06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活!「パノラマエクスプレス・アルプス」

(前回からの続き・2013年11月30日[土曜])
下吉田から河口湖駅へ移動し、まずは「気になっていたこと」を確認。

駅前に保存されている富士山麓電気鉄道・モ1形電車を以前、当ブログで取り上げた際、
この車両が載っているレールが「昔のアメリカ製ではないか? メーカー名は忘れたが」というコメントをいただきました。
富士山麓電気鉄道モ1形(河口湖駅前・2013年11月30日)

下を見て確認・・・
(・ェ・。)(。・ェ・)キョロキョロ
「CARNEGIE」製のレール(河口湖駅前・2013年11月30日)

やっぱり「CARNEGIE 1897」の刻印がありますね。ニューヨークにある「カーネギーホール」で有名なカーネギー社・1897年製。日本の年号では明治30年。
だとすれば、これはまず、1897年に国有鉄道が商社を通じてカーネギー社から輸入し、それが後年、旧・富士山麓電気鉄道へ払い下げられた物だと思います。
大月~富士吉田(現:富士山)間の開業は、1929(昭和4)年6月19日ですから、1897年にはまだ「富士山麓電気鉄道」という会社自体が設立されていません。

ところで、河口湖駅へやってきたのは、まず、下吉田駅の近くに昼食をとれるお店がなく、「観光地の河口湖ならば」と思ったことと、
13時から河口湖駅で「車両撮影会」があったからです。
しかし・・・「撮影会」は長蛇の列。。。。
(;゚∀゚)=3
食事にしても「駅ナカ」のカフェは満席で、駅前にあったお店もパッとしないし、いったん富士山駅へ戻りました。

富士山駅では、ホームに6000系を1編成留置して「縁日電車」というイベントをやっていましたが。。。。
富士急行6000系・6051編成「特急」(2013年11月30日・富士山駅)

ここにもお弁当は無く、「売り切れました」と。
┐('~`;)┌
ビールやお酒、オードブルなどは売ってたんですが、「昼間から飲む」っていうのもどうかと思い、駅ビルの地下へ下りたらフードコートがありました。
ようやく、「日替わり」ではなく「月替わりランチ」なるメニュー(650円)にありついて昼食。11月は「牛肉の角煮」でした。

食後、「週末パス」のありがたみで河口湖駅へ戻りました。「撮影会」は13時50分で終了しており、私が戻ったのは14時過ぎでしたが、
駅裏へ行けば、車止めが入ってしまうのが嫌でなければ、いくらでも「勝手に撮影会」を楽しめたのでした。
千マリ183系「31」編成(左)・八トタ183系「M52」編成(右)(2013年11月30日・河口湖駅)

駅裏へ行ってみて得をしたのは・・・部品取り用に購入したらしいJR205系を2両発見したことです。
元・千ケヨ205系(部品取り用)(2013年11月30日・河口湖駅)

今日の目的のひとつである、「パノラマエクスプレス・アルプス」(以下「PEA」と略す)は・・・
富士急行2000形・2002編成「パノラマエクスプレス・アルプス」塗装(2013年11月30日・葭池温泉前駅)

ここでは、こんなつまらないアングルでしか撮れませんでした。

ただ、ホーム停車中のを観察できたことで、富士急が「PEA復元」にかなりの情熱を傾けたことがわかりました。
車両の記号・番号も「クロ165-4」のように標記されていましたが、
それだけでなく、JR時代のように「グリーン車」マークが貼付されています。
富士急行2000形・2002編成「パノラマエクスプレス・アルプス」塗装(グリーン車マーク)(2013年11月30日・河口湖駅)

「フジサン特急」は「グリーン車」扱いではありません。
富士急は「グリーン料金」徴収の許可を得ていないようで、JRからお座敷列車が乗り入れた際も、富士急線内におけるグリーン料金は徴収していません。ですから、このマークは、いわば「お遊び」。
昔なら「事実と異なる表示をしてはならぬ」と当局に注意されたと思うけど、最近は、こういうことに国土交通省も寛容になったようです。
富士急行2000形・2002編成「パノラマエクスプレス・アルプス」塗装(サボ)(2013年11月30日・河口湖駅)

