07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょいと富士急でも遊ぼ~♪

富士急行1200形・1202編成(2012年12月29日・大月駅)

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
今回は、(2012年)12月29日に中央線へ行った際の「拾遺」として、もっぱら富士急行線について書きますね。

例の「臨時快速」9892M(2012年12月29日付記事参照)に乗ってみることにしましたが、これは大月から相模湖まで停車しないので、鳥沢から大月へ移動しました。

大月駅では、公道から富士急の駅構内がよく見えますが、JR205系あらため6000系(11:00発・13列車)が河口湖に向けて発車するところでした。
(注:富士急の車両は、6000系だけは「系」、それ以外は「1000形」のように「形」だそうです。)
富士急行6000系(2012年12月29日・大月駅)

この6000系は2012年2月29日(「富士急の日」なんだって。でも「4年に1回」じゃん・・・)に営業運転を開始しましたが、
私は鉄道雑誌などでしか見ておらず、実車は初めて見ました。
これは「6501」編成で、JR時代末期には「ケヨ22」編成として京葉線を走っていたとのこと。
(*'-'*)
富士急へ転ずるにあたり、あの「ミトーカ」(水戸岡鋭治)氏のデザインでリニューアルされましたが、国鉄・JR時代とは、だいぶ違った印象だね。。。。
東ヤテ205系52編成(2004年8月11日・田町駅)
(山手電車区「52」編成:2004年8月11日・田町駅)

千ケヨ205系21編成(2004年7月・潮見駅)
(京葉運輸区「ケヨ21」編成:2004年7月・潮見駅)

蛇足ながら、参考資料写真のうち、山手線の「52」編成のいちばん手前、クハ204-52は現在、仙台車両センターへ転じ、
仙石線でクハ204-3113(M13編成)として走っていますが、前頭部が改造され、山手線時代の面影は薄くなっています。
幸い、東日本大震災では無事でした。
(『日本鉄道旅行地図帳別冊:東日本大震災の記録』[新潮社]の被災車両リストには無い。)

「ケヨ21」編成も、このときは漫然と「来たから撮った」だけでしたが、履歴を調べると相当に面白いですよ。
これは、元・三鷹電車区所属車(中央・総武線)と、元・中原電車区所属車(南武線)の寄せ集めで10両編成を組んでいました。
しかし、川越車両センターの205系「24」編成が踏切事故で破損し、代替車として、「ケヨ21」編成からモハ205-277+モハ204-277を供出後、余った8両は、東大宮操車場で1年以上「保留車」として休車になっていました。
ファンの間では、その去就が案じられましたが、結局この8両は制御装置のVVVF化改造などを施され、2009年1月に京葉車両センターへ復帰し、「M36」編成として武蔵野線の運用に入っています。

漫然と撮っていた写真でも、10年後に引っ張り出してみると、なにかと興味深いですね。
( ゜д゜ )bフムフム?

富士急に話を戻しますが、11時11分に到着した16列車は5000形でした。
富士急行5000形(2012年12月29日・大月駅)

1975(昭和50)年に生れて、当時、鉄道友の会の「ローレル賞」を受賞しましたが、同時期に登場した私鉄電車には阪急電鉄6300系、東急8500形などがあり、そうした「大手私鉄の名車」に負けず劣らず、いい電車です。
その頃の富士急は、国鉄や大手私鉄から良質の中古車払い下げが受けられず、新造したのかもしれませんが、1970~80年代は、まだまだ一般市民の鉄道依存度が高く、地方私鉄でも意欲的なオリジナル車を投入していました。

ただ、これは事故廃車の補充用として1編成しか製造されず、残念ながら後が続きませんでした。
現在は「トーマスランド号」としてラッピングされていますが、オリジナルの色は、トップの1202編成と同じブルー系です。

