06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【思い出の画像】東海道線(東京口)の113系

横コツ113系S104編成(2006年3月11日・横浜駅)

こんにちは、みっぴょんです。
今回は、東海道本線(東京口)で活躍した113系湘南色車の「思い出画像」でも見ていただきましょう。
(*'-'*)
東海道本線東京口(東京~熱海・伊東間)から113系電車が撤退したのは、2006(平成18)年3月18日のダイヤ改正でした。
111系電車が東京口にデビューしたのは、1962(昭和37)年6月10日。
1964年から、パワーアップした電動車(モハ112・113形)が登場し、111系・113系電車を併せて、一般に「113系」と総称されるようになりました。
(以下、本稿では全て「113系」と記します。また、編成番号・車号は撮影時点のものです。)

しかしまあ・・・1962年といったら、私が生れる前から走っていたわけですよ。
ですから、「喜びも悲しみも113系とともに」って感じで、実際、何が原因だったか忘れたけど、気分が落ち込んでいたある夜(相当酔っ払ってたと思う)、
23時過ぎの品川駅に、オレンジ色の113系東京行が滑り込んでくるのを見て、「ああ、アレが走っているから大丈夫」と元気づけられたこともありました。
ガンバロー!(*'-'*)/

さて、一貫性もなくバラバラに撮った写真で、「特徴のある編成」ってわけでもないので恐縮ですが、まず国府津車両センター(横コツ)「K43」編成から。
(←熱海 クハ111-515+モハ112-239+モハ113-239+サロ125-3+サロ110-1229+モハ112-2093+モハ113-2093+サハ111-2009+モハ112-2068+モハ113-2068+クハ111-217 東京→)
横コツ113系K43編成(2002年7月25日・辻堂~茅ヶ崎間)

この写真を撮った2002(平成14)年頃、横コツの113系は座席の幅が広い2000番代車も、そうではない3桁ナンバー車も混ぜこぜに組成されていました。
もう、状態の悪い車両からどんどん廃車して、E231系に置き換えていた時期です。
東京方先頭車・クハ111-217の運転席窓ガラスは黒いゴムで固定されていますが、JRになってから、こういうのが増えたと記憶します。
4号車のサロ125形(2階建て車)にはトイレと洗面所はありますが、車掌室が無かったので、グリーン車の専務車掌さんは5号車のサロ110形を定位置にしていました。

次に、横コツ「K50」編成。
(←熱海 クハ111-2056+モハ112-2072+モハ113-2072+サロ124-18+サロ110-1280+モハ112-291+モハ113-291+サハ111-1016+モハ112-263+モハ113-263+クハ111-2152 東京→)
横コツ113系K50編成(2003年12月7日・辻堂~茅ヶ崎間)

上の写真(2003年12月7日)は、何も考えずに撮っていました。まあ、せいぜい「運転席窓ガラスのゴムが、オリジナルの白だなぁ」ってことと、8号車のサハ111形が1969(昭和44)年製の古い1016(トイレあり)だっていう程度で。
なお、4号車のサロ124形(2階建て車)には車掌室があります(トイレ・洗面所は無し)。

この編成に入っていたクハ111-2056+モハ112-2072+モハ113-2072+クハ111-2152は、2005(平成17)年度に幕張車両センター(千マリ)へ転属し、「117」編成として房総を駆け回りました。
幕張では青とクリーム色の「横須賀線色」になりましたが、2009(平成21)年6月25日からは、ファンサービスとして湘南色に戻され、人気を集めました。
この時点では、運転席窓ガラスは黒いゴムに変わっています。
クハ111-2056(千マリ・117編成)(2010年2月21日・千葉駅)

そして、2011年(平成23)年7月2・3日に東京~伊東間を走った団体専用列車「113系急行”伊豆”号」として、懐かしい東海道・伊東線で有終の美を飾り、7月6日付で廃車となりました。
クハ111-2056(千マリ・117編成)(2011年7月3日・東京駅)

113系急行「伊豆」行先札(2011年7月3日・東京駅)

東海道線時代には、さほど注目されませんでしたが、ラストには注目の的になり、惜しまれつつ去ったという幸福な生涯でしたね。
(*'-'*)
これは、横コツ「K72」編成です。
(←熱海 クハ111-535+モハ112-2090+モハ113-2090+サロ124-10+サロ110-1282+モハ112-2062+モハ113-2062+サハ111-2005+モハ112-2071+モハ113-2071+クハ111-2154 東京→)
横コツ113系K72編成(2002年7月25日・辻堂~茅ヶ崎間)

