10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いすみ鉄道のキハ28を見てきたよ!

いすみ鉄道キハ28 2346(2012年12月8日・大多喜駅)1

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
全国の旧・国鉄車両ファンお待ちかねの、いすみ鉄道キハ28 2346が(2012年)12月8・9日、大多喜駅構内で一般公開されました!
ヽ(^▽^)ノ
金沢からの搬入後、いすみ鉄道サポーターズクラブ会員向け展示会などは実施されたようですが、今回は広く一般に公開され、車内にも立ち入りできました。
私も12月8日の早朝に久留里線を見た後、行って来ました。
ε=ε=┏( ・_・)┛

その前に・・・
11月19日付記事で、京葉臨海鉄道のイベントで展示された「銀タキ」ことタキ143645を取り上げました。
その中で「タキ43000形貨車は青色が多く、黒のもある。銀色は143645ただ1両のみ」と書きましたが、
標準である青と黒の写真を載せていませんでした(手元に良いのが見当たらなかったんです)。
ところが、木更津から蘇我を経由して大原へ向かう途中、うまいこと蘇我駅でタキ43266(青)とタキ43158(黒)を撮れたので、11月19日付記事に追加してあります。
興味ある方は、どうぞご覧になってください。

また、この記事は「京葉臨海鉄道」に関する情報があまり出回っていないのか、大変な反響で、「拍手」もたくさんいただきました。
厚く御礼申し上げます。
m(-_-)m

外房線は、鎌取と誉田の間にある踏切の緊急停止ボタンが押されたとかで遅れていましたが、なにしろ朝が早かったため209系のロングシートで、うとうとしながら大原へ。
(現場の踏切は中学校の脇だった。悪ガキのいたずらだな。。。。)
本当は、五井から小湊鉄道経由で上総中野へ行き、いすみ鉄道に入りたかったんですが、小湊鉄道の接続が悪く、いすみ鉄道のキハ52形急行を撮るチャンスが減ってしまうので、今回はJR線を経由しました。

JRの「休日おでかけパス」は、旧「ホリデーパス」より300円値上げされたのと引き換えに、内房線は、木更津~君津間の1駅だけですがフリー区間が拡がり、
久留里線全区間がフリー区間に追加されて大助かりですが、外房線は残念ながら従来どおりで、フリー区間も茂原まで。
茂原→大原間の乗り越し運賃400円を払って外に出れば、駅前にある「ガンバレ!いすみ鉄道」の自販機は、前からあった「キハ52形イメージ」のほかに「いすみ200形イメージ」のも設置されていました。
いすみ鉄道・自販機(2012年12月8日・大原駅)

横にいるムーミンちゃんも「買ってね」と言ってることだし、缶コーヒーを1本購入。

いすみ鉄道の「一日フリー乗車券」は券売機でも買えますが、売店では絵柄付きの硬券を売っています。
絵柄は何種類かあり、夏にAKB48の「わさみん」嬢が来てイベントが開催された際の券なども残っていますが、
10月に発売された「キハ28形 国鉄急行形車両導入記念」は、「もうあまり在庫がない」というので、これを買いました。
いすみ鉄道「キハ28形 国鉄急行形車両導入記念」乗車券・表面

これは、表面の絵(栗原大輔氏・作)が、流行のCGなどではなく、昔ながらの水彩画調なのがイイね!
(・∀・) 
私も、このくらい上手に描きたいと思っているんですが。。。。
(*゚ー゚)ゞ
また、表題の「キハ28形 国鉄急行形車両導入記念」の文字は、国鉄標準書体(例えば「55-10 大井工」のような、検査標記などに使われていた書体)を意識している感じです。

裏面の「能楽とオペラの協演in夷隅」は、既に終了した催事ですが、JR西日本金沢支社カラーのキハ58系の写真が入っているのがいいですね。
いすみ鉄道「キハ28形 国鉄急行形車両導入記念」乗車券・裏面

とりあえず、10時39分発の上総中野行15Dに乗り、次の西大原で下車しました。
ここと、次の上総東(かずさあづま)の間に広がる田園風景の中で、キハ52を撮ろうってことです。

上総東発10時48分の90D「急行2号」がやって来ました。
いすみ鉄道キハ52 125(2012年12月8日・西大原~上総東間)1

いすみ鉄道キハ52 125(2012年12月8日・西大原~上総東間)2

この写真に、くどい説明は不要ですよね。。。。
(*'-'*)
ヘッドマークの装着には賛否があると思いますが、必ずしも付けるわけではなく、「社長ブログ」で「何月何日はヘッドマーク無しで運転」のように予告していますから、
ノー・ヘッドマークがお好きな方は、いすみ鉄道「社長ブログ」をチェックしてください。

