04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川臨海鉄道のイベントへ行ったよ!

神奈川臨海鉄道DD602(手前)とDD5518(奥)(横浜本牧駅・2013年5月26日)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
(2013年)5月26日、神奈川臨海鉄道の「創立50周年記念イベント」が、同社の横浜本牧駅構内で開催されました。

この記事ですが、行ってからすぐUPするつもりだったものの、こちらの都合で原稿を書く時間がなく、UPできませんでした。
遅ればせながら書いておきますね。

神奈川臨海鉄道は、川崎貨物駅(旧・塩浜操駅。訪れる場合の最寄り駅は京急大師線の小島新田駅)を中心とする川崎サイドと、
根岸~横浜本牧~本牧埠頭間の横浜サイドに分かれていますが、今回公開されたのは「横浜サイド」です。
神奈川臨海鉄道「創立50周年記念イベント」告知ポスター(横浜本牧駅・2013年5月26日)

川崎サイド(浮島線・千鳥線・水江線)は1964(昭和39)年3月25日の開業ですが、横浜サイド(本牧線)は1969(昭和44)年10月1日に開業しました。
まずは本牧線と、横浜本牧駅のご紹介から。

本牧線「思い出の貨物輸送」といえば、
●国際埠頭から上越線渋川駅まで工業用塩を運んでいたトキ25000形やトラ70000形(通称「塩トキ」「塩トラ」)。
(関東電化工業[株]渋川工場のソーダ電解事業が岡山県水島工場に一本化され、2005年8月に運行終了。これに伴い、横浜本牧~国際埠頭間の専用線は休止。)

●穀物輸送のホキ2200形ホッパ貨車。
(国際埠頭線の途中にあった日本農産工業[株]の専用線が廃止され、1991年5月に運行終了。)

●麦芽輸送のホキ9800形。麒麟麦酒の私有車だった。
(国鉄の山下埠頭駅からシフトしたもので、1987年3月から運行。1997年に運行終了したらしい。)

●宇都宮貨物ターミナル発の自動車輸送列車「ニッサン号」。
これはク5000形による専用列車で、1980年代には日産自動車の「パルサー」(海外での販売名は「チェリー」)が運ばれ、本牧の日産専用埠頭から自動車運搬船で欧米へ輸出されていた。
「日米貿易摩擦」時代の象徴みたいな貨物輸送で、1970年~1985年に運行され、いったん中止されたが1986年~1996年に再度運行された。
・・・といったところですかね。

意外なことに、JRの根岸駅にはタキがゴロゴロしているのに、本牧線は石油コンビナートとは接続していないため、通常はタキが入線することはありません。
なお、開業当初は「本牧操駅」と名乗っていた駅名が「横浜本牧」に改称されたのは1990(平成2)年3月10日でした。
それまで、この地区のコンテナ取扱駅はJR貨物の横浜羽沢駅でしたが、車扱貨物の衰退に伴い、コンテナ基地として再出発するにあたり、「この駅は横浜にある」ことをアピールするために改称したそうです。

構内は広く、首都高速湾岸線が上を通過しています。
神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅(2013年5月26日)1

この構内で、かつては刑事ドラマのロケがよく行なわれていましたが、最近は拳銃をバンバン撃ち合い、派手なアクションシーンが展開される刑事物が減ってしまい、あんまり見ませんね。
やっぱり、「アベノミクス」の恩恵を受けているのは一部の投資家だけで、まだ景気が悪いんだなぁ。火薬を大量に使ったり、廃屋を爆破したり、列車をチャーターしてロケを行なったり、カーチェイスで車が激突するようなドラマはお金がかかるから、スポンサーがいい顔をしないんでしょうね。。。。
┐('~`;)┌
横浜本牧駅の駅舎は、ここが入口です。
神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅(2013年5月26日)3

「何でもご相談ください」というわりには、無愛想なのが貨物駅の特徴です(笑)。
今は車扱貨物を取り扱わなくなったので、「車扱」の文字は消されています。

構内はとにかく広大ですから、ここで撮影すると、どんな写真でも「大空と大地の中で」というか(笑)、横浜市内とは思えない妙に「大陸的」な写真になってしまいます。
神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅(2013年5月26日)2

前置きが長くなりましたが、ここからイベント訪問記です。
前日(5月25日)の大宮(JR大宮総合車両センター)イベントで疲れてしまい、正午近くに出発。
ありがたく、3月から走り始めた西武池袋線から直通の「快速急行/元町・中華街」行きに乗って横浜まで。
「今後は、JRの湘南新宿ラインに乗る機会は減るかもしれないなぁ」と思いつつ、根岸線に乗り換えて根岸駅へ。

実は、専門学校時代の3年間は、学校最寄りの根岸駅を利用していて(最後の1年間は実習先へ行っていたので、毎日ではなかったけど)、懐かしく思いました。
どうも私の「貨車好き」は、子供のころよく自転車で見に行った新鶴見操車場と、高校時代に毎日乗降していた鶴見駅、それに専門学校時代の根岸駅で形成されたようです(笑)。
(*'-'*)
根岸駅前は、ン十年前に比べて「東京資本の飲食店がずいぶん増えたなぁ」と思いましたが、ここから横浜本牧駅までの無料バスが出ていました。
これは横浜市営バスのチャーター便で、乗ろうと思ったら、ものすごい混雑。。。。
しかし、空車のバスが3~4台、横浜本牧駅から戻ってきたところでした。空車をいつまでも停めておけず、管理職らしい人が「その車はもう出しちゃえ」と指示し、超満員バスは発車。
おかげで、ガラ空きのバスに乗れました。1台に15人ぐらいで、当然、全員着席です。

