08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横須賀線色115系の「むさしの奥多摩号」を撮ったよ!

八トタ115系M40編成「むさしの奥多摩号」回送(青梅線羽村~小作間・2012年11月10日)

こんばんは、みっぴょんです。
(*'-'*)
大宮~奥多摩間(武蔵野線経由)の臨時快速「むさしの奥多摩号」が、(2012年)11月10日から走り始めました。
秋季の運転日は11月10・17・23・24日の4日間です。
ただ、肝心の紅葉は11月10日現在、紅葉狩りへ行かれた方々のブログやツイッターなどによれば「まだちょっと早い」模様です。
地元の観光協会などが推奨している奥多摩の紅葉狩りシーズンは「例年10月下旬~11月中旬」ですから、今年は少し遅いのかもしれません。9月下旬まで猛暑が続き、秋の訪れが遅かったためでしょうかね。

夏季の運行では、高崎車両センターの115系電車(湘南色)4両編成でしたが、秋季の充当車両は、人気の115系電車・八トタ(豊田車両センター)「M40」編成(横須賀線色・6両)に変わりました。

2012年夏季運行時の記事は、こちらをどうぞ。( ・_・)つ↓
http://mitsuka115jnr.blog119.fc2.com/blog-entry-423.html
今回、乗ってみるつもりは無く、どこで撮ろうか思案して、青梅線の河辺(かべ)に決めたんですが、
河辺駅で降り(25年ぶりぐらいのような気がする)、立川方へ歩き始めたら・・・来ちゃったじゃん!
( ゜。゜)ウヒョー
私が通過時刻を勘違いしていたためで、こんな後追いしか撮れず。。。。
(ノ_<。)
八トタ115系M40編成「むさしの奥多摩号」(青梅線河辺駅・2012年11月10日)

これじゃ話にならないので、奥多摩に着いた編成が一旦、拝島へ引き上げてくるのを撮ることにしましたが、腹が減っては戦はできぬ。。。。
(・_・。)
羽村まで戻って駅前で昼食(というか、起きてから何も食べてなかった)。
そして、奥多摩からの回送列車を羽村~小作(おざく)間で撮影しました。
(回9276M・トップの写真)
残念ながら、この場所は紅葉とは全く無関係な住宅地で、しかも線形の関係で奥多摩や甲斐の山並みも見えませんが、その代わり一直線ですから、6両編成がスッキリ撮れました。
10月28日に撮った、同じM40編成の「立川ひまわり号」は雨の中でしたが、今日は快晴です。
ヽ( ・∀・)ノ

ところで、この場所(東京都羽村市羽東[はねひがし]1丁目付近)の架線柱が気になる。。。。

下の写真は、115系回送の通過前に、練習台としてE233系の普通電車を撮ったものですが、左側(下り線側)の架線柱をご覧ください。
これはこの場所に限らず、青梅線の随所に見られますが、鉄材を組んだ独特のスタイルです。
しかし、幹線鉄道に見られる堂々としたタイプではなく、地方私鉄に多い簡易な構造ですね。
八トタE233系T13編成(青梅線羽村~小作間・2012年11月10日)

地方私鉄調のスタイルなのは、かつて青梅線が私鉄「青梅電気鉄道」だった名残なのでしょう。
そこで、これが電化された時からの物なのかどうか、銘板を見てみました。
青梅線・鉄製架線柱の標示(羽村~小作間・2012年11月10日)

最下段に「1944」とあるのが設置年なんでしょうか?
1944年といえば昭和19年。既に太平洋戦争は敗色濃厚となり、鉄材の使用が厳しく制限されていた時代です。
青梅線は、奥多摩で産出される石灰石を京浜工業地帯へ運ぶ重要路線と位置づけられ、そのために私鉄から国有化されたんですが、
いくら重要路線といっても、木柱でも済む物をわざわざ鉄柱にした理由は、ちょっと考えにくいですよね。
(・.・)?
青梅電気鉄道の国有化は1944年4月1日付のことで、実際には、この架線柱はもっと以前からあり、「1944」とは「国有財産になった年」を便宜的に示しているだけではないか・・・って気がしますね。

では「本当の建設年」は、いつなんでしょう?。
あくまで推測ですが、開業当初は蒸気機関車牽引で運行されていた青梅鉄道が電化されたのは、1923(大正12)年4月25日(当時の開通区間は立川~二俣尾間)ですから、その時ではないかと考えられます。
(注:青梅鉄道→青梅電気鉄道への社名変更は、1929[昭和4]年5月4日付。)
これが正しければ、「風雪にも戦火にも耐えて90年」・・・ってことですね。
( ゜д゜ )bフムフム?
なお、右側(上り線側)の架線柱はコンクリート製で、下り線側とは素材が異なります。
こちらの銘板には「1961」とありました。
帰宅してから、この区間が複線化されたのがいつだか調べたら、福生~羽村~小作間は1961(昭和36)年12月12日だそうです。

これはもう、戦後の落ち着いた時代になり、しかも現・上り線を建設した国鉄自体(東京電気工事局)の記録ですから、疑う余地もありません。
私鉄時代には単線だったところ、戦後、国鉄によって複線化されたわけですが、昭和30年代の国鉄の架線柱はコンクリート製が標準でしたから、上り線側は当然、それに則って作られた・・・ということでしょうね。

こうしてみると、「私鉄沿線」青梅・五日市線って奥が深いなぁ。。。。
まだまだ知りたいこと、調べることがたくさんありそうです。
(*'-'*)

「私鉄沿線」っていえば、昔、野口五郎さんは
♪僕の町で もう一度だけ、熱いコーヒー飲みませんか・・・
と唄いましたが(山上路夫さんの書いた詞が、なんとも言えずいいよね)、
コーヒーなら回送列車を待つ間の時間潰しに、さっき羽村駅前で飲んでます(笑)。

