06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊田車両センター(八トタ)の115系で遊ぼ~♪

八トタ115系M8編成(2011年7月27日・高尾駅)

あけましておめでとうございます。
今年も「mitsuka115JNRが語るひととき」をご愛読の程
よろしくお願い申し上げます。
m(*'-'*)m  みっぴょん

============================
さて、2013年最初のテーマは・・・
最近、銀塩写真の入ってる箱をガサガサ漁っていたら、115系電車の写真が出てくる出てくる。。。。
デジカメで撮ったのも、もちろんあります。
( ゜。゜)ウヒョー
そこで新テーマ、mitsuka115JNRがお送りする
『115系電車と遊ぼ~♪』(*'-'*)

・・・といっても、体系立った研究などやってないし、「コンプリート」など目指したこともないので、この記事を「115系研究」としては読まないでください。
(そういうのをお望みの方は、その種のwebサイトは無数にありますから、そちらへどうぞ。)
あくまで「雑記帳」としてお楽しみくださいませ。

それと、私はずっと関東なので、三鷹・小山・(新前橋)・高崎・新潟・長野・静岡・(沼津)の各区所に所属した115系なら多少は見てますが、
広島や岡山、下関のはほとんど知らないし、写真もわずかしか持っていないので、あまり書けません。
また、鉄道写真はブランクの時期があり、撮影年代に偏りがあります。
あしからずご了承くださいませ。

今回は第一弾として「豊田車両センターの115系と遊ぼ~♪」
「八トタ」の標記(115系M40編成・2011年10月28日・東小金井駅)

============================
まず予備知識として・・・
2013年1月現在、豊田車両センター(八トタ)には3両編成12本(編成番号:M1~M12)、
6両編成1本(編成番号:M40)1本、事業用の訓練車4両編成(編成番号:W2)1本の計46両が配置されています。

M1~M12編成は中央本線立川~小淵沢間の普通列車に充当されており、一日1往復のみ、富士急行線の大月~河口湖間にも乗り入れます。最長連結両数は3+3の6両編成です。

M40編成は6両の固定編成で、現在、定期運用を持たず、臨時列車やイベント列車に充当されることがほとんどです。

訓練車のW2編成は「神出鬼没」で、いつ、どこを走るかは部内の関係者しか知りません(笑)。

W2編成以外は全車「300番代車」です。最初から冷房車だったけど、座席の幅は狭いアレ。
これらは全て、青とクリーム色のいわゆる「横須賀線色」に塗られていますが、このカラーはJR全線でも現在はここだけになってしまいました。

では、順番に見ていきましょう。
ただ、「やたら見かけて、何回も撮っている編成」もあれば「1回しか撮ったことがない編成」もありますし、私は今のところM3編成を撮っておりません。
どこかで絶対に見てるはずなんだけどねぇ。。。。
( ・_・)

●M1編成
(←小淵沢 クハ115-354+モハ114-332+クモハ115-304 立川→)
八トタ115系M1編成(2012年12月29日・大月駅)1

この編成は一応車内がリニューアルされているんですが、座席は交換されず旧来のまま。
ただし、枠がオリジナルの灰色からブラウンに変更され、布地は張り替えられています。

写真は2012年12月29日、大月駅で撮影。河口湖発高尾行4542Mです。
富士急線に乗り入れる115系は、昔は珍しくもなかったんですが、現在、定期列車は一日1往復(1453M・4542M)だけになってしまいました(他はE233系)。
「ホリデー快速河口湖」が183系になっちゃいましたから、臨時列車としての乗り入れも、めったにありません。
八トタ115系M1編成(2012年12月29日・大月駅)2

この4542Mは甲府発の編成(3連)と連結され、542Mとして6連で高尾へ向かいます。
なぜ1往復だけ115系のまま残っているのかわからないけど、富士急線内を走るシーンも撮っておきたいなぁ(意外にも撮ってないんです)。。。。

【参考1】
「枠がオリジナルの灰色からブラウンに変更され、布地は張り替えられている座席」とは、こんな感じです。
115系の写真が手元にないので、クハ111-1345(千マリ・208編成)車内の写真を貼っておきます。
(ほぼ同じです。)
2010年2月21日、成田空港駅で。
クハ111-1345(千マリ208編成)車内(2010年2月21日・成田空港駅)