さて、こんなアングルでしかPEAを撮れないんじゃ仕方なく、やはり「沿線撮影」に限ります。
・・・と、いうことで、また午前中降りた葭池温泉前に戻りました。

PEA塗装の「フジサン特急」は、河口湖発15時09分の「フジサン特急12号」として大月に向かいます。葭池温泉前通過は15時24分ごろです。
少し時間があり、「カラスの行水」で構わなければ温泉に入れるなぁ・・・と思って、温泉宿へ行ってみたら「本日休業」でした。。。。
「土曜なのに?」と思いましたが、月末が休業日らしい。まあ、前週は「富士山マラソン」の参加者で賑わったのでしょうから、今週は宿の人も休みたいんでしょう。

そして、PEAの通過を撮ったんですが・・・
富士急行2000形・2002編成「パノラマエクスプレス・アルプス」塗装(2013年11月30日・寿~葭池温泉前間)1

猛烈な逆光。さらに、光の反射で手元のモニターが見えず、シャッターを切るタイミングを間違え、車体の先端が鉄道電話機のボックスにかかってしまい・・・大失敗です。。。。
ウゥゥ(;_;)
かろうじて、「後追い」は撮れました。
富士急行2000形・2002編成「パノラマエクスプレス・アルプス」塗装(2013年11月30日・寿~葭池温泉前間)2

言い訳になりますが、JR時代は、手前のクモロ165-4(現:クモロ2202。展望車ではない先頭車)は6両編成の中間に入ることがほとんどで、走行中にその前頭部を見ることは、まず不可能でした。
上の写真のような3両編成は、JRの「PEA」としては、まず見られなかった珍しい姿です。
それを撮れたんだから、まあいいか。。。。

富士急行線は東京から近く、「PEA」は2014年2月まで運行されるそうですから、「また来ればいいや」と思いましたが、「でも・・・今日のうちに、もうちょっとマシなのを撮りたい」とも思います。
大月駅停車中のでよければ、日没までに撮れそうなので、15時39分発の各停(5000形「トーマス」だった)で大月へ向かいました。どうせ、これから長野まで行くので、大月には出る必要があるのです。

大月駅で、どうにか撮れました。
(*'-'*)
富士急行2000形・2002編成「パノラマエクスプレス・アルプス」塗装(2013年11月30日・大月駅)1

富士急行2000形・2002編成「パノラマエクスプレス・アルプス」塗装(2013年11月30日・大月駅)2

失敗といえば、今回は「京王カラー」の1000形を撮っていません。
富士山駅の車庫に留置されているのは見ており、「今日は走らせないのかなぁ」と思ったんですが、本日は車庫も一般公開されており、すぐそばで撮れたんでした。。。。
「車庫も公開されている」ことを失念していたんですよ。。。。
(;゚∀゚)=3
PEAを撮影後、おそばを食べて大月発17時16分の普通445M松本行きに乗ります。
松本着は20時00分。最近、そんなに長い時間115系に乗る機会も少なくなりましたが・・・。

到着した編成の番号は、長ナノ(長野車両センター)の「C13」。
長ナノ115系「C13」編成(2013年11月30日・大月駅)