場所を変えて、折返し大原発11時12分の91D「急行2号」を撮影。
「陽光燦々」で、絞りや露出の調整がちょっと難しいかもしれませんが、まあ、それが南房総という土地柄です。
雪がほとんど降りませんから、年間を通じて撮影を楽しめるのが有難いところ。
いすみ鉄道キハ52 125(2012年12月8日・西大原~上総東間)3

上総中野方のヘッドマークは「県営人車軌道開業100周年」でしたが、大原方は定例の「急行 夷隅」でした。
いすみ鉄道キハ52 125(2012年12月8日・西大原~上総東間)4

この鉄道は、人家が密集している大原~西大原間を除き、どこでも好きな場所で撮れます。
どうも、最近は上総中川~城見ヶ丘間の田園地帯が人気らしいけど、これは某有名写真家が作例を発表したためで(大井川鐵道の抜里が急に人気ポイントになった理由と同じ。同一人物が紹介した)、
何もその場所にこだわらなくても、いくらでもベストポイントがあります。
列車の本数が比較的多いので、一日フリー乗車券を買い「駅から歩いて撮影」が容易なのも嬉しいことです。

(注)冬場は大丈夫ですが、夏場は全線にわたって「マムシ」が、
大多喜~上総中野間は「ヒル」が出没することがある・・・とのこと。
(社長ブログより。)
どうか、くれぐれもご注意ください。

「寒い」というほどではないんですが、北風が強く、田んぼの中にいつまでも立っているのはつらかったので、西大原発11時32分の14Dに、大原まで「暇つぶし乗車」しちゃいました。
この列車は、いすみ300形でしたが、私はこの車両に乗ったことがなく、いい機会でした。
いすみ鉄道いすみ300形(2012年12月8日・西大原駅)

これには4人掛けのボックス席があり、クリスマスの飾り付けがされていました。トイレもあります。
(大変立派なバリアフリートイレです。)
いすみ鉄道いすみ300形車内(2012年12月8日)

いすみ300形は新潟トランシス製の標準型気動車で、真岡鐵道モオカ14形なども同じタイプですが、モオカ14形にトイレは無く、単なるデッドスペースになっていましたね。
トイレ部分に窓はありませんが、このスペースも無駄にはされておらず、側面にはこんな絵が。。。。
いすみ鉄道いすみ300形・側面イラスト(2012年12月8日)

来年、いすみ350形という新型車両が登場するそうで、これはロングシート・トイレ無しですが、車体のデザインはキハ52形をイメージしたものになるようです。

折返し列車(17D)で12時13分、大多喜に到着。
キハ28 2346ちゃんは・・・側線にいました!
ヽ(゜∀゜ )ノ
いすみ鉄道キハ28 2346(2012年12月8日・大多喜駅)2

ヘッドマークは、「そと房」です。
いすみ鉄道キハ28 2346・「そと房」ヘッドマーク(2012年12月8日・大多喜駅)

今のところ、キハ28用のヘッドマークは、これだけのようです。
この貫通路に取り付けるタイプは、153系・165系の急行電車にも継承されましたが、キハ58系のヘッドマークとしては、全国的には珍しいタイプです。
一般的には、前面助手席側に円盤状のを付けていた事例が多かったですね。
この車両は金沢支社から来たことだし、七尾線・能登線の急行「能登路」とか「ゆのはな」のヘッドマークなんて、もう一度見たいなぁ。。。。
こういう絵柄だったのよ♪(*'-'*)つ↓
http://charitabi.com/hm/n/notoji.html

・・・と言うのはいいんですが、ヘッドマークを作るのには1枚何万円もかかるはずです。
新しいのを見たければ、いすみ鉄道の増収・増益に協力するのが筋で、撮影後、売店でお土産をいくつか買い込みました。
皆様もご来訪の折には、どうかご協力をお願いいたします。

方向幕は「臨時」になっていましたが、金沢支社時代に高山本線・氷見線・城端線の駅名表示に交換された際、肝心な「急行」は撤去されてしまい、今は「急行」というコマが無いそうです。
これは、遠からず装備されるんじゃないかと期待しています。
なお、所属区所名標記はキハ52 125同様「千カウ」(千葉鉄道管理局勝浦機関区)になっています。

