ」って感じもしますね。。。。
┐('~`;)┌

>バスのJ・T・Hって記号あったんですね
>私も今まで気にした事なかったです

これは、あんまり定着してないんじゃないかと思いますね。

>箱根登山電車が登場で風祭駅は綺麗になりましたね
>昔1両だけ手動でドア開けていた駅ですよね

そうです。最後までホームが短かったんですよね。

>入生田はロマンスカー待ちしたりしますよね

入生田は特急同士の交換がありますね。
こういうダイヤの組み方は、箱根湯本のホームを遊ばせない工夫なんでしょうね。

>今月に朝の電車を運休して待望の新車を搬入するみたいですね

3000形ですね。4月12日(土曜)の朝搬入、営業運転開始は11月1日(土曜)だそうです。

>メトロはこね乗れなかったけどモハ3両連結の貴重な画像撮れましたね

最近、旧型車はあんまり走っていないようですね。

>今日は昼食後の晴れたなぁ~と感じウトウト昼寝してしまい雨と雷の音で起きました
>季節の変わり目ですね…桜も散ってしまいそうですね

雷が鳴ってましたね。
( ゜。゜)ウヒョー
一応、朝5時に起きて「袋井へ行こうかどうしようか」と思ったんですが、
(袋井から先、見附[磐田]まで、できれば浜松までの区間を歩くため)
中止したんですよ。
それで正解でした。

では~♪
(*'​-')​ノ

No title

 今日は。
  箱根は行ったことない。湯河原温泉なら行ったことあるけど。
  袋井市にいけば江戸時代の文献に登場する卵ふわふわなるものがある。

こんにちは

いよいよ「てんかのけん」にさしかかりましたね。
この辺で乗り物を利用するときにはライオンとキツツキの違いに気を付けています。
営業用ではなくなってしまったものの三線軌条がまだ残っていますね。
ベルニナ本家のクールあたりでも見かけたような気がします。
この先の苦難が予想される続編も楽しみにしています。

ベルニナ様

こんばんは。
(*'-'*)

>この辺で乗り物を利用するときにはライオンとキツツキの違いに気を付けています。

ああ、なるほど。
西武系と小田急系では「フリー切符で乗れるかどうか」が違いますものね。
将来的には統合するんだか、どうなんだか。
(今、西武鉄道の駅でも「箱根フリーパス」を売っていますが。)

>営業用ではなくなってしまったものの三線軌条がまだ残っていますね。
>ベルニナ本家のクールあたりでも見かけたような気がします。

同じレーティッシュ鉄道でもアルブラ線は、国鉄と線路の幅が異なるので、三線軌条があるんですね。
( ゜。゜)なるほど~

いよいよ、苦しい山越えに入ります。。。。
では~♪
(*'​-')​ノ

湯本まで〜

こんばんは。
東海道を歩きながら、箱根湯本までですね。

早川口の交差点、確かに渋滞情報でよく聞きますが、なるほどこんな小さい交差点だったんですね。

バスの方向幕のアルファベット表記、慣れの問題なのでしょうが、確かに東京近辺だと違和感ありか?
自分は、北海道の北○条西○線のような表記がなかなかわかりませんが、地元の方にはなんてこともないのでしょうか?

風祭駅、ホームが短く新宿からの直通電車はDコックを使用して客扱をしていたのも懐かしい思い出です。

箱根登山鉄道も、いつの間にかかなり変わっている、近場にも少しは目を向けなければ…と思います。

日本橋から歩く、なかなか大変ですが、小田原から箱根湯本まででも、歩いてみるか…「かまぼこ博物館」に寄って、湯本で日帰り入浴、帰りはロマンスカーで一杯やりながら…
と妄想が加速しました。

103おじさん様

おはようございます。
(*'-'*)

>早川口の交差点、確かに渋滞情報でよく聞きますが、なるほどこんな小さい交差点だったんですね。

そうなんですよ。片側はJRの線路で、拡幅の余地はなさそうですし。。。。

>バスの方向幕のアルファベット表記、慣れの問題なのでしょうが、確かに東京近辺だと違和感ありか?

全国的に、アルファベットの記号を用いている都市は珍しいように思いますよ。私は、小田原・箱根以外では見たことがありません。

>自分は、北海道の北○条西○線のような表記がなかなかわかりませんが、地元の方にはなんてこともないのでしょうか?

どうなんでしょう。
東京(都心および山の手地域)の街路がゴチャゴチャしてわかりにくいほうが、大都市としては特異なのかもしれません。

名古屋から上京したばかりの青年が、東京の青山あたりで「この道をまっすぐ行きなさい」と言われて、歩き出したら「結構カーブしてるじゃないか」と思った・・・という話を読んだことがありますよ。
東京で「まっすぐ」といったら、「途中の十字路で折れず、道なりに行け」という意味で、道自体がカーブしているかどうかは関係ないんですねぇ(笑)。。。。

>箱根登山鉄道も、いつの間にかかなり変わっている、近場にも少しは目を向けなければ…と思います。

変わってます。小田原~湯本間が小田急車だけの運行になったこともあって、昔とはずいぶん様子が違います。
変わったといえば、その小田原~湯本間だけをロマンスカーに乗れるようになったんですよ。200円払えば。
(ただし、空席がある場合のみ。その特急券は、当日、ホームで発売。)

>日本橋から歩く、なかなか大変ですが、小田原から箱根湯本まででも、歩いてみるか…「かまぼこ博物館」に寄って、湯本で日帰り入浴、帰りはロマンスカーで一杯やりながら…
と妄想が加速しました。

「かまぼこ博物館」は風祭ですね。
日帰り温泉は、下記のサイト(まっぷる観光ガイドランキング)をご参考にどうぞ。
https://www.mapple.net/bythemearea/a2b13c0/0304010100/ranking_all.htm

「かっぱ天国」っていうのは、ずいぶん昔からありますね。
「箱根湯寮」なんて聞いたことないな・・・と思ったら、昔の「ひめしゃらの湯」がリニューアルしたものらしい。
「おかだ」とか「天成園」は古くからある旅館ですが、宿泊客が減っているのか、最近は日帰り温泉に力を入れているようです。
(伊豆熱川の「みどり館」も今、日帰り入浴と食事専門になってしまいましたが。)

では~♪
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。