●M2編成
(←小淵沢 クハ115-356+モハ114-333+クモハ115-305 立川→)
八トタ115系M2編成(2010年1月20日・甲府駅)

M2~M4編成の座席は、変なヘッドレスト付のに交換されていますが、車内の化粧版はリニューアルされず、旧来の薄緑色のままです。
写真は2010年1月20日、甲府駅で撮影。

これを撮ったのは、長野電鉄へ行った帰りでした。
元・小田急10000系HiSEが、1000系「ゆけむり」として走ってるのに乗ってみたくて、「青春18きっぷ」の有効最終日に行ったんですが、この頃は、まだ長電オリジナルの2000系D編成が健在でした。
長野電鉄1000系S1編成(左)と2000系D編成(右)(2010年1月20日・須坂駅)

2000系は2012年3月31日の屋代線廃止と同時に引退しましたが、このD編成は同年7月7日から、小布施駅構内の「ながでん電車の広場」に保存されています。

【参考2】
「変なヘッドレスト付の座席」とは、こんな感じです。
115系の写真が手元にないので、モハ113-1259(千マリ・S70編成)車内の写真を貼っておきます。
(ほぼ同じです。)
2010年7月18日、臨時快速「白い砂」車内で。
モハ113-1259(千マリS70編成)車内(2010年7月18日・快速「白い砂」車内)

●M3編成
(←小淵沢 クハ115-358+モハ114-334+クモハ115-306 立川→)
M3-2.jpg

これだけ、どういうわけだか写真が見当たらないのよ。。。。
スマヌm(-_-)m
・・・と嘆いていたら、ありがたいことに、BlackSheep様(山梨県甲府市)からM3編成の写真をお借りすることができました。
多謝m(-_-)m
2011年8月、新府駅で撮影・・・とのことです。

【画像追加】(2013-05-04)
ようやく自分で「M3」編成の撮影に成功!
ヽ(^▽^)ノ
2013年5月3日・鳥沢駅。
八トタ115系M3+M8編成(2013年5月3日・鳥沢駅)

●M4編成
(←小淵沢 クハ115-360+モハ114-335+クモハ115-307 立川→)
八トタ115系M4編成(2012年12月29日・大月駅)

上の写真は2012年12月29日、大月駅で撮影。甲府発の542Mです。大月到着後、上記のM1編成充当・4542M(河口湖発)と連結して高尾へ向かいます。
下の写真2点は2010年10月31日、団体専用列車「立川ひまわり号」に充当されたときのもの。
まず、新宿駅に停車中の姿。
八トタ115系M4編成(2010年10月31日・新宿駅)

1993(平成5)年12月1日のダイヤ改正まで115系は毎日、新宿駅に顔を出していましたが、それ以後、定期列車としては立川以西のみの運行となりましたから、このシーンは懐かしく思えましたねぇ。
ついこの前のように思えて、実はもうずいぶん昔なんですが、新宿発12時09分の松本行普通433Mというのがありました(松本着19時08分・・・1982[昭和57]年11月15日改正の時刻)。
これに甲府まで乗った記憶がありますが、その頃、中央本線の列車は新宿~立川間ノンストップでした。
(1985[昭和60]年3月14日ダイヤ改正から、普通列車は夜行の441Mを除き、三鷹に停車するようになった。)
国電は、特快でも中野と三鷹には停まっていましたから、「特快より速い”普通”列車」と言いたいところだけど、
実際には、大昔の客車列車(EF13形牽引)を電車化しただけですから、単に「各駅通過」というだけで、ちっとも速くありませんでした(笑)。

433Mはお昼時に新宿を出る列車なので、駅弁を食べてる人もいたりして、なんとなく「汽車っぽい」というか、のんびりした感じでしたね。
それを懐かしみつつ、同じ「立川ひまわり号」を中野駅でも撮影。
八トタ115系M4編成(2010年10月31日・中野駅)

●M5編成
(←小淵沢 クハ115-370+モハ114-342+クモハ115-308 立川→)
八トタ115系M5編成(2006年10月30日・相模湖~藤野間)

