04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1966年、C57 57号機の写真だよ!(*'-'*)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
東京都世田谷区大蔵4丁目にある区立大蔵運動公園に、C57 57号機が保存されている・・・という記事を、2012年8月11日付で書きました。
http://mitsuka115jnr.blog119.fc2.com/blog-entry-422.html
その後、この機関車を1966(昭和41)年3月に札幌駅で撮影した写真を、静岡県の「ふく爺」氏から送っていただきました。
「(扱いは)好きにしてくれぃ」とのことですので、私だけが拝見するのではもったいなく思い、公開させていただきます。
「ふく爺」様、ありがとうございました。

札幌駅にて、S41年3月 (1)

札幌駅構内、まだ地上です。それどころか非電化で、架線も張られていません。
函館本線の小樽~札幌~滝川間が電化されたのは1968(昭和43)年8月28日のことで、本格的に電気運転が開始されたのは同年10月1日、いわゆる「ヨンサントオ」のダイヤ改正からでした。
札幌駅の高架化は、JR発足後の1988(昭和63)年11月3日に第一期工事(3~11番線)が完成し、1990(平成2)年9月1日に1・2番線も高架化されました。

私が初めて北海道へ行ったときは、まだ地上駅でしたね。千歳空港駅(現:南千歳駅)から711系の普通列車で札幌に着いたので、電化はされていましたが。
「ふく爺」氏の旅は、当然、青函連絡船経由だったものと思います。

この機関車の経歴は、1938(昭和13)年に川崎車輌(現:川崎重工)で製造され、1944(昭和19)年までの配置区所は、戦時中の混乱で紛失したのか不明ですが(注)、
・1945~47(昭和20~22)年・・・岡山機関区
・1948(昭和23)年・・・仙台機関区
・1949~66(昭和24~41)年・・・小樽築港機関区
・1967~68(昭和42~43)年・・・室蘭機関区
・1969~73(昭和44~48)年・・・苗穂機関区
・1974~76(昭和49~51)年・・・岩見沢第一機関区
と移っており、1976年3月31日付で廃車、同年6月に大蔵運動公園へやってきました。

(注)出典は不明ですが、「新製配置は梅小路機関区で、その後宮原機関区、岡山機関区・・・と転じた」とする資料を見つけました。
また、1954(昭和29)年8月には、昭和天皇の北海道ご巡幸に際し、お召列車牽引の任にあたったとのことです。
(8月9・10日、区間は長万部~室蘭間らしいんですが、これには諸説あるので詳細は省略。)

撮影当時は小樽築港機関区の所属で、それを示す[築]の区名札が差してあります。
札幌駅にて、S41年3月 (2)

5月18日に写真をご提供いただいてすぐ、お礼のメールは出しましたが、「現状」の写真は昨年撮影した日が大雨だったので、晴れの日にあらためて撮影しました。
(2013年6月3日)
C57 57(世田谷区立大蔵運動公園・2013年6月3日)1

煙室扉のハンドルの向きがおかしい・・・と、昨年訪れたときから気になっていたんですが、よく見たらこれはどうも、この位置で固定してしまったようです。
C57 57(世田谷区立大蔵運動公園・2013年6月3日)2

あらためて、大蔵運動公園の行き方を書いておきますので、ご参考までに。
(*'-'*)
============================
●世田谷区立大蔵運動公園について
詳しくは、下記のホームページ(「1000円もって公園へ行こう!」)をご覧ください。
http://1000enpark.com/park/tokyo/setagaya/ookura.html
・交通
1.(「渋24」系統)渋谷駅南口←→成城学園前駅(東急バス・小田急バス)
  (「渋26」系統)渋谷駅南口←→調布駅南口(小田急バス)
(「等12」系統)等々力(とどろき)操車所←→成城学園前駅南口(東急バス)

「成育医療センター前」下車 徒歩約5分。
「NHK技術研究所」下車 徒歩約6分。
※「渋24」系統は渋谷駅南口3番乗り場(三菱東京UFJ銀行前)から。
「渋26」系統は渋谷駅ハチ公口0番乗り場から。
※この「バス停からの所要時間」は「公園の入口まで」の時間で、機関車の場所までは、さらに10分ぐらい歩きます。
機関車目当てなら、「NHK技研」停留所が便利だと思います。
※「日大商学部前下車徒歩6分」と書いた資料もあるんですが、この停留所は機関車の位置から最も遠いので、お勧めしません。

