09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道五十三次を歩こ~♪ 平塚宿→大磯宿→小田原宿(1)

(2011年12月29日[木曜]:取材)
11時15分、平塚駅前交差点に到着し、コーヒーが飲みたくなって喫茶店を探しましたが、ドトールとかスタバのようなお手軽な店が見つからず、ビルの2階にあったお店に入りました。
このお店にはピラフとかパスタのような軽食もあったと思いますが、11時15分で昼食は早いような気がして、食事はせずに11時50分出発。

平塚宿の「江戸見附」跡に、旧宿場の案内板が立っています。
旧東海道平塚宿・案内板(平塚市見附町)(2011年12月29日)

ただし、軍需工場が多かった平塚市は1945(昭和20)年7月16日に空襲の被害を受け、江戸時代以来の古い建物は、ほとんど残っていません。
【平塚市見附町付近の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


「西組問屋場跡」付近で、いったん旧東海道は現在の大通りから右に分岐し、すぐ左に曲がります。
旧東海道平塚宿(平塚市平塚4丁目)(2011年12月29日)

こういうクランクは「曲尺手」(かねんて)と呼ばれ、宿場や城下町の出入り口にはよくある構造です。要するに、敵の侵入を防ぐために、わざと曲げて進みにくくしてあるわけですね。
直角に曲がっている場合は「枡形」(ますがた)とも呼びます。
そういえば、身延線に「金手」(かねんて:山梨県甲府市城東1丁目)という駅がありますが、この駅は甲府の入口です。
おそらく「曲尺手」と同義の地名だろう・・・と思って調べたら、「古くは”鍵手”[かぎのて]と呼ばれた」とのこと。いずれにしろ、意味は同じです。

平塚といえば、七夕祭り。マンホールもお星さまのデザイン。
平塚市・マンホールの蓋(2011年12月29日)

国道1号線とぶつかったら左へ。そして右へ進んで西へ向かうと、すぐに中郡大磯町との境界です。
大磯町のカントリーサイン(2011年12月29日)

大磯町に入ると右に高麗山(こまやま)。このあたりには、古くから渡来人の集落がありました。「高麗」とは、朝鮮半島の「高句麗」(こうくり)に由来し、埼玉県日高市にも「高麗」「高麗川」の駅名・地名がありますね。
高麗山(神奈川県中郡大磯町高麗3丁目)(2011年12月29日)

花水川を渡るとき、左側の相模貨物駅構内で入換作業中のDE10形ディーゼル機関車の姿が。。。。
相模貨物駅・入換中のDE10形機関車(2011年12月29日)

神奈川県内の東海道本線各駅は、1970~80年代に貨物取扱いの集約化が進み、東から横浜羽沢・湘南貨物(大船~藤沢間)・相模貨物(平塚~大磯間)・西湘貨物(国府津~鴨宮間)の貨物専用駅が開業しました。
貨物はこれらの専用駅に集約し、それ以外の駅は旅客のみ取り扱うことになったんですが、その後、鉄道貨物の衰退による再統合に伴い、湘南貨物駅は廃止されました。

西湘貨物駅は現存しますが、貨物の受付窓口は廃止され、貨物列車同士の追い越しをするための線路が残っているだけですから、実態は「西湘信号場」といってもいいでしょう。

静岡県に入って「原宿→吉原宿」間を取り上げる際、「新・沼津貨物駅建設反対」問題に触れることになると思いますが
県当局は「貨物駅を作っても、10年か20年で使われなくなったケースが多いのに、強制代執行をしてまで県民から土地を取り上げるなど嫌だ」と反対し、沼津市は「土地収用は県の仕事だから、市は知らない」と横を向いています。
これはどうも、隣県・神奈川における「悪い事例」を見て、「ああいうのは、我が静岡県ではね・・・」と考えている感じですね。

さて、川を渡ってすぐ、右側に藁葺き屋根の民家が一軒。ただし、これはこの一軒だけ。敢えて瓦葺などにせず、藁葺きのまま残しているようですが、今は引き受けてくれる業者も少ないだろうし、葺き替えのときは大変だろうなぁ。。。。
藁葺き屋根の民家(神奈川県中郡大磯町高麗1丁目)(2011年12月29日)

