05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」へ行ったよ!

EF60 510・EF65 1115・EF81 133(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
(2013年)5月25日、JR東日本大宮総合車両センター・JR貨物大宮車両所で「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」が開催されました。

このイベント、私は「まあ、初心者向け・ファミリー向けなんだろうなぁ」と敬遠していましたが、
10日ほど前に、展示車両の一部が大宮駅構内から見える位置に留置してあるのを目撃したことでもあり、ちょっと覗いてみることにしました。
もっとも、夜勤明けだったので眠くてたまらず、上野から大宮までは東北本線(宇都宮線)のグリーン車を奮発しましたけどね。
(つ_-)
入場には長い行列ができており、「最後部」は、なんと大宮駅西口の「DOM」(ダイエー)の前。500m以上続いていたんじゃないでしょうか。
これは、会場までの途中にある「大栄橋」の信号が青になっている時間が短すぎて、いつまでも横断できないからです。
(埼玉県警もこのイベントに協賛し、パトカーや白バイの展示も行なわれていたけど、信号の件や交通整理などでは全く協力する気がないらしい。。。。)
結局、入場するまで30分近くかかりました。まあ、入ってしまえば1万人や2万人訪れても問題ないくらいに、構内は広いんですけどね。

ゲートの手前では、1938(昭和13)年に、当時は鉄道省大宮工場だったこの場所で製造されたD51 187号機がお出迎えです。
交通新聞社(旧・弘済出版社)の全国版『時刻表』創刊50周年を記念したヘッドマークを付けていました。
D51 187(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

正直なところ、このイベントにはさほどの期待もしておらず、「まあ、EF58 93を見られればいいや」ぐらいの気持ちで来たので、まずはEF58から。
EF58 93(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

93号機が現役時代に「青大将」塗装だったことはありませんし、停止位置が悪くて先台車がカーブにかかっている、パンタグラフが下がっている、欲を言えば区名札や、「つばめ」か「はと」のヘッドマークを付けてほしかった・・・と、言い出せばキリがないんですが、しかし、僚友の89号機はここのお隣、鉄道博物館の屋内展示ですし、野外でEF58形機を見るのは何年ぶりでしょう。
それを考えると「まあ、いいか」って思いましたね。

その隣には、3月で205系と交代して退役した107系の「日光線仕様」車(宮ヤマ「N4」編成)が。
これ、現役時代に何回か撮ってるんですが、JR日光線にはあまり縁がなく、鶴田駅にある「鉄道院」の刻印入り跨線橋を見に行ったときに、一回乗っただけでした。
同じ107系でも、高タカ車は上越線の「SLみなかみ」撮影時の足として、何度もお世話になっているんですけどね。
宮ヤマ107系「N4」編成(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

初夏はバラの季節・・・と、この前書きましたが、ローズレッドのEF80 36号機もいます。
これは中学生ぐらいの頃、常磐線で見かける機会があり、昼下がりの上野駅を出る仙台行き普通223列車(スハ43系が多かった)なんていうのにも乗ったことがあるので、懐かしいです。
EF80 36(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

223列車には水戸まで乗りましたが、タイムマシンで30年前に戻れるなら当然、仙台まで乗り、降りたら牛タンで一杯やるね(笑)。。。。
それより、現在は原発事故の影響で立入が規制されている福島県の双葉とか大野あたりでは、30年前には平和な暮らしが営まれており、私も10年ぐらい前、桜で有名な夜ノ森へ行ったことがあるんですが、それを思うと胸が痛みます。

ここで機関車撮影は一時中断。
185系の「試乗車」が動き出しましたので、これを見ましょう。宮オオ(元・東チタ)の185系「C1」編成でした。
通常は「踊り子」の修善寺編成に使われていますが、「C1」(5連)と「A8」(10連)は、2011年に「踊り子」号登場30周年を記念し、デビュー当時の塗装に戻した編成です。
ただ、ヘッドマークは「湘南新宿ライナー」でした。
宮オオ185系「C1」編成(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

「湘南新宿ライナー」とは現在の「ホームライナー小田原」「おはようライナー新宿」ですが、2001年12月1日に「湘南新宿ライン」が走り始めてもしばらくは改名されず、
藤沢市議会(だったか)から「紛らわしい」とのクレームがあって、1年後の2002年12月1日から現行の名称に改名されました。従って、このヘッドマークは現在では見られません。
「湘南新宿ライナー」については、定期券の取扱(本来は、湘南方面から「新橋駅・東京駅経由 新宿まで」の定期券では乗れない)も当初はなんだかおかしく、
JR部内の勉強会で指摘があって、慌てて「湘南新宿ライナーに限り、東京駅経由の定期券でも、目黒駅・渋谷駅を経由するルートで乗車可」という通達を出すまで、10年近く部内でも「”規則違反”の常態化」に気づかなかったり、とにかく妙な列車でした。

それはともかくとして、「試乗車」は鉄道博物館横まで約500mぐらい走って折返してきました。
折返しは、ヘッドマークが「踊り子」になっていました。
宮オオ185系「C1」編成(JR大宮総車セ、2013年5月25日)2

機関車撮影に戻ります。
まずはEF60 510から。「富士」のヘッドマーク付き。
EF60 510(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