5000形は、11時27分発の15列車として発車しましたが、留置中だった「富士登山電車」の乗車が始まりました。
富士急行1200形・1205編成「富士登山電車」(2012年12月29日・大月駅)

これも「ミトーカ」氏のデザインですが、2010年8月29日に乗っています。
なぜか、その時は記事を書いていないので、写真をいくつかお見せしますが、「富士登山電車」はモハ1205+クハ1305の編成。
クハ1305の車内は「青富士」。
富士急行1200形・1305「富士登山電車・青富士」車内(2010年8月29日)

モハ1205の車内は「赤富士」。
いずれも、200円の着席整理券が必要です。
(JR東日本の「北海道&東日本パス」などでも、着席整理券を買えば乗れます。)
富士急行1200形・1205「富士登山電車・赤富士」車内(2010年8月29日)

乗ると、アテンダントのお嬢さんが飴をくれるのね。一粒だけですけど(笑)。
ところが、食べてみたらおいしく、一袋買っちゃいました。確か350円か400円でしたね。
クランベリーの味でした。
富士急行「富士登山電車のあめ」車内(2010年8月29日)

「富士登山電車」の茶色は、おそらくこの電車のイメージではないでしょうか。
富士山麓電気鉄道モ1形(2010年8月29日・河口湖駅前)

河口湖駅前に保存されている富士山麓電気鉄道のモハ1形です。1929(昭和4)年製。
戦前の地方私鉄に多かったタイプの電車のようですが、昭和戦前期の山梨県といえば・・・太宰の『富嶽百景』の時代ですよね。
太宰が「富士には月見草がよく似合ふ」なんて言って、御坂峠の「天下茶屋」に滞在していた頃。
その頃は、相当にモダンな「かっちょええ」電車だったんじゃないでしょうか。
( ゜。゜)

しかし12月29日は混雑しており、「富士登山電車」は満席。
そこで、赤い1201編成「マッターホルン号」を「自由席車」として増結していました。自由席車は、着席整理券不要です。
(原則として木曜日は、「富士登山電車」編成はお休み。同じ時刻に、一般車両充当の列車が運行されます。これも別料金不要。)
富士急行1200形・1205編成+1201編成(2012年12月29日・大月駅)

もともと、2006年9月に塗り替えられた初代「マッターホルン号」は1205編成だったんですが、これが「富士登山電車」に改造されたので、2009年8月から1201編成が「2代目」になっています。

元・京王電鉄5000系である富士急の1000・1200形は、塗装変更された編成が増えてしまい、何がオリジナル色なのか分からなくなっている感じですが(笑)、これがオリジナル。
(1202編成の色は「昭和30~50年代の富士急線」をイメージして塗り替えた物で、もともと1000・1200形にこの色はなかった。でも、なかなか似合ってるけどね。)
富士急行1200形・1207編成(2010年8月29日・河口湖駅)

ただし、写真の1207編成は、2012年11月17日からアニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』カラーになっています。
(2013年1月31日までの予定。)
そういえば、1002編成と1207編成は、クーラーが分散式なんですよ。他の車両は集中式で、屋根上に大きいのが1台載っているだけ。
写真を見比べてください。
(*'-'*)

2010年8月に訪れた際は、1001編成が昭和20年代の「富士山麓電気鉄道」時代の電車をイメージした塗装になっていました。
富士急行1200形・1205編成(左)と1000形1001編成(右)(2010年8月29日・河口湖駅)

「ふじやまビール」というヘッドマークを付けていましたが、昼間は河口湖駅構内でビールを販売し、夜は「ビール電車」として運行しているようでした。
ビールサーバーから注いで販売するため「飲食店」扱いになっており、この編成については、保健所や税務署の正式な許可を取っているそうです。
どこの鉄道でも「ビール電車」は流行っていますが、たいていは缶ビールか瓶ビールですし、食事は折り詰め弁当、おつまみは乾き物の持込が多いですね。この場合は単なる「旅行中の飲食」ですから、当局の許可は不要です。