そこで、回送列車を追って拝島へ。
ε=ε=(o・・)o
下の写真のように、3番線ホームから留置中の編成が撮れます。
八トタ115系M40編成「むさしの奥多摩号」回送(拝島駅・2012年11月10日)

ヘッドマーク・行先札は夏季と同じ物でした。
(旅客営業中、前後の字幕は赤文字の「快速」。側面は「臨時」でした。)
八トタ115系「むさしの奥多摩号」行先札(拝島駅・2012年11月10日)

留置位置とホームの長さの関係で、1両ずつの「形式写真」は立川方の3両分しか撮れませんが、
まあ、この「絶滅危惧種」サハ115-319などを撮ってみるのもよろしいかと。
サハ115-319(八トタ)(2012年11月10日・拝島駅)

サハ115形の300番代車は、301~330の全30両が製造されましたが、先頭車(クハ115形)化改造や廃車が進み、現存しているのは、このサハ115-319だけになってしまいました。
また、サハ115形現存車唯一の「横須賀線カラー」車でもあります。
(注:サハ115形1000番代車の現存車は、湘南色または新潟支社カラー。)
細かいことを言えば、「115系の中間車でトイレがあるのは、今ではサハ115-319が全国唯一」だそうですよ。
そういえば確かに、モハ114・115形にはトイレがありませんし、同じサハ115形でも1000番代車には、やはりトイレがありません。

今回は立ち位置の関係で撮っていませんが、この編成に入っているモハ114-374はダブルパンタ車ですし、とにかくこの八トタM40編成には珍しい車両が多いですね。
人気があるのは、ただ「横須賀線カラーだから」というわけではないようです。
参考までに、以前撮ったモハ114-374の写真を載せておきます(2011年11月12日、横浜駅で撮影)。
モハ114-374(八トタ)(2011年11月12日・横浜駅)

パンタグラフは、奥がシングルアームのPS35型、手前が菱形のPS23型です。
ただし、菱形は現在「霜取り用」として使われており、集電用にはシングルの方を使っています。
菱形の方を上げる機会はめったになく、私も見たことないんですけどね。

拝島駅では、八高線の205系3000番代車との出会いも。。。。
宮ハエ205系3000番代(拝島駅・2012年11月10日)

去就が気になるM40編成、まだしばらくは活躍が続きそうですね。

それはともかく、20年ぐらい前に御嶽山へ登って以来、青梅線沿線の山をゆっくり歩く機会がないので、
電車の撮影もいいんですが、今度はぜひ、沿線の山歩きを楽しみたいと思います。
やっほ~♪(*'​-')​ノ

【参考】
●2012年秋季「むさしの奥多摩号」時刻

・9576M~タチ9277M
大宮発10:17→立川着11:05/発11:11→奥多摩着12:19

・回9276M
奥多摩発12:28→拝島着13:27

・回9275M
拝島発15:14→奥多摩着17:16

・9276M~タチ9577M
奥多摩発17:26→立川着18:29/発18:37→大宮着19:21

【追加情報】(2012-11-22)
(2012年)11月25日(日曜)、「富士山マラソン」の開催に伴い、富士急行線河口湖→立川間に臨時の快速列車(上り1本)が運行されますが、
これが115系の6両編成だそうで、はっきりとは書いていませんが「M40編成なのかなぁ?」って気もしますね。
『JR時刻表』非掲載ですので(発表が11月19日と遅かった)、まあちょっと載せておきましょう。

・9276M(停車駅のみ記載)
河口湖発14:51→富士急ハイランド発14:54→富士山着14:56/発14:59→
三つ峠発15:13→都留文科大学前発15:21→都留市発15:26→
大月着15:42/発15:43→四方津発15:57→相模湖発16:09→
高尾発16:21→八王子発16:32→立川着16:41

詳しくは、こちらを。
http://www.fujikyu-railway.jp/forms/info/info.aspx?info_id=27875
(リンク切れ)
============================
【さらに追記】(2013-02-21)
●「むさしの奥多摩号」、5月の連休にも走ります!
車両は前回と同じ、八トタ115系M40編成の予定です。

■運転日
2013年4月27~29日・5月3~6日

■おおまかな時刻
・9576M~タチ9277M
大宮発10:14→奥多摩着12:09
・9276M~タチ9577M
奥多摩発17:34→大宮着19:21
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

No title

みっぴょんさん

115系M40編成の、奥多摩号が走ったんですね。
以前は、高崎車が走ったようですが車両故障で豊田車に変わったみたいですね。みっぴょんさんは、撮り逃がしたみたいですね。

でも、留置線に止まっているのが撮影できたようですからよかったですね。

こんばんは

115系ですね!
(@.@)
トップ画像は綺麗に6両バッチリですね
本当は行きの画像を狙ってたのですかぁ
架線柱もしっかりチェックですね!
確かに先が細くスマートな柱ですね
(・,・)
今まで柱は気にしてなかったので今後は私もチェックしますね
(゚.゚*)?
五郎さんの私鉄沿線♪懐かしいですね
留置中の115系チェックもしっかりですね
115系のシングルアームパンタ時代の流れってのですかね
205系3000番代車との顔合わせ画像いいですね!
(*・ω・)(・ω・*)
ボチボチ紅葉も平地に向かってきましたね
(=^_^=)

架線柱

みっぴょんさん、こんばんは。
はじめまして。"かべさん" と申します。

お目に止まった架線柱は、ご推察の通り、青梅電気鉄道時代に建植されたもののようです。
偶然入手した「青梅線百年誌」(自費出版本?)の写真の中に、特徴的な三角柱の架線柱が写っている写真があります。
下り線側しかないのも、単線時代の名残でしょうね。
ただ残念なのは、老朽化のためか、徐々にコンクリート柱に立替えが進んでいるようです。
最近では、牛浜駅の立川寄りで、数本立て替えられました。

