10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練馬区の都営バス「新江62」系統、廃止へ

都営バス「新江62系統」(2013年5月21日・練馬駅)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
今回は当地・練馬の都営バスに関する話題です。
(興味のない方は、また次回以降にお会いしましょう。)

「新江62系統」新江古田駅~練馬駅~大泉学園駅という路線があり、この運転本数が年々寂しくなっていたんですが、
ついに(2013年)9月30日限りで廃止されることになりました。
ウゥゥ(;_;)
都営バス「新江62系統」廃止告知看板(2013年9月14日・練馬駅)

この路線は昭和30年代からあり、1959(昭和34)年3月1日、「132系統」として
大泉学園駅~練馬区役所~江原町二丁目(現:新江古田駅)~中井駅~東中野駅~中野坂上~新宿駅西口間のルートで運行を開始しました。
当初は西武バスとの共同運行でした。

その後、1972(昭和47)年11月12日から新系統番号制度が実施され、「宿62」系統になりました。
1973(昭和48)年6月10日に西武バスが撤退し、都営バスの単独路線になります。

それから20年以上、大きな変化はありませんでしたが、都営地下鉄大江戸線の開業で「宿62」系統の存在意義が薄れ、
1997(平成9)年12月19日から大泉学園駅~新江古田駅間に短縮され、新宿駅西口~新江古田駅間は廃止されました。
これに伴い、系統番号も「新江62」(しんえ・ろくじゅうに)系統に変更されました。
要するに、大江戸線の恩恵を受ることができず、さりとて、西武池袋線とは少し離れた「鉄道空白地帯」だけが残されたわけです。

2003(平成15)年4月1日から、練馬駅北口バスターミナルが整備され、南口の千川通り上にあるバス停に発着していた「新江62」系統も、新ターミナルへ乗り入れるようになりました。
ただし、運行は「大泉学園駅~練馬駅北口」間がメインになり、「新江62」と言いながら、新江古田駅まで行く便は非常に少なくなりました。
ちなみに練馬駅北口バスターミナルと、その北側に建つ「区立練馬文化センター」の敷地は、かつてのカネボウ練馬工場跡地で、工場が盛業中だった頃は、西武線からの引込み線があったそうです。
今は貨物列車も廃止され、練馬駅も高架化されましたから、想像もつきませんけどね。

2013(平成25)年4月1日、西武バスが都営の「新江62」系統と同じルートで「練48」系統の運行を開始しました。
30年前に撤退した西武が、なぜ、いまさら・・・という気もするんですが、今思えば、この時点で都営の撤退は決まっていたのかもしれません。
なぜなら、定期券の共通乗車制度は実施されず、また、「都営まるごと乗車券」や「都バス一日乗車券」、JR・東京メトロと共同の「東京フリーきっぷ」では西武バスに乗車できないからです。
(「東京都シルバーパス」は両社とも使えます。ただし、東京都福祉保健局が所管する、身体の不自由な方に供与されている「無料乗車券」では西武バスに乗れない模様。)
普通運賃も、西武は210円均一、都営は200円均一と、わずか10円ですが差異があります。

西武の「練48」系統は、おおむね1時間に1本程度運行されていますが、これが開業して以来、都営の「新江62」系統は1日4往復に削減されてしまいました。
こうなると、前述した福祉目的の運行だけが存在理由になっていましたが、大幅減便から半年足らずで「全面撤退」となりました。
福祉目的パスでの利用者が多く、運賃を支払っている人もほとんど「Suica」か「PASMO」で、「現金収入」がものすごく少ないため、嫌になったのかもしれませんね。

時刻表の写真を載せておきますが・・・ほら、こんなに少ない。
(練馬駅北口)
都営バス「新江62系統」時刻表(2013年9月14日・練馬駅)

「新江62」系統といっても、新江古田駅に顔を出すのは11時台の1往復だけです。
(大泉学園駅北口)
都営バス「新江62系統」(2013年9月16日・大泉学園駅)