もっとも、私はこのとき、ビール飲んでないんですよ。ちょうど「ビール販売所」としての営業が終わり、「ビール電車」の出発準備中で、買えなかったんです。
売っていれば、私がビールを飲まないはずがないでしょうが(笑)。。。。
(*'。'*)つЦゥィーッ!
1001編成はその後、京王電鉄・一畑電車との共同企画「京王電鉄5000系誕生50周年記念」として、京王時代の色になりました。
今回は「京王イメージ」「ヱヴァンゲリヲン」とも遭遇せず、残念でしたが、また機会があるでしょう。

富士急といえば「フジサン特急」を忘れちゃいけないんですが、今回は撮ってないので、2010年の写真で勘弁。
(これは「特急」なので、JR線同様「北海道&東日本パス」では乗れません。「河口湖・山中湖セレクトフリー乗車券」では、特急券を買えば乗れます。)
富士急行2000形・クロ2001(2010年8月29日・富士吉田駅)

この子は、泣いてます。。。。
泣いちゃダメ(o・_・)ノ(>_<。)うえ~ん! ('-'*)かわいい♪
富士急行2000形・車体の絵(一部)(2010年8月29日・河口湖駅)

でも、イラストを描こうが、色を塗り替えようが、この顔は懐かしの「国鉄165系電車」で、好ましく思います。
富士急行2000形・クモロ2201(2010年8月29日・河口湖駅)

ただ、「フジサン特急」2000形もずいぶん傷んでる感じがします。
一時期、置き換え用として、「あさぎり」から引退した小田急20000形RSEを購入、という話がありました。
これは「2」とか「ちゃん」とか「ねる」という、web掲示板の噂話ではなく(笑)、共同通信社の「47NEWS」で報じられたので正式な話だったと思いますが、その後の進展が報じられていませんね。

今回は、富士急線については「見ただけ」で乗りませんでしたが、近年の「出歩き記録」を見ると年に1~2回は乗っていますから、また近いうちに来ますね!
(*'-'*)
============================
おお、JRも忘れちゃいけませんな。
(*゚ー゚)ゞ
JR東日本に関しては、ここ何回かで、たくさん書きましたから今回は割愛しますが、JR貨物も頑張ってます!

EH200-4[高]「ブルーサンダー」牽引の高速貨85列車、竜王行。
(本来は根岸線の根岸発ですが、この日は土曜・休日ダイヤなので、根岸~梶ヶ谷貨物ターミナル間は運休扱いになっており、梶タ始発だったかもしれません。)
95km/h対応のタキ1000形ばっかりの編成ですから「専貨」じゃなくて「高速貨」なんですねぇ。
EH200-4[高]牽引・中央本線85列車(2012年12月29日・大月駅)

タキ1000は、出掛けに八王子駅でピカピカのタキ1000-850を撮りましたが、「ENEOS」マークの下が空白になってました。
タキ1000-850(2012年12月29日・八王子駅)

以前は「新日本石油」と書いてありましたが、合併で「JX日鉱日石エネルギー」になり、新社名に書き換えるために、一時的に消去したようです。

昔の列車番号は分かりませんが、この85列車に相当する時間帯の貨物列車は、以前からありました。
EF64形の重連時代に撮っていましたので、貼っておきますね。
(2002年5月、相模湖~藤野間。)
EF64 26[篠]+EF64重連(2002年5月・相模湖~藤野間)

冬は石油類の需要期、さらに、現在は中央道笹子トンネル関連で鉄道貨物が頼りにされていますから、「ブルサン」も大活躍の様子でした。
がんばってJR貨物!(*'-'*)/
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

富士急ですね!
(@.@)
JR205系が改造されて行ったんですね
地方の鉄道にもステンレス車が増えてきましたね
水戸岡さん関与していたんですね
(・.・)
トーマスやふじさんや色々な塗装の電車と賑やかですね
最後のEF64重連のタキも貴重ですね
今日から仕事始めですかね
土日は雪の予報が出てるので気を付けましょう
(^.^)

