05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江東区木場の「夢空間」レストラン

レストラン「アタゴール」オロネ25 901(東オク)(2013年5月2日・東京都江東区木場3丁目)1

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
「あの話は、どうなった?」というのを出来る限り追いかけるのが、このブログの「売り」と心得ていますが、
(おかげさまで、この記事で第486回目。間もなく500回です。日頃のご愛読、ご声援に多謝!)
「東京都江東区木場で、元”夢空間”の寝台車・オロネ25 901がフレンチレストランになっているらしい」という情報をしばらく前に何かで読み、気になっていました。

このレストラン・・・「A ta gueule」(アタゴール)というんですが、盛業中です。
(*'-'*)
なんでも、ごく最近、(2013年)4月30日の文化放送「くにまるジャパン」にシェフの曽根譲司氏が出演し、5月1日深夜にテレビ朝日「東京上級デート」でも紹介されたそうですが、どっちも視聴してねぇや(笑)。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
ですから、この記事はテレビ・ラジオの影響ではありません。

まず、この「夢空間」客車とは何か、簡単に触れておきましょう。

1989(平成元)年、まさにバブル景気真っ只中の時代、JR東日本は「次世代の寝台特急列車のあり方」のモデルとして、「夢空間」と称する客車3両を試作しました。
これらは、在来車両の改造ではなく、新造車です。

■オロネ25 901
オロネ25 901(東オク)(2010年11月20日・尾久車両センター)

「デラックススリーパー」と称するA寝台個室車で、特別室1室とツインルーム2室から成り、定員は6名という少なさです。
特別室(エクセレントスイート)には、セミダブルベッド2つとリビングルーム、バス・トイレ・洗面所があり、BSのテレビ視聴が可能でした。
ツインルーム(スーペリアツイン)にはシングルベッド2つと、バス・トイレ・洗面所があります。
まあ、ユニットバスに関しては、我がみっぴょん家のユニットバスとほとんど同じで(笑)、別に豪華ではありませんが、走る列車内でバスタブに浸かれるのは、やはり「すごいこと」だと思いましたね。
製造は日本車輌ですが、内装は高島屋の木工部が担当しました。

■オハフ25 901
オハフ25 901(東オク)(2009年11月3日・ららぽーと新三郷)

「クリスタルラウンジ スプレモ」という名のラウンジ車です。そうか・・・やっぱりあの時代は『なんとなく、クリスタル』だったのね(笑)。

実はその頃、まだ政治家になる前の田中康夫氏(小説『なんとなく、クリスタル』作者)の講演を聴く機会があったんですよ。ちっとも面白くなかったけどね。
その本も読んだけど、あんまり印象に残っていません。文学としての「深み」がなかったんでしょうね。
当時の人気小説家といえば、村上春樹氏と村上龍氏の「ダブル村上」全盛時代でしたが、お二人の作品は質が高く、今でも世代を超えて読まれていますし、お二人とも現役の小説家として活躍中です。
でも今、ヤスオちゃんの『なんクリ』を読む人がいるのかなぁ。。。。
┐('~`;)┌

話を戻しますが、車内には半円形のバー・カウンターがあり、カクテルなどが飲めたそうです。また、自動演奏のピアノがありました。
往時の「オリエント急行」のラウンジ車には専属のピアニストが乗っていたそうですが、やはり日本は人件費が高いのか「自動演奏なんだなぁ」と思いましたね。
この車両には車掌室があるため、形式称号も「オハフ」になっています。
製造は富士重工業、内装の担当は松屋百貨店でした。

■オシ25 901
オシ25 901(東オク)(2009年11月3日・ららぽーと新三郷

列車の最後部に連結され、車端部から、走り去る風景を展望できる構造になっている食堂車。「ダイニングカー」と称しています。
普通、食堂車は編成の中間に決まっており、こうした構造の食堂車は日本で唯一でした。
製造は東急車輌で、内装も東急百貨店が担当しましたが、東急車輌は電車の製造が得意で、客車を作った事例は非常に稀でした。

この3両は試作当初、「横浜博覧会」の会場に近い桜木町駅前で展示されました。
私の地元ですから、もちろん見学に行きましたが、食堂車で予約制のコース料理を食べさせたりしていたものの、この車両が実際に走る計画は「ない」とのことでした。
その後、幕張メッセに近い海浜幕張駅前で展示されたりしましたが、やはり、「走ってこその鉄道車両」ですから、「夢空間北斗星」などの臨時列車にも使われました。
ただ、豪華車両は3両のみ、しかも寝台車は1両だけですから、実際に走った際は、オハネ25形などのB寝台車と連結して、8両ぐらいの編成を組んでいましたが。