参考までに。
鉄道ファン '93-4 No.384 の小特集「青梅電気鉄道を偲ぶ -その3-」にこの架線柱について触れた記事が載っています。
(特集のタイトル修正しました…謝)

初めての書き込みで、長々と失礼しました。

最後に。私も今日、「むさしの奥多摩号」撮って来ました。
石神前~日向和田間で、紅葉はもう少し後…といった感じでした。

リゾートやまどり様

こんばんは。
(*'-'*)
(「立川ひまわり号」のページに書いていただいたコメントですが、最後のにもお返事いたしました。11月10日の朝、拝読しましたが、青梅線へ行き、さらに、上の記事の原稿を書かなければならず、お返事が夜になってしまいました。失礼いたしました。)

>以前は、高崎車が走ったようですが車両故障で豊田車に変わったみたいですね。みっぴょんさんは、撮り逃がしたみたいですね。

それは初耳でした。
(・.・)ほぅ
高崎車は一度、発煙事故を起こしており、その時はE233系が代走した・・・というのは知っております。
まあ、青梅・五日市線用のE233系(4連)が大宮まで行くことも非常に珍しいケースでしたが、
それと別に、豊田の115系で代走した事例があったんですねぇ。。。。

>でも、留置線に止まっているのが撮影できたようですからよかったですね。

今回、撮れましたからね。
(*゚ー゚)ゞ
これで「むさしの奥多摩号」は、
・小山電車区の115系(湘南色。2006年夏)
・201系「四季彩」(2007年頃)
・高崎車セの115系(湘南色。2012年夏)
・豊田車セの115系(横須賀線色。2012年秋)
の都合4世代を撮ったことになりました。
(*'​-')​ノ

青梅線大好きです

みっぴょんさん、こんばんは!
青梅線を走るM40編成、いいですね。青梅線で本格的に鉄道を撮ったのは103系ATC車が走り、EF641000番台牽引の石灰石貨物列車が走っていた時代なので、もうそれこそ20年ほど前ですが(汗)、青梅線も大好きな路線です。特に、東青梅以遠の単線区間が私鉄の雰囲気を残していて好きです。

国有化以前の架線柱はいい雰囲気ですね。ここをE233系が走るのかと思うといまだに不思議な違和感があります。横須賀色115系が日常的に走る区間ではありませんが、鋼製車が似合いますね。

ところで、河辺から東青梅を通り、飯能へ行く西武バス飯41系統が「プチ旅」気分が味わえて結構好きです。青梅のバスといえば、青梅車庫から西武柳沢まで走る都バスでは最長の区間を走る「梅70」系統も有名ですね。全線乗ると飽きますけど(笑)。

No title

トップの画像、以前に見たことある景色と思ったらやはり…お世話様です。

もう15年以上前になりますが、この辺りでPFが牽いてくる「江戸」を撮りました。背景の建物は新しくなってますけど、全体的な雰囲気は変わりませんね。

>ところで、この場所(東京都羽村市羽東[はねひがし]1丁目付近)の架線柱が気になる。。。。

かべさん様のご指摘通りで、ワタクシもこの「ファン」誌覚えてました。
この前年(ということは今から20年前)、架線柱が独特であることに気づいて福生辺りで青梅特快と絡めて撮ったことありました。
さすがに昨今は流行(?)のインテグレート系に建て替えられてるみたいですが…(確か、その撮影場所も現在は建て替えられているはず)。

>「私鉄沿線」青梅・五日市線って奥が深いなぁ。。。。

東秋留の駅舎なんて中小私鉄そのものですからね。改札機やらカエヌくん(今は撤去)が入って雰囲気が失われてしまいましたけど、五日市方の引田は桜とこじんまりとした駅舎が何とも言えない雰囲気を醸し出していました。
奥の方の駅で雨が降り出しそうな午後など、本当に都心から直通の電車が走ってくるのかと思わせるロケーションだったのが思い出されます。
青梅・五日市は最近とんと御無沙汰であります。トップ画像の撮影地付近歩いてると、遭遇した瞬間に当方が凍りついてしまう方とv-12…やめておきましょう。

拝島の留置場所は以前と変わらないようですね。ワタクシも06年春だったですか、小山車を同じ場所で撮影してました。走行写真は往路は軍畑のトレッスル、回送は確か羽村と古里で撮ったはず。復路は古里から立川まで乗車しています。停まる駅が殆どないとはいえ、ノロノロ運転だったのが印象的でした。

>電車の撮影もいいんですが、今度はぜひ、沿線の山歩きを楽しみたいと思います。

奥多摩の山々は尾根に出るまでが一苦労なんですが、縦走はそれよりは苦労しませんからね。是非制覇を。
昔は御嶽から入る惣岳山方面に青梅線を大俯瞰できる場所があって、92~96年頃はよく通ったものです。あまりに慣れて、末期は夏などTシャツにジーンズ、サンダル履きで登ってました。撮影を終えてエビアンなんか飲みながらコンビニおにぎりを食べていたら、下山してきた山屋さんにギョッとされたことあります。今は送電線がうるさくて撮れないんですけどね。
こちらも是非…って「電車の撮影もいいんですが」っておっしゃってるでしょうがv-31

余談ですが、一昨日は鬼怒川・川治温泉、田島・下郷の平地が紅葉i-266の見頃でした。特に福島県内はにわかに曇りだしたと思ったら時雨れるほど。峠など山頂付近は完全に冬支度の風情。

東京も冷え出しましたね。ご自愛ください。
ではe-463

aki様

こんばんは。
(*'-'*)
今日は「はまりん」ちゃんの日だったんですね。
すみません、メールボックスを開けたのが、このブログ記事の原稿を書いてからになってしまいました。。。。
(そちらへのお返事は後で。。。。)
(*゚ー゚)ゞ

