09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「全農」所有の貨車・ホキ8300形を描く

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に、日本も「参加」の前提で交渉の場へ臨むことになり、連日さまざまな報道がされていますね。
その中で、「JA全中は猛反対である」と伝えられていますが、新聞を読んで、私の頭では「JA全中」と「JA全農」がゴッチャになっています。。。。
┐('~`;)┌
「JA全中」とは、正式には「特別民間法人 全国農業協同組合中央会」といい、全国のJA(農協)の上位団体です。
その目的は、各地のJAを通じて農家を指導したり、政治や行政へ農家の要望を出したりすることです。
この団体が直接、個別の農家に対して何かすることはなく、必ず所属のJAを通じて行なわれますから、JA全中に関する一般の人々の知名度は高くないと思われます。

一方「JA全農」とは、正式名称を「全国農業共同組合連合会」といい、全国のJAの連合体です。
主な業務は北海道を除く各都府県で、JA組合員向けに生産資材や生活用品の共同購入を斡旋したり、農畜産物を流通・加工・販売するなど、JAの「購買業務」部門を統括しています。
(北海道のみ、購買事業は「ホクレン農業協同組合連合会」の管轄です。)
地方で見かける「Aコープ」というスーパー、あれもJA全農の一事業ですよ。
旅先で「あんまり安くないなぁ」と思いつつ、他にお店がなくてAコープで買い物することもありますが(笑)。
また、みっぴょん家では「農協牛乳」をよく買いますが、これもJA全農です。
(ただし、現在は雪印メグミルク株式会社の委託生産。)

JA全中・JA全農とも、本部は東京都千代田区大手町のJAビル内にあります。
TPPに関して、JA全中と日本経団連の意見は対立していますが、両者の本部ビルが隣接しているのが、なんとなくおかしいですけどね。
============================
さて本題ですが、昨年(2012年)のロンドン五輪で銀メダルを獲得した卓球の石川佳純選手が所属する、そのJA全農は、
なんと昔は「私有貨車」まで持ってたんですね。。。。
( ゜。゜)ウヒョー
まあ、ホクレンは今でも「ホクレン丸」「第二ホクレン丸」という高速貨物船を持っており、釧路港と茨城県日立港の間を定期運航(川崎近海汽船に委託)していますから、「全農が国鉄線を走る貨車を持っていた」といっても、驚くほどのことはないのかもしれませんが。

TPP報道をきっかけに、その全農が所有していたホキ8300形ホッパ貨車のことを思い出し、写真が手元にないので絵を描いてみました。
(*'-'*)つ
P3200083.jpg

1949(昭和24)年に制定されたという「農協」マークを大きく掲出しています。所有者標記は「全農」。
私有貨車の所有者は、たいがい「株式会社」なので、「協同組合(連合会)」という組織が所有していた貨車は珍しかっただろうと思います。

これはですね・・・「トウモロコシおよびコウリャン(注:主に中国北部で栽培されるモロコシの一種)」の輸送を目的としたホッパ貨車です。
1974(昭和49)年に、日本車両製造株式会社で全17両が製造されました。
全長(連結面間距離)は12.7m、荷重は35トンで、外観上はホッパ(貯蔵槽)が一つに見えますが、実際は左右に二つあります。
荷役の方法ですが、積み込む際にはホッパ上部に計4箇所ある積込み口(マンホールに似ている)から、積荷の穀物を落とし込みます。
荷降ろしの際は、ホッパの下部にある取り降ろし口から排出します。

なぜ全農がこんな貨車を私有していたかというのは、先に国鉄所有のホキ2200形ホッパ貨車について説明しないといけませんね。

ホキ2200形は、1966(昭和41)年から74(昭和49)年にかけて全1160両が製造されました。
1960年代半ばから、国鉄では産業の多様化に合わせて「物資別適合輸送」(物適輸送)の方針を打ち出しましたが、これもそれに則った「物適貨車」の一種です。
この貨車が登場する以前は、小麦とか雑穀のような粉粒体は袋詰めして、ワムなどの有蓋貨車で運ぶしかなかったんですが、
ホキ2200形は、ホッパに「ザザッ」と落とし込んでそのまま運ぶ「バルク輸送」(バラ積み輸送)ができるので、荷主に大好評を博しました。
(*'-'*)つ
P3200084.jpg

