11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「みどりの山手線103系パン」に寄せて

「みどりの山手線103系パン」(2013年1月)1

こんばんは。みっぴょんです。
今回は「おいし~♪」お話です。
おいし~♪(*'-'*)/

山手線のラインカラー「うぐいす色」(黄緑色)が制定されたのは1963(昭和38)年、今年で50周年です。
車両は103系→205系→E231系と変遷しましたが、「♪ま~るい緑の山手線」は健在ですね。
JR東日本では、東トウ(東京総合車両センター)のE231系「545編成」を、(2013年)1月16日~12月28日の間、懐かしい103系をイメージしたラッピング電車として運行していますが、関連商品もいろいろと発売されています。
http://www.jreast.co.jp/press/2012/20121214.pdf#search='%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%B1%B1%E6%89%8B%E7%B7%9A'
(PDF形式:108KB)

関連商品のうち、メトロポリタンフーズ株式会社のパン屋さん「エディーズ・ブレッドカフェ」池袋店限定の
「みどりの山手線103パン」(1箱500円)を買いました!
o(^-^)o
このパン屋さんは、2010年にも「さよなら201系サンド・電車でカツ!」という商品(現在は販売終了)を発売しましたが、それはオレンジ色の201系ボックスでした。
さよなら201系記念「電車でカツ!」(2010年11月・現在は販売終了)

今回の103系も結構良く出来た箱ですよ。運行番号の「39」は「サンキュー!」ってことですかね。
「みどりの山手線103系パン」(2013年1月)2

パン自体は「ブリオッシュパン」というプレーンな物で、ちょっと甘みがあります。
(原材料名:小麦粉・バター・卵・牛乳・砂糖・はちみつ・イースト・塩・イーストフード。)
消費期限は「販売日から3日間」らしく、お土産にもなりますね。
「みどりの山手線103系パン」(2013年1月)3

販売している「エディーズ・ブレッドカフェ」池袋店は、JR池袋駅東口構内地下通路「チェリーロード」(待ち合わせ場所「いけふくろう」の近く)にあります。
http://www.foods.metropolitan.jp/delica_bakery/
「メトロポリタンフーズ」という正式社名が示すように、JR東日本グループ「ホテルメトロポリタン」のベーカリー部門ですので、これ以外にもいろいろなパンがありますよ。

私は池袋の駅ナカでお茶っていうと、ここか、東口の「ベックス」(昔、でっかい「みどりの窓口」だった跡地)が多いなぁ。。。。
(要はJRから西武線に乗り換えるので、東武東上線側の西口にはあんまり行かない。)
( ・_・)
============================
パンのお話はここまでで、あとは「うぐいす色」103系電車のお話ね。

で・・・山手線の103系の写真を探したんだけど・・・すぐには出てこないぞ。。。。
八高線・川越線を走っていた103系3500番代車(宮ハエ[川越車両センター]「56」編成)の写真があったので、これで勘弁ね。
宮ハエ103系3500番代56編成(2003年11月26日・八王子~北八王子間)

山手線の103系は1988(昭和63)年6月26日限りで205系と交替し、埼京線も1990年(平成2年)12月1日に全て205系になりましたが、
川越線の川越~高麗川間と、八高線の八王子~高麗川間では、その後も「うぐいす色103系」が見られました。

JR東日本の103系3500番代車は、写真の「宮ハエ56編成」ただ1本だけでした。
車号は
←川越 クハ103-3501+モハ103-3501+モハ102-3501+クハ103-3502 八王子→
でしたが、これは
←川越 クハ103-725+モハ103-790+モハ102-2047+クハ103-738 八王子→
の改造車で、この4両は全て新製配置が南シナ(東京南鉄道管理局品川電車区)でしたから、「山手線出身」ってことで。。。。
(*゚ー゚)ゞ
何を改造したかというと、ドアの「半自動開閉」(冬場、各ドアに取り付けられた押しボタンを旅客が押して開閉する)ができるようになっていた程度で、他は103系オリジナル車とあまり変わりませんでした。
最終運行は2005(平成17)年3月24日で、同年4月に廃車となりました。
なお、JR西日本にも播但線用の「103系3500番代」車がいますが、東日本車との関連性はなく、車号の重複もありません。

ついでに、八高線・川越線を走った103系3000番代車の写真も貼っておきましょう。これは宮ハエ「53」編成、クハ103-3003です。
宮ハエ103系3000番代53編成(2003年11月26日・北八王子駅)

この3000番代っていうのは51~55編成の5本が在籍しましたが、これは面白い経歴を持った車両でした。
なんといっても、「生れは73形旧型電車」(クハ79形600番代・モハ72形970番代)ですもの。。。。
( ゜。゜)ウヒョー
1974(昭和49)年、東北の仙石線を近代化するために、「車体は103系・下回りは73形」という変な改造車を作ったんですよ。
ある年齢以上の方なら「ああ、あったね。そういうのが」と懐かしむでしょうけど、若い方には信じられんだろうなぁ。。。。
宮ハエ103系3000番代車内(2003年11月26日・八王子駅)

「103系もどき」の車体は、国鉄郡山工場で作ったことになっていますが、実際は富士重工業宇都宮製作所製でした。
富士重工は、今では鉄道部門から撤退しましたが、かつては国鉄や東武向けの車両を作っていました。しかし、国鉄向けは客車と気動車がほとんどで、「富士重工製の国電」は非常に珍しい物です。
もう、それだけでも印象的ですが、
・103系ATC搭載車そっくりの車体だが、当初は非冷房だった。
・冬季にドアを手で開けられるよう、取っ手が付いていた。
宮ハエ103系3000番代ドア(2003年11月26日・八王子駅)

