05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いずっぱこ」(伊豆箱根鉄道)駿豆線で遊ぼ~♪

伊豆箱根鉄道3000系(第4編成)(2014年3月8日・三島~三島広小路間)

こんにちは、みっぴょんです。

昨日、2014年3月11日は東日本大震災から3年目でした。
亡くなられた方々にあらためて哀悼の意を表します。
また、被災された方々の生活が一日も早く、元通りに戻るよう
心から祈念いたします。

私は今年も、地震発生時刻の14時46分に1分間の黙祷を捧げました。
==============================
さて、2014年3月8日、湯河原駅で583系の撮影に成功してから先の旅日記です。
(*'-'*)
583系編成は夜、弘前へ戻るまで伊東駅構内で待機するようですが、私は熱海から9時58分発の静岡行き(1429M)に乗り、三島で下車。

かねて、私は185系電車を追いかけており、このブログでも下手な写真と記事をご紹介していますが、
「いずっぱこ」こと伊豆箱根鉄道駿豆線内を走る特急「踊り子」を、同線の沿線で撮ったことがありません。
「踊り子」の修善寺行きは、伊東・伊豆急下田行きに比べて利用者が少ないようで、「いつまで走るのか?」という話題が絶えない列車です。

2014年2月11日に、伊豆縦貫自動車道(東駿河湾環状道路)の三島塚原IC~大場・函南IC間、および連絡道の大場・函南IC~函南塚本IC間が開通し、
これが三島側では東名・新東名高速と、函南側では伊豆中央道(国道136号線バイパス)と接続しました。
伊豆中央道は、従来から修善寺道路(これも伊豆縦貫自動車道の一部分)と接続していたので、結果的に、東名・新東名から修善寺まで、自動車道だけで行けるようになりました。

現在、東京(新宿)~修善寺温泉間には、東海自動車と小田急箱根高速バスによる共同運行の「伊豆=新宿ライナー」が一日2往復、細々と運行されていますが、
所要時間は新宿~修善寺間2時間45分、運賃は2500円で、このバスが自動車道の延伸に伴って大増発されたら、「踊り子」を脅かす存在になることは間違いありません。

このバスは、2014年4月1日から、消費税増税に伴い運賃が2570円に改定されますが、
同時に、「伊豆長岡・修善寺温泉ライナー」に改称され、経由ルートも新東名高速・伊豆縦貫道に変更されます。
(注:これに伴い、現行ルート[国道1号線]上にある「サントムーン柿田川」停留所[静岡県駿東郡清水町]は、3月31日限りで経由しなくなる。)

「”踊り子”の修善寺編成は、185系引退時に、新型車両には置き換えずに廃止では?」と噂する人もあるんですが、バスのルート変更によって、それも現実味を帯びてきた感じですね。

そこで、185系撮影をメインに「いずっぱこで遊ぼ~♪」
(*'-'*)/
この路線の有名撮影地といえば、三島二日町~大場(だいば)間の「北沢林道踏切」付近があまりにも有名で、自社の公式サイトやポスターでも使われていますが、「有名になりすぎた」感じもします。 
富士山が見えればともかく、今日は2合目から上が雲に隠れて全然見えないので、あまりこの踏切にこだわる意味はなく、今回は割愛。
それより、私は三島市内の線路が曲がりくねった区間が好きで、三島の次の三島広小路駅で下車。
この、線路際までびっしり家並みが迫っている狭い空間を行く「クネクネ感」が好きなんです(笑)。
伊豆箱根鉄道3000系(第3編成)(2014年3月8日・三島~三島広小路間)

伊豆国分寺の周囲をぐるっと回って、三島駅に近い踏切で待っていると。。。。

三島発10時40分の4025M「踊り子105号」が来ましたが、これが初期「踊り子」カラーに戻った「C1」編成でした!
ヽ(^▽^)ノ
宮オオ185系「C1」編成(2014年3月8日・三島~三島広小路間)

そろそろお腹が空いてきたので、早めの昼食にしようと三島広小路駅前に戻りました。
三島といえば「うなぎ」で、以前訪れた際(2012年1月28日)には三嶋大社前の「すみの坊」というお店でうな丼を食べましたが、確か2500円ぐらいだったか。
その後、うなぎは稚魚の価格高騰で、とんでもない高級食品になりましたから、今ならいくらなんだろう。。。。

