05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「北斗星」も・・・ブルートレイン全廃へ

EF510-515[田]牽引「北斗星」(2013年6月28日・東十条駅)
こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
前回の記事で「寝台特急「あけぼの」(上野~青森間)廃止か?」という話題を取り上げましたが、
実は「あけぼの」だけでなく、寝台特急「北斗星」(上野~札幌間)も2015(平成27)年度末には廃止される模様です。
ウゥゥ(;_;)
共同通信社『47NEWS』2013年11月7日付から。
(以下、引用)
「ブルートレイン」全面廃止へ 「あけぼの」来春「北斗星」も
 青い塗装の寝台特急「ブルートレイン」が2015年度末までに全面廃止される方向で検討されていることが6日、JR関係者への取材で分かった。

 現在運行する「あけぼの」(上野―青森)は来春のダイヤ改正で姿を消し、「北斗星」(上野―札幌)は北海道新幹線の15年度末の開業に合わせて同年度中に廃止される見通しで、半世紀以上の歴史に幕を閉じる。

 関係者によると30年以上使用している客車24系の老朽化が進んでいることや、新幹線、航空機といった高速の交通機関との競争で乗客が著しく減少しており、存続が難しくなった。
2013/11/07 02:00 【共同通信】』
(引用終わり)
http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013110601002308.html
「北斗星」(2013年6月28日・東十条駅)

「”ブルートレイン”全面廃止」という表現で、「カシオペア」には言及していないこともちょっと気になりますね。。。。
EF510-509[田]牽引「カシオペア」(2013年6月23日・東十条駅)

「カシオペア」(2013年6月23日・東十条駅)

いずれにせよ、1958(昭和33)年10月に特急「あさかぜ」(東京~博多間)が20系客車化されて以来、五十余年の歴史を誇る日本のブルートレインも、
時代の流れと社会の変化には勝てず、いよいよ幕を閉じる時が来たようです。

【画像追加】(2013-11-09)
EF81形電気機関車(この日はEF81 94[田])が牽引していた当時の「北斗星」。
(2001年12月、東十条駅)
機関車は現在、EF510形に代わったが、客車は1988(昭和63)年の運行開始以来、全く代わっていない。
客車は、「北斗星」用に新造されたものは1両もなく、1970年代後半に製造された車両の改造車であり、
この客車の老朽化も、ブルートレイン廃止の一因になっている。
EF81 94[田]牽引「北斗星」(2001年12月・東十条駅)

=============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

客車寝台

新幹線の整備や需給バランス、車体老朽化の他、「機関士」の後継不在(需要などからも育成せず)というのもあるように思えます(とういか、そういう話を見たことある)が、いずれにしろ残念でならない発表です。
ま、でも「ななつ星in九州」が運行開始しましたし、東日本でも豪華クルーズトレイン入りますね。
 
あの北斗星が…。実は「mixi」内のニュース記事では北斗星より1年程度後にはなるものの、「トワイライトエクスプレス」、そして「カシオペア」も追って廃止になると書かれてました。やはり客車形式だからみたいです。諸事情に加え、青函トンネルが共用とはいえ新幹線施設となるため、深夜・早朝の定期的な使用が難しいのかも知れません。
「北斗星」は今も繁忙期などはチケットが取りにくいと聞きますし(10年くらい前に1度だけソロを利用しました)、不定期でも存続は望んでたんですが…。
「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の電車形式はその時点では残るそうですが。「北斗星」や「カシオペア」の電車化…は北海道区間の電化が難しいですね…。
 
夜行といえば、普通・快速でも「ムーンライトながら」等の不定期化がされてからもずいぶん経ちますし、自分もあまり使う機会はないですが「夜行列車」というものがほとんどなくなってしまう状況はやはり寂しいところ。

こんばんは

ブルトレ廃止のニュース私も見ました
(>.<)
あけぼのに続いて北斗星もなんですね
両方とも乗ったことないので残念です
カシオペアとトワイライトが気掛かりですね
(@.@)
くる~ずトレインとかが出来るのらしいのですが
鉄道は移動手段が主になって
鉄旅は豪華客船のように特別なものになっていくのでしょうかね
(・.・)

寝台車

初めて乗った寝台車が、昭和53年の20系「瀬戸」でした。

20系は「走るホテル」とも言われたこともあったほど、登場当時は贅沢品で、座席車も併結していたんですね。
(さすがにその頃の20系はリアルでは知りませんが)

20系は「新星」と「天の川」でも乗りました。

今後は寝台券が取りにくくなりそうですね。

T-Max様

こんばんは。
(*'-'*)
>実は「mixi」内のニュース記事では北斗星より1年程度後にはなるものの、「トワイライトエクスプレス」、そして「カシオペア」も追って廃止になると書かれてました。やはり客車形式だからみたいです。

