04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野電鉄で遊ぼ~♪

(前回からの続き。2013年12月1日[日曜])
姨捨駅訪問を楽しんだ後は、長野電鉄です。

ここは「特に好きな鉄道」のひとつで、近年は2010年1月20日、2011年7月27日に訪れています。
ただし、地方私鉄の常で運賃が結構高いんですが、今回はありがたいことにJRの「週末パス」で乗れます。
ヽ(´ー`)ノ
長野9時38分発の信州中野行き普通電車に乗りました。
車両は、8500系(元・東急電鉄)の「T5」編成。
長野電鉄8500系「T5」編成(2013年12月1日・長野駅)

私が長電を好む理由はいろいろありますが、まず、ひとつは「我が青春の」東急8500系が走っているからです。
(高校が田園都市線の沿線だったんです。)
まだ、本家の東急でも走っている車両ですが、新天地で活躍する姿を見るのも楽しみです。
(秩父鉄道もね。)

長電の長野~善光寺下間も地下線ですが、もともと「地下鉄乗り入れ仕様車」ですから、都会風の地下線が似合うのかな?

善光寺下~本郷間で地上に出ますが、信濃吉田駅あたりは東急大井町線の九品仏(くほんぶつ)あたりを思わせる閑静な住宅地で、好感が持てます。
大井町線でも、いまだ8500系は現役ですけどね。
東急8500系・8640F(2012年10月12日・高津駅)

10時15分、小布施(おぶせ。長野県上高井郡小布施町)に到着。
長野電鉄8500系「T5」編成(2013年12月1日・小布施駅)

「ちょっと撮ってみよう」ってことで、湯田中方へ少し歩いたところで待機。
10時32分発の特急が来ました。車両は2100系「スノーモンキー」E2編成。
長野電鉄2100系「スノーモンキー」E2編成(2013年12月1日・小布施~都住間)

この編成は当初、JRの253系(初代「成田エクスプレス」)そのままの塗装でしたが、現在は白を基調とした塗装に変わりました。
下の写真は「N'EX」カラーだった当時(2012年7月27日・湯田中駅)。
長野電鉄2100系「スノーモンキー」E2編成(NEXカラー時代)(2012年7月27日・湯田中駅)

ロゴは、地獄谷野猿公苑の温泉に入るお猿さん。
長野電鉄2100系「スノーモンキー」ロゴ(2013年12月1日・長野駅)

2100系はもう1本ありますが、E1編成は「NE'X」時代の塗装のままです。ただし、現在はラッピング車「モンハン特急」になっており、PSPのゲーム『モンスターハンター』のキャラがラッピングされています。
(2012年度は「E2」が「モンハン特急」ラッピングになっていたが、2013年度は「E1」をラッピング車としている。)

特急を追いかけて、10時41分発の長野行きが来ました。
これが8500系の「T6」編成。
ヽ(゜∀゜ )ノ
長野電鉄8500系「T6」編成(2013年12月1日・小布施~都住間)

この編成、見たかったんですよ。
なぜなら・・・「T6」以外の8500系と異なり、この編成だけは先頭車が「中間車からの改造」なんですね。そのためか、他の先頭車と印象が違うんです。
まず、前面上部右側の「運行番号表示窓」(長電では使用していない)が設置されておらず、ナンバープレートが取り付けられています。
前面の貫通扉は「T1~5」と違い、ダミーなので開きません。扉に見せかけているだけなので厚みがなく、だいいち取っ手がありません。

運転席の窓も、8500系オリジナル(デハ8500形・クハ8600形)に比べて、若干低い感じがします。もしかすると8500系というより、姉貴分の8000系に近いのかもしれません。図面を見たわけじゃないので、断言はできませんが。。。。
参考までに、伊豆急行へ転じた元・東急8000系の写真を貼っておきますね。
伊豆急行8000系「TA-3」編成(2011年8月10日・熱海駅)