大磯町のマンホールの蓋は、相模湾とカモメ、旧東海道の松並木、そして町花のハマヒルガオです。
大磯町・マンホールの蓋(神奈川県中郡大磯町)(2011年12月29日)

化粧坂(けわいざか)の交差点で、右側の細い道に入ります。これが旧東海道です。
この交差点のそば、左側に小さな公園があり、トイレもあります。
旧東海道・化粧坂交差点(神奈川県中郡大磯町大磯)(2011年12月29日)

「化粧坂」とは、虎御前(虎女ともいう)の化粧井戸があることに因んだ地名です。
旧東海道・化粧坂(神奈川県中郡大磯町大磯)(2011年12月29日)

虎御前は、曽我兄弟の兄・十郎の恋人だったという女性で、遊女だったんですが、17歳にして源頼朝に舞を披露し、認められたとの伝承もあります。
鎌倉時代の遊女は、江戸時代とは違って零落したイメージはなく、詩歌管弦や舞踊を厳しくしつけられ、教養を身につけるよう求められたといいますね。
だから、頼朝のような身分の高い人物とお目にかかる機会もあったわけですよ。
(*'-'*)
坂は緩く、上がってゆくと東海道線にぶつかります。
昔は踏切だったのに違いありませんが、今では、旧東海道は地下道(画像右側)を潜ります。
旧東海道・化粧坂とJR線の交差地点(神奈川県中郡大磯町大磯)(2011年12月29日)

取材日は12月29日・・・通過する特急「踊り子」は、お正月を箱根や伊豆の温泉場で過ごす人たちで満席でした。

地下道を潜って、大磯駅の方角へ向かいます。
旧東海道・大磯(神奈川県中郡大磯町大磯)(2011年12月29日)

途中の民家には、常夜灯の模型が。
常夜灯の模型(神奈川県中郡大磯町)(2011年12月29日)

この種の模型や道標を自作して、飾ってみようと考える人は結構多いらしく、この先、旧東海道の沿道では何度も見かけました。

13時、大磯駅前に到着。
旧東海道・大磯駅前(神奈川県中郡大磯町大磯)(2011年12月29日)

11時50分に平塚を出発して、途中で写真を撮りながらブラブラ歩いても1時間ちょっとしか経っていません。
平塚宿~大磯宿間は2.9Kmしかなく、東海道の宿場では御油宿~赤坂宿(愛知県)の1.7Km、石薬師宿~庄野宿(三重県)の2.7Kmに次ぐ短さです。
それなのに大磯宿~小田原宿間は15.6Kmと結構長く、なぜ平塚~大磯間だけ短いのか不思議な感じもしますが、大磯には平安時代から相模国の国府が設けられていたので、それなりの要所と考えられていたのかもしれませんね。
【神奈川県中郡大磯町大磯付近の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


大磯も古い家屋は少なく、「照ヶ崎海岸入口」交差点前の菓子店「新杵」ぐらいです。
旧東海道・大磯・菓子店「新杵」(神奈川県中郡大磯町大磯)(2011年12月29日)

この先はよく知られた「大磯の松並木」。
左側に旧・伊藤博文邸「滄浪閣」(そうろうかく)があり、伊藤博文が初代の韓国統監を務めたことから、駅から滄浪閣までの道を「統監道」(とうかんみち)と呼び、同名のバス停もあります。
旧東海道・大磯・「統監道」の松並木(神奈川県中郡大磯町東小磯)(2011年12月29日)

滄浪閣は戦後、大磯プリンスホテルの別館として知られていましたが、2007(平成19)年に営業を終了して売却されることになったものの、
「25億5000万円で買いたい」という大磯町(買収後は記念館とするつもりだった)と、交渉権を持っている業者との間で価格の折り合いがつかず、今のところは話が進展していません。