裏側は「はやぶさ」でした。
EF65 510(JR大宮総車セ、2013年5月25日)2

私などは、「はやぶさ」といったら東京~熊本~西鹿児島間のブルートレインという思い込みが今もあり、東北新幹線で「はやぶさ」といわれても、いまだにピンとこないなぁ。
東京~新青森間のE5系新幹線「はやぶさ」に乗ったこともあるのに、どうも頭の切り替えができんのよ。
「BBA43」だから、それこそ「AKB」の女の子たちみたいな青春時代に憶えたことを、いまだ書き換えできないわけね。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

次に、EF65 1115。これは現役機で、田端運転所の所属。今でもたまに走っていますが、今日はヘッドマークを付けて、久しぶりにお化粧です。
もっとも、この「富士/はやぶさ」のヘッドマークを付けて実際に走ったことは、おそらくないでしょうね。
「富士」と「はやぶさ」が併結運転していたのは2005年3月1日~2009年3月13日の4年間ですが、その頃、牽引機はEF66形になっていましたから。
(注:EF66形の故障時などに、EF65形牽引の”富士/はやぶさ”も何回か走ったようです。)
EF65 1115(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

裏側は・・・なんと、「ORIENT EXPRESS '88」でした!
( ゜。゜)ウヒョー
EF65 1115「ORIENT EXPRESS 88」ヘッドマーク(JR大宮総車セ、2013年5月25日)2

いやぁ・・・あったね、そういうバブリーなイベントが。
1988年、パリからユーラシア大陸を横断して香港へ至り、海を渡って日本に上陸した「ノスタルジー・イスタンブール・オリエント急行」(NIOE)が、10月16日の広島発東京行きを皮切りに、12月25日まで日本列島を周遊したのでした。
お台場のテレビ局(その頃は市ヶ谷河田町にあった)の開局30周年記念行事で、当時、そのテレビ局にチャンネルを合わせると、松田聖子さんが唄うテーマ曲『旅立ちはフリージア』が一日中流れていたものです。
(これはその後、彼女のベストアルバムにも収録されましたから、今でも聴けます。)
下の写真は、当時ちょっとしたコネを使って品川運転所構内で撮ったもの。
「オリエント急行」来日時(1988年10月・品川運転所)

まあ、こんなのが日本を走る機会は二度とないでしょうけど、当時、日本の鉄道関係者に与えた影響は大きく、その後「トワイライトエクスプレス」や「カシオペア」登場のきっかけを作ったことは間違いないでしょうし、
間もなくデビューするJR九州の「ななつ星in九州」も「日本版オリエント急行を目指す」と言ってますよね。
また、上越線などでおなじみD51 498号機の再デビューは、1988年12月23日、上野~大宮間で「オリエント急行」を牽引したときでした。
D51のエスコート役はEF58 61号機で、今思えば「いい時代」だったなぁ。。。。
(´-`).。oO
「オリエント急行」に意表を突かれましたが、EF81 133のヘッドマークは「北斗星」。
EF81 133(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

裏側は「エルム」でした。
この「エルム」という列車、最近は走る機会もないし、運行されていた当時もB寝台だけの「万年臨時列車」で、ついに定期化されませんでしたが、
「エルム」(楡)っていうのが北海道の豊かな森を思わせ、好きな列車名のひとつでしたね。
(*'-'*)
EF65 1115(JR大宮総車セ、2013年5月25日)2

建物に入れば、真岡鐵道のC11 325号機が検査入場中でした。
C11 325(真岡鐵道)(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

真岡といえば、4月に「キュウロク館」がオープンしたそうで、「以前取り上げたニュースの事後報告」を標榜している以上 、近日中に行かないといかん。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛
ただ、今は仕事が忙しく、しなの鉄道の坂城駅(169系S51編成の静態保存)も行ってリポートしなきゃいけないんですが、時間と費用(全部「自腹」だからね、このブログは!)の捻出方法は思案のしどころです。
(・へ・)
蒸気機関車といえば、岩手県を中心とした東北エリアを走る予定のC58 239号機をレストア中で、それらしきシリンダ部分がありました。
C58 239シリンダ部分(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

しかし、一般の人には「鉄の塊」にしか見えないんだろうなぁ。
これを熱心に見たり、撮影している人は、ほとんどいませんでしたね。

同じ構内にあるJR貨物大宮車両所の建物に入ってみましょう。

DE10 1539号機(東新潟機関区)に「あけぼの」のヘッドマークが付けられていました。
DE10 1539[東新](JR貨物大宮車両所、2013年5月25日)

この機関車が使われたわけではありませんでしたが、一時期、特急「あけぼの」が陸羽東線経由(DE10形牽引)で走っていた頃を思い出します。
残念ながら、実物を見る機会はありませんでしたが。。。。

これも「おもしろヘッドマーク」というか、EF64 1049号機(愛知機関区)に「北陸」のヘッドマークを付けた「実際にはなかった」姿。
EF64 1049[愛](JR貨物大宮車両所、2013年5月25日)

DE10形機は、1586号機が入場中でした。
DE10 1586[新](JR貨物大宮車両所、2013年5月25日)

私、これを最近八王子駅で見てるんですよね。
DE10 1586[新](八王子駅・2013年4月14日)