駅の近くで手抜きしちゃったけど、「沿線撮影」で満足して駅へ戻りました。
本当は、撮影するなら北須坂付近のりんご畑あたりが良いかもしれませんね。
蛇足ながら、東京でも「JA全農長野」のCMがラジオで流れており、子供が唄う「♪信州りんご三兄弟・・・」というCMソングが私の頭から離れない。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
(この近辺、須坂・小布施・高山地域の農協は「JA須高(すこう)」だそうです。なんでそんなことを知っているかというと・・・近所のスーパーで貰ってきた、りんごのダンボール箱に書いてあった[笑])。

なぜ小布施で降りたかというと・・・構内に「ながでん電車の広場」という施設があり、かつて走った特急車2000系の「D編成」が静態保存されているのを見たかったからです。
長野電鉄2000系D編成(2013年12月1日・小布施駅「ながでん電車の広場」)

この車両は1957(昭和32)年にデビューし、1989~90(平成元~2)年の冷房化改造を経て、2012年3月に引退しました。
本当は2011年夏に引退する予定でしたが、惜しむ声が社外・社内とも強く、半年間延びました。それほど人気がある車両です。
私も1985(昭和60)年夏に乗ったのを最初に、何回か乗りましたが、長野電鉄といえばまずこの車両を思い浮かべるほど、「長電の顔」として長年君臨しました。
車内には、このような座席が並んでいます。
長野電鉄2000系D編成車内(2013年12月1日・小布施駅「ながでん電車の広場」)

今となっては古臭い感じもしますが、1957年という時代を考えると、地方私鉄の車両としては豪華で、「国鉄や大手私鉄に負けない」意気込みが伝わってきます。
車両の性能も、長電には急勾配区間が多いこともあって、当時の技術レベルでは「高性能・高出力」でした。
(*'-'*)
小布施駅構内には、「旧・松川橋梁」も保存されています。
長野電鉄旧・松川橋梁(小布施駅構内・2013年12月1日)

このポニーワーレントラス橋は、明治18~23(1885~90)年の間にイギリスから輸入されたと推定されていますが、来歴の詳細は不明です。
国有鉄道のどこかの川に架かっていたようですが、その場所も定かではありません。
1922(大正11)年、鉄道省から当時の河東鉄道に払い下げられ、北須坂~小布施間の松川に架橋されましたが、1990年に新橋梁に架け替えられました。

なお、以前「ながでん電車の広場」にいたデハ354・デハニ201・モハ1005・ED502の4両は、旧・屋代線の信濃川田駅構内に移されましたが、これが今後、どうなるのかはわかりません。
「鉄道記念館として整備」という話と、「解体待ち」という話の両方を聞いていますが・・・前者であることを願います。
m(-_-)m
「ながでん電車の広場」は、電車で来た人は入場無料。そうでない人は駅の入場券(160円)を買えば見学できますが、
「電車で来た」といっても、私の場合はJR発行の「週末パス」だからなぁ・・・と思い、駅員さんに「入場券を・・・」と言ったら、やっぱり「電車で来た方は無料ですから」と言われました。
でも、窓口を覗くと・・・この駅は「硬券の宝庫」じゃないですか。。。。
そこで、往年の特急車を見たことでもあるし、100円の「特別急行券」を買ってみました。
長野電鉄特別急行券(2013年12月1日・小布施駅発行)

この切符、おそらく2000系全盛時代から様式は変わっていないと思いますよ。
同時に、「社会福祉法人くりのみ園」(隣の都住[つすみ]駅近くにあるらしい)製の『信州発 大根の味噌漬け』(300円)を購入。
大根の栽培から、この法人がやっているそうです。食べてみたら、ちょっとしょっぱかったですが、これが「信州の味」なのでしょう。
長野電鉄小布施駅・栗の実と大根漬け(2013年12月1日)

小布施といえば栗の産地で、有名な「小布施堂」をはじめ、栗のお菓子もいろいろありますが、駅では売っていないので、こちらは街へ出てどうぞ。
(「小布施堂」のお菓子は、「ゆうパック」の通販でも買えますけどね。職場に、日本郵便の方が売り込みに来て、カタログを置いていったので見ていたら載ってました。
もっとも、私がよく利用するのは「麺グルメゆうパック」なんですが。先日は「信州そば」を買いました。)

そして、長野方の旧・貨物ホーム跡へ移動し、11時00分の信州中野行きを撮影。8500系「T3」編成でした。
長野電鉄8500系「T3」編成(2013年12月1日・小布施駅)