>トップ画像は綺麗に6両バッチリですね

おかげさまで、これは我ながら結構良く撮れました。
(画素数だけ「FC2」の仕様に合わせましたが、トリミングも画質補正もしていません。)

>本当は行きの画像を狙ってたのですかぁ

そうなんですよ。ところが、通過時刻を勘違いしてたんです。。。。
そこであきらめずに昼食をとったり、コーヒーを飲んで時間を潰し、回送を待ったのは正解でしたね。

>架線柱もしっかりチェックですね!
>確かに先が細くスマートな柱ですね
(・,・)
>今まで柱は気にしてなかったので今後は私もチェックしますね

私も門外漢ですが、妙に気になったので。
「地方私鉄調」のは、身延線にも多いですよ。あそこも旧・富士身延鉄道ですから。
飯田線あたりも「いかにも」多そうだなぁ・・・。また行く機会があったら、チェックしてみますね。

>五郎さんの私鉄沿線♪懐かしいですね

これは「昭和後期を代表する名曲」のひとつでしょう。
なんというか、文学的・・・それも「私小説」の世界ですよね。
(場所のモデルは京王電鉄らしいです。)
今でも、ラジオではたまに流れてますよ。
(同じ頃のヒット曲では『木綿のハンカチーフ』なんかもいいですね。)

>115系のシングルアームパンタ時代の流れってのですかね

豊田車と長野車は、ほとんどシングルアームじゃないでしょうか。
アレは、中央線や篠ノ井線の狭小断面トンネルでも、そのまま使えるので。

ただ、「パンタグラフ」って本当は「菱形の物体」を指す言葉なんですが(昔の製図用具にありましたね。コンパスを二つ併せたような物で、先端に鉛筆をセットして描く道具。今はCADが発達して、見かけなくなりましたが)、
「電車用の集電装置の代名詞」として、Z型であれ何であれ「言葉だけが残った」ってことですかね。
他にもそういう例があるかも・・・と思いましたが、ありますよ!
私たちはELでもDLでも、つい「カマ」って言っちゃう(笑)。
ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

>205系3000番代車との顔合わせ画像いいですね!

205系は国鉄時代にも存在したけど、3000番代車はJR、それも東日本独特の車両ですから、115系との出会いは「どこでも見られる」というわけではなく、ちょっと面白いですよね。

>ボチボチ紅葉も平地に向かってきましたね

関東は来週あたりが本格的な紅葉でしょうかね。
朝夕は本当に寒くなってきましたね。。。。
(*'​-')​ノ

活躍していますね>M40

こんにちは
先日は懐かしの遜色急行かいじで甲府にも入線しました。
毎週のように何処かで活躍していて嬉しいかぎりです。
甲府駅での115系は日常の風景ですがそれもそう遠くないうちに211系に置き換えられてしまうのでしょうね。
このM40は最後の最後まで波動用で残して欲しいものです。

かべさん様

こんにちは。こちらこそ、はじめまして。
,​,,,​,((​((*​゚▽゚​)o旦~~ ​お茶ドーゾー♪

ブログも最近の分を拝読させていただきましたが、
・青梅鉄道公園のクモハ40。特に「東神奈川~小机」の行先札。
(高校の同級生に、小机駅前の新聞販売店の娘がいて、そのお父様に「昔は荷物電車からの受け取りがあった」話を聞かせてもらいました。)

・平兵衛まつり
(これも同級生ですが、「検友社」という会社に就職した子がいて、JR総研の中に職場があると言っていた。今は、社名が「ジェイアール総研エージェンシー」だかに変わったようです。)

・北海道の711系
(「懐かしい」というほどのご縁はない電車ですが、でも懐かしいです。
初めて北海道へ行ったとき、千歳空港[現:南千歳]から札幌まで乗ったのがこれでした。その頃は、まだ新千歳じゃなかった。羽田から千歳までの飛行機もANAの「トライスター」でした。。。。)

・・・と、「私が見たい物、行きたい場所」ばかりで、実にうらやましいです。。。。
(*'-'*)
本題ですが、やはりこの架線柱は私鉄時代からのでしたか!
この『鉄道ファン』誌も確認してみます。

日向和田と石神前の間・・・カーブしているところですね。
これも拝読させていただきました。よく撮れていましたね。

このブログ、11月に入ってから更新頻度が落ちてますが(10月に遊びすぎたからです)、
よろしかったら、また覗いてみてくださいね。お待ちしてます♪
(*'​-')​ノ

きえふにいさん様

こんにちは。
(*'-'*)
>青梅線で本格的に鉄道を撮ったのは103系ATC車が走り、EF641000番台牽引の石灰石貨物列車が走っていた時代なので、もうそれこそ20年ほど前ですが(汗)、青梅線も大好きな路線です。特に、東青梅以遠の単線区間が私鉄の雰囲気を残していて好きです。

「結局、ATCなんか取り付けられなかったオレンジ色のATC車」ですね(笑)。
中央線は、ATS-B・SからPに移行しちゃったので。。。。
しかし考えてみたら、昭和50年代前半には新宿や飯田町まで貨物列車があったのに、「EF15とかにもATCを搭載する気だったの?」って思うと、なんともおかしいです。。。。
(いや、それはそれで65のPFあたりに置き換えるつもりだったのかもしれませんけど、昔のATCって、でっかいからなぁ・・・積む場所があったんでしょうかね?)