M5・M6編成は「完全なるリニューアル車」で、座席はヘッドレスト付、車内の化粧板もクリーム色系の物に交換されています。
ただ、ヘッドレスト付の椅子は私の好みに合わず、車内の配色がオリジナルではないこともあって、どうも「115系らしからぬ」雰囲気ですから、これが来るとがっかりします。
┐(-_-)┌
上の写真は2006年10月30日、相模湖~藤野間で撮りましたが、本来の目的は何だったかというと・・・

10月28・29日、甲府駅構内で「秋のふれあい鉄道フェア」なるイベントが開催され、
EF64 39+カニ24 505+オハネフ25 5+オロネ25 901+オハフ25 901+オシ25 901の「夢空間」編成が展示されました。その返却回送列車を撮りに行ったんです。
「夢空間」返却回送(2006年10月30日・相模湖~藤野間)

定期の寝台列車が走らない山梨県には「本物の寝台特急を見たことがない」という人も多いらしく、このイベントは大好評だったようです。
今思えば「夢空間」は、まるで「カシオペア」の「先行試作車」でしたが、寝台特急自体がほとんど消滅し、「夢空間」も役目を終えて引退しました。
オシ(食堂車)とオハフ(ラウンジカー)は、埼玉県三郷市の「ららぽーと新三郷」に保存されているのを見に行きましたが、オロネも木場(東京都江東区)かどこかでレストランになったらしいですね。

●M6編成
(←小淵沢 クハ115-372+モハ114-343+クモハ115-309 立川→)
八トタ115系M6編成(2001年8月26日・豊田~八王子間)

これの写真が見つからなくて、紙焼きをルーペで覗き込んで(もう老眼なのです・・・)、
編成番号札に「M6」と書かれているのを確認したときは、思わず小躍りしちゃいましたよ。。。。
ヽ(゜∀゜ )ノ
これは2001年8月26日、豊田~八王子間。豊田電車区(当時の呼称)横で撮影。
なんでこんな場所を歩いたかというと、165系「パノラマエクスプレスアルプス」のさよなら運転を撮りに行ったんですね。
(何回かに分けて行なわれた「さよなら運転」のうちの一回で、確か、この日は鉄道友の会主催。)
165系「パノラマエクスプレスアルプス」(2001年8月26日・豊田~八王子間)b

なぜこの場所を選んだのかは記憶にありませんが、初めての場所なので「新規開拓」のつもりだったんでしょう。
しかし豊田駅からは結構遠く、蒸し暑い中20~30分かかったと思います。
地元では、この付近に新駅(仮称:西豊田駅)設置を要望しているくらいで、豊田駅から歩くより、京王線の長沼駅のほうが近いかもしれませんね。
その後、豊田駅の東京方では何回か撮っていますが、八王子方のこの場所は再訪する機会がありません。

●M7編成
(←小淵沢 クハ115-374+モハ114-344+クモハ115-310 立川→)
写真は2012年7月16日に、上は相模湖駅、下は高尾駅で撮影。
八トタ115系M7編成(2012年7月16日・相模湖駅)

八トタ115系M7編成(2012年7月16日・高尾駅)

これがですね・・・多くの雑誌記事やwebサイトを読むと、「車内は座席の布地が交換されているだけで、他は1975(昭和50)年製造当時からのまま」と書かれていますが、
その辺の記憶があいまいなんですよ。もう、老眼だけじゃなくて頭脳も「BBA」化しているので。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
これは「EL&SL碓氷」号を藤野で撮り、その後東京へ出るのに乗ったんですが、その時、このブログには「M7編成はリニューアルされていた」と明記しているんですよ。
ただ、車内の写真を撮ったわけじゃないので、「未更新車だ」と言われると自信がない。。。。
(・_・;)
さらに調べると、この編成は最近、大宮総合車両センターで全般検査やってるんですよね(2012年5月17日出場)。
私が乗ったのは7月16日だし、5月の工場入場時にいじったのかなぁ? 教えて、エライ人(笑)。

もっとも、その前年、2011年7月27日に私も甲府から大月まで、M7編成に乗っています。
八トタ115系M7編成(2011年7月27日・甲府駅)

その時点では、間違いなく未更新でした。
なぜなら、車内の写真を撮っていた!
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
クハ115-374(八トタM7編成)車内(2011年7月27日・中央本線354M)