下の写真のように、堂々たる10両編成で走る東急8500系も魅力的ですが、
東急8500系・8628F(2012年10月12日・高津駅)

短い3両になって、まさしく「田園」風景を走る姿も好ましいものです。東急田園都市線の沿線からは「田園」が少なくなり、いまや田奈付近ぐらいになりましたね。

11時10分には、1000系「ゆけむり」S2編成の特急湯田中行きが到着。元・小田急10000形「HiSE」です。
長野電鉄1000系「ゆけむり」S2編成(2013年12月1日・小布施駅)

私は11時11分発の長野行き普通電車(車両は、さっき乗ってきた「T5」編成の折り返し)に乗って戻りましたが、須坂駅に気になる車両が。。。。
長野電鉄3500系「O6」編成(2013年12月1日・須坂駅)

3500系「O(オー)6」編成(元・営団地下鉄3000系)が留置されていましたが、長電独特の赤い帯を外し、営団時代の姿に戻っているじゃないですか。。。。
ヽ(゜∀゜ )ノ
3500系は、長電に来てから冷房化された車両もあるんですが、この「O6」編成は冷房化されず、まさに営団時代のスタイルそのままです。
営団3000系は、日比谷線から東急東横線に乗り入れていましたが、その当時は東急線内で8500系との出会いもありました。それを思い出します。
(*'-'*)
11時47分、長野駅に戻りました。
(次回に続く)(*'​-')​ノ

【画像追加】(2013-12-13)
「たか」様からご提供いただいた写真です。
旧・屋代線綿内駅で交換する3500系「O6」編成(左)と、「O2」編成(右)。
(2011年12月撮影)
P1000057.jpg

============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

こんにちは

長野電鉄ですね!
(@.@)
8500系は地下にいると長野感ないですよね
スノーモンキーは塗装が変わりましたが違和感ないですね
T6編成の前面貫通扉がダミーなんて良く出来てますね!
w(゜o゜)wマジ
2000系きちんと保存されているんですね
長野電鉄の象徴ですよね!
(# ̄ー ̄#)
橋梁の保存って珍しいですね
動向が気になる4両を橋梁に載せて欲しい感じです
(´・△・`)
元HiSEと元営団まで見れれば満足ですね
(=∩_∩=)vv

aki様

こんにちは。
(*'-'*)

>8500系は地下にいると長野感ないですよね

駅構内の広告を見なければね(笑)。

>スノーモンキーは塗装が変わりましたが違和感ないですね

そうなんです。
JRに残留した1000番代車(現・東武乗り入れ用)の方が、むしろ「全然違うイメージ」になっちゃいましたね(笑)。

>T6編成の前面貫通扉がダミーなんて良く出来てますね!

これね。上手く作ってありますね。

>動向が気になる4両を橋梁に載せて欲しい感じです

信濃川田は廃止駅ですので、目が行き届いていないようで、それも心配です。
その点、小布施は有人駅ですし、「持ち帰って橋梁に載せてしまえ」というアイデア、名案ですね。
では~♪ (*'​-')​ノ

長野電鉄も…

こんばんわ、今度は長野電鉄ですね。
地下区間の8500系、本当違和感がありません。
何も知らない人が見たら、田園都市線と勘違いしますね。
一方で、単線区間で見たら、やはり違和感を感じそうです。

元 253系、元HiSE、元日比谷線などなど、どこか富士急と重なるような気がします。

253系、まだ一度も乗車したことがないので、ここも行ってみたいところです。

小布施の電車広場、2000系が編成で保存されたんですね。
坂城の169系同様、編成単位で保存されたことは、本当に貴重なので、いつまでも大切に維持されればと思います。
あと、やはり 旧 信濃川田駅の保存?車の動向が気になります。
駅舎共々きちんと保存して欲しいところですが…
できれば、小布施駅で一緒に保存できれば良かったような感じがします。
あるいは、赤ガエルと一緒に保存できれば良かったか?
同じく小布施にあったクハ165も何とかしたかったですね。
クハ165のあった「クリンこ小布施」、元JR職員がやっていたらしく、退職記念で購入したと、旅鉄か何かで読みました。
店内には、イベント列車?のヘッドマークなどもあり、いつか再訪したいと思っていましたが、解体ということは、閉店したんですね。
お店の方は、まだご健在でしょうか…