「カシオペア」は、上野~札幌間の準定期運行は廃止するんでしょうけど、「クルーズトレイン」的な活用は、しばらく続くのかもしれませんね。
秋田までの「クルーズ」運行が2年続きましたが、どうも、今後の活用法を模索する試行だったようにも思えます。
「トワイライト」は廃止でしょうねぇ・・・だいぶ車両が老朽化してますし。
ただ、知名度の高い列車ですから、全面廃止はもったいない。本当は、新型車両に置き換えて存続するのが望ましいところですが。。。。

いつぞや、「トワイライト」編成が大阪から日本海回りで東京(新宿)まで運行された際、私は高崎線の上尾で撮ってましたが、通行人や、郵便局の配達の人たちも「おっ、トワイライトだ!」「アレは、大阪から札幌へ行く列車だろ? 関東に来ることもあるのか?」と大喜びでした。
日頃は走らない埼玉県の人たちでも、誰もが知ってるJR西日本の看板列車ですから・・・それを考えると「もったいない」ことです。

>夜行といえば、普通・快速でも「ムーンライトながら」等の不定期化がされてからもずいぶん経ちますし、自分もあまり使う機会はないですが「夜行列車」というものがほとんどなくなってしまう状況はやはり寂しいところ。

同感です。
実際に乗る機会は少ないんですが、「MLながら」の運転日数が年々減っているのが非常に気になります。
とりあえずは、185系で存続する模様ですが。。。。
(*'​-')​ノ

aki様

こんばんは。
(*'-'*)

>あけぼのに続いて北斗星もなんですね
>両方とも乗ったことないので残念です

まだ間に合います!
特に「北斗星」は、廃止予定まで1年以上あるので。

>くる~ずトレインとかが出来るのらしいのですが
>鉄道は移動手段が主になって
>鉄旅は豪華客船のように特別なものになっていくのでしょうかね

そうかもしれません。
「ななつ星」とかも憧れですが、
私は、逆に高崎の12系でも使って、「なつかしの”八甲田”」なんていうのも走らせてほしいと思いますね。
多少高くても、もう一度乗ってみたいです。
(*'​-')​ノ

Joh様

こんばんは。
(*'-'*)

>初めて乗った寝台車が、昭和53年の20系「瀬戸」でした。

20系時代の「瀬戸」は、鶴見の大踏切で指をくわえて通過を見るだけ。。。。
24系25形になってから、宇野発着時代に一回、瀬戸大橋線経由で高松まで行くようになってから何回か乗ってます。

>20系は「走るホテル」とも言われたこともあったほど、登場当時は贅沢品で、座席車も併結していたんですね。
>(さすがにその頃の20系はリアルでは知りませんが)

座席車は、昔の公務員の出張旅費規定の関係で、仕方なく作ったようですね。
もっとも、新幹線開通以前は、ブルトレを東京~名古屋間とか、広島~博多間だけ利用する人もいたので、そういう人のためでもあったんでしょう。

>20系は「新星」と「天の川」でも乗りました。

20系は、さんざん見てるんですが、乗ったのは結局、末期の「あさかぜ82号」だけでしたね。
それ以前に14系の「さくら」などに乗ったことがあったので、「ベッドが狭いなぁ」と思いました。

>今後は寝台券が取りにくくなりそうですね。

「北斗星」は二回乗ったことがあるんだけど、もう一回乗ってみたいな。。。。
(*'​-')​ノ

余命宣告

どうも、お疲れ様ですi-2

いつかこんな日が来るとは想像していましたが、想像以上にしかも突然やってきてしまいました。何気なく電車内で見た携帯電話のテロップニュースで、頭の中は「?」と「!」でしたから。
そういえば7日の「face」(JFN系の午後のワイド番組)でたまちゃん(玉川美沙女史)が「本日のテーマ、納得いかない」のコールの後に、自身の納得いかないこととして、この一連の寝台列車廃止に関して随分長いことトークしてました。
※ありゃ、バイク好きの元ヘビースモーカー・たまちゃんがどうしたこと?と思ったら、お子さんが大の鉄道好きではまってしまい、今や有名な「ママ鉄」なんだとか…シラナカッタi-183


>「カシオペア」は、上野~札幌間の準定期運行は廃止するんでしょうけど、「クルーズトレイン」的な活用は、しばらく続くのかもしれませんね。

「カシオペア」は窓口売りよりも代理店の高級商材を担ってますから、代理店の手前でいきなり廃止に持ち込みにくいでしょう。ゆくゆくはジョイフルトレイン(昨今のトワイラ呉線運用的)扱いになっていくのかもしれません。トワイライトはコンパートメントのようになっているとはいえ、Bの開放ハネは窓口でも幾分求めやすい(実際に乗車した方談)そうですから、チャンスはあるでしょう。
※98~99シーズンはトワイラ編成を使った「シュプール」までありましたっけ

