04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京葉臨海鉄道50周年イベントを見てきたよ!

京葉臨海鉄道・千葉貨物駅構内(2012年11月18日)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
(2012年)11月18日、京葉臨海鉄道創立50周年記念イベントが、同社の千葉貨物駅構内で開催されました。

このイベントは4月8日と8月19日にも実施され、今回が3回目ですが、
私は、4月のは終わってから知り、8月のは猛暑の中を、内房線の浜野駅から20分以上も歩くなど耐えられず、パスしました。。。。
(;゚∀゚)=3
千葉貨物駅にいちばん近い旅客駅は内房線の浜野駅ですが、この駅には113系電車の「さよなら運転」撮影の際に降りて以来、2回目です。
(その時の写真を再掲。2011年9月24日撮影。)
内房線9132M「113系さよなら運転」(2011年9月24日)

「いちばん近い旅客駅」といっても、結構遠かったですね。公称「徒歩20分」といっていましたが、実際には25~30分は見たほうがよさそうでした。
京葉臨海鉄道・千葉貨物駅入口(2012年11月18日)

【地図】( ・_・)つ↓
http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?ei=UTF-8&type=scroll&mode=map&lon=140.12398450&lat=35.55843311&p=%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E5%8D%83%E8%91%89%E5%B8%82%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA%E6%B5%9C%E9%87%8E%E7%94%BA1216&z=16&uid=7b392d533844d44117782b2cb7574cc1d16152d2&fa=ids
構内のイメージはトップの写真のとおりで、かなり広大ですが、今回公開されたのは、その一部です。

貨車の展示があると聞いており、シキ(大物車)を期待したんですが、今回は無し。
その代わり、タンク車2両とコンテナ車1両が展示されていました。
まずは、タキ1000形のトップナンバー・タキ1000-1です。
タキ1000-1(京葉臨海鉄道・千葉貨物駅・2012年11月18日)

タキ1000形は1993(平成5)年から製造されている高速(95km/h)対応の45トン積みガソリン専用タンク車です。
この色が、トヨタの「イプサム」(初代)に似ているため、「イプサム(カラー)」とか「イプー」(笑)などと呼ばれたりもします。
ちなみに、トヨタ「イプサム」の発売開始は1996(平成8)年からです。
さらに蛇足ですが、海外での商品名はトヨタ「ピクニック」、あるいは「アベンシス」というそうで、国外では「イプサム」と言っても通じません。

トヨタ「イプサム」は、2代目も2009(平成21)年12月で生産を終了しましたが、タキ1000形は2011年現在でも、まだ製造が続いていました。
化学薬品輸送などは、ほとんどタンク貨車からタンクコンテナへ移行してしまったので、いまどき、まだ製造が続いているタンク貨車は、相当に珍しいですよ。コンテナ化には向かない、ガソリンという積荷の輸送特性からでしょうね。
いわゆる「イプサムカラー」車は日本石油輸送(株)の所有車ですが、日本オイルターミナル(株)の所有車は、下の写真のように青です。
タキ1000‐648(2011年2月21日・高崎線岡部駅)

関東ではタキ1000形など、今のところちっとも珍しくありませんが、例えば東海道本線の静岡地区には現在、石油輸送タンク車の定期運行が全くありません。
5月に北海道から、愛知県の稲沢まで、タキ43000形(後述)と44000形の余剰車が回送された際、地元の鉄道ファンはえらい盛り上がったそうですが、
昔は清水とか焼津駅の構内などに、石油タンク車がいくらでもゴロゴロいましたから、「今、そういうことになってるの?」と思いましたね。

関東でも、ぼやぼやしているわけにいかず、「1カットでも多く撮っておこう」と思いますが、
一時期、廃止の話も出ていたJX日鉱日石エネルギー根岸製油所は、東日本大震災の教訓で「過度の製油所統廃合は、災害時の燃料供給に支障をきたす」として当面、稼動することになりましたので、しばらくはタキの姿も頻繁に見られると思います。
(*'-'*)

