05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都高速・謎の「羽田可動橋」を見に行ったよ

首都高速道路1号羽田線・羽田可動橋(2013年9月19日)6

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
「高速道路の廃道」「東京都内にひっそりと存在するシュールな光景」として本やブログ記事などで結構知られている場所ですが、
実際に現地へ行った人は少ないだろう・・・と思い、行ってきましたよ。
首都高速道路1号羽田線の「羽田可動橋」(東京都大田区大森南5丁目)です。
首都高速道路1号羽田線・羽田可動橋(2013年9月19日)1

橋が、あらぬ方向を向き、通行を拒否しています。もう、15年もこの状態らしい。もっとも、たまにはメンテナンスしているらしく、閉じることもあるようですが。

この橋は、いったい何であるのか?
(・.・)?
首都高の羽田線は、湾岸線が開通するまで、東京都心部と羽田空港を結ぶだけでなく、さらにその先、川崎・横浜方面(横羽線)にもつながる重要ルートとして機能していましたが、そのため渋滞も慢性化していました。
特に、空港出入口(現:空港西出入口)~昭和島JCT間にある羽田トンネル(海老取川河口を潜る水底トンネル)付近は常に激しく渋滞しており、事故も多かったのでした。

そこで、別ルートとして海老取川河口を跨ぐ「羽田可動橋」が建設され、1990(平成2)年4月16日から供用が開始されました。

この橋は、空港出入口→都心方面への一方通行(1車線)で、空港出入口から入って都心方面へ向かう車だけが通行できました。
つまり、空港から入った車が本線に合流して都心方面へ行こうとするとき、羽田トンネルの入口付近で横浜方面から来る車と重なり、渋滞することが多かったので、「空港から入った車は橋を通過してくれ」という、一種の迂回路です。
横浜方面→都心方面の車は本線(トンネル)を通ることになっており、この橋を通過することはできませんでした。
位置関係を示す地図は、こちらを。
(*'-'*)つ
(うまく表示されない場合は、もう一度ブラウザを「最新の情報に更新」してください。)

この橋は桁下の高さが4.5mしかなく、大型船舶が通過する際には旋回して開く構造です。
海老取川河口には大型船舶が入ることがあり、本線が橋ではなくトンネルになっているのも、船舶の航行を妨げないためだったんですが、
用地の関係で新たなトンネルを掘るのは難しく、また、航行を妨げない高い橋を建設するのも困難で、日本では珍しい「旋回橋」方式の可動橋が作られました。

1994(平成6)年12月21日に湾岸線の空港中央出入口~大黒JCT(鶴見つばさ橋経由)が開通し、首都高速の東京~横浜間を結ぶルートは二つになりました。
そこで、羽田線の渋滞はある程度緩和されたので、1998(平成10)年4月に羽田可動橋は使用が停止され、以来、ずっと開きっぱなしです。
ただ、将来的に羽田空港の利用が増大し、自動車の交通量も増えた場合には「また使うかも」ということで、撤去されずにいます。
現状では事実上「廃道」同然ですが、まあ、2020年の東京五輪開催も決まりましたしね。

しかし今は、「鳥が羽を休める場所」に過ぎません。
首都高速道路1号羽田線・羽田可動橋(2013年9月19日)2

対岸を走るモノレールからは、この場所が見えるのかなぁ? 駅でいうと昭和島~整備場間なんですけどね。なお、モノレールは水底トンネルを通過するので、橋と並行はしません。
首都高速道路1号羽田線・羽田可動橋(2013年9月19日)3

この塔屋が、橋の制御室のようです。
首都高速道路1号羽田線・羽田可動橋(2013年9月19日)4

橋脚には
お知らせ
水面上の高さ4.5mをこえる船舶は下記の日時以外は航行できませんのでご注意ください。
休日 午前8時から午後5時まで
連休 午前10時から午後5時まで
(但し年末年始1230日から13日までは開橋しません)』
と書かれた看板が残っていました。
首都高速道路1号羽田線・羽田可動橋(2013年9月19日)5

要するに、平日と年末年始は車の交通量が多く、「どんなことがあっても開けませんよ」ということだったのでしょう。
開橋中は、空港出入口から入った車もトンネルを経由するように誘導していたようです。