・乗務員室の後ろには戸袋窓が無かったが、これはATC装置が搭載してあるわけではなく、昔の仙石線には通票(タブレット)閉塞区間があり、
「特別快速」通過駅でタブレットを受け取る際、タブレットが当たってガラスを割らないように敢えて窓を設けなかった。
・・・という特徴がありました。
(よく見ると、その部分に「タブレット保護板」が取り付けられていました。ただし、首都圏転属後もこれが残っていたのは51編成と55編成のみ。)

上の「宮ハエ53編成」の写真では、後部標識灯の上に反射板(俗称「おてもやん」)を引っ掛けるための金具が付けられているのがわかるでしょうか。
「”おてもやん”なんか、いつ使うの?」って思いますが、全般検査で郡山工場へ入場する際、石巻~郡山間は機関車牽引で行きますから。。。。
(これは現行の205系も同じです。なお、51編成のみ、なぜか金具が撤去されていました。)
宮ハエ103系3000番代51編成(2003年11月26日・拝島駅)

しかしまあ、1979(昭和54)年から仙石線に「本物の」103系が投入されると、「新型もどき」の車両など、いかにも中途半端になりましたが、
車体そのものは結構しっかり作ってあったので、廃車するのも惜しく、1985~86(昭和60~61)年になんと「103系の下回りに換装」され、「103系3000番代車」になりました。
この時、冷房化(AU712形冷房装置とサイリスタインバータ装置を搭載)されましたが、「旧型国電の新性能化改造」など異例も異例で、国鉄末期は「なんでもあり」だったんだなぁ・・・と思いますね。
月刊誌『鉄道ファン』が、当時の人気番組にあやかって、この種の珍・改造車を「国電ひょうきん族」と呼び、その呼称がなんとなく定着してしまいました。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
川越線で走り始めた当初は3連でした。
1996(平成8)年3月の八高線八王子~高麗川間電化にあたって、この区間でも運用されることになり、サハ103形3000番代車を組み入れて4連になりました。
このサハ103形3000番代車も、もともとはモハ72形970番代車でしたが、電装品を撤去して付随車化し103系に編入した車両で、仙石線を離れてからは豊田電車区にいて、青梅線で使われていました(青梅線時代はオレンジ色だった)。

杜の都・仙台を離れて首都圏へ移ってからの活躍は結構長く、2005年に209系へ置き換えられるまで続き、
最終的には2005年10月2日に運行された「川越線電化20周年記念号」を最後に、103系3000・3500番代車は姿を消しましたが、これが首都圏最後の「うぐいす色103系」でした。
宮ハエ103系3000番代55編成(2003年11月26日・八王子~北八王子間)

現在もJR西日本管内では「うぐいす色103系」が見られますが、おいしいパンを食べながら首都圏での活躍を懐かしむことにしましょう。
(*'​-')​ノ

(記事をUP後、「川越電車区103系3000番代の現況」という記事が掲載されている『鉄道ピクトリアル』2003年11月号を本棚から見つけたので、これを参考に加筆しています。[2013-03-02])
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

真ん中通るは~

おつかれさまです

このパン、いろいろと告知こそ出ていましたが中身はわからず、てっきりウグイスパンかと思ってました(そんなわきゃない)。質感からしておいしそうな雰囲気が十分に伝わってきますね。

そうそう、昔はこのウグイス色を目にすると「東京へ来たなぁ」と思いましたっけ。鮮やかというより、少しくすんだような黄緑の電車は子供の頃の都会の電車のイメージそのものでした。


103系3000ですか。当初は3連で、短編成にもかかわらず大宮地下ホームに入る運用もあったように記憶しています(八高南線まで入るようになってからは青梅線経由で立川乗入れの運用もありました)。同車には86年夏に初めて乗りまして、その際にはクーラーは未搭載。高麗川~川越間を窓全開状態で、生温い夕方の風を浴びながら木々のトンネルの中を走ったのが思い出されます。

その後、冷房化や4連化、八高南線電化での八王子乗入れ(3500ができたのってこの頃でしたっけ?)と気づけば本家・山手のウグイスより長い付き合いとなってしまいました。そういえば期間は短かったのですけど、勤務地の関係で八王子~拝島間を利用していたことも。


最後のお見送りは八王子の浅川橋梁。なので記事中の北八のカットもとても懐かしいんですよ(北八の駅の変遷も見てきてますから)。

あまり敬遠しないでE231の特別車(ウグイスラッピング)も見に行ってきましょうか。

寒い日が続きます。ご自愛のほど。

では

おはようございます

103系ですね!
パンの箱は上手く出来てますね
きっとパンをムシャムシャ食べながらブログ更新したのでようね!
(^o^)_□
線路際を通勤で歩いているのですがラッピング車両まだ見れてないんです
(・.・)
八高線川越線に103系走っていたのですね
73系の下回りの103系がいたのは知りませんでした
ウォ~ンウォ~ンの吊掛ですよね
(@.@)
横浜線に103系が走っていた時に黒字路線なのに山手線のお下がりが走るとは何事だって騒動があった記憶があります
反射板は「おてもやん」って俗称あるんですね
(●^_^●)
奥深い103系ですが西日本ではまだ走ってますよね
今日から2月で豆まいて海苔巻を食べる日がきますね!
今日の気温が高めですが寒い日がまだまだ続きインフルノロにも警戒が必要ですね
(^.^)/