エンジンは回しっぱなしで、運転席も見られるようになっていました。
いすみ鉄道キハ28 2346運転席(2012年12月8日・大多喜駅)

車内は、金沢支社時代にデッキ側がロングシートに改造されてしまっています。
これも、オリジナルの全席ボックスシート(定員84人)に復元したいんでしょうが、今は定員が「103人」だったかのままです。
ところが、この定員変更を国交省に認めてもらう手続きが意外に面倒らしく、当面はこのままで我慢するしかないようです。
いすみ鉄道キハ28 2346車内(2012年12月8日・大多喜駅)

洗面所は撤去されていますが、トイレは残されていました。ただ、タンク式に改造されておらず、おそらく営業運転でも「閉鎖」のままになるだろうと思われます
【追記】(2013-04-07)
トイレは、実際にはタンク式で、使用可能です。なお、洗面所はカーテンで区切られ「業務用」コーナーとして使われており、お客様の立入りはできません。
(営業運転開始後、2013年4月6日に乗車して確認済み。)

車内には、JR西日本金沢支社の中吊り広告や、氷見線・城端線の路線図がそのまま残っていましたが、これが今後、どのようになるかはわかりません。
キハ52 125車内の広告は、鳥塚社長個人のコレクションだという「1970年代のポスター」がぶら下がっていますけどね。

一応、車内は「休憩所」として開放されていましたが、今は整備途上ですから、シートに飲み物でもこぼしたらえらいことで、私は外のベンチでお弁当を食べました。
いずれにしろ、現時点では良いアングルでの撮影も困難でしたし、来年初頭に予定されている営業運転開始が待ち遠しいですね。
(*'-'*)
そのお弁当は、駅前で売られていました。一口炊き込みご飯が200円、さつま汁が100円という安さで驚きましたが、製造元は千葉市若葉区千城台のお米屋さん。
どうも、売っていたおじさんがそのお米屋さんのご主人らしく、「いすみ鉄道サポーターズクラブ」の会員のようでした。

駅前では「特別補充券」も発売していました。本来は、急行列車内で発売するのでしょうが、今日は特別です。
いすみ鉄道・特別補充券

これは、国鉄木原線時代に使われていた様式を模したそうで、字模様も「こくてつJNR」ですが、
国鉄時代との違いは、外房線、総武本線(千葉から東京山手線内まで)の駅名記載がなくなり、その代わり下の方が「急行券」になっています。
「事由」欄にも、国鉄の様式には考えられない「ホタル列車」とか「自転車手回り品」、「ホタルウォッチング許可証」などという項目があります。
しかし、「ホタル列車」「ホタルウォッチング許可証」とは、何であるのか?
(・.・)?
まあ、考えてもしょうがないので、夏場になったらそれに参加してみるのが早道かもしれません。
蛍見物は夜に決まってますから、「沿線で一泊して、お金を使ってください」ってことでしょうね。

駅前には、日産UDのボンネットバスが。これは有志の提供で、「人車軌道まつり」会場への無料バスとして使われていました。
さすがに、社名が「民生ディーゼル」だった時代のバスは、もう残ってないだろうなぁ。。。。
日産ディーゼル・ボンネットバス(2012年12月8日・いすみ鉄道大多喜駅前)

これも有志の提供だそうですが、マツダの三輪トラックもいました。
三輪トラックといえば、ダイハツの「ミゼット」が有名でしたが、実際は国内メーカー各社が作っており、このマツダ車は、私が子供の頃近所に持っている人がいたので、懐かしく思いました。
(その頃でも、もはや三輪トラックは珍しくなってましたけどね。)
日通ふうのオレンジ色に塗られていますが、社名は実在しない「駅前通運」になっています。
マツダ・三輪トラック(2012年12月8日・いすみ鉄道大多喜駅前)

これですが、日本通運は「黙認」らしいですね。「駅前通運」のように「実在しない社名であれば可」という見解である・・・と聞いたことがありますよ。
というのは、「マル通」マークを使っているのに、日本通運ではない会社があることと関係しています。

戦時中に日本の運送会社を全て日本通運株式会社に一元化しようという計画があったんですが、それが実現しないうちに、終戦になってしまいました。
「マル通」マークを使っていながら、日本通運と資本関係にない関係ない会社が現在も多く存在するのは、そのためです。
当地にある「南総通運株式会社」も、1942(昭和17)年に千葉県下11社の統合で生れた会社ですが、日本通運との資本関係にはありません。
今は「マル通」マークを捨てて独自のロゴになりましたが、以前は「マル通」マークを使っていました。