いずれも鉄道にさして関心のない人々に長距離を寝台で移動し、しかも豪華な設備があることを十分にアピールしていましたからね。利用はしていなくとも、乗ってみたいなという人は今も結構います。鉄道各社の需要の掘り起こしはどうだったのかなぁ?
※「あけぼの」もトクトクきっぷや定員減で混雑しながら、実はお金にならないという矛盾を抱えていたのも事実みたいですし

そうそう以前、高級商材を中心にしょっちゅう旅に出かける高齢女性に「今度のトワイライトで行く北海道はお出かけしないのですか?」と伺ったら、「行くのはいいんだけど、その前の週は○○(旅先)で、次の週は△△(別の旅先)でしょう。なのに出かけていたら体が持たないわ。それにご近所から『あそこの奥さん、家にいないんじゃ』なんて言われちゃうわよ(笑)」。ウウッ、凄すぎてついていけない
もし生まれ変われるなら、次は片田舎の貧乏家でなく、都会の豊かな家庭に生まれたいものだとつくづく思ったものです。


>全面廃止はもったいない。本当は、新型車両に置き換えて存続するのが望ましいところですが

そう、そこなんですよ。
昨今の廃止の類は悉く車両の老衰によるものばかり。将来を見据えていたのかもしれませんが、設備投資についてはどうだったんでしょう?もちろん、そのために安全対策を疎かにとか一般の列車を陳腐化させるわけにもいきませんしね。難しいところです。
トワイラも途中の電化区間は自走し、青森以遠は牽引で(ということは新潟のNO・DO・KAみたいなこと?)…という話も出ている、なんて一度聞いたような。


>20系は、さんざん見てるんですが、乗ったのは結局、末期の「あさかぜ82号」だけでしたね。

ワタクシは「おが」で乗りました(中学生)。椅子としても奥行きがなさそうに感じる狭いベッド。薄暗い車内と相まって「走るホテル」というより「場末の連れ込み」な印象でしたね。
※この時、20系は撮るもので乗るものではないと思ったものでした


>「ななつ星」とかも憧れですが、 私は、逆に高崎の12系でも使って、「なつかしの”八甲田”」なんていうのも走らせてほしいと思いますね。

そうそう。納得すれば設備が豪華・高級でなくともお金は出すんです。もしあったら、スケジュールの都合さえつけば乗りたいですもの。で、翌朝は二戸辺りからお弁当を持った車販さんが乗り込んできて…ふと思い出すと20年前のほうが今よりずっとリッチな気持ちで旅していたのかもしれないですよね。


>、「MLながら」の運転日数が年々減っているのが非常に気になります。

気付いたら随分と少なくなりました。海社は当然…でしょうし、東社も指定料金だけでは…とやや投遣りな感じがしなくもありません。もし完全に消滅となったら、あの臨海部で行われるイベント開催日には西日本方面からの団体列車でも設定するんでしょうか?
※これについても18きっぷ同様に様々な噂が流れ飛んでいますが、以下略ということで


さて前回の「あけぼの」ハザ増結の件です。89~90年の繁忙期、定期の2・3号に14系ハもしくはハフが1両増結されていました。個人的に「ゆくゆくは『あかつき』のレガートシートみたいにするつもりか」と思っていましたが、結局定着せず。
現在の「ゴロンと」は大分経ってから改めて誕生したもの。


う~ん認めたくないですけど、もう夜行については鉄道会社も完全にバスやLCC、そして安いホテルには白旗でしょう。あまり認めたくはなんですが…

なんだか今週はとるもの手につかずかな?
ではe-463

たか様

こんにちは。
(*'-'*)
>ゆくゆくはジョイフルトレイン(昨今のトワイラ呉線運用的)扱いになっていくのかもしれません。

ああ、今は「トワイラの呉線運用」なんてありましたっけ。
(鉄道雑誌では見てるんだけど、なにせ広島は遠く、実物を見る機会がないから印象薄くて。。。。)

>※98~99シーズンはトワイラ編成を使った「シュプール」までありましたっけ

ありましたね。西日本は、他社が撤退しても最後まで「シュプール」やってましたし。

>もし生まれ変われるなら、次は片田舎の貧乏家でなく、都会の豊かな家庭に生まれたいものだとつくづく思ったものです。

知り合い(♂)に、
「俺は”何か”で当てて大儲けして、東京ミッドタウンに事務所を構え、多摩川べりの富士山が見えるタワーマンション(二子玉川あたりか?)に住み、フェラーリに乗って女子アナを彼女にするんだ」
とか言ってる奴がいる(嘲笑)。。。。
しかし・・・そのフェラーリのナンバーを、「マイナンバー」で「5861」とか「8195」とかにしそうな輩です(さらに嘲笑)。。。。
つまり「”鉄”は、どこまで行っても”鉄”」ってことですね。どうせ、ご自慢のフェラーリで、大好きないすみ鉄道にでも行くつもりだろうし。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