これは、中間に古い300番代車が入っているやつだなぁ・・・と思ったら、やっぱりそうでした。
夜の中央本線では、勝沼ぶどう郷付近で甲府盆地の夜景を見るのが楽しみで、それが見える「甲府に向かって左側のボックス席」が空いていたモハ114-424に乗れば・・・
これが寒いんだ!!!!
{{{{(+_+)}}}} 寒気
古い車両で、しかもドアの「半自動扱い」をしないものだから、各駅わずか1分足らずでも停車中に冷気が車内にどんどん入ってきてしまい、暖まらないんですよ。
小淵沢発車後、「信濃境から先の駅では、ドアは自動では開きません。手で開けてください」との放送が流れたので、八王子支社(小淵沢まで)の方針は「半自動扱いはしない」。
一方、長野支社(信濃境から先)では「半自動扱いする」ってことのようですが、しかし・・・小淵沢駅を境に気温が変わるわけではなく、大月だって十分に寒いんですけどね。
どうも、この辺がJRは「お役所的」なんだよなぁ、民営化から四半世紀も経っているのにさ。
┐(´~`)┌
さすがにモハ114-424は捨て、途中で先頭のクハ115-1224に移りましたが、多少は新しい1000番代車だからといって特に暖かいわけでもなく、
車内で寝るつもりでしたが、全く眠れないまま松本に到着。
クハ115-1224(長ナノ)車内(2013年11月30日・小淵沢駅)

松本からは、20時05分発の快速2535M長野行きに乗り継ぎました。
この快速、時刻表にはグリーン車のマークがあり「車両は何?」と思いましたが、E257系の11両編成でした。
長モトE257系「M-111」編成(2013年11月30日・松本駅)

どうやら、「あずさ25号」(新宿発17:00→松本着19:50)として松本に到着した車両が、そのまま長野まで直通するようです。
車内はガラ空きでした。温度は・・・ヌクヌクです。
ヽ(^▽^)ノ
クハE256-11(長モト)車内(2013年11月30日・松本駅)

今度は「長野に向かって右側」に座ると、姨捨(おばすて)付近で善光寺平の夜景が楽しめます。

姨捨の手前まで寝ちゃいましたが、姨捨駅構内の分岐器を通過する衝撃でうまいこと目が覚め、夜景を眺めつつ、21時13分に長野へ到着。
長野駅・駅名標(2013年11月30日)

乗り換え案内の放送で「新幹線高崎・東京方面は21時46分発、あさま554号東京行き・・・」と言ったのには、ちょっとびっくりしました。
その「あさま554号」に乗れば、東京着は23時28分。まだ、「その日のうちに」帰京できるんですよ。これじゃ、夜行列車はどんどん廃止されるはずだわなぁ。。。。

もっとも、長野駅のホームは深夜のように、ひと気がありませんでした。
長野駅・ホーム(2013年11月30日)

でも、まだ街は眠っておらず、大月駅で食べたおそばだけじゃ物足りないので、駅前のビル内にあったファミレス「サイゼリア」に入ったら、ほぼ満席でした。
夕食の後、駅前のビジネスホテルに投宿。盛りだくさんな一日で疲れており、入浴の後すぐに寝ちゃいました。
(次回に続く)(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

こんばんは

河口湖駅からですね
(@.@)
カーネギーのレールチェックして富士山駅での昼食で
河口湖駅戻りとは大変でしたね
(´□`;)=З=З=З
PEAにはグリーン車マークが張られていたんですね
昔は展望席がグリーン車扱いだったのですか?
(・.・)
逆光は残念でしたが展望でない先頭車は確かに貴重ですね
(^.^)
この時期の中央線は寒いそうですね
(>.<)
ウォ~ウォ~モーター音を堪能してクハに移動したのでしょうね
E257の快速はラッキーでしたね!
充実した1日でしたね!続きも楽しみにしてます
(o・ω・)oワクワク

元・165系 50才

パノラマエクスプレス・アルプスに改造される種車であった165系。
1963年製で私と同い年の50才なんですよね。

以前、富士急の方のインタビューをTVで見た時に、
「この車両は古いですので、交換部品が無くなったら引退です」
と、おっしゃってました。

元のカラーリングに戻されて嬉しそうにも見えます。
これが、最後の“はなむけ”にならなければよいですが(ーー;)


線路の件、スッキリしました。ありがとうございますm(__)m

富士急に行こう!

