05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【思い出の画像】東海道線東京口のブルートレイン(1)

「さくら」「あさかぜ」の発車案内表示(2005年2月・東京駅)

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
2回にわたって「東海道線東京口の113系」を取り上げましたが、113系だけ撮っていたはずはなく、「本番」は寝台特急・ブルートレインでした。
現在、東京駅から西へ向かうブルートレインは全廃されてしまい、寝台列車自体、285系電車の特急「サンライズ出雲・瀬戸」があるだけです。
今回は、113系の写真を漁るついでに出てきた(笑)ブルートレインの写真でも見ていただきましょう。
登場順序は、「上り列車の東京駅到着順」とします。
なお、客車時代の「瀬戸」も撮ってるんですが、手元にポジフィルムしかなく、すぐスキャンできないので別の機会に。

■急行「銀河」(東京~大阪間)
これは、よく乗りました。今は無き「京阪神ミニ周遊券」でも、急行券と寝台券を買えば乗れましたから。
「ワイド周遊券」「ミニ周遊券」があった頃は、逆に「青春18きっぷ」など「普通列車しか乗れないじゃん」と敬遠していたくらいで。。。。
さすがにそれは一回だけですが、A寝台車・オロネ24形に乗ってみたこともありますよ。バブル崩壊後もこの列車は結構利用者が多く、A寝台は下段が一杯で、上段に乗りました。
いわゆる「プルマンタイプ」のA寝台車に乗ったのは、このとき一回だけです。
急行102列車「銀河」EF65 1116[田](2002年7月25日・辻堂駅)

「銀河」が活況を呈していたのは、1993(平成5)年3月のダイヤ改正で新幹線「のぞみ」が大幅に増発され、1時間に1本になった頃までではないかと思います。
特急格上げの話は何度かあったそうですが、終始「急行」のままだったのは「新幹線の運賃・料金とあまり差が出ないように」という配慮だったといわれます。
「夜行新幹線」の運行計画が騒音問題などで実現しなかったため、その「代替列車」との位置づけだったのでしょう。

1970~80年代のダイヤは、下り101列車が東京発22:45→大阪着8:00で、ビジネスマン向けの時刻でしたが、上り102列車は大阪発23:10→東京着9:36と、遅い到着でした。
これじゃ、しょうがないんだよね。。。。
東京着が遅かったのは、ラッシュ時間帯の東京駅に足の遅い客車列車(当時はEF58+20系客車)を入れるわけにいかなかったので、沼津駅で長時間停車していたためです。
先を急ぐ人は、沼津から三島まで1駅だけ普通列車で移動し(注:「銀河」は三島通過)、三島から新幹線「こだま」に乗り継いで東京へ向かっていましたが、さすがに1984(昭和59)年2月のダイヤ改正で改善され、大阪発21:20→東京着6:35になりました。
その後、大阪駅の発車時刻はさらに遅く、22時台にまで繰り下がりましたが、東京着の時刻は、廃止までだいたい6時30分過ぎでした。
(1987年10月1日修正の時刻では
・102列車 大阪発22:10→東京着6:54
2004年3月13日改正の時刻では
・102列車 大阪発22:22→東京着6:42)

客車は、1985(昭和60)3月から14系寝台車、1986年11月から24系25形寝台車でした。
機関車は、客車が14系になった時に、EF58からEF65になったのではなかったかと思いますが、「急行だから」ってことなのか、ヘッドマークは付けられていませんでした。客車には、絵入りのトレインマークが掲出されていましたけどね。

1990年代前半から利用者が少なくなり、編成も短縮されて
←大阪 EF65+カニ24(電源車)+オロネ24(A寝台車)+オハネ25(B寝台車、以下同じ)+オハネ25+オハネ25+オハネ25+オハネフ25++オハネ25+オハネフ25 東京→
になりましたが、後ろ2両は多客期のみ連結で、閑散期は電源車とA寝台車1両・B寝台車5両・・・それじゃNゲージの「ベーシック・セット」みたいじゃんか!と思いましたよ(笑)。
( ゜д゜)
「ベーシック・セット」って、ほら・・・初心者向けの「持ち帰ったらすぐ遊べます」みたいな、パワーパックと周回レールと車両が何両か入った、2万円ぐらいで買える箱入りのアレ。
子供と遊ぶなら、それでも十分楽しいと思いますが、現実の列車・・・それも、戦前から続く伝統的な名門列車がそれじゃぁ・・・と、寂しく思いましたね。