根岸の町は懐かしく思うものの、本牧線には旅客列車が走っていませんし、貨物列車の本数も少ないですから、それほど馴染みはありません。

14時頃到着すると、ちょうどC56 139号機のデモ走行が始まったところでした。
C56 139(神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅、2013年5月26日)1

考えてみたら「貨車を牽引する蒸気機関車」っていうのは、いまどきあんまり見る機会もないですよね。
往年の小海線あたりは、こんな感じだったんでしょうか。
C56 139(神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅、2013年5月26日)2

とにかく、ものすごい人出なんですよ。後日(5月28日付)、神奈川臨海鉄道の公式発表によれば2万5000人が来場したそうです。
でもまあ、私はC56形といえば「また、大井川鐵道に行けば見られるし」とか、「まだ行ったことのない”SL北びわこ号”も見たいなぁ」と思い、それほど「ガツガツ撮る」のはやめました。
今回は、自走ではなくDLの後押しによる「模擬走行」でもあるし。。。。
C56 139(神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅、2013年5月26日)3

ただ、このC56 139号機は「横浜ゆかりの機関車」です。
C56 139(神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅、2013年5月26日)4

1938(昭和13)年3月26日付で、山口県の日立製作所笠戸工場で製造され(製番:982)、当初は仙台鉄道局に配置されたようです。
その後、北海道の幌延へ転じ、さらに、生れ故郷からそう遠くない広島県の備後十日市(現:三次)へ移ったそうです。
備後十日市、昔の芸備線、木次線・・・と聞くと、私は松本清張の『砂の器』とか『父系の指』といった名作を思い出します。
C56 139(神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅、2013年5月26日)5

広島から鹿児島へ転じて、昭和30年代には横浜機関区に所属し、臨港貨物線の入換に使われました。
以前も書きましたが、横浜港の入換作業は列車ダイヤと、船の出入港時刻の関係で、いったん機関区を出た機関車が給水や燃料補給に戻る時間がなかなか取れなくて、小ぶりとはいえ、ある程度は水や石炭を積めるテンダー機のC56形が好まれたのです。
浜川崎や鶴見線では、タンク機のC11形が多く使われましたが、これは車両運用やダイヤが全く異なり、給水や燃料補給に戻る余裕があったからだと思います。
しかし、DD13形ディーゼル機関車が登場すると、補給の問題は一発で解決しました。ディーゼル機関車は一度、軽油を満タンにすれば2~3日ぐらいは補給の必要がないからです。
御用済みになったC56 139号機は1965(昭和40)年に廃車され、中央鉄道学園(東京都国分寺市)の教材になりました。

神奈川臨海鉄道に来たのは、国鉄分割・民営化で学園の廃校が決まった1986(昭和61)年12月のことで、「横浜観光の目玉」として復活の話は何度も出ているものの、具体化はしていません。
現在は、臨鉄社員と外部の有志が定期的に整備しており、2012年3月に再塗装され、状態は非常に良好です。

今回2万5000人も押しかけたのは「SLが出るから」だと思うんだけど、DLや貨車も間近で見られるチャンスは少ないので、これを見ずに帰るのはもったいない話です。
神奈川臨海鉄道の機関車は現在7両。川崎サイド5両、横浜サイド2両です。
今、横浜サイドにいるのは、1992年・富士重工製のDD5518。
神奈川臨海鉄道DD5518(横浜本牧駅・2013年5月26日)2

神奈川臨海鉄道DD5518(横浜本牧駅・2013年5月26日)1

そして、2006年・日本車輌製のDD602。これは現在、神奈川臨海鉄道の最新車両です。
神奈川臨海鉄道DD602(横浜本牧駅・2013年5月26日)

どちらも国鉄DD13形に代表される軸配置「B-B」の機関車ですが、この会社は開業以来、国鉄・JR払い下げの機関車を導入したことがなく、全て自社発注の新造車です。

貨車を見ずして、何のために貨物駅へ来たのか・・・ってことで、貨車はじっくり観察しました。
まず、昨年11月18日の京葉臨海鉄道・千葉貨物駅の一般公開でも展示されたタキ1000-1。
タキ1000-1(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

常備駅が郡山貨物ターミナルから、根岸駅に変わりました。ただし、今のところ「(京葉臨海鉄道)浜五井駅仮常備」になっており、展示以外で横浜へ来る機会があるのかどうなのか。

「1番じゃなきゃダメですか? 2番じゃダメなんですか?」ってことで、仙台北港駅(仙台臨海鉄道)からタキ1000-2も参加。
仙台臨海鉄道は、東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けましたが、徐々に復旧しつつあるようです。
ガンバロー!(*'-'*)/
タキ1000-2(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