大泉学園駅前の停留所で廃止の告知を見ていた老紳士によれば、
「昔は、この路線が大泉地区の基幹ルートでした。本数も、1時間に4本か5本あったね」とのこと

運行を担当しているのは小滝橋自動車営業所杉並支所ですが、この支所は現在、はとバスに全業務を委託しているので、運転している人は交通局の制服を着ていますが、はとバスの社員さんなのでしょう。
1日4往復のダイヤも、よく見ると同一車両・同一人物が4回往復して、一日の勤務終了・・・みたいです。

この路線は、目白通りと笹目通りが交差する谷原交差点(常に渋滞が激しく、ラジオの道路交通情報でおなじみ)までは、だいたい目白通りを行く・・・と思いきや、中村橋駅入口(練馬区向山[こうやま]からは、目白通り開通以前から存在する裏道を通る区間もあります。
(だいたい、「中村橋駅入口」といっても結構遠く、10分ぐらい歩く。)
地下鉄大江戸線や西武池袋線の駅からは1km以上離れた場所を通るためか、お年寄りや身体の不自由な人の利用が多い感じで、若い乗客はあんまり見かけませんね。
谷原交差点の先(関越道練馬ICの手前)からは、大泉通りと呼ばれる、練馬年金事務所前の狭い道を行きます。このあたりも、西武線の石神井公園駅からは遠いですね。
ルートを大まかに知りたい方は、こちらの地図を。
(*'-'*)つ
(うまく表示されない場合は、もう一度ブラウザを「最新の情報に更新」してください。)


面白いのは、このバスの沿線では、通り沿いに「○○食品株式会社」の社名を掲げた零細企業・・・要するに「漬物屋さん」を何軒か見かけることです。
「練馬大根」というものは、今ではほとんど生産されておらず、練馬区の野菜といったらキャベツが多いんですが、いずれにしろ大農村地帯だった名残で、現在も漬物を生産しているわけですよ。
地元産の野菜は少なくなりましたが、関越道・外環道のICが近いので、北関東や東北・信州あたりの野菜が入ってきますから。
都営バス「新江62系統」(2013年9月16日・大泉学園駅北口)

この路線が廃止されることで、練馬区をほぼ横断していた都営の路線は完全に消滅し、あとは「王78」系統(新宿駅西口~王子駅間)が環八経由で練馬区内をかすめる程度になります。
あとは、「白61」系統(新宿駅西口~江戸川橋~目白駅~練馬車庫・練馬駅間)が、わずかに練馬区内へ顔を出す程度になりますね。
(注:練馬車庫[西武線桜台駅の近く]発着便は多いんですが、練馬駅発着便は僅少。)
なお、都営撤退後、西武の「練48」系統のダイヤが変更されるのかどうかは、9月20日現在、何も告知されていません。

では~♪(*'​-')​ノ
【参考】
東京都交通局(都営バス)公式サイト
(ご利用の際は、こちらで時刻等をご確認ください。)
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/

【追記】(2014-09-10)
都営の「新江62」系統廃止後も、同じ区間で西武バスの「練48」系統が運行されています。
西武バス「練48」系統(2014年9月9日・東京都練馬区三原台1丁目「稲荷前」停留所付近)

ただし、本数が非常に少ないので、ご利用の際は西武バスの公式サイト(下記のURL)で、時刻表をご確認ください。
http://www.seibubus.co.jp/timetable/dia/index.html
===============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

バスねたですね
(@.@)
大江戸線の影響で路線短縮していよいよ廃止なんですね
新宿からではある程度の距離を走行してたのではないですか?
日中だけだと地域の足の要素が高かったのですかね
採算が合わないのでしょうね
(*.*)
うちのほうも車庫がスーパーになったり小さいバスが住宅街経由の路線になったり再編されましたが今は落ち着いてます
気候も秋めいてきて鉄道のイベントにバスのイベントが近づいてきましたね
(^.^)/

aki様

こんにちは。
(*'-'*)

>新宿からではある程度の距離を走行してたのではないですか?