三島広小路駅前にも「桜家」という超有名店があるんですが、なんと11時の開店を前に行列ができており、制服の警備員が誘導するほどの人気でした!
( ゜。゜)ウヒョー
このお店で最も安い「うな丼」(うなぎ2枚)は3600円だそうで、まあ、そのくらいのお金はあり、旅費が足りなくなったら「ゆうちょ銀行」のATMへ走るまでですが(笑)、
それより、うなぎというのは調理に時間がかかるもので、そちらの方が気になります。今日は食事に来たんじゃなくて、電車の撮影が主目的なのです。。。。
そこで「桜家」の向かいにある「ビストロ大木」というお店に入りました。
何を食べるか思案し、880円の「カツカレー」とコーヒーを注文。
おいし~♪(*'-'*)/
P3080037.jpg

じっくり煮込んだカレーはおいしく、開店40周年記念で「コーヒーはサービスします」とのことで無料になり(注:3月9日まで)、満足して駅へ戻りました。

450円区間の切符を買い(本当は「駿豆線一日乗り放題乗車券『旅助け(たびだすけ)』」[1000円]を買うと、若干お得だったらしい)、電車に乗ります。
到着を待つ間、地元の不動産広告を見ていたんですが、伊豆長岡駅から徒歩5分のところにあるアパート(6部屋)が3600万円で売りに出ていました。
( ゜д゜ )bフムフム?
今、1部屋1ヶ月6万円の家賃で貸しているらしく(温泉街なので水商売の人が相手なのか、三島二日町あたりより高い)、単純計算だと、大家には月36万円の収入があることになります。
このアパートを買い取って、家賃収入で生計を立て、毎日富士山を眺めながら、初期の村上春樹氏みたいな文体の「粋な小説」(笑)でも書く人生も悪くない・・・と、一瞬思ったんですが、一括で3600万円を払えるはずはないから、当然ローンでしょう。
さらに、税金や営繕費の積み立てなどを考えると、私の手取りは実質的には半分、1ヶ月に約20万円ぐらいか・・・と、現実に引き戻されたところで修善寺行きの電車が来ました。
村上春樹調の「粋な小説」執筆はともかく、もうそろそろ私も「老後の過ごし方とお金」のことを考えなければならない年齢になっているのです。やれやれ(笑)。。。
(*゚ー゚)ゞ
終点・修善寺のひとつ手前、牧之郷で下車。
「まきのごう」ではなく「まきのこう」と読み、ローマ字も「MAKINOKO」になっています。
伊豆箱根鉄道駿豆線・牧之郷駅駅名標(2014年3月8日)

この駅は相対式ホームの交換可能駅で、無人駅です。
修善寺行き(1番線)側・三島方面行き(2番線)側のどちらからでもホームに入れますが、
伊豆箱根鉄道3000系(第1編成)(2014年3月8日・牧之郷駅)

券売機は2番線側にしかありません。1番線側には路線バスと同じタイプの整理券発行機があり、「修善寺へ行く人は、これを取って乗り、修善寺駅で運賃を払ってください」という方式。
「修善寺行き(130円区間)専用」の券売機など設置してもあまり意味はなく、当然といえば当然ですが、ずいぶん合理的ですね。
伊豆箱根鉄道3000系(第5編成)(2014年3月8日・牧之郷駅)

1991(平成3)年と92年に、2編成作られた7000系が来ました。
伊豆箱根鉄道7000系(第1編成)(2014年3月8日・大仁~牧之郷間)

これは「JR線乗り入れ仕様車」で、運転台のハンドルはJRの211系と同じツインレバー式になっており(3000系はワンハンドル式)、JR線仕様のATS装置や列車無線装置をいつでも取り付けられるよう、準備されていました。
客室内は、転換式クロスシートです。
なぜ「JR線乗り入れ仕様車」なのかといえば、この沿線は、沼津市や富士市で働く人たちのベッドタウンで、東海道線に直通する通勤列車の運転が企画されたんです。
残念ながら、景気の後退その他によって、この計画は事実上中止され、その後の増備車は7000系ではなく、3000系のステンレス車(第6編成。1997年製造)になりました。
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)(2014年3月8日・三島~三島広小路間)

伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)(2012年1月29日・三島広小路駅)

なお、1300系という車両(元:西武101N系)もあるんですが、どうも予備車的な存在らしく、この日は走っているのを見かけませんでした。
今回は遭遇しませんでしたが、過去の写真があったので、載せておきますね。
(左側、8番線に停車中の車両。2012年1月28日、三島駅。)
伊豆箱根鉄道3000系(第4編成・右)・1300系(第2編成・左)(2012年1月28日・三島駅)