その先、「城山(じょうやま)公園前」の交差点で右に入るのが旧東海道ですが、この左側にあるのが旧・吉田茂邸。
2009(平成21)年3月22日、吉田邸は焼失してしまいましたが、庭園部分のみ、2013年9月22日から城山公園の「旧吉田茂邸地区」として一般に公開されています。
その県立大磯城山公園の入口(駐車場)には、トイレがありました。
前述した「相模国の国府」があったのはこの近くで、現在の地名も「国府本郷」といいます。
旧東海道・大磯・城山公園入口(旧吉田茂邸前)(神奈川県中郡大磯町国府本郷)(2011年12月29日)

道は、すぐ国道1号線に合流し、「国府新宿」を過ぎて二宮町に入ります。
二宮町のカントリーサイン(2011年12月29日)

15時が近くなり、日が翳ってきました。冬の日は短いですね。
旧東海道・二宮(神奈川県中郡二宮町二宮)(2011年12月29日)

14時50分、二宮駅に到着。大磯から二宮の間は約6Km。休憩時間を除けば、平坦な道なので1時間30分程度でしょう。
東海道本線二宮駅(神奈川県中郡二宮町二宮)(2011年12月29日)

【神奈川県中郡二宮町の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


この日は用事があり、二宮駅で打ち切りましたが、当時、まだ211系電車が東海道本線のJR東日本区間にも走っていました。
(^​0_0​^)「こんにちは、みっぴょん。この前、田町電車区でお会いして以来ね! 二宮まで歩いてきたのね!」
と言っていました(嘘)。
東チタ211系「N62」編成(二宮駅・2011年12月29日)

二宮から小田原までは、この翌々日、(2011年)12月31日に出直しました。
(続く)
============================
※平塚宿→大磯宿→二宮間のトイレ情報
・化粧坂公園(神奈川県中郡大磯町)
国道1号線「化粧坂」交差点の手前、左側。

・県立大磯城山公園(神奈川県中郡大磯町)
国道1号線「城山公園前」の交差点を右に。駐車場にトイレあり。

・JR二宮駅南口・改札外
橋上駅舎の階段下に、町が管理するトイレあり。
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

こんばんは

平塚から小田原ですね!
(^.^)
「曲尺手」(かねんて)またひとつ勉強になりました!
平塚のマンホールは七夕ですね
駅の発車メロディが「笹の葉さ~らさら♪」だったような気がします
貨物駅は色々と問題あったようですね
(・.・)
大磯に入っての旧東海道は東海道線と交差するんですね
大磯の松並木が登場しましたね!
二宮の駅は地味ですね
211系もう懐かしく感じますね…あれ昼食は?
(@.@)

マンホール

歩きながらの旅ならではの発見ですよね。
各自治体ごとに異なる絵柄のマンホールウォッチも楽しかったりします。
電電公社のロゴ入りのマンホールもまだあったりしますね。
また、弊ブログへのリンクを貼っていただき、ありがとうございました。
貴ブログからの流入アクセスが一昨日に一気に増えていたので気がついた次第です。
3月1日(土)に出かけた「修善寺踊り子」をようやくUPしました。当日はストライプ色と湘南色が見られたのが良かったです。
引き続き、東海道五十三次の旅レポートを期待しています。

♪カモンカモンサマー~

ドキッ!みっぴょんだらけの水泳大会i-198はいつ放映?
お疲れ様ですi-1わぁ~オンエアが楽しみだ~(棒)

いよいよ湘南ど真ん中。で、海もサマーな感じもなかりけりなままでひたすら淡々と歩く旅人・みっぴょんさん。おっと、道中で何か見つけましたよ。


>直角に曲がっている場合は「枡形」(ますがた)とも呼びます。
そういえば、身延線に「金手」(かねんて:山梨県甲府市城東1丁目)という駅がありますが、この駅は甲府の入口です。