おそらく長い道中に退屈して、暇つぶしにシャッターを切っただけだと思うけど、「よくまあ・・・」って気もしましたね。
このとき、なぜ夜遅い中央線の上り普通列車に乗っていたかというと、これも長野電鉄訪問の帰りでした。

「アタシも好きだよなぁ・・・」って気がするけど、元・JR253系が「成田エクスプレス」改め「スノーモンキー」として走り出したのに乗りたかったんですね。
まあ、湯田中で温泉に入って、風呂上りに「志賀高原ビール」を飲みにいったようなもんでしたけど(笑)。
長野電鉄2100系・5

なお、この長野電鉄2100系「E2」編成は、撮影当時はJR時代の塗装に、PSPのゲーム「モンスターハンター」とタイアップした「モンハン特急」なるラッピングをしていましたが、
その後2012年9月8日から、側面は白を基調にした長電オリジナルカラーになったそうです(「E1」編成は、敢えてJRカラーのまま)。
「またそれを見に行かなきゃな・・・」って思いますけど、以前、このブログを読んだ長電の「中の人」からメールをいただいたこともありました。
私は東急と営団地下鉄(東京メトロ)も好きで、その中古車がいる長電には、つい足が・・・たぶん、また笑ってるでしょうねNさん。。。。
(*゚ー゚)ゞ

●M8編成
(←小淵沢 クハ115-376+モハ114-345+クモハ115-311 立川→)
八トタ115系M8編成(2012年12月29日・四方津駅)

八トタ115系M8編成(2012年6月26日・豊田駅)

八トタ115系M8編成(2011年10月11日・塩山駅)

私はこの編成にやたらご縁があり、しょっちゅう撮ってるような気がする。写真のストックもいっぱいありました。
かと思えば、全然ストックが出てこない「M3」みたいな編成もあるんですが。。。。
まあ、M8は座席の布地以外は国鉄時代そのままの未更新車だし、好きな編成ですけどね。

M8編成といえば、ヘッドマークでお化粧した晴れ姿も撮ってますよ。
八トタ115系M8編成(2008年7月5日・姨捨駅)

2008年7月5・6日、篠ノ井線聖高原~長野間を走った「スイッチバック街道 惜別羽尾号」です。

冠着(かむりき)~姨捨(おばすて)間にあった羽尾信号場が廃止されることになり、羽尾信号場・姨捨駅・桑ノ原信号場のスイッチバック式停車場3箇所に全て停まる・・・という趣旨のイベント列車でした。
M8編成は、クモユニ143-3+クモユニ143-1の郵便荷物車(現在は長野総合車両センター構内の入換車)を従えて、国鉄時代の「新宿発長野行」普通列車の雰囲気を出していました。
クモユニ143-3(長ナノ)(2008年7月5日・姨捨駅)

この時は「乗り鉄」派のお友達と一緒だったので、私も沿線撮影ではなく乗りましたが、未更新車のM8編成を選んだところなど「わかってるなぁ、長野支社」と思いましたね(笑)。
もっとも、大変な人気で、私たちは座れませんでしたが、むしろ立っていた方がスイッチバック線や、姨捨の大展望をよく観察できた感じでした。

●M9編成
(←小淵沢 クハ115-378+モハ114-346+クモハ115-312 立川→)
八トタ115系M9編成(2010年5月8日・相模湖駅)

これは車体更新工事施行車で、座席はM1編成と同じ・・・だそうですが、なぜか印象が薄い。
写真も上の1枚しか撮っていません。2010年5月8日、相模湖駅で撮影。

この日の目的は115系ではなく、201系「H4」編成の「さよなら」運転撮影でした。
八トタ201系H4編成(2010年5月8日・相模湖駅)

八トタ201系H4編成(2010年5月8日・甲斐大和駅)


●M10編成
(←小淵沢 クハ115-380+モハ114-347+クモハ115-313 立川→)
八トタ115系M10編成(2012年12月29日・鳥沢駅)

リニューアル車です。これは撮る機会がなかったんですが、
ごく最近、鳥沢駅で例の「笹子トンネル関連」臨時快速9891Mを待つ間に撮れました。

●M11編成
(←小淵沢 クハ115-384+モハ114-349+クモハ115-315 立川→)
八トタ115系M11編成(2010年5月8日・高尾駅)