少し前の記事でお見せした写真ですが、2006(平成18)年10月28・29日に甲府駅で実施された展示会を終え、基地の尾久車両センターへ戻る「夢空間」車両。
(2006年10月30日・中央本線相模湖~藤野間)
「夢空間」返却回送(2006年10月30日・相模湖~藤野間)

そして、2001(平成13)年11月24日に大阪駅を出て、日本海縦貫線・上越線・高崎線経由で上野へ向かう臨時特急「夢空間東京号」です。
11月25日・上野着の列車は、EF81 78[田]の牽引でした。
「夢空間東京号」(2001年11月25日・高崎線宮原駅)1

「夢空間東京号」(2001年11月25日・高崎線宮原駅)2

早起きして高崎線の宮原駅へ行き、撮影しましたが、日曜の朝、ホーム先端の良い場所だというのに、私一人だったのは意外でした。
その5日後、11月30日限りで高崎線の115系電車が定期列車から撤退することになっており、もちろんそれも撮りましたが、そんなタイムリーな時期だったというのに、ファンの姿がなかったのは今でも不思議な気がします。

「夢空間」車両は、結果的に「”カシオペア”の先行試作車だったんだなぁ」と思いますが、2008(平成20)年3月29日、品川発盛岡行きの団体専用列車に使われたのを最後に引退しました。

廃車後、オハフとオシは埼玉県三郷市のショッピングモール「ららぽーと新三郷」で保存されています。
ずっと以前、このブログでも取り上げましたが、単に「置いてある」だけで、残念ながらあまり有効に活用されているとはいえません。
オハフの車内には入れますが、オシは車内立入禁止になっていました。

オロネは引き取り手が現れず、尾久車両センターにずっと留置され、ときには尾久駅のホームから見える位置に置かれて目を楽しませてくれましたが、「木場でレストランになった」と聞き、「ほう」と思っていました。
(・。・)ホゥ~ウンウン
実は、漠然と「江東区木場」としか記憶しておらず、細かい所在地などは調べてませんでした。この4月から勤務地が江東区内になったので「いずれ行ってみよう」とは思っていましたが、偶然、見つけちゃいました。

まだ私はこの辺の地理に疎く、都営バスを乗り間違えちゃったのよ。。。。
「おっ、このバスじゃないや」と気づき、次の停留所で降りたら、そこは「木場3丁目」。三ツ目通り沿い、木場公園と深川警察署の近く。
(最寄り駅は地下鉄東西線の木場駅。)
バスを間違えたのでタクシーを拾うか、永代橋通りへ戻ったほうがいいか・・・と考えながら歩きかけたら、
ここよ~♪(^​0_0​^)/
って感じでオロネちゃんがいたわけですよ。
そのときは急いでいたので、あらためて撮影に訪れた次第です。
レストラン「アタゴール」オロネ25 901(東オク)(2013年5月2日・東京都江東区木場3丁目)2

よく見ると、足回りにレールが敷かれておらず、コンクリートの三和土にベタ置きっていうのにはびっくりしましたがね。
模型でも、それこそプラレールですらそうですが、やっぱり鉄道車両はレールの上に置いた方がサマになるんだけど、いまさらどうしようもないでしょうね。。。。
レストラン「アタゴール」オロネ25 901(東オク)(2013年5月2日・東京都江東区木場3丁目)3

残念ながら、再訪した時間は朝8時前で、まだ営業時間ではありませんでした。
そのため、試食はしていないので、この「アタゴール」について宣伝めいた記述はいたしません。
一応、お店の公式サイトのURLだけ載せておきます。
http://www.atagueule.com/index.html
ランチメニューならば1700円から・・・だそうで、これなら私でも食べられそうです。
(*'-'*)
グルメ情報サイトをいくつか見てみましたが、評判は良く、また「ランチタイムに入ってみた」という方(男性)のブログも読みましたが、ランチならカジュアルな服装でも大丈夫なようでした。
もっとも、町のブロガーのサイトでは「電車が置いてあるレストラン」などと書いているのも散見され、「”電車”じゃないでしょ、電車じゃ!」と思いましたけどね。。。。

食事する機会があったら、またあらためて取り上げたいと思います・・・と、この記事を書き終えてUPしたら夕食にしますが、
今夜のみっぴょん家のおかずは「ブリの塩焼き」です。。。。
(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

夢空間北斗星

こんばんわ、今夜は寒いですね。
北海道では、大雪になったところもあったようで…
夢空間といえば、もう20年近く前ですが、「夢空間北斗星」に一度乗車したことがあります。
と言っても、実際に乗車したのはB寝台車でしたが。
今なら少し背伸びして、A寝台の寝台券も取れたかもしれませんが、当時は手が届きませんね。
食堂車だけでも少し見て見よう…と向かったら、何か様子が変。
テレビの取材(確かテレ朝)でした。
テーブルに座っていたのは、峰竜太だったと思います。
思い切って、サインなどもらえばよかったかなとも今は思いますが、当時は焦ってしまい写真も撮らずに出てきたのが、ちょっと残念です。
レストランになった食堂車、食べに行ってみたいですが、おじさんには合わないか〜
カシオペアも一度は乗車したいが、やはり北斗星の24系に魅力を感じてしまいます。
外観は24系、車内はカシオペアのような新車造って欲しいのは、自分だけでしょうか?
自分だけですね