NAGADEN

長野電鉄、今年の3月に利用しました。志賀高原のスキーで。
当然、「ゆけむり」と「スノーモンキー」の利用も絡めてますよ。
特急が2000系時代にも同じゲレンデを訪れており(余談だが、宿が前回大当たり、今回は「二度と行くか」レベルでした)、地方私鉄の中ではよく乗っている路線に入ります。
 
長野口の地下区間、編成が短い他は本当に東京の地下鉄区間ですよね。車両も東急8500系に営団3000系と。別の機会に善光寺参拝もした時、地下区間だけで利用した際、ちょうど初詣期間で客も多かったからその分さらに東京の地下鉄感覚が増した感じがしました。
 
今春に話を戻すと、往路「ゆけむり」では展望席最後列とその直後の通常席最前列が空いており迷いましたが、後者は小田急Hi-SE時代に偶然アサインされたことがあり、展望最後列を選びました。いずれにしろ、この区画が自由席で、カブりつきは別として展望室内にほぼ確実に入れるのは嬉しい限り。
 
復路「スノーモンキー」(念のため、塗装変更およびモンハンラッピング前)は夜に入りB特急(だったかな)と、停車駅が増えるパターンでしたが、こちらは同じ料金ならと、「元グリーン車」を選択。使える権利は最大に利用しましょうということ。地元の人はあまり気にしないのか、また、長野駅出口は反対側先頭だからなのか、元普通車のほうが人が乗っていたような気がします。
 
ちなみに、塗装を変更したほうの「スノーモンキー」は名鉄の2200形っぽい感じがする印象です。
 
小布施のこの施設、下車してじっくり見たことはないので機会があればと思います。

わが心のながでん

お疲れ様ですi-2

とうとう登場i-199ワタクシの心のふるさと“長野電鉄”であります(アナタ「心のふるさと」たくさんもってるなぁi-232)。


>ここは「特に好きな鉄道」のひとつで~「我が青春の」東急8500系が走っているからです。

そうなんです。ワタクシも浜線205とともに田都・新玉8500は♪青春そのもの~ですから。ニコタマで行先の表示が「水天宮前」からどんどん手前になり、「渋谷」が表示されるタイミングくらいでお互い帰らなければならないみたいな…当時を語りだしたら限がないです。
長電だと8500が入るずっと前、ようやく3500が入りだした頃が思い出されます。赤ガエルとOSカーが走り回り、朝方には朝陽止まりもありました。まさかその後、朝陽~附属中学前のカーブにほぼ年一ベースで行くようになるとは…とにかく20年くらい前は、なにかとよく行きましたねぇ(なぜ当時、長野方面によく行っていたのかは…i-238)。


>信濃吉田駅あたりは東急大井町線の九品仏(くほんぶつ)あたりを思わせる閑静な住宅地で、好感が持てます。

お隣の桐原辺りも閑静な住宅街で、駅舎も懐かしい赤いトタン屋根。時折タタンタタンと聞こえてくる列車の音(たまに信越線の音も)が何とも言えないんですね。


>小布施(おぶせ。長野県上高井郡小布施町)に到着。「ちょっと撮ってみよう」ってことで、湯田中方へ少し歩いたところで待機。
駅の近くで手抜きしちゃったけど、「沿線撮影」で満足して駅へ戻りました。本当は、撮影するなら北須坂付近のりんご畑あたりが良いかもしれませんね。

この時はわかりませんけど、実は奥の上り場内信号機外方にある跨線橋の上からだと鹿島槍の槍を入れて撮れるんです(晴れた日の午前中か夕方)。北須坂ですか…りんごの花の時期はいいかもしれませんが、実際にはなかなか足場がないというのがホントのところですね(一度須坂側から徒歩でチャレンジしているうちに北須坂に着いてしまったこともi-183)。
オススメは桜沢から駅前の集落の山をひたすら登っていき、一番上のお墓の辺りから。晴れた日は延徳田んぼと北信五岳を入れて雄大な眺めが得られますよ。


