07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足利駅前のEF60形を見てきたよ♪

EF60 123(足利駅前・2013年11月26日)(1)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
両毛線に乗る機会は結構あるんですが、いつも、足利駅を通過するときに
「あー、駅前に電気機関車が保存されてるなぁ。EF60だなぁ」と思いつつ、降りて見学することはありませんでした。
そこで(2013年)11月26日、思い立って見に行ってきました。
もっとも、往きはケチって、JRではなく東武伊勢崎線で行き、足利市駅で降りて渡良瀬川を渡り、JR足利駅まで15分ほど歩きましたけどね。
近いうちに別の場所で「鉄道ちゃんと遊ぼ~♪」したいので、その軍資金確保のため、今回は節約したんです。
(帰りも栃木までは両毛線に乗り、東武の会津田島発浅草行き快速電車で帰京。クロスシートの6050系、久しぶりに乗りました。)

この日は火曜日だったので、東武で行きましたが、土曜・休日ならJRの「休日おでかけパス」(2600円)で小山~足利間も乗れますから、JRでも安く行けましたね。

さて、そのEF60 123号機は、駅前のロータリーに鎮座しています。
一時期は、かなり荒れていたそうですが、現在はきれいに塗装し直されました。
EF60 123(足利駅前・2013年11月26日) (2)

私が子供のころ、EF60形なんて機関車は、東海道本線では貨物列車を牽引してしょっちゅう走っており、ちっとも珍しくありませんでした。
ただ、前照灯がシングルの初期タイプと、ダブルになっている後期タイプがあることを、沿線で見ている子供たちは誰でも知っていました。
シングルは1~83号機、ダブルは84~129号機です。

私は、その頃EF60形が旅客列車を牽引しているのを見たことはありませんでしたが、同級生の男の子が
(・∀・)「昔はEF60もブルートレインを牽いていたらしいぜ」
というので、びっくりしたものです。
(*'-'*)「へ~っ?!」

それは501~514号機のことですが、なにしろ当時は今みたいな「情報源」もなく、小学館から出ていた「コロタン文庫」の『機関車全百科』(鉄道友の会監修)ぐらいしか参考資料もなかったしなぁ。。。。
(余談ですが「コロタン文庫」の鉄道物は、鉄道友の会の各部会が監修・写真提供などをしていただけあって、今読むと、子供向けとは思えないくらい、妙に「マニアック」な内容です[笑]。今でも東京・神田神保町あたりの古書店で買えますが、内容が濃いためか意外に高値です。)

ところが、大人になってから、その「ブルトレ塗装」に復元されたEF60 510号機を見ることができたんですよ。
JR東日本・大宮総合車両センターに保管されており、原則として年1回、一般に公開されます。
EF60 510(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

横川(群馬県安中市)の「碓氷峠鉄道文化むら」にも、EF60 501号機が静態保存されています。
EF60 501(碓氷峠鉄道文化むら・2005年6月)

貨物用の初期タイプ・19号機は高崎車両センターで動態保存されており、たまに走っていますね。
(2013年度は、あまり出番がありませんが。)
EF60 19(高)+EF64 1001(高)牽引「EL重連レトロみなかみ」(2011年5月1日・上越線岩本)

19号機もたぶん、子供のころ見ていると思いますが、黒い「ワム」とか「ワラ」を牽いているのは見ても、当時は逆に、客車を牽引するのを見たことはありませんでした。
EF60 19[高]牽引「EL&SLみなかみ」(2012年8月4日・上尾~北上尾間)

しかし、後期タイプの保存機は非常に珍しく、動態保存機は無し。静態保存も、完全な姿で保存されているのは、この123号機が全国唯一です。
(128号機は運転台部分のみカットされて、千葉県富津市の個人が保存している[ただし現状不明]。実は、それも見たことあるけど、「個人所有」だと大っぴらにされたくないでしょうから、写真は撮っていません。)

検査表記は「56-6 鷹取工」でした。
神戸の国鉄(JR西日本)鷹取工場も今は無く、網干に移転しちゃいましたね。
EF60 123(足利駅前・2013年11月26日) (3)

この機関車は足利市ミリオン商店街振興組合が管理しており、祝日の10~17時のみ、運転室に立ち入れるそうです。
EF60 123説明板(足利駅前・2013年11月26日)