たか様

こんばんは。
(*'-'*)

>このパン、いろいろと告知こそ出ていましたが中身はわからず、てっきりウグイスパンかと思ってました(そんなわきゃない)。質感からしておいしそうな雰囲気が十分に伝わってきますね。

それほど積極的に宣伝してないのかなぁ?
「エディーズ・ブレッド」の店舗は結構あちこちにあるのに、「池袋店限定」といっているし。
味は、とにかく「プレーン」です。軽く温めて、バターでもジャムでもお好きなものを塗ってどうぞ。

>103系3000ですか。当初は3連で、短編成にもかかわらず大宮地下ホームに入る運用もあったように記憶しています

そうです。埼京線の初期には、池袋~大宮間の電車も多かった代わり、大宮~高麗川間の区間電車もありましたよ。その「区間電車」は3連でしたね。
真新しく、長いホームの地下駅に3連の103系が入ってくるのは、なんとなくユーモラスでした。

3500番代は、1996(平成8)年3月の八王子~高麗川間電化に伴う運用数増加で登場したものだそうです。
これはまあ、本文に書いたようにドア機構以外はほとんど改造されていませんが。

>あまり敬遠しないでE231の特別車(ウグイスラッピング)も見に行ってきましょうか。

まあ、一回ぐらいは見たいし撮っておきたいですね。約1年間走りますから。
それとは別に、「東京五輪招致キャンペーン」のラッピング車も走るようです。

では~♪
(*'​-')​ノ

aki様

こんばんは。
(*'-'*)

>きっとパンをムシャムシャ食べながらブログ更新したのでしょうね!
(^o^)_□

ムシャムシャ・・・と言いたいところですが、まず、使う写真を5枚ぐらい選んだものの、原稿を書き始めると「あの写真もあった方がいい」とか、あらためてスキャンしたりしてムシャムシャ食べるどころではなくなったので、味見は後回しでした(笑)。

>線路際を通勤で歩いているのですがラッピング車両まだ見れてないんです

私もまだ見てないんですよ、E231系「545編成」は。

>73系の下回りの103系がいたのは知りませんでした
>ウォ~ンウォ~ンの吊掛ですよね
(@.@)

これがですね、鶴見線の弁天橋電車区にも1両だけいたんですよ。
モハ72970という車号でしたが、これも「車体が103系・下回りが旧型」でした。仙石線仕様車の先行試作車として作ったようです。
クハ79+モハ72970+クモハ73の3連を組んでいましたが、前後のクハとクモハは一般的な「いかにも旧型」のままで、アンバランスでした。
しかも、色はモハ72970も含めて全部茶色なんですよ。103系スタイルのくせに。
これは珍車でしたねぇ。
(・.・)?
1980(昭和55)年に鶴見線が101系化された際、どこにも転用されず真っ先に廃車されました。
こういう「少数民族」は、まず、最初に廃車されちゃうのが相場ですから。。。。

同じ頃には身延線にもクハ66形とモハ62形っていうのがいました。
これは、「車体は113系スカ色・下回りは旧型」でした(非冷房)。
JR東海には継承されず、国鉄末期の1986年に廃車・・・とのことですが、実際にはそれ以前、身延線に115系が揃った1984年頃から、ほとんど走っていなかったんじゃないかと思います。

私は、これが実際に走っているの見たことはありませんでした。
1985年だか86年だかの夏休み、浜松機関区の一般公開を見に行ったら、そのクハ66・モハ62の4連が「休憩所」として開放されていたのを見ただけでした。

>横浜線に103系が走っていた時に黒字路線なのに山手線のお下がりが走るとは何事だって騒動があった記憶があります

東神奈川電車区が蒲田電車区と統合されたのって、1980年頃なんでしたっけ?
蒲田は全部103系でしたし、横浜線には磯子直通電車もあり、
それどころか、横浜線の水色103系は京浜東北線の予備車を兼ねており、何かあると、編成を組み替えて京浜の運用に入ったりしていたから、
「儲かってようが、なかろうが、103系でないと困る」内部事情があったんだと思います。
でも、確かに横浜線は非冷房車が多かったですよね。あの頃、国鉄全線(243路線)のうち「上から3番目か4番目の黒字線」だったんですが。。。。

なお、黄緑色の編成は原則として「横浜線専用」で、京浜の予備に使われることは、よほどのことがなければありませんでした。
なぜなら、黄緑編成が東京・上野方面へ行っちゃうと、山手線と乗り間違える人が絶対にいるもんね。。。。

>反射板は「おてもやん」って俗称あるんですね
(●^_^●)

『深迷怪 鉄道用語辞典』という本に載ってるんだけど、どうも最初は大阪方面の流行語だったようです。

>奥深い103系ですが西日本ではまだ走ってますよね

大阪環状線とかでも現役バリバリだもんね。。。。
「USJラッピング」車は消滅し、全部オレンジに戻ったそうですが。

>今日から2月で豆まいて海苔巻を食べる日がきますね!