橋を渡った車は、森ヶ崎水再生センター(西施設)の裏を通り、
首都高速道路1号羽田線・羽田可動橋(2013年9月19日)7

しばらく行くと本線に合流します。ここはモノレールからも見えます。
首都高速道路1号羽田線・羽田可動橋(2013年9月19日)8

「だから何だ?」といわれれば、まあ、そうなんだけど、晴れた日の水辺は気持ちいいですし、ブラブラお散歩がてら珍しい風景を見に行ってみるのもいいと思いますね。
歩こう~♪(*'-'*)/
============================
■羽田可動橋の行き方
●JR大森駅東口(2番乗り場)・京急大森海岸駅から京急バス「森26」または「森56」系統で、終点「森ヶ崎」下車。
(だいたい10~15分間隔です。)
●JR蒲田駅東口(5番乗り場)から京急バス「蒲36」系統で、終点「森ヶ崎」下車。
(だいたい20分間隔です。)
詳細は、こちら(京浜急行バス公式サイト)から。
http://www.keikyu-bus.co.jp/
森ヶ崎(東京労災病院前)でバスを降りたら東(高速道路が見える方)へ向かい、突き当りを右に。
その後は、とにかく真っ直ぐ。橋まで徒歩約10分。

東京モノレールご利用の場合は、昭和島駅で下車。
空港方面へ向かい、「大森東避難橋」(人道橋)を渡ったら左へ。その先はひたすら真っ直ぐ、徒歩約30分。
=============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

こんばんは

橋ネタですね!
過去に橋ネタはあったのかなぁ~
(@.@)
まずはこんな橋があったなんてビックリ
ばぶりぃ~のなごりですかね
湾岸線が横浜まで開通した時は感激で
横浜から羽田空港へのリムジンバスが渋滞に巻き込まれず便利になりましたね
(^.^)
五輪の開催が決まり今後の動向が気になりますね!

aki様

こんにちは。
(*'-'*)

>過去に橋ネタはあったのかなぁ~

ないかもしれません。興味はあるんですけどね。

>まずはこんな橋があったなんてビックリ
>ばぶりぃ~のなごりですかね

そうだと思います。
それと、1990年当時は、まだターミナルビルが現在の「ビッグバード」ではなく、旧ターミナルビルだったように思います。
空港西出入口は旧ターミナルビルに近いので、その頃は利用する車が多く、いつも渋滞していたんでしょうね。

>横浜から羽田空港へのリムジンバスが渋滞に巻き込まれず便利になりましたね

そうですね。夕方以外は(笑)。
湾岸線といえば、横浜駅東口(YCAT)~東扇島間を走る「通勤高速バス」をご存知でしょうか?
(京急バス。車両は、たぶん空港リムジンの間合い。)
この6月、東扇島に「川崎東郵便局」(要するに「輸送センター」のような施設で、もっぱら首都圏発着の国際郵便を扱っているらしい)がオープンし、日本郵便社員の利用を見込んで増発したようです。
(京急バスの公式サイトで読んだ記憶があります。)

私は一回だけ、面白がって乗ってみたことがありますが(笑)、結構混んでましたよ。

>五輪の開催が決まり今後の動向が気になりますね!

首都高速は、築地に作りかけのまま放置されている「変なトンネル入口」があるんだけど、晴海にスタジアムと選手村が作られるそうなので、あのトンネルも正式に開通するんでしょうね。。。。

では~♪(*'​-')​ノ

こんばんわ。
可動橋と言えば、清水港線の巴川、佐賀線の筑後川可動橋などなど、鉄道以外では勝鬨橋位しか思い浮かばないので、こんな橋があるとは驚きです。
しかも15年も使用休止。
渋滞解消のためとはいえ、数年でバイパスルートができるのなら、敢えて建設しなくても、と部外者は考えてしまいました。
とはいえ、稼働する所は見てみたいですね。

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

「橋」をテーマにした記事・・・過去に一回書いてました!
2011年2月6日付『四日市・・・港の鉄道可動橋』
http://mitsuka115jnr.blog119.fc2.com/blog-entry-258.html
興味がおありでしたら、ご一読くださいませ。

清水港線の巴川橋梁は、ご当地の「ふく爺」氏がお詳しいんじゃないかと思います。

勝鬨橋は資料館ができて、機器室などが見学できるようですが、開館日が限られており、まだ私は訪れていません。
(都営地下鉄構内のポスター「ぴっくあっぷ」で見たような気がします。)
あの橋も、交通量の少ない日曜の早朝などを選んで、月1回、20分ぐらいでもいいから開いたところを見たいなぁ。。。。

>渋滞解消のためとはいえ、数年でバイパスルートができるのなら、敢えて建設しなくても、と部外者は考えてしまいました。

もったいない話ですが、当時は、とにかく渋滞解消と事故防止が急務だったんでしょうね。

>とはいえ、稼働する所は見てみたいですね。

それも見たいし、大型船が通過するシーンも見てみたいですね!