未更新車。これも「(上の)1枚(2010年5月8日、高尾駅)しか撮ってないのかな?」と思っていましたが、M10編成と同じ時に鳥沢で撮影。
八トタ115系M11編成(2012年12月29日・鳥沢駅)

●M12編成
(←小淵沢 クハ115-412+モハ114-361+クモハ115-325 立川→)
八トタ115系M12編成(2011年7月27日・甲府駅)

リニューアル車。M11とM12編成との間は車両番号が飛んでいますが、この間はごっそり松本運転所と岡山電車区へ転属しているんですね。
(松本から豊田へ「出戻り」のクハ115-398とモハ114-354+クモハ115-318[M40編成]を除く。)
松本へ転じた車両は、その後、伊豆急へ売却された車両もありましたが、それも含めて松本組は現在、全て廃車されてしまいました。

これはM7編成を撮ったのと同じ時、甲府駅で撮ったボケた写真しかないのか・・・と思いきや、あらためて大月駅で留置中のを撮ることができました。
八トタ115系M12編成(2012年12月29日・大月駅)

●M40編成
(←小淵沢 クモハ115-318+モハ114-354+サハ115-319+モハ115-348+モハ114-374+クハ115-398 立川→)
八トタ115系M40編成(2012年11月10日・青梅線羽村~小作間)

これはもう、「あらためて説明する必要もなかろうよ」っていう「名物編成」です。「動態保存車」との異名も(笑)。
現存唯一のサハ115形300番代車である319号車、ダブルパンタのモハ114-374など、魅力いっぱいです。車内も未更新で、座席の布地の色を除けば「国鉄」ムード。

準定期運用(臨時列車ながら、実際は毎日運転)だった「むさしの号」、さらに「ホリデー快速鎌倉」から撤退し、最近は気軽に乗る機会もなくなったのが残念ですが、
以前「準定期」的に走っていた頃は、「115系に乗りたいな~」と思えば、「むさしの号」に乗ればよかった(笑)。
新秋津から「むさしの号」に乗って、大宮まで駅ナカ名物の「かにチャーハン」を食べに行ったりしたものでした。
八トタ115系M40編成(2011年11月12日・横須賀線北鎌倉~鎌倉間)

「横須賀線色」の電車が「ホリデー快速鎌倉」として走る姿には、なんの違和感もなく、人気がありましたね。

この編成は6両固定なので、通常は富士急線に入る機会はありませんが、臨時列車としては入ったこともあります。
下の写真は、2011年7月2日に走った団体専用列車「こんにちは富士山駅号」(三鷹~河口湖間)。
八トタ115系M40編成(2011年7月2日・富士急行線寿~葭池温泉前間)M40

カメラ持ってぶらぶらしていたら、農家のおじいちゃんが、
「電車撮るのかね? 今日はJRからのがいつもより一本多く走るらしいが、それが目当てかね?」と笑いながら話しかけてきました。
東京は蒸し暑い季節でしたが、ここ富士吉田市は涼しく、帰るのが嫌になりましたね。。。。

●W2編成
(←小淵沢 クハ115-207+モヤ115-6+モハ114-827+クハ115-108 立川→)
八トタ115系W2編成(2011年8月2日・宇都宮駅)

これは「訓練車」なので、乗ることはできません。
しかし、もともとは営業車でしたので、その頃に乗っているかもしれません。
(モヤ115-6=旧・モハ115-103の改造。)
クハとクモハは、115系0番代車そのままの「デカ目」ヘッドライトに、シールドビームを取り付けた「無理やり」なところが面白いですね。
側窓もユニットサッシではなく、角が丸くなっています。
(クーラーと、側面の行先表示器は新造当時には無く、改造による後付けです。)

モハ114-827は、中央本線・篠ノ井線に多い狭小断面トンネル対策(絶縁距離確保のため)として、パンタグラフ下の屋根が低くなっています。
(標準的なモハ114形より約160ミリ低い。)
この部分は、扇風機を取り付けるには高さが足りず、その代わりに設けた換気口のグリルが見えます。
モハ114形800番代車は全31両作られましたが、現在は廃車が進み、この827号車しか残っていません。
菱形のPS16形パンタグラフが、なんとも「いい感じ」ですね。
(*'-'*)
モハ114-827(八トタW2編成・2011年8月2日・宇都宮駅)