次に・・・この銀色のタンク貨車は何?
(゚.゚*) なになに?
タキ143645(京葉臨海鉄道・千葉貨物駅・2012年11月18日)

一般的に、銀色のタンク貨車といえば「化学薬品用」に決まっていたんですが、これはタキ43000形です。
ということは、これもガソリン専用車ですね。

タキ43000形は1967(昭和42)~1987(昭和62)年に製造された75km/h対応の43トン積みガソリン専用タンク車ですが、
一般的には上のタキ1000-648と同じ青に塗られ、タンク体の材質も鋼製です。
(一部に黒塗りのもあります。)
【画像追加】(2012-12-09)
下の2点が本来のタキ43000形です。
タキ43266(青塗り。ホコリかぶって汚いけど。)
タキ43266(青)(蘇我駅・2012年12月8日)

タキ43158(黒塗り。)
タキ43158(黒)(蘇我駅・2012年12月8日)
いずれも2012年12月8日、蘇我駅にて。

ところが、1987年に試作されたこのタキ143645だけは、なぜかステンレスのタンク体で、塗装もされず、キラキラ光っていました。

これは全国1両だけの珍車で、新製当初は名古屋南港駅(名古屋臨海鉄道)常備でしたが、現在の常備駅は京葉臨海鉄道の浜五井駅になっています。
しかし、私もこれは初めて見ました。ガソリン専用車で銀色なんて・・・驚きましたね。
(・.・)ほぅ
なぜ、この1両だけがステンレス製なのか、今となってはよくわからないようですが、
1987年といえば、国鉄・JRの電車も205系・211系に代表されるように、ステンレス車が増えた時期だし、「ひとつ、貨車でも・・・」ってことで1両だけ試作したんでしょうか。

ただし、さほどの軽量化やコストダウンはできなかったらしく、1989(平成元)~1993(平成5)年に増備されたタキ43000形(24300番代車)は、鋼製に戻りました。
(色は「イプサム」カラー。)

このコンテナ車はコキ106-82です。これ自体は、さほど珍しい貨車ではありません。
コキ106-82(京葉臨海鉄道・千葉貨物駅・2012年11月18日)

ですが、搭載されているコンテナは珍しい。京葉臨海鉄道の私有コンテナです。これも、私は初めて見ました。
京葉臨海鉄道の私有コンテナ(U30A-338)(千葉貨物駅・2012年11月18日)

次に、ディーゼル機関車を見てみましょう。
「なんか、旧・国鉄のDD13っぽいなあ」と思ったら、やはり元・国鉄DD13 346号機(1967年製造)。
現在はKD55 103号機です。
京葉臨海鉄道KD55 103(千葉貨物駅・2012年11月18日)

こちらはKD601号機(左)とKD604号機(右)。601号機が2001年、604号機が2008年製で、比較的新しい機関車です。
京葉臨海鉄道KD601(左)・KD604(右)(千葉貨物駅・2012年11月18日)

臨海鉄道にはそういう会社も多いんですが、ここ、京葉さんも車軸配置「B-B」のDD13形タイプがお好きらしく、
DE10形のような、車軸配置「AAA-B」の機関車は1両もありません。曲線半径の関係もあるのかもしれませんが。

なお、最近KD55 105号機が、震災復興のため仙台臨海鉄道へ譲渡されました(現:SD55 105号機)。
秋田臨海鉄道のDE65 2号機も、8年間の契約で仙台臨海鉄道に貸与されています。

KD55 103号機は構内をひっきりなしに往復していましたが、これは「機関車乗車体験」をやっていたからです。
私も応募してみましたが、くじ運が全くないので当然ハズレ。。。。
┐('~`;)┌
ただ、この券には「機関車体験乗車券」と書いてあります。
京葉臨海鉄道創立50周年記念イベント・抽選券(千葉貨物駅・2012年11月18日)

これが抽選券で、当たればそのまま「乗車券」になるというものでしたが、
旅客営業をやっていないので、京葉臨海鉄道には本来の「乗車券」は存在しませんから、いい記念になりました。