「恵方巻」っていう食べ物、私は25歳ぐらいまで知らなかったよ。。。。
昔の東京とか横浜にはなかった風習ですから。アレは、関西の食品業者が流行らせたんですかね。
豆まきは、昔もやったけどね。(鶴見の)総持寺へ行くと、裕次郎さんのお墓があるので石原プロの俳優さんたちが毎年来るのよ。今年も来ると思いますね。

>今日の気温が高めですが寒い日がまだまだ続きインフルノロにも警戒が必要ですね

あたし、なんか鼻水が止まらん。。。。
3日の「いすみ鉄道」のキハ30公開はパスかな。まあ、またチャンスはいくらでもあるでしょうけど。。。。
鼻水・・・(+_+)

(*'​-')​ノ では~♪

上手そうなパンじゃん。

 ワシの朝食メニューは、食パン1~2枚と味噌汁だけなんで、
こういう形のパンは実用的で好きさ。
だけどさあ、人形焼のキティと一緒の類で、顔や原型がある
食い物ってヤツは、なんとなく食ったり切ったりするのを
ためらっちゃうよなあ(^^)。
 箱も実に良く出来てるじゃん。
こういうのを部屋に飾っておくのはワシも大好きなんで、
見かけたら当然買っちゃうだろうな。
ただ、ワシは注意力が散漫だし、どこに行っても列車待ちの
時間がかなりある時じゃねえと、売店や土産物コーナーを
覗いたりすることもねえんで、案外鉄道グッズとは縁遠いんさ。

 ところで103系って、いろんなバリエーションがあるんだなあ。
モハ73やクハ79の下回りを使ったのがあったなんて驚いた!
中小私鉄がやりそうな「なんとかもどき」を国鉄がやってた
なんてな。
 まあ後に、この103系も純正の下回りに換装され直された
っていうことだから、本来の姿にはなれたようで良かった。
 おととしだったか、播但線の寺前に立ち寄ったら103系に
会えて嬉しかったな。

 そういや、身延線のクハ66、モハ62は覚えているぞ。
走行写真は撮ってねえけど、西富士宮には長く留置されててさ。
留置されている間にも何回か見かけたんだけど、ワシはてっきり
113系だと思い込んでいた。
 友人の国鉄職員から「近々廃車回送されるようですよ」って聞いて、
一緒に撮りに行ったっけ。

 前回記事もじっくり拝見。
首都圏はいろんな列車が走ってええなあ。
羨ましいけど、ワシにはなかなか縁がねえ。
 ムーンライトながらの記事は朗報。
期間が短縮されたとはいえ走るようで良かった、嬉しいね。
去年の夏に乗る予定だったけど、身辺のゴタゴタ続きで乗る機会を
逸したから、そろそろ本格的な乗車を考えなくちゃあ。
 東十条をはじめとして、みっぴょんブログで写真を見て、ワシも
行ってみてえなあと思う場所は多いけど、なかなか的が絞れねえし
都合もつかねえ。
 もうしばらくは、ワシも生きながらえると信じて、長~~い目で
アレコレ頭の中で各地への撮影予定を組むだけの楽しみを味われば
それでもいいとしよう。

 今朝の静岡市は雨。
間もなく昼だけど、今はすっかり晴れ上がって、風も無く暖かな
日差しが戻ってきた。
 きょうは富士山トレインが走るんで、雨の中を用宗まで出かけた。
先般、初日の富士山トレインは、風邪のため寝込んでいて撮りそこね。
残念な思いをしたんで、今朝は無理やり出かけて行った。
「回送」表示の117系が静岡駅へ到着するのは7時半前後。
静岡駅を発車すると「臨時」表示に変わる。
冬場だし雨模様だから、用宗通過時の露出は相当厳しいものが
あったけど、まあまあの出来映えでホッとした。

 ヘッドマークは去年と同じものだったけど、車体側面のラッピングは
広告条例に違反するとのことで、取り除かれていた。
なんかよく知らねえけど、小うるせえ条例があるんだな。
 ここしばらくは、この117系列車で楽しめそうだけど、
一回くらいは、御殿場線内まで撮りに行ってみたいもの。

 みっぴょん、厳しい寒さが続くけど元気で取材活動に
励んでくれ。
今回も貴重な知識が貰えて良かった、ありがと。
 ほんじゃあ、またな~ッ!

山手線

みっぴょんさん、こんにちは。

103系のパン、池袋で売っているんですね。
通り道だから今度買ってみようと思います!

子どものころは、103系が当たり前でしたけど、いざ無くなってみると103系はイコール国電だったと偉大さがわかります。

それにしても、川越線の103系とか少数なのに、お写真よくありましたね。すごく貴重ですよね。

足回りが旧国ってことは、やはり吊り掛けモーター音だったのですよね・・・?