そして・・・千葉貨物駅でも展示されましたが、「噂の”銀タキ”」タキ143645が登場!
ヽ(゜∀゜ )ノ
タキ143645(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

千葉での展示は大々的なPRがなかったので、知らなかった方も多いだろうと思います。千葉で見られなかった方は、今回の展示を待ち望んでいたことでしょう。
また、千葉では見学通路から遠い位置に留置されていたので、すぐそばで見たのは私も初めてでした。

こちらは、トラ45000形のコトラ150768です。
コトラ150768(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

トラ45000形は、1960~63年に8184両が作られたそうで、昔は全国どこでも見られ、ちっとも珍しくありませんでしたが、現在は事業用として30両程度が残っているだけで、なかなか見る機会はありません。
私も久しぶりに見ましたね。「東 川崎貨物駅常備」と書いてありますが、JR貨物部内の器材や部品の配給用車両として使われているようです。でも、本線上を走っているのを見たことはないなぁ。。。。

コンテナ車もいるよ。
最近は少なくなってきたコキ50000形です。コキ51376に、JOT(日本石油輸送株式会社)のUR18A・19A形冷蔵コンテナを積んで展示中。白い色がさわやかです。
コキ51376(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

コキ50231と50403には、「鉄道コンテナ輸送50周年」記念のグリーンコンテナ(19D形)が積まれています。
この「エコレールマーク」のニコニコちゃんは、いつ見てもかわいいですね!
(*'-'*)
それにしても、全国に50個しかない記念コンテナを10個も集結させるのは大変だったんじゃないかと思います。
コキ50231(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

コキ106-648もいるよ。川崎汽船の40ftコンテナを積んでいる姿、すぐ近くで見ると迫力がありますね。
コキ106-648(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

これは先日(5月5日)の東京貨物ターミナルのイベントでも展示されていたヨ8404(東ウタ)。
ヨ8404(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)2

今回は、トイレのある反対側も見ることができました。
旧・国鉄の車掌さんだった方のブログで、30年ぐらい前、このヨ8404のトイレの放流管を詰まらせてしまった失敗談(!)を読みましたが、「たくさんあったヨ8000形の中でも、このナンバーが健在で、今でもしばしば見られることに驚いている」とのことです。
ヨ8404(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)1

そして、「大物車」シキ1000D1です。これは、1975(昭和50)年の新造当時は日本通運の所有で、「マル通」マークを付けていましたが、現在はJR貨物所有だそうで、社名標記はありません。
シキ1000D1(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)1

福島第一原発事故以後、日本では関西電力大飯原発の2基を除き、原発の原子炉は稼動していませんが(2013年5月現在)、
その影響なのか、全国的に既存変電所の増圧をやっているらしく、最近、やたらに「シキ」による新造の変圧器輸送が増えている感じがしますね。
富士電機と日立製作所の合弁で設立されたものの、業績の低迷で解散が決まっていた変圧器メーカーの「日本AEパワーズ株式会社」も、解散が延期されたようですし。
そのため、「シキ」も数年前に比べて運転される機会が増えていますが、首都圏通過は夜間が多く、なかなか見ることができません。

静岡や名古屋あたりは昼間、場合によっては土日に通過することもあり、実にうらやましい。。。。
もっとも、「静岡は今、タンク車の定期運行がないんだ。愛知も三河地域にはないし、石油列車を毎日見られる首都圏の人がうらやましいよ」と言われそうですけどね。

「連結位置機関車次位(積車時) 次の編成とする場合は除く キ+ヨ+シキ+ヨ」という、面白い注意書きがありました。
この「伴走車」として、今でもヨ8000形が残されているわけです。
シキ1000D1(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)2

今回、コンテナの展示はグリーンの19D以外、そんなに珍しい物はなかったんですが、展示エリア外に、こんなのを発見。。。。
UT4C形コンテナの「UT4C-91」がポツンと置いてありました。
コンテナ・UT4C-91(日本石油輸送所有)(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

UT4C形自体は汎用のタンクコンテナで、それほど珍しくはない12ftコンテナの一種です。とは言っても、全部で164個しか存在しないようですけどね。
私有タンク貨車に比べて、コンテナはコストが安いためか、有名大企業だけでなく、中小企業が所有・借受している例が多いのも特色です。
汎用ですから、油や薬品だけでなく、印刷用インクや液化フロンの輸送にも使われています。
この「91」は日本石油輸送が所有し、新日本石油が潤滑油の輸送に使っていましたが、最近のタキ1000形同様「ENEOS」マークはあるものの、「JX日鉱日石エネルギー」の新社名には書き換えられておらず、「新日本石油」の文字を消した跡が残っていました。

今回もまた、楽しいイベントでしたが、根岸駅へ行く無料バスは長蛇の列。。。。

でも「無料」に固執しないなら、本牧市民公園方面から横浜駅へ行く市営バスは、いくらでも走っています。
冒頭に載せたヤードや駅舎の写真を撮りながら15分ほど歩き、国道357号線上の「横浜本牧駅」バス停から、横浜駅東口行きのバスに乗車。
これは210円払わなければならないものの、2~3人しか乗っていませんでした。
横浜市営バス「横浜本牧駅」バス停(2013年5月26日)