銘板は無く、解説板の記載はあまりにも簡単で、だいいち「EF60 123形直流電気機関車」という書き方は間違いですが(「EF60形直流電気機関車(123号機)」とでも書くべきところでしょう)、
私が調べたところでは、1964(昭和39)年に川崎重工兵庫工場で製造され、まずは米原機関区に配属。
その後、稲沢第二機関区→岡山機関区と転属し、1984(昭和59)年、高崎第二機関区へ転じました。
解説板には「かつては両毛線の貨物列車牽引で活躍し」とありますが、1984年2月1日のダイヤ改正で両毛線の貨物取扱いは大幅に縮小されていましたし、
本来、東海道・山陽本線が主な充当線区だったEF60形は、両毛線には縁が薄く、正直、たいして「活躍」もしないまま1986(昭和61)年11月に休車、1987年3月31日付で廃車となり、JRには継承されませんでした。

それでも、後期タイプ機の保存は珍しいし、再整備されたことを嬉しく思いました。
(*'-'*)
ところで、足利駅の駅舎も一見の価値がありますよ。
両毛線足利駅・駅舎(2013年11月26日)

1933(昭和8)年に建てられたそうで、前橋・伊勢崎・桐生・佐野・栃木など、両毛線主要駅の駅舎がどんどん建て替えられる中で、足利駅はいまだ「古式ゆかしい」姿を保っており、好感が持てました。
ホームも、昔のままです。
両毛線足利駅・ホーム(2013年11月26日)

では~♪(*'​-')​ノ
==========================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

1コメダ~

おはようございますi-1

漸く休みが巡ってくるようになり、心も体も一段落です。


なんと今回は両毛地区。実は前の週、ワタクシも足利でしたi-179

>EF60 123号機は、駅前のロータリーに鎮座しています。一時期は、かなり荒れていたそうですが、現在はきれいに塗装し直されました

そうですね。ワタクシも車からチラ見で「ありゃ、随分きれいになったなぁ」が感想です。
両毛のカマというとEF12…なわきゃない。EF60、しかも一つ目玉という印象が強くて、後期型は確かに印象が薄いですね。59・2改正後は足尾行と現在の安中貨物以外はほぼ壊滅でしたから、大して活躍できなかったのかもしれません。


>「コロタン文庫」の『機関車全百科』(鉄道友の会監修)ぐらいしか参考資料もなかったしなぁ。。。。

wwwi-237
ありましたね。
鉄道好き小学生の愛読書、バイブル的な存在でした。確かにいま見ても大人の読者にアピールできるのではないかという内容(救援車など「院電時代の~」みたいな表現)もありましたっけ。
学生の時分に「明日はここに撮影に行ってくるから」と草臥れたコロタン文庫を開いて親に見せたところ、驚愕の表情でこちらを見ていたのを思い出します。
※本を買ってあげたくらいの印象はあったものの、十年経っても中のページの1カットを覚えていて、追い続けていたことに相当な驚きだったらしい


>それでも、後期タイプ機の保存は珍しいし、再整備されたことを嬉しく思いました

そうですよね。民営化前後に各地に余剰の機関車・客貨車を使ったビアステーションができましたが、それもほぼなくなってしまいましたi-181鉄道文化不毛の地であった栃木ですが、そうした風潮が少しでも和らげばと願ってやみません。
※焼津のEF65も「あれっ」と思ったらなくなってましたしi-183


>ところで、足利駅の駅舎も一見の価値がありますよ。

ワタクシが見てきた中でも主要駅なら栃木、佐野、伊勢崎などが建てかえられてしまいました。無人化された駅ならなおさらで、線内で昔ながらの駅が残るのは足利と山前、岩宿、国定くらいですかね。
※旧栃木駅舎は移築されて利用されていますi-228

足利駅構内も随分と配線がコンパクトになり、折返しなどで使われていた2番線もないみたいですからね。VPこそあるものの、窓口もなくなってしまってますし(なんか施策が逆のような…)。


というわけでEF60501を小山運転支所で撮ったのが、もう27年前なのに驚きi-229の「たか」でした。

ではe-463

たか様

こんにちは。
(*'-'*)
(ひとつ前のコメントにもお返事いたしました。)

>両毛のカマというとEF12…なわきゃない。EF60、しかも一つ目玉という印象が強くて、後期型は確かに印象が薄いですね。59・2改正後は足尾行と現在の安中貨物以外はほぼ壊滅でしたから、大して活躍できなかったのかもしれません。

高二の60もそうだけど、下関に転じたEF62とか、あの頃の機関車配置はおかしかったですね、。
(汐留~下関間のロングランなんて本来、EF62の仕事ではなく、やはり故障が多くて、よく65PFが代走してた。
もっとも、62は荷物列車の電暖が使えたけど、PFは電暖など持っていないはずで、冬は荷物車の車掌さんや郵政の職員さんからはクレーム殺到・・・だったでしょうね。)

>鉄道好き小学生の愛読書、バイブル的な存在でした。確かにいま見ても大人の読者にアピールできるのではないかという内容(救援車など「院電時代の~」みたいな表現)もありましたっけ。