日通一元化については、清水義則さんの小説『みんな家族』(文春文庫)に、愛知県にあった鳴海運送という会社が日本通運に半ば強制的に合併させられ、同社の大高支店になった経緯が書かれています。
たぶん、「日通一元化」を題材にした文学作品はこれが唯一だと思われ、興味のある方はご一読いただきたいと思いますが、
いずれにしろ一元化が完成せず、日通系列ではないのに「マル通」を使っている会社も実在するため、「マル通」マークも商標登録されていないのでしょう。

商標登録されていない以上、「ニッポンツウウン」と発音が似ている「みっぴょん通運」などと書いても、お咎めは無い、ということのようです(笑)。
ただし「NIPPON EXPRESS」の標記やロゴ、あるいは、今は「ゆうパック」に統合された「ペリカン便」の名称やロゴは戦後のものですから、無断使用はできません。念のため。

「人車軌道まつり」には、「キネ」さんが家族連れで訪れたそうで(どこかですれ違ってたかもしれませんね)、
右側のリンク欄にある『房総から昭和を求めて』をお読みいただくと、それがどんな催事であったかわかりますが、
会場の「県民の森」は結構遠そうだし、無料バスの発車までは時間があったので、私は「他のこと」をやろうと思います。

さて・・・「他のこと」とは?

キハ52ちゃんは、「房総の小江戸」の大門をバックに待機中です。
まもなく、13時45分発の92D「急行3号」として大原に向かいます。
いすみ鉄道キハ52 125(2012年12月8日・大多喜駅)

昨年10月に乗ったときは本当に楽しく、また乗ってみたい気もするし、城見ヶ丘の陸橋(国道297号線)あたりで撮りたい気もするんですが、
どうせキハ28の営業運転が始まれば、早ければ数ヶ月以内に再訪しますから、今回は「もっとすごいこと」をやってみようと思います。
で、「もっとすごいこと」とは。。。。
(゚.゚*) なになに?
「近いうちに、スゲエことをやってやるからな! 新聞やテレビのニュースに気をつけてろ!」とは、まるで「弱虫くんの捨て台詞」みたいですが(笑)、
この原稿を書いている今、あたしゃ、それを「やっちまった」からなぁ。。。。
( ・_・)
まあ、次回に書く予定ですから、お楽しみに。。。。
(ヒント:いすみ鉄道は昔の国鉄「木原線」ですが、この路線名に関係あります。)
(*'​-')​ノ

いすみ鉄道株式会社公式サイト
http://www.isumirail.co.jp/
============================
【追記】(2012-12-28)
●いすみ鉄道「急行列車」の時刻が変わります
2013年1月2日から、いすみ鉄道のキハ52形「急行列車」の時刻が、下記に変更されます。
ご乗車、撮影なさる方はご注意ください。
(2012年12月28日付「社長ブログ」で発表。)

※おことわり
この時刻は2013年3月16日のダイヤ改正で変更されており、現在は無効ですが、「資料」として残します。

・90D「急行1号」
大多喜発10:36→国吉着10:47/発10:57→大原着11:13

・91D「急行2号」
大原発12:02→国吉着12:18/発12:28→大多喜着12:40

・92D「急行3号」
大多喜発13:47→国吉着13:58/発14:08→大原着14:24

・93D「急行4号」
大原発14:53→国吉着15:09/発15:21→大多喜着15:33

※急行列車、1月の運転日は
1月2・3・5・6・12→14・19・20・26・27日です。

※1月2・3日はキハ52形臨時列車61D・60Dが運転されます(普通列車)。
・61D
大多喜発9:28→上総中野着9:48

・60D
上総中野発9:54→大多喜着10:14

※キハ28形の運行は、まだ先のことみたいです。公式サイトをチェックしましょう。

============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

いすみ鉄道へはキハ28を見に行ったんですね!
(@.@)
私には急行型気動車って感じです
車内も綺麗に整備されているのですね
今回は絵柄付硬券に特別補充券も感動ですが
鉄道以外のボンネットバスに3輪自動車がビックリです
ムーミンちゃんと自販機のコラボもあり皆で応援感がありますね
営業開始が待ち遠しいですね
(^.^)/