富士急

明けましておめでとうございます。今年も引き続き毎回ではないですがコメントさせて頂いたりしますので宜しくお願い致します。
この新年もカウントダウン参加、初詣、親族来訪と一通り落ち着き、アッという間に三が日が過ぎてしまいました。
終夜運転がなくなった西武線を越え、中央線を使って横浜にカウントダウン行ってきました。
 
富士急、記憶にある限りではこれまで大月~禾生間一往復しか利用してませんが、車両は1000形/1200形だったと思います。この時は当時は一般公募していた(現在は延長工事等で一般公募はしていないとか)リニア実験線の試乗に当選し、その時期は最大450km/hでした。
当時からいろんな発想のある印象の富士急ですが、最近はかなり賑やかなんですね。特にJR205系、改造前の回送、ラインカラーも剥がされた状態の写真を本かネットで見たのですが、ほどなくしてあの変身ぶりには驚きました。しかも水戸岡さんデザインで。
富士登山電車+一般車両、南海「サザン」を連想させるかも…。
噂にあるRSEが本当に入ることになれば華やかになりますね。デザインもまた工夫してきそうですし、バリアフリーの課題はありますがあのハイデッカーはあの路線の風景に一役買いそうです。

aki様

こんばんは。
(*'-'*)
仕事始めっていっても、すぐ週末なんですけどね(笑)。
(今、私は現業を離れちゃったので、年休を取ろうと思えば取れるんだけどね。駅にいたときは年末年始の休暇は無理で、終夜運転を担当したこともありました。寒かったなぁ。。。。)

>JR205系が改造されて行ったんですね
>地方の鉄道にもステンレス車が増えてきましたね

記事にも書きましたが、JRや大手の中古車が増えた反面、
地方私鉄のオリジナル車が減ったのは寂しいですね。
まあ、オリジナルの新車を入れる余裕もないんでしょうけど。
(ただし、遠州鉄道だけは例外。あそこは、JRや大手の中古車を入れてないですね。)

>水戸岡さん関与していたんですね

関東甲信越では珍しいですけどね。
テレビや雑誌で取り上げられる機会が多い方なので、今、水戸岡さんのお名前には「ブランド性」があるんでしょうかね。

>トーマスやふじさんや色々な塗装の電車と賑やかですね

1時間ぐらいなら、全然飽きないですね。
大月駅前には、左側の2階に喫茶店があるのは先刻承知済みで、
「寒かったら逃げ込もう」と思ってたんですが(笑)、結局、行きませんでした。
だって、次から次へと面白いのが来るから。。。。

>最後のEF64重連のタキも貴重ですね

10年前には、ちっとも珍しくなかったんですけどね。
山手線の205系の写真、「2004年8月11日」とはっきりしていますが、これは、ネガの袋に鉛筆で書いてあった!

ちょうど、アテネ五輪の頃で、山手線に「アテネ五輪応援トレイン」というのが走っていたんですよ。東京の民放各局の女子アナが勢ぞろいしてるポスターとラッピングが貼ってあったけど。
それを撮るのが目的で出かけたようです。
田町駅自体に意味は無く、渋谷から内回りに乗ってたら、外回りを「五輪トレイン」が行くのとすれ違ったので、「ここでしばらく待っていたら一周してくる」と思い、田町で下車して、構えていたんでしょう。
(目的は達成されましたが。)

ところが・・・「五輪トレイン」を待つ間に、新幹線300系、東海道線113系、373系の特急「東海」などが来る来る・・・。
暇つぶしにそれらも撮ったけど、今、全て過去の物になっちゃいましたね。。。。
(*'​-')​ノ

T-Max 様

こんばんは。
(*'-'*)

