10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なくなるの?「能登」と「北陸」


「上野~金沢間を走る寝台特急『北陸』と急行『能登』が来年3月で定期運行廃止?!」という情報が、ネット上ではえらい騒ぎになってますね。
私は、この週末から月曜にかけて忙しかったので確認している時間がなく、「後で見ればいいや」と思ったんだけど、原典がさっぱりわからないのね。。。。

「読売新聞の関西版に出た」っていうんだけど、「急行 能登」で「ヨミウリオンライン」のサイト内検索をしてもヒットしないし、「JR西日本 北陸本線」で検索したら、最近の記事は「高岡駅跨線橋が竣工」だって。。。。
一瞬「ガセネタ?」って思ったけど、ようやく発見。2009年12月4日付です。
これねぇ・・・「報道」じゃなくて、文化欄みたいなのね。わかりにくいはずです。
この記事、次の方法でご覧になれますよ↓。

「読売新聞オンライン」の「関西発」→「人遊食」→「鉄の掲示板」で探す。
http://osaka.yomiuri.co.jp/teppan/tr91204a.htm?from=iphoto【リンク切れ】
(以下、引用)
『往年の碓氷峠越え「能登」引退へ』
丸い鼻の形をしたボンネット型の先頭車両が愛らしい。
「489系」だけで編成する夜行急行「能登」(金沢―上野)。
かつて屈指の難所として知られた旧信越線の碓氷(うすい)峠を上り下りした。
長野新幹線開通で碓氷峠を挟む横川(群馬県 )―軽井沢(長野県)間が廃線となり、
1997年からは上越線経由に変更。
峠越えはなくなったが、来年3月、JR西日本のダイヤ改正で定期列車から姿を消す。

両駅間には、旧国鉄で最も急な66・7パーミル(1000メートルで66・7メートルの高低差)の
勾配(こうばい)があった。その対策のための電車として開発されたのが489系だ。
峠越えで補機の電気機関車を連結し、
機関車側からノッチやブレーキを操作する協調運転を行っていた。
運転台には今でも協調運転への切り替えに使う“横軽(横川―軽井沢)スイッチ”が残っている。

JR西によると、1両を女性専用のレディースカーとするなど
乗客増を図ってきたが、高速バスに太刀打ちできなかった。

能登と同区間を走るブルートレインの寝台特急「北陸」も定期列車からなくなる見通しで、
北陸と首都圏を結ぶ夜行列車は役割を終える。
(引用終わり)

急行「能登」といえば、古くは旧型客車による上野~金沢間(上越線経由)の列車・・・というイメージが強いんですが、それは1982(昭和57)年11月15日のダイヤ改正までだったのね。。。。
そのダイヤ改正(上越新幹線開業による)で信越本線経由に変更され、車両も14系客車になり、同時に、それまで信越本線経由で走っていた急行「越前」(上野~福井間)が臨時列車に格下げされました。

国鉄分割・民営化後、1993(平成5)年3月18日のダイヤ改正で、「能登」は現行の489系電車に変わり、それまで連結されていたB寝台車は廃止されました。
同時に金沢~福井間が延長され、その代わり臨時急行「越前」は出番がなくなりました。
また、この時、上野~長野間の急行「妙高」も廃止されたので、信越本線の夜行列車は「能登」だけになりました。
「能登」は、高崎線内では最終列車としての使命を持っており、やたら停車駅が多く、「ホームライナー」的に使われていたのですが、
金曜の夜など、仕事帰りの人たち通路まで混み、北陸方面へ行く長距離客が安眠できる雰囲気ではありませんでしたし、降車に手間取るため遅れが多かったものです。
そして、その通勤客が降りてからは、各駅の改札口が「えらいこと」になっていました。
仕事帰りの人たちは急行券を持っていないことが多く、上尾駅あたりでは100人近い下車客から急行料金を徴収するのに30分近くもかかっていた・・・と聞きます。
早く帰りたいよ~。。。。
(ノд-。)クスン

1997年(平成9)年10月1日、長野新幹線開業・在来線横川~軽井沢間廃止と同時に上越線経由へ戻り、2001年(平成13)年3月3日のダイヤ改正で金沢~福井間は廃止されました。
私は2000(平成12)年秋に上野から福井まで乗りましたが、金沢?福井間の利用者は極端に少なく、仕方ない感じでしたね。