多少は土地勘がある強みで、空いているバスに乗れましたが、このバスが「和田山口」停留所に着くと、ドッと乗ってきました。
和田山口は「サティ・マイカル本牧」(ショッピングモール)の前にあり、もともと乗降客は多いんですが、イベントの告知では「無料バスを利用しない場合は”和田山口”から徒歩10分」と案内されており、無料バスを諦めた人たちがここまで歩いてきたようでした。
座ったまま横浜駅東口まで乗り、駅ビルの新築(地上33階・地下3階建て)が決まった西口を少しぶらついた後、また「ありがたい特急小手指行き」で、乗り換えることなく帰宅。
(*'​-')​ノ
============================
■「貨物列車」関連の主な過去記事
もし興味がおありでしたら、クリックしてご覧になってみてください。
(*'-'*)
四日市・・・港の鉄道可動橋ヽ(゜∀゜ )ノ(2011年2月6日付)
怪しすぎる(笑)・・・三岐鉄道(*゜ー゜)(2011年2月14日付)
また行きたいな!三岐鉄道(^​0_0​^)(2011年2月15日付)
岳南鉄道の貨物列車を見てきた!(*'-'*)(2011年9月10日付)
岳南鉄道の貨物列車 再訪(*'-'*) (2012年1月1日付)
「ELパレオエクスプレス」で武州原谷駅を見てきたよ!(2012年10月3日付)
京葉臨海鉄道50周年イベントを見てきたよ!(2012年11月19日付)
「全農」所有の貨車・ホキ8300形を描く(2013年3月20日付)
「日清製粉」所有の貨車・タキ24700形を描く(2011年4月11日付)
東京貨物ターミナルのイベントへ行ったよ!(2013年5月6日付)
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

お疲れ様でした!

ブログにも書きましたが、私は9時前に着き撮影してましたが、その時から「C56撮影会用入り口」は行列!

開門後も常に行列。
タキの前は閑散・・・と、いう状態でした。

世の中、本当にSLブームなんですね、身をもって体験しました。
ここまでとは思っていませんでした。
SLを出せば何処にでも人が集まるのでは・・・なんて思ってしまいます。

本牧に35,000人はビックリです(ーー;)

滑り込み

こんばんわ、25、26日と連続のお出かけお疲れ様です。
26日、どうしても休みが取れず勤務明けで根岸に向かうも職場を出られたのは12:30、根岸からタクシー使ったものの入場は14:15と滑り込みになってしまいました。
もう一度開催してほしいです。
C56 139+トラ+コキ、緑のコンテナはやはり小海線の貨物のイメージですね。
高原の野菜を運ぶ臨貨は、ちょうど今頃の運転だったでしょうか?
大宮工場に持ち込んだ?盛岡のオハフ33を連結したら、さらに盛り上がったでしょう。
「銀タキ」も間近に見たのは初めて、タキなどももっとゆっくり撮影できれば…と、休み取れなかったのが悔やまれるイベントでした。
今度は、川崎貨物駅&川崎車両所合同イベントを!

こんばんは

かなりんイベントですね!25000人ってすごいですよね
(@.@)
川崎サイドと横浜サイドってつながっていたことはないですよね?
横浜本牧駅の駅舎ってビルなんですね
ドンパチバンバンの刑事ドラマ懐かしいです
何度かロケを見たことあります!
構内広いんですね
(・.・)
C56デモ走行したんですかぁ
煙あるような気がしますが…
コンテナとSLって組み合わせは小海線であったんですか?
横浜で活躍していてそのまま保存してもらえて良かったですね
DDタキタキにトラ(=^・ェ・^=))もいたんですね
記念コンテナ並ぶと綺麗ですね
シキ連結の注意書きあるんですね!見てみたかったです
走行速度の制限もあるんでしたよね?
(*・ω・)
横浜駅はホテル跡地が綺麗になってますよね
今回も細かいレポお疲れ様でした
m(_ _)m

学園のカマ

みっぴょんさま、こんにちは。神奈川臨海鉄道のイベント、2万人も来場者がいたんですね。
貨物専業といえどもイベントを行うとやはり人が集まりますね。
C56ですが、書かれているとうり、以前は中央鉄道学園に展示されていたました。当時を知る職場の先輩から聞いた話では、中央鉄道学園では屋内に展示されていたために状態がいいんだよ!、国鉄の中央鉄道学園関係のお偉いさんが神奈川臨海鉄道に出向したときに引き取ろうという話になって譲渡されたそうです。
そのわりにはJRになってから展示されてくれと言ったら断られたと話ですよね…。
展示用のSLというと、野ざらし→部品盗難→解体というパターンが多いので、このカマは幸運な1両といえるでしょう。
長くなりましたが、今後も末長く大事に保存してほしいものです。
そして、混雑のなか大変お疲れさまでした。

と~ちゃん50才様

こんにちは。
(*'-'*)

この記事、5月27日(月曜)にUPするつもりだったんですが、原稿を書いている時間がなく、いざ書き始めたら調べることがいろいろ出てしまい、31日(金曜)にずれ込んじゃいました。
発表後、仕事(泊まり勤務)に行き、コメントのお返事は帰宅後、月が替わって6月1日(土曜)の夜になってしまいました。
申し訳ありません。
なお、当日の朝9時ごろ会場内で見かけたという美人は、残念ながら私じゃないなぁ。。。。
(´∀`*)ウフフ