西武は終夜運転やらなくなって久しいですね。
景気が悪くなって、西武球場のカウントダウン・イベントがなくなってからですね。
でも、JRや地下鉄は、本数は少ないけど動いているから、それで浅草や銀座の方とか、明治神宮あたりから池袋や高田馬場まで来ちゃって、所沢方面へ帰ることができず、
「西武は、なぜ動いてないんだ?!」と文句を言う人も多いんですが。。。。
(苦情は西武鉄道へどうぞ・・・JRやメトロの社員に文句を言う人も少なくないので、「迷惑している」と聞いておりますゆえ。。。。)

>リニア実験線の試乗に当選し、その時期は最大450km/hでした。

やってましたね。
アレ、東京では、JR(東日本)の駅では全く告知してなかったけど、
東海道新幹線の車内にポスターが出ていて、それで知った人も多かったと思います。

>しかも水戸岡さんデザインで。

最初は「下吉田駅の復元リニューアル」を請け負ったのがきっかけみたいです。
このブログでも一度取り上げていますが、昔の名古屋駅に似た、いい駅舎です。
スハネフ14と貨車の展示も面白いし、ぜひ一度、行ってみてください。
(電車でもいいし、昔の貨物ヤード跡が有料駐車場になってますから、お車でも。)
でも、あのスハネフ14には「パートナー」がほしいなぁ。
EF65がお似合いだと思いますが、どうせJR貨物の65-PFが近いうちに大量廃車になるでしょうから、1両ぐらい。。。。

>富士登山電車+一般車両、南海「サザン」を連想させるかも…。

「サザン」は今、ほとんど「全車指定席」になっちゃいましたけどね。指定席を希望する人が多くて。
鳴り物入りで登場した「ラピート」は今、パッとしないようですが、大阪~和歌山の都市間輸送は、あまり景気に左右されないんでしょうね。
ただ、「サザン」といえば四国へ行く船に接続していましたが、明石海峡大橋が開通して以来、この役目は薄くなりましたが。。。。

>噂にあるRSEが本当に入ることになれば華やかになりますね。デザインもまた工夫してきそうですし、バリアフリーの課題はありますがあのハイデッカーはあの路線の風景に一役買いそうです。

この話の行方は、よくわからないんですが、もし実現すれば、「あさぎり」として富士山の静岡県側を走っていた電車が、山梨県側へ移ることになるので、面白いですね。

今年もよろしくお願い申し上げます。
(*'​-')​ノ

ストロベリーもとい富士キュー

おつかれさまです

信州から戻ってまいりました。
往路はSあずさで中央東経由。並走する中央道を見てみると下りは順調でしたが、上りは大和付近(笹子の手前)が大渋滞でした。20号も通常より交通量は多く、トンネル渋滞を敬遠した車が流れているというのがよくわかりました。中央線各列車も上りはかなりの混雑でしたから、鉄道がかなりサポートできているのではないかと思います。
今回はしな鉄169(湘南)も浅間山バック、バッチリでしたよ(これはまたみっぴょんさんの関連記事が出た際に)。

さて富士急線。
なんだか気づけば十人十色な車両ばかりになりましたね。往路のSあずさの車内から「ヱヴァンゲリヲン」車も見かけました(ワタクシ、テレビ見ないので、この漫画?アニメ?の人気はよくわからないんですi-232

ただねぇ、M氏デザインが…。この方、確かに凄いのはよくわかるんですが、個人的にデザインがいまいち好きになれないんです。特に文字文字感!どう見ても「耳なし~」なイメージi-183がしてしまうんですね。ちょいとばかりデザインのお仕事した関係で「文字はできる限り排すること」ということが頭にあるからかもしれませんが。

