03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都圏183・189系の現状/2013年12月(2)

■大宮総合車両センター(宮オオ)所属車(承前)
宮オオ183系「OM102」編成(2012年12月29日・大月駅)

●OM101編成(6両編成・事実上、消滅)
←高崎 クハ182-101+モハ182-1049+モハ183-1049+モハ182-1042+モハ183-1042+クハ183-1529 上野→

OM101~103編成は、2006年3月に高崎車両センター(高タカ)から大宮へ転属したものです。

このOM101編成の高崎方先頭車はクハ182-101ですが、これはサハ481-117からの改造車です。
床面の高さが、183系オリジナル車より485系の方が若干高いため、側窓の位置も高くなっており、そのため帯の塗り分け位置が「無理矢理」な感じに見えるのが特徴です。
側面の方向幕がトイレの位置ではなく、客席の窓上にあるのもクハ182形の特色です。
(下の写真参照。2013年5月15日、大宮駅で撮影。)
宮オオ183系「OM101」編成(2013年5月15日・大宮駅)1

上野方先頭車のクハ183-1529は、もともと上越線の特急「とき」に使われていたクハ183-1029です。
1982(昭和57)年11月15日、上越新幹線開業に伴い在来線の特急「とき」は廃止され、この車両は幕張電車区(千マリ)に転じましたが、
その際、横須賀・総武快速線(品川~錦糸町間)走行用のATC装置(現在は使用停止)が取り付けられ、原番号+500に改番されました。
(ATC取り付け改造車は、クハ183-1525~1532の8両が存在した。)
運転台寄りの座席2人分を撤去し、ATC機器室に改造したため、その部分には窓がありません。
(具体的には、後述する「OM102」編成のクハ183-1505の写真をご覧ください。同じですから[笑]。)
クハ183形1000番代オリジナル車との、外観上の差異はそれだけで、前頭部には国鉄特急用車両の象徴だった「羽根」のエンブレムも残っています。
宮オオ183系「OM101」編成(2013年5月15日・大宮駅)2

上の写真は、栃木県の小学生たちが修学旅行で神奈川県に出かけた帰りの列車です。
列車番号は9886M~9586M(小田原発雀宮行き)。2013年5月15日、大宮駅で撮影。
「OM編成」には、絵入りの「修学旅行」ヘッドマークが装備されていました。
元・田町車セ所属の「H編成」には、絵入りの「修学旅行」ヘッドマークはなく、文字のみです。
【追記】(2014-02-14)
クハ183-1529は、群馬県伊勢崎市の華蔵寺(けぞうじ)公園に保存される予定・・・とのこと。
(『上毛新聞』2014年1月21日付による。)
要するに、以前ここで保存されていたC61 20号機の「後釜」です。

●OM102編成(6両編成・消滅)
←高崎 クハ183-1012+モハ182-1045+モハ183-1045+モハ182-1028+モハ183-1028+クハ183-1505 上野→

183系1000番代車で揃っており、他系列からの改造車や189系が混じっていない編成でした。
私は、この編成にご縁があったのか、撮影に行くとよく出会いましたが、2013年11月28日に長野総車セへ回送され、そのまま廃車となりました。
宮オオ183系「OM102」編成(2012年4月22日・赤羽駅)

上の写真は2012年4月22日、赤羽駅で撮影した快速「足利藤まつり1号」(上野~小山~足利間)。
「足利藤まつり号」は毎年4月下旬~5月中旬に運行される定番列車で、絵入りのヘッドマークが用意されています。

高崎方のクハ183-1012は「羽根」のエンブレムが撤去されていて「締まりがない」感じですが、上野方のクハ183-1505には残っていました。
宮オオ183系「OM102」編成(2012年5月12日・赤羽駅)2

上の列車は2012年5月12・13日に上野~氏家間を走った快速「ナイスショット号」なる臨時列車で、栃木県の烏山城カントリークラブで開催された「第80回日本プロゴルフ選手権大会」を観戦するギャラリーのために運行されました。
(写真は5月12日撮影。当時の記事には「二日酔いで気持ち悪いのをこらえて撮りに行った」とあります[笑]。)
しかし、石川遼選手、丸山茂樹選手といった有名選手たちがほとんど予選落ちしてしまったためか、ガラ空きでした。。。。

さて、「OM101編成」クハ183-1529の項で触れたATC機器室は、クハ183-1501~1506にもありました。
下の写真はクハ183-1505の2位寄りを撮ったものですが、手前のデッキのすぐ後ろには窓がありません。その部分が機器室です。
宮オオ183系「OM102」編成(2012年12月29日・鳥沢駅)2