新宿西口→青梅街道→中野坂上→山手通り→中井→目白通り→練馬区役所→大泉学園駅・・・ということは、15kmぐらいだと思います。
都市の路線バスとしては、結構長い距離だと思いますね。

>日中だけだと地域の足の要素が高かったのですかね

1時間に4~5本走っていたという時代には、さまざまな人たちが利用したと思いますが、末期はお年寄りばっかりでしたね。
おそらく、「自分の行動をバスの時刻に合わせていた」んだと思いますけど。。。。

>採算が合わないのでしょうね

合わないでしょうねぇ。もちろん、吊り革はありますが、車内で立ってる人を見たことがありませんでしたから(笑)。

>うちのほうも車庫がスーパーになったり小さいバスが住宅街経由の路線になったり再編されましたが今は落ち着いてます

公営・民営とも、どこでも再編・再再編が行なわれていますね。
久しぶりに訪れた町だと「昔の記憶」が通用せず、今の路線図を見て、変わっているので驚くこともありますね。
東京では、レインボーブリッジを渡るので人気があった都営の「波01」系統(浜松町駅~お台場間)が廃止されたのに驚きました。
今は、田町駅から代替系統があるようですが。。。。
(これは民間の、新規参入事業者らしいです。)

>気候も秋めいてきて鉄道のイベントにバスのイベントが近づいてきましたね

「秋といえば鉄道のイベント」っていうのは、日本だけでしょうね(笑)。
外国では、いつやるんだろう?
そもそも、あちこちで鉄道のイベントが開催される国自体、他にあるのかなぁ?

では~♪(*'​-')​ノ

宿62

この系統、自分には超・なじみが深いだけに驚愕ですし、残念です。
昔から大泉在住ですが、祖父母の家が谷原にあり、幼い頃のベージュと水色の塗装だった頃から利用していた路線です。
谷原小学校前バス停から徒歩数分、反対側には石神井公園駅までのバス停もある立地です。都営は時間があてにならず、石神井公園への西武バスは駅からの帰りが不便と双方に短所を抱えていましたが・・・。

自分の家を改築していた時期はこの系統を通学に使い、生まれて初めての定期券を所持した(都区内全域有効でした)のもここだったりと。その時期はこの系統専用の車両だけで十数台あり、1時間に数本と安定した利用もあったと思いますが、朝ラッシュの上りでも座れたりと、ドル箱路線とまではいってなかった気がします。
当時も時間通りに来ない、安定した本数はあれど間隔が空いたりと渋滞の影響も大きかったですね。
 
時は流れ、祖父母ともに他界し、家・土地も売ってからは全く利用機会はなくなりましたが、都バスのこの路線がなくなるとは思ってもみませんでした。また、西武が参入したことに至っては全く知らなかったです(笑)。

No title

練馬には白61系統が桜台そばの練馬車庫から新宿駅西口まで頻発で、桜台、江古田辺りから目白方向へ出るのに便利で、本数は僅かですが今年度から練馬駅まで延長された便も設定された様です(練馬駅へ伸びた便には私は未乗ですが)。大江戸線が出来る前に宿62でしたかw何度か乗りましたが、新宿駅西口バスターミナルでは、西武バスの新宿駅⇔池袋駅の乗場の直ぐ後ろ発着でしたね、西武バスのその系統は現在も有り、近年、高速バスも発着というレポも有り、いわゆる免許維持路線でなく新宿ターミナルでの発着場所キープの前向きな意図があったのには正直驚かされました。その枝系統で夜間に一本だけ池袋→練馬駅の西武バス便が有るのを『西武時刻表』でみつけ(上りは早朝)、バス共通回数券時代に一度、練馬保健所まで乗りましたが、いつのまにか消えてますね。宿62は新宿西口ターミナルがその西武の入るプラットフォームになる前に、小田急ハルクの当時あったJAL発券場前を発着してました。

えっ、虹01も?