ま、好き嫌いは別にして元京葉車も活躍していますし、旧京王色や旧富士急色は是非撮影に行きたいですよ。


>一時期、置き換え用として、「あさぎり」から引退した小田急20000形RSEを購入、という話がありました。

ありましたねぇ。本当にその後はどうしちゃったんでしょう?
昨年の今頃は撮影地でこの話題がしょっちゅう出てました。不思議なことに皆この話題は知っていても、いつとかどんな形でということになると誰もわからないという。


というわけで富士急というと、快晴の下で富士山バックに元小田急車や山スカ115が行き来する光景が思い出される(おっと20年も前なのね)たかでした。

ではe-463

たか様

こんばんは。ロングドライブ、お疲れ様でした。
(*'-'*)

私も「ヱヴァンゲリヲン」というアニメに関しては、何一つ存じません。
(富士急の公式サイトに書いてあったのを読んだだけ。)

水戸岡氏のデザインについては、おっしゃるように「好きずき」だと思いますね。
ただ、今やこれは一種の「ブランド」ですし、
地方私鉄はどこでも「話題性」を求めているので、こちらがとやかくいう事柄でもあるまい・・・という気がしています。
(富士急行株式会社は、企業としての規模は中堅ですが、鉄道事業が会社全体の売り上げに占める割合は5%程度だそうですから、「もっと電車に乗ってもらうために話題がほしい」と思うのは当然でしょう。)

私自身の考えは、たかさんのご意見とほとんど同じです。
(文字の扱いというか・・・タイポグラフィひとつとっても難しいですよね。DTPの時代になって廃れましたが、昔は「レイアウター」というのが「職業」として成立し、それで食べられたくらいですから。。。。)

私は、水戸岡氏が一から作ったJR九州787系[在来線つばめ]などは大好きですが、「あそ1962」のような古い車両の改造車は、あまり好みに合わない。
旧・国鉄の車両は、やはり全盛時代の姿がいちばん美しいと思います。

もっとも、某私鉄の社長さんがツイッターに
「水戸岡先生の講演を拝聴し、非常に感動した」
と書いておられましたが、その鉄道会社自体は、水戸岡氏にデザインを依頼するつもりはないらしい。
「思想には共鳴したが・・・うちでは、あのデザインはちょっと」ということなのかもしれません。
まさに「好きずき」です。
(*'-'*)

小田急RSEの話は単なる噂ではなく、当時、本当に買うつもりだったみたいです。
共同通信社「47NEWS」の記事(2012年1月21日付)が今でも閲覧可能ですので、リンクを貼っておきますね。
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012101001689.html

ただ、20001編成は2010年8月3日付で廃車解体済みです。
(『鉄道ダイヤ情報』2013年1月号「私鉄DATA FILE」)
「20002編成を4両編成に短縮」という話も聞いているんですが、その後どうなったのかはわかりません。

これが2000形「フジサン特急」の置き換えだとすると、特急車両は1運用だけになるので、特急列車の本数自体が半減することになるのでしょう。
まあ、「フジサン特急」が2運用だったのは「種車の都合で、たまたま」ですしね。。。。

では~♪
(*'​-')​ノ

あ、すみません訂正

誤:ただ、20001編成は2010年8月3日付で廃車解体済みです。

正: 2012年8月3日付が正当です。

2013

今年もみっぴょんさんのブログを
楽しみにしてます☆


電車のアメ かわいいですねe-266
私も富士急へ行ったら買わなくちゃ

ゆるい富士山の絵が大胆に描かれたフジサン特急
ものすごく気になる存在ですe-349

いな穂※様

こんばんは。
(*'-'*)
今年もダラダラと書いていきます(笑)。
ご愛読よろしくお願い申し上げます。

この飴は「富士登山電車」の車内で売ってましたが、
他に河口湖駅のショップなどでも売っていたような気がします。
これはおいしいですよ。安いし、ぜひ食べてみてね!
(*'-'*)おいし~♪

「フジサン特急」2000形の車両は、残念ながら相当に傷んでおり、
(小田急の話がどうなったかは知らないけど)いずれにしろ、あと数年で何らかの車両に置き換えられるだろうと思います。

現在でも、JR東日本・西日本、秩父鉄道などから使える部品の提供を受けて、やっと運行しているのが実情ですので。。。。
(『鉄道ピクトリアル』2012年10月号の記事による。)

この「ゆるい絵」をご覧になりたければ、なるべく早い機会にいらっしゃることをお勧めしますね。
(*'​-')​ノ

こんにちは!