利用者が少なくなった時点で、座席車を連結するとか、「ゴロンとシート」的な物を導入するとか、なんらかの梃入れをすればよかったんだと思いますが、
なにしろJR東日本・東海・西日本の3社に跨る列車ですから、各社の足並みが揃わなかったのでしょう。2008(平成20)年3月15日のダイヤ改正で廃止されました。
急行102列車「銀河」(回送)(2006年3月8日・有楽町駅)

廃止の少し前、2007年11月に東京から米原まで乗りました。
この時はお友達と一緒で、近江鉄道の彦根車庫一般公開と「ひこにゃん」のイベント見物が目的だったんですが(笑)、現地まで何で行くか考えました。
池袋~浜大津間の高速バスは安いけど疲れそうだったし、当時デビューしたばかりだった新幹線N700系は「今後、いくらでも乗れる」として却下(事実、そのとおりになりましたが)。
でも「銀河」は・・・「これを逃すともう、乗る機会ないかもね」ってことで、乗ってみました。
(*'-'*)
まだ廃止の話は公式発表されておらず、B寝台券は難なく買えましたが、だいたい50%ぐらいの乗車率でしたね。
しかし、新聞に「”銀河”廃止」の記事が載ると、連日満席になったそうですよ。なんとまあ、世間とは現金なものでしょう。。。。
┐('~`;)┌

■特急「出雲」(東京~出雲市・浜田間)
だいぶ前ですが、『竹内まりやさんが作った名曲「二人のブルートレイン」(岡田有希子)』という記事(2010年3月26日付)で、この列車を取り上げました。

それはともかく、山陰の空港はジェット化が遅く、本数も少なかったし、昔は石見空港なんてなかったので(1993年7月開港)、この列車は混んでましたねぇー。
1991年の秋頃だったか「そうだ、隠岐へ行こう!」と思い立ち、東京から米子まで、当時の「出雲1号」に乗ってみました。
その頃は、東京~浜田間の「出雲1号・4号」と、東京~出雲市間の「出雲3号・2号」があったんですよ。
車両は1号・4号がJR東日本の24系25形、3号・2号がJR西日本の14系でした。
特急4列車「出雲」EF65 1106[田](2006年3月11日・横浜駅)

「出雲3号」は東京→出雲市間の運行でしたが、1987年10月から翌年3月まで、運行区間が出雲市駅の次、知井宮(ちいみや)駅まで延長されていたこともあります。
(注:知井宮駅は、現在の西出雲駅。1993[平成5]年3月18日改称。)
それが本当である証拠として、『交通公社の時刻表』1987年11月号の誌面を載せておきますね。
行先が「知井宮」と明記されています。
「出雲3号・知井宮行き」(『交通公社の時刻表』1987年11月号)

これは要するに、出雲運転区(現:後藤総合車両所出雲支所)へ入庫する回送列車を、運転区最寄りの知井宮まで旅客列車としたもので、出雲市→知井宮間は「全車自由席の普通列車」として、乗車券だけで乗れました。
当時、岡山~出雲市間の特急「やくも」のうち2往復が、出雲市~知井宮間を普通列車として運行されていましたが、「やくも」のような座席の特急列車はともかく、「寝台特急がそのまま普通列車に変わって、先の駅まで行く」事例は極めて珍しいものでした。
普通列車区間は「9233列車」という「当分の間、毎日運転する臨時列車」として扱われ、実際の利用者が少なかったら回送列車に戻すつもりだったようですが、案の定、利用者は少なかったようで短命に終わりました。
なお、これは下り列車のみで、上り東京行き1002列車「出雲2号」は知井宮→出雲市間を、所定の回送列車として運行していました。

浜田発着の「出雲1号・4号」には食堂車が連結されていましたが、これも混んでましたねぇ。何を食べたか記憶にありませんけど、「長居できなかった」ことは憶えています。

【画像追加】(2013-03-12/05-02)
特急「出雲」に連結されていた食堂車・オシ24形(オシ24 701)。
廃車後も尾久車両センター構内で保管されており、尾久駅のホームから見える位置に留置されていたこともありました(2010年11月20日撮影)。
オシ24 701(東オク)(2010年11月20日・尾久車両センター)