お疲れ様ですi-1

新江古田なんて懐かしい駅名が出てきて、思わず反応しちゃいましたよ。以前、取り扱っていたスポンサーの最寄り駅で大江戸線でよく行ったものです。利用はしませんでしたが、バスがとまっていた記憶も…。


さて
>福祉目的パスでの利用者が多く、運賃を支払っている人もほとんど「Suica」か「PASMO」で、「現金収入」がものすごく少ないため、嫌になったのかもしれませんね。

先般、職場で都バスの路線図を見ていたら、ここが23区最西端の都バス路線だったことを知りました(柳沢まで行けば青梅支所の都バス最長路線があるみたいですけど)。
都バスなんて未来永劫(という表現はオーバーi-229)走るものだ、なんていう考えはもう通用しないんですね。東京以外でも殆ど福祉パスやスクールバス要素で継続している路線は多数ですから、補助金次第ではいつどの路線に大鉈がふるわれてもおかしくないのか…。

免許維持という点では横浜線・淵野辺駅北口から鶴川街道経由で登戸へ向かう神奈中バス(今は確か休日に1往復の設定)も細々と残ってます。以前は鶴川駅までの便が数時間おきにあって、何度か使ってました。こちらも今は平日に1往復程度。所違わずバスの再編は進んでますね。

※大阪・京阪の赤バス(赤川仮橋の都島寄りに行きやすかった)もなくなってしまいました


>東京では、レインボーブリッジを渡るので人気があった都営の「波01」系統(浜松町駅~お台場間)が廃止されたのに驚きました。今は、田町駅から代替系統があるようですが。。。。

虹01がなくなったというのには本当に驚きましたi-238。一度、東海道系統の撮影後にビッグサイトに出る用事があって、始発の浜松町(バスターミナル)から乗ったことがあります。冬の午後、西日をたっぷり浴びて渡るレインボーブリッジ。一番後ろでダイナミックな眺めを堪能したものでした。殆どの乗客は1日券利用だったのでしょうけど、日の出桟橋からはほぼ満員状態でしたねi-228
都バスなら江北・荒川土手から丸の内を目指す東43系統も楽しいんですが、区間利用は多いものの通しで乗ってる人はあまりいないからなぁ。

西武バスと新宿駅だとエルタワー横にあったバス停を思い出します。某深夜ドラマで路線バスに乗り込む元恋人を男性が歩道橋から見送るというラストシーンが印象的でした。今は確かここにバス停もないんですよねぇ。ありゃ、あまり関係ない話になりそうi-229

というわけで小学校時代に東01系統(トヨタコースターを使ったコミュニティ路線の先駆け)を見て、「都内に入ると何でもありだなぁi-183」と感心していた「たか」でした。

ではe-463

T-Max様

こんにちは。
(*'-'*)

>当時も時間通りに来ない、安定した本数はあれど間隔が空いたりと渋滞の影響も大きかったですね。

今は、練馬駅~大泉学園駅の間を「30分」というダイヤが組まれていますが、時間調整で途中停留所に2~3分停車することもしばしばありますよ。
やはり「新宿から」の時代は渋滞の影響を受けやすかったんでしょうかね。

>また、西武が参入したことに至っては全く知らなかったです(笑)。

これは唐突でしたね。今でも、日常的に利用する人以外はほとんど知らないだろうと思います。

では~♪(*'​-')​ノ

ぱす様

こんにちは。
(*'-'*)

まずはお詫びですが、「白61」系統の存在を忘れてましたね。
本文記事を訂正しました。
以前、東長崎に住んでいた頃、まだ大江戸線が開通しておらず、曙橋の親類宅へ行くのに何度か乗ったことがあるんですけどね。。。。
(*゚ー゚)ゞ
大江戸線が開通してからは、落合南長崎~若松河田間を地下鉄で行くようになってしまい、「白61」に乗る機会はありませんでした。

>新宿駅西口バスターミナルでは、西武バスの新宿駅⇔池袋駅の乗場の直ぐ後ろ発着でしたね、西武バスのその系統は現在も有り、近年、高速バスも発着というレポも有り、いわゆる免許維持路線でなく新宿ターミナルでの発着場所キープの前向きな意図があったのには正直驚かされました。

この路線は、今でもありますね。誰も乗ってないけど(笑)。
もっとも、ご指摘の通り、この路線があるおかげで西武バスは新宿西口に「自前の」高速バス停車場をキープしているので、その権利を放棄しない限り、新宿西口~池袋東口間のローカル線も走り続けるだろうと思います。