2.(「都立01」系統)都立大学駅北口←(桜新町駅)→成城学園前駅南口(東急バス)
  (「玉31」系統)二子玉川駅←→成育医療センター(東急バス)
(「玉32」系統)二子玉川駅←→世田谷美術館(東急バス)

「区立総合運動場」下車、すぐ(降りると機関車が見えます)。
※「玉31」「玉32」系統は狭い道を走るので小型バスですが、意外に混む(「満員お断り」の場合あり)。ダイヤも遅れがちで、あんまり当てになりません。
「都立01」は中型車なので人は乗れるんですが、遅れが多い感じです。
詳しくは東急バスの公式サイトをご覧ください。
http://www.tokyubus.co.jp/top/index.shtml
・駐車場
30分100円ですが、停められる台数が少ないので注意。
隣接する砧公園の駐車場(こちらは1時間100円)も併せてご利用ください。
ただ、世田谷区ではあくまで「公共交通機関でお越しください」と言っていますが。
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

C57ですね!
(@.@)
保存SLが現代を走る光景より
過去の画像は雰囲気が違い良いですね!
(・.・)
世田谷のSLは綺麗に保存されていて
近くで見上げると迫力が出ますね
経歴と行き方も詳細が載っていて分かりやすかったです
(^.^)

aki様

こんにちは。
(*'-'*)
この写真は、私だけが見たのではもったいないと思いましたが、幸い、扱いを一任されましたので公開させていただきました。

現役時代のC57、駅に停車中でもこんなに迫力があるんですから、走行中は、さぞかしすごかったでしょうね。

世田谷・・・ここは、簡単に行けるようで案外遠いんですよ。
いや、距離は大したことないのかもしれないけど、道が混むのでバスは時間がかかる。。。。
ただ、去年撮った写真は大雨の中だったので、晴天の日に撮りたくて再訪しました。
関東も梅雨に入りましたが、案外、雨の日は少ないですね。
では~♪(*'​-')​ノ

C57

おはようございます。
C57 57、祖師谷に在住の友人から、「部品の盗難がひどい」と聞いていたのですが、写真みた限り状態はかなりいいみたいですね。
名門と言われる小樽築港機関区所属だったんですね。
現役時代の札幌駅、今では全く想像できない、貴重な写真です。

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

やはり東京23区内にあるためか、この機関車を取り上げたwebサイトは結構あり、撮影時期によって状態が変化していることがわかります。
現状では、運転席側とテンダーのナンバープレートがなく、また、テンダーのライトが破損しています。
それ以外は、現在キャブには立ち入りできないので、ちょっと見たところではわかりません。
以前はキャブに入れたようですし、また、立入禁止になってからも、塞ぎ方が甘っちょろかった時期もあったようですが、今は透明アクリル板で完全に塞がれています。

塗装は、塗りなおされていますね。どうも、近年アスベスト除去工事をやったようで、同時に塗りなおしたんだと思います。
(塗りなおし前の塗装について、「塗り方が汚い」とか、わざわざ写真を丸で囲んで指摘している、心無い非常識なサイトもありますよ。これはおそらく、予算がない中、国鉄OB会あたりの有志がやったんでしょうから、そういうことを言うのは失礼だと思いました。)

塗りなおしの際、検査標記も書き直したようですが、この書体が都立小金井公園のC57 186と似ているので、同じ業者かもしれません。

>現役時代の札幌駅、今では全く想像できない、貴重な写真です。

これは本当に、今となっては貴重で、ふく爺氏に感謝します。

では~♪(*'​-')​ノ

訂正と…

こんにちわ、前回の神奈臨のコメントの訂正です。
「大宮工場に持ち込んだオハフ33」、オハ35 2001の誤りでした。
すいませんでした。
C57 57のお召列車、「国鉄時代vol.33」によれば、8月 9、10日のほか、18、21日にも牽引したような記述があります。
また「蒸気機関車エクスプローラーvol.11」の元 小樽築港機関区検査長のインタビュー記事のなかで、D51 277、C57 141と並んで記念撮影の写真がありました。
ご覧になりましたか?