お会いしていたかも

こんにちは。mippyonさんも大多喜までいらしてたんですね。
木更津から移動という事ですが、内房から外房への移動ってけっこう面倒なんですよ。久留里線の記事で書かれたとうり、久留里から鴨川へのバスぐらいしかショートカットできる手段がないですよね。
昭和40年代前半までは久留里から小湊鉄道の月崎までバスがあったそうです。今でもあれば久留里線、小湊鉄道、いすみ鉄道とローカル線乗り継ぎの旅も楽しめたんですがね。
大多喜に到着したら急行3号がまだ発車準備中だったので、駅構内かどこかですれ違っていたかもしれませんね。
幼稚な文章で恥ずかしいかぎりなんですが、ブログを紹介していただきありがとうございます。
いすみ鉄道へは茂原からバスもありますので、使ってみてはいかがでしょうか?。おっしゃっていたとうり、いすみ鉄道でお土産を買えばいすみ鉄道へは貢献できますしね。今度、バスは時刻の紹介を含めて記事にしたいと思います。

さぁて、次回は山越え!?

お疲れ様です
毎回深~い時間の更新のご様子。くれぐれも無理はなさらないでくださいね。


さて
>どうも、最近は上総中川~城見ヶ丘間の田園地帯が人気らしいけど、これは某有名写真家が作例を発表したためで(大井川鐵道の抜里が急に人気ポイントになった理由と同じ。同一人物が紹介した)、
何もその場所にこだわらなくても、いくらでもベストポイントがあります。

そうなんですよね。先般の小諸のうどん屋さん同様、昨今は誰かが作品をブログ等でアップすると、みんながみんな集中するという不思議な状況がありますよ。
※そこしか撮る場所がないというなら話は別ですけど

そもそもしなの鉄道なんて、車があるならもっと開けた場所や他のベストスポットなんてなんていくらでも行けるだろうにと思うんですが。なんで集って撮影したがるのか…う~ん、疑問。


>今のところ、キハ28用のヘッドマークは、これだけのようです。

みたいです。しかも鉄道側でなく、一般の方が作ったという話が社長ブログにありましたよねぇ。
キハ28が入ってから沿線を訪れていないんですが、その気になれば「明け」でも行けますからね。行くのは年明け、訓練運転が始まる頃かなぁ?


>駅前では「特別補充券」も発売していました。本来は、急行列車内で発売するのでしょうが、今日は特別です。

この特補、未見ですので今回お初の券ですね。実際番号の綴りが0001から始まってますし、貴重な1枚ですよ!「ホタル」は本来事前予約が必要な列車ですし(受付後にクーポンとかバウチャーなのかな?)、果たして特補の出番があるのか…。
これまでも駅での硬券(指定も含め)や車急は出していました。ただ特補の下部に急行券が合体した様式は全国的にも珍しいはずです。後で買うチャンスをうかがいますか。


>さて・・・「他のこと」とは?
>今回は「もっとすごいこと」をやってみようと思います。

う~ん、あんなことやこんなことしたのかなぁv-361と煽り立てる悪い奴i-235
期待しておりまするi-199

ではe-463

mippyon様

拝見しましたが・・・一瞬「有田鉄道」かと思いました!

先日mippyon様より千葉地区のフリー切符情報いただきありがとうございます。年明け早々でも「再訪」してみようかなと思います。

千葉には義理の妹夫婦が「ちはら台」に在住ですが、年明け早々に出産らしいので、それに便乗してキハ28見に行こうかなと。

でもちはら台からいすみ鉄道方面って便利がよろしくないですね。京成が海土有木まで完成していれば少しは違うんでしょうけど・・・

もっとすごいこと?

みっぴょんさん、こんばんは。

 いすみ鉄道に行かれたのですね。国鉄一般型のキハ52、急行型のキハ58、ワタシのトシ(昭和40年代前半生まれ)からすると、取り立てて珍しい車両ではありませんでしたが、今のご時世だと逆に人気者になるんですねぇ、わからないものです。

 ところで、いすみ350形は今日掲載の”社長ブログ”に写真付きで載ってますが、社長がコメントされているとおり、「モロ国鉄顔」それもキハ52じゃないですか。新型車なのに新型車に見えない、とてもマニアックですね。鉄道ファンには受けても一般受けするのかしら?と余計な心配をしたりして。

 次回のお楽しみの「すごいこと」を「木原線」というヒントから想像してみました。木原線は、更津~大を結ぶ線だったことから、鉄道でつながるはずだった上総中野~上総亀山の山越えを敢行!とか考えました。しかしこの区間(約10km)にはバスもないようなので、簡単には山越えもできなそうですよね。・・・まさか歩いて越えたとか??? 次回のレポートを楽しみにしています。

コメントありがとうございます♪

まとめて失礼します。
(*'-'*)

#aki様
>いすみ鉄道へはキハ28を見に行ったんですね!