めったに来ることのない場所(通常は構内立入禁止)ですから、きょろきょろと見渡せば。。。。
(・ェ・。)(。・ェ・)キョロキョロ
京葉臨海鉄道・浜野川橋梁(千葉貨物駅構内・2012年11月18日)

構内に架かる浜野川橋梁は、古風なポニーワーレントラス橋でした。
これは1919(大正8)年、石川島造船所製で、信越本線の犀川橋梁から転用されたそうです。

おっと、この「国鉄」コンテナは?
(つω・)
「国鉄」表記のコンテナ(C20-5929)(京葉臨海鉄道・千葉貨物駅・2012年11月18日)

現在は保線用具の収納庫になっているようですが、旧・国鉄のC20形コンテナでした。

足の便が悪いためか(駐車場無し)、それとも、やはり貨物列車は「玄人好み」なのか、
来場者はそれほど多くなく、全般にのんびりした感じのイベントで、楽しいひとときでした。
(*'-'*)
本当はキハ30形の終焉が迫った久留里線へ行きたかったんですが、ちょっと時間が遅く、それは別の日を考えるとして、
また浜野駅へ戻るのも芸がなく、地図を持っていたので、蘇我駅まで歩いてみました。

やたら広いだけの国道357号線は、歩いても少しも楽しくありませんでしたし、時刻が合わず、臨海鉄道の貨物列車が本線を走るシーンも撮れませんでしたが、
内房線の踏切に行き当たったところで、ちょうど209系の普通列車千葉行が通過しました。
内房線普通列車209系・千マリC433編成(蘇我~浜野間・2012年11月18日)

新たに房総の顔となった209系、最初は「房総のJR線といえば113系」のイメージが強烈過ぎて違和感がありましたが、
最近はこちらも慣れてきたからか、「ちょっと腰を据えて撮ってみたいな」と思うようになりましたね。

もう少し歩いたところで、君津発のE217系快速が追いかけてきました。
内房線快速列車E217系・横クラY-18編成(蘇我~浜野間・2012年11月18日)

これを撮った地点のそばに、なぜか「ガンバレ!いすみ鉄道」のキハ52イメージ自販機が!
( ゚ロ゚)
「ガンバレ!いすみ鉄道」自販機(千葉市中央区若草1丁目・2012年11月18日)

いすみ市や大多喜町ではなく、千葉市内にこれが設置されている経緯はわかりませんが、「ガンバレ!いすみ鉄道」に異議はなく、温かいコーヒーを1本購入。

いつもは車窓から見ているJR貨物・千葉機関区には、EF65やEF210「桃太郎」が休憩中です。
JR貨物千葉機関区(2012年11月18日)

この機関区をじっくり眺めるのも初めてです。
コーヒーを手に、留置中のEF65 2050[新]を眺めましたが、
EF65 2050[新](JR貨物千葉機関区・2012年11月18日)

昔は車両基地の公開イベントなど、労組が了承しないので、よほどのことがなければ開催されず、子供たちは、金網越しに機関車や電車を眺めていたものです。
それでも結構楽しかったし、車両の差異や変化を、いつの間にか憶えてしまったものでした。
その頃は、まだ脳味噌が、焼きたてのパンみたいに白くてフワフワだったんだろうなぁ(笑)。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
浜野→千葉貨物駅→蘇我間で約5kmぐらい歩いた感じでしたが、たいして疲れもせず、蘇我駅から京葉線の快速で帰宅しました。
(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

京葉臨海鉄道のイベントに行かれたのですね!
意外とタンク車の展示ってないですよね
緑色が見慣れてますが銀色ギラギラもあるとは私も知りませんでした
(@。@)
DD13などディーゼル機関車は何となく可愛い顔つきですね
緑色のコンテナは懐かしいですね
戸口から戸口へってですよね
昨日は木枯らし吹いたらしいですが寒くなかったですか?
遠征お疲れ様でした
(^.^)