こんばんわ、富士急行き天気に恵まれよかったですね。
「電車祭り」、自分も行きたかったですが、風邪ひいてしまい、ずっと家で横になっていました。

115系、元「パノラマエクスプレスアルプス」、元 205系…国鉄世代の自分にはたまらない光景です。

下吉田のスハネフ14も、相変わらず良好な状態、今後の有効活用を期待させます。

もちろん最後の富士急オリジナルの5000形、元京王車も楽しい、10日ホテルメッツ田端宿泊後どうしようかと思っていたのですが、富士急に行くことにしました。

それにしても、東京からも近くこんなに魅力的なのに、なぜ見落としていたのか…もっと早く興味を持っていればと思いました。

さて、自分はただいま上野駅13番線、「あけぼの」に乗車してきます。

アルプスの少女?みっぴょん

お疲れ様です☆

やはり河口湖へ移動ですね。吉田うどんなんかもおいしいですけど、個人の家みたいな場所で時間帯によっては閉まってますからね。河口湖駅前もほうとう食べさせるお店はあったりしますが、どちらかといえばこの街もロードサイドが主流となってしまってますから。


>やっぱり「CARNEGIE 1897」の刻印がありますね。ニューヨークにある「カーネギーホール」で有名なカーネギー社・1897年製。

そう♪大沢悠里のゆう~ゆうワイ~ド、カーネギーホールだな、こりゃ…のカーネギーです(長いなi-230)。
ここ以外にもホームの上屋を支える柱に使われている駅なんかもありまして、それだけで本ができてしまうくらい「レール考古学」は厚みがあります。嵌ると怖いのでワタクシはあまり手出ししてません。

富士急を舞台にしたドラマ(48の娘が主人公)のワンシーンにこの「もいち」君がでてきますが、このシーンがまた演出家(脚本家?)がまったく鉄道知識がないのバレバレのお粗末さ。ストーリーの荒唐無稽も手伝って、せっかくのロケが…i-238


>13時から河口湖駅で「車両撮影会」があったからです。しかし・・・「撮影会」は長蛇の列

以前はガラガラと聞いたこともありましたが、そうですか。このご時世に人が集まるのは結構なことです(勿論入れないほどでは問題ですね)。


>駅裏へ行ってみて得をしたのは・・・部品取り用に購入したらしいJR205系を2両発見したことです。

おっと、量産先行車がまだ生きていましたか。部品取り用ですから「かたちあるもの、いずれ…」でしょう。ただ存命なのを知れて何よりです(ここは消息コーナーじゃないぞi-235)。

で、ようやく今日の主役登場
>JR時代は、手前のクモロ165-4(現:クモロ2202。展望車ではない先頭車)は6両編成の中間に入ることがほとんどで、走行中にその前頭部を見ることは、まず不可能でした。上の写真のような3両編成は、JRの「PEA」としては、まず見られなかった珍しい姿です。

「富士には、月見草がよく似合ふ」なんてことを言いますが、やはりPEAにはこの塗色がよく似合います。三つ峠で富士山バックに撮られた同編成は実にすばらしいものでした。
国鉄・JR時代にクモロを先頭にした3連での走行は、構内入換などを除いて聞いたことがありません(「なのはな」は千葉管内で3連づつで走行し、途中で連結という実績があると聞いたことあります)。
ちょうど20年前、山梨DCで臨時急行「しんせんやまなし」として3+3の中間に167メルヘン車(この時は塗色を合わせた)を挟んで10連で走ったのを思い出します。ちょっと間延びしたPEAという不思議な眺めが印象的でした。
少し落ち着いたら三つ峠辺りはいかがでしょう?