その車内。この写真の正確な車号は不明ですが、オシ24 701~703(東オク)のいずれかです。
撮影時点では、営業休止になっていました。
1999年1月24日・東京駅で。
オシ24 701~703のいずれか(東オク)車内(1999年1月24日・東京駅)

一方、「出雲3号・2号」にはA寝台車・2段式B寝台車のほかに、1989(平成元)年3月1日から3段式のB寝台車(オハネ14形)が連結(復活)されていた・・・というんですが、
見た記憶はあるものの、その寝台券はほとんど山陰側で押さえられていたため、東京側で買うことは難しく、乗る機会はありませんでした。
今、「あけぼの」の「ゴロンとシート」がほとんど青森・秋田側で買われてしまい、東京在住者が乗るのは困難ですが、それと同じでしょう。
もっとも、1990年代には、こちらも2段式B寝台車に慣れてしまっており、空席があっても(しかも「多少は安い」といっても)わざわざ3段式に乗ったかどうか?
( ・_・)
ちなみに3段式のB寝台車は、急行「八甲田」にオハネ14が臨時増結されたときに乗ったことありますよ。
(「MOTOトレイン」の空席に、ライダー以外の人も乗せていたのかも?)
私の先輩に「俺は紀勢本線の”はやたま”のオハネフ12に乗ったことあるぜ!」って人がいるんだけど・・・それ、「俺は”カシオペア”に乗ったぜ」って言われるよりも、ある意味、うらやましい(笑)。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
オハネ12 29(門サキ)(碓氷峠鉄道文化むら・2005年6月)
(さすがに現役時代の写真は無いので、碓氷峠鉄道文化むらで保存されているオハネ12 29の写真を貼っておきます。)

「出雲」に話を戻しますが、この列車も山陰の空港が軒並みジェット化されて以降は凋落著しく、1998(平成10)年7月10日に「サンライズ出雲」(岡山・伯備線経由)が登場した代わりに、客車の「出雲」は1往復になりました(JR東日本車)。
残った客車「出雲」(鳥取経由)は、出雲市~浜田間が廃止されて出雲市止まりになり、食堂車は連結されていましたが、営業休止に。
その食堂車を利用し、一時は「売店」として営業していましたが、それすら「採算に合わない」として短期間で休業してしまいました。
私も「サンライズ」はデビューから半月後ぐらいに乗ったんですが、山陰ではなく、大阪から東京まででした。

末期には乗る人も減っていた「出雲」は、ついに2006(平成18)年3月のダイヤ改正で廃止されてしまいました。
この時は、東海道線東京口の113系も引退したので、どこの駅でもホームにやたらカメラを構えている人が多かったですね。
この原稿を書くために調べるまで、「”出雲”の列車番号は1001列車・1002列車」という思い込みがあったんですが、これは相当に古い知識で、末期は「3列車・4列車」だった・・・と知って、ちょっとびっくりしています。
3列車・4列車は「はやぶさ」でしょうが・・・と思っていて(笑)。。。。
特急4列車「出雲」(2006年3月8日・有楽町駅)

「出雲」は消えても、「サンライズ」は今でも走っていますが、285系電車の後継車種が作られるとは思えないので、機会があったらまた乗ってみたいですね。
「バタ電」こと一畑電車にも乗りたいし、鳥取市の「あおや和紙工房」という所で売っている、「みっぴょん」なるウサギのマスコットも買いたいし。。。。
o(^-^)o
そういえば、現・自民党幹事長の石破 茂氏は「サンライズ出雲」がお好きだそうですね。
(・ε・)
「国会議員っていうのは、常に秘書とか、誰かがそばにいて一人になる時間が少ない。だから個室寝台車に乗る機会は貴重な時間なんですよ」と、週刊誌のインタビューで答えていましたよ。
・・・で、「石破 茂」を調べたら、どこかのサイトには「民主党の政治家では前原誠司氏と親しい」と書いてありました。「鉄友」なんですか?!
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!