若いですね

地元千葉県なので場所を知ってるだけにけっこう歩いたんだなってわかりますよ。
実は国道にはバスはありませんが、国道と内房線の間の旧道には小湊バスが千葉駅~浜野まで走っています。といっても停留所からでも歩きますが…。
貨車はまったくわかりませんが、旅客を扱わない貨物専業の会社が行う珍しいイベントなので、行こう行こうと思っていましたが、結局行けませんでした。
KRも以前はDD13のような色でしたので、50周年で塗装を戻してくれればと思いましたが、旅客と違い塗り替えたところで増収につながるわけではないんですよね。
ともかくお疲れさまでした。

ええな、臨海鉄道。

 こういう光景は、見ていて国鉄時代の匂いがぷんぷんするな。
京葉臨海の記念イベントって、創立50周年だから今年は
何回もやったのかな?
今までも年一回くらいのペースでやってたなら、兄貴が市原に
住んでいたころ、行ってみりゃよかったよ。
 以前、市原に行ったときも、臨海鉄道が本線を走っている姿は、
車の中からはよく見かけたけど、腰を据えて撮らなかった。
 市原を訪れている間、ワシは小湊鉄道やいすみ鉄道に
行っちゃったんで臨海鉄道は二の次。

 その頃は、兄貴の伝手で臨海線が入っていく某石油会社の
製油工場の中には自由に入れる身分だったんで、いつでも
撮れるという気もあって何もしなかった。
結局、写真はゼロで、今さらながら惜しいことをしたと思う。

 久留里線にも行きてえなあ。
6~7年前だったか、上総亀山駅でキハ30だか35を待って
いたら、来たのは新型のキハでがっくり。
 その後久留里駅に廻ってみたけど、駅から発車して行く姿が
チラッと見えただけ。
キハ30だか35を、じっくり見たのは相模線が最後かなあ。
 だから、3年前に関東鉄道の水海道車庫?に行ったとき、
車庫の周囲に、いろんな塗色の似たような通勤型DCが
いたときは、やたら嬉しいっけな。
 当然、車庫には入れなかったんで、カメラバッグを踏み台
にして、金網越しにやみくもに撮って帰ってきた(^^)。
関東鉄道は、このとき初めて訪れたけど、DCのバリエーション
の多さに驚いた。
 なにより、非電化区間なのに複線ってすげえ珍しいな。
 
 DD13は、当地の各駅での構内入れ替えでも、よく見られたし
清水港線の本務機でもあったんで、個人的には大好きさ。
 昔は首都圏にも、一つ目のこげ茶色のDD13がけっこういたな。
関係ねえけど、茅ヶ崎だったか、遠目に見たDD12を撮れたときは
嬉しかったのを覚えている。

 え~と、タンク車。
ステンレス製の実物は、見たことはもちろん、写真で見るのも
聞くのも今回が初めて。
銀色ならタム6000?だっけか?、あったっけな。
 記事にあるとおり、当地ではタンク車を見かけること自体まれ。
なんで、貨物列車にタンク車が一両混じって連結されていた
だけでも、列車通過後に「ええっけなあ」やら「良かったっけな」
という会話が交わされる。
 先般のタキ20両以上の回送時は、平日で撮れなかった輩も多くて、
撮れなかったヤツは皆後日、うだうだ言ってた。

 「りんてつ」のコンテナ、見てみてえな。
函館運送、水島臨海運輸、高知運送など、遠路はるばるやってきた
コンテナには、ねぎらいの言葉をかけて見送ってるよ。
 そして「がんばれ!いすみ鉄道」の自販機、これもええな。
ワシも、こういう類のものを見かけると、つい嬉しくなって、
写真も撮るし、商品の購入もする。
 い鉄に限らず、中小私鉄はみんな頑張ってほしいね。

 今回もタンク車をはじめ、ポニーワーレントラス鉄橋の解説など、
すげえ勉強になったし楽しかったよ、ありがと。
 さみいから、身体、大事にしろよ。
ほんじゃあな、またな~ッ!