>昨今の廃止の類は悉く車両の老衰によるものばかり。将来を見据えていたのかもしれませんが、設備投資についてはどうだったんでしょう?もちろん、そのために安全対策を疎かにとか一般の列車を陳腐化させるわけにもいきませんしね。難しいところです。

「トワイライト」に関して言えば、マスコミの影響で「関東でも、誰もが知っているJR西日本の”看板”なのに、もったいない」と思います。

それ以外の列車については・・・要するに、日本経済がバブル崩壊後、そのままデフレ不況の泥沼を抜け出せなくなり、
同時に「技術革新」も止まってしまい、企業の生きる道は「安売り」しかなくなってしまったという環境の変化に、鉄道会社がついていけなくなってしまったところに問題があるのでしょうね。

おまけに、政財界のお偉方の口癖である「国際化」だの「グローバル・スタンダード」とかいうのは、つまり「アメリカと一緒」ってことですが、アメリカって国は、50年以上前から鉄道なんか誰も相手にしてない国だからなぁ。。。。

鉄道っていうのは「巨大装置産業」ですから、下火になったとしても簡単に縮小できず、
また、空港とか道路と違って「インフラも自前」ですから、時代の変化に追いつくのが難しいんですよね。
おまけに、製造業と違って「海外移転」も不可能ですし、外国人労働者の雇用も困難ですから。

>ワタクシは「おが」で乗りました(中学生)。椅子としても奥行きがなさそうに感じる狭いベッド。薄暗い車内と相まって「走るホテル」というより「場末の連れ込み」な印象でしたね。

「場末の連れ込み」という場所に、実際に行ったことがないからわかんないけど(笑・・・電車から見えるけど、新大久保あたりにそれらしい旅館があるね)、
神奈川県営の「青少年山の家」(西丹沢にあった。御殿場線の山北駅からバス)に行ったときのことを思い出しましたね。2段だか3段だかのベッドで、学生は一泊500円か600円だったと思います。
(注:1980年代中頃)
無論、食事は自炊で、私たちは豚汁を作りました。お米と食材は持参です。

>そうそう。納得すれば設備が豪華・高級でなくともお金は出すんです。もしあったら、スケジュールの都合さえつけば乗りたいですもの。

JR西日本は、数年前に12系で「京都発京都行き快速列車」ツアーを二泊三日でやったでしょう。往きは山陰、帰りは山陽経由で。
ただし、かなり高額だったように記憶しますが。。。。


>もし完全に消滅となったら、あの臨海部で行われるイベント開催日には西日本方面からの団体列車でも設定するんでしょうか?

何もやらないでしょう。
あの行事は、主催者側から交通機関への協力要請が全く無いそうですから(だから、りんかい線とゆりかもめは増発するけど、東京メトロは一切配慮していない。前2社は「要請などないが、過去の事例からして増発しないとパニックになる」と判断してやってるだけ)、
JRにすれば「何も聞いてない」のに臨時列車もへったくれもなかろう・・・という考えです。東京メトロも同様。当日は有楽町線とか、結構混むんですけどね。

>さて前回の「あけぼの」ハザ増結の件です。89~90年の繁忙期、定期の2・3号に14系ハもしくはハフが1両増結されていました。

初めて知りました!
全く宣伝などしてなかったんでしょうね。
PRしないなら、存在自体がわかりませんから、利用者は少なかったでしょうね。
あるいは、秋田支社管内では宣伝したかもしれないけど、首都圏では「秋田が勝手にやってること」として黙殺したのか。。。。

>う~ん認めたくないですけど、もう夜行については鉄道会社も完全にバスやLCC、そして安いホテルには白旗でしょう。

高速バスは案外、改廃が激しいし、LCCは「早くも業界再編」みたいですから、もうちょっと様子を見たいですね。
(*'​-')​ノ

「ブルトレ」がとうとう過去帳へ

みっぴょんさん、こんばんは。ご無沙汰しております。

 いやー、衝撃報道が各社からこぞってされていますね。いつもながら思いますが、「列車の廃止」ってどうして鉄道会社からの公式発表よりも早いんでしょうね?