EF64 1000の石灰石列車、私、1枚も撮ってないんですよ!
最終運行のときは入院中で行かれませんでしたし。
でも「赤ホキ」懐かしいなぁ。
(私にはED16牽引のイメージしかないけど。)
「赤ホキ」を見に、美濃赤坂でも行ってみますかね(笑)。

>国有化以前の架線柱はいい雰囲気ですね。ここをE233系が走るのかと思うといまだに不思議な違和感があります。横須賀色115系が日常的に走る区間ではありませんが、鋼製車が似合いますね。

青梅・五日市線が旧型国電から103系に変わった頃には、ブーイングした人もいたんでしょうけど、
落ち着いて観察すると、あの103系も前歴がさまざまで、細かいところに違いがあって面白かったように思います。
E233系に違和感を感ずるのは、まだ新しいから転属も改造も全くされていないため、変化に乏しいからじゃないかって思いますね。
あと10年ぐらい経つと・・・必ずE233系も「変化」しますよ。そうなると、相当に面白くなりそうですね。
(今、205系がそうでしょう。)
なお、「E233系は横浜線仕様と埼京線仕様を作った時点で製造を打ち切り、新形式へ移行」との情報もあったんですが、
これは震災前の計画なので、今は、また話が変わったかもしれません。

>青梅のバスといえば、青梅車庫から西武柳沢まで走る都バスでは最長の区間を走る「梅70」系統も有名ですね。全線乗ると飽きますけど(笑)。

全線乗ったことありますよ(笑)。もちろん、一回だけですけど。
運賃を払うと500円ぐらいなんでしたっけ? 私は都営一日乗車券で乗ったので、正確な金額はわかりませんが。。。。
ずっと起きていたら飽きるでしょうね。私が乗ったときは、車内の温度が適温だったので、青梅を出てすぐ寝てしまい、気がついたら東大和市内のどこかを走ってました(笑)。
(*'​-')​ノ

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

EF65PFと「江戸」ですか。
当時、東海道線あたりでは「珍しくも何ともない」団臨でしょうけど、さすがに「青梅線入線」は当時でも珍しかったでしょうね。
(鶴見駅を通過するのはよく見かけたけど、「あ、江戸だ」ぐらいにしか思わなかった。)

>かべさん様のご指摘通りで、ワタクシもこの「ファン」誌覚えてました。

既に公表されている文献資料があり、複数の方が「読んだ」というからには、もう間違いないでしょうね。「青梅電鉄時代の写真」もあるそうですし。
それはそれとして・・・だとすれば「1944」の標示は、ずいぶんいい加減ですね。
(これは、駅舎や倉庫の「建物資産標」にもいえることで、アレだけを金科玉条の如く信用すると、とんでもない間違いを犯すおそれがあります。
ああいうのって、税金を安くするために「操作」とか「作為」してるのもあるんじゃないかって思うの。。。。)

「カエヌ」だか「カエラ」だかいう装置、私は一回も使う機会がないまま、数年で全廃されちゃいました。
アレは、機械の機能(「むじんくん」の応用らしい)が良いか悪いかというより、「みどりの窓口をやめて、最終的には駅を無人化するつもりだろう」という、地元自治体の抵抗感が激しかったんでしょうね。
今のところ、「切符」という物の概念が明治の「エドモンソン券」の時代から全然変わってないから、こういう問題が発生するんだと思うけど(SuicaなどのICカードは、またちょっと別ですが)、
長距離切符も、スマホとか携帯を使った「チケットレス」が当たり前の時代になったら、事情は変わるかもしれません。

指定席券売機(MV)は、結構使いますよ。
これは、好むと好まざるとに関係なく。なにしろ、池袋のような大駅ですら、早朝・夜間は窓口閉鎖になっちゃったし、東中野とか、23区内の駅でも窓口を廃止しちゃった駅も少なくないので。。。。

>停まる駅が殆どないとはいえ、ノロノロ運転だったのが印象的でした。

「快速」といっても、「主な駅にしか停まらん」というだけなのね(笑)。
まあ、そんなこと言ったら、「SLみなかみ」だって「ばんえつ物語」だって「快速」と称していますが。
大井川鐵道に至っては、「SL急行」ですよ。
まあ、そんなことに腹を立てているのは・・・悪名高い「アホー!ゴミ袋」に一人だけいたけど、「嫌なら乗るなよ」と、そいつが完膚なきまでの徹底攻撃を受けていたことは言うまでもありません(笑)。

>あまりに慣れて、末期は夏などTシャツにジーンズ、サンダル履きで登ってました。

気持ちは分かるけど、あんまり軽装だと「万一の場合」を考えると、ちょっと危ないわね。特に、履物は。

>余談ですが、一昨日は鬼怒川・川治温泉、田島・下郷の平地が紅葉の見頃でした。特に福島県内はにわかに曇りだしたと思ったら時雨れるほど。峠など山頂付近は完全に冬支度の風情。

今年は「いつまでも夏」だったので、本当に秋が短い感じですね~。
ビールも、「秋味」を飲まないうちに「冬物語」が発売されちゃうよ(笑)。
(*'​-')​ノ

BlackSheep様

こんにちは。
(*'-'*)

ブログ拝読させていただきましたが、勝沼・・・行きたいなぁ。
あの「復元ホーム」にも何か、展示車両が1両ぐらいほしいところだけど、維持管理が面倒でしょうね。。。。
(別の話ですが、私は膵臓が弱いんです。ってことは、糖尿病の危険性があるわけで・・・用心しないとね。膵臓の生体移植なんて、まだ世界でもほとんど例がありませんし。)

>毎週のように何処かで活躍していて嬉しいかぎりです。

まるで「動態保存」ですよね(笑)。
どのくらい人が集まっているのかわからないけど、「SLだけが”動態保存”ではない」好例として、盛り上がってほしいと思いますよ。
いすみ鉄道さんともども。
(キハ28、楽しみだなぁ! 今度の「夷隅人車軌道100年祭」では展示だけで、走行はしないようですが、見るだけでもいいから行きたいです。もちろん、走り始めたら駆けつけます。)