なお、モハ114形300番代車のパンタグラフは、それ自体が狭小断面トンネルに対応したPS23形なので、屋根を削ったりはしていませんでしたが、
これも今は、シングルアームのPS35形に交換され、見られなくなってしまいました。

ところで、私がこのW2編成を見かけたのは、宇都宮駅でした。
なぜ宇都宮にいたのかは、知る由もありません。もちろん事前情報も無く、烏山線に乗るつもりで行ったら、偶然停車していたんです。
ヽ(゜∀゜ )ノ
見たい見たいと思っていた車両でしたが、まさに「サプライズ・ゲスト」でしたね。
だいたい、なぜこの時「烏山線へ行こう」と思ったのか、それが思い出せない。
こういう場合、私は「天国にいるおじいちゃん、おばあちゃんの導き」と思うことにしていますが(笑)。


このシリーズ、次は高崎か小山の湘南色115系を取り上げようと思いますが、写真の整理ができないと書けないので、気長にお待ちくださいませ。
長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

2013年最初は遊ぼ~新シリーズ豊田車両センターの115系からですね
(@.@)
もう3両12本と6両1本でスカ色もここだけなんて
富士急乗入れの1往復も貴重な存在ですね
訓練車は比較的綺麗ですね
合間の夢空間とパノラマアルプスと荷物車は感動です!
(。・ω・。)
ひと編成ずつの掲載お疲れ様でした
撮影した時の事もしっかり覚えているんですね
φ(・ェ・o)メモメモしてるんですね
続きも楽しみにしてます

aki様

こんにちは。
(*'-'*)
(1月1日付でいただいたコメントにもお返事いたしました。すみませんね・・・実家でご馳走食べたら眠くなってしまったんです。。。。)

>もう3両12本と6両1本でスカ色もここだけなんて
>富士急乗入れの1往復も貴重な存在ですね

211系に置き換えとか、いろいろ噂はあるけど、
何に置き換えるにせよ「115系は、もうじき廃止」ってことだけは間違いありませんからねぇ。

>訓練車は比較的綺麗ですね

私も驚きましたね。将来の「保存車候補」なんでしょうか?
115系の保存車って、今のところないですから。
(クハ115-188だっけ・・・なぜJR東海は解体しちゃったんだろう。。。。)
だいたい、「宇都宮にいた」っていうのが謎。どんな「訓練」だったんでしょうね。
(・.・)?

>合間の夢空間とパノラマアルプスと荷物車は感動です!

ありがとうございます。古い写真を探してスキャンする手間をかけた甲斐がありました。
まあ、記事に「めりはり」を付けないと、読者が飽きますから。
トランプの「神経衰弱」じゃないんだから、「115系のお顔ばっかり」じゃあね。
特に、豊田の115系は変な改造車も少ないので、特徴があまり無いんですよ。
「おかしな奴」が見たければ、それは福知山とかでしょう?
「これのどこが115系?」っていうような改造車があるらしいじゃないですか。。。。

>撮影した時の事もしっかり覚えているんですね

メモメモもしてるけど、恥ずかしながら完璧とは言えませんね。
記憶力は、10年前、20年前に比べると著しく衰えてます。
デジカメになって、撮影年月日と時刻が自動的に記録されるようになり、本当にありがたいことです。
昔は、忘れないために「日付を入れて、行った先の駅名標を1枚撮っておく」とか、「硬券の入場券を買う」とか(笑)。

>続きも楽しみにしてます

写真の整理をしなきゃならないんですけど、次は「湘南色」ですかね。
では~♪
(*'​-')​ノ

No title

>10月28・29日、甲府駅構内で「秋のふれあい鉄道フェア」なるイベントが開催され、

これ、覚えてますワ・家から徒歩5分の距離なんで・・
まだ甲府駅北口が整備される前で北側電留線の横の空き地(今はNHK甲府放送局)の金網柵をイベントのため外して梯子で車内に入った記憶がります。201系四季彩も来ていて4両隅から隅まで見て回りました。オシの食堂車は予約前売りだったと記憶しています。
そーですか、あれは2006年だったんですか・・。

BlackSheep様

こんばんは。
(*'-'*)