京葉臨海鉄道

こんばんわむですう。
寒くなってきましたね。札幌も1か月ぐらい遅く、初雪がふりました。今日の朝は真っ白でした。
京葉臨海鉄道のイベントはツイッターで他の女子鉄の方のレポートで知っていました。お目当ては銀タキだったようですね。銀タキ、なんかかっこいいですね。
千葉は親戚と友達が住んでいるので、たまに行きますけど、ファミレスがあっちこっちあるので気に行っています。たまに行くのは焼き肉の赤門でめっちゃ安いんですね。札幌の焼き肉やさんはけっこう高いです。
あんまり知られていないんですけど、千葉市内にはけっこうあちこちにSLが置いてありますよね。大きいSLもありますけど、入れ替え用の小さなSLが公園に置かれていたりします。札幌も公園が多いですけど、千葉も公園が多いですね。
千葉といえば、MAXコーヒーですけど、札幌市内でもたまにセールで売っていたりしていますね。新しい総武線の電車はステンレスでいいですね。前後の車両はボックスに改装されて眺めがいいですね。札幌の新型電車もボックスシートの車両があるといいですけど。
ちょっと体調が悪くて家で静養しています。お医者さんのアドバイスで今月いっぱいは仕事を休んでいます。家で妄想鉄してます。
それではまた。お元気で。

コメントありがとうございます♪

まとめて失礼します。
(*'-'*)

#aki様
こんばんは。

>意外とタンク車の展示ってないですよね

たいがい私有だし、所有者の業務に支障がないように運用から外して展示するのが難しいんでしょうね。

>緑色が見慣れてますが銀色ギラギラもあるとは私も知りませんでした

『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑』に写真が載ってるんだけど、
モノクロなので、私も見過ごしてましたね。

>緑色のコンテナは懐かしいですね
>戸口から戸口へってですよね

大宮の鉄道博物館に保存されてますね。
相模湖駅の構内に古いコンテナがあるのに、しばらく前気がついたんですが、まだ見に行ってないです。今度見てきます。

>昨日は木枯らし吹いたらしいですが寒くなかったですか?

海に近いこともあって、風は強かったですね。

#キネ様
こんばんは。

>実は国道にはバスはありませんが、国道と内房線の間の旧道には小湊バスが千葉駅~浜野まで走っています。といっても停留所からでも歩きますが…。

蘇我~浜野間に小湊バスの営業所がありますものね。
蘇我まで歩く途中で、高速バスの回送車なども見かけましたよ。

>KRも以前はDD13のような色でしたので、50周年で塗装を戻してくれればと思いましたが、旅客と違い塗り替えたところで増収につながるわけではないんですよね。

そう言われれば、昔はそういう色でしたね。
確かにおっしゃるとおり、旅客営業やってませんからねぇ。。。。
( ・_・)

#ふく爺様
こんばんは。

>いつでも撮れるという気もあって何もしなかった。
>結局、写真はゼロで、今さらながら惜しいことをしたと思う。

まあ、貨物列車や貨車に注目が集まるようになったのは最近のことですから、仕方ないですよね。

>6~7年前だったか、上総亀山駅でキハ30だか35を待って
いたら、来たのは新型のキハでがっくり。

ところが今回、全部キハE130形に置き換えなんですよ。
キハ37でも38でも撮っておくんでしたね。
もっとも、「絵になる風景」であれば、車両は新型であれ旧型であれ、何が来ても絵になるものですから、機会がありましたらどうぞ。

関鉄の水海道車両基地は例年、10月か11月の日曜に一般公開していますね。

>いろんな塗色の似たような通勤型DCが
いたときは、やたら嬉しいっけな。

国鉄キハ35そのものの払い下げ車と、関鉄オリジナルの「キハ35風」がいましたね。
あそこは、だいぶ車両が統一されてきて、ひと昔前のような「あやしさ」は薄れてきました。

>昔は首都圏にも、一つ目のこげ茶色のDD13がけっこういたな。
>関係ねえけど、茅ヶ崎だったか、遠目に見たDD12を撮れたときは
嬉しかったのを覚えている。

昔は首都圏ならどこに行ってもDD13がいましたね。
一つ目のも記憶にあるけど、さすがに茶色時代は見たことなかったですね。
DD12は、横須賀線の逗子とか田浦で使われることが多く(当然、米軍関係)、茅ヶ崎には、機関区へ整備のため戻ってきたところだったんでしょうか。
(残念ながら実車は見ておりません。見たかったなぁ。)