ふく爺様

こんばんは。
(*'-'*)
>人形焼のキティと一緒の類で、顔や原型がある
>食い物ってヤツは、なんとなく食ったり切ったりするのを
>ためらっちゃうよなあ(^^)。

「ドラえもんドラ焼き」とかね(笑)。

>ところで103系って、いろんなバリエーションがあるんだなあ。
>モハ73やクハ79の下回りを使ったのがあったなんて驚いた!
>中小私鉄がやりそうな「なんとかもどき」を国鉄がやってた
>なんてな。

要するに「仙石線近代化」名目で、宮城県の沿線自治体に鉄道債券を買ってもらっておきながら、
その資金で作った103系を首都圏に投入するのは「けしからん」と物議を醸した経緯があり、地元を納得させるために仕方なく改造車を作ったんでしょうね。
全く同じ問題は広島県などでも起きていたようです。「そこがヘンだよ国鉄」っていうか。。。。
┐('~`;)┌

>おととしだったか、播但線の寺前に立ち寄ったら103系に会えて嬉しかったな。

私、播但線って一回しか乗ってないんですよ。それも電化前、急行「但馬」で。

>そういや、身延線のクハ66、モハ62は覚えているぞ。
>走行写真は撮ってねえけど、西富士宮には長く留置されててさ。
>留置されている間にも何回か見かけたんだけど、ワシはてっきり
>113系だと思い込んでいた。

西富士宮ですか。解体は浜松工場でやったらしいので、順番待ちだったんでしょうね。

>首都圏はいろんな列車が走ってええなあ。
>羨ましいけど、ワシにはなかなか縁がねえ。

まあとにかく「バラエティ」と「話題性」には事欠きませんね。
「質」的には、どうだかわかりませんけど(笑)。

>ムーンライトながらの記事は朗報。
>期間が短縮されたとはいえ走るようで良かった、嬉しいね。

いつまで続くのかは、ちょっとわかりませんけど、当面は続行です。
ただ、以前と違って「青春18」の有効期間全日程をカバーしなくなりましたが。
(「青春18」の有効期間は3月1日~4月10日。)
甲子園の「センバツ」は、今年は3月22日~4月3日ですので、準決勝・決勝戦は「ながら」の運転期間に含まれません。どういう基準で運転日を決めているのか、ちょっとわからないですね。

>ヘッドマークは去年と同じものだったけど、車体側面のラッピングは
>広告条例に違反するとのことで、取り除かれていた。
>なんかよく知らねえけど、小うるせえ条例があるんだな。

建物の看板と違って、列車なんて通り過ぎちゃえば視界から消えちゃうので、「景観を害する」ってほどじゃないと思うけど。
ただ、通過する全市町村の許可を取らなきゃならないので、面倒なことは確かです。

もっとも、以前新幹線700系でやった「アンビシャス・ジャパン」のロゴは、東京都から福岡県春日市・那珂川町(博多南駅)まで、 通過する全市町村(トンネル内を通過するだけの町を除く)の許可を取ったそうですから、
要するに「新幹線と違い、儲かりもしないトレイン117ごときで、手間を掛けたくない」んでしょうねぇ、静岡支社は。
その申請書だって行政書士の先生に作ってもらい、印紙を貼って申請するわけですから。。。。

静岡は雨が降ったんですか? こっちは結局、降りませんでしたね。
では~♪
(*'​-')​ノ

よこちゃん様

こんばんは。
(*'-'*)

>103系のパン、池袋で売っているんですね。
>通り道だから今度買ってみようと思います!

値段を書き忘れましたが、500円です。
数量限定みたいですが、私は夕方買えましたよ。

>子どものころは、103系が当たり前でしたけど、いざ無くなってみると103系はイコール国電だったと偉大さがわかります。

「THE国電」って感じですよね(笑)。
なにしろ3447両も作られましたから。
世界的にも、同一系列でこれだけ作られた電車は類例がないだろうと思いますね。
(0系新幹線は3216両だそうです。)

>それにしても、川越線の103系とか少数なのに、お写真よくありましたね。すごく貴重ですよね。

練馬あたりに住んでいますと、八王子とか拝島はそれほど遠くないんですよ。
これを撮った2003年秋の時点では、まだ八高線は209系の方が少数派だったんです。
でも、もう10年前なんですね。。。。

>足回りが旧国ってことは、やはり吊り掛けモーター音だったのですよね・・・?

あいにく仙石線時代のモハ72形970番代は見る機会がありませんでしたが、当然そうでしょうね。
鶴見線に1両だけいたのは、確かにそうでした。とにかく不思議な電車でしたよ。前述(akiさんへのコメント)のように、モハ103の車体なのに茶色でしたし。。。。
(仙石線は、黄緑色でした。)
(*'​-')​ノ では~♪

わりい、わりい、訂正。

 前回のワシのコメントのタイトル『上手そうなパンじゃん』は、
ひんしゅくものの誤字だったな、失礼、わしゃ恥ずかしいよ。
『美味そうなパンじゃん』じゃなきゃ意味が通じねえよな。
もちろん、みっぴょん側の自動修正機能がいつもどおり
働いてくれて、わかってくれたことと・・・。

 それとさ、クハ66、モハ62の留置場所は、なにげなく
西富士宮なんて書いちゃったけど、実際は富士宮駅の西側
500mの地点にあった留置線に留まっていたと記憶している。
そこはすでに整地されちまって、今線路はねえんだけど、
西富士宮駅までだって、せいぜい600mくらいかなあ。
 距離的には西富士宮より富士宮駅に若干近いかと思う。
ワシには留置された旧型国電の管轄がどちらの駅だったかなんて
全然わかってねえのに、あやふやなまま書いちゃってごめんな。

 今朝は、昨日に続いて富士山トレイン117を撮影に行ってきた。
昨夜の富士山トレインは静岡に泊まったらしく、浜松方面からの
回送はなしとのことだった。
 で、静岡駅より東で撮影をするため、清水~興津間で待っていた。
天候はすっかり回復したものの、今朝の富士山は少しかすみ気味。
しばらくして、117系の前照灯が見えたんで、線路の柵に
カメラを乗せて構えた。
 念のため後方確認をしたところ、ナント背後からも下り普通電車の
前照灯がグングン近づいて来ていた(^^)。
一瞬まずいなあと思ったけど、5秒差くらいで下りが先に通過。
なんとか被りは回避できてホッとした。
危機一髪の状況は、ホント!身体に良くねえ。