私は、故郷の鶴見線大川駅(東京南鉄道管理局)常備の車両(ホキ12565)を描いてみましたが(笑)、実際には全国の各鉄道管理局に配置されており、港から内陸部にあるサイロまで穀物を輸送し、どこでも見られました。

ところが、このホキ2200形は評判が良すぎて「作っても作っても足らん」状態が続きました。
そこで、国鉄では荷主さんの団体に鉄道債券を買ってもらい、それで得た資金でホキ2200形を新造する方策も取りましたが、それでも足らず、
「お金持ち」の全農さんは「自前で作っちゃった」・・・というわけです。

「作っても作っても足らん」・・・ちょうどパン食や肉食が普及し、パンの原料である小麦粉とか、牛や豚の餌である飼料の需要が伸びた時代と重なっています。

ホキ2200形とホキ8300形は、荷重が前者は30トンであることを除けば、大きさや荷役方式の違いはありません。
なお、絵では記号番号として「オホキ8301」「オホキ12565」と、小さな「オ」が書かれていますが、この「オ」は「全長12m以上のホッパ貨車」を表す補助記号です。

ホキ8300形にはホッパの補強材である無骨な鉄骨が露出していますね。
これは、家畜の飼料原料であるトウモロコシと、コウリャン(高粱)しか運ばないホキ8300形では、直射日光からホッパを守る遮熱板が省略されているためです。

一方、ホキ2200形小麦も運びます。最終的には人の口に入る物ですから品質保持基準が厳しく、ホッパが遮熱板で覆われており、「丸っこい」印象を受けます。
ホキ8300形は当初、ホッパの色が黒だったそうですが、さすがに「それはちょっと熱くなりすぎる」ということで、1978(昭和53)年からホキ2200形と同じ「クリーム4号」に塗り替えられました。
「クリーム4号」は、いわゆる「旧・国鉄特急色」や、気動車の「旧・国鉄色」にも使われている、あのクリーム色です。
当初「黒」だった理由は、法令で黄色・灰色・白のように「容器の色」が決まっている高圧ガス輸送用タンク車と、タンク体がアルミ製のタンク車をを除き、「私有貨車の色は、一律に黒」と定めていた国鉄の規定があったためで、なんとも無神経な話ですね。
( ´・_・`)
しかしまあ「高粱飯」なんて聞くと、終戦直後の食糧難を体験した世代の方は、嫌な顔をするんでしょうね。
昔読んだ開高健氏の小説によれば、確か高粱飯は「赤っぽくてボソボソしている」らしいですが、今は食用のコウリャンなど日本ではたぶん売っていないし、やはり本来は家畜の餌であるようです。

ところで、全農所有のホキ8300形が具体的にどこを走っていたかというと、東北の石巻埠頭~二枚橋(東北本線)間でした。
二枚橋という駅は、現在は「花巻空港」駅と名乗っています(1988[昭和63]年3月13日改称)。ただ「直線距離で最も空港に近い」というだけで、実際には約4kmも離れており、連絡バスもないため物議を醸した、あの駅です。
その二枚橋には、岩手くみあい飼料(現:北日本くみあい飼料)の工場があり、外国からの輸入穀物を運んでいたんですが、国鉄所有のホキ2200形も使われていました。
P3200086.jpg

これは1993(平成5)年に廃止され、ホキ8300形は「二枚橋駅常備」から名古屋臨海鉄道の知多駅へ転じました。
私が目撃したのは二枚橋(花巻空港)駅常備時代だったようです。私は宮沢賢治が好きで、花巻を何度か訪れましたが、車体に掲出された「全農」の表示や農協マークを見て「いかにも、実り豊かな東北だなぁ」と思ったものです。
(*'-'*)
もっとも、名古屋時代にも、JRと名臨の接続駅である笠寺駅で見たような気もしますね。
P3200087.jpg

知多の「全農サイロ」からは、中央本線の辰野にあった長野県くみあい飼料の工場まで定期的に往復していたそうですが、これは長続きせず、1996(平成8)年3月に廃止され、同年12月にホキ8300形は全車廃車されました。
保存車などあるはずもないんですが、Nゲージの模型が「河合商会」から発売されております。
なお、全農の物流部門分離により、1994(平成6)年2月から所有者が株式会社エーコープライン(現:全農物流株式会社)に変更されましたが、エーコープラインのロゴを付けた写真は見たことがないし、実車を見た記憶もないので、社名表記やロゴは「全農」のままだったのかもしれません。