(書き始めたら、これは長くなりそうなので、続きは次回に。)
(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

ブルートレイン編ですね
(@.@)
銀河は1度だけ乗りましたが何系に乗ったのか…記憶がないです
真ん丸20系の印象がありますが14系・24系と変わり時刻も調整して運行していたんですね
(・.・)
出雲はご縁がなかったですがヘッドマークは覚えてます
最後の電源車は可愛いお顔で小さなマークですね
(^.^)
サンライズは1度乗ってみたいと思ってます

aki様

こんばんは。
(*'-'*)

>銀河は1度だけ乗りましたが何系に乗ったのか…記憶がないです

私は、20系時代には見ただけ。短期間で終わった14系時代には一回だけ乗ったことあるけど、車両が「荒れている」感じでしたね。
25形時代には、ずいぶん乗ってます。何回だか忘れちゃいました。

>最後の電源車は可愛いお顔で小さなマークですね

これは切妻の100番代車か。。。。
丸妻の0番代車(翌日付「はやぶさ」の写真参照)と、好みが分かれるところでしょうね。

>サンライズは1度乗ってみたいと思ってます

私は「サンライズシングル」しか乗ったことないですけどね。
あの列車は「シングル」「シングルツイン」「ソロ」「サンライズツイン」「シングルDX」「ノビノビ座席」・・・と、
やたら設備の種類が多いように、『JR時刻表』には書いてありますが、「シングル」以外は定員が少ないので。。。。
最も定員が多い「シングル」しか乗ったことないですけど、「まあまあの部屋」でしたね。
「喫煙室は冬場、空気清浄機から出る風で寒い」という人もいました。
(*'​-')​ノ


寝台列車

寝台列車は旅ごころをくすぐりますよね。何回か普通のB寝台に乗ったことありますけど、やはり個室がいいですね。
寝台はカーテン一枚で仕切られているので、ちょっと不安ですよね。
でも乗ったときはみんないい人たちで、会話が弾みました。
 昔はホテルが高いので寝台列車の方が節約できたんですね。
北海道も札幌とか旭川とか函館などの大都市にはもともとホテルは多かったのですけど、地方都市になると民宿とか駅前旅館しかなかったんですね。
職場の長老の方から、普通列車の寝台車があったって聞きました。
からまつっていう寝台車、今あったら乗ってみたいですね。
あと北海道には寝台バスも走っていたようです。人気は高かったんですけど、車体が高くて不安定で横転事故があって、それ以降は普通のバスに改造されてしまったそうです。
寝台バスは北海道だけに存在していた幻のバスらしいです。数年間走っただけで姿を消してしまったそうです。
北斗星の個室もいつまで走るかわからないので今のうちに乗っておきたいですね。もう10回は乗りましたけど、飽きない列車です。

びゅんびゅん丸様

こんにちは。
(*'-'*)
北海道は吹雪で大変なことになっているようですが、大丈夫ですか?

>昔はホテルが高いので寝台列車の方が節約できたんですね。

そうです。それに、飛行機の運賃も高かったし。

>北海道も札幌とか旭川とか函館などの大都市にはもともとホテルは多かったのですけど、地方都市になると民宿とか駅前旅館しかなかったんですね。

そもそも、ホテルっていうのは「格式が高い」ものでしたから、気軽に泊まる施設ではなかったんですよ。
ビジネスホテルの発祥は、名古屋ではないか・・・という話ですね。

>職場の長老の方から、普通列車の寝台車があったって聞きました。
>からまつっていう寝台車、今あったら乗ってみたいですね。

「からまつ」は札幌~釧路間の普通列車でしたが、1980(昭和55)年10月に廃止されました。まだ石勝線が開通する前ですから、滝川経由です。
列車自体は戦前からあり、さらに昔は小樽始発だったようです。列車名が付いたのは1974(昭和49)年頃らしいですが、漢字だと「落葉松」ですか。北海道らしい良い名前だなぁ。。。。

>寝台バスは北海道だけに存在していた幻のバスらしいです。数年間走っただけで姿を消してしまったそうです。

これは初めて知りました。中国にはあるらしいですけど、日本にもあったんですね。
その事故のためなのか、今の日本では許可されませんけどね。

>北斗星の個室もいつまで走るかわからないので今のうちに乗っておきたいですね。もう10回は乗りましたけど、飽きない列車です。

2回乗ったけど、もう一度乗ってみたいなぁ。。。。
私は横浜で育ったので、馴染みがあるのは山陽・山陰・九州行きのブルートレインなんですよ。
古い画像、探せばもっとあるはずなので、機会があったらまたお見せしますね。
(*'​-')​ノでは~♪
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。