全検なのか要検なのか、とにかくオーバーホール中ってことは、まだ当分は活躍を見られそうです。

EF64 1035号機には、「福山通運」のヘッドマークも。
EF64 1035[愛]「福山通運」ヘッドマーク(JR貨物大宮車両所、2013年5月25日)

ところで、車両工場の一般公開で面白いのは、「得体の知れない物が転がっている」のを見ることです(笑)。
この装置はどうやら「汚物処理装置」のようです。ただ、「自動給水弁」が付いているので「水タンク一体型」なのでしょう。
こんな物の「未使用新品」状態を見る機会など、まずないでしょうね。
鉄道車両用汚物タンク(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

タンクの容積は小ぶりですから、近距離用車両向けだと思いますが、何系に使われているものなんでしょうか。

これはJR貨物の構内にあった装置ですが、「車両牽引車」だそうです。
電動駆動式鉄道車両牽引車(JR貨物大宮車両所、2013年5月25日)

メーカーはドイツのザクロ社。バッテリーで動きます。
牽引力は最大200トンだそうですから、EH200だろうが500だろうが楽に動かせますね。
無線操縦も可能で、不思議なことに「軌道上でも、コンクリートやアスファルトの上でも走る」といいます。
JR貨物では2013年度から順次導入・・・とのことですが、ドイツ製ですから、ヨーロッパで使われてる「標準仕様」は1435ミリゲージなんでしょうね。
日本のJR在来線に合わせた1067ミリゲージ用のは「特注品」なんだと思います。

菱形のPS16型パンタグラフなんていうのも、今のうちに見ておきたいもののひとつ。
PS16型パンタグラフ(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

なにしろ「架線作業車・マジックボーイ」の接地用パンタグラフですら、今はシングルアームになっちゃってますから。。。。
架線作業車「マジックボーイ」(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

ざっと1時間半ぐらいかけて会場内を一巡し、訪れる前に考えていたより楽しかったのは何よりでしたが、疲れました。
帰って午後はお昼寝だね。。。。
(ё_ё)
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

こんばんは

大宮のフェスタ行ったんですね
(@.@)
私はだいぶ前に行ったのですが最近は行ってないです
トップ画像の並びにヘッドマークがいいですね
EF58は子供の頃は電気機関車の象徴的な感じでした
EF80は迫力ありますね!
(・ω・*))((*・ω・)
試乗車は185系のストライプ君だったのですね
昔オリエント急行が走った時はビックリでしたよね
『旅立ちはフリージア』懐かしいです
検査中の機関車もじっくり観察だったのですね
汚物タンクに注目はみっぴょん様らしいですね
o(*^▽^*)o
車両牽引車は動く時にメロディ流れるんですかね?
イベントで動かしても面白いかもですね
夜勤明けでお疲れ様でした
(。-_-。)
この夏も気温高くなりそうですので気合い入れて暑さと闘いましょう
今日は臨海イベント行かれたのですか?
私は行けませんでした
(´ω`。)

ご無沙汰してます。

みっぴょん様。

大宮のイベント行かれたのですね。

私も行って来ましたが、自身も一緒に行った友人も午前中は用事があり、大宮に着いたのは14時近くになってました。

なので、ヘッドマークは最後の回しか見れませんでしたし、185系、庫内の展示も見られずでした。

特にオリエントは羨ましい限りです。

これからも楽しい記事、楽しみにしています。


aki様

こんにちは。
(*'-'*)

>私はだいぶ前に行ったのですが最近は行ってないです

最近はそれほど珍しい車両も出ないようですからね。。。。
東京総車セ(旧・大井工場)のイベントも、例年同じような感じなので最近は行っていません。

>試乗車は185系のストライプ君だったのですね

この日、伊豆箱根へ行った方は、「C1」は絶対に来なかったわけですから、がっかりしただろうなぁ。。。。

>昔オリエント急行が走った時はビックリでしたよね

驚いたことも驚いたけど、当時は「金余り」時代だったんだなぁ。。。。

>車両牽引車は動く時にメロディ流れるんですかね?
>イベントで動かしても面白いかもですね

たぶん流れるだろうと思いますね。稼動してなかったので、断言はできませんが、この種の機械は大抵そうですから。。。。

>今日は臨海イベント行かれたのですか?
>私は行けませんでした

おや、それは残念。私は、終了間際でしたが行ってきました。
「トラ」と「シキ」を見に行ったようなものでしたが、次回書きますね。
その代わり、京急のイベントはパスしましたが。。。。
(*'​-')​ノでは~♪

ゴナナ様

こんにちは。
(*'-'*)

>私も行って来ましたが、自身も一緒に行った友人も午前中は用事があり、大宮に着いたのは14時近くになってました。
>なので、ヘッドマークは最後の回しか見れませんでしたし、185系、庫内の展示も見られずでした。

ヘッドマークは時間によって付け替えたようですね。
逆に、私は「初回」しか見てませんから、2回目以降が何だったのか気になります。

ところで、「あけぼの」が一時期走っていたのは北上線ではなく、陸羽東線でしたね。
あらためて調べた上で訂正いたしました。
(奥羽本線の土砂崩れか何かの際、「あけぼの」が北上線を走ったこともあるようですが、その際の牽引機はDD51だったそうです。)
ご指摘ありがとうございました。
特急「秋田リレー号」と急行「おが」が北上線経由だったので、勘違いしましたが、いずれにしろ迂回「あけぼの」の実物を見る機会はありませんでした。