 あしたから、また一週間は平穏な日が続くから、体調回復に
努められそうさ。
体調が安定したらまた便りをさせてもらうよ。
ほんじゃあ、またな~ッ。

73系アコモ車

こんにちは。
仙石線の73系アコモ車って、そんなに長く活躍してたんですか。逆に川越線時代の写真が見られて感激してます。
車内の雰囲気は仙石線当時と殆ど変わってないようですね。外観も足回りとパンタくらいの違いしか見当たりません。運転席のデフロスタはさすがに無くなってるように見えますが。
昭和54年頃の仙石線は、何故か石巻寄りの運転席窓に車番を掲出して走ってましたが、何か意味があったのか今では知る由もないです。まあ、撮ってる方にとっては編成が明確に分かるので有り難い事でしたけど。
URLに仙石線時代の写真貼っときますね。

ふく爺様

こんばんは。
(*'-'*)

>西富士宮なんて書いちゃったけど、実際は富士宮駅の西側
500mの地点にあった留置線に留まっていたと記憶している。

まあ、もう二十数年前のことですし・・・ドンマイ!
(大先輩に向かって、いちいち難癖つけるようなガキのコメントは、私のの判断で没にしますので、ご心配なく。)

>昨夜の富士山トレインは静岡に泊まったらしく、浜松方面からの
回送はなしとのことだった。

運転日が2日間続く場合、1日目は静岡車両区で滞泊、
2日目に返却するようです。
ちなみに、スジは下記。
・回9442M
浜松発6:04→用宗着7:04/発7:26→静岡着7:34

・回9441M
静岡発18:07→浜松着19:16

では~♪
(*'​-')​ノ

line様

こんばんは。
(*'-'*)

仙石線時代の写真、ありがとうございます!
その頃は、前面に警戒色の黄色い帯が一本入っていたんですね。
(この写真はモノクロですが。)

>昭和54年頃の仙石線は、何故か石巻寄りの運転席窓に車番を掲出して走ってましたが、何か意味があったのか今では知る由もないです。

陸前原ノ町電車区の構内がどうなっていたか、今となってはわかりませんが(旧・宮城電鉄時代からの狭い車庫だった・・・という記憶はあります)、
運転士さんや検査掛の人が、詰所を出て、すぐナンバーを識別できるように・・・ですかね?
(適当なことを言ってます。本気にしないでください[笑]。)

震災後、私のような「不要不急の者」が行くのもためらわれて、仙石線に乗る機会もありませんが、いつかまた行く日が来れば・・・と思っています。

では~♪
(*'​-')​ノ

なんとも〜

緑色のE231系、形式車号も国鉄書体になるなど、結構力入っているか?30年近く前、通学で毎日103系乗った日々が懐かしいです。
先日、職場の女性に103系ウグイス色のキーホルダーを見せたら「かわいい〜」でした。

103おじさん様

はじめまして。
(*'-'*)

例の「みどりのE231系」、私はまだ見てないんですけど「力入ってる」んですか。一度見たいですねー。
(先日、新宿駅でしばらく待ってましたが、来ませんでした。15分ぐらいではダメですね。山手線一周1時間ですから、1時間は待たないと。。。。)

>30年近く前、通学で毎日103系乗った日々が懐かしいです。

私が横浜線で通学していた頃は過渡期で、入学した頃は103系でしたが、卒業する頃は205系でした。その後も京浜東北線ではおなじみでしたが。。。。

>先日、職場の女性に103系ウグイス色のキーホルダーを見せたら「かわいい〜」でした。

113系のストラップは持っていますが、これもカワイイですよ。
(今、売ってるかどうかはわからなくて恐縮ですが。)

また遊びに来てくださいね~♪
(*'​-')​ノ

またまたすいません

こんばんは、またまた参加させていただきました。
みっぴょんさん、本当に活動的ですね〜
昨夜の続き〜通学で山手線を使い始めたとほぼ同時に205系が登場、103系は大きく異動がはじまりましたが、それでも、1963年製の103系試作車や1970年製試作冷房車、関西福知山線からの転入車など、画一的に見えて興味深い車両がいたのが、懐かしく思い出されます。
山手線を離れたあと、武蔵野線や青梅線などでよく見られましたね。
E231系さえ、置き換えが始まるという話もちらほら…
なんか訳わからない話になってしまい、すいません。

103おじさん様

こんにちは。
(*'-'*)
(お返事が遅くなりまして、失礼しました。)

>1963年製の103系試作車

「901」っていうのは、私は見たことなかったです。
ただ、モハ102・103-2なんていう若い番号のは、横浜線を走っていた記憶があります。最終的には、川越電車区に転じたのかもしれませんが。
超多段制御試作車「911」編成っていうのは、記憶にあります。品川電車区にいましたね。
後で知った話ですが、これは故障が多くて厄介だったらしい。
大井工場では、この編成が検査入場するとなると「関係者の有休取得停止」措置をとってまで要員を確保していたといいます。そのくらい面倒だったってことですね。
厄介者だったので、真っ先に廃車されたようですが。。。。