8月に発表されて以来、ワクワクしてましたからね!

>車内も綺麗に整備されているのですね

これは、乗車する我々も大事に扱ってあげないとですね。

>鉄道以外のボンネットバスに3輪自動車がビックリです

これが常時走っているか、展示されていると楽しいんですが。。。。

>営業開始が待ち遠しいですね

国交省の監査に合格して、習熟運転が終わってからですから、年明けですね。来年、菜の花が咲く頃には走っているといいですね!
これは静態保存ですが、キハ30形が来る話もあるし。。。。
(*'​-')​ノ

#キネ様
すれ違っていた可能性が高いですね(笑)。

>昭和40年代前半までは久留里から小湊鉄道の月崎までバスがあったそうです。

久留里~月崎間は約7km、山道なのでゆっくり歩いたとしても2時間ちょっとですね。
上総亀山~上総中野間は約15km、歩けば約4時間ぐらいですので、久留里線と小湊鉄道の間を歩く場合、現実的なのは「月崎ルート」なのかもしれません。

>いすみ鉄道へは茂原からバスもありますので、使ってみてはいかがでしょうか?

昔の都自動車、今のHMC東京バスですね。
大多喜駅前に発着するのはHMC東京の便だけで、これは極端に少ない。
小湊バス(大多喜車庫発着)だと、「久保」停留所が大多喜駅に最も近いですね。
「久保」停留所の場所、私はわかります。駅前の坂道を下って、セブンイレブンのところを右に曲がって、ちょっと行ったあたりですね。
(この近くのおそば屋さんがおいしい。1年前にそんなのは無かったけど、今は「キハ御膳」なるメニューがあるそうなので、また行ってみたいです。)
キハ28の営業運転が始まったらまた行くことだし、今度は茂原のバスも試してみます。
(*'​-')​ノ

#たか様

私、いわゆる「鉄道カメラマン」の方の作品、ほとんど見る機会がないのね。。。。

今は、鉄道雑誌といえば『ダイヤ情報』と『ピクトリアル』しか買わないのと、どちらかといえば「報道写真」っぽい物が好きで。
「不肖」こと宮嶋茂樹さんのスクープ写真などは、ずいぶん参考にさせてもらいました。「酔って料亭から出てくる金丸信氏」とか、「麻原彰光、逮捕の瞬間」とかね。
(最近見たのは「事故発生から6時間後の笹子トンネル」という写真。)

鉄道専門の方で好きなのは、沖勝則さん(故人)です。この方は鉄道ジャーナル社の社員だったので、「報道」っぽいのが多かったですね。
荒川好夫さんも好きだけど、この方も国鉄の広報誌の仕事が多く、「報道」的な撮り方です。

そういう次第で、「一箇所に集中したがる」方々とは志向(嗜好)自体が全然違うため、その心理は、わかりません。なんとも返答しようがありません。

「ホタル列車」は、過去の「社長ブログ」によれば、大人3800円のツアー(交通費・弁当代含む)だったんですが、大変な人気で、
告知を出してすぐ完売。キャンセルも出なかった・・・とのことですから、この補充券で発行する機会は無かったと思われます。

「ホタルウオッチング許可証」とは、列車やバスに乗らず、現地でホタル見物に「飛び入り参加」する場合の手数料で、一応500円と設定したようですが、
その「ウオッチング会場」(いすみ鉄道が契約した農家の水田)の所在地が公表されていないので、実際に発券された実績は無いでしょうね。
(*'​-')​ノ

#ダイヤモンド★トナカイ様

有田鉄道は、走っていた頃に3回ぐらい行きました。
JRに1駅だけ乗り入れて、湯浅まで行っていた直通列車も乗りました。

廃止後、2011年1月に「有田川鉄道公園」へ行ったんですが、紀州には珍しい雪で、キハ58003は見ただけで乗れなかった顛末は、以前、記事に書きました。
東日本大震災後は、名古屋以西へ行く機会もないので、再訪はしておりません。

ちはら台は、外房線の鎌取駅へ出る路線バス(小湊バス・千葉中央バス)がありますよ(一回だけ乗ったことがあります)。
鎌取へ出て、JRで大原へ向かうのが合理的かもしれません。
このサイトをどうぞ。
なお、年末年始は「日曜ダイヤ」になります。
http://www.eris.ais.ne.jp/~kunyu/bus/keisei/chiharadai0.htm

ちなみに海士有木駅は、内房線の八幡宿駅との間のバスしかなく、京成千原線に接続するバス路線はありません。
(*'​-')​ノ

#いまは東京都民。様

見ましたよ「社長ブログ」!
ヽ(゜∀゜ )ノ
いすみ350形、まさに「国鉄一般形気動車」の顔じゃないですか!