で、みっぴょんさん大移動
>PEAを撮影後、おそばを食べて大月発17時16分の普通445M松本行きに乗ります。松本着は20時00分。最近、そんなに長い時間115系に乗る機会も少なくなりましたが・・・。

E231ほどでないにせよ115だって半自動扱いにしなければ寒いですよ。八王子支社はダメだなぁi-231E231で真冬の一番列車というのはほぼ罰ゲームのパターン。
大月の立食いですか。以前は「ステーションカレー」という名のお店でしたね。20年近く前にCX系の深夜ドラマのワンシーンに登場したことありまして、店員が国鉄OBという設定の平泉成氏。なんだか当時の世相的にリアリティがあるなぁと思ったものでした。


>快速2535M長野行きに乗り継ぎました…車内はガラ空きでした。温度は・・・ヌクヌクです。

そうそう。この列車、いつ見てもガラガラです。乗り得列車の一つでしょう。姨捨の分岐もさることながら、冠着トンネル内も結構な揺れがあったりするんですね。姨捨も空気が澄んで、駅からの眺めも最高でしょうねぇ(ただ、ジッとしていられないくらい寒いi-230)。


>大月駅で食べたおそばだけじゃ物足りないので、駅前のビル内にあったファミレス「サイゼリア」に入ったら、ほぼ満席でした。

みっぴょんさんの行動が余裕で脳内再生できそうなワタクシi-236駅前の路地入ったところに、いい店があるんですよ。それはまた今度i-197

さ、翌朝はどこに行くのか。乞うご期待i-199


ではe-463

PEA撮影

私も失敗してしまいました。orz.

寿~三つ峠間で過去に撮った写真と同じ場所同じ位置で撮ろうと思い行ったところ日が沈んでいて光線状況がイマイチでした。

弊ブログの11月30日の記事にUPしております。

aki様

こんにちは。
(*'-'*)

>昔は展望席がグリーン車扱いだったのですか?

いや、昔は6両編成全車両が「グリーン車」扱いでした。
なお、現在「フジサン特急」には4人用の「個室」がありますが、
これは、JR時代には一般乗客には開放されておらず、もっぱら添乗員の打ち合わせスペース&休憩室に使われていた部屋です。

>E257の快速はラッキーでしたね!

この車両は翌朝、快速2530M(長野発6:55→松本着8:02)で戻ります。
なお、塩尻~長野間の「おはようライナー」(塩尻発6:57→長野着8:10)は、189系だそうです。
駅構内に宣伝ポスターが貼ってあり、「189系車両で運行します」としてイメージ写真が掲載されていました。
比較的新しいE257系の快速が、普通車ならば特別料金不要で、
古い189系の「おはようライナー」が300円のライナー料金必要・・・っていうのも妙な話ですけどね。
(長野支社のライナー料金は、今でも300円です。)

続きをお楽しみに~♪
(*'​-')​ノ

と~ちゃん50才様

こんにちは。
(*'-'*)

>パノラマエクスプレス・アルプスに改造される種車であった165系。
>1963年製で私と同い年の50才なんですよね。

ほほう。「165系50周年」ですか。

>元のカラーリングに戻されて嬉しそうにも見えます。
>これが、最後の“はなむけ”にならなければよいですが(ーー;)

これは「引退記念」なんですよ。。。。
来夏には、小田急からRSEが来ますから。

(*'​-')​ノ

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

>「電車祭り」、自分も行きたかったですが、風邪ひいてしまい、ずっと家で横になっていました。

残念でしたね。ただ、このイベント自体は毎年恒例のようです。
来年は、何をやるか? 期待しましょう。

>下吉田のスハネフ14も、相変わらず良好な状態、今後の有効活用を期待させます。

これは有効活用できそうですよね。これにも期待してます。

>それにしても、東京からも近くこんなに魅力的なのに、なぜ見落としていたのか…もっと早く興味を持っていればと思いました。

この鉄道は、いまどき珍しい「JRからの乗り入れが盛ん」なんですね。
定期・準定期列車だけでも115系・183系・E233系が乗り入れていますが、随時、お座敷列車なども入線します。
社線の車両も面白いですね。