>1970年製試作冷房車

側窓はユニットサッシ、なのに前照灯は1灯式の白熱灯・・・っていうのが、この編成の特徴らしいですね。

>関西福知山線からの転入車など

いました。
国鉄民営化の直前だったと思いますが、池袋駅に黄緑色のモハ103形冷房車なんだけど「側窓のゴムが黒」っていう、当時の東京では珍しいのが停車しており、「2000番代」のナンバーに驚いた記憶があります。
考えてみたら、福知山線の編成短縮(6両→4両)で大阪から追い出された車両だったのでしょう。

ただ、クハ103形では、関西風の「ATC非搭載(運転室のすぐ後ろにも戸袋窓がある)だけど、高運転台」っていうのが、東京にも少数だけどいましたね。
最初から総武線など、ATC導入計画の無い線区に投入されたものだったと思います。
(今、調べたらクハ103-801以降のようです。ただし、811と818はその後、改造でATC取り付け→武蔵野線転属によりATC使用停止・・・という、複雑な履歴であるようです。)

まあとにかく、103系は奥が深かったですね。

>E231系さえ、置き換えが始まるという話もちらほら…

E233系も「横浜線仕様」と「埼京線仕様」で製造終了になり、山手線に「E235系」投入・・・とかいう話でしたね。
もっとも、JR東日本の中長期戦略は震災の影響で、計画より数年遅れており、この先ちょっとどうなるかわかりませんが。。。。
では~♪
(*'​-')​ノ

なつかしいです

懐かしすぎる…(笑)

まだ鉄だったころだなぁ。足が悪くなってからはカメラを持って出歩くのは負担になったので、現役引退と言ってますが。

モハ72970は鶴見線で乗りました。
当時、三段窓の車両はクモハ73289で異色。両開きのなんか新しそうな中間車がモハ72970でした。970は登場時鮮やかなオレンジ色だったとか。

鶴見線73系引退の頃は、海芝浦まで乗って、そのまま折り返す鉄を車掌が軒並み拿捕してたなぁ。(笑) 「鶴見駅で鶴見線内乗り降り自由のフリー乗車券あるから買え」とか言いつつ。


身延線も数回行っています。小学生高学年の頃~中学卒業の時で3回かな。
案外気楽に、富士の車庫も、富士宮の留電線(なのかな?)も入れてくれました。
富士からは出庫の車両に乗せてくれたり、いい時代だったと思います。62系より省電に乗りたかったので、富士~身延(のりかえ)身延~甲府と行くのを1本ずらして、富士~鰍沢口(のりかえ)鰍沢口~甲府のやつに変えました。俺も62系には乗っていないかも。
この鰍沢口からの編成は旧サロだったかサロハ改造の車両が入っていて…、いや、それ飯田線の記憶かな。もう30年も前ですね。でも、車掌さんがカメラを持った中学生を見て、車掌室入れてくれたり、「そこで写真撮ってきていいぞ」とか楽しかった思い出がいくつか。

富士宮の留電線は、けっこうサイズが大きくて、俺が行った時には飯田線の疎開車両も止まっていました。中間にクモハ52002だったかな、狭窓の車両が挟まっていたのを覚えています。この当時、飯田線(身延線)の車両の解体は大船工場でもやっていたと聞いたのですが、なにぶんあの時代の「情報」なんて曖昧だから嘘言ってるかも。半鋼製の車両なんて石油かけてもやしてから解体するとか、にわかに信じられない情報も聞いてました。
富士宮の流電線ですが、その正月に行った際は、真昼間に富士のほうから113系の11連(くらい、もう、記憶曖昧)が数本回送されてきて、暗くならないうちに出て行くって光景もあったのですが、行ったのがお正月だったからあのへんの神様関連の臨時かもしれません。

柴田真知様

こんにちは。はじめまして。
(*'-'*)

>モハ72970は鶴見線で乗りました。
>当時、三段窓の車両はクモハ73289で異色。両開きのなんか新しそうな中間車がモハ72970でした。970は登場時鮮やかなオレンジ色だったとか。

オレンジ色だったんですか?!
茶色の中に1両だけオレンジじゃ、まさに「異色」ですね。
これはずっと後になって知った知識ですし、実車を見る機会もありませんでしたが、
大阪の片町線にも変な73形(クロスシートとロングシートを「デュアルモード」で変換できる。今の東武東上線50090系「TJライナー」みたいな)がいたらしいですね。
当時は、いろいろな試作をやってたんですね。

>鶴見線73系引退の頃は、海芝浦まで乗って、そのまま折り返す鉄を車掌が軒並み拿捕してたなぁ。(笑) 「鶴見駅で鶴見線内乗り降り自由のフリー乗車券あるから買え」とか言いつつ。

そのフリー切符、実家にあるかもしれません。「昭和55年5月5日」記念切符も。。。。
今考えると「何が”記念”なのか」よくわかりませんけど(笑)。

>身延線も数回行っています。小学生高学年の頃~中学卒業の時で3回かな。

車両に興味があれば「宝の山」なんだけど、そうでないと・・・退屈なのが身延線ですね。飯田線ほど変化がなく、「どこまで行っても富士川」ですから(笑)。

>半鋼製の車両なんて石油かけてもやしてから解体するとか、にわかに信じられない情報も聞いてました。

それはずいぶん野蛮なやり方ですねぇ。サハリンでは本当にやったらしいけど(笑)。
(ロシアは国土が広いから許されるんでしょうけど、たぶん、日本でそれをやったら消防署に怒られると思います。)
一旦全部解体して、木材は焼却。鉄材は、スクラップにはそれなりの価値があるから選り分けておいて売却・・・でしょうね、本当は。