>銀色ならタム6000?だっけか?、あったっけな。

今、三岐鉄道の「貨物鉄道博物館」にいますね。

>「りんてつ」のコンテナ、見てみてえな。
>函館運送、水島臨海運輸、高知運送など、遠路はるばるやってきたコンテナには、ねぎらいの言葉をかけて見送ってるよ。

武蔵野線あたりでは、札幌通運なども見ますね。
あと、ランテックのクールコンテナも多いです。

>そして「がんばれ!いすみ鉄道」の自販機、これもええな。
>ワシも、こういう類のものを見かけると、つい嬉しくなって、
>写真も撮るし、商品の購入もする。

いすみ鉄道沿線には結構多いんですが、ちょっと離れた千葉市内では珍しいだろうと思いますね。
いずれにしろサントリーフーズの物なんですが、どうせ同じ「BOSS」のコーヒーとかペプシコーラを買うなら、「売り上げの一部がいすみ鉄道に寄付される」という、この自販機で買いたいところです。

東京も寒くなって、朝の気温は1ケタになってきましたよ。。。。
(。・,・。)ふぅ~ふう~

#びゅんびゅん丸様
こんばんは。

>寒くなってきましたね。札幌も1か月ぐらい遅く、初雪がふりました。今日の朝は真っ白でした

そうらしいですね。この冬は寒くなりそうです。
{{{{(+_+)}}}} 寒気

>銀タキ、なんかかっこいいですね。

このタキ143645はオンリーワンの珍車です。
しかし、10年ぐらい前までは、ステンレスやアルミ製のタンク車も、それほど珍しくはなかったんですよ。
それは、化学薬品用のですね。鉄だと腐食しちゃう薬品を運ぶ場合は、その薬品の性質によってステンレスとかアルミのタンク体も多かったんです。
最近は、ほとんどタンクコンテナへ移行しちゃって、姿を消しましたが。。。。

>札幌の焼き肉やさんはけっこう高いです。

札幌は牛肉じゃなくてジンギスカンなのでは?
逆に、東京でジンギスカンを出すお店は、わざわざ調べないとわからないくらい少ないですね。

>千葉といえば、MAXコーヒーですけど、札幌市内でもたまにセールで売っていたりしていますね。

ものすごく甘いよぉ。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
サーファーには人気があるらしいけど、確かにスポーツの後には、ああいう甘いのが飲みたい気持ちは、よくわかりますね。

暖かくして、お大事になさってね!
(*'​-')​ノ

#「管理人のみ閲覧できます」コメントの方
こんばんは。はじめまして。
(*'-'*)
このハンドル名は、あのロックミュージシャン(日本人)にちなんだものなのでしょうか?

私、あの人好きだなぁ。といっても、歌はあまり知らない。
トークが面白いんですよね。そして、大変な「親ばか」ぶり(笑)。今、NHKのラジオでレギュラー持ってますけど。
たまに聞く機会があると、毎度笑わせてもらってます。
(パートナーの藤井アナって人も、テレビのニュース[関東ローカル]に出てた頃は「美人だけど意地悪そう」って感じがしましたが、今は「大阪のおもろい姉ちゃん」満開で、楽しそうですね。「某要人を怒らせてしまい、テレビからラジオに飛ばされた」って噂だけど・・・今、はつらつとしてやっているのを聞くと「ラジオが天職」なんじゃないかって感じもしますね。)

で、臨海鉄道ですが、どこも「足の便が悪い」「本数が少ない」「貨物がなければ運休」で、非常に行きにくい・撮りにくいんですが、
機会を見て少しずつ取り上げていきたいと思います。