このイベントは2005年と2006年の2回実施されたようで、
当時、ブログに書いていた方によれば、
食堂車では、2005年はカレー、2006年は特製弁当が供されたようです(お子様には「ポケモン弁当」[笑])。
特製弁当は1500~2000円ぐらいではないかと思われますね。
「さほど無理のない値段で、おいしかった。フルコースなども食べてみたいが、それだと高くなるだろう」
という意味の記述でしたので。

201系「四季彩」、ありましたね。主に青梅線で走ってましたが。

この藤野で撮った返却回送列車(尾久行き)が通過し、カメラをしまって「さあ帰ろう」と思ったら、大月方面へE233系の試運転が向かっていくところで、すぐ撮りましたよ。
まだ営業運転前で、珍しかったんですね。
(*'​-')​ノ では~♪

今年もよろしくお願いいたします。

みっぴょんさん、明けましておめでとうございます。

 今年最初の話題は115系ですね。スカ色もずいぶんと数を
減らしたのですね。私が生まれ育ったのは新潟ですから、
115系といえば湘南色でした。たまに東京の親戚のところに
遊びに来た時に見かける電車が中央線のスカ色中央線で、当時はこれを
新潟の電車の「色違い」という認識でしたし、東海道線で見かける
同じ湘南色を、正面の色分けが異なってる変な電車、くらいの認識
でしかありませんでした。このころ(小学校高学年)の興味の大半は
ブルトレとか特急電車に向いていたので、115系と113系の区別が
できなかったのでした。
 
 今回の話題の115系は、私の故郷新潟ではまだまだまだ現役で
頑張っていますよ(塗色は変わってますが)。ていうか、新潟の車両
では、681系・683系、E127系電車以外はほとんどが動態保存車と
言えるかもしれません。国鉄全盛期から活躍し、JRになってから
でももう四半世紀が過ぎているわけですからそりゃ老朽化します
よね。

 まとまりのない長文、失礼いたしました。今年も時々お邪魔
させていただきますのでよろしくお願いいたします。

いまは東京都民。 様

こんばんは。
(*'-'*)
こちらこそ、今年もよろしくお願い申し上げます。

おや、「いまは東京都民。」さんは越後の方でしたか。
(・。・)ホゥ

>115系といえば湘南色でした。

モハ70系は「小豆色と黄色」だったんですけどね。
新潟や長岡所属の車両は、高崎から東へ行く運用がありませんでしたから、別に「新潟鉄道管理局オリジナル色」でもよかったんでしょうけど、
経費節減のため、あまり多くの塗料を用意するのが嫌で、115系は湘南色にしたのかもしれません。
そこがまあ「国鉄」だったんですが。。。。

>115系と113系の区別ができなかったのでした。

115系は
・グリーン車が無い。
・ドアに「11月15日~3月31日の間は手で開けろ」とか、変な文言が書いてある。
・・・と認識していました。
マスコンの「ノッチ戻し」機能とか、クハのジャンパーが「片渡り」か「両渡り」か・・・なんてことは、大人になってから本を読んで知りました(笑)。

>今回の話題の115系は、私の故郷新潟ではまだまだまだ現役で
>頑張っていますよ(塗色は変わってますが)。

「まだまだまだ」って、3回繰り返しているところが笑っちゃうけど、
もうぼつぼつ次世代車両を考えないとねぇ。。。。
(115系も1編成だけ湘南色に戻したんですね。去年の秋、「直江津鉄道まつり号」として走ったようですが。)

E127系をさらに増備するのかしないのか、あまりよくわからない感じですが、長野も含めて、あんまり評判の良い車両ではないようですから、増備するにしても、改良版の「E129系?」に移行するかもしれませんし。。。。

動態保存といえば、今のところ会社だけ設立された「越後ときめきナントカ鉄道」が、「485系という電車は、ファンに人気があるのかどうか?」とリサーチしている・・・という噂です。
開業後の「目玉商品づくり」を検討してるんですかね。。。。