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)

>夢空間といえば、もう20年近く前ですが、「夢空間北斗星」に一度乗車したことがあります。

私は、レギュラーの「北斗星」しか乗ったことないなー。

>テーブルに座っていたのは、峰竜太だったと思います。

「北斗星」のロビーカーに乗っていたら、俳優の三橋達也さんがオフで奥様と一緒に乗っておられ、
「わっ、十津川警部だ!」
と思った・・・という人がいましたよ(笑)。
三橋さんも、しばらく前に亡くなられましたが。

>レストランになった食堂車、食べに行ってみたいですが、おじさんには合わないか〜

いや、全く遠慮する必要などないと思いますよ。
できれば、異性のパートナーと一緒に行くのがいいけど、「グルメが趣味」って人は、男性1人でもどんどん行っちゃうわけですから。
(*'-'*)

>外観は24系、車内はカシオペアのような新車造って欲しいのは、自分だけでしょうか?
>自分だけですね

私もそう思いますよ。
アメリカは、バッド社のステンレス車が多かったお国柄で、第2次大戦後はシルバーの寝台車が一般的だったようですが、ヨーロッパは、寝台車といったら伝統的に「青列車」ですから。。。。
海の向こうから伝わった美風は、続けてほしいと思いますね。

では~♪(*'​-')​ノ

おはようございます

夢空間は無事に残っていたんですね
(・.・)
東急車輌で製造されたのもいたんですね
赤い客車が印象的でした
(^.^)

aki様

こんにちは。
(*'-'*)

>夢空間は無事に残っていたんですね

そうです、3両とも静態ですが残ったんですよ。

>東急車輌で製造されたのもいたんですね

東急車輌製の国鉄・JR向け客車は、私が調べたところ、このオシ25 901の他に、
「カシオペア」用のスロネE27 1、スロネE27 201・202、マシE26 1、
そして、いわゆる「マヤ検」マヤ34 1ぐらいしか例がないようです。
(他は輸出車。)
マヤ34形は、1以外はほとんど日立製作所製なんですが、昭和30年代までは日立も客車を作っていて、10系や20系には多いんですが、途中で方針が変わり、電車とELに特化して、14系以降はあんまり作っていないと思います。
マヤだけは、内部の機器類も含めて日立が受注したんですかね。

>赤い客車が印象的でした

ヨーロッパ調というか、上品な色の使い方ですね。

では~♪(*'​-')​ノ

オロネ25 901

こんにちは。

今から21年前の平成4年に、当時懇意にしていたJR阿久根駅の駅員さんに「夢空間北斗星のスーペリアツイン、取れたら取ってみて」と冗談まじりで頼んだら、取れてしまったので、乗ったことがあります。

旧ブログの特集ページ「豪華寝台客車・夢空間」に写真をUPしています。
http://plaza.rakuten.co.jp/kamiike3/10000/

個人的には、3両とも大宮の鉄博に保存して欲しかったのですが…
ららぽーと新三郷に静態保存したのはいいのですが、雨ざらしで数年後は鉄屑同然にならないように、大切に保存してもらいたいですね。

Joh様

こんにちは。
(*'-'*)
ブログ、拝読させていただきました。

あー、「夢空間わくら」っていうのもありましたね。
今では、ちょっと考えられませんが。。。。
いずれにしろ、これに乗った体験は貴重で、一生忘れられない思い出ですね。

>個人的には、3両とも大宮の鉄博に保存して欲しかったのですが…

あくまで「試作車」でしたから、JR東日本として「公式に」保存するには、ためらいがあったのかもしれません。

>ららぽーと新三郷に静態保存したのはいいのですが、雨ざらしで数年後は鉄屑同然にならないように、大切に保存してもらいたいですね。

ううむ・・・三井不動産さんが、アレを「どういうコンセプトで」保存したんだか、現地へ行ってみたけど、よくわかりませんでした。
一応、オシの前には当時の東急車輌が設置したメモリアル・プレートがありましたけどね。

木場のレストランは、ここのシェフが「日本人で唯一、オリエント急行に料理人として乗務した人物」とのことです。
本家・ヨーロッパの客車を買うわけにいかず、「夢空間」を買ったようですが、そういうご縁がある以上、大切にしてくれるだろうと思いますよ。

では~♪(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。