 毎日新聞によると、来年3月に「あけぼの」、2014年度末に「北斗星」、2015年度末に「カシオペア」「トワイライト」が廃止されるとあります。各社で報道内容に若干の差がありますが、このように報道されればきっとそのようになるのでしょうね…。

 「あけぼの」には20年以上も前ですが、上野→大曲間の片道だけ乗車したことがあるのみ、ほかの3列車にはまだ未乗です。費用対効果を考えると、今後乗る機会があるかどうか…。

 みなさんがコメントされているとおり、ブルトレの設備(特に一般開放寝台)では、夜行高速バスや格安ホテルに料金面で太刀打ちできなくなっていますよね。航空機の最終便より遅く発車し、始発便よりも目的地に早く到着する、という理想的な運行もできないですし。

 青函トンネルを通る専用の電気機関車も必要でしょうし、運転要員・保安要員の確保等、夜行列車にはコストがかかるというのはもちろんですが、なにより後継車両がないというのも要因でしょう。サンライズ型の寝台電車が思ったより普及しなくて残念でした(「日本海」か「きたぐに」に期待していたのですが)。E26系は車齢がまだ若いので「カシオペア」廃止後もしばらくは活躍できるでしょうか。

 いずれにせよ、とうとう「ブルートレイン」という言葉そのものが過去帳入りしてしまう具体的な時期が示されてしまったことにはとても残念に思います。「夜行列車の旅」というのは文化だと思うのですが、今後の文化の維持は「ななつ星」や「クルーズトレイン」のように、単なる移動手段ではなく「乗ること」も目的となるような列車が担うことになるのでしょうか。(ちょっと言い過ぎかな??)

いまは東京都民。様

こんばんは。 お元気でしたか?
(*'-'*)
コメントは、いつでも都合のよいときにお書きくださいませ♪

>「あけぼの」には20年以上も前ですが、上野→大曲間の片道だけ乗車したことがあるのみ、ほかの3列車にはまだ未乗です。費用対効果を考えると、今後乗る機会があるかどうか…。

秋田の手前、大曲までとはまた、面白い区間に乗りましたね。
お仕事の関係でしょうか。それとも、乗り換えて角館方面へ行かれたんでしょうか。

>みなさんがコメントされているとおり、ブルトレの設備(特に一般開放寝台)では、夜行高速バスや格安ホテルに料金面で太刀打ちできなくなっていますよね。

一般開放寝台は、なにせカーテン1枚で区切ってあるだけですからね。
(ヨーロッパでは、この種の車両は正式な「寝台車」ではなく、「クシェッタ」と呼びます。日本語では「簡易寝台車」と意訳されてますが。)
いかに治安の良い日本でも、さすがに、今の時代には合わないと思います。

>サンライズ型の寝台電車が思ったより普及しなくて残念でした(「日本海」か「きたぐに」に期待していたのですが)。

285系電車は、かなり高価な車両だそうです。イニシャルコストが高いことも、普及しなかった理由のひとつでしょう。一応、「交直流両用車」も検討されたそうですが。。。。
なんといっても、「サンライズ」にJR東日本が全く関心を示さなかったのが、普及しなかったことに大きく影響しているでしょう。
いろいろな意味で、東日本は「日本を代表する鉄道会社」ですから。。。。

>「夜行列車の旅」というのは文化だと思うのですが、今後の文化の維持は「ななつ星」や「クルーズトレイン」のように、単なる移動手段ではなく「乗ること」も目的となるような列車が担うことになるのでしょうか。(ちょっと言い過ぎかな??)

最近は廃止されたようですが、以前、この「FC2ブログ」には「ブログテーマ」というのがありました。
運営本部が週2回ぐらい「このテーマで記事を書きませんか?」という「お題」を提示する・・・というものです。
(ブログサイトに登録しても、結局は「三日坊主」で終わってしまう人が多いので、その対策としてやっていた企画だと思います。記事を書いてもらわないと・・・というか、サイトの「広告」を見てもらわないと、運営会社は商売にならないからです。)

あるとき「夜行列車に乗ったことがありますか?」というテーマが提示されたことがあり、私などは、世代的に(笑)「意味の無いテーマだなぁ」と思いました。
それこそ、「あなたはラーメンを食べたことがありますか?」という愚問と、たいして変わらないように思えたんですよ。

しかし・・・若い人からすれば、夜行列車の旅とは「珍しいこと」なんでしょうね。
以前、記事にも書いたけど、谷村新司さんや古舘伊知郎さんは放送で「昔は、旅といったら国鉄の夜行列車で行くものと決まっていたね」と懐かしそうに語っていましたが、「その世代」特有の思い出なのかなぁ(笑)。。。。