今後とも、ご愛読よろしくお願いいたします。
(*'​-')​ノでは~♪

大宮ええなぁ〜

こんばんは、大宮やはり大盛況だったようですね。
EF58 93、今にも動きだしそうな感じ、’85年10月の93号機使用の体験運転参加できたらなぁ〜と今でも思います。
EF80、引退直前「エキスポライナー」を大宮で、「ゆうずる」を上野で撮影したのも懐かしいです。
あの時は、「エキスポドリーム」用?向日町の583系が上野に来ていました。
上野発仙台行き普通列車、今も走っていたら、18きっぷシーズンはお祭りでしょうね。
EF60 510、ブルトレブーム世代の自分は、最初本当にブルトレ牽引していたの?と半信半疑でした。
タイムマシンがあれば、EF60のブルトレも見たいですね。
EF66もいいけれど、ブルトレブーム世代には、EF65PFの東海道ブルトレがやはり印象深いのではないでしょうか?
末期の富士はやぶさ併結ヘッドマーク、東京機関区PFには着いていないと思いますが、廃止直前に下関のPFが代走した時に着いた写真を雑誌で見た憶えがあります。
「はやぶさ、みずほ、さくら」はやはりブルトレが似合いますね。
貨物のDEやEF64、工場入場があるから、暫くは走るようですが、先がいよいよ見えて来たようですね。
EF64 1000でさえ、もう車齢30年、本当に時間が経つのは早いです。
スナップ一枚でも記録ですね。
C58の台枠やパンタ、車両移動機、台車や部品にも目を向けておくのは、いいことですね。
トイレタンク、時期的に205系東北日光線転用車に取付ではないでしょうか?
185系湘南ライナー、愛称が変わっていたのは全く知りませんでした。
見慣れているものも、時々は注意して見直すことも大事か?
長くなってしまいましたが、「国鉄スワローズ復刻ユニフォーム」入手してご機嫌の103おじさんでした。

OM!

夜勤後の活動、お疲れさまでしたi-2

ワタクシも明けて、自宅に引き上げて体勢を整えてから行ってみました。上野からの道のりはひたすら眠かったi-183
午後からの参戦でして、実質滞在時間は1時間強。展示内容からすれば十分な時間でしたかね。物販はすごく充実していた印象i-228
いやぁ蒸し暑かったi-238


>入場には長い行列ができており、「最後部」は、なんと大宮駅西口の「DOM」(ダイエー)の前。500m以上続いていたんじゃないでしょうか。これは、会場までの途中にある「大栄橋」の信号が青になっている時間が短すぎて、いつまでも横断できないからです。
(埼玉県警もこのイベントに協賛し、パトカーや白バイの展示も行なわれていたけど、信号の件や交通整理などでは全く協力する気がないらしい)

今は普通に西口からと案内されますが、一時は東口から行ってくれという案内が出ていたくらいです。東口から行くと、やや怪しげな一角i-235を通り、大栄橋を通ってジェクサーに出るというルート。確かに大栄橋西交差点を回避できるんですが、これはこれでロスが多いんだよなぁ。言っても「民間会社のイベントだから、交通整理はそちらでやれ」というスタンスなんでしょうね。こういう時こそ県警が出張ってきた方が対外的なアピールでもいいはずなんですけどね。


>93号機が現役時代に「青大将」塗装だったことはありませんし、停止位置が悪くて先台車がカーブにかかっている、パンタグラフが下がっている、欲を言えば区名札や、「つばめ」か「はと」のヘッドマークを付けてほしかった・・・と、言い出せばキリがないんですが、しかし、僚友の89号機はここのお隣、鉄道博物館の屋内展示ですし、野外でEF58形機を見るのは何年ぶりでしょう。それを考えると「まあ、いいか」って思いましたね。

以前に「つばめ」マークで撮っているので不満はないんですが、この位置に展示というのは正直如何なものかですね。青大将は20系化が進みだした頃の九州特急も牽引してますから、「はやぶさ」「みずほ」あたりを付けても決しておかしくはないんですが…。
あとは屋内保管なんでしょうけど、至るところに錆が出始めてますね(区名札受けもやや浮いてました)。わがままを言えば、次回は錆落しと再塗装などのメンテを望みたいところです。
EF80もせっかくの屋外なのに撮りにくい(というか目の前まで行けるってi-183)いい天気の下でローピンを久々に撮りたかったんだけどなぁ。なんだったら「ゆうづる」でなく、「エキスポライナー」や「エキスポドリーム」付けてもいいですから(こりゃ悪ノリだね)i-237


>「湘南新宿ライナー」とは現在の「ホームライナー小田原」「おはようライナー新宿」ですが、2001年12月1日に「湘南新宿ライン」が走り始めてもしばらくは改名されず、藤沢市議会(だったか)から「紛らわしい」とのクレームがあって、1年後の2002年12月1日から現行の名称に改名されました。従って、このヘッドマークは現在では見られません。

経緯まではわかりませんでしたが、「湘南新宿ライン」と決まったときにまず「じゃ、ライナーの列車名どうなるんだ」と思ったものでした。やはり、そうしたクレームがあったんですね。便宜乗車の通達が10年も出ないなど、山貨の旅客営業では思いもよらない事態が頻発していたんでしょう。