この編成も、クハ111-535+モハ112-2071+モハ113-2071+クハ111-2154は幕張車セへ転じて、千マリ「115」編成(横須賀線色)になりました。2011年5月26日付で廃車。
そんなのは撮ってないだろうなぁ・・・と思ったら、なんと「115」編成が写っているカットがあった! 右側の車両(クハ111-2154)です。
( ゜。゜)ウヒョー
千マリ113「208」編成(左)と「115」編成(右)(2010年2月21日・千葉駅)

「1339M」という列車番号、行先表示は黄色地に「成東」・・・ってことは、総武本線経由ですね。
(外房線・東金線経由の成東行は、赤地に「成東」の表示。)

下の写真は横コツ「K63」編成の東京方先頭車・クハ111-1083ですが、もともとは千マリにいて総武快速線・横須賀線の運用に入っていた車両でした。
(1973年・川崎重工製。)
そのためATC装置が搭載されており、乗務員室の後ろがその搭載スペースになっていたので、その部分には窓がありません。
クハ111-1083(横コツ・K63編成)(2003年12月7日・平塚駅)

総武快速線・横須賀線ではちっとも珍しくありませんでしたが、東海道線用の湘南色車にクハ111-1000番代車は珍しく、奇異な感じがしたものです。
前述のように、東海道線での活躍末期には、少しでも状態の良い車両をかき集めて編成を組んでいたから、こんなのが出現したんですが。。。。
あらためて編成を調べると、普通車はサハ111-2012を除き、全部1000番代車だったようです。
(←熱海 クハ111-1387+モハ112-1139+モハ113-1139+サロ124-6+サロ110-1271+モハ112-1135+モハ113-1135+サハ111-2012+モハ112-1134+モハ113-1134+クハ111-1083 東京→)

そして、これはJR東海・静岡車両区(静シス)の「T16」編成です。
(←熱海 クハ111-612+モハ112-648+モハ113-648+クハ111-709 東京→)
静シス113系T16編成(2003年12月7日・辻堂~茅ヶ崎間)

国鉄分割・民営化後もJR東海車が上京する運用があり、間合いで伊豆急線にも乗り入れていました。伊豆急線に入る運用は、4+4の8連でしたね。
JR東海車の特徴は
・東京方先頭車の貫通路に幌が取り付けられている。ただし、実際に幌を使った「基本編成~付属編成間の通り抜け」は、東海道線東京口の列車では実施していなかったので、国府津のクハ111形の幌は全部撤去されていた。
・スカートの色が灰色である(東日本車は、基本的に黒が多い)。
・前面方向幕の「普通」表示が「白地に紺文字」である(国府津車は紺地に白抜き文字)。
JR東海の列車は、前面方向幕に行先を表示する原則ですが、JR東日本の方針は異なり、「普通」か「快速アクティー」の2種類に決まっていました。
・東海車は「JR」のロゴが小さい。
車端部に、ごく小さなロゴ(オレンジ色)が貼付されているだけなので、遠くから見ると国鉄時代とあまり変わらない感じでした。
(静シスT16編成:2001年10月7日、横浜~保土ヶ谷間。)
静シス113系「T16」編成(2001年10月7日・横浜~保土ヶ谷間)

乗ってみるとわかるんですが、ボックス席に「頭もたれ」のビニールカバーが掛けられており、また、JR東日本では「優先席」とするところ、JR東海では「シルバーシート」の表示になっていたのも印象に残っています。
伊豆急線乗り入れ運用では、側面に「伊豆急下田」とか「伊豆高原」と書かれた字幕が無く、「普通」表示の出しっぱなしでした。

静シスの113系「T編成」(T1~16、4連)にはJR東日本仕様のATS-P型装置が搭載されており、自社線内よりも、東日本管内と伊豆急線を走る機会の方が多かったんですが、2004(平成16)年11月29日限りで、東日本管内と伊豆急線への乗り入れは廃止されました。

ちょっと話が長くなり、写真の点数も当初の予定より増えちゃったので、続きは次回に。。。。
(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

今回の思い出は113系だぁ
d(⌒o⌒)b ♪~♪ルンルン
東海道本線から撤退したの2006(平成18)年3月ということは7年経つんですね
(´・ω・`)はや
最後は注目の的になり幸福な生涯でしたよね
(゜-Å) ホロリ
スカートが灰色で前面方向幕の普通が青っていうのもあったんですね
房総地区で湘南色って異色の存在の期間もありましたね
(*゚.゚)?
続きも楽しみです
o(*⌒―⌒*)o
そういえばJR周遊きっぷ廃止になるんですね…
時代の流れですかね
(・.・)

113系ですね。

おはようございます。湘南色の113系、これもあっという間に思い出の世界になってしまいました。
晩年、熱海駅で東京口の長編成、静岡ローカル用、伊豆急売却車など、時間を忘れて撮影したことが懐かしく思い出されます。
国鉄時代の終り、「南チタ」標記のまま、6両で静岡ローカルに入っていたり、掛川でスカ色の6両を目撃したり、タイムマシンがあれば、もう一度戻って撮影に行きたいですね。