もっとも、私も「客船の旅」という体験は、ありません。
若き日の遠藤周作氏や、加賀乙彦氏が、フランスへ留学するのに横浜からマルセイユ行きの船に乗った・・・なんていう話は読んでいますが、
自分で乗ったことがあるのは、せいぜい大阪~九州とか、新潟~北海道のフェリーぐらいですね。東京~神津島間はフェリーではなく「客船」でしたけど(笑)。
(10年ぐらい前、仕事で「大阪から船で上海へ行ける」という話があったんですが、当時、中国で何か伝染病が流行していて、直前に中止になっちゃったのが残念。。。。)

仕事から退役したら、海外へ行く船旅をしてみたいなぁ・・・と思っていますが、日本の夜行列車も、船旅同様「わざわざ(高い料金を払って)乗るもの」になっちゃうようです。
時代は確実に変わってますね。。。。
(*'​-')​ノ

北斗星

v-276こんばんみ~札幌でもようやく雪が降ってきました。
昨年よりもちょっと遅いですね。v-430
北斗星、なくなる見たいですね。下りの北斗星にはよく乗りました。出張とかで、次の日が休みで、上司がいないときは、支給の航空券を払い戻して、B個室とか乗ったりしましたけど、チキン弁当買ってゆっくり
札幌まで帰るのは究極の夜行列車の楽しさを満喫できました。
出張で北斗星に乗って行くことは今はありえませんので、こっそり乗車しました。
ただ、車両によっては揺れが大きかったり、エアコンの効きが悪かったりしたこともありましたけど、概ね快適な列車の旅でした。
でもLCCが出来て、利用する人がかなり減ってきたみたいです。飛行機だと1時間30分で最安値のLCCだと1万円ですからね。北斗星は倍以上の2万6千円ぐらいですから、趣味的に利用する以外は需要が減ってきているのかもしれませんね。
朝のテレビで指定席発売状況を流していますけど、週末や観光シーズンは×印がついていますけど、平日は〇印がついている日が多くなりました。やはり需要は週末に限られてしまうんでしょうかね。
 青い森鉄道とかは北斗星が走らなくなってしまうと運賃収入がなくなってしまうみたいで大変みたいですね。しばらくは臨時列車で走るようですので、また乗ってみたいです。

「あけぼの」の思い出

みっぴょんさん、こんばんは。早速の変身返信ありがとうございます。

>大曲までとはまた、面白い区間に・・・

 北東北の観光旅行でした。大曲から田沢湖線に乗り換えて、田沢湖・小岩井農場・角館を回りました。田沢湖線への乗り換えの関係と、平日仕事を終えてから出かけたので、利用したのは「あけぼの5号」だったと思います(たぶん)。なぜこの列車を選んだかは今となっては不明ですが、夜遅すぎず朝も早すぎず、そこそこ睡眠時間を摂れる列車という選択をしたのかと。(注)
 角館では観光地として有名な武家屋敷も見て回りましたが、メインは角館線訪問でした(1日3往復のダイヤの最終列車で往復)。小岩井農場のSLホテル(D51-68+20系客車5両)今はもうありません)に宿泊等、観光とはいっても鉄分もそこそこあったりして。

(注)このころの上野~青森間(下り)にはこんなに夜行列車がありました。
上野発                青森着
19:10 八甲田(103レ)  東北    6:15
19:50 ゆうづる1号(1M) 常磐    5:03
19:53 ゆうづる3号(7003M)◆臨時 常磐 5:08
20:50 あけぼの1号(1001レ)奥羽   9:09
20:50 十和田(201レ)  常磐    9:08
21:20 おが(6401レ)◆臨時 奥羽  10:09(男鹿行き)
21:40 ゆうづる5号(5M) 常磐    7:07
22:00 あけぼの3号(1003レ)奥羽   10:20
22:20 はくつる1号(21M) 東北   7:15
22:24 あけぼの5号(1005レ)奥羽   7:32(秋田行き)
22:39 津軽(403レ)    奥羽   12:29
23:00 はくつる3号(23M)東北     8:21
23:00 ゆうづる7号(7レ) 常磐    9:50
23:05 ゆうづる9号(9レ) 常磐    10:00

乗っておいて…

こんばんわ、あけぼの廃止から始まったブルートレインの行く先、とうとう全廃まで来てしまいましたね。
北斗星乗車中に、あけぼの廃止のニュースを見ましたが、僅か数日後に北斗星、カシオペア、トワイライトの廃止のニュースまで聞くとは思いませんでした。

新造するにも金、維持するにも金、何するにも金、利益第一、会社勤めなら当たり前の事とはいえ、本当に夢がない、ワクワク感がない世の中になってしまったように感じます。

もう貨物以外に会社間跨りの列車は設定できなくなっていくみたいですね。

「結局得にならない通し列車は減らされ、自己中心のダイヤになるだろう」と語った国鉄関係者がいたと何かで読んだ記憶があるのですが、本当にそれに近い形になりつつあるようです。

来年また高校OB会旅行で北斗星に乗車できるか…いや、乗車したいです。

びゅんびゅん丸様

こんばんは。
(*'-'*)

この記事と前回の記事(「あけぼの」廃止について)、大反響です。
やはり、鉄道が好きな人は、ほとんどが「夜行列車も好き」なんでしょうか。

>青い森鉄道とかは北斗星が走らなくなってしまうと運賃収入がなくなってしまうみたいで大変みたいですね。しばらくは臨時列車で走るようですので、また乗ってみたいです。

これは大問題でしょうね。IGRと青い森鉄道にとっては。
JR東日本側で、なんらかの補償を考えているんでしょうか?