>もっとも、この「富士/はやぶさ」のヘッドマークを付けて実際に走ったことは、おそらくないでしょうね。「富士」と「はやぶさ」が併結運転していたのは2005年3月1日~2009年3月13日の4年間ですが、その頃、牽引機はEF66形になっていましたから。

これ実は66のピンチランナーで田端(品川常駐)のPFが数回担当してます(もちろんマーク付き)。確か08年12月の代走は事前に情報が入って、直前まで休暇の準備もしていましたが行けませんでした。当日は暇で「なんだよ、これなら休めたじゃん」となったわけですが…i-182


>裏側は・・・なんと、「ORIENT EXPRESS '88」でした!
( ゜。゜)ウヒョー

ありましたねぇ(遠い目)。
手元に写真がないので何号機かはわかりませんが、東北線を北上したNIOEは田端のPF牽引(後期型)だったはずです。その後、東北線を南下する際には両親も見たいと言い出し、高校登校前に親とカメラを持って待機していたことも(終了後はそのまま車で学校へ)。今は仮にやりたくとも資金面以外でできない企画(ちょっとばかり皮肉)でしょうね。


>この「エルム」という列車、最近は走る機会もないし、運行されていた当時もB寝台だけの「万年臨時列車」で、ついに定期化されませんでしたが、「エルム」(楡)っていうのが北海道の豊かな森を思わせ、好きな列車名のひとつでしたね。

記憶が定かではないんですが、公式に「今後運行しません」みたいな情報が流れてましたね。この列車のヘッドマークは近年稀に見る良デザインでした(特に北社の特大マークは感涙もの)。どこかで復活してくれないかなぁ。


>しかし、一般の人には「鉄の塊」にしか見えないんだろうなぁ。
これを熱心に見たり、撮影している人は、ほとんどいませんでしたね。

午後の部ではC11含めて結構撮ってる人見かけましたよ。ワタクシも撮りはしませんでしたが、「へぇ」と眺めてきました。ボイラは既に大阪に行ってますし、上ものが来ないと一般の人には「なんじゃ、こりゃぁ~!」でしょう。


>この機関車が使われたわけではありませんでしたが、一時期、特急「あけぼの」が陸羽東線経由(DE10形牽引)で走っていた頃を思い出します。残念ながら、実物を見る機会はありませんでしたが。

これは見る難易度高しの列車でしたね。ワタクシも「いつかは…」と思ってましたら、あっという間に上羽越経由になってしまいました。確か夏至の頃なら新庄付近の走行風景を高感度で撮れたはずです。実際は今回のような厚みのある正調マークでなく、後に出てくる福山通運のような薄めで、フォントも普通のゴシックのマークだったようです。
※重連で牽引だったようですが、新庄区ではDEのメンテで大わらわだったと聞いたことも


>EF64 1035号機には、「福山通運」のヘッドマークも。

EF210でのリリース撮影用に準備されたんでしょうかね?実際に付けて走らせたことはないようで…


あぁ、今回も長くなってしまったi-183

>「BBA43」だから

当方も「GGE40」なので新規の書込みにはエラー続出ですよ。過去データのROMの方が不具合は少ないんですi-232

というわけで本家の総選挙速報なら11位の「あかりん」推しな「たか」でした。

ではe-463

大宮では見れないHMも。

みっぴょんさん、こんばんは。

 徹夜明けでの鉄分補給、お疲れさまです。
大宮では本来見られないHMもいくつか見られたようですね。

>私などは、「はやぶさ」といったら東京~熊本~西鹿児島間の
>ブルートレインという思い込みが今もあり、東北新幹線で「はやぶさ」
>といわれても、いまだにピンとこないなぁ。

 ・・・まったくもっておっしゃるとおり。私も「はやぶさ」には、東京~
熊本の往復乗車をしたことがあります。出張で使ったのですが、
「時間がかかったなぁ」という上司、片や私は旅費の支給を受けたうえ
ブルトレに乗れてホクホク、・・・一般人との温度差を感じたものでした。
 「はやぶさ」のほか、「さくら」「みずほ」が新幹線の愛称というのは、
ブルトレの現役を知る者としては、やはり違和感がありますよね。

 今後、北陸新幹線金沢延伸と北海道新幹線新函館開業が控えています
が、また、廃止ブルトレの愛称が復活なんてことがあるでしょうかねぇ?
 北陸新幹線は「は●た●」か「は●さ●」かなと個人的には思っています
が、北海道新幹線はさてどうなりますか・・・?