>甲府駅での115系は日常の風景ですがそれもそう遠くないうちに211系に置き換えられてしまうのでしょうね。

いろいろと噂はあるようですが、結局、何に置き換えるんでしょうね。
とりあえず、長野支社に若干数の211系が千葉から転属するのは確実です。3連8本だったか。
ただ、それ以外がどうなるんだか、よくわかりませんね。
北陸新幹線に関連する豊野~妙高高原間のしなの移管とか、「新潟ときめきナントカ鉄道」移管で、車両事情が大幅に変わるでしょうから、その時期がポイントになりそうな感じですね。

もし、中距離電車をE233系に置き換えるならば、東京~大月間の快速と車種(性能)が統一されるんだから、
この際、「新宿~甲府間直通運転」の復活を!(新宿~高尾間は「特快」扱い。ついでにグリーン車連結)・・・と願っていたんですが、さすがに震災後はJR東日本と言えども、そんな「景気の良い話」にはならないみたいです。。。。
(常磐線は一気にE531系に置き換えちゃったけど、あちらには、つくばエクスプレスというライバルがいますからね。
中央線も「特急列車VS高速バス」の構図があるけど、普通列車には特に競争相手もいませんから。。。。)

>このM40は最後の最後まで波動用で残して欲しいものです。

「むさしの号」の(実質的な)定期運用が終了した際、「いよいよこれまでか?」と思い、私も当時の記事にそう書いたんですが、生き長らえていますね。

何かと「使い勝手が良い」ことは確かなようですから、JR東日本の115系で「最後の最後まで」残るのは、おそらく豊田のM40編成のような気がします。
これ、松本からの「出戻り」なんですよね(笑)。
戻ってきたことが幸いしたようですね。
(*'​-')​ノ

元気でよかった。

 久しぶり。
「立川ひまわり」号、「東武140円特急」、そして今回の
「むさしの奥多摩」号の記事、どれも入念に読ませて貰った。
ホント!面白えし勉強になった。
 ワシは青梅線も五日市線も(以前、武蔵五日市駅には
車で立ち寄ったことがある程度)乗ったことも沿線を
見たこともねえんで、読んでいて楽しかったよ。
 当然、拝島や青梅には「行ったことねえから行きてえ」とは
思うけど、いつになることやら・・・。
 いずれ日野市あたりで老人会のゴルフ大会が開催されたら、
そのときは廻ってみるけど、大会は八王子にある明治安田生命
グリーンランドで開催される可能性のほうが高いかも?
 それにしても青梅線の架線柱に対する考察にゃあ、エラク感心。
しかもそれがドンピシャなんだよなあ。
みっぴょんの根底にある一般、鉄道両知識がよっぽど豊富でねえと、
こうも正確な推察はできねえもんさ。
 コメントを入れている皆さんも、一様に物知りでびっくり。
ワシにゃ真似できねえ。
 鉄道写真の撮影暦は人様より多少長くても、昔は線路の周辺
施設にゃ、まったく関心がなかったんで、知識はゼロに等しい。
 ところで、月初にみっぴょんブログ更新が滞ったんで、こりゃあ
いよいよ体調不良かなあ?って心配してたけど、そうじゃあ
なさそうでだったんでなによりじゃ、にこ(^^)にこ(^^)。
 きょうの静岡はすげえ寒いし雨、だから一日中引きこもり。
きのうのワシは、またまた岳南鉄道に出動。
先週、付けていたヘッドマークはすべて外されていて、
7001号と7002号の2台だけが往復していた。
7003号は501号機関車と並んで富士岡の車庫に入っていた。
 501号機関車は大切に保管されているようで、一安心。
8001号連接車は見えなかったけど、おそらく岳南江尾に
いたことと思う。
 昼までにゃ帰らなきゃなんなかったんで、江尾まで確認に
行けなかったけど、今日、その電車を使って「ブライダル
トレインが走った」って聞いたから、その準備の飾りつけでも
してたかも?
 きのうは(おとといの夜かな?)、何か事故があったらしく、
東海道本線の貨物は上り下りとも、やたら遅れてた。
特に上りの遅れはひどかったぞ。
 車で国道を走って帰るとき、変な時間帯に貨物列車が
じゃんじゃん上って行くんで、そわそわ。
きゅうきょ興津川鉄橋に立ち寄って撮影、貨物4本と
普電4本をゲット。
 おかげで想定外の鉄分補給(過多かも?(^^))ができて、
ここしばらくワシは第一休車でもOKじゃ。
 次回記事も楽しみにしてるよ。
ほんじゃあ、またな~ッ!

ふく爺様

こんばんは。
(*'-'*)

>いずれ日野市あたりで老人会のゴルフ大会が開催されたら、
そのときは廻ってみるけど、大会は八王子にある明治安田生命
グリーンランドで開催される可能性のほうが高いかも?

明治安田生命グリーンランドって、TBG場があるんですね(調べました)。
ここは八王子市といっても、むしろ、あきる野市に近いようです。
グリーンランド前の国道(411号。通称「滝山街道」)を、あきる野市方面へ道なりに進み、
秋留橋で秋川を渡って、さらに直進すると、五日市線の秋川駅近くに出るようです。
(近いといっても、「車で」という前提です。歩いたら遠いですよ。)

>それにしても青梅線の架線柱に対する考察にゃあ、エラク感心。
しかもそれがドンピシャなんだよなあ。

えっへっへ。。。。
(*゚ー゚)ゞ

>ところで、月初にみっぴょんブログ更新が滞ったんで、こりゃあ
いよいよ体調不良かなあ?って心配してたけど、そうじゃあ
なさそうでだったんでなによりじゃ、にこ(^^)にこ(^^)。