>かつて走った特急車2000系の「D編成」が静態保存されているのを見たかったからです。
なお、以前「ながでん電車の広場」にいたデハ354・デハニ201・モハ1005・ED502の4両は、旧・屋代線の信濃川田駅構内に移されましたが、これが今後、どうなるのかはわかりません。「鉄道記念館として整備」という話と、「解体待ち」という話の両方を聞いていますが・・・前者であることを願います。

ワタクシも気になってまして、確か屋代線廃止直後から長野市の公式発表で記念館構想は出ているんですよね。ただ市といい県といい、この周辺の施策についてはなんとも歯切れが悪いような感じ(余計なこと言うと違う方面から炎上しそうなので、完)。
ワタクシも前者を望んでます。もちろん2000(茶坊主)だけでなく全車保存で。川田に移す際に屋根周りとか錆止めまで施されたんですから。


>窓口を覗くと・・・この駅は「硬券の宝庫」じゃないですか。。。。そこで、往年の特急車を見たことでもあるし、100円の「特別急行券」を買ってみました。この切符、おそらく2000系全盛時代から様式は変わっていないと思いますよ。

この20年は様式変わってません。特急の停車しない駅でも乗換えを考慮して、同じ特急券が設備されています。
長野や須坂など昔に比べるとだいぶ減りましたけど、硬券まだまだ現役ですね。以前は昔の記乗も豊富にありました(転売屋さんがごっそり残部を買っていった?というウワサも)。
硬券の補充券や連絡券もあったりして、各駅を回っての収集も楽しかったものです。

そうそう特急券が安価なこともあって(路線長を考えれば安価なのは当然)、夕方など下校の学生で特急は満席。いや立客で大賑わいです。それにしても100円の追加料金で元とはいえNEXやロマンスカーに乗れるというのはゼイタクなのであります。


>小布施といえば栗の産地で、有名な「小布施堂」をはじめ、栗のお菓子もいろいろありますが、駅では売っていないので、こちらは街へ出てどうぞ。

小布施はそぞろ歩きが楽しい街。小布施堂はもちろん竹風堂、桜井甘精堂など栗の銘菓処や大小のギャラリー群、カフェが点在してますから。ちょうど今の時期、雪の中の枡一酒造の雰囲気が好き。


というわけで、間もなく長野のシーズンだi-199な「たか」でした。

ではe-463

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

>地下区間の8500系、本当違和感がありません。
>何も知らない人が見たら、田園都市線と勘違いしますね。
>一方で、単線区間で見たら、やはり違和感を感じそうです。

東急唯一の単線区間である、こどもの国線に8500系が入線したこともあるんですよ。
ホームが短いので、大井町線用の5連ですけどね。
こどもの国にはプールがあって、夏休み中は来園者が多いので。
線路所有者が社会福祉法人こどもの国協会から、横浜高速鉄道に移管されてから東急車は入線しなくなりましたが、
今でも、たまにY000系の4連が走るようです。

>元 253系、元HiSE、元日比谷線などなど、どこか富士急と重なるような気がします。

中部・甲信越地方の鉄道会社は、遠州鉄道以外はどこも同じですが、要するに「昔は自社オリジナルの新車を投入していたが、今は経営環境が厳しくなり、JRや大手私鉄の中古車が多くなった」ってことでしょうか。
遠鉄だけは、今でも自社オリジナル車で統一していますが。

>できれば、小布施駅で一緒に保存できれば良かったような感じがします。

信濃川田のは長野市の所管みたいで、事情がよくわかんないんですよ。方針も、はっきりしないようだし。。。。

>同じく小布施にあったクハ165も何とかしたかったですね。

厳密には165系と169系の違いがあるけど、「国鉄急行型電車」は小布施にも縁がある(「志賀」が停車していた)ので、残念でしたね。
個人レベルだと、経営が厳しいとか、後継者がいないとか、難しいんでしょうね。
では~♪ (*'​-')​ノ

T-Max様

こんにちは。
(*'-'*)