チキン弁当、しばらく買ったことがないので、今度食べてみます。
考えてみたら、上野駅から乗る機会は結構あるんだけど、乗る列車が前橋とか宇都宮行きの普通列車ばかりなので、昔と違って駅弁を食べる雰囲気じゃないんだよね。。。。
まあ、グリーン車に乗ったときにでも。
(*'​-')​ノ

いまは東京都民。 様

こんばんは。
(*'-'*)

上野発青森行きの発車時刻表、ありがとうございます。
よくお調べになりましたね。

この時代は「東北の夜行列車全盛期」なのか、
20:50に「あけぼの1号」と「十和田」が、
23:00に「はくつる3号」と「ゆうづる7号」が同時発車していますね。
これは昭和何年ごろなのでしょうか?
(手元にある昭和55[1980]年4月21日訂補の『時刻表』とは異なるので。)

角館線は、その1980年当時も1日3往復で、
最終列車は角館発17:23です。これじゃ、使い物にならんな。。。。

小岩井農場のSLホテルは、とっくの昔に廃業しちゃいましたが、今でも機関車は残されているようです(客車は不明)。
今、「SLホテル」なんて全国どこにも存在しないので(寝台車利用の「ライダーハウス」は九州にあるようですが)、貴重な体験をなさいましたね。
(*'​-')​ノ

103おじさん様

こんばんは。
(*'-'*)

>北斗星乗車中に、あけぼの廃止のニュースを見ましたが、僅か数日後に北斗星、カシオペア、トワイライトの廃止のニュースまで聞くとは思いませんでした。

そうでした。ちょっと前に「北斗星」にお乗りになったんでしたね。
まさに、「乗っておいてよかった」ですね。

>新造するにも金、維持するにも金、何するにも金、利益第一、会社勤めなら当たり前の事とはいえ、本当に夢がない、ワクワク感がない世の中になってしまったように感じます。

おっしゃるとおり、世の中に「夢」や「希望」が感じられませんね。
7年後の東京オリンピック開催が、まだ7年もあるのに妙な盛り上がりなのは、「今、夢や希望がないから」なんでしょう。

>もう貨物以外に会社間跨りの列車は設定できなくなっていくみたいですね。

なにしろ、修善寺行きの「踊り子」すら「先行き不透明」なくらいですから。。。。
(アレも「会社間跨り列車」なんですよね。東海管内を走る距離はわずかですが。)

>来年また高校OB会旅行で北斗星に乗車できるか…いや、乗車したいです。

ぜひお乗りになってください。
もし、8人以上ですと「団体」扱いになり、早期に予約できますし。
(*'​-')​ノ

大盛況ですね!

みっぴょんさん、こんばんは。

 今回は大盛況ですね。みっぴょんさんのおっしゃるとおり、こちらへお越しのみなさまは「夜行列車も好き」なんですね。旅といったら国鉄の夜行列車で、という時代もあったそうですが、夜汽車がなくなったらフォークソング(おっと、今はJ-POPか)の出来栄えに影響しないかなぁ?

 さて、前回紹介したダイヤは、1982年(昭和57年)11月15日改正時のものです。この改正は上越新幹線開業時のもので、東北・上越特急をはじめ優等列車が大幅に見直された改正でした。この中で、「あけぼの」は夜行「津軽」を統合する形で3往復となりました。ワタシが北東北へ出かけたのはこれより少しあと、1987年(昭和62年)の秋でしたが、このころはまだ「あけぼの」3往復体制でした。
 ちなみに、手もとの時刻表での角館線の最終列車は、角館17:20-17:50松葉17:54-18:22角館、でした。訪れるまでは、「たった4分しかないのかー」、と思っていましたが、実際行ってみると「それで十分」でした・・・。

蛇足かもしれませんが…

こんばんわ、昨日〜今日といきなり冬のような天気、秋はどこへ行った〜ですね。

今は東京都民様が書かれていた、上野発の夜行列車の時刻表、あけぼのが3往復、ゆうづるが5往復、十和田、津軽が一往復と思われるので、
’82.11月から’85.3月までの時刻でしょう。