ところで、なぜ牧之郷へやってきたかといえば。。。。
まず、12時35分ごろ、東京発の8079M「踊り子109号」が到着して運転停車。
宮オオ185系「C4」編成(2014年3月8日・大仁~牧之郷間)

そして12時37分ごろ、さっきの「C1」編成が東京行き4026M「踊り子106号」として戻ってゆきます。
この「185系同士の行き違い」を撮りたかったんです。
(*'-'*)
宮オオ185系「C4」編成(左)・「C1」(右)(2014年3月8日・牧之郷駅)

宮オオ185系「C1」編成(2014年3月8日・大仁~牧之郷間)

この路線は、ずいぶん前に終点の修善寺まで乗っているので、今回、修善寺まで行く理由はなく、三島行き普通電車に乗って戻りました。
途中、田京(たきょう)駅で「反対列車待ち合わせのため、少々停車します。なお、節電のため車内灯を消させていただきます。ご理解・ご協力をお願いします」と放送があり、消灯しました。
そう、これですよ。
東日本大震災から3年、「原発再稼動の是非」という政治的な話は、私などにはわかりませんが、
「限りある資源を有効に使う」という根本的なことさえ忘れ去られている感じがして、苦々しく思っていましたが、この会社は忘れていないのでした。
(*'-'*)/

帰りは、次回訪問のためのロケハンとして車窓をじっくり眺めましたが、韮山(にらやま)付近の、畑の中をまっすぐ走る区間なども面白そうでした。

三島に着き、「ああそうだ。もう一本”踊り子”があった」と思い出し、西の方角へ歩きました。
寿町の踏切に立ち、通りかかったおばあちゃんに柵のペンキを塗り替える作業員に間違えられたりしながら(笑)、三島発13時40分の4035M「踊り子115号」を撮影。
宮オオ185系「C3」編成(2014年3月8日・三島~三島広小路間)

画面左側の建物は「三島信用金庫」本部(長泉支店)ですが、例のアパートを購入する際、この信金が融資してくれることを願って(笑)。
なお、この踏切は三島市と駿東郡長泉町の境で、信用金庫は長泉町側になります。

この先、どうしようか迷いましたが、2年前(2012年2月22日)に蒲原宿で中断したままになっている「東海道五十三次を歩こ~♪」を再開することにし、蒲原宿最寄の新蒲原駅へ向かいました。
静岡支社管内ではちっとも珍しくありませんが、211系と313系の併結運転を見ると「JR東海管内に来たな」と思いますね。
JR東日本では、211系と他系列の併結運転など絶対にやりませんから。
静シス313系「W9」編成+211系「LL7」編成(2014年3月8日・三島駅)1

静シス313系「W9」編成+211系「LL7」編成(2014年3月8日・三島駅)2

新蒲原へ行く前に、富士川駅にEF200-10が停車していたので、ちょっと下車して撮影。
EF200-10[吹](2014年3月8日・富士川駅)

そして下り高速貨物列車が通過。EF210-170が「やあ、みっぴょん。久しぶりだね」と言いながら通過していきました(嘘)。
EF210-170[新]牽引・高速貨物列車(2014年3月8日・富士川駅)

確かに「久しぶり」。昨年5月5日、東京貨物ターミナル駅の一般公開で、コンテナ特急「たから」のヘッドマークを付けて展示されていたのがEF210-170でした。
EF210-170[新](2013年5月5日・東京貨物ターミナル駅)

結果的に、この日は新蒲原で降りて由比まで約6Km歩き、静岡駅近くの「静岡パークホテル」に宿泊。
翌日は由比から薩埵峠(さったとうげ)を越え、江尻宿(清水)を経て府中宿(静岡)まで、約22Km歩きました。