>余談だが、宿が前回大当たり、今回は「二度と行くか」レベルでした

スキー宿って、当たり外れが大きいんですよね。。。。
長野じゃなくて越後中里ですが、以前、食事がおいしく(自家製の漬物には「感動」すらおぼえた)、しかも、テーブルにネスカフェとクリープの大瓶と砂糖が用意され、「何杯でもご自由にどうぞ」っていう民宿に泊まりましたが、
後で聞くと、これは「大当たり」だったようです。宿は自分たちで選んだわけではなく、西武観光のパックツアーでしたから、旅行会社にお任せだったんですが。。。。

>後者は小田急Hi-SE時代に偶然アサインされたことがあり、展望最後列を選びました。いずれにしろ、この区画が自由席で、カブりつきは別として展望室内にほぼ確実に入れるのは嬉しい限り。

展望室は「バリアフリー席」扱いで、「ハイデッカー部分の利用が困難な方優先」という建前があるんですが、実際には、ほぼ確実に入れますね。

>こちらは同じ料金ならと、「元グリーン車」を選択。使える権利は最大に利用しましょうということ。地元の人はあまり気にしないのか、また、長野駅出口は反対側先頭だからなのか、元普通車のほうが人が乗っていたような気がします。

「自分の降りる駅で、階段に近い車両」に乗りたい人が多いと思います。
最も降りる人が多いのは、やはり長野駅ですから、長野行きの列車では先頭車がいちばん混みますね。

>ちなみに、塗装を変更したほうの「スノーモンキー」は名鉄の2200形っぽい感じがする印象です。

言われてみれば・・・おっしゃるとおりですね(笑)。

>小布施のこの施設、下車してじっくり見たことはないので機会があればと思います。

小規模ですが、ぜひ一度ご覧ください。
訪れる人が多くなれば、長電さんも「もっと力を入れる」でしょうから(笑)。
では~♪ (*'​-')​ノ

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

>ニコタマで行先の表示が「水天宮前」からどんどん手前になり、「渋谷」が表示されるタイミングくらいでお互い帰らなければならないみたいな…当時を語りだしたら限がないです。

ニコタマでおデートかい。。。。
(´∀`*)ウフフ
しかし、「押上」や「南栗橋」じゃなくて「水天宮前」が終点だった時代とは・・・だいぶ前ですね(笑)。
水天宮前まで開通した日、「地下鉄だから、景色は関係ないので試乗は夜でもいいや」と思い、仕事が終わってから乗りました。
連絡通路を通ってTCATに入ったら、ホールでパーティをやっており(海外視察団の壮行会みたいだった)、入口が開いていたので中が丸見え。
そのときはスーツを着ていたので、中に入ってボーイさんに「水割りお願いします」とか言ったら、タダで飲めるかも・・・と思いました。。。。
(やってませんよ、実際には。)

>ワタクシも気になってまして、確か屋代線廃止直後から長野市の公式発表で記念館構想は出ているんですよね。ただ市といい県といい、この周辺の施策についてはなんとも歯切れが悪いような感じ(余計なこと言うと違う方面から炎上しそうなので、完)。

これは長野だけでなく、全国的な問題なんでしょうね。
財政的に厳しいのと、「鉄道の廃止に同意したくせに、やっぱり懐かしがって”記念館”かね?!」という意見もあって。。。。

>以前は昔の記乗も豊富にありました(転売屋さんがごっそり残部を買っていった?というウワサも)。

ごっそり買ったとしても、いまどき記念切符など人気もなく、売り捌くのは困難だろうと思いますけどね。どういう意図なんでしょう。
切手と違い、とっくに「期限切れ無効」ですから、実際に乗ることも不可能ですし。。。。

>それにしても100円の追加料金で元とはいえNEXやロマンスカーに乗れるというのはゼイタクなのであります。

うらやましい。。。。

>ちょうど今の時期、雪の中の枡一酒造の雰囲気が好き。

あー、私、日本酒があんまり飲めないんですよねー。
小布施って「鎌倉っぽい街」ですが、今回は駅前のスーパーしか覗く時間がなかった(笑)。
万引きでも捕まえたのか、警官が来てましたけどね。

「お立ち台通信」(笑)、今後の参考にさせていただきます。
では~♪ (*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。