長野県くみあい飼料株式会社は、合併により信越くみあい飼料株式会社を経て、現在はJA東日本くみあい飼料株式会社になりましたが、辰野工場は2003(平成15)年に廃止されました。その跡地は現在、町立辰野病院になっています。
また、知多駅は廃止されたわけではないんですが、2012年3月以降、実際の発着列車が無くなりました。ダイヤ上、試運転列車が1日1往復存在するそうですが、実際には走っていないだろうと思います。

一世を風靡したホキ2200形は、輸送方式のコンテナ化が進んで2000(平成12)年度に全廃されましたが、保存車は2両あります。
どちらも保存場所は北海道で、ホキ2226が小樽市総合博物館、ホキ2341が三笠鉄道記念館の分館「クロフォード公園」です。
Nゲージ模型は、さすが「全国区」の車両だった強みで、メジャーな「KATO」や「TOMIX」の製品が出ています。
(実は私も持っています。。。。)
(´∀`*)ウフフ
============================
私は、今のところ模型いじりをやっている時間もお金もスペースもないので、たまに安い中古品で気に入った車両があれば買い、将来、仕事から退役したら遊ぶつもりでいます。
鉄道模型は、小さなジオラマを作ってみたいんですが、その一つが「臨港貨物線のヤード風景」です。
こんな感じでね!
(*'-'*)
P3200085.jpg

1994(平成6)年当時の石巻埠頭駅構内の写真はweb上で見つけましたが、1両の貨車も機関車も見えなかったので、その写真を元にホキ8300形とワム80000形が留置されているシーンを描いてみました。
(注:実際には、1994年時点ではホキ8300形は知多駅へ転属しています。)

この駅は1999(平成11)年11月1日付で廃止されており、風景も東日本大震災の津波被害で変わっているかもしれません。
なお「石巻埠頭サイロ株式会社」は盛業中で、私が同社の公式サイトを見た際には「4年制大学新卒社員募集」の告知があり、震災に負けず若い人材を投入して頑張っています。
(っ`・ω・´)っガンバレー
最後に、絵のお話。

従来お見せした絵は「水彩色鉛筆」で着色していましたが、発色に難点があり、web上にUPした場合の見栄えがイマイチなので、やはり水彩絵の具で着色することにしました。

私有のホッパ貨車といえば、キリンビールの所有だったホキ9800形、サッポロビール所有のホキ6600形もあり、ホッパ貨車ではなく「タンク車」扱いですが日清製粉所有だったタキ24700形も捨てがたいなぁ・・・と思いますね。
(いずれも神奈川県内の駅が常備駅だったので、子供の頃よく見たんです。)

私は栗原大輔氏(画家:いすみ鉄道国吉駅の観光駅長)描く細密画にも憧れていますが、野村浩志氏(山形鉄道社長)が好んで描く「鉄道のある風景」にも強く魅かれます。

私が描くのは、両氏の足元にも及ばんヘタレな絵(苦笑)で恐縮ですが、ぼつぼつ描いていきますので、よろしくお付き合いくださいませ。
ただ、今回描いたホキ2形式の絵など、人によっては「形式図に着色しただけのくだらない絵」という人もいるでしょうが、やってみると1枚仕上げるのに2~3時間はかかりますので、「量産」は出来ません。
ですから、次回の発表は「時間の許すときに」ってことで。
(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

今回はJA全中・JA全農のお勉強からですね
よく分かりました
(^.^)
モロコシ輸送ほっぱホキホキですね
(^.^)
ホキホキは評判良かったんですね!
でもコンテナ輸送の時代の流れには勝てなかったようですね
(>.<)
私もNゲージこつこつ集めていつかはジオラマ作りたいなと思ってます
今あるのを飾ってみようかな
河合商会さんは自己破産してしまいましたが今はどうなっているのですかね
(・.・)
貨物ヤードいいですね!
今回も立派はイラストでクリーム色の色合いが良かったです
クリーム何号とかっていうんですかね
(^.^)
あっという間に春らしくなり桜がボチボチ満開になりそうですね
体調管理しっかりしていきましょう!

aki様

おはようございます。
(*'-'*)