2002(平成14)年12月1日、高崎線内の下り最終列車が普通列車の高崎行になったのと同時に、「能登」は上野の発車時刻が約30分繰り上がり、停車駅も大宮・熊谷・高崎だけになったため、「ホームライナー」的な利用者は少なくなりました。

はっきり言って、「能登」は上野~高崎間で稼いでいたも同然だったのですが、近距離利用者が減ったところへ来て、2度の新潟県の地震で、長期にわたる運休期間が生じました。
やはり運休期間が長かった「ムーンライトえちご」も同じですが、この運休期間が長距離客の「能登」離れを呼んでしまったのは間違いないでしょう。
東京と富山県・石川県各地を結ぶ夜行高速バスは数多く運行されていますし、どうしても「能登」に乗らなければならない理由は、今では考えにくいのも事実です。

しかし、「読売」の記事にあるように、「1両を女性専用のレディースカーとするなど乗客増を図ってきたが、高速バスに太刀打ちできなかった」という、
単純な理由で廃止するわけではなさそうですね。。。。

JR西日本としては、2010年度末に大阪~北陸方面の特急「雷鳥」を全廃し、すべて「サンダーバード」に置き換える・・・と公式に発表しています。
そうなると、485系電車は姿を消すことになります。「能登」の489系は、485系の姉妹形式ですが、「少数派の(現在は4編成しかない)489系のために、部品を確保するなんて無理だ」ということなんだと思います。
(あくまで推測ですけど。)
485系はJR東日本所属車(新潟車両センター[新ニイ]所属)もありますが、車両の担当を西日本→東日本へ移管してまで「能登」を走らせるほどの利用者はいない・・・というのも、悲しいかな、実際の話です。

北陸新幹線長野~金沢間開業は2014年度末といわれていますが、
(注:「北陸新幹線建設促進同盟会」公式サイトhttp://www.h-shinkansen.gr.jp による)
鉄道愛好者一般の考えでは「新幹線開業と同時に”能登”と”北陸”は廃止だろう」と思われていたようです(私もそう思っていました)。
しかし、「前倒し廃止」なんですかね。。。。
==============================
で・・・12月6日(日曜)の夜、上野駅へ「能登」と「北陸」を見に行って参りました。
発車時刻が「北陸」は23時03分、「能登」は23時33分なので「発車時刻順」に書くことにします。

「北陸」はJR東日本・尾久車両センター(東オク)の14系寝台車8両編成で、内訳はA寝台個室(シングルデラックス)1両、B寝台個室(ソロ)3両、「普通」の2段式B寝台車4両です。
これは、結構乗っていました。金沢という行き先のためか、女性客が多い感じです。個室寝台車の比率が50%というのも、そのためかな?
(・∀・) 

面白いことに、みんな乗る前に写メで記念撮影なんですよね。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
「ブルートレインは、もうじきなくなる」というのは「銀河」や「富士・はやぶさ」廃止の際、新聞やテレビで大きく取り上げられましたからねぇ。。。。
(ちなみに、『鉄道ピクトリアル』2010年1月号に掲載された「日本在住の外国人鉄道愛好者」の座談会によれば、「ヨーロッパでは、あんなふうにマスコミが列車の廃止を大々的に取り上げることは、ほとんどない」とか。)

まあ、「愛される鉄道・愛される夜行列車」は大いに結構なんですが、私は車両の検査表記をみて驚きました。
「17-6 秋田総合車セ」だって。。。。
これは、平成17年6月に秋田総合車両センター(旧・土崎工場)で、自動車の車検に該当する「全般検査」をやりましたよ・・・ということを示す法定表記ですが、
上野~金沢間で運用している車両を、わざわざ秋田まで持っていかなきゃ検査できないまでに、作業を集約化しちゃってるんですね。
逆に言うと、「客車は、全部秋田に集約しても支障がない程度の数しか残っていない」ってことですよ。
かつて、首都圏の客車は大船工場(後の鎌倉総合車両所)と大宮工場(現・大宮車両センター)で検査しており、わざわざ秋田へ持って行くってことは、まずあり得ませんでした。
(余談ですが、大船工場で検査が完了した客車の試運転は品川~来宮間で行われ、品川へ戻ってくる列車の鶴見駅通過は15時20分頃でした。
小学生の頃、学校が「6時間目」までない日には、よく見に行ったものです。中学生になって「ちょっと女の子らしくしようかな~」と思って、やめましたが[笑]。)