みっぴょんさん、こんにちは!
今年もよろしくお願いします。

205系→6000系は、インパクトのある色使いですね。

国鉄(JR)時代がおとなしすぎたのかな・・・?

でも前面の黄色は、なんか警戒色のようで、これはこれで伝統的な感じもしますw

モハ1形

この電車が乗っている線路。

たしか、アメリカ製の貴重な線路らしいんですよね。

なんていうメーカーだったっけなぁ。。。。

私の記事同様、例によって、あやふやなコメントで申し訳ないデス!

「鉄道マニア倶楽部」で司会屋・・・もとい・・・向谷さんが説明してたんだけど。。。

よこちゃん様

こんばんは。(*'-'*)
(お返事が遅れまして申し訳ありません。)

>205系→6000系は、インパクトのある色使いですね。
>国鉄(JR)時代がおとなしすぎたのかな・・・?

というか、国鉄・JRでは103系や101系から継承した「ラインカラーを示す」のが原則でしたから、
あまり無関係な色にはできなかったんでしょう。

なお、京葉線の103系は水色でしたが、205系や現行のE233系に使われている「ローズレッド」への塗り替えも検討されたらしいです。
実際、廃車の103系をサンプルとしてローズレッドに塗ったそうですよ。
(どこかの工場構内でテストしただけで、本線上を走ったわけではないから、見た人は少ないと思います。)

私も『鉄道ピクトリアル』の103系特集号に載っていた写真を見ただけですが、結局、これは不採用になり、103系は最後まで水色で走っていましたね。

>でも前面の黄色は、なんか警戒色のようで、これはこれで伝統的な感じもしますw

警戒色・・・そうかもしれませんね。富士急沿線は雪が降るから。
北国のステンレス車は、必ず警戒色を入れていますね。
弘南鉄道、長野電鉄。。。。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
(*'​-')​ノ

と~ちゃん49才 様

こんばんは。(*'-'*)

>この電車が乗っている線路。
>たしか、アメリカ製の貴重な線路らしいんですよね。
>なんていうメーカーだったっけなぁ。。。。

情報ありがとうございます。

アメリカってことは・・・「カーネギー」(CARNEGIE)じゃないですかね。
ニューヨークにある「カーネギー・ホール」の、あのカーネギー。
日本にも、この会社のレールは結構輸入されてましたから。

ただ、富士急の前身・富士山麓電気鉄道が開通したのは昭和初期ですから、その時代にはもう、レールは国産化されていますね。八幡製鐵所とか釜石製鐵所で作ってましたが。

ということは、これは富士山麓電鉄がアメリカから直輸入した物ではなく、
明治時代(?)に輸入されたレールを、国鉄か大手私鉄から払い下げられた物だろうなぁ・・・。
昔の富士山麓電鉄は、おそらく1時間か2時間に1本だったのでしょう。
その程度の本数だと、それほど磨り減るわけでもないから、中古のレールでも十分なんですよ。

保存車が乗っているレールが古い輸入レールってことは、おそらく側線なんかには、いまだに「カーネギー」とか、ドイツの「ドルトムント」とかがありそうだなぁ。。。。
下吉田駅の構内側線とか、富士山駅構内の車庫、河口湖駅構内の留置線など・・・これはアヤシイ。。。。
あやしい(・.・)?

柵とか、ホームの屋根の柱に古いレールが使われている例もよくありますが、今度、また富士急へ行ったら気をつけて見てみます。

では~♪(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。