「東海道五十三次を歩こ~♪」の執筆も、神奈川宿まで書いたところで止まっていますが。これも近々再開する予定です。
では~♪(*'​-')​ノ

伊豆箱根鉄道グループ公式サイト
http://www.izuhakone.co.jp/

『恋するフォーチュンクッキー』伊豆箱根鉄道グループVer.
http://www.youtube.com/watch?v=bE5tLmZRJRs

============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

こんばんは

東日本大震災から3年ですね
私も職場で黙とうしました
早期の復興を祈ってます

185系追っかけて「いずっぱこ」行ったんですね!
伊豆縦貫自動車道の開通は通勤電車の広告で見ました
踊り子号の今後が気掛かりですよね…
(@.@)
カツカレー美味しそうですね!ちなみに今夜はシーフードカレーでした
桜家ウナ食べて三島大社って行ったことあります
いずっぱこは毎年恒例行事のイチゴ狩りで乗ります
不動産情報には目を向けなかったです…
(^.^)v
シマシマストライプ来ましたね!185系同士の行き違い貴重になるかもですね…
ヘッドマーク付のいずっぱこいるんですね
7000系がJR乗入れ準備しているのは知らなかったです
(・.・)
EF200は何顔?犬にいそうな感じの顔ですね…チャウチャウ?
EF210と富士山ばっちりですね!
「東海道五十三次を歩こ~♪」再開したんですね!
寒くなかったですか?
無理しないで続けて下さい
(^_^)

aki様

こんにちは。
(*'-'*)

>東日本大震災から3年ですね
>私も職場で黙とうしました
>早期の復興を祈ってます

当時の「日記」は、このブログに書きましたが、
計画停電による「徒歩通勤」とか、物資がみんな被災地へ流れてしまったため、東京では「お金があるのに物がなくて買えない」生れて初めての不思議な体験、
また、みずほ銀行のシステムトラブルで「給与明細書は届いているのに、お金が振り込まれていない」困った体験などを思い出します。

あの年は、東北には何度か行ったんですが、被災地には、いまだ足を踏み入れておりません。とても「物見遊山」気分で行く気にはなれなくて。。。。
もう少し経ったら、震災前に行ったことのある気仙沼大島へ行ってみたいと思っていますが。。。。

>伊豆縦貫自動車道の開通は通勤電車の広告で見ました
>踊り子号の今後が気掛かりですよね…

「踊り子」の去就は、本当に気がかりです。
伊豆急線の方は、まあE259系準拠の新型車両(E261系?!)にでもなるんでしょうけど、修善寺編成はねぇ。。。。

>カツカレー美味しそうですね!ちなみに今夜はシーフードカレーでした
>桜家ウナ食べて三島大社って行ったことあります

ああ、「桜家」行ってみましたか。「うなよし」っていうお店も有名らしいですが、2年前に私が行った「すみの坊」は、本当に地元の人しか行かないお店らしく、飾り気なし。宣伝もほとんどしてないでしょう。
でも、私が食べていたら地元のおばさんが入ってきて「今夜7時に5人前、出前してちょうだい」などと頼んでました。

「ビストロ大木」は「焼肉御膳」が名物らしい。今度、また寄ってみたいと思いますが、ここも、私が食べていたら地元のおばさんが入ってきて、
「今度また食事に来るけど、今日は時間がないからコーヒーだけ飲ませて」などと言ってましたね。

>いずっぱこは毎年恒例行事のイチゴ狩りで乗ります

韮山のイチゴ狩り、私も行ったことありますよ。
ミルクの入ったカップをくれるんだけど、そんな物は必要ない。何も付けなくても十分甘いです。

>シマシマストライプ来ましたね!185系同士の行き違い貴重になるかもですね…

そう思います。伊東線・伊豆急線でも撮りたいですね。

>ヘッドマーク付のいずっぱこいるんですね

今、走っているのは「祝 富士山世界遺産登録」と、「韮山反射炉を世界遺産に!」というものでした。
韮山反射炉は、群馬県の富岡製糸工場とともに、日本政府が国連に推薦するリストには入ったらしいですね。

>7000系がJR乗入れ準備しているのは知らなかったです

現状はわかりませんが、デビュー当時は方向幕に早々と「熱海」「沼津」「富士」など、JRの駅名も入っていたそうです。

>EF200は何顔?犬にいそうな感じの顔ですね…チャウチャウ?

犬なの、これ?
しかしまあ、これはデビューしてすぐ景気が悪くなってしまい、本来のパワーを発揮する機会に恵まれず、「悲運な機関車」でしたね。
本来は「狭軌鉄道における、単機で世界最大出力の電気機関車」なんですが。。。。
(南アフリカ共和国にもスゴイELがいるそうですが、それは「重連が基本」なので。その本物を見てみたいけど、南アって、物騒だからなぁ。。。。)

>EF210と富士山ばっちりですね!