では~♪(*'​-')​ノ

このはしわたるべからず

お疲れ様です☆

なんか前回といい今回といい「鉄道ちゃんと~」ではありませんが、それもまたよし。視点が変わって楽しいです。そういえば渡し舟の…だから煽りなさんなi-192


>首都高速道路1号羽田線の「羽田可動橋」(東京都大田区大森南5丁目)です。

噂にはかねがね、という場所ですね。最近、横羽線の方を走ることがないため、全然縁のない区間になってしまいました(空港のリムジンバスももっぱら湾岸線を行きますからね)。なので訪問記を読んで実情を知った感じです。
※このエリアの横羽線を走ると、昔なら某大映ドラマさながらの風景画広がってましたね(今は空港の拡張工事などで面影ないみたいですけど、っていつの話をしてるんだi-198


>将来的に羽田空港の利用が増大し、自動車の交通量も増えた場合には「また使うかも」ということで、撤去されずにいます。現状では事実上「廃道」同然ですが、まあ、2020年の東京五輪開催も決まりましたしね。

休止状態なんでしょうね。廃道なんて聞くと「山○が」サイトを連想してしまいます(もちろんあちらでは取り上げられてません)。2020年かぁ…それより先にしなければならないこと山ほどあるんだけどなぁi-227

だいぶ涼しくなりまして、みっぴょんさんも活動を本格的に再開でしょうか。ご自愛のほど。


というわけで先般、烏山駅前に久々に行きまして、駅前のJR(旧国鉄)バス車庫が閉鎖されているのにびっくり。ローカル線の末端とはいえ、常野線のターミナルでいつもバスが屯しているイメージしかなかったんですね。
今やコミュニティ路線が時折ぽつねんとしている状況に時勢を感じてしまった「たか」でした。

ではe-463

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

>そういえば渡し舟の…だから煽りなさんな

♪連れて逃げてよ~・・・ってことで、超有名な「矢切の渡し」をまだやってませんけど、アレは「観光渡し舟」だからなぁ。。。。
先日、沼津まで行きましたが「我入道の渡し」を取材しなかったのは、現状は「渡し舟」というより狩野川河口の「遊覧船」に近い感じなので、過去に取り上げた航路(県道、市道などを代替する「交通路」である)とのバランスを考えると「どうかな?」と思いましてね。。。。

>※このエリアの横羽線を走ると、昔なら某大映ドラマさながらの風景画広がってましたね(今は空港の拡張工事などで面影ないみたいですけど、っていつの話をしてるんだ)

キムタク主演のドラマ『グッドラック』で、キムタクの父親役を演じた、いかりや長介さんの職業は「釣り船の船頭さん」でしたね。
その釣り船が係留してある場所が、海老取川の河口近くなんですよ。
周辺をうろつきながら、それを思い出しました。
(キムタクはANAのパイロットを辞めず、船頭さんは高校生の弟が「俺、大学へ行かずに船の免許取って親父の跡を継ぐよ」とかいうストーリーでした。)

>2020年かぁ…それより先にしなければならないこと山ほどあるんだけどなぁ

山ほどあるでしょ。
「お・も・て・な・し」より「汚染水」問題でしょうが。。。。
  
>だいぶ涼しくなりまして、みっぴょんさんも活動を本格的に再開でしょうか。ご自愛のほど。

どっちみち、本業が忙しくてあんまり遠出もできないんですよ。
ほどほどに、やります(笑)。

>というわけで先般、烏山駅前に久々に行きまして、駅前のJR(旧国鉄)バス車庫が閉鎖されているのにびっくり。

ジェイアールバス関東自体が全面撤退しちゃいましたからね。バス乗り場の標示だけ残ってますけど。
私、だいぶ昔にJRバスで烏山から大子まで抜けたことありますよ。
水郡線の車両は記憶にないけど、帰りに水戸から乗った「ひたち」は485系でしたね。

では~♪(*'​-')​ノ

No title

こんばんゎ
はじめまして

私は会社がここのすぐそばにあり
毎日空港西ランプを利用していたのに
こんな場所があるとは知りませんでした
(◎-◎;)

思い出してみると……
あの入り口の左側がそぉなのかと
今度じっくり観察してみます

とだ様

こんにちは。 はじめまして。
(*'-'*)

この近くでお勤めしていらっしゃるんですか。
とにかく不思議な風景なので、ぜひ一度じっくりとご覧になってみてください。
ただし、高速道路を運転しながらの観察は危険ですので、わき見運転はしないでください(笑)。

また遊びに来てくださいね~♪
では~♪(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。