この列車は、車掌さんがJR西日本(金沢列車区)なので、西日本持ちの列車と思われがちですが、車両は東日本なんですよ。
(機関車も、上野~長岡間[EF64形1000番代]・長岡~金沢間[EF81形]とも長岡車両センター、つまり東日本所属です。)
「489(485)系を全廃したい」のが西日本の考えなら、「客車、特に東日本持ちは”この列車だけ”になった14系を廃止したい」のが、東日本の考えなんでしょうね。
まあ、「企業論理」としては正論です。
ただ、私は丸みを帯びたスハネフ14形の車掌室側妻面が大好きなので、ちょっと残念ですね。
なにせ、「鉄道けもの道(笑)」の入口が鶴見・総持寺下の大踏切を通過する14系の長崎・佐世保行特急「さくら」でしたから。。。。

置くところがあれば「買っちまったぜ!スハネフ14」なんですが(『やっちまったぜ!一戸建て』ってドラマがあったけど)、都営住宅に住んでる女が、
なにが「買っちまったぜ!」なんだよ・・・ってことで、アキバあたりで「150分の1スケール」のやつ(つまりNゲージ)でも買っちまいましょうね、ハイ(それなら1両2000円ぐらいだし)。。。。

・・・なんて、くだらないことを考えているうちに、発車のメロディが鳴り、ドアが閉まって、車掌さんが無線機で
「3011列車、運転士さん・・・3011列車、発車願います」と合図して、ガタンと動き出す。
img245img245 posted by (C)Mippyon

そして、去り行くテールランプ。。。。
いい感じですよね~。(*-_-*)うっとり

「北陸」という列車の歴史は意外に新しく、1975(昭和50)年3月10日から20系客車で運転が始まり、1978(昭和53)年10月2日のダイヤ改正から14系になりました。
国鉄からJRになった直後の1989(平成元)年から車両のリニューアルが行われ、個室主体の編成になり、2号車(スハネ14形700番代車)には有料のシャワー室が設置されました。

私が「北陸」に乗ったのは1回だけで、確か1996(平成8年)の冬ではなかったかと思います。
「J」だか「T」だか「B」だかいう大手旅行会社で寝台券を買ったら、カウンターの女の子がまるで気が利かない子で、値段が同じなのにB寝台は「ソロ」じゃなくて一般車を取って、平然としてるのには呆れました。
たぶん、自分で乗ったことがないんでしょうけど、私なら「ソロ」に空席があれば、「一人旅なら個室が快適ですけど、いかがですか? 値段は一般車と同じです」ぐらい、お客様に聞くけどね。
乗ってみりゃ、土曜の夜だというのにガラ空きで、車掌さんに「ソロへ変えて欲しい」と申し出たら、快くOKでした。
もっとも、個室は快適ですけど、なにぶん運行時間が7時間30分ですから、あんまりゆっくり寝てられないのが惜しい。。。。
(後日談・・・「あけぼの」で青森へ行った時は「びゅうプラザ」で寝台券を買ったけど、さすがにJR東日本直営店だけに、カウンター嬢は「ソロ」を勧めてくれました。自分でも試して、気に入ったんでしょうね。
さらに・・・その2ヶ月後、博多まで「はやぶさ」に乗ったら車掌さんが「ほほう。東日本さんの”ソロ”ってどうでした? うち(JR九州)のとは構造が違うらしいですね」と、いたく興味をお示しになったのが愉快でしたね。)
==============================
さて・・・「北陸」が出たら、お次は「能登」ですね。
「北陸」は13番線から出ます。このホームは、普通列車も発着するので入場券は不要ですが、「能登」って特急ホームの16番線なのよね。。。。
ここは、ホームの出入り口に改札があり、見るだけでも入場券が必要です。

489系・・・国鉄カラーは嬉しいんですけど、長年の旅路で、ずいぶん疲れているように見えました。


「読売」の記事にある「レディースカー」の利用者は、この日は5人でした。
初めて気がついたんですが、レディースカーだけのサービスとして、荷物棚に積んである毛布(消毒してビニールパックされている)を自由に使えるんですね。一般の普通車にはありませんでした。
(ただし、枚数が定員分はないから、混雑してる時は早めにゲットするべし。あと、その毛布、ものすごくケバい花柄ですけど。。。。)


それはいいとして、「へぇ?、毛布があるんだ?」なんて感心していたら、私よりちょっと若い感じの子に
「写真撮ってるよ、このねぇちゃん。これが、世にいう”鉄子”ってやつか?(キャハハハ)」
みたいな目で見られたのには参ったな~。(-_-)
(悪いけどアタシ、「鉄子」なんて下品な言葉が出来るず~っと前から鉄道趣味やってますけど、何か?)