103おじさん 様

こんにちは。
(*'-'*)

>上野発仙台行き普通列車、今も走っていたら、18きっぷシーズンはお祭りでしょうね。

震災前には、下りが郡山→盛岡間、上りが仙台→黒磯間というアンバランスな運転区間でしたが、583系の「夏休み東北縦貫号」という快速(全車自由席)がありましたね。
2010年8月15日の上りに乗車しましたが、非常に混んでました。
(当時、記事を書いています。)
震災後は、全く運転されなくなりましたが、そんな中途半端な区間でも混雑していたんですから、「上野~仙台間」だったらパニック状態になるかもしれません。
もし走らせるなら、全車指定席での運行が必須条件になるでしょうね。

>末期の富士はやぶさ併結ヘッドマーク、東京機関区PFには着いていないと思いますが、廃止直前に下関のPFが代走した時に着いた写真を雑誌で見た憶えがあります。

なるほど、突発的に走ったことはあるんですね。

>EF64 1000でさえ、もう車齢30年、本当に時間が経つのは早いです。
>スナップ一枚でも記録ですね。

もうそんなに経ちますか。
当時、「これは本来”EF67”になるはずだったが、労使間のゴタゴタで、”EF64という既存形式の番代違い”にせざるを得ず、EF64-1000とした」と聞きましたが。新形式にしちゃうと、関係者の教育などの手続きがものすごく面倒になるんだそうですね。

>C58の台枠やパンタ、車両移動機、台車や部品にも目を向けておくのは、いいことですね。

これは「車両展示会」ではなく、「工場の一般公開」なんですから、「こんな時でもなければ見られない物」に目配りするといいですよね。
「撮影禁止」とされていた物件は一つもありませんでした。
もっとも、「見せたくない物」は前日までにどこかへ隠したんでしょうけど(笑)。

>トイレタンク、時期的に205系東北日光線転用車に取付ではないでしょうか?

ああ、なるほど。そんな感じもしますね。あまり長距離を走るわけでもないから、タンクも小型でしょうし。さすが、鋭い推測ですね!

>185系湘南ライナー、愛称が変わっていたのは全く知りませんでした。
>見慣れているものも、時々は注意して見直すことも大事か?

実は私も「おはようライナー新宿」って一回しか乗ったことないんですよ。辻堂と茅ヶ崎の間で、廃止が迫っていた上り「銀河」を撮って、「おはようライナー」で出勤(笑)。
(「あずさ」間合いのE257系でした。)
確か、辻堂駅では「空席/残りあと2席」などと表示されていて、「大変な人気なんだな」と思いましたね。

(*'​-')​ノでは~♪

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

>今は普通に西口からと案内されますが、一時は東口から行ってくれという案内が出ていたくらいです。

イベントを見た後、東口で食事しようと思って行ってみたんですが、東口にも案内係の人が立っており、おっしゃるようなルートで行くように誘導していましたよ。
東武野田線方面から来る人は、そのルートのほうが簡単なのかもしれません。

>なんだったら「ゆうづる」でなく、「エキスポライナー」や「エキスポドリーム」付けてもいいですから(こりゃ悪ノリだね)

「エキスポライナー」や「エキスポドリーム」を希望する人、多いんですね。
「ライナー」は、万中(ばんちゅう)で客扱い終了後、なんと高萩まで回送していたのをご存知?
私は、高萩駅のホームで見かけて「回送区間のほうが、距離が長いじゃん!」と驚きましたね。
「ドリーム」は、EF80+20系と583系のがあって、「俺は両方乗ってみたぜ!」という人(当時、大学生。今はオッサン)を知っていますよ。まあ、寝台券が3000円ぐらいだったか、一般のブルトレよりかなり安かったようですが。
583系は向日町の借り入れ車?だったかもしれません。


>(オリエント急行牽引機は)手元に写真がないので何号機かはわかりませんが、東北線を北上したNIOEは田端のPF牽引(後期型)だったはずです。

1115号機が牽引したかどうかは存じませんが、1106号機が牽引したことは、当時、鶴見駅通過を撮ったから確かです。
そのネガをどこにやったかな?・・・見つかったら、またお見せします。

>ボイラは既に大阪に行ってますし、上ものが来ないと一般の人には「なんじゃ、こりゃぁ~!」でしょう。

東日本も意外に宣伝が下手だなぁ。まあ、ご当地・盛岡支社と、大宮支社の「温度差」かもしれませんけどね。
新聞などで「2年後を目標に、東北復興のシンボルとして岩手県にSLを復活」と大きく報じられましたから、一般の来場者も、説明されれば「ああ、これがその・・・」と興味を持ったと思いますけどね。
こういうことは、中小私鉄のほうがずっと積極的ですね。なにしろ「生きるために必死」ですから。

>(福山通運のヘッドマーク)EF210でのリリース撮影用に準備されたんでしょうかね?実際に付けて走らせたことはないようで…

こんなペラペラのですからね。記念式典と、宣伝用写真の撮影に使っただけだと思います。
「鶴見のお兄さん」(と~ちゃん氏)が早起きして、岡山発東京行きのを何回かお撮りになっているようですが、ブログを拝見する限り、ヘッドマークはありません。

>当方も「GGE40」なので新規の書込みにはエラー続出ですよ。過去データのROMの方が不具合は少ないんです

というか、古い記憶は「手帳にボールペンで手書き」のアナログみたいなものですから(笑)。その方がむしろ、信頼性があるんですけどね。

(*'​-')​ノでは~♪

いまは東京都民。様

こんにちは。
(*'-'*)

>私も「はやぶさ」には、東京~熊本の往復乗車をしたことがあります。

往復ですか。それはそれは。。。。
一般の方には、時間もさることながら「テレビなどの娯楽がない」ことにびっくりしたんじゃないかと思いますね。
今、国際線の飛行機に乗ると、座席の背面にモニターがあって映画を見たり、テレビゲームをやったりできるくらいだというのに。。。。
(しかも、エコノミーにもそんなのが付いてるんですよ。)
高速バスだって、あまり近距離のとか、深夜以外は、ビデオ上映ぐらい常識ですよね。