>今回はJA全中・JA全農のお勉強からですね
>よく分かりました

ありがとうございます。
「ウィキペディア」あたりの記述をパクったら、さぞかし簡単なんでしょうけど(苦笑)、実際に「ウィキ」の記事を読んでみると、ちっとも説明になってないんですよね。。。。
面倒でも自分で調べて、「自分の言葉で書く」に限ります。
だいたい、ウィキが気に入らんのは、実は15年ぐらい前に私が勤めていた会社が「JA全農クループ」として書かれているんですが、これは正しくない。
確かに農林中金の資本は入っていたんですが、それよりもむしろ、三菱東京UFJ銀行(旧・東海銀行)の影響が強かったのでね。

>ホキホキは評判良かったんですね!
>でもコンテナ輸送の時代の流れには勝てなかったようですね

そうなんですねぇ。
コンテナ輸送は「お手軽」というか、トラックにも積めて「つぶしが効く」というか、例えば私有のホキなど持ってなかった「花象印の千葉製粉」なんて会社でも、コンテナは見かけますよ。
大手の日清製粉やニップンは、まあ当然ですが。

>河合商会さんは自己破産してしまいましたが今はどうなっているのですかね

小さな模型屋さんが河合の経営破たん前に仕入れて、在庫として持っていた物は細々と売っているようですよ。
「楽天市場」などをチェックしてみてください。

>貨物ヤードいいですね!
>今回も立派はイラストでクリーム色の色合いが良かったです
>クリーム何号とかっていうんですかね

横須賀線カラーはちょっと薄くて「クリーム2号」だったかな。
クリームとかペールオレンジ(肌色)の発色は難しいんですよ。
これは、白5:肌色1ぐらいの割合で調合しています。
ところで今、「肌色」(スキンカラー)ってあんまり言わなくなりましたね。
「アフリカ系アメリカ人」とかいうのと同じで。。。。

>あっという間に春らしくなり桜がボチボチ満開になりそうですね
>体調管理しっかりしていきましょう!

昨日の東京は暑かったですね!25℃ぐらいあったみたいですね。
風邪をひかないようにしないとですね!
(*'​-')​ノ

大川行こうか

おはようございます、昨日の暑さから一転、しのぎやすくなりしたが、体調おかしくなりそうです。
全農と全中、全く理解していませんでした、社会、経済の勉強になりました。
ホキ8300、見る機会なかったですね。
大府あたりは、通過するときもヤードは見ていましたが、目撃したことはありませんでした。
しかし、模型でみると、独特の造り、塗装でいい感じです。
「河合商会」は経営破綻しましたが製品は最近各地に出店している「ポポンデッタ」が引継いだので、再販の可能性もあります。
しかし、クリーム色の貨車といえば、やはりホキ2200ですね。
大川、赤城、山下埠頭など、関東でも当たり前のように見られたのに、いつの間にか消えていました。
大川支線をDD13に牽引されて走っていたのを目撃したのは、いつだったか…
大川駅も、側線は荒れ放題になってしまいましたが、いずれ再訪したいです。
本当にタイムマシン発明して欲しいです。
大川や山下埠頭、倉賀野、新鶴見などなど、貨車をじっくり観察してみたかったですね。

JA

おっはよーございます。貨車ってみんな同じに見えるし、なかなか見る機会がないんですけどね。いろいろバリエーションがあるようでして。
素人には記号とか、何がなんだかわからないです。
TPP反対のCMとか一時期JAが盛んに流していました。意見広告のCMみたいでした。
こちらはホクレンのCMがよく流れていて、広い大地の映像に財津和夫を歌が流れています。
貨車はまず乗る機会がないですけど、昔の写真でSLが貨車を引っ張っているのを見ると、いいなあ!って思います。

びっくり!

実は、全農の物流部門の関連会社で働いております。

現在は全てコンテナ輸送や船便、そしてトラック輸送になってますが、こんな私有貨車を所有していたなんて知りませんでした。

会社に昔の写真がないか、捜索してみたいですね。


それにしても、絵、お上手! パチパチパチ!