ビール園の夕暮れと製菓工場

お暑うございます、お疲れ様ですi-1

今頃、北の大地は爽やかな時節を迎えているのでしょうね(場所によってはまだ寒いかな?)


>私だけが拝見するのではもったいなく思い、公開させていただきます。

いや本当に「ふく爺」さまには感謝です。そして勿論、公開された「みっぴょん」さまにも。ネットは便利な反面で、実はアーカイブスがあるようでないという状況です。こういうスタイルって本当は重要なんだけどなぁ。
ちょっとした情報を載せて、いい気になっている坊やたちに「温故知新」の精神を…なんて、こういうことを記すようになると歳を感じますねぇi-181


>塗りなおし前の塗装について、「塗り方が汚い」とか、わざわざ写真を丸で囲んで指摘している、心無い非常識なサイトもありますよ。

びた一文出してるわけでもなし、何もいちいち指摘しなくともねぇ。だったら自分でやりゃいいんですよ。汚い、嫌だと思ったら見なかったことにすればいいだけで、なんだか昨今のクレーマーの類ってわからない。
※理にかなったクレームなら、ワタクシも納得することありますけど


>世田谷・・・ここは、簡単に行けるようで案外遠いんですよ。

世田谷って便利なようで、目的地が実は結構駅から遠いところが多いんですよね。主要駅までは鉄道利用でも、そこから先は良くてバス、運が悪いとひたすら歩きですからね。
※昔、お付き合いのあった方がこれまた駅から遠く、おまけに入り組んだ路地の先で、夜遅くに駅まで送ってもらったことも…i-229


さて
>札幌駅構内、まだ地上です。それどころか非電化で、架線も張られていません。
札幌駅の高架化は、JR発足後の1988(昭和63)年11月3日に第一期工事(3~11番線)が完成し、1990(平成2)年9月1日に1・2番線も高架化されました。
私が初めて北海道へ行ったときは、まだ地上駅でしたね。

いやぁ懐かしい。ワタクシも初渡道と2回目のときはまだ地上でした(もちろん電化済み)。低くて、どことなく薄暗い雰囲気のホームは蒸機時代をそのまま伝えているかのようでしたね。
※ちなみに初回は「はくつる」~連絡船~「北海」で夕方の札幌着でした

当時は親類が現地の国鉄の現業でしたので、日がな一日、駅近くで列車を眺めたり、撮影したりしてました(今考えると、これ構内じゃん!みたいなところでも普通に撮影できました)。夕方、帰宅する親類の車で一緒に帰るのですが、どうやら職場で「○○さん、一番下の子いくつ?もう一人子供いたんだ!」と話題になってしまったのだとかi-183
おかげで今では貴重な写真の宝庫になってますi-179ありがたいことでしたi-228
※確か0番線(旧定山渓ホーム)から発車するの「ライラック」やら臨時の海水浴列車「らんしま」、羽幌からの臨時急行「天売」なんていうのもあるはず


そういえば、初渡道のときはサッポロビールの専用線(苗穂接続)にはワム8がゴロゴロいましたし、線路際にあった古谷製菓からは甘い香りが漂ってました。あの時、ビール園で夕方に見た北の空の群青色を今も夕暮れの風景に再現しようと奮闘努力の「たか」でした。

ではe-463

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

>「大宮工場に持ち込んだオハフ33」、オハ35 2001の誤りでした。
すいませんでした。

お気になさらず。
ドンマイ!(*'-'*) /

オハ35 2001といったら、電気暖房を取り付けた際に「+2000」の番号に変更されちゃいましたが、生れはトップナンバー「オハ35 1」じゃないですか!