また遊びに来てくださいね~♪
(*'​-')​ノ

水色のニクいやつ

お疲れ様です。

あぁ行きたかったv-406
4月、8月ともに仕事で休めず、11月こそはと思ってましたが…所用で。
4月なんて明けなのに人手不足で強制残業でしたからね、最悪です。

さて
>浜野→千葉貨物駅→蘇我間で約5kmぐらい歩いた感じでしたが、たいして疲れもせず、蘇我駅から京葉線の快速で帰宅しました。

思うんですが、mippyonさんてなんだかんだで健脚ですよねv-218

ワタクシも以前は健脚でならしたほうで、中学時代など重い荷物(カメラ・地図、その他の関係資料)を背負って炎天下を10数キロ歩いてもなんてことはありませんでした。ある時、農作業しているおばあさんに道を尋ねたら「結構あるよ、バイク貸すから乗ってけ」と鍵を差し出されたこともありました。運転方法は知ってましたし、既に乗ったこともありましたが、さすがに道中で警察署前を通りますからと辞退したことも。

何やら耐用年数が来ているようで、5年くらい前にとある峠越えをやったところ、とたんに体調不良。それ以来、体力と相談となってしました。浜野~千葉貨物~蘇我なら今も十分に歩けると思いますが、場合によっては途中タクシー使っちゃうかも(半泣)

>構内に架かる浜野川橋梁は、古風なポニーワーレントラス橋でした。
これは1919(大正8)年、石川島造船所製で、信越本線の犀川橋梁から転用されたそうです。

ここといい、千葉貨物を発車した直後の村田川橋梁(旧東海道線大井川橋梁)といい、なんだか京葉臨海線は鉄橋の博物館の様相を呈してますよね。そのうち産業遺産の指定とか受けるんでしょうかね。

もはや209はいやがおうにも房総の顔ですね。さすがに113の頃と違って来る列車ごとにではないものの、風景がよかったり珍しい取り合わせの時にはワタクシもシャッターを切ってます。これでもう少し113くらい役者の雰囲気が出てくればいいんですが…

千葉機の脇にある道路の販売機、遭遇されましたかe-257
暫く付近を歩いてませんが、夏場など3線区間の撮影地に駅から向かう際にはちょうどのどが渇く頃ですからベストな立地条件ですね。
あの場所では購入したことありませんけど、い鉄沿線で飲物購入にはワタクシもできる限り利用するようにしています。

そうそう千葉機は入口近くに社が祀ってあるんですよね。祈安全なのであります。


制度系は~といいながらむしかえす奴e-260

>常磐線(千代田線)の綾瀬駅で、「綾瀬→常陸小川」の硬券を売ってたんですよ! JRになってすぐ、1990年ごろ。
都内の駅で連絡硬券! しかも綾瀬は営団委託駅ですから「○社 綾瀬駅発行」という珍品です!
(「綾瀬→鉾田」などもあったかもしれません。)
気がついたんだから買えばよかったのになぁ・・・もう二度と買えんよ。

そんな連絡券があったんですね。
柏経由の野田線連絡券などは聞いてましたが、鹿鉄線連絡があったとは!
この駅は営団管理だったため、90年春の旧東京3局エリアのマルス未設置駅のPOS化の対象とはならず、珍券が残っていると話には聞いていました。行きたいと思っていたのですが、92年頃にはそれらの券もなくなり結局行かずじまいになってしまいました。
※当時も「みどりの窓口」ではありませんでしたが、窓口にはL型端末が設置されていたようです(現在はMEX端末)

現在、窓口のマルスでは「綾瀬→北千住」は規定の関係で販売できないそうですけど、以前は販売されており、実際にワタクシも手元にあります。
※規定では…ですけど、実際にはMVで買えるという話も

というわけで、また長々と失礼しました。
ではe-463

たか様

こんばんは。
(*'-'*)

5kmや6km歩いたぐらいじゃ「健脚」のうちに入りませんよ。
昔の人が聞いたら笑うでしょうから、勘弁してください。本当に。

『柿の木坂の家』という、1957(昭和33)年に青木光一さんが唄ってヒットした懐メロがありますが、

♪柿の木坂は 駅まで三里
 思い出すなァ ふる里のョ
 乗合バスの 悲しい別れ

・・・というくらいで、3里(約12km)もあればバスに乗るけど、1里や2里だったら、(昔は物価一般に比較してバス代が高かったことでもあるし)歩くのが当たり前だったのです。
(ちなみに、この「柿の木坂」とは、作詞した石本美由起氏の故郷に近い、広島県廿日市市から旧・佐伯町への汐見坂、明石峠(津和野街道)がモデルといわれています。)