そうそう、そうでした。確かにあの場所で甲州街道ってクランクですもんね。防御や大名同士がかち合ったりするのを防いだりする意味もあったようですね。
他にもいわゆる視覚的な「直線疲れ」を防いだり、あえて曲げることで集落ができやすくするなど効果があるそうです。
うちの裏手にある旧街道も少し東に行くと、2箇所のクランクがありますよ(今は大型車も通行しやすいように広がってますけど)。


>敢えて瓦葺などにせず、藁葺きのまま残しているようですが、今は引き受けてくれる業者も少ないだろうし、葺き替えのときは大変だろうなぁ

これ本当に大変なんです。昔は農村部も人が多かったので、結仕事も集落でまかなってきてましたけど、今はお金を出しても葺ける人が殆どいませんからね。
最後に見たのは10年以上前に只見の叶津番所の葺き替えかなぁ?


>鎌倉時代の遊女は、江戸時代とは違って零落したイメージはなく、詩歌管弦や舞踊を厳しくしつけられ、教養を身につけるよう求められたといいますね。

いまも「枕」の方は別にして、芸妓さんなんかはきちんとした方が多いですよね。ワタクシに甲斐性はないので「遊び」はしたことありませんけど、車の中で話したりすると「頭の回転が速い」と驚かされること。それに博学。これは銀座の高級なお姉さまも同じか。


>吉田邸は焼失してしまいましたが、庭園部分のみ、2013年9月22日から城山公園の「旧吉田茂邸地区」として一般に公開されています。

おそらくは漏電だろうと言われてますけど、本当に惜しいことをしたものです。この火災の直後、評論家だったかが「この程度の建物は何の価値もない」みたいな論評を出してまして、「こんなヤカラに原稿頼むなよ」と読みながら思ったものでした(この評論家、単純に吉田茂が嫌いなだけじゃないか?)。


>この日は用事があり、二宮駅で打ち切りましたが、当時、まだ211系電車が東海道本線のJR東日本区間にも走っていました。

おっ、「ガラスのうさぎ」も写ってますね。
211ですか…この風景が懐かしいと思えるほど、時代の移り変わりが激しいのを実感します。
この辺りは沿線の塀やフェンスの高さが尋常でなく、撮るのも一苦労なんですよ。ただ丹念に見て歩くと、結構いいスポットも見つかるものでして…


というわけで二宮で今回は「おしまい」。まだまだ先は長いのでこの場では「バンザ~イ、なしよ」な「たか」でした。

ではe-463

aki様

おはようございます。
(*'-'*)
>平塚のマンホールは七夕ですね
>駅の発車メロディが「笹の葉さ~らさら♪」だったような気がします

そのとおりです。
下りホームが低音、上りホームが高音で演奏されます。
(つい昨日ですが、確認いたしました。)
七夕、行ったことありますか?
私は一回だけありますよ。
帰りの電車が混んでいて、グリーン車に乗ったことを思い出すけど、
まだ113系の時代で、例の「特急形改造車」でした。

>大磯に入っての旧東海道は東海道線と交差するんですね

電車の乗客で、この場所に気がついている人は少ないでしょうね。

>211系もう懐かしく感じますね…あれ昼食は?

結局食べられず、東京に着いてから何か食べたように思いますね。

では~♪(*'​-')​ノ

Joh様

こんにちは。
(*'-'*)

>歩きながらの旅ならではの発見ですよね。
>各自治体ごとに異なる絵柄のマンホールウォッチも楽しかったりします。

なぜか、気になる存在ですね。
特に神奈川県は妙に「力を入れている」感じがしました。

>電電公社のロゴ入りのマンホールもまだあったりしますね。

全国的には、かなり残っているだろうと思います。
(東京都江東区の東陽町にいくつかあります。)
それと、「平成の大合併」で消えた自治体のが、結構残っていますね。
静岡県だと旧清水市とか、旧金谷町とか。
(逆に、神奈川県にそれは少ないです。合併は津久井郡の一部→相模原市だけだったので。)

>3月1日(土)に出かけた「修善寺踊り子」をようやくUPしました。当日はストライプ色と湘南色が見られたのが良かったです。

「OM 08」と「C1」の併結を見たとは!
( ゜。゜)ウヒョー
うらやましいですね。めったにない機会ですよ!