ご心配おかけいたしました。
m(-_-)m
まあ、あくまで個人が趣味でやってることなので、
本業が忙しかったり、お小遣いがなかったりすると無理ですよね。。。。

>きょうの静岡はすげえ寒いし雨、だから一日中引きこもり。

引きこもり青年じゃなくて、「引きこもりミドル」ですか(笑)。

>きのうのワシは、またまた岳南鉄道に出動。
>先週、付けていたヘッドマークはすべて外されていて、
>7001号と7002号の2台だけが往復していた。

7002が例の「バカ殿様電車」でしたっけ(笑)。

>501号機関車は大切に保管されているようで、一安心。

おお、それはよかったです。なにしろ「国内現役最古」ですから。
(o^-')b

>きのうは(おとといの夜かな?)、何か事故があったらしく、
>東海道本線の貨物は上り下りとも、やたら遅れてた。
>特に上りの遅れはひどかったぞ。

この理由は、私も調べたけどなんだかわかりませんでした。

>貨物4本と普電4本をゲット。

「貨物4本」は、いいな~♪
(*'-'*)
武蔵野線とか、浜川崎線あたりでは、来るときは数分間隔でジャンジャン来るけど、来ないときは2時間ぐらい、間が開きますからね。

>ここしばらくワシは第一休車でもOKじゃ。

「30日以内の休車」ってことですか(笑)。
12月9日に371系の「いわたウォーキング号」がありますけど、それまでは、ひと休み・・・ってとこですかね。
(11月下旬に何かあるようでしたら、別途お伝えします。
身延線に、なんかよくわからん臨時特急があるらしいんだけど、車両は「ふじかわ」と同じ373系と聞いています。字幕もたぶん「臨時」。)

では~♪
(*'​-')​ノ

前田紅葉?

20年位前、前妻と楽しそうにゲレンデで仲睦まじく滑っているところにばったり遭遇したことありましたっけ…何の話だ!お疲れ様です。

さて
>EF65PFと「江戸」ですか。
当時、東海道線あたりでは「珍しくも何ともない」団臨でしょうけど、さすがに「青梅線入線」は当時でも珍しかったでしょうね。

後でポジを確認したら、トップi-68より小作方の羽村局近くで撮ったみたいですね。その数か月前には同じ構図で185の「ホリデー特急」撮ってました。
この「江戸」、噂では64でPPということでしたが、行ってみるとPF単機で驚いたものです。青梅で機回ししてきたんですね。もっとも当時は浜線の中山でも機回しはやりましたから、当然といえば当然なんですが。

>駅舎や倉庫の「建物資産標」にもいえることで、アレだけを金科玉条の如く信用すると、とんでもない間違いを犯すおそれがあります。
ああいうのって、税金を安くするために「操作」とか「作為」してるのもあるんじゃないかって思うの。。。。

でしょうね。まったく同感です。
機関車の「一休」とかと同じように書類上ということなんでしょうかね。

> 「カエヌ」だか「カエラ」だかいう装置、私は一回も使う機会がないまま、数年で全廃されちゃいました。
アレは、機械の機能(「むじんくん」の応用らしい)が良いか悪いかというより、「みどりの窓口をやめて、最終的には駅を無人化するつもりだろう」という、地元自治体の抵抗感が激しかったんでしょうね。

ER端末はワタクシも2度ほど使ったにすぎません。できた当初に北八王子でホリデーパス、後に常磐線高浜で「高浜→常陸小川」の連絡券を買ったくらい。メリットは後者のような窓口係員でも赤本ひっくり返しかねない券をサッと出せることでしたね。他には…ないでしょう。

結局、地方支社では最後まで係員が前に立って利用者からオーダーを聞き、代わりに全部操作するという無意味な作業が増えていたという話も聞きます(吾妻線沿線でのトラブルもありましたし、小駅での黄色(緑色)ジャンバーの案内係員の人件費を考えると…)。いかに東京の本社が地方の実態をよくわかっていないかというのが露呈されただけのような気もします。
※一度、この案内係員と話をしたことがあるんですが、旅規がまったくわかっていなくて参ったことありました。いくらパートやバイトといっても…

誰かから「本社は2010年を過ぎた頃に指定券などは殆どがモバイルSuicaに移行すると目論んだらしい」という話も聞きましたし(そんなはずないだろうが!)、「壮大なる失敗」と言い切った御仁もいました。
うーん、どうなんでしょうね。

ワタクシもMVはよく使いますよ。あれで窓口と同じくらい機能が付けば言うことなしですが(それはいくらなんでも無理i-199

制度系はやりだすとキリがないのでこの辺で。


>EF64 1000の石灰石列車、私、1枚も撮ってないんですよ!

えっ、そうなんですかv-12
ワタクシ、最終運転は休みで福島からギリギリ到着でした。
それ以前に十分に撮ってますから、余裕ではありましたけどねv-290

96年秋頃、碓氷峠で撮影中に周囲の人々との会話で「奥多摩貨物と八高貨物が近いうちになくなるらしい」という噂を聞いて、「またぁ!あれだけ走っているのに?」なんて返してましたけど、数年後に現実になろうとは!
あの頃はこういう口コミみたいな情報交換が多かったですよね。ガセっぽいのもありましたけど、かなりが本当で驚愕した経験も一度や二度ではなかったように記憶しています。

また長くなってしまい失礼いたしました。
ではe-463

たか様

岡田紅陽(写真家)なら知っているけど、前田なにがしという人は知らない。
(*'-'*)
5000円札の裏面に富士山の絵が描いてあるでしょう。
その元になった写真を撮ったのが岡田紅陽氏です。

>その数か月前には同じ構図で185の「ホリデー特急」撮ってました。

ほとんど「瞬殺」で消えた「ホリデー特急」(笑)。185系の。
アレは、JR東日本の「黒歴史」だろうなぁ。
横浜駅で一回だけ見たけど、いかにも鉄ヲタっぽいオッサンしか乗ってなかったもの。。。。
もう二度と走らないと思いますね。スジ(時間帯)が悪すぎました。
┐(´~`)┌