私もJR九州の車掌さんから「”北斗星”にはシャワーがあった。この列車にはないのか」というクレームがある・・・と聞きましたね。
まあ、九州さんは例の「ななつ星」が「日本一の豪華列車」になるようですから、期待しましょうね。。。。

>「はやぶさ」のほか、「さくら」「みずほ」が新幹線の愛称というのは、
ブルトレの現役を知る者としては、やはり違和感がありますよね。

JR九州が「つばめ」「さくら」「みずほ」なんて名前を「いいとこ取り」しちゃいましたから、東日本は何としても「はやぶさ」が欲しかった感じがしますね。
JR東海はその手のことに関心は無く、「のぞみ」という、全く新しい名前を付けたのが対照的ですが、でも・・・私は、「リニアは”富士”になるんじゃないの?」って思いますね。山梨県を通ることだし、もうじき「世界遺産」になるし。
(もっとも、最近の新聞報道では、「山梨のリニア新駅は”ものすごくチープな造り”」らしく、県知事が怒っているそうですが。。。。)

>北陸新幹線は「は●た●」か「は●さ●」かなと個人的には思っていますが、北海道新幹線はさてどうなりますか・・・?

北陸は、「は●さん」みたいな気もするけど(ひらがなで書くか、在来線時代のように漢字で書くかは別として)、
それだと富山県が承知しないでしょうから、高速タイプが「は●さ●」で、各停タイプが「アル●ン」とか「く●べ」とか、とにかく富山にも花を持たせるでしょうね。

北海道はどうでしょう。函館は「暫定開業」みたいなイメージですから、当面は「はやぶさ」のような気がします。
事前に行なわれた人気投票では「みちのく」とか「はつかり」のほうが上位だったのに、それを採用しなかったのは、「この名称は、北海道延長後も使う」前提で、特に「みちのく」とか「十和田」「おいらせ」「ねぶた」のように、青森をイメージする名前を避けた感じがするんですよ。

しかし、札幌まで全通する日が来れば、話は別ですよ。
それこそ「エルム」なんていいんじゃない?・・・その頃、私は何歳になってるか、わかりませんけど(笑)。
まあ、もう仕事はしてない可能性が高く、おばあちゃんは「ジパング倶楽部」のメンバーになって、のんびり北の旅を楽しませてもらうことにしますかね。。。。
(*'​-')​ノでは~♪

ちょっと話題がそれますが。

みっぴょんさん、こんばんは。

 北陸新幹線と北海道新幹線の新愛称についての興味はつきない
ところですが、今日・・・おっと日付が変わったので昨日(5/28)、
JR東とJR西の双方から、「北陸新幹線の愛称募集」がリリース
されました。5/31から6/30までだそうですので、私は一票投じたい
と思います。
 北海道新幹線のほうは、やはり「はやぶさ」がそのまま速達列車
に採用でしょうか。準速達列車が設定されれば、みっぴょんさんの
言われるような「エルム」、道内の区間列車なら「かむい」なんてのも
いいかもしれませんね。

懐かし~ぃ

オリエント急行、懐かし~ぃ!
僕が中学生の頃ですよ。
って書いたら年がバレる、バレる(笑)
確か、赤羽駅を通過する時、そのままだと車両がホームにぶつかる
っていうので、線路を少しだけホームから離したような記憶があります。

岡チン様

こんにちは。 はじめまして。
(*'-'*)

ブログ拝読させていただきました。
私は「活字人間」でして、放送の世界で活躍なさっている岡チンさんのお名前を存じ上げなくて申し訳ありませんが、これからも愛読させていただきます。
「イラスト」って、描いてみると面白いですよね~。ぜひ、お続けください。

>僕が中学生の頃ですよ。
>って書いたら年がバレる、バレる(笑)

このブログは、主な読者層が40代~60代のミドルエイジですので、お気になさらず(笑)。
(ですから、逆に最近の流行り物などを取り上げるとシラケる。)

>確か、赤羽駅を通過する時、そのままだと車両がホームにぶつかる
>っていうので、線路を少しだけホームから離したような記憶があります。

この記事を書くために調べていたら、そのような記述を見つけました。
そんなことがあったようですね。
でも、その赤羽駅も全面的に高架化されちゃって、昔の面影はありません。地上ホームに「牛乳スタンド」があった頃の赤羽駅、懐かしいですね!
(確か、「幕の内」一種類だけしかないけど駅弁も売ってた気がする。買う人がいるのかなぁ?と思っていたら、川口の知人によれば「コンビニ弁当の代わりに夜、買ってる人がいるよ」とのことでした。)

また遊びに来てくださいね~♪
(*'​-')​ノ

工場

鉄道工場の公開って楽しいですね。以前、苗穂の工場公開をしていて、ちょうど温泉の帰りに公開していたので、ちょっと見たことがあります。列車の車内をちょっと見ただけで帰りましたけど、今になると、もっと工場内のいろいろな列車を見ておけばよかったと思いました。
苗穂は高架化工事で、工場もなくなる可能性があるので、なくならないうちに訪れてみたいと思います。たぶん、秋口に公開するとおもいます。でも女子ひとりで工場内をうろうろしてるとめちゃ目立ちますのでだれか同行者を探して行きたいと思います。