この時間帯だけ、富士山が見えており、あとは終日雲を被ってました。。。。

>「東海道五十三次を歩こ~♪」再開したんですね!
>寒くなかったですか?
>無理しないで続けて下さい

これね。実は、再開に備えて、少し前から家の近くで往復16キロとか、ウォーキングの練習をしていたんです。
だいぶ脚力がついてきたので、再開に踏み切りました。
寒かったのは、翌日の「さった峠」だけで、あとは、それほどでもありませんでした。
無理せず続けたいと思いますが、今から京都の三条大橋終点を考えると無理しちゃうので、「まずは府中(静岡)まで」、次の目標は「浜松まで」、そして「吉田(豊橋)まで」・・・というふうに、目標の立て方を改めることにいたしました。

では~♪ (*'​-')​ノ

KFC

So good!じゃないよ、恋チュンの略称i-199
お疲れ様ですi-3

前回の

>ここは、社員・役員のほぼ全員[500人近い]で『恋するフォーチュン・クッキー』を唄って踊るPVを作り、Youtubeで公開している・・・という鉄道会社です。

というヒントで十分に次回の目的地がわかりました。残念なことにまだ[公式]扱いにはならないんですね。三陸鉄道や横浜市交通局のように、目指せ公式i-197
思ったんですけど、こうして見てみるとダンスのセンスは老若男女関係ないんですね。聞いた話では頭の良し悪しも関係ないんだとか。
※ちなみにワタクシはこの曲なら30分で振り入れできるかな?


>「いずっぱこ」こと伊豆箱根鉄道駿豆線内を走る特急「踊り子」を、同線の沿線で撮ったことがありません。「踊り子」の修善寺行きは、伊東・伊豆急下田行きに比べて利用者が少ないようで、「いつまで走るのか?」という話題が絶えない列車です。
>この路線の有名撮影地といえば、三島二日町~大場(だいば)間の「北沢林道踏切」付近があまりにも有名で、自社の公式サイトやポスターでも使われていますが、「有名になりすぎた」感じもします。

まぁ、みっぴょんさんがどうしたことでしょう。オールマイティ185の追っかけなら駿豆線は必須だと思い込んでいました。修善寺行きは見事にガラガラのことが多いですからね。今回のダイヤ改正もよく乗り越えたと(いい意味で)感心しました。
大場は確かにいいんですが、富士が見えないと魅力半減(いやもっと?)です。それに背景に送電線がしっかりかかってしまうのが難点ですかね。大場から歩くと、撮影地までの道路は車がすっ飛ばしてくるのが怖いi-238
そうそうワタクシのここでの勝率は3打数2安打ってところ。


>4025M「踊り子105号」が来ましたが、これが初期「踊り子」カラーに戻った「C1」編成でした!

富士には月見草がよく似合ふ。185には斜めストライプがよく似合ふ(久しぶり2回目i-234)。


>この、線路際までびっしり家並みが迫っている狭い空間を行く「クネクネ感」が好きなんです(笑)。

この「クネクネ感」に関して、ワタクシは思うような構図がまだ得られていないんです。これはまた次回の課題だなぁ、ってところですか。望遠で引っ張ってクネクネ感を出したいものですからi-229


>東京(新宿)~修善寺温泉間には、東海自動車と小田急箱根高速バスによる共同運行の「伊豆=新宿ライナー」が一日2往復 ~略~ このバスが自動車道の延伸に伴って大増発されたら、「踊り子」を脅かす存在になることは間違いありません。

これは完全に首に刃物状態i-183修善寺だって常時大入満員の盛況ではないのですし、もし何かあれば(いや海社あたりは何もなくとも)終了させられるような気も…。思えば「こだま」「踊り子」とラフォーレの企画乗車券を発売するほどの力の入れようだったのですから、時代の変わり方にちょっとばかり驚きでなのであります。


>「桜家」という超有名店があるんですが、なんと11時の開店を前に行列ができており、制服の警備員が誘導するほどの人気でした!