盛岡市内の公園でC58と一緒に展示されていたようですが、よくまあ、そんなのが残っていましたね。

それも機関車と一緒に復活するんでしょうね。
JR東日本には、スハ32系と43系の保存車はありましたが、オハ35系がなかったので、嬉しい限りです。

C57 57の件、それらの図書は今のところ未読ですが、確認しておきます。
ありがとうございました。

では~♪(*'​-')​ノ

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

>こういうスタイルって本当は重要なんだけどなぁ。
>ちょっとした情報を載せて、いい気になっている坊やたちに「温故知新」の精神を…なんて、こういうことを記すようになると歳を感じますねぇ

最低なのは、鉄道会社のプレス・リリースをそのままコピペで貼り付けている記事。実際には、リリースそのものはPDFファイルになっているケースが多いので、リンクを貼っているだけ・・・ってやつね。
結構多いですよ、そういうサイト。「にほんブログ村」を見るとわかるけど。
私は、そういうサイトをクリックしてアクセス数を増やしてやりたくないので、タイトルを見て例えば「ああ、これは京成の話だな」と思ったら、直接、京成電鉄の公式サイトを見る・・・というふうにして、そういう「糞サイト」がランキングから「沈下」するようにしてます。
(マジで怒ってます。)

例の「JR東日本に”豪華列車”デビュー」なんて記事、いったい何百人が「コピペ記事」作ってんだか。
だいいち、まだ「完成は3年後」「主任デザイナーは外部委嘱」「日本では前例がない新しい制御方式である」「寝台車ではない」という4点が公表されただけでしょうに。。。。

>びた一文出してるわけでもなし、何もいちいち指摘しなくともねぇ。だったら自分でやりゃいいんですよ。汚い、嫌だと思ったら見なかったことにすればいいだけで、なんだか昨今のクレーマーの類ってわからない。

「文句屋」っていうのは、必ずいるんだよね。わざわざ「文句を言うために現地へ行ってるんじゃないの?」っていう輩も、中にはいるでしょうね。

>世田谷って便利なようで、目的地が実は結構駅から遠いところが多いんですよね。主要駅までは鉄道利用でも、そこから先は良くてバス、運が悪いとひたすら歩きですからね。

東京と神奈川を結ぶ東西方向の鉄道が多く、南北方向のは東急世田谷線ぐらいですから。。。。
これは練馬区や板橋区も同じ。例えば、大泉学園とか石神井公園から成増あたりへ行く場合、電車だと大変な大回りです。バスはあるけど、所要時間が読めないし。。。。

>確か0番線(旧定山渓ホーム)から発車するの「ライラック」やら臨時の海水浴列車「らんしま」、羽幌からの臨時急行「天売」なんていうのもあるはず

「らんしま」って列車、DD51牽引の旧型客車だったんじゃないかなぁ。
確か『鉄道ジャーナル』に写真が載っていたのを見ましたけど。
「列車名があるわりに、普通列車と全く同じなんだなぁ」と思い、逆に印象に残っています。
「天売観光号」とか「利尻観光号」なんてありましたね。「観光号」っていう名称、北海道独特だったのではないでしょうか。

>そういえば、初渡道のときはサッポロビールの専用線(苗穂接続)にはワム8がゴロゴロいましたし

ビール工場といったらワム8でしたね、昔は。
そのために、烏山線とか甘木線に貨物列車が走っていたんですから。
あと、私は彦根駅に停車中のしか見てませんが、近江鉄道に「謎のDD13」がいたのもビール輸送のためだったんじゃないかなぁ。
もっとも・・・東京の恵比寿駅だって、貨車がゴロゴロしてましたけどね。今は面影も残っていませんが。。。。

では~♪(*'​-')​ノ

おっはよう。

 C57 57号機の写真掲載ありがとう。
しかも、静態保存の同機を再び撮り直しに、わざわざ出かけて
くれたなんて、申し訳なかったね。
 この機関車を札幌で見たとき、自分はまだ若干?18歳。
この写真を撮ってからもう47年も経つんだなあ」って、しみじみ。
 この当時は、カメラを買ってもらってからまだ1年半しか経って
いないころのこと。
カメラはおろかフィルムでさえ高価だった時代で、フィルムを
ハーフサイズで使うオリンパスペンを携えての旅だった。

 そうだよ、みっぴょん言うように、渡道のための利用交通機関は、
もちろん青函連絡船さ。
 昭和41年頃は、国自体もまだ経済成長が始まったばかりで、
まだ著しいモータリーゼーションが巻き起こる前のこと。
 老いも若きも遊び金など、そうは持っていない頃だから、
飛行機の利用なんて上流階級の人たちのみで、一般庶民の移動手段
は、もっぱら市内はバスと路面電車、長距離は列車。
列車と言っても、特急列車ともなると、これまたステイタスの
高い人たちじゃなきゃ乗れなかった。