「旧JA農協マーク」なんか、リアリティーいっぱい!(^_-)-☆

103おじさん様

こんばんは。
(*'-'*)
3月20日の午前中にコメントをいただいたようですが、お返事が遅くなってすみません。
絵を2点追加しようと思って新たに描いたら・・・半日かかっちゃったんですよ。。。。

>全農と全中、全く理解していませんでした、社会、経済の勉強になりました。

これは農家の方以外はご存知なくても仕方ないですね。
私も今回、あらためて勉強しました。

>ホキ8300、見る機会なかったですね。
>大府あたりは、通過するときもヤードは見ていましたが、目撃したことはありませんでした。

大府は衣浦臨海鉄道に入る貨物がいるんだけど、太平洋セメントのホキ1000が多いんじゃないでしょうか。白に青線の。
笠寺は、もうだいぶ前ですが、東京から「大垣夜行」375Mに乗って行くと、笠寺で名古屋臨海鉄道の列車と同時到着だったのを今でも憶えています。

ただ、私も実際に沿線で撮影したことはありません。時刻がよくわかんないので。今度、調べてみます。
(『JR貨物時刻表』の新しいのが出たら買います。)
土地勘もないんですが、一応、手元に「愛知県都市地図」があり、どうも名鉄常滑線の駅から20~30分歩くと臨鉄の線路に出そうですね。

>「河合商会」は経営破綻しましたが製品は最近各地に出店している「ポポンデッタ」が引継いだので、再販の可能性もあります。

あ、「ポポン」が継承したんですか! それは良いことを聞きました。
(^_-)

>本当にタイムマシン発明して欲しいです。

次回のテーマは、やはり「日清製粉」にしますかね!
(*'​-')​ノ では~♪

びゅんびゅん丸様

前のコメント(渋谷駅)にもお返事しましたよ♪
(*'-'*)

貨物列車・・・北海道にしかいないDF200形だっけ? 通称「レッドベア」。アレが牽引する本州発の貨物列車、一度見たいなぁ!
(・。・)
あと、石北本線に秋ごろ走る「玉ねぎ列車」、あれも一度見たいです。
東京には、大型のディーゼル機関車が牽引する貨物列車って、今はほとんどないので。。。。
(紀勢本線の「紙輸送列車」、アレも一度見たかったんだけど、3月15日で廃止されちゃいました。時間帯が悪くて、名古屋とか三重県の人ならともかく、東京から行くのは困難でしたので。)

>素人には記号とか、何がなんだかわからないです。

本当は「ビギナー向け教室」とか、やらなきゃいけないんですけどね。
ただ、私も「最近のコンテナの記号」は、よくわかんないです。

>こちらはホクレンのCMがよく流れていて、広い大地の映像に財津和夫を歌が流れています。

財津さん、若いなぁ。65歳とは思えんわ。
ホクレンっていえば「ガソリンスタンドのガソリンが高い」。でも、北海道って「30Km以内には、そのスタンドしかない」って場所も多いからねぇ。。。。
黒松内のホクレンスタンドには、かわいい女の子が働いていたよ。
あの辺の男性は、みんなそこで給油するんでしょうね(笑)。

>貨車はまず乗る機会がないですけど、昔の写真でSLが貨車を引っ張っているのを見ると、いいなあ!って思います。

いいよね! NHKで夜中にやってた「SLアーカイブ」って、まだやってるのかなぁ?

では~♪(*'​-')​ノ

と~ちゃん49才様

こんばんは。
(*'-'*)

>実は、全農の物流部門の関連会社で働いております。
>現在は全てコンテナ輸送や船便、そしてトラック輸送になってますが、こんな私有貨車を所有していたなんて知りませんでした。

おや、!まあ。
全農グループは「裾野」が広いですから、関係者の方もお読みになっているだろうとは思いましたが。
(^_-)
>会社に昔の写真がないか、捜索してみたいですね。

さすがに私有車ホキ8300の写真は無いとしても、国鉄貨車の写真でもあるといいですね!
入江駅、新興駅、東高島駅、山下埠頭駅あたりも取扱駅だったようですから。

>それにしても、絵、お上手! パチパチパチ!

ありがとうございます。m(-_-)m
次回は「鶴見線ネタ」でいきますかね。

>「旧JA農協マーク」なんか、リアリティーいっぱい!(^_-)-☆

今でも田舎に行くと「貯金は農協へ」なんて看板が残っていることがありますね!

では~♪(*'​-')​ノ

懐かしい!