今はむしろ、路線バスが赤字でどんどん廃止されていますから、どこに行くにも、一応「路線バスの有無」は調べるけど、まず「当てにならない物」と考えた方がよさそうです。

浜野から蘇我なんて、海の近くですから真っ平らですし、真夏ならともかく、11月に歩けないようじゃダメだなぁ。。。。

歩けないわけじゃ

お疲れ様です

おっと、言葉足らずでしたねi-229

いやバックナンバーでmippyonさんが体調について記されていたのを覚えていたもので…。ま、関係なかったですね。失礼いたしました。

ワタクシも純粋に「鉄道ちゃんと遊ぼ~」で行く分には5キロでも6キロでも平気なんですが、いつの頃からか「行くからには~」と欲をかいてしまって余計なことまでi-183
だから草臥れるんですね、自業自得。

※京葉臨海だと、だいぶ前に姉ヶ崎辺りから浜野まで撮影しながらのんびり歩いたことありますよ。ライオンの工場辺りは石鹸のいい香りがしたり、ココイチでお昼食べたり~でしたっけ

あと曲の出典が青木光一さんというのには驚きました。
正直、久々にお名前を聞いた気がします(今も平日午後の国営FMでかかっていたりするんでしょうかね)。守備範囲広いですねぇ。ワタクシもまりや女史やユーミン女史が好きなもので、また何かの機会によろしくお願いします。

ではe-463

めずらしい!

たくさん歩かれたようですねe-276
お疲れ様です

銀色に輝くガソリン専用タンクと
京葉臨海鉄道の私有コンテナ
初めて見ましたe-451

貨物には疎いのですが
なかなか奥が深そうですね

機会があれば
私もイベントなどを
のぞいてみたいと思いますe-257



いすみの自販機は
千葉市にもあるんですね

てっきり夷隅郡周辺にしか
ないのかと思ってました

私の町にも
設置されるといいなe-266

いな穂※様

こんばんは。
(*'-'*)

>銀色に輝くガソリン専用タンクと
>京葉臨海鉄道の私有コンテナ
>初めて見ました

「りんてつ」のコンテナは、まだ作ったばかりみたいですし、
この銀色のタンク車は、経歴を調べると名古屋南港駅→郡山駅→浜五井駅と配属が変わっており、
名古屋や郡山時代は、ほとんど東京や千葉へ来る機会がなかったと思われます。
ですから、私も初めて見ましたよ。

>貨物には疎いのですが
>なかなか奥が深そうですね

深いですよぉ。。。。
(*'-'*)
私は横浜の鶴見で育ちましたが、京浜工業地帯を控え、東日本最大の新鶴見操車場などもありましたから、貨物列車はよく見てました。
その頃の日本は、右肩上がりの経済成長でしたし、まだ高速道路が発達してなかったので、とにかく貨物列車が多かった。
(東名・名神は開通してたけど、東北道なんて、まだ宇都宮ぐらいまでしか出来てなかったかも。)
とにかく、ほとんど24時間走ってましたね。
お盆とお正月は、さすがに工場や市場もお休みですから少し減るんだけど、それ以外は年がら年中でしたよ。

鶴見はブルートレインも通過するし、鶴見線や南武線には茶色い旧型電車も走っており、とにかく「鉄道ちゃんと遊ぼ~♪」には絶好の環境でした。
今は、当時なかった「成田エクスプレス」とか、それはそれで面白いのが通過しますけどね。

>いすみの自販機は
>千葉市にもあるんですね
>てっきり夷隅郡周辺にしか
>ないのかと思ってました
>私の町にも
>設置されるといいな

これはサントリーフーズ(株)が管理している物件のようです。
同社の「自販機を設置しませんか」という広告は、たまに見かけるので、千葉県内だったら、相談すれば「いすみ」のも設置できるのかもしれませんね。
いな穂※さんの家の前にも1台どうですか?(笑)
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。