>開門後も常に行列。
>タキの前は閑散・・・と、いう状態でした。

私も貨車は「時間差攻撃」的に撮りましたよ。
だって、機関車が動いているときは、誰も貨車なんか見てないんだもの。。。。
ちなみに大宮のイベントでも、185系の試乗車が動いているときは、誰も機関車など撮っておらず、EF80など好きなアングルで撮り放題でした。

>世の中、本当にSLブームなんですね、身をもって体験しました。
>ここまでとは思っていませんでした。
>SLを出せば何処にでも人が集まるのでは・・・なんて思ってしまいます。

っていうか、まず「自分が”撮る”と決めた物以外にカメラを向けない」傾向があるんでしょう。
いつも書いているように、「デジカメの撮影可能枚数はフィルムの数十倍なんだから、何でも撮っておきなさい」って、私は思いますけど、そこまで頭が回らない人が多いんだと思うのよ。

それと、「珍しい物が見られる。しかも無料」っていうと駆けつける人、多いんでしょうね。SLに限らず。
それこそ「鶴見川をアザラシが泳いでる」とか聞くと、すぐ行くんだろうなぁ、その手のタイプは(苦笑)。。。。
そういう人は、「C56自体は、大井川へ行ったら見られる。SLも、首都圏なら秩父とか真岡には本物が走っている」とは考えないかもしれない。だって、お金かかりますから。。。。

しかしまあ、東京貨物ターミナルでも思ったけど、埋立地の貨物駅って、やっぱり広いんですね。
2万人来ようが3万人来ようが、どうってことない感じがしましたよ(笑)。
では~♪(*'​-')​ノ

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

根岸駅からタクシーですか! それはそれは・・・お疲れ様でした。
そういえば、何台かタクシーが停まってました。
根岸駅から乗せてきた車が、バスを待つのが嫌になった人を乗せて駅へ戻って行くのを見たけど、タクシーのドライバーさんもいい稼ぎになったでしょうね。根岸駅~横浜本牧駅の間は4キロぐらいありますから。

>もう一度開催してほしいです。

自社車両を並べるだけだったら難しくないでしょうけど、問題は貨車ですね。
注目されるような面白い貨車をJRから借りる手配が結構大変みたいで、5月上旬に神奈臨の公式サイトを見たときは
「展示貨車につきましては、現在、JR貨物様と交渉中ですので、後日発表します」
となっており、あらためて開催3日前ぐらいに見たら、車種が明らかにされていました。

>C56 139+トラ+コキ、緑のコンテナはやはり小海線の貨物のイメージですね。
>高原の野菜を運ぶ臨貨は、ちょうど今頃の運転だったでしょうか?

イメージとしては、そうでしょうね。「レタス臨貨」でしょう。

>大宮工場に持ち込んだ?盛岡のオハフ33を連結したら、さらに盛り上がったでしょう。

大宮にオハフ33? そんなのがいるの?
それも例の、岩手のC58がらみですか?
東日本って、まだまだ良い物を持ってるんだなぁ。。。。

>今度は、川崎貨物駅&川崎車両所合同イベントを!

私もそう思いますね。あっちにも、相当に面白いのがいるはずなんですよ。。。。
では~♪(*'​-')​ノ

No title

貨物列車のSLもいいですね。後ろから機関車が押しているだけなんでしょうけど。横浜でもSL列車が復活するとおもしろいですね。
煤煙対策とか大変なんでしょうけど。
横浜も見どころ多いですね。中華街とか崎陽軒の工場とか、横浜市電博物館とか、ズーラシアや野毛山動物園も素敵ですね。
横浜駅あたりから有料でいいから、客車を運転してくれるといいですね。
明日、横須賀で鉄道イベントがあるみたいですね。フリーアナウンサーの小林さんも来るみたいで、楽しそうですね。
伊豆を走る電車もやってくるみたいです。

aki様

こんにちは。
(*'-'*)

>川崎サイドと横浜サイドってつながっていたことはないですよね?

ありませんね。必ず国鉄(JR)線経由です。
ただ、貨物運賃の計算方法は独特で、旅客と違い、会社線~国鉄・JR線経由~会社線の場合でも通算ですから、あんまり問題にならないのかもしれません。

>横浜本牧駅の駅舎ってビルなんですね

ただ、全部を神奈臨が使っているわけではなく、一部は運送会社や貿易会社などに貸しているようでした。

>ドンパチバンバンの刑事ドラマ懐かしいです
>何度かロケを見たことあります!

見ましたか!(・。・)ホゥ
私は、直接見たことはなかったなぁ。でも、テレビではおなじみでしたね。「追われている容疑者が、貨物列車に潜り込んで逃亡しようとするシーン」とかで。

>C56デモ走行したんですかぁ
>煙あるような気がしますが…

どうやって出していたのかはわからないけど、ダミーで発煙していましたよ。

>コンテナとSLって組み合わせは小海線であったんですか?