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

なるほど、1982年11月15日~1985年3月13日の時刻ですか。
調査、ありがとうございました。
(その間、1984年2月1日にも大きなダイヤ改正がありましたが、東北方面の夜行列車は、あまり変わらなかったんでしょう。
その「59・2」改正では、我が故郷の新鶴見操車場が廃止されたんですよ。単に「国鉄の輸送方式が変わる」というだけでなく、職員やその家族が一斉にいなくなるわけですから、地元の経済に与える影響も大きく、えらい騒ぎでした。)

話を戻しますが、82~85年の間ということは、東北・上越新幹線は開業していたけど、まだ大宮発着だったので、
昼間の特急「ひばり」「とき」などは廃止されていたけど、夜行列車は「北星」「新星」など一部を除き、存続していた・・・という時期だったんでしょう。
まだ、山形・秋田のミニ新幹線の話は、出ていませんでしたしね。
だいたい、東北新幹線も盛岡以北に延びるのがいつになるのか、目途も立っていませんでした。
(八戸まで延長されるのに、それから20年待たされました。)

夜行もなつかしいですが、盛岡で新幹線と在来線を乗り継いでいた時代、盛岡駅の駅弁が飛ぶように売れていたのを思い出します。
(常設の売店だけでは間に合わず、手押し車の臨時売店も出ていました。)

私が「ロースカツ弁当」、お友達が「鮭はらこ飯」を買い、分け合って「味見」したのも思い出です。もちろん、新幹線は200系。在来線特急は485系国鉄色。
それすら、もう「思い出」の世界になっちゃいました。。。。
(*'​-')​ノ

寂しいな。

 前回の「あけぼの」記事といい、今回の「北斗星」といい、
もう読んでいて、すげえ悲しくなったよ。
日ごろ、頭の中のどこかじゃ、何事も時代の波にゃ逆らえない
とは思ってきたけど、どうにも受け入れがたい自分がいる。
 それにワシら年寄りには、「老朽劣化による廃止」という
言葉自体ひときわ堪えるし、滅入るよな。
 客車連中だって、廃車後すぐに解体という憂き目に遭うなら、
さぞや無念だろうね、昔の長門機関区のような姥捨山が(失礼)
あったらええね。
たとえわずかな期間であっても延命させられるからさ。

 ワシらは団塊の世代。
時代と共に生きてきて、非力ながらも個人個人が周りと
競い合いながら、それなりに社会に貢献してきたという
思いもあるんだけど、今は世相が「高齢者は切り捨て」の
精神になっちゃったから、もう不用品同様かも?
「老朽化によるブルトレ全廃」だって、その精神の延長線上?

 ブルトレ、寝台列車に対する自分の思い入れが大きい分、
何も「なくさなくたってええのに」との思いも比例。
人間だって生命の誕生とともに、子供や孫の代に技術や文化を
継承していくんだから、車両だって新しいものを作って、幹線は
もちろん、幹線以外の非電化区間にも対応させられるような良い
施策が何かないもんかねぇ。

 今思えば、一昨年、昨年、そして今年と、3年続けて東北を
訪れる機会があって、その際に「あけぼの」を鶴岡駅近辺で、
「北斗星」を郡山駅で撮影できた巡り合わせを嬉しく思う。
ともあれ、今回はブルトレの全廃ニュースと老齢の我が身の
行く末が重なってしんみり。
 両列車が無くなる前に、もう一度、どこかで姿を見たいもの。
あ~ッ、とにかく寂しい。
From ふく爺

ふく爺様

こんにちは。
(*'-'*)

要するに、寝台列車は「公共交通機関」としての使命は終えており、
akiさんがご指摘になったように、「豪華客船みたいな、特別な乗り物」として残るのみ・・・ということなんでしょうねぇ。

もっとも、「カシオペア」と「トワイライト」も最終的には廃止されちゃうようですが。。。。
ただし、「カシオペア」のE26系客車は、さほど古くないので、上野~札幌間の準定期運行終了後も「クルーズトレイン」として当分は残るのではないか・・・と思っています。

消滅するものは仕方ないので、JR九州ご自慢の「ななつ星」に、いつか乗る夢でも見ますかね(笑)。
「ななつ星」も、年に一~二回でいいから関西や東京まで来てくれると嬉しいですね。

あるいは・・・日本と同様に斜陽とはいえ、まだ多少は寝台列車が残っているヨーロッパへでも行くか。

いずれにしろ、寝台列車が「気軽に楽しめる」存在ではなくなるわけですから、やっぱり寂しいですね。
(自民党の石破茂氏が大好きな「サンライズ」ってどうなるんだろう? アレが、日本最後の「気軽に、乗ろうと思えば乗れる寝台列車」になりそうな気がしますね。)
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。