>その枝系統で夜間に一本だけ池袋→練馬駅の西武バス便が有るのを『西武時刻表』でみつけ(上りは早朝)、バス共通回数券時代に一度、練馬保健所まで乗りましたが、いつのまにか消えてますね。

この車両は石神井営業所の所属なのか、目白通りを回送で走っているのを最近、見かけましたよ。
「枝系統」の客扱いは、今、やっていないようです。
「練馬保健所」は、現在「豊玉すこやかセンター」という名称に変わったようです。
(建物は昔のままだと思うんですが、区内各所に分散していた保健・福祉関係の事務所を一箇所に統合し、改称したみたいです。)

では~♪(*'​-')​ノ

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

これまたお詫びですが、レインボーブリッジを渡るのは「虹01」でしたね。
「波01」は東京テレポート駅前から中央防波堤へ行く路線でした。これは今でもあり、一回乗ったことあるけど。。。。
(*゚ー゚)ゞ
>殆どの乗客は1日券利用だったのでしょうけど、日の出桟橋からはほぼ満員状態でしたね。

そこが問題で、「現金収入が少ないため赤字」だったそうです。

>(柳沢まで行けば青梅支所の都バス最長路線があるみたいですけど)。

「梅70」ですね。
現在、西武柳沢発着は1時間に1本、小平駅発着が1時間に1本のようです。
この路線は「対キロ運賃制」(初乗り170円)で、「都バス定期券(フリーカード)」と、500円の「都バス一日乗車券」では乗れません。柳沢から青梅まで乗ると、確か片道500円を超えちゃうんですよね。。。。

この路線も、昔は新宿駅西口発で青梅街道を延々走り、その後、阿佐ヶ谷駅前発着だった時代もあるそうですが、今は23区を離れ、西東京市の西武柳沢発着になってしまいました。
まあ、昭和46年ごろまでは、氷川駅(現:奥多摩駅)~塩山駅という路線(西東京バスと山梨交通の共同運行)という、すさまじい路線があったそうですから、この程度で驚いちゃいけませんが。。。。
(*'-'*)乗ってみたかったな~

>免許維持という点では横浜線・淵野辺駅北口から鶴川街道経由で登戸へ向かう神奈中バス(今は確か休日に1往復の設定)も細々と残ってます。以前は鶴川駅までの便が数時間おきにあって、何度か使ってました。こちらも今は平日に1往復程度。所違わずバスの再編は進んでますね。

「川崎市内を走る唯一の神奈中バス(一般路線)」ですね。
これは、検索すると「乗った」というブログ記事は意外に多く見かけるんですが、逆にいうと「マニアしか乗らない路線」かも(笑)。
私ですか? 「毎日1往復」だった時代に乗ったことありますよ(笑)。

>都バスなら江北・荒川土手から丸の内を目指す東43系統も楽しいんですが、区間利用は多いものの通しで乗ってる人はあまりいないからなぁ。

「東43」は今、1時間に1~2本になっちゃったようですね。

>というわけで小学校時代に東01系統(トヨタコースターを使ったコミュニティ路線の先駆け)を見て、「都内に入ると何でもありだなぁ」と感心していた「たか」でした。

ああ、東京駅(丸の内口)~霞ヶ関~虎ノ門~新橋駅の路線でしょう。
見かけたことはあるけど、乗る機会はありませんでしたね。
アレは、マイクロバスだし、いつもガラ空きなので「霞ヶ関に勤務する公務員専用なのでは?」と勘違いしている人も少なくなかったそうです。
おっしゃるように「コミュニティ路線の先駆」でしょうけど、ちょっと「時代に早すぎた」感じだったんでしょうね。コミュニティ路線が全国的に盛んになったのは、それから10年以上後ですから。。。。