やっぱりi-232
ワタクシも以前に行列を見て一言「撤収っi-199」でありましたi-236たしか三島駅まで戻って駅前辺りでランチを食べたような。どうも三島自体にはおいしいもののイメージが少ないんですよね(申し訳ないです、感想には個人差があります)。


>到着を待つ間、地元の不動産広告を見ていたんですが、伊豆長岡駅から徒歩5分のところにあるアパート(6部屋)が3600万円で売りに出ていました ~略~ このアパートを買い取って、家賃収入で生計を立て、毎日富士山を眺めながら、初期の村上春樹氏みたいな文体の「粋な小説」(笑)でも書く人生も悪くない・・・

あの方風の小説が粋なのかどうかはわかりませんが、実はワタクシも同じようなことを考えてまして(あ、伊豆長岡じゃありませんi-235)、正直あと預貯金額が1桁(安心感でいえば2桁)あれば、すぐにでもやってみたいところ。しかし駅至近とはいえ伊豆長岡で6万とはなかなか強気な家賃設定だなぁ。
もっとも三島駅周辺なら新築マンションができると、東京圏への通勤者にバンバン売れるという話も聞いたことがあります。以前お世話になった当地の方も毎朝「こだま」で通っているとのことでしたし。


>これは「JR線乗り入れ仕様車」で、運転台のハンドルはJRの211系と同じツインレバー式になっており(3000系はワンハンドル式)、JR線仕様のATS装置や列車無線装置をいつでも取り付けられるよう、準備されていました。

あ、それでなんだi-199
おまけに駿豆線の車両群の側面の窓・ドア割りは国鉄・JRのそれに似通っているところもあって、以前から何かの思惑があるんだろうとは思ってました。富士はともかく沼津乗入れが実現していれば、東伊豆の交通体系はまた違うものになっていたのかもしれませんね。


>通りかかったおばあちゃんに柵のペンキを塗り替える作業員に間違えられたりしながら(笑)

思うんですけど、みっぴょんさんは普段どんな格好でお出かけなんですか?まさかタオルを頭に巻いて、ニッカ…いやなんでもありません。


>「東海道五十三次を歩こ~♪」の執筆も、神奈川宿まで書いたところで止まっていますが。これも近々再開する予定です。
>だいぶ脚力がついてきたので、再開に踏み切りました。

おぉ、復活ですねi-234あまり長期な目標はよくないでしょうが、年内に静岡・愛知県境くらいまで行けるといいですね。体調?みっぴょんさんなら大丈夫です、あと2、3日は(石井伊吉さん風に、ってコラコラi-192


あれからもう3年ですか。ワタクシもピッタリの時間ではありませんでしたが、やや遅れて黙祷しました。こう記す本人もあの日は東北で被災しましたからね。
「行くこともボランティア」というフレーズはわかっていても、さすがに東北の海沿いに行くのはもう少し時間をいただきたい。もはや待ったなしの復興の進捗をただただ祈るばかりです。

というわけでフォーチュンクッキー選抜なら石巻に行っていたあかりん推しの「たか」でした。

ではe-463

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

>KFC
それは「ケンタッキーフライドチキン」の公式な略称でしょう。
もっとも、誰もそう呼ばず、「ケンタッキー」とか「ケンタ」と呼ぶけどね。

>残念なことにまだ[公式]扱いにはならないんですね。三陸鉄道や横浜市交通局のように、目指せ公式

どのような条件を満たせば「公式」と認定されるのか、私は知らない。

>まぁ、みっぴょんさんがどうしたことでしょう。オールマイティ185の追っかけなら駿豆線は必須だと思い込んでいました。

岳南鉄道に貨物列車があったころは、どうしてもそちらに目が向いてしまい、いずっぱこは、おろそかになっていたんです。

>修善寺行きは見事にガラガラのことが多いですからね。今回のダイヤ改正もよく乗り越えたと(いい意味で)感心しました。

そりゃ、天下の西武グループですもの。。。。
JR東日本・JR東海・そして西武の、「しかるべき政治力を持った会社」同士がガチンコ勝負して、お互いの権益を主張し合ったら、ややこしい話になるでしょう。
ですから、「なんらかの”決定的な理由”」でもない限り、「増発もしない代わりに、廃止もせず、現状のままにしておこう」ってところだと思いますね。

>大場は確かにいいんですが、富士が見えないと魅力半減(いやもっと?)です。(以下略)

北沢林道踏切は、地元の住民とのトラブルがあって、甲種輸送(大雄山線車両の。次回は3月28日)がある日は三島署の警官が出動して、撮影者を排除するようになりました。ザマアミロ!
\(^o^)/ 
(「警官が排除」の情報は、前回行った某氏のメールによる。)
なぜ「ザマアミロ!」とまで言うかといえば、たいした知識もないくせに「コーシュ、コーシュ」とか言ってる中2ぐらいの小僧どもが気持ち悪いから。
(こいつらは「じゃあ、乙種ってあるの?今でもやってるの?」という問いには、絶対に答えられない。それと、新津から東京方面への回送は「甲種」とは呼ばないけど、その違いもわからない。)
西武の多摩川線車両の回送に群がる連中も、相当に気持ち悪いよ。。。。
( ≧Д≦) 、 、 、ペッペッペ!!