次回も期待

周遊きっぷがなくなるんですねぇ。ピンクのページからその数がどんどん減っていくので気にはしてました。いろんな思い出が…おっとネタから外れそうなのでこの辺で。

お疲れ様ですi-6

前回同様「懐かしの~」シリーズ、たまにはこういうのもいいですよねぇ。

房総113も終了が2011年秋でしたから、年で考えれば2年前になってしまうのにも驚きです。年とるはずだよなぁi-238

房総の末期は状態のよい後期の車が集結してました。が、国鉄末期、初めて訪れた頃は幕張にプロパーで入った1000の初期車が大活躍。もちろん非冷房でしたから、夏など窓全開でかっ飛ばしてました。前に記入していたかもしれませんけど、今より10キロくらい体重も軽かったので、あまりの上下動でシート上でワタクシがバウンドしたんですからねぇ(線路状態がよくなかった?)。昼下がりの生温い風にうつらうつらしていたら、あまりの揺れで「飛び起きる」状態になったのを今でも覚えています。
気づけば初期車も鉄仮面・シールドビーム化、分散クーラーが積まれて、以前より重そうに走っていたものでした。この鉄仮面、きっかけは成田線の事故でしたから、113によって一層の安全対策が行なわれたともいえますね。
※実はワタクシ、事故から数週間後に成田を通った際に電留線に当該車がビニールシートを掛けた状態で止まっているのを目撃しました。確か運転士が犠牲になったんですけど、あの状態では…と驚いたものでした

さて東海道編。
懐かしいですよ。ブルトレが走ってくる間にアングルの確認も含めて結構撮ってます。藤沢の弥勒寺踏切跡、茅ヶ崎大カーブ~平塚馬入橋(オリンピックの駐車場もi-198i-235)~どこもかしこも目を閉じても行けるくらいの思い出の場所です。末期の「ありがとう」ヘッドマーク付きは蒲田・大森界隈で集中的に撮りました。そうそう東エリアに入ってくる静岡車をメインに撮った回もありましたっけ。

景色の良さなら早川~根府川でしょう。朝、根府川で下車した後は線路沿いに早川へのんびり歩きます。途中、ブルトレや踊り子(185の普通含む)、貨物を撮って昼頃のちょうどいい時間帯に石橋鉄橋へとたどりつくというコース。もちろん合間は113や211が埋めてくれますから、目の前で「ザ・東海道」な光景が繰り広げられていました。今は行っても、いい役者が揃わないんだよなぁ。

いつぞや、ちょっと趣向を変えてみようと真鶴の先でたまたま残っていた「ハエタタキ」とからめて113を撮ったことがあります。今も根府川の先の山の上の方にあるみたいですが、撮影した「ハエタタキ」はその後まもなくして姿を消してしまいました。
この撮影のときだったはず。帰り道、みかん畑の山道を真鶴駅へトボトボ歩いていると、サーフボードを積んだ妙齢の女性運転の軽トラックが追い抜いていきました。しばらく進むと、そのトラックが道端に止まっているではありませんか。「ははぁ、農作業の間にサーフィンか。なかなか有意義だなぁ」とトラックの横を通り抜けようとすると、どこからか人の視線が。その視線の方へ目を向けると…トラックの影にいた女性と目が合ってしまいました(一応「失礼しました」的にさっと目線は逸らしました)。まぁサーファーの多い海岸沿いでは時折目にしてしまうことなんですけどね(男女限らず)。
※こんなこと記入してるとKさまが反応i-198コラコラッ!

毎朝の通勤時にあえて113に乗っていたこともあります。あと113で悔しいのが、一時的に東北線の応援に入って~というネタは尺が長くなりそうなのでまた後で(いやいや既に長いi-237)。

本当に風が冷たいi-238ご自愛くださいませ。

ではe-463

思い出すよ。

 懐かしの写真シリーズ、楽しく拝見させてもらったよ。
113系は首都圏から消えたあとも、オリジナル塗装で当地を
走ってくれたから、ワシには一番馴染み深い。
車両の中では、お付き合いも一番長いかも。

 ワシが111系を初めて見たのは高校生のとき。
それまで見ていた普通電車のほとんでは80系。
だから、「やっと静岡にも最新の電車が走りはじめたなあ」
って、やたら嬉しかった。
 80系は15両編成で、時にはそれにクモユニ81が
付いたりすると、なかなか壮観だった。