 道内には4回訪れているけど、この写真を撮ったときが最初。
この写真の3年後に旅したときも列車と青函連絡船だったから、
連絡船には往復都合4回利用したことになる。
 だけど、どういうわけか毎回巡り合うのは「羊蹄丸」ばかり。
青森までの列車は二回とも急行「八甲田」だったから、利用する
列車と船の関連があるのかもしんねえ。
 帰路、道内や青森→東京で利用した急行列車名は全く覚えて
いねえけど、そのときも船は「羊蹄丸」だったから、何か深い
縁を感じるね。
 まあ、自分的には「八甲田丸」など、ほかの就航船にも
乗りたかったけど、その後の出張や観光での渡道は飛行機。
そうこうしているうちに連絡船自体も廃止の憂き目で願い叶わず。

 列車から連絡船(逆行程もそうだけど)までの移動は、
短距離競争並の様相で、ほとんどの乗客が次に座る座席確保に、
やっきになっていた。
 ワシは荷物は持っていても、帰省や上京する乗客たちに比べれば、
はるかに少ないし軽い。
なにより若かったから、いつも1~2番でゴール!
 函館から急行「宗谷」への乗り継ぎでは、赤ん坊を抱いた
お母さんの席まで確保するという活躍ぶり(^^)
あの母子、無事に富良野に着いたかなあ。

 形式ナンバーと製造ナンバーが同じだと、ちょっと嬉しく
感じるけど、これは鉄道ファンなら誰しもか?
 このときも、C57-57を見かけて、やたら嬉しかった。
たいした写真じゃねえけど、年月を経れば周囲の変化も
わかるし、当時に思いを馳せることも容易だから、写真が
残っていて良かった。

 この写真を、みっぴょんブログに掲載させてもらったことを
素直に喜びたい、大変嬉しく思う。
 反面、このブログをご覧になる大方の皆さんの要望とは
かけ離れた記事にさせてしまったことを申し訳なく思う。
 決して押し付けがましい(押し売り的な)気持ちで送付した
のではないことはわかってくれるかと・・・。
載せてくれて本当にありがとう、感謝します。

 さて話し変わって・・・。
あらためて関東一円の鉄道関連イベントの多さには驚かされるね。
会場が混みあうのはイヤだけど、地方のファンには羨ましい限り。
 先般の大宮も内容豊富だったけど、引き続いて今度は神奈川
臨海鉄道のイベントだね。
 ワシは神奈川臨海鉄道の存在自体さえ知らなかったし、
首都圏に架線のない広々とした場所があるなんてなあ。
 それに、C56のデモ走行だなんて、あんまり主催者が考え
つかねえようなサービスにゃ、ほとほと感心。
イベント関連記事は、前回も今回共に随分勉強になったよ。
ありがとう。

 そうそう、神奈川っていや、修学旅行電車が走り始めたね。
ワシは、8日が空いているんで、天気さえ良ければ御殿場、山北、
谷峨あたりまで行ってみようと思っているんさ。
 梅雨の中休みらしいけど、静岡市では(今、間もなく午前4時)
かなり強い雨が降っている。
あと30分もしねえうちに「サンライズ瀬戸・出雲」の発車だぁ。

 カメラも壊れて買い換えたんで、今後はもう雨中での撮影は
ご法度にしたけど、その場になりゃ本能最優先で心の制御は不可。
 ごめんな、最終的に今回のC57記事とは、だいぶかけ離れた
文面になっちゃったことを、深くお詫びしておしまいにするよ。
ほんじゃ、元気で!
まったな~ッ!