東京メトロ銀座線1000系が「新型なのに復古調」で出たあたりから、
「こういうのは、これから流行るかも・・・」と思っていましたが、
このいすみ350形はメトロの比じゃないです。もう「徹底」してますね(笑)。

トイレは無いんですが、「食事のため、手を洗う水道設備は設けた」ってことは、これも大人気らしい「伊勢海老特急」などにも使うつもりみたいですね。

>しかしこの区間にはバスもないようなので、簡単には山越えもできなそうですよね。

距離は約14~15kmですね。

実際には、上総中野駅から「粟又の滝」行きバスに乗り、「老川十字路」までの約4kmはバスが使えます。
本当は、老川から先、上総亀山までの途中にある「筒森」まで行くバスもあるんですが、夕方1本だけで、お話になりません。
(筒森が、大多喜町の外れに当たる集落。峠を越えると君津市。)

上総亀山からの場合は、国道465号線の黄和田車庫・七里川温泉まで、君津市のコミュニティバスがあったんですが(さらに昔は日東交通の路線バスだった)、
これは昨年秋から運行休止になっており、その代替として、例のデマンドタクシー「きみぴょん号」が登場した次第です。

・・・というのが「実地検証」の結果でした。
(*'​-')​ノ

のどかで、ええなあ。

 毎日さみいけど、いすみ鉄道へ行きてえよ。
田んぼ中の線路って、大好きさ。
背景に高層ビル群が立ち並ぶ光景も、別の意味でええけど、
ワシとしては、年のせいかどうも日本の原風景みてえな場所に
惹かれちゃうんだよなあ。

 静岡県内の非電化区間で、こういう雰囲気を味わえる線区は
天竜浜名湖鉄道くらいかな?
 電化区間の伊豆急や、いずっぱこでも部分的にはそこそこ
味わえるところはあるけど、東海道本線の金谷~菊川が、
やっぱワシには最高かも?

 キハ28の室内すげえ綺麗じゃん!
広告やヘッドマークも、ええ感じだし、キハ52もいすみ300
のイラストもええし、写真もグッド!
 まあヘッドマークは、会社の好きにすりゃええんさ。
ワシはあってもなくても、どっちも好きだし嬉しいんでね。
 そうそう、去年の今ごろも「人車軌道まつり」みてえなものが、
あったと思うけど、友人のT君が三菱コルトを展示しに現地に
出かけていたぞ。

 T君の友人H君に「一緒に行きましょう?」って誘われたけど、
丁度「岳南鉄道祭り」と重なっちゃってさ、岳南貨物の廃止が
わかっていたこともあって、いすみ鉄道行きを断念せざるを
えなかった。
 残念なことをした、あらためて「い鉄」にゃ挑戦!

 まむしも、ヒルもいるっていうから気を付けなきゃな。
これもまあ、原風景には付き物の生き物っていうべきで、
ワシが昔、大井川筋で仕事をしている時分に、まむしには
しょっちゅう遭遇したけど咬まれずに済んだ。
 だけど、山ヒルには一度だけ長靴の中に忍び込まれて
ふくらはぎに吸い付いていたことがあった。

 ヒルは、吸い付くと皮膚にピッタリ付いちゃうから、
手でちょっとこすったくらいじゃ落ちてはくれねえ、
ライターの火を当てるとポロって落ちるんさ。
結構、血を吸われたなあ、奴等は普段は道に覆いかぶさる
ような木の上に棲んでいて、下を人や獣が通ると落ちてきて
動物にたかるから、同僚には首筋に入られたヤツもいる。
今は、山間部も開発が進んだから激減しただろうな。

 皆さんから寄せられたコメントも読ませてもらったよ。
いろんなジャンルに渡って、みんな詳しいよなあ。
そうそう、ワシは情報持ってねえからスクープ写真は無理だな。
荒川さんって、元日銀の職員だった人かな?
 ワシは、今まで同様「人との調和」「自然との融合」を
コンセプトにして(偉そうに^^)列車と対話していくよ。
 それともワシも、冥土への土産に「でかいこと」やって
旅立とうかねぇ、わっはっは。
ほんじゃあ、またな~ッ!