御殿場線駿河小山駅構内の側線も、廃車留置に使われていましたよ。「富士紡」の貨物扱いが無くなってからは空いていましたから。

>富士宮の電留線ですが、その正月に行った際は、真昼間に富士のほうから113系の11連(くらい、もう、記憶曖昧)が数本回送されてきて、暗くならないうちに出て行くって光景もあったのですが、行ったのがお正月だったからあのへんの神様関連の臨時かもしれません。

あの宗教団体臨ですが、113系の品川~富士宮間の列車は年間300日ぐらい走っていたようですから、たぶん、それでしょうね。
(これは、もともと朝のラッシュ時に使った車両の間合い運用ですから、団体側からの要請がなく運休する場合は、品川~国府津間のみ回送で走って入庫。)

>行ったのがお正月だったからあのへんの神様関連の臨時かもしれません。

初詣臨はちょっとわかりませんが、一時期、新春恒例の「三嶋大社初詣号」というのが浜松~三島間にありました。113系です。
三島や沼津に留置する場所がないと、年によっては富士宮まで回送して一時留置・・・という場合もあったかもしれません。

では~♪(*'​-')​ノ

No title

前回は、真知だけで書いてたんですね…

モハ72970は改造当初オレンジ色だったとのこと。
中央線の橙色(朱色1号)より明るかったとか書いてある記事を見た記憶もありますが、俺が見た時にはぶどう色2号でした。

身延線、なつかしいっすね。でも、クモハは半流ばかりで、クモハユニ44とか、2扉全部ロングシートなクハ47(でしたっけ)がすごかったという印象ばかりです。
飯田線は辰野口から入ったのは一度だけ。伊那松島で車庫に入れてもらえて、当時中間に閉じ込められていたクモハ53007の張り上げ屋根半流の顔が見られたのは嬉しかったです。

御殿場線、そう、そうです、駿河小山に疎開しているのもいました。
懐かしいなぁ…。
御殿場線の73系はトイレ付きでしたね。まぁ、トイレったって、当時は、あれですが…(身延線に行った時は、そりゃまぁ、線路上であれを一杯見ましたよ…)
サハ78の400番台、それこそ、身延線や飯田線にいたような省電改造のサハ78です。(トイレ付き) 妻面が食パン型じゃないので「なんだろう、これ?」と謎でしたが、それがわかるのは高校生になった頃でした。あぁ、御殿場線のクモハ73 900と902が懐かしい!(ジュラ電のアコモ車で、特徴的な全面のクモハ73でした。)

柴田真知様

こんばんは。
(*'-'*)

>モハ72970は改造当初オレンジ色だったとのこと。
>中央線の橙色(朱色1号)より明るかったとか書いてある記事を見た記憶もありますが、俺が見た時にはぶどう色2号でした。

私も茶色(ぶどう色2号)のは見たことありますよ。
オレンジ色のは、沢柳健一さんの本で確認しましたが、確かに中央線の101系や103系とはちょっと違う感じもしますね。
ただ、昔のカラーフィルムですから、「感材が退色してるのかな?」って感じもするし、今となっては定かではないですね。。。。

>身延線、なつかしいっすね。でも、クモハは半流ばかりで、クモハユニ44とか、2扉全部ロングシートなクハ47(でしたっけ)がすごかったという印象ばかりです。

クモハユニ・・・制御電動車であり、1両に「ハ」室と「ユ」室と「ニ」室があるわけですから、すさまじい。狭そう。。。。
往時は横須賀線を走っていたこともあったそうですね。

>伊那松島で車庫に入れてもらえて、当時中間に閉じ込められていたクモハ53007の張り上げ屋根半流の顔が見られたのは嬉しかったです。

昔は、例えば「東京から来たの?どうぞ」の一言で、
ちょっと厳しい区所でも、備え付けのノートに住所・氏名ぐらいを書く程度で簡単に立入許可が下りたんですね。うらやましい。。。。
中には「今夜、どこに泊まるの?」と聞かれ、「決まっていない」と言ったら国鉄の宿泊所を紹介してもらえた・・・という話を聞いたことありますよ。

>御殿場線の73系はトイレ付きでしたね。

仙石線と呉線のもそうだったらしいですね。
ただ、御殿場駅では30分ぐらい平然と停まっている列車もあり、その間はトイレが使えない(笑)。
もちろん、車掌さんに言えば「駅舎のトイレへどうぞ」と言われるんですが。。。。

>サハ78の400番台、それこそ、身延線や飯田線にいたような省電改造のサハ78です。(トイレ付き) 妻面が食パン型じゃないので「なんだろう、これ?」と謎でしたが、それがわかるのは高校生になった頃でした。

戦災車をサハ78形に編入した・・・とかいうのでしったけ?

>あぁ、御殿場線のクモハ73 900と902が懐かしい!(ジュラ電のアコモ車で、特徴的な全面のクモハ73でした。)

前面に方向幕の表示窓があるのでしたっけ? 見たような気もしますね。もっとも、御殿場線で幕は使っておらず、何も表示してませんでしたが。。。。

では~♪(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。