ふく爺様

こんにちは。
(*'-'*)

>C57 57号機の写真掲載ありがとう。
>しかも、静態保存の同機を再び撮り直しに、わざわざ出かけて
くれたなんて、申し訳なかったね。

大好評ですよ!
ありがとうございました。
こちらこそ、なかなかもう一度世田谷まで出向く時間が作れず、お待たせして申し訳ありませんでした。
これからもよろしくお願い申し上げます。

>この機関車を札幌で見たとき、自分はまだ弱冠?18歳。
>この写真を撮ってからもう47年も経つんだなあ」って、しみじみ。

18歳で静岡から北海道への旅・・・まず「遠いなぁ」という印象だったんじゃないでしょうか。

>カメラはおろかフィルムでさえ高価だった時代で、フィルムを
>ハーフサイズで使うオリンパスペンを携えての旅だった。

「ペン」は、その後も15年ぐらいの間、「ビギナーの入門機」として愛されたんじゃないでしょうか。
今でも、ブランド名だけはデジカメに残っていますね。それだけ「名機」だったってことでしょう。

>だけど、どういうわけか毎回巡り合うのは「羊蹄丸」ばかり。

「羊蹄丸」は東京で保存されていましたが、残念ながら香川県で解体されちゃいましたね。
ただ、「解体した船の資材の有効利用」と、「有害物質を除去して安全に船を解体する方法を検証する」実験船として利用されたわけですから、最後まで「世の中のために働いた」んだと思います。

>函館から急行「宗谷」への乗り継ぎでは、赤ん坊を抱いた
>お母さんの席まで確保するという活躍ぶり(^^)
>あの母子、無事に富良野に着いたかなあ。

「八甲田」→連絡船→「宗谷」は、当時の『時刻表』の「東京~北海道連絡早見表」に載っている「国鉄推奨ルート」ですから、利用者も多かったんでしょうね。
「宗谷」は、もしタイムマシンがあったら乗ってみたい列車のひとつですねぇ。もちろん、函館~稚内の全区間。。。。
(12時間ぐらいかかったんですね。)
その母子は夕方、滝川で乗り継いで、富良野には夜8時過ぎに着いたんだと思います。その赤ちゃんも、もう50歳近いんですね。お母さんはお元気でしょうかね。

>そうそう、神奈川っていや、修学旅行電車が走り始めたね。
>ワシは、8日が空いているんで、天気さえ良ければ御殿場、山北、
>谷峨あたりまで行ってみようと思っているんさ。

あの辺は、雨も霧も多いんですよね。。。。
突然の雨に備えて、カメラに被せる「女性用のシャワーキャップ」を用意しておくのもひとつの方法です。
(100円ショップに売っています。)
御殿場線、お気をつけて。

では~♪(*'​-')​ノ

SL

こんばんみ~
サツ駅の貴重な古い写真ですね。このころはまだ生まれていませんでした。たぶん、両親が高校生か中学生のころですかね。もういませんけど。
昔のサツ駅の話はいろいろな人から聞いています。昔は今以上に賑わっていたようです。混雑で車両が足りずに客車にエンジンを取り付けた車両や、寝台車や食堂車を連結した列車もかなり多かったみたいです。
NHKで北海道アーカイブスでたまに、おもしろ映像が流れています。
神田山陽さんが北海道の100年を映像で紹介しています。
石狩の戦車バスや足寄の森林鉄道、遠軽のデパート列車、ネムタク(
キムタクではないです)
など、結構興味がある内容でした。結構鉄の内容も濃くて、おもしろいです。
昔は苗穂あたりはSLでいっぱいだったんでしょうね。苗穂は再開発で高架化工事の計画があるので、苗穂の車庫も見られるのもあと数年なのでしょうね。
昭和30~40年代の北海道は鉄道があちこち走っていたようですね。SLや鉱山鉄道にも乗ってみたいです。

びゅんびゅん丸様

こんにちは。
(*'-'*)

地元では「サツ駅」って呼ぶそうですね。
名古屋の人は、名古屋駅を「名駅」って呼ぶけどさ。

>サツ駅の貴重な古い写真ですね。このころはまだ生まれていませんでした。

撮影した「ふく爺」氏が18歳(いただいたメールによれば「学校を卒業して、4月1日から、就職した会社に出社する猶予期間の1ヶ月」らしい)で、
急行「宗谷」で出会った母子の赤ちゃんが今、47歳ぐらいのおじさんかおばさんになっているわけですから、びゅんびゅん丸さんが生れているはずもないのよ(笑)。