お疲れ様です

イラストシリーズ、また穀物ホキとは渋いところから本格的スタートですねぇ。

懐かしの農協マーク!これ農協の建物にも付いてましたよね。今もJAというネーミングより「農協」の方がしっくりくるワタクシであります。ただ内部の構成はワタクシも詳しくは知りませんで、非常に勉強になりました。

赤城貨物は治良門橋や篠塚付近でよく撮りました。偶然にも最終運行日(?)に居合わせまして、館林機関区で乗務員の皆さん方が記念写真を撮っているのを目撃した記憶もあります。

今はすっかり駐車場と化してしまった宇都宮駅北側の日清製粉の側線にもクリームのホキがゴロゴロしてましたっけ(これ、しょっちゅう見ていた割に撮ってないんですよねぇ)。
※今、過去の写真見ていたら、東高島にも運用を外れたと思しきホキが多数写っているのがありました

福山通運が東京~大阪の直行列車利用を始めますけど、今日びモーダルシフトとはいえ穀物ホキ(あるいはコンテナ)のみというわけにはいかないでしょうからねぇ。

イラストはお手数がかかることでしょう。また出来たら拝見で。
では

鉄ピク

こんばんわ、またまたお邪魔します。
返事が遅くなったとか、気になさらないで下さいね。
他の方のコメントなどを読むのも楽しみなので、これからもお邪魔させて下さい。
さて、今日発売の「鉄ピク」はご覧になりましたか?
「横浜、川崎の鉄道」特集ですが、
横浜臨港線の写真の中に、赤レンガ倉庫の前を走る、クリーム色のホキの写真があります。
ホキ2200、ホキ9800の写真ですが、今では想像できない光景です。
鉄ピクを持って、赤レンガ倉庫、山下埠頭方面に行ってみようと思いました。

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

>イラストシリーズ、また穀物ホキとは渋いところから本格的スタートですねぇ。

「貨車ネタ」という企画は、しばらく前から温めていたんですが、いつ、どういう形でスタートさせるか、きっかけがつかめなかったんですよ。

>ただ内部の構成はワタクシも詳しくは知りませんで、非常に勉強になりました

単に「農協」を「JA」と呼び変えただけでなく、小泉政権時代以降は、相当に内部機構も変わっているようですね。
奈良県などがそうらしいんですが、合併を進めて「1県1JA」に統合した県もあるようです。
ただ、農家なら誰でも加入できる「総合農協」と、例えば「酪農家だけ」とか、「主に花を栽培している農家だけ」のように組合員を限定している「専門農協」では利害関係も異なるでしょうし、難しそうですね。

>赤城貨物は治良門橋や篠塚付近でよく撮りました。

東武は、なんといっても日清製粉がありますからね。ホキ2200が入っていましたね。懐かしいですね。桐生線に入るのはEDの重連だったんじゃないですか?

>イラストはお手数がかかることでしょう。また出来たら拝見で。

かかりますわ、メチャクチャに(笑)。資料集めからして大変です。
ただ、次回の構成がだいたい決まりましたので、数日後には。
(^_-)

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)
ピク、まだ買ってないんですよ。。。。

次回の「貨車シリーズ」は、どうやら鶴見線の要望が多いので、日清製粉のタキ24700形に決めたんですが、
第1回(ホキ8300形)に関して反省すべき点が多々あり、
プロの作例(もちろん「貨車の絵」なんてあるはずもなく、「乗り物の絵一般」ですが)を見て筆運びを真似てみたり、
タキ24700形や鶴見線、あるいは粉粒体輸送についての資料を集めたり、なにかと「やること」がありまして。。。。
(*゚ー゚)ゞ
鶴見線は「珍貨車の宝庫」でしたので、穀物輸送貨車だけでなく、さまざまなテーマがありますね。
「描いてみたい貨車」もいろいろあります。東京ガスが持ってたタム9600形とかね。。。。
(日立~鶴見川口間でLNGを運んでいた貨車で、タムといっても「タンクの実容積が小さい」だけで、車体そのものは、ものすごく大きかったんですが・・・。私も1~2回しか見たことないです。)

それもそうなんですが、暖かくなってきたので今月末にはどこかへ行きたいですね。。。。
(*'​-')​ノ

みっぴょんさんの絵が うますぎる!