 そのころ東海道本線の準急「東海」や、急行「いこま」
「六甲」「なにわ」なんかは、すでに153系だったけど、
ローカル線に入っていく準急「富士川」や「白糸」「奥大井」
なんかは、ぜ~~んぶ80系。
 さすがに、丸妻や平妻3枚窓タイプの80系はそれらには
充当されなかった。
 そのころはワシも若かったせいか新型車両ばかりに目が
行っちゃってたな。
「ひので」や「こまどり」なんかは、塗装の色合いといい、
特に好きだった。

 そのうち、瞬く間に111系のオンパレードになっちまって、
臨時準急「日本平」にまで111系(113系?)を使う有様。
 だから、毎朝前橋からやってくる115系は似たような塗色
とはいえ新鮮そのもの。
 眠い目をこすりながら、静岡駅への到着を見に行ったもんさ。
111系の世の中になってから、「もっとしっかり80系を
撮っておきゃ良かったなぁ」って後悔したけど、これは113系に
対しても同じ思いだから、こういう思いは鉄道ファンの常か?

 親父が国鉄職員だったとはいえ、ワシはちょくちょく
運転所から職員通路を勝手に通っては駅構内に入ったもの。
もちろん運転士さんのほとんどは顔見知りだったとはいえ、
こういう行為は若気の至りというか常識が備わっていなかった
というべきか。
 駅員さんや機関士さんは皆親切で、子供やファンに対する
対応も今の比じゃあなかった。

 そうは言っても、鉄道で働く人達の人間性は、今も昔も
変わっちゃいねえんだろうけどね。
安全や定時運行に関する環境が変わってきているから、昔と
同じような対応をしたくても、会社がそうはさせちゃあ
くれねえんだろうなぁ。
 今の時代、わずかな遅れやオーバーランも許されねえから、
関係者諸君にはちょっと気の毒。
 もちろん、そうなった一因には、残念ながらマニアの
マナー低下が含まれるんだろうな。

 さてさて、ワシの体調では心配をかけちゃったけど、
もうすっかり回復。
明日も「富士山トレイン117」が走るんで、張り切って
「取材(^^)」に出かけるつもり。
 今回も、いろいろ思い馳せることができたよ。
どうもありがとう。
みっぴょん、身体大事にしなよ。
ほんじゃあな~ッ!

コメントありがとうございます。

まとめて失礼します。
(*'-'*)

#aki様
>そういえばJR周遊きっぷ廃止になるんですね…

ついに一回も使う機会が無かった「周遊きっぷ」!
「ワイド周遊券」「ミニ周遊券」なら、何回・・・いや何十回も使っているんですが。
(これがあった頃、逆に「青春18きっぷ」なんて使ったことがなかった。やはり「特急・急行には乗れない」っていうのが不便で。周遊券なら乗れましたからねぇ。)
「周遊きっぷ」は、やたらに制約が多くて面倒くさく、特にいろいろな企画乗車券が多い東日本では「お呼びでない」感じでしたね。
(*'​-')​ノ

#103おじさん様
>掛川でスカ色の6両を目撃したり

なんですと?! それは見てみたかったですねー。
だいたい、その6連っていうのは「3+3」の6連じゃなくて「6両固定編成」なんでしょうか?
当時はあったんですねぇ、「当時」は(笑)。。。。
(*'​-')​ノ

#たか様
鉄仮面の写真もあるよ。ただ、今回は東海道特集だったので、それは「房総特集」のときにお見せします。
(*'-'*)

#ふく爺様
>ワシが111系を初めて見たのは高校生のとき。
>それまで見ていた普通電車のほとんどは80系。

その頃は、身延線間合いのクモハ14形(=モハ32形)も島田まで入っていたのでは?

>ローカル線に入っていく準急「富士川」や「白糸」「奥大井」なんかは、ぜ~~んぶ80系。

「奥大井」!( ゜。゜)ウヒョー

>そのうち、瞬く間に111系のオンパレードになっちまって、
>臨時準急「日本平」にまで111系(113系?)を使う有様。

111系のようです。
「日本平」は東京~静岡間の列車だからその名前だったけど、その後は浜松まで、さらには競艇開催日に新居町まで延長・・・なんてやってたみたいですね。
この列車は、もともと寄せ集め客車で編成しており、「111系なら”新車”だからいいだろ」ぐらいの考えだったんでしょうね。準急は料金が安かったとはいえ、一応は「別料金をとる」列車に111系とはねぇ。。。。
(・.・)

>111系の世の中になってから、「もっとしっかり80系を
>撮っておきゃ良かったなぁ」って後悔したけど、これは113系に
>対しても同じ思いだから、こういう思いは鉄道ファンの常か?

まあ、いつの時代でも同じでしょう(笑)。

「富士山トレイン」・・・はいいとして、原とか東田子の浦とか、あの辺は風が強くて冷たかったなぁ・・・と思い出しますね。
{{{{(+_+)}}}} 寒気

では~♪(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。