07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辻堂海浜公園の元・小田急クハ2658「わっくわっく号」♪


神奈川県藤沢市某所で販売されているという「天使の靴」なる物がどうしても欲しくて、買いに行きました。
この靴自体は5250円(税込み)で、さほどの高級品でもありませんが、靴が「天使」なら、売っていたシュー・フィッターの女性は「女神」というか、「貴女は江ノ島の弁天様の生まれ変わりなのでは?」っていうくらい素敵なおばさまで、
それだけでも藤沢まで行った価値はありました♪


(今「にほんブログ村」のバナー広告を見てたら「アニタ・アレンバーグ」のフラワー・パンプスも欲しくなっちゃったアタシ。。。。)

ですが、本当にそれだけで帰ってくるのはもったいない話です。そこで、県立辻堂海浜公園に保存されている元・小田急電鉄クハ2658号車を見てきました。
(以前「2ちゃんねる」で話題になっていたのを読んだんですが、行ったことはなかったのです。)

神奈川県立辻堂海浜公園は、東海道線の辻堂駅から南へ約1km強の海岸沿いにある自然公園で、「ジャンボプール」と「芝生広場」がメインの、大きな公園です。
また、バリアフリーとユニバーサル・デザインを積極的に取り入れ、ここへ試験的に設置したバリアフリー関係の設備を、神奈川県の庁舎などに採用するための「実験場」でもあるようです。

この公園の西側に「交通公園」があります。子供達に自転車の運転を通じて交通安全を学んでもらおう・・・という施設ですが、ここにクハ2658号車があります。
「わっくわっく号」と書かれたヘッドマークが付けられており、これが、この車両の愛称名です。

ここには1982年頃から、デハ2218号車が初代「わっくわっく号」として保存されていましたが、塩害がひどく、惜しくも解体されてしまいました。
そこで、1994(平成6)年10月14日(鉄道の日)から「2代目」に代わりました。

なお、通称「フタロク」と呼ばれた2600形は小田急最初の20m車で、1964~68(昭和39~43)年に製造されましたが、2004(平成16)年まで営業運転に使われていたので、
「クハ2658が保存された」と聞いた時、「あれ? まだ2600って走ってるよね?」と、いささか妙な感じがしたものです。どうも、編成組み替えで余剰になり、廃車された車両だったようですね。
営業運転最終日は2004年6月5日(唐木田~開成間の「さようなら列車」)でした。
小田急自社の保存車として、クハ2670号車があり(通常は喜多見検車区に保管)、海老名検車区の一般公開イベントで展示されたことがあります。

また、厚木市下津古久(最寄り駅は小田急線愛甲石田駅)の神奈川県消防学校に、クハ2657号車がある・・・という情報もあります。
恐らく、列車事故の救助訓練に用いる教材なんだと思いますが、一般公開されていませんし、
その消防学校の公式サイト(注)を見ましたが、何の記載もないため、詳細は不明です。

(注)2011年9月現在、公式サイト存在せず。

クハ2658に話を戻すと、方向幕は当初撤去されていたようですが、2008(平成20)年に取り付けられ、現在、前面には「準急」「新宿 SHINJYUKU」、側面には「急行」などと標示されています。
(もっとも、現役車両ではないので、現行の「ODAKYU」ロゴ、通称「メビウスマーク」までは付けられませんでしたが。。。。)

駅に見立てたホームがあり、車内に入ることが出来ます。


座席はパープルのバケットシートですが、これは2008年に交換された物らしく、保存された当初はオリジナルの座席(布地は紺色)だったことが、2005年頃撮影した写真を公開しているサイトを見るとわかります。
現在、車内に掲示物はほとんどありませんが、以前は児童が描いた絵を広告枠に飾っていたこともあったようです。
残念ながら、運転席への立入りは出来ません。


ついでながら、交通公園に隣接して「交通展示館」があります。
鉄道模型の大レイアウトが目玉の施設ですが、三菱プレシジョン(株)製の列車運転シミュレーターがありました。


不勉強で、このシミュレーターが、どこの鉄道の何形電車をモデルにしているのかわかりませんが、マスコンハンドルが左手・前後操作であること、
ブレーキハンドルが右側にあり、ワンハンドルではないことなどを考えると、JRの211系っぽい感じもしますね。
三菱のシミュレーターは、JRはじめ、各鉄道会社の研修所でも使われていますが、これは「博物館仕様」らしく、「異常時訓練モード」などは装備されていないかもしれません。

画像は東海道本線で、私が訪れた時は相模貨物駅(平塚~大磯間にある)付近で停止していました。
平日のお昼頃に訪れる人など「変なおねえさん」だけで(笑)、誰もいないから、そのまま大磯、二宮まで運転しちゃいましたが、
本当は「一人1駅で交替しましょう」と書いてありますから、よい子のみんなは順番を守って、楽しく遊ぼうね~♪
この画像、いつ収録したのか、途中ですれ違った列車は113系、しかも4号車が懐かしのサロ110形300番代車(俗称「ひょうきんグリーン車」)でした。。。。
(-_-)
この展示館は「ちょっと覗く」という程度ですが、まあ、立ち寄ってみてください。

11月5日付に「ららぽーと新三郷」の「夢空間」客車について書いて以来、保存車両のことを取り上げる機会が多いんですが、また何か見たら書きますね♪
(*^_^*)
==============================
●「神奈川県立辻堂海浜公園」へのアクセス
・公園への入園は無料。
・路線バス
1.JR辻堂駅南口から高砂経由辻堂西海岸行きバス
      「辻堂海浜公園入口」下車
2.JR辻堂駅南口から鵠沼車庫行きバス
      「辻堂海浜公園前」下車  
どちらも、神奈川中央交通と江ノ電バス藤沢の共同運行で、おおむね30分ごとに運行。
交通公園・交通展示館がお目当てなら「1」が便利です。「2」ですと、公園内を10分以上歩くことになりますよ。
・駐車場
収容台数:東駐車場(481台)、西駐車場(301台)
利用時間:5時~21時
料金:普通自動車・・・最初の1時間は400円。以降、30分ごとに200円。自転車・バイクは無料。

●交通展示館
・開館時間:9時~17時(入館は16時まで)
・休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、年末年始
・入館料:20歳以上(学生をのぞく)300円、20歳未満および学生200円、65歳以上と高校生以下は無料(20人以上の団体・学生除く20歳以上は250円、20歳未満および学生150円)
※ 障害者ご本人と介添えの方は1名まで無料
・問合せ:交通公園管理事務所 TEL0466-34-3743
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。