アレは相当にマニアックな内容でしたよ(笑)。なにせ、執筆陣が日頃は「ピクトリアル」なんかに書いてる人たちですもの。。。。
(吉川文夫さんと飯島巌さんが「総監修」だったらしいんですが・・・お二人とも亡くなり、最近、まだお若かった岡田誠一さんまで旅立たれてショック・・・合掌。)

>※焼津のEF65も「あれっ」と思ったらなくなってましたし

あったね。「一度入って、飲むか、食事でも」と思っていたら消えちゃいました。
恵比寿・目白・川口のは行ったことあったんですが。。。。

>ワタクシが見てきた中でも主要駅なら栃木、佐野、伊勢崎などが建てかえられてしまいました。

伊勢崎は失念しており、本文記事中に追加しました。
しかしまあ・・・佐野は今でも地平ですが、前橋・伊勢崎・桐生・栃木は「高架化と同時」なんですよね。
群馬県・栃木県の都市計画・・・すごいなぁ。
もっとも、そのわりに「駅前通り」の空洞化が著しく、どこも寂しい。なんとかなりませんかね。。。。
では~♪(*'​-')​ノ

こんばんは

EF60ですね
(^.^)
綺麗に保存されていますね!
パンタグラフも上昇していていいですね
前照灯1灯のイメージが強いのですが
後期が2灯で
客車用500番台と貨物用っていうのもあったんですね
(・.・)ほぅ
コロタン文庫懐かしいですね
軍資金確保して今夜から不在になるのが気掛かりです
(@.@)

祝!修復

こんにちわ、今回は足利ですね。
EF60 123、初めて見たのは’84年のゴールデンウイークでした。
チャレンジ二万キロで、吾妻線に乗車した帰り、渋川にヨ3500を付けて停車していました。
なんか語呂がいいな、と思いながら撮影したのを思い出します。

それから二年半後、19号機以外のEF60は引退、123号機も大宮操に留置してあるのを見て、やはり解体かと残念に感じたものでした。
と、思ったらRMで足利駅前にEF60保存の記事、123号機だったので、びっくりしましたね。

足利には、自分も数回行きましたが、昨年暮れは本当に状態が悪く、このまま解体か?と気になっていたのですが、再整備されたのはなによりでした。

60後期形と言えば、沼津機関区イベントで茶色になった84号機も思い出されますが、どうなってしまったのでしょうか?

一時ブルートレイン牽引もあったとはいえ、ほとんど貨物列車だったEF60ですが、動態の19、横川の501、大宮の510共々、大切に保存して欲しいです。

510号機など、構内運転限定でもいいから、動態になれば面白いですね。


aki様

こんにちは。
(*'-'*)

>EF60ですね
(^.^)
>綺麗に保存されていますね!
>パンタグラフも上昇していていいですね

最近まで荒れていたようですが、きれいにしてもらいました。
(o^-')b 

>軍資金確保して今夜から不在になるのが気掛かりです

山梨県と長野県を回ってきました。
次回から、その旅のご報告をいたします。
お楽しみに。
では~♪(*'​-')​ノ

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

>EF60 123、初めて見たのは’84年のゴールデンウイークでした。
チャレンジ二万キロで、吾妻線に乗車した帰り、渋川にヨ3500を付けて停車していました。
>なんか語呂がいいな、と思いながら撮影したのを思い出します。

中之条に親戚がいるので、EF12は子供の頃見たことがあるんですが、逆に「吾妻線のEF60」は短期間だったこともあり、見る機会がありませんでした。
ヨ3500も「碓氷峠鉄道文化むら」に保存車がありますよ(ヨ3961)。横川~軽井沢間の車掌車はヨ3500形限定でしたから。

>60後期形と言えば、沼津機関区イベントで茶色になった84号機も思い出されますが、どうなってしまったのでしょうか?

84号機はちょっとわからないんですが、96号機が1986年に茶色塗装で沼津のイベントで展示されました。
84・96とも、現在は廃車・解体されています。

>510号機など、構内運転限定でもいいから、動態になれば面白いですね。

私もそう思います。
構内だけでもいい、ダミーの「ブルトレ」として客車を1~2両従えただけでも「絵になる」でしょうね! 見たいなぁ。。。。
では~♪(*'​-')​ノ

また間違えた〜

こんにちわ。
すいません、またまた間違えてしまいました。

沼津機関区のイベントで茶色になったEF60は、96号機でしたよね。

記憶力落ちて来たみたいで…
すいません。

お気になさらず

#103おじさん様
もうずいぶん前のことですし、間違いは誰にでもあるので、
気にしないでください。
ドンマイ!(*'-'*)
それより、新規記事「甲信越の旅」シリーズをUPしていきますので、
どうかご愛読お願い致します。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。