ふく爺様

こんばんは。
(*'-'*)

暖かいはずの千葉県も、この日は東京湾を越えてくる北風が冷たかったですよぉ。。。。
┐(>_<)┌

>静岡県内の非電化区間で、こういう雰囲気を味わえる線区は
>天竜浜名湖鉄道くらいかな?

そうかもしれませんねぇ。

>キハ28の室内すげえ綺麗じゃん!

営業運転は年明けになりそうですね。
来年はキハ28の営業運転開始、いすみ350形の投入、それに静態保存ですがキハ30 62のいすみ鉄道入りが決まりましたから、
なにかと話題豊富な年になりそうです。

来年3月、圏央道の部分開通(木更津JCT~大多喜間)があり、
アクアラインから、大多喜までダイレクトに結ばれ、車での来訪が便利になります。
(東名からですと、横浜経由でアクアラインに入ればいいんじゃないでしょうか。アクアのETC割引は、まだやってたと思います。)

>そうそう、去年の今ごろも「人車軌道まつり」みてえなものが、
>あったと思うけど、友人のT君が三菱コルトを展示しに現地に
>出かけていたぞ。

「みんしあ」(「みんなが幸せになる祭り」)じゃないですかね。
これは好評で、定例化する模様です。
旧車のパレードがあったようですね。

>ワシが昔、大井川筋で仕事をしている時分に、まむしには
>しょっちゅう遭遇したけど咬まれずに済んだ。

「しょっちゅう遭遇した」んですか?!
((((((;゜Д゜))))))ガクガクブルブル

>ヒルは、吸い付くと皮膚にピッタリ付いちゃうから、
>手でちょっとこすったくらいじゃ落ちてはくれねえ、
>ライターの火を当てるとポロって落ちるんさ。

熱に弱いのかな? なるほど。。。。
φ(・ω・ )メモメモ

来年あたり、ぜひ房総にもどうぞ。。。。
(*'​-')​ノ

No title

急行型デイゼルカーは以前は札幌にもいっぱい走っていたようですけど、今は走っていませんね。小樽の交通科学館に行けば、いっぱい置いてあったような気がします。
レトロな列車に乗って旅するのはいいですね。房総は東京に近いので
いいですね。大多喜の人車軌道にも乗ってみたいです。

びゅんびゅん丸様

こんばんは。
(*'-'*)

キハ58系の急行用気動車、ちょっと前までなら北海道の稚内から、鹿児島の指宿、枕崎まで、全国どこでも見られたんですけどねぇ。
(このタイプの車両が定期的に走っていなかった県は、古くから国鉄線のほとんどが電化されていた神奈川県、静岡県ぐらいでした。
ああそうだ、中央線の相模湖駅と藤野駅は神奈川なんだけど、急行列車、「アルプス」とか「八ヶ岳」は停まらなかったからねぇ。)

私、幼稚園ぐらいの頃に急行「八ヶ岳」に乗ったことある(らしい)んだけど、冷房が無かったのか「窓が開いてた」ことしか憶えてないや。。。。

小樽の・・・今は「小樽市総合博物館」に変わったらしいけど、その名前になってから行ったことないのよ。行きたいんですけどね。
ただ、車両の手入れはあんまり良くないみたいですね。

>房総は東京に近いのでいいですね。

大多喜には来年、高速道路(圏央道)が開通してアクアラインと直結されるんだけど、現行の高速バスが圏央道経由になるわけではないようです。
それを、いすみ鉄道の社長が「社長ブログ」で非常に残念がってます。どうも、大多喜町当局が東京直通のバス運行にあまり熱心じゃないみたいなのね。。。。
┐('~`;)┌
(今でも大多喜を通るバスはあるんだけど、東京~館山間のバスが町外れのバス停に停まるだけなので、あまり便利じゃないんですよ。高速バスといすみ鉄道との乗り継ぎは、大多喜駅ではなく城見ヶ丘駅です。)

いすみ鉄道の社長は、さすが航空業界出身者らしく
「高速が開通したら、羽田空港から1時間10分で大多喜だよ! 日本全国から、いや、アジア諸国からもお客さんを呼べるんだよ!」
と力説してますが、どうも役場とか観光協会の頭が古臭いんだな。。。。

「羽田から1時間10分」ってことは、「札幌から3時間」ってことですよね。
ぜひ、機会があったらいらしてください♪
(なお「人車軌道」は常設の物ではないので、また何かイベントがあったら持ってきて、動くかもしれません。)

寒いけど、お大事にね~♪
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。