車両を点検していたら(・・・って、ヘルメット姿でハンマー持ってるみたいだけど)、面白い物を発見!!!!
まずは、ナンバーの前に描いてある「○」印(直径40ミリと決まっているそうです)。


「北陸」のスハネフ14にも描いてありましたが、これは「横川~軽井沢間(碓氷峠)通過可能車」の印です。
碓氷峠では、すべての列車に「峠のシェルパ」EF63形電気機関車が2両、サポート役として連結されましたが、峠を登る列車は、強力な機関車が後押しするわけですから、
車体の台枠や連結器部分が脆弱だと、ひしゃげてしまうんですよ。それで、これは「補強済みです」というマークです。
ただまあ、補強済み車は結構全国各地にあって、岡山電車区の115系電車1000番代車にも全部そのマークがあり、運転台には「横川~軽井沢間通過時の取扱方」なる注意書きが貼ってあったとか。
(宇田堅吉・著『鉄路100万キロ走行記』[グランプリ出版・刊]より)
岡山の車両が碓氷峠を走る機会なんか、まあ絶対にないんですが、なにしろ国鉄っていうのは全国組織ですから、「いつ、この車両が長野運転所や新前橋電車区に転属するかわからないから」という備えだったようです。

もっとも、横川~軽井沢間など廃止されて10年以上経ちますから、もはや、こんなマークは消したって構わないし、事実、消された車両も多いんですが、
これは、わかる人だけにはわかる、一種の「メモリアル」なんでしょうかね。。。。
(しゃがんで撮ったので、間違いなく「おパンツ丸見え」だったのはナイショだ・・・ベージュっぽいピンク色のですけど。。。。)

だけど、こんなので驚くには、まだ早かったんです。。。。
なんと!!!!!
「日本国有鉄道」の銘板を発見!!!!!
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!


これはびっくりしたな、モ~。。。。
本物・模造品を含め、結構あちこちの鉄道グッズ・ショップで買えるし、ネットオークションにも出品されてますが、現役車両に取り付けられているのが、まだあったとはね。。。。
これ、絶対に「確信犯」で外してないんだと思いますよ。。。。
==============================
今のところは「さよならフィーバー」なんていう変な現象も起きておらず、「鉄道アイドル」気分(プッ!)でセルフ写メ撮ったりして遊べますから、「鉄道娘」諸嬢におかれては、ぜひお試しを(笑)。
・・・と言いつつ、自分のは見せない(汚ねぇ?!)。
なぜなら、うちで「セクシーショット(苦笑)」撮っていてもそうなんだけど、私、野外撮影ってものすごく堅いというか、おっかない表情になっちゃうんだよね。。。。
「MK5」(マジで切れちゃう5秒前)顔っていうか。。。。
引退しちゃったリア・ディゾン嬢ふうに「思い入れタップリ目線」とかやってみたんだけど・・・写っていたのは「学校の」ならぬ、「上野駅の花子さん」でしたとさ。。。。
とても、そんな「ホラー画像」は見せられません。。。。
自分で(​ノω`​)プ​プフ​゚
(今度はセルフじゃなくて、リエちゃんにでも撮ってもらいたいけど、彼女は12月からパートのお仕事を始めたらしく、忙しそう。。。。)

まあ「ホラー画像」撮ってる暇があったら、「能登」でも「北陸」でも、乗ってみることですね。。。。
乗るならJR東日本の「北陸フリーきっぷ」がお値打ちですよ(年末年始も使えます)。
東京都区内発だとグリーン車用2万4100円、普通車用2万1500円(4日間有効)です(大宮~川口・戸田公園間各駅発は、それぞれ400円安)。
フリー区間は北陸本線富山~金沢~加賀温泉間、高山本線富山~猪谷間、城端線、氷見線、七尾線全線です。
これが面白いことに、グリーン車用・普通車用含め、「北陸」の「ソロ」にも乗れるんです。「能登」にも。
(もちろん、上越新幹線~越後湯沢~特急「はくたか」の乗り継ぎでもOK・・・っていうか、それがメインルートですけどね。)

北陸の鉄道は、私、富山ライトレールってまだ乗ってないし(JR富山港線時代に乗ったけど)、もっぱら私鉄に「乗ってみたい路線」が多いな~。。。。
「どうしようか?」「いつ行こうか?」思案のしどころね!
(o^-')b 
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

今回も、読み応えありました!!感謝感激。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。