実際にはコンテナより「ツム」(通風車)が多かったようですね。
私も新鶴見で「ツム」を見たことはあるけど、その頃(1970年代後半)は、野菜ではなく、巣箱に入れたミツバチなんかを運んでいたらしい・・・と、これは大人になってから読んだ本で知りました。
(足立倫行・著『人、旅に暮らす』現代教養文庫[現在は絶版])
静岡県と北海道の間を、季節によって移動しながら蜂を飼育している養蜂家がいるんだそうです。その頃は、貨物列車で輸送していたんですね。今はトラックだと思いますけど。

>シキ連結の注意書きあるんですね!見てみたかったです
>走行速度の制限もあるんでしたよね?

これは制限速度75キロだそうです。それでもボギー台車だから、そのスピードが出るけど、2軸車だったら65キロまでですね。

>横浜駅はホテル跡地が綺麗になってますよね

横浜西口って所も「景気はちっともよくないのに、なぜこんなに人が集まってお金を使っているんだろう?」って、いつも思うくらい人が多い場所ですね。
「横浜東急ホテル」は昔、マッカーサーの宿舎だった「ニューグランド」とかの老舗は別として、「横浜市随一の高級ホテル」でしたね。一回も泊まる機会はなかったけど(笑)。喫茶室に入ったことはありました。

では~♪(*'​-')​ノ

キネ様

こんにちは。
(*'-'*)

>貨物専業といえどもイベントを行うとやはり人が集まりますね。

横浜市内のJR・地下鉄・私鉄各駅にポスターが掲出されていたようです。地元紙やローカルのテレビ(TVK)でも告知されたと思いますし、それを見た人たちが集まったんでしょうね。
「あくまで模擬走行」といっても、横浜でSLは・・・1981年のC58 1以来なんですかね。だとすれば、「32年ぶり」です。
(私はしょっちゅう上越線とか、秩父鉄道へ行っているので、「*年ぶり」という感覚は鈍ってますけど。)

>中央鉄道学園では屋内に展示されていたために状態がいいんだよ!、国鉄の中央鉄道学園関係のお偉いさんが神奈川臨海鉄道に出向したときに引き取ろうという話になって譲渡されたそうです。

♪都のどよみよそにして
 富士が嶺仰ぐ武蔵野に
 熱意に燃ゆる若人が
 深き縁(えにし)に集い来て
 学ぶ中央鉄道学園

・・・の、中央鉄道学園ですね。
(この校歌を作った明本京静氏(1905~1972)の代表作には、『父よ、あなたは強かった』とか、三橋美智也さんの『武田節』などがあります。)
神奈臨にC56がやって来た経緯は、なんか、いろいろあるらしいですけど(笑)。。。。

>展示用のSLというと、野ざらし→部品盗難→解体というパターンが多いので、このカマは幸運な1両といえるでしょう。
>長くなりましたが、今後も末長く大事に保存してほしいものです。

これだけ状態が良いと、「欲しい!」と考える鉄道会社も多いでしょうね。
千葉県の「あの会社」とかね(笑)。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

びゅんびゅん丸様

こんにちは。
(*'-'*)
(他の記事へのコメントにも全部お返事しました。)

>貨物列車のSLもいいですね。後ろから機関車が押しているだけなんでしょうけど。横浜でもSL列車が復活するとおもしろいですね。
>煤煙対策とか大変なんでしょうけど。
>横浜駅あたりから有料でいいから、客車を運転してくれるといいですね。

「横浜にSL復活」・・・話としては、私が中学生ぐらいの頃から、何度も出ているんですよ。
でも、推進役の有力者が亡くなったり、選挙で負けて失脚しちゃうたびに、その話は白紙になるの(笑)。
「山下埠頭貨物線」あたりで復活・・・って話だったんですが、あの線も廃止されて、線路もほとんど壊しちゃったからなぁ。
今だったら、東急東横線がみなとみらい線に移った廃線跡でも活用するしかないかな?

>横浜も見どころ多いですね。中華街とか崎陽軒の工場とか、横浜市電博物館とか、ズーラシアや野毛山動物園も素敵ですね

ずいぶん、あちこち見たいところがありますね(笑)。ズーラシアは北の、中山駅からバスだし、市電保存館は南の磯子区滝頭(たきがしら)という場所ですから、全部回るなら1泊か2泊しないと無理かも。

それもそうだけど、今、崎陽軒の工場を見られるとは知らなかった!
工場のある場所は知っていたけどね。
(ここはちょっと行きにくいなぁ。新横浜駅からバスですね。)
でも・・・今、公式サイトを見たら、ものすごい人気なのね。「9月28日まで予約で一杯」だってさ!
( ゜。゜)ウヒョー
でもまあ、駅でお弁当を買って、食べてみてください。
最近、「シウマイが入っていないお弁当」が発売されましたが、これが意外にも好評なんだそうです。