ぜひ、お楽しみくださいませ。

>さて、自分はただいま上野駅13番線、「あけぼの」に乗車してきます。

「あけぼの」とはうらやましい。ぼつぼつ「プラチナチケット」になりそうですから。。。。

風邪、おだいじに。
(*'​-')​ノ

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

>アルプスの少女?みっぴょん

ク・・・クララが立った!(笑)
\(^o^)/

>やはり河口湖へ移動ですね。吉田うどんなんかもおいしいですけど、個人の家みたいな場所で時間帯によっては閉まってますからね。

讃岐、武蔵野、吉田・・・。
なぜ、うどん屋さんって個人住宅みたいな「謎の店」が多いんでしょう?
もともとは、農家の自家製を近所の人に食べさせるものだったんでしょうね。

>嵌ると怖いのでワタクシはあまり手出ししてません。

レールに関しては「門前の小僧」というか、多少かじったんです。

>おっと、量産先行車がまだ生きていましたか。部品取り用ですから「かたちあるもの、いずれ…」でしょう。

富士山駅構内にクモハ169-27が部品取り用として存在するのはよく知られていますが、
この205系(モハ204+モハ205?)は、あまり知られていないようですね。

>「なのはな」は千葉管内で3連づつで走行し、途中で連結という実績があると聞いたことあります

乗りましたよ。1986年の夏ではないかと。
両国発・安房鴨川行き(外房線経由)と千倉行き(内房線経由)で、千葉で分割・併合していました。
私は内房線経由の方に、木更津から両国まで乗りましたが・・・ガラ空きでしたね。
車掌さんも「これは、”なのはな”のPR目的みたいな列車ですから、団体専用列車で稼いでくれればいいんですよ」とか言ってましたね。

>ちょうど20年前、山梨DCで臨時急行「しんせんやまなし」として3+3の中間に167メルヘン車(この時は塗色を合わせた)を挟んで10連で走ったのを思い出します。ちょっと間延びしたPEAという不思議な眺めが印象的でした。

ありましたね、「しんせんやまなし」。
167系メルヘン車を、わざわざ塗装を変更して連結・・・ってところからして、いかにJRが力を入れていたか、分かろうというものです。
この「しんせんやまなし」の観光キャンペーンは、関東だけだと思うけどテレビCMまで流れていて、女の子が二人出てきて
「馬の耳に、粘土?!」
とか、変なことを言ってるCMでした。

>E231ほどでないにせよ115だって半自動扱いにしなければ寒いですよ。八王子支社はダメだなぁ

まったくね。ダメだなぁ。
八王子支社長以下、お偉方はご自身で夜の115系充当列車に試乗し、「いかに寒いか」身をもって体験するべきです。

>店員が国鉄OBという設定の平泉成氏。なんだか当時の世相的にリアリティがあるなぁと思ったものでした。

それは見てないけど、平泉成さんといえば、部下役の大鶴義丹さんに、今でいうパワハラを繰り返し、最終的に義丹さんがキレて、ぶん殴るシーンを思い出す・・・中山美穂さん主演のドラマだったと思いますね。

>姨捨も空気が澄んで、駅からの眺めも最高でしょうねぇ(ただ、ジッとしていられないくらい寒い)

駅から夜景を眺めることも不可能ではないけど・・・今の時季は、さぞ寒いことでしょうね。。。。
「ナイトビュー姨捨」とかいうイベント列車が走ったこともありましたが、あれは夏場でしたかね。

>駅前の路地入ったところに、いい店があるんですよ。

どこでしょう? から揚げ屋さんかなぁ?
では~♪(*'​-')​ノ

Joh様

こんにちは。
(*'-'*)

ブログ拝読させていただきました。

「トレイン117」は、一度も見る機会も乗る機会もなかったので、うらやましいです。
花上さん、お元気そうですね。
私の先輩が懇意にさせていただいており(もともとは種村さんの紹介だったか)、一度、その先輩と東京駅構内を歩いていたら花上さんと出会い、「ちょっと一杯、行きましょう」ってことになって、お寿司屋さんで楽しくお話させていただきました。

さて、本題のPEAですが、これは2月まで走るそうですから「ドンマイ、ドンマイ」ってことで、
お正月でも時間があったら、再訪されてはいかがでしょうか。

私も、また行ってみるつもりです。
では~♪(*'​-')​ノ


Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。