>ワタクシも以前に行列を見て一言「撤収っ!!」でありました

地元の人は行かない店みたいね。。。。

>あの方風の小説が粋なのかどうかはわかりませんが

初期のは「粋」だったと思いますよ。丸谷才一氏だったか、
「漱石以後、近代日本文学に”町の小説”と”村の小説”はあったが、ここで初めて”都市の小説”が登場した」
と評しましたが、「的を得たうまい批評だな」と思います。
しかし、近作は・・・昨年の『多崎つくる』は「1600円損したよ」というのが正直な感想です。

この人は、近年外国文学の翻訳ばかりやっていたためか、「きれいな日本語で書く」ことができなくなっている感じがする。着想も、あまりにも非現実的だし。現実世界を生きる人間たちを描いた感じがしないの。
芝居の書割の中で、観光地によくある記念撮影用の「顔ハメ」みたいなもんが動いている・・・というか。。。。
(主人公は大手私鉄の技術者だが、村上氏は鉄道マンのことなど何も知らない。まず「鉄道員気質」を全然理解してないし、知ろうともしていない。)
会話も薄っぺらで、「これ、まさか田中康夫に代筆させたんじゃないの?(爆笑)」とすら思えますよ。
ストレートに言えば「衰えている」。
「老いたるかな、村上春樹」と思いました。

>みっぴょんさんは普段どんな格好でお出かけなんですか?まさかタオルを頭に巻いて、ニッカ…いやなんでもありません。

というか、おばあちゃんがヨロヨロしながら歩いていたので、「ペンキが乾いてませんよ」と注意してあげたら、相手が勘違いしただけ(笑)。そんな場所に、じっと立っている人も珍しかったんでしょうし。
(カメラを見せて「もうじき”踊り子”が来るのを撮る」と言ったら納得してくれましたけどね。)

>年内に静岡・愛知県境くらいまで行けるといいですね。

これは、わからんね。仕事に必要な国家資格をいくつか取らなきゃならないので、その勉強もしないといけないし。
それと、だんだん遠方になってきているので、そこまで行く時間と交通費が馬鹿にならなくなってきています。
静岡と愛知の県境といったら、豊橋の手前の二川ですけど、その前に新居から白須賀を回らなきゃいけないでしょう。
この白須賀って宿場が、現代の交通路から外れているので、そこまで行くのが結構面倒だし、泊まるところもありません。
(新居町駅からバスで行くんですが。)
そういう問題点が多々あるんですよ。。。。

また、初期は写真の撮り方が実にいい加減で、戸塚~藤沢間はどうしても気に入らず、再度歩いて撮り直しましたよ。歩いたら3時間ぐらいかかるんだけど、まあ仕方ないですね。

では~♪ (*'​-')​ノ

温泉でも…

こんばんは。
震災から早3年、鉄道趣味的には、津波に巻き込まれながらも残った「ED75 1039」、東名駅近くで津波に巻き込まれた205系、新地駅のE721系の映像がまだ記憶に新しいところですが、やはり意識していないと、記憶が風化してしまいそうです。

さて「踊り子」、やはり斜めストライプの185系こそ一番お似合いですね。
国鉄車両ならではのがっちりした造りは、東海道線と比べて線路規格が低く感じられる伊豆箱根線内でも安定した走りだったのを思い出します。
車両の老朽化、実際の乗車率など、修善寺行がこれからも残る可能性はかなり低そうですが…
東京から乗換えなしで行けるという利点を活かした活性化策はないかと考えてしまいます。
伊豆箱根鉄道にとっても、東京から直通列車があるというのは、実際の利用数は別として、一定のアピール効果はあるような気がするのですが。
しかし、3社跨ぎの列車なので、やはりいろいろ難しいのでしょうか?
それでも、できる限り長く維持できればと思います。

ようやく暖かくなってくるようですが、修善寺「踊り子」で温泉巡りも良さそうです。

ところで、「カツカレー」とても美味しそうですね。
味覚に自信はありませんが、カレー大好き人としては、三島に行く時には絶対食べたい〜

伊豆箱根鉄道と185系

弊ブログではまだUPしていませんが、3月1日(土)に乗って撮ってきました。
ダイヤ改正の度に、「踊り子」(修善寺行き)はいつ廃止になってもおかしくないと思ったので。。。
カレーも美味しそう。是非食べてみたいです。