全農と全中の違いを
まったく知りませんでしたe-263

私は農家の跡取り娘で
しかも身内に元JA職員もいるというのにi-229


全農が貨車を持っていたのも
はじめて知りました
昔の農協マークがとても懐かしいです

ホキですねーw

みっぴょんさん、こんにちは。

ホキですねw

私はクリーム色のホキ2200は記憶があるのですが、農協マークのホキがあったんですね。

うちの父方の祖母が若いころ農協に勤めていたので、農協マークの入った鉛筆とか実家にいっぱいあったのを思い出しました。

クリーム色のホキは退色が激しいのか、1両ごとに濃さが違うことがよくありました。

これを鉄道模型で再現するのは手間がかかるのですが、地方の個人経営の小さな模型店にひっそり売れ残っているホキは、太陽光や蛍光灯などで微妙に退色していて、そういうのをチマチマ買い足すとなんとなくリアルになるんですよw

全農には…

こんばんは、ご無沙汰です。
全農所有の貨車、マニアックですなぁ。

ところで、全農は海コン(海上コンテナ)も自前で持ってるんですよ。
北海道をバイクでツーリングしているて、前にトレーラーだったりするケースが多くあって、追い越したくても追い越せない事も多々あります。そんな時は、ピッタリ後ろについてコンテナに書かれた文字や荷札を見ています。
そんな時に見つけたんですよ、全農所有のコンテナを。
所有者を書き込んだプレートには、ローマ字で全農と書いてあって、連絡先の電話番号やテレックスの番号(東京の番号でした)もありました。

国内生産品を輸出するのに使うのか?海外生産品を輸入するのに使うのか?はわかりませんが、国内生産だけでは限界がある作物がある事に違いありません。
輸入と輸入、バランスを考えた上で安心して食べられる物を、安価に安定供給出来る様、取り組んでほしいものですね。

コメントありがとうございます♪

まとめて失礼いたします。
(*'-'*)

#いな穂※様
こんばんは。
>全農と全中の違いを
>まったく知りませんでした

これは、みんな知らない。
ドンマイ!(^_-)

>全農が貨車を持っていたのもはじめて知りました
>昔の農協マークがとても懐かしいです

運用区間が限定されていて、千葉鉄道管理局管内には縁がなかったので、仕方ないよね。これも気にしな~い。。。。
せめて、私のショボイ絵でお楽しみいただければ幸いです。

#よこちゃん様
>うちの父方の祖母が若いころ農協に勤めていたので、農協マークの入った鉛筆とか実家にいっぱいあったのを思い出しました

なになに、そんなのがあったの?

>クリーム色のホキは退色が激しいのか、1両ごとに濃さが違うことがよくありました。

食品原料を輸送するわけですから、ホッパの内部は清掃していたと思いますが、外は結構退色してるのがありましたねー。
いずれにしろ、懐かしいです。

#すゞきま様
>所有者を書き込んだプレートには、ローマ字で全農と書いてあって、連絡先の電話番号やテレックスの番号(東京の番号でした)もありました。

全農のコンテナが海外へ行ってるかどうかは分かりませんが、
「ローマ字で表記する」っていうのは、国際的なルールなのかもしれません。

航空業界では、例えば管制官と機長が無線で交信する場合、特別な事情がない限り、日本の国内線であっても「英語で話す」のが原則ですよね。
それと同じように、何か「約束事」があるような気がしますね。
勉強しておきます(笑)。

では~♪(*'​-')​ノ

くみあい飼料が懐かしい(^O^)

こんにちは。
先日は123系コメントでお世話になりました。

貨物には詳しくないのですが、全農で持ってたことにビックリです。また、辰野のくみあい飼料には知多から来ていたとは…見掛けていた頃は日常風景で気にもしてませんでしたが、勉強になりました(^o^)/

ちなみに、辰野工場跡地は町営辰野病院となり、引き込み線も閉鎖からしばらくは残ってましたが、今は跡形もありません。閉鎖後侵入しようとした記憶がありますが、やらなかったのでセーフ(笑)

ひじかた様

こんにちは。
岳南鉄道のコメントにも、お返事させていただきました。
(*'-'*)

長野県くみあい飼料の跡地は、町立辰野病院になったんですね。
会社も「JA東日本くみあい飼料」に変わっており、それも含めて加筆修正させていただきました。
ありがとうございました。
辰野病院も「産科の廃止」「小児科の入院廃止」といった問題が解決しておらず、大変なようですが。。。。

知多から来ていた頃は、中央本線ではEF64が牽引していたんですね。
善知鳥峠を越えていたのか・・・見たかったなぁ。。。。
また遊びに来てくださいね~♪
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。