これは改造ではありません。
クハ183-1501・1502は、1981(昭和56)年11月に日本車輌で製造され、新潟運転所(新ニイ)に配置されましたが、
1年後に上越新幹線が開業し、在来線特急「とき」は廃止されると決まっていたため、最初から千葉局への転属を想定してATC機器室が設けられていました。
クハ183-1503~1506は、1982年9~10月に日本車輌で製造されましたが、最初の配置区所が幕張電車区(千マリ)で、当初から「房総向け」として作られた車両です。

なお、1972(昭和47)年に登場したクハ183形0番代車は、最初に投入された列車が房総特急「わかしお」「さざなみ」ですから、当然、全車に最初からATC機器室がありました。

●OM103編成(6両編成・現:長ナノ「N104」編成)
←高崎 クハ182-102+モハ182-1054+モハ183-1054+モハ182-1032+モハ183-1032+クハ183-1527 上野→

これは両側の先頭車に「羽根」のエンブレムが残っており、ファンの間で人気の高い編成でした。
2013年8月に長野総合車両センター(長ナノ)へ転属し、同所の「N104」編成になりました。長野へ転属後も国鉄特急色のままです。
「N104」としての初使用は、2013年8月3日、松本~長岡間の団体専用臨時列車(9221M)だそうです。
宮オオ183系「OM103」編成(2010年11月14日・安中~磯部間)2

上の写真は2010年11月14日、妙義山をバックに信越本線安中~磯部間を走る上野行き快速「碓氷」。
この列車も定番で、絵入りヘッドマークが用意されていますが、運転回数は近年、大幅に減っています。

ところで、写真のクハ183-1527と1528(長ナノ「N101」編成)の2両は、前面の飾り帯がやや低い位置に取り付けられており、「他のクハ183・クハ189形の顔と印象が異なる珍車」として知られています。
どちらもクハ183-1027・1028として、1978(昭和53)年6月6日付で日本車輌が製造した車両ですが、「デビュー当時から飾り帯の位置は変だった」といわれています。
不慣れなメーカーならともかく、「天下の日車」です。同社は他に何十両もクハ183形を作っていることだし、こんな間違いをするとは意外ですが、いかなる事情があったんでしょうね。
クハ183-1527の写真、もう一枚載せておきますね。
(2011年5月8日・両毛線大平下~栃木間で撮影。)
宮オオ183系「OM103」編成(クハ183-1527)(2011年5月8日・大平下~栃木間)

下の写真は、2012年8月25日に木更津→東京間(千葉経由:片道のみ)を走った団体専用のイベント列車「リバイバルさざなみ号」です。
(総武線平井駅で撮影。)
宮オオ183系「OM103」編成(2012年8月25日・平井駅)1

この列車は「OM103編成限定運用」と予告されていました。「宮オオ車6両」のような情報は事前に結構わかるんですが、「OM103編成限定」などと予告された事例は、私は他に知りません。
モノが物だけに(笑)、このツアーの参加者は例外なく鉄道ファンでしょうから、大宮支社と協議して人気の「OM103」を押さえた千葉支社の「気合い」を感じますね。。。。
宮オオ183系「OM103」編成(2012年8月25日・平井駅)2

猛烈に暑い土曜日の午後でしたが、こちらも気合いを入れて撮りに行った次第です。
オー!(*'-'*)/

●OM201編成「彩野」(6両編成・消滅)
←東武日光 クハ189-2+モハ188-45+モハ189-45+モハ188-43+モハ189-43+クハ189-511 新宿→

2003(平成15)年から小山電車区(宮ヤマ)に所属していた臨時列車用車両で、かつて「OM101~103」は高崎支社所属でしたから、その当時は大宮支社唯一の臨時用車両でした。
内装や車体の色もリニューアルされ、大宮支社の力の入れ具合が感じられます。
車両の愛称名は「彩野」(あやの)。
宮ヤマ189系「彩野」(2005年6月・北浦和駅)

上の写真は2005年6月に走った快速「やすらぎの日光号」(新宿~日光間)です。当時は、まだ東武線乗り入れが始まっていませんから、宇都宮~JR日光線経由です。
しかしまあ・・・力を入れるのは結構ですが、ど派手な塗装でしたね。
なお、小山時代には「Z45」という編成番号だったそうです。しかし、1編成しかないわけですから、わざわざ「Z45」などと呼ぶ必要はなく、「彩野」で通っており、私もこの原稿を書くために調べるまで「Z45」などという番号は知りませんでした。