>混雑で車両が足りずに客車にエンジンを取り付けた車両や、寝台車や食堂車を連結した列車もかなり多かったみたいです。

客車にエンジンを取り付けたのは「キハ08形」だったかなぁ。
京都府の丹後に加悦(かや)鉄道というのがあって、そこに払い下げられたのが昭和の終わり頃まで走っていました。
加悦鉄道は廃止されましたが、キハ08形を含めて、最後まで残っていた車両はほとんど保存されていますよ。
詳しくは、こちら(「加悦SL広場」公式サイト)を。
http://www.kyt-net.jp/kayaslhiroba/
ここは私も行ったことないなぁ。行ってみたいけど、京都駅からでも結構遠いからね。。。。

寝台車は、急行「大雪」にはオロハネ10形っていうのが連結されていたんじゃないかと思います。
これは、1両の半分がA寝台、半分がB寝台で、車体の中央部分に入口がある(今、快速エアポートの721系にもそういうのがあるね)・・・というものでした。私も写真でしか見たことないけど。
要するに、普段はA寝台に乗る人なんか少ないんだけど、たまに国会議員とか、政府や道庁の高官が乗ることもあったので、そういう車両を作った・・・ってことなんですかね。
(中央線の急行列車にも連結されていたらしいです。)

>神田山陽さんが北海道の100年を映像で紹介しています。

神田山陽って今の・・・3代目のね。一時「失踪した」とかいわれていた。。。。
私が「神田山陽」って聞くと、先代を思い出しちゃうけどね。なにしろ、90歳ぐらいまでテレビに出てましたから。

足寄の森林鉄道と「ネムタク」はわかるんだけど、「石狩の戦車バス」って何だろ? 米軍か旧・日本軍払い下げの戦車のエンジンでも取り付けたバスかな?・・・と思って調べたら「戦車で牽引した」のね!
「遠軽のデパート列車」っていうのも・・・何だかわからんね。荷物車に商品を積んで、物品販売に巡回したんでしょうか。

では~♪(*'​-')​ノ

寝台車

デパート列車はテレビによると、昭和30年代には遠軽とか丸瀬布とかにはデパートと称するものがなかったので、旭川から車両に商品とかを積んでめぼしい駅に停車して販売していたそうです。車内には食堂とか床屋などもあって、映像ではかなりのにぎわいでした。まあ、今から見ると品数は多くはなさそうですけど。鞄とかコートとかも販売していたようでした。
他に、テレビでは寝台バスも紹介されていました。札幌市営バスが運行していて、車内は3段式寝台が並んでいました。昼は3人掛けの座席になっていました。但し、当時の道内は道路事情が悪く、全長に比べて車高が高く、安定感はよくなかったみたいです。カーブで2~3回ほど横転事故を起こしてしまい、寝台バスは幻となってしまいました。洗面所やトイレもなく、晩年は座席車に改造されて数年後に姿を消したそうです。寝台バスの写真は札幌市営地下鉄資料館でも見たことがあります。

びゅんびゅん丸様

こんにちは。
(*'-'*)

>デパート列車はテレビによると、昭和30年代には遠軽とか丸瀬布とかにはデパートと称するものがなかったので、旭川から車両に商品とかを積んでめぼしい駅に停車して販売していたそうです。

ご教示ありがとうございます。
今でもオーストラリアには似たような列車があるらしいです。あの国も、大平原の真ん中に開拓農家が数軒あるような土地ですから。

その旭川発の「デパート列車」ですが、駅とか、村の掲示板に「次回は*月*日」なんて日程が貼り出されると、みんなその日を心待ちにしていたんでしょうね。

>他に、テレビでは寝台バスも紹介されていました。札幌市営バスが運行していて、車内は3段式寝台が並んでいました。

市営といっても、札幌市内を運行するだけなら寝台など必要ないから、それは貸切用でしょうね。中国とかベトナムには、今でもあるらしいですけどね。
だけど、バスで3段寝台なんて、相当に窮屈でしょうね。列車だって、日本の3段寝台はずいぶん窮屈でしたよ。急行「八甲田」に連結されていたころ乗ったことあるけどね。

アムステルダムからワルシャワとかコペンハーゲンまで3段寝台に乗ったこともあるけど、やはりヨーロッパの車両は日本の新幹線並みに大きいし、ベッドも向こうの男性の体格に合わせて設計してあるらしく、広々した印象でしたね。

では~♪(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。