>後に常磐線高浜で「高浜→常陸小川」の連絡券を買ったくらい。

常陸小川(旧・鹿島鉄道)っていやあ、実に悔しい思い出が。。。。

常磐線(千代田線)の綾瀬駅で、「綾瀬→常陸小川」の硬券を売ってたんですよ! JRになってすぐ、1990年ごろ。
都内の駅で連絡硬券! しかも綾瀬は営団委託駅ですから「○社 綾瀬駅発行」という珍品です!
(「綾瀬→鉾田」などもあったかもしれません。)

気がついたんだから買えばよかったのになぁ・・・もう二度と買えんよ。
オークションとかに出品されているのも見たことないけど、出てたとしても、とんでもねぇ値段でしょうね。。。。
(ノ_<。)

>※一度、この案内係員と話をしたことがあるんですが、旅規がまったくわかっていなくて参ったことありました。いくらパートやバイトといっても…

駅務(旅客営業)の経験者か、旅行業務取扱管理者の有資格者(ただし国内で可)ぐらいじゃなきゃ、無理でしょ。
簡易委託駅で、切符の綴りをちぎって売るのと違い、
「カエルくん」は「レール&レンタカー」などを除き、ほとんどの券種が発券可能でしたから。

>誰かから「本社は2010年を過ぎた頃に指定券などは殆どがモバイルSuicaに移行すると目論んだらしい」という話も聞きましたし(そんなはずないだろうが!)

IT系の話って、「熱にうなされちゃう」オッサンが多いんですよ。
「それは無理だ。せいぜい30~40%ぐらいまでで、過半数にもならない」ってことを、冷静に考えられなくなっちゃうの。
それも、JR東日本の重役なんていう、社会的地位があり、影響力の大きい人が「IT熱」にうなされちゃうと、周りの迷惑も大きいから始末におえないんですよ。

でなければ、そのオッサンはモバイルSuicaがもたらす膨大な利権に目がくらんだか・・・そのどちらかですね。
┐('~`;)┌

>>EF64 1000の石灰石列車、私、1枚も撮ってないんですよ!
>えっ、そうなんですか

あんまり興味なかったんですよ。ED16の印象が強すぎて。

では~♪
(*'​-')​ノ

No title

はじめまして。この日のMC115の山側車端クロスシートに乗っかっておくたままで行ってしまいましたMTです。青梅線の新性能車はS34-11改正から系列101でスタート以来乗り入れ青梅行きの他、当時からオールMC4連でいきなり線内運用氷川までこなし始め、S42頃からはもう色違いの101(カナリアイエロー)が総武御岳号で姿を見せ始め、同年に川崎から南武経由の奥多摩行き臨電が中央線のオレンジ101による3+3で入線します。南武としては初の新性能車運転が青梅に遅れること8年目にしてかないました。以降このパターンの編成を使い、S44-12の線内快速運行開始につなぎ、S47-7から房総101(カナリアイエロー)の転入をもって本格新性能化へ突入しました。青梅線はS45
年頃から翌年夏には115 9~8連湘南色の急行内房だったかが1~2本青梅発の便を登場させ115系の初乗り入れも達成。同じ頃、津田沼のスカ色113 6連が急行だったか快速だったかもみじ号やわかば号で御岳や奥多摩まで入線。もうこのころからなんでもこい・・・の状態でした。H13年頃の南武線103系(カナリアイエロー)4連の直通快速や、H18-4-28(初日に乗りましたがあいにくの曇りで青梅駅ではこんなところで発車のセレモニーをやっておりましたが肝心の客はほとんどおりてしまい、残りは鉄ばかりの状態でした。)~の115系湘南色4連大宮発。そしてH24-11-10~の115系(スカ色)6連大宮発とまたもや昭和40年代の人気車種強行入線の様相があってたのもしい限りです。ただ以前には165系も千葉からS63年より快速(たしか御岳どまりの湘南色)。H7-11からH8-11のわずかな期間のみでしたがホリデー特急鎌倉・奥多摩号にもムリして体験乗車したことが忘れられません。いずれにしてもハイキングという本来の設定目的から外れる目的で毎度乗車しておりますMTでございます。今後も楽しい車種(ジョイフルトレインではない)の入線に期待しつつ同様のたのしみを感じる同好の話に期待しております。

MT様

こんにちは。はじめまして。
コメントありがとうございます。
(*'-'*)
文面から推察しますと、我々の「大先輩」にあたるお方なのでは・・・と思いますが、
古くからの青梅線観察記録、非常に参考になりました。

南武線の101系は、川崎~登戸間の快速電車として西ムコの車両が入線したのが最初と思っていましたが、
それ以前に、青梅線直通の臨時電車があったとは。。。。

また、房総方面への海水浴列車が青梅発着で運行されたこともあったんですね。
どれも、私の知らなかったお話です。

「もみじ号」とか「わかば号」は、当時盛んに売っていた企画乗車券「エック」の利用者向けだったようですね。

昭和63(1988)年の千葉~御嶽間165系快速は、私も記憶しています(正確な列車名は忘れましたが、「みたけハイキング号」だか)。
これが、総武快速線内では113系の快速と同じ停車駅でしたが、なにせ165系の6連ですから、113系15連と違って詰め込みが効かず、旅行シーズンの「大垣夜行」並みの超満員でした(笑)。
それに懲りて、165系充当は短期間で終わったように思います。
今なら183系で、指定席扱いでしょうね。

あと、同じ頃ですが昭和記念公園がオープンし、川崎~西立川間(回送で拝島まで?)の快速「レインボー号」というのが西ムコの黄色い101系で走っていました。
(「レインボー」とは、公園内の「レインボープール」にあやかったものだと思います。)

これからもお元気で、末永く鉄道観察をお続けくださいませ。
また遊びに来てくださいね!
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。