ど派手カラーは短命に終わり(不評だったんだろうな・・・)、2006年3月18日から新宿から東武日光線・鬼怒川線直通の特急「日光」「きぬがわ」の運行が始まるのに合わせ、
東武鉄道仕様の保安装置や列車無線を搭載し、東武直通特急の予備車となりました。同時に大宮総車セへ転属し、同所の「OM201」編成を名乗っています。
車体の色は、東武線直通仕様に改造した際、レギュラーの乗り入れ車(宮ヤマ485系「G55・58」編成)と同じ、白とオレンジの塗装に改められました。
東武直通予備車になってからも、ファンの間では「彩野」の名で通用しましたね。
宮オオ189系「OM201」編成(2010年12月25日・東大宮駅)

実際に「彩野」が485系を代走する機会は少なく、485系の検査入場時は東武の100系「スペーシア」が代走していました。
その理由は、「485系や東武のスペーシアに比べて、車内設備が見劣りする」ということでしたが(直通運転開始当時の『鉄道ジャーナル』による)、
もったいないので、そのうち特急「日光」「きぬがわ」の増発臨時列車(「はちおうじ日光」を含む)に充当されるようになりました。

私は「彩野」をまともに撮っておらず、「好き嫌いして撮らないのはイカンな」と思っていましたが、「2011年4月16日から、485系・「彩野」とも253系1000番代車に置き換え」と発表されました。
ところが、3月11日に東日本大震災が発生し、「日光」「きぬがわ」は4月28日まで運休になり、29日から485系で運行を再開しました(定期列車のみ)。

「彩野」充当の臨時列車は、3月21日の「日光102号」がラストになる予定でしたが運休になったため、事実上のラストは3月6日の「日光104号」だった模様です。
宮オオ189系「OM201」編成(2011年1月9日・土呂~東大宮間)

253系1000番代車への置き換えは大幅に遅れて、6月4日から実施されました。
この夏は「節電ダイヤ」が実施されたため、「日光」「きぬがわ」系統の臨時列車は1本も運行されず、秋季以降に走り出した臨時列車は全て253系1000番代車が充当されました。
「彩野」はどうなったかというと、6月27日に長野総車セへ回送され、廃車になっていました。当時の社会情勢では「さよなら運転」など望むべくもなく、知る人も少ないままひっそりと引退したわけです。

長野では「解体保留」扱いとなり、一説には、JR線に入線できなくなった169系の代わりに「しなの鉄道へ譲渡」とも言われましたが、その後どうなったのか。。。。
(次回は幕張・豊田・長野車の予定です。)
(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

こんばんは

183・189系その2ですね!
(。・ェ・)
485系からの改造車ありましたね
窓と塗り分けに違和感があるのは気付きましたが方向幕が窓上にあったのは知りませんでした
(@.@)
羽根のエンブレム▽カッコいいですよね
子供の頃のお絵かきの時には眉毛と一緒にちゃんと書きましたよ
((≧ω≦))
彩野の塗装は奇抜でしたよね
保線や検測車両かと思いました
(っ゚Д゚;)っ
日光・鬼怒川直通用の塗装はネコ顔ですね!
o(^・x・^)o
この形式は横須賀線や総武線や東武線って走れるように改造したんですよね
その3は中央線関連ですね
(o・ω・)oワクワク

aki様

こんばんは。
(*'-'*)

冒頭に掲げた写真は昨年(2012年)12月29日、大月駅で撮った臨時快速9892M(甲府発高尾行き)です。
中央道笹子トンネルの天井版崩落事故による一般道の大渋滞に呼応して、八王子支社が急遽運行した臨時列車のうちの一本でした。

それから、もう1年経っているんだなぁ。。。。

年齢のせいか、月日の流れがものすごく速く感じられます。

>485系からの改造車ありましたね

ありました。訳のわかんないのが、いろいろと(笑)。


>羽根のエンブレム▽カッコいいですよね
>子供の頃のお絵かきの時には眉毛と一緒にちゃんと書きましたよ

これがないと「国鉄特急用車両」とはいえない。。。。

>彩野の塗装は奇抜でしたよね
>保線や検測車両かと思いました

この色使いは変です。どうにも素人っぽいデザインですね。

>日光・鬼怒川直通用の塗装はネコ顔ですね!

「ネコ顔」?! そう言われればそうかもしれません!
o(^▽^)o

>その3は中央線関連ですね
(o・ω・)oワクワク

原稿を書き出してみたら「予想以上に面倒な作業」と判明(苦笑)。。。。
でもまあ、あと一回ですから。
それと、やっぱり「現状どうなってる?」って記事はweb上にあんまりないので、皆様の情報・知識を整理する一助になれば幸いです。
お楽しみに!
(o^-')b
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。