103おじさん様

こんばんは。
(*'-'*)

新潮社から出た『東日本大震災 鉄道の記録』という本を私も持っており、被災車両のナンバーが全て掲載されていますが、
震災以前に乗ったり、撮影した車両が被災していたらいやだなぁ・・・と思いましたが、私が乗車・撮影した車両でナンバーを記録している車両には、該当車両はありませんでした。

>国鉄車両ならではのがっちりした造りは、東海道線と比べて線路規格が低く感じられる伊豆箱根線内でも安定した走りだったのを思い出します。

堂々たるものですよ。
もっとも、以前は社線側車両には老朽車が多く、185系は妙に「華やか」な感じがしましたが、
本文中の写真のように、今は社線側の車両も新しく、立派になりましたから、昔とは違った印象です。むしろ、最近の社線側車両より185系の方が古いのかもしれません。

>伊豆箱根鉄道にとっても、東京から直通列車があるというのは、実際の利用数は別として、一定のアピール効果はあるような気がするのですが。

東京直通列車があるのは、確かに「売り」になるに違いありません。
ただ、国や県が作った道路を走るバスは「東京直通など当たり前」で、しかも、あちらは通行料を払うだけで、インフラの整備を自前でやる必要なんかないので。。。。

>しかし、3社跨ぎの列車なので、やはりいろいろ難しいのでしょうか?
>それでも、できる限り長く維持できればと思います。

JR東海としては、自社の利益が少ないのに、わざわざ熱海~三島間の乗務員を手配しなければならないのが嫌でしょうね。
伊豆箱根の乗務員が熱海~三島間にも乗務できれば合理的なんでしょうけど、
信楽高原鉄道の正面衝突事故以後、国交省は「他社乗務員の乗務」を極端に嫌がるので、難しいところです。
(一時期、JR西日本・岡山の乗務員が多度津まで乗務していたが、それも廃止された。瀬戸大橋線経由の特急が全列車、児島停車になったのは、西日本~四国の乗務員交替のため。)

>ところで、「カツカレー」とても美味しそうですね。
>味覚に自信はありませんが、カレー大好き人としては、三島に行く時には絶対食べたい〜

このカレーは、あまり辛くありませんでした。
一昼夜以上煮込んであるとのことで、非常にコクがあります。
ぜひ、召し上がってみてください。
三島広小路駅で降り、踏切を渡って大社の方へ向かう道の左側、本文に書いたように、うなぎの「桜家」の向かいです。

では~♪ (*'​-')​ノ

Joh様

こんばんは。
(*'-'*)

行きましたか。
185系・・・というか、「踊り子」の修善寺乗り入れ自体が、おっしゃるようにいつまで続くかわからないので、機会があれば記録やご乗車をお勧めいたします。

>カレーも美味しそう。是非食べてみたいです。

「祝 開店40周年」と書かれた鉢植えがお店の前に飾られており、
「40年も続いたお店なら、きっとおいしいものを食べさせるだろう」と思って入ってみたら、やはり正解でした。

この日は、静岡市で泊まったホテルも、5300円という値段にしては良い部屋でしたし、恵まれた一日でした。
では~♪ (*'​-')​ノ

三島信用金庫本部の住所に誤りがあります

はじめまして、このブログを楽しく拝見させています。ひとつ、間違いがございますのでお知らせします。

>画面左側の建物は「三島信用金庫」本店ですが、例のアパートを購入する際、この信金が融資してくれることを願って(笑)。
なお、この踏切は三島市と駿東郡清水町の境で、信用金庫は清水町側になります。

三島信用金庫の本部が映っている場所の住所は
駿東郡長泉町です。この踏切から清水町へ一番近い境界は500㍍離れたところにあります。グーグルマップでご確認ください。以上です。

エンゼル様

こんにちは。はじめまして。
(*'-'*)

三島信用金庫の件、ご指摘ありがとうございました。
早速、同信金の公式サイト
(http://www.mishima-shinkin.co.jp/)
を確認しましたところ、おっしゃるとおり、その場所は長泉町です。
(所在地は長泉町下土狩96-3)

また、この建物は「本部および長泉支店」であり、
「本店」は三島市芝本町12-3に所在します。

ただちに訂正させていただきました。
今後とも、ご愛読の程
よろしくお願い申し上げます。
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。