びゅんびゅん丸様

こんにちは。
(*'-'*)

>以前、苗穂の工場公開をしていて、ちょうど温泉の帰りに公開していたので、ちょっと見たことがあります。

どんなのが展示されていたんでしょう?
北海道かぁ・・・もう2年ぐらい行ってないなぁ。
まだ肌寒いでしょうけど、これからの季節、いいでしょうね。。。。

>苗穂は高架化工事で、工場もなくなる可能性があるので、なくならないうちに訪れてみたいと思います。たぶん、秋口に公開するとおもいます。

移転するといっても、北海道は土地が広いからいいですよね。
これが首都圏だと、候補地の選定からして大仕事です。

>でも女子ひとりで工場内をうろうろしてるとめちゃ目立ちますのでだれか同行者を探して行きたいと思います。

札幌はわからないけど、東京や横浜は女子鉄が多いので、あんまり目立ってなかったよ!
(*'-'*)
まあ、その機会に男の人を誘ってみるのも、いいかもしれませんけど。。。。
ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

昔は・・・

良かった・・・とは、言いたくないけど。

みっぴょんさん、こんにちは。
鉄道工場公開って、ファンにとっても、一大イベントですよね?今年は、仕事で行けなかったのが残念でしたが。

初めて訪れたのは、1986年。国鉄末期でした。
体験乗車は、青大将塗装のEF58だったり。EF65(0番台)の車体吊り上げ実演最終回の後には、一般の見学者が居る中で、そのまま組立作業が始まり、その様子を間近で見ることができたり…と、大らかな公開でした。
次に訪れたのは、デジタルカメラなるものを買った年の2001年。
当時の写真を見ると、展示車両の周りには、ロープもなく車両に直に触ることもでき、床下観察なんか自由だったものでした。
最後に訪れた2007年。
鉄博開業前で、交通博物館から移送されたC57やクモハ40が展示された年でしたが、すでにロープで規制され、車両には近寄ることすらできない状態。

こういったファミリー向けイベントも色々規制が敷かれるって言うのは、昨今の事情を反映しているんでしょうかね?
中年の戯言で失礼しました。

最後に。
2004年当時、苗穂工場ってイベントとかなくても、正門で許可を得ると、一部施設…「鉄道技術館」までは見学できたのですが、今は駄目なのでしょうか?
ぴゅんぴゅん丸様のコメント見たら、なくなる前にも一度訪れてみたくなりました。

かべさん様

こんにちは。
(*'-'*)

>こういったファミリー向けイベントも色々規制が敷かれるって言うのは、昨今の事情を反映しているんでしょうかね?

これは、なかなか難しい問題でして、一言では語れないんですよ。

本来は「ファミリー向け」「お子様向け」と、「大人向け」は別の機会にやればいいんでしょうけど、平日は本来の工場業務がありますし、休日に開催するとなると、社員は「休日出勤」扱いになっちゃいますから、あまり頻繁にはできません。

実は、JR東日本では「びゅう」のツアーで「大宮総車セ見学」もパックされた商品を売っているんですが、これは東北・上信越で販売していて、関東では扱ってないんですね。
コースを見ると、平日午前中の新幹線で大宮に着き、鉄道博物館で過ごした後、午後の15~16時ぐらいに総車セを訪れ、夕方の新幹線で帰る(または、都内へ出て一泊し、翌日はTDRとか横浜みなとみらいへ)・・・となっているようです。
午後遅い時間ということは、その日の作業が一段落し、後片付けに入るような時間帯ですが、これは「安全確保」のためでしょうね。

このツアーを、今のところは大々的に販売していないのは、あくまで「試行」段階だからだと思います。
本来なら、総車セに「見学コース」でも設けて、隣接する鉄博と一体化した「産業観光」を常時できるのが望ましいんでしょうけど、労組の了承なしには不可能ですし、部内の調整や準備が難しいんだろうなぁ。。。。
それと、日本における「産業観光」の推進役であり、欧米の事情にも詳しいのは、元・JR東海社長の須田寛氏でして(笑)、東日本は、社内に有識者も少なく、あんまり乗り気じゃないのかもしれません。

>2004年当時、苗穂工場ってイベントとかなくても、正門で許可を得ると、一部施設…「鉄道技術館」までは見学できたのですが、今は駄目なのでしょうか?

公開日は限られていますが、現在でも可能なようです。
電車で訪れる場合は予約不要。車で行く場合のみ「事前にお電話を」とのことです。駐車場が狭いんでしょうかね。
詳しくは、下記をご覧ください(苗穂工場公式サイト)。
http://www3.tky.3web.ne.jp/~jrnaebo/

このサイト、妙に「味」がありますよ。
工場の総務課あたりにいる、パソコンの得意な人が手作りした・・・って感じで(笑)。
(自分でホームページを作った経験がある人ならわかると思いますけど[笑]。。。。)
JR北海道本社のサイトは、電通か博報堂か、「いかにも大手の広告会社が請け負った」って感じで、綺麗にできているけど「素朴な味わい」はありません。

では~♪(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。