また遊びに来てくださいね♪
(*'​-')​ノ

No title

スーパーかすかな記憶なんですが、モハ114-827って、最後まで小山にいた低屋根車じゃないでしょうか。
低屋根といえば三鷹。中央線用だと思っていたのに、よく見ると地元を通過していく115系にも低屋根がいるじゃないか…と思った頃には、御殿場線の73系を駆逐するため沼津に転属になって行きました。4両で行ったのに、気づけば3両になってた連中です。
あの頃、小山は新前橋の115系で上野まで来る奴はあまりバラエティがなかったものの、この827だけは沼津に行かずに小山に残っていたように思います。
あとはクハ115-610がいたかな。先頭改造クハで運転席直後の窓が戸袋なんですが、正方形に近い形じゃなくて細長いものですぐに改造車と分かりました。
途中からいくらか増えた(その後、また減った)ものの、1000番代の改造車やクモハが入ってきました。それまではこの827と610が唯一の異彩だったように思います。どうにも改造車が好きです。
あの時代は、熊谷から秩父鉄道乗り入れって運用もあったなぁとか、もっと前には長岡行きなんて115系もあったんだなぁと、なつかしくなりました。
その後、113系が一瞬だけ入ってきた(それも115系の塗り分けで!)時は驚きました。湘南色にしろ、スカ色にしろ、この塗り分けがしっくり来る埼玉県民です。

真知様

こんばんは。
(*'-'*)

ご指摘のようにモハ114-827は小山電車区に1995年3月までいて、訓練車になりました。
「北ヤマに800番代車?」って気もするんですが、1967年度に大量配置されています。どうも、「首都圏全体の予備車」みたいな意味合いがあったようです。
今、183系が東大宮に集約されているのに近いイメージなんでしょうけど、それにしては、115系(800)は数がはるかに多く、「国鉄は無駄が多かったんだな」って気もしますね。
実際、それらのモハ114が中央線や篠ノ井線へ遠征した機会など、ほとんどなかったでしょうし。

なお、最後まで小山所属だったのはモハ114-823+モハ115-99だったようで、これがなんとJR発足後の1989年まで冷房化もされず(AU712を取り付けて冷房化されましたが。アレは効きが悪かったなぁ・・・)
結果的に2001年12月に廃車されたそうです。

他の800番代車は、おっしゃるようにほとんど沼津機関区へ移りましたが、これは御殿場線というより、身延線での使用を想定していたようです。
しかし、実際に身延線には新製の2600番代車が入りましたからねぇ。
なんというか、見通しの悪い話です。
おまけに、新製から数年で新潟へ持っていかれちゃったのもいたし。
あのクハ115-2000を、どういう名目の予算で作ったのか?
静岡県や山梨県の市町村から集めたお金で作った車両を、すぐ新潟へ持って行くのも妙で、よく大蔵省が黙っていたなぁ。。。。
なんも「政治の匂い」がしますけどね。

>あとはクハ115-610がいたかな。

首都圏は意外に変な改造車が少なかったので、これは目立ちましたね。
でも、サハ115-2→クハ115-612→クハ401-901ほど、数奇な生涯を送った車両もありませんが(笑)。115系一族中でも、相当な変り種でしたね。
(これらのデータは『鉄道ピクトリアル』2009年7月号などを参考にしています。)

>あの時代は、熊谷から秩父鉄道乗り入れって運用もあったなぁとか、もっと前には長岡行きなんて115系もあったんだなぁと、なつかしくなりました。

上野発長岡行、懐かしいですね。夜行と、上野を朝6時頃のがありました。乗ったのは1~2回ですけど。クモユとかクモニを付けてましたね。

秩父鉄道に乗り入れるのは、実際に見たことはなかったけど、要するに、上野~籠原間の増結車を、その日に限って熊谷で切り離して乗り入れていたんでしょうんね。
(籠原で寝てないで三峰へ行って来い・・・ということ。)
当時の『時刻表』を見ると、「上野発金曜運転」とか、「土曜・休日運転」のケースが多いので。
まあ、昔は大井川鉄道に113系が乗り入れたり、変なのがありましたね(笑)。それだけ「レジャーの足は、もっぱら国鉄で」って人が多かったんでしょう。

>その後、113系が一瞬だけ入ってきた(それも115系の塗り分けで!)時は驚きました。

確か1年ぐらいで消えましたね。あんなの不便だったろうなぁ・・・改造もしてないので、115系とは連結できないし。
平日のラッシュ時のみ限定運用だったので、私は1回か2回見た程度でした。
今、東海道線に1本だけいるE217系みたいなもんでしょうか(笑)。

では~♪
(*'​-')​ノ また遊びに来てくださいね~
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。