>明日、横須賀で鉄道イベントがあるみたいですね。

「YYのりものフェスタ」ね。アレは毎年やってる。海上自衛隊とジョイントのやつね。今回は6月1・2日です。
「リゾート21」と「成田エクスプレス」を、今年は展示するだけじゃなくて、大船~横須賀間に「試乗列車」を走らせるみたいです。
(どういう方法で乗れるのかは知らない。ただ、なぜか運行時刻の資料だけ、私も持ってますが。)
1日が「N'EX」、2日が「リゾート」だそうです。
「成田エクスプレス」なんて珍しくもない・・・と思うところですが、意外にも、鎌倉や横須賀まで走る機会は、年に一度、イベントのときだけですね(通常は大船止まりですから。)

しかし・・・JR横浜支社は、宣伝が下手なんだよな。
今は、支社の公式サイトが廃止されてしまい、「広報は神奈川新聞社に丸投げ」って感じで。。。。
積極的な八王子支社とか高崎支社とは、だいぶ違います。
「ハマの電ちゃん」っていう、横浜支社独自の「ゆるキャラ」もいるんだけど、なにしろ宣伝が下手で、あんまり知ってる人もいないだろうなぁ。。。。

>フリーアナウンサーの小林さんも来るみたいで、楽しそうですね。

小林さんって誰? 「まやや」?と思ったら、小林佳果さんという方なんですね。調べてみたら・・・ああ、どこかのCMか、ミニ番組で見たことあるような気がする。
では~♪(*'​-')​ノ

行くぜっ、ウェークアップ!

まいど、お疲れ様ですi-1

こちらは開催日に仕事が重なってしまった神奈川臨海のイベントですね。
これまで殆ど倉から出てこなかった秘蔵っ子のC56も登場とは!神奈川臨海も変わったなぁi-228
※国営放送(あえて使ってます)の某番組で広く知られるようになって、本牧のC56もすっかり有名になってしまいましたねi-183油も注してあってコンディションはよさそう


>往年の小海線あたりは、こんな感じだったんでしょうか。

確かにそうでしょうね。
最盛期は野辺山と川上の駅間に列車を停めての積込みもやっていたようですし(信号所だったか臨駅だったか)…
昔の画像を見ると、車票に筆書きで「かんらん」なんてのもあって、貨物輸送の黄金期を感じさせてくれます。


>千葉での展示は大々的なPRがなかったので、知らなかった方も多いだろうと思います。千葉で見られなかった方は、今回の展示を待ち望んでいたことでしょう。また、千葉では見学通路から遠い位置に留置されていたので、すぐそばで見たのは私も初めてでした。

一昔、いやそんなに遠くない過去まで貨車を展示なんて聞いたことありませんでしたよね。同じ神奈川臨海でも川崎ベースで動いていた通称「味タム」が生きていればなぁ、なんて思うこともあるんですけどね。
ところで、タキの前には「アント」(メーカーが違うかもしれません)もお出ましですか。あの「ドドドド…」という力強い音と驚くほどの牽引力も再現~というのはやりすぎですかねi-229


>この構内で、かつては刑事ドラマのロケがよく行なわれていましたが、最近は拳銃をバンバン撃ち合い、派手なアクションシーンが展開される刑事物が減ってしまい、あんまり見ませんね。

これ金銭面もさることながら、昔に比べて許可が下りにくくなってるのも原因ですね。10年近く前、派手なカーチェイスの末で爆発・大炎上というシーンを関東某所で撮影していたら、事前の許可や近隣への告知を十分に行っても消防に通報が行ってしまった例がありますからi-227
神奈川臨海ならば、「あぶ刑事」の映画版でワム8を連ねた列車とレパードのチェイスを思い出します(あれは川崎貨物ですかね?)。
観光地化される前の赤レンガ倉庫前や高島のヤードなど、本当に銃撃戦のメッカ(?)だったものです。


>トラ45000形~なかなか見る機会はありません。
私も久しぶりに見ましたね。「東 川崎貨物駅常備」と書いてありますが、JR貨物部内の器材や部品の配給用車両として使われているようです。でも、本線上を走っているのを見たことはないなぁ。

今も友部の砂トラは現役でしょうかね?
ワタクシの神奈川時代(16年くらい前)は午後の石油列車の最後尾に塩トラや砂トラが連結されているのを某所で俯瞰してるはずなんだよなぁ(探すのが大変i-183)。


>東日本って、まだまだ良い物を持ってるんだなぁ。

これ噂の域を出ませんけど、部品取りなどで見えない場所にいろんなものがあると聞きますね。ま、これ以上は膨らましませんけどi-235


>和田山口は「サティ・マイカル本牧」(ショッピングモール)の前にあり、もともと乗降客は多いんですが、イベントの告知では「無料バスを利用しない場合は”和田山口”から徒歩10分」と案内されており、無料バスを諦めた人たちがここまで歩いてきたようでした。

うわぁ、懐かしい名前だなぁ。当時は「どうして『マイカル本牧』停留所にしないんだろう?」と思ってましたが、今考えれば変えなかったのは正解だったと理解できます。
※マイカル本牧郵便局は本牧原郵便局に改称されました
ホント10代後半の熱い時代と思い出が蘇りますよ。「うわっ、青バス!とりあえず関内か桜木町辺りまで出ようよ」なんて会話が空耳で聞こえてきそうi-228
数年前に友人から「一度行ってみたら?驚くよ」と言われて、根岸経由で和田山口に入ってしばし愕然。そぼ降る雨の中、取り壊しの進むビル群を見て、「さらば青春」なんて感じたものでしたi-182