では~♪(*'​-')​ノ

都バス〜

おはようございます。
都バス、高校のころ時々乗りつぶしに行ったりしていましたが、練馬区内は全然乗車しませんでした。
池袋〜西新井方面や、東京駅〜等々力行きのバス、登場間もない都市新バスはよく乗車した覚えがあります。
グリーンアロー、グリーンシャトルといった愛称が着けられていましたが、今はどうなっているのでしょうか?
路線、車庫の再編、バスの製造メーカーの再編で、すっかり浦島状態です。
高田馬場からの学バス、西武柳沢からの青梅行きなどなど、久しぶりに都バスに乗りたくなる記事です。

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

>池袋〜西新井方面や、東京駅〜等々力行きのバス、登場間もない都市新バスはよく乗車した覚えがあります。

東京駅~等々力ですか。その昔は「首都高速経由」なんていうのもあったらしいですね。
今は目黒区から都営の路線は消滅し、世田谷区も「宿91」(新宿西口~新代田駅間)ぐらいになっちゃいましたからね。。。。
(東京駅~等々力間の「東98」系統は、東急バスの路線として存続。なお、「目黒駅」発着の都営バスはあるんですが、ご存知と思いますが、あそこは「品川区上大崎」ですので。。。。)

>グリーンアロー、グリーンシャトルといった愛称が着けられていましたが、今はどうなっているのでしょうか?

都07(門前仲町駅~錦糸町駅間)に乗る機会はしばしばありますが、「グリーンスター」の愛称は、車内放送では言っていますが、車体前面に表示しているのを見ることは稀ですね。今は「ノンステップバス」の表示をしていることが多いです。
(グリーンスター以外の路線については、よく知りません。)

>高田馬場からの学バス、西武柳沢からの青梅行きなどなど、久しぶりに都バスに乗りたくなる記事です。

いいですねぇ。涼しくなってきましたし。
ただ、本数が少ない路線もあるので、お出かけの前に交通局公式サイトで時刻をお調べになったほうがいいと思います。
では~♪(*'​-')​ノ

都バス

こんばんみー。東京に行ったとき、都バスよく乗ります。東京駅から等々力とか、等々力渓谷がすごく綺麗と聞いて行ってみたのですけど、ただのドブ臭い川でした。
あと東京駅からお台場とか、五反田から川崎とか、錦糸町から日暮里とか乗りました。200円で乗れるのがうれしいですね。
あと、三宮~尼崎とかの路線も長いですね。
あいの里から札幌バスターミナル間のバスも距離が長いですが、230円で乗れるオトクなバスです。最近はバスも綺麗になって、乗り心地がよくなりました。運転手さんによると、東京から程度のいいバスを買ってきて観光バスで廃車になった座席を取り付けているので、ゆったりしているよ。って言っていました。出会う確率はそう多くはないですけど。
こういった地元の路線バスを探すのもいいですね。沖縄の市内バスも
1時間20分ぐらい時間をかけて走るバスもあります。230円で乗れます
。ほかにも探すといろいろありそうですね。

びゅんびゅん丸様

こんにちは。
(*'-'*)

>東京駅から等々力とか、等々力渓谷がすごく綺麗と聞いて行ってみたのですけど、ただのドブ臭い川でした。

以前(40年ぐらい前)は本当に汚かったらしいんですが、現状は、かなり浄化されていると思いますよ。
23区内で「渓谷」というのはここだけで、貴重な景観です。

>あと東京駅からお台場とか、五反田から川崎とか、錦糸町から日暮里とか乗りました。200円で乗れるのがうれしいですね。

東京駅~お台場って・・・ああ、「都05」ね。晴海経由の。レインボーブリッジを渡る路線は廃止されました。

五反田~川崎間は東急バスですね。その昔は、鶴見駅まで来てたんですけどね。

錦糸町~日暮里って「都08」ね。スカイツリーの下を通る。。。。
それは乗ったことないけど、錦糸町~大塚の「都02」は、たまに乗ります。別に面白くはないけど(笑)。

>あと、三宮~尼崎とかの路線も長いですね。

阪神バスの? 一度乗ってみたいと思っていましたが、現在は西宮で分割されて直通はしていないそうです。

>ほかにも探すといろいろありそうですね。

鉄道と違って情報が少ないですけど。また何か見つけたら取り上げます。
では~♪(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。