次回もお楽しみに♪
では~♪(*'​-')​ノ

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

>防御や大名同士がかち合ったりするのを防いだりする意味もあったようですね。

格の違う大名同士がかち合っちゃうと、マズイんでしょう。
そんなときは、ただちに先頭を歩く見張りが知らせて、格の低いほうの一行が下がり、
どこか適当な場所(お寺の境内とか)で休憩しながら、格上の一行が通過するのを待ったようです。

>この火災の直後、評論家だったかが「この程度の建物は何の価値もない」みたいな論評を出してまして、「こんなヤカラに原稿頼むなよ」と読みながら思ったものでした(この評論家、単純に吉田茂が嫌いなだけじゃないか?)。

どこの世界にも「学校の勉強だけがよくできた」いわば「偏差値バカ」みたいなのがいますよ。
その御仁が「建築学的な価値はない」という意味で言っていたのか、
それとも「築20年以上の建物の簿価はゼロ」という意味で言っていたのかわかりませんが、
それを言うなら、小説家の旧居など、ほとんど「無価値」だと思いますよ。まず、普通の民家ですから学術的な価値はありませんし、老朽化した家にすぎません。

たとえば、「石川啄木が間借りしていた小石川の床屋さん」が明治村に保存されているけど、ただの狭い家ですよ。
しかし、なぜわざわざ東京から愛知県に移築してまで残しているのか・・・。
それは、「偏差値バカ」には一生わからない話です。

私は、実際に見たとき「階段が、ものすごく狭くて急だなぁ。こりゃ、啄木のお母さんが階段を嫌がったのもわかるわ」と思いましたね。

次回もお楽しみに♪
では~♪(*'​-')​ノ

二宮

大磯とか二宮とか湘南のいいところですね。二宮ってなんか好きです。どうしてかと言うと、嵐のニノくん。二宮さんと同じ名前ですから。まあぜんぜん関係ないですけど。( ^)o(^ )
二宮って言うと二宮金次郎の銅像が有名ですね。札幌にはないよーですけど、神奈川とかではけっこう、学校とかの校庭に薪を背負って本を読んでいる勉強家の二宮金次郎の銅像があるようですね。台風で本の部分がもぎ取られてしまい、手相見の二宮金次郎になってしまったとこもあるようです。
たまに新幹線に乗るとあっという間に通過してしまいますね。

びゅんびゅん丸様

おはようございます。
(*'-'*)

東京、今朝は寒いのよ。7℃だって。。。。
{{{{(+_+)}}}} 寒気
「東海道」の袋井→見附(磐田)→浜松間をやってしまおうか、どうしようか迷っており、一応、4時に起きたんだけど、あまりに寒いし雨も降っていたので、本日は中止。

そうか、びゅんびゅん丸嬢はニノくんのファンなのか。。。。
(´∀`*)ウフフ

>二宮って言うと二宮金次郎の銅像が有名ですね。

違うよ~。。。。
二宮金次郎は、神奈川県の二宮町とは何も関係ない。
( ´・_・`)
生れ故郷は小田原の栢山(かやま)ね。小田急線の。
成人してから活動したのは、今の栃木県。

>神奈川とかではけっこう、学校とかの校庭に薪を背負って本を読んでいる勉強家の二宮金次郎の銅像があるようですね。

戦前のことはわからないけど、私は金次郎像を見たことはなかったなぁ。川崎とか横浜には、ほとんどないだろうと思います。
学校に金次郎象があるとすれば、それは小田原か南足柄ぐらいでしょうし、それも全校ではないと思いますね。
あれは銅像ですから、戦時中に供出してしまい、戦後はああいう思想というか教育が「悪」とされたので、復活したのは少ないんですよ。

>たまに新幹線に乗るとあっという間に通過してしまいますね。

新幹線だと、二宮町など1分か2分で通過してしまうけど、歩いてみると・・・通過に2時間近くかかるし、面白いですよぉ。。。。
では~♪(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。