というわけで、長い上に「関係ないねっ!」な話が多すぎ。失礼しました。横浜で刑事ものだと「あぶ刑事」より「大追跡」の方が好きな(オットーi-197)「たか」でした。

ではe-463

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

>最盛期は野辺山と川上の駅間に列車を停めての積込みもやっていたようですし(信号所だったか臨駅だったか)…

旅客でいう「仮乗降場」みたいな、外方停車場の一種でしょうね。
営業キロも、「信濃川上駅と同じ」扱いじゃないでしょうか。

>昔の画像を見ると、車票に筆書きで「かんらん」なんてのもあって、貨物輸送の黄金期を感じさせてくれます。

「甘藍」(かんらん)なんて・・・IMEじゃ一発では出ないよ(笑)。
(「観覧」は出ますけど。)
ちなみに、レタスの和名は「萵苣」(ちしゃ)。

>一昔、いやそんなに遠くない過去まで貨車を展示なんて聞いたことありませんでしたよね。

ないですよねぇ。せいぜい、この10年ぐらいの傾向でしょうね。
ですから、あの「貨車の画帳」シリーズも資料を探すだけで大変なことで、そこから絵を描き起こすわけですから、1~2ヶ月に一回しか掲載できないんですよ。

>同じ神奈川臨海でも川崎ベースで動いていた通称「味タム」が生きていればなぁ、なんて思うこともあるんですけどね。

「味タム」なんてちっとも珍しくなかったんですが、あっという間に消えちゃいましたね。要は、75キロ制限にある2軸貨車なんて、時代に合わないんでしょうね。味の素の私有タンクコンテナは、今でもありますから。

>ところで、タキの前には「アント」(メーカーが違うかもしれません)もお出ましですか。

アント、私は今回ちゃんと撮ってないんですよね。
「と~ちゃん」氏のブログ(昭和の鉄道写真&平成の再出撃)に大きく載っていますので、そちらをどうぞ。

>10年近く前、派手なカーチェイスの末で爆発・大炎上というシーンを関東某所で撮影していたら、事前の許可や近隣への告知を十分に行っても消防に通報が行ってしまった例がありますから

ああなるほど、そういう不祥事があったわけね。。。。

>神奈川臨海ならば、「あぶ刑事」の映画版でワム8を連ねた列車とレパードのチェイスを思い出します(あれは川崎貨物ですかね?)。

あったね。今でもDVDで見られるんじゃないでしょうか。

>観光地化される前の赤レンガ倉庫前や高島のヤードなど、本当に銃撃戦のメッカ(?)だったものです。

「銃撃戦のメッカ」って・・・民主化前後の東欧諸国の都市じゃあるまいしさ、サラエボとか(苦笑)。。。。
横浜は平和で安全ですよ(笑)。
しかしまあ、赤レンガ倉庫もすっかり変わりました。私が子供の頃なんて、本当にお化け屋敷みたいでしたよ。たぶん、落ちている大豆のカスでも食べに来るのか、鳩がいっぱいいて、鳩は小児麻痺のウイルスを媒介するから「子供は倉庫に近寄っちゃいかん」と言われたものでした。

>今も友部の砂トラは現役でしょうかね?

もうないでしょう。いつごろ廃止したのかなぁ。最近まであったように思いますけどね。
一応、友部駅は「臨時貨物取扱駅」に指定されていますが、実際に停車する貨物列車がないんですよ。
(2013年3月16日現在のダイヤによる。)
だいいち、土浦以北へ行く貨物列車が、定期は小名浜行きのコンテナ列車と例の「安中貨物」の計2往復しかないんですよね、今。
水戸駅の貨物が「オフレール」(ORS)扱いになっちゃって、土浦以北では、他に日立駅・宮下駅・小名浜駅しか貨物扱い駅がないので。。。。

どうやら、JR貨物が東日本の機関車を借りるのをやめたのも、大幅な列車削減とも関係ありそうですね。旅客会社としても、「機関車は最小限にしたい」思惑があるでしょうし。

>これ噂の域を出ませんけど、部品取りなどで見えない場所にいろんなものがあると聞きますね。ま、これ以上は膨らましませんけど

私も、あくまで噂としては「”廃車”にはなったが、”解体”はしていない隠匿車両」が何両、あるいは何十両かあるように聞いていますよ。
そのうち、今は鉄博にあるナハネフ22 1(長年、大船工場に隠してあった)みたいに、公の場へ姿を現すのが出てきそうですね。

>ホント10代後半の熱い時代と思い出が蘇りますよ。「うわっ、青バス!とりあえず関内か桜木町辺りまで出ようよ」なんて会話が空耳で聞こえてきそう

あの辺で働いていたんですか? 大学は、あんまりないからね、本牧の近くには。国大とか関東学院なら京急沿線ですしね。
まさか、男の人がフェリスとか行くわけはないし(笑)。。。。

「大追跡」・・・って、加山雄三さんが課長役だったアレね。
私は再放送でしか見てないけど、今思えば、沖雅也さんが若手刑事役で出てたんだなぁ。。。。

では~♪(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。