11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ELパレオエクスプレス」で武州原谷駅を見てきたよ!

秩父鉄道「ELパレオエクスプレス」(2012年9月30日・武川駅)

(前回からの続き・2012年9月30日[日曜])
秩父鉄道・武川10時33分発の「ELパレオエクスプレス」、デキ502号機が12系客車4両とデキ201号機を従えて、ゆっくりとやって来ました。
ヽ(゜∀゜ )ノ
電気機関車牽引の12系客車列車といえば、この夏、私はJRの「EL&SL碓氷」「EL&SLみなかみ」を追いかけ、
9月1日にはEF65 501号機牽引の団体専用列車(上野~水上間)も撮りましたが、秩父鉄道のデッキ付き機関車も貫禄たっぷりで、いいなー。
(*'-'*)
しかし・・・乗ってみれば乗客は1両に5~6人。。。。
秩父鉄道スハフ12形車内(2012年9月30日)

これはもったいない。どんどん乗ってください。
今なら、指定席料金(700円)や乗車整理料金(自由席:500円)は不要。乗車券だけで乗れます。
ボックス席でゆったり。トイレもあります。
車内販売のワゴンが積んであり、クーラーボックスが載せてあったのでアイスクリームでも買おうと思ったんですが、
この乗客数では商売にならず、営業休止なのか販売員の姿を見ませんでした。

この元・JR12系、内装はリニューアルされていますが、洗面所は、ボタンを押すと水が出るという「いにしえの」姿。。。。
(水の出は悪かった。冷水機は使用停止になっています。)
秩父鉄道オハ12形・洗面所(2012年9月30日)

現在運行されている「ELパレオエクスプレス」は、あくまで損傷した蒸気機関車の代替ですが、
蒸気機関車の法定検査期間中、あるいはファンサービスとして電気機関車牽引で運行されることは従来からしばしばあり、
ちゃんと「ELパレオエクスプレス」用のヘッドマークも用意されています。
秩父鉄道「ELパレオエクスプレス」ヘッドマーク(2012年9月30日)

「指定席」「自由席」の札(サボ)も「ELパレオエクスプレス」用。
(ただし、前述のように現在は全車自由席です。)
秩父鉄道「ELパレオエクスプレス」指定席サボ(2012年9月30日)

秩父鉄道「ELパレオエクスプレス」自由席サボ(2012年9月30日)

25年前、1988(昭和63)年に「パレオエクスプレス」が走り始めた当時、客車はJR東日本から借用の旧型客車、あるいは青い12系でした。
1989(平成元)年9月に武州日野~白久(しろく)間で撮った「パレオエクスプレス」の写真があるので、貼っておきますね。
秩父鉄道「パレオエクスプレス」(1989年9月・武州日野~白久駅)

この当時、C58 363号機には変な装飾が取り付けられており、大変に評判が悪かったんですが、これは機関車の所有権を持っていた「埼玉県北部観光振興財団」なる財団法人の意向で、
同財団が解散し、秩父鉄道の自主運行になった2003(平成15)年に、おかしな装飾は撤去されました。
\(^o^)/

客車は、JR側の車両事情で借用できなくなったのを機に、秩父鉄道がJRの中古12系を4両(および部品取り用1両)購入することになり、2000(平成12)年から秩父鉄道車による運行となりました。
(左側:JRの車号、右側:秩父鉄道の車号。JRでの最終配置は高崎運転所[高タカ])
・オハ12 32 → オハ12-112
・オハ12 34 → オハ12-111
・スハフ12 149 → スハフ12-101
・スハフ12 152 → スハフ12-102
※他に部品取り用としてオハ12 363を購入。

10時51分、寄居に到着・・・のはずなんですが、1分ぐらい早着したかもしれません。
20両編成の石灰石貨物列車を引っ張るのが普段の仕事であるデキ502号機にしてみれば、「たかが12系4両+回送機関車1両」など軽くて、遊んでいるようなものでしょう。
東武東上線のホームに、小川町行の8000系電車が停まっています。
秩父鉄道「ELパレオエクスプレス」(2012年9月30日・寄居駅)

この駅の駅名標、ずいぶん古風です。
ただ、桜沢駅は1989年4月1日開業なので、枠はともかく、看板部分はそのときに作られたものだと思います。
秩父鉄道寄居駅・駅名標(2012年9月30日)

こちらの乗換案内標は正真正銘、相当に古そうです。
秩父鉄道寄居駅・乗換案内標(2012年9月30日)

寄居で9分も停車するのは、後続の急行「秩父路3号」に抜かれるためです。
これがまあ、一人前に200円の急行料金を徴収する列車でして、ホームに「車掌さんカバン」を下げた若い駅員さんが立って急行券を売っていました。
秩父鉄道6000系(2012年9月30日・寄居駅)

元・西武101N系にリクライニングシートを取り付けた6000系電車、こんなアングルで見てもパッとしませんね。
でも、皆様のブログを見ると、走行シーンは結構かっこいいので、今度は沿線で撮りたいと思います。

しかし急行「秩父路」といえば、今は無き300系電車が懐かしいですね。
(*'-'*)
狭いボックス席で冷房もなく、「これで急行料金を取るの?」って感じでしたが、大手私鉄の中古車ではなく、1959(昭和34)年・日本車輌製の自社発注新造車でした。
中間のアルミ車・サハ352が印象的です。
(1997[平成9]年廃車。)
秩父鉄道300系急行「秩父路」(1989年9月・熊谷駅)

次の長瀞でも11分停車し、普通列車に抜かれます。
この駅舎がまた、いい雰囲気だなぁ。。。。
秩父鉄道長瀞駅(2012年9月30日)

皆野に停車し、いよいよお楽しみの「武州原谷駅停車」です。
(11時59分着/12時02分発)
ここは秩父太平洋セメント秩父工場の構内に隣接した貨物専用駅で、乗降はできません。
(1956[昭和31]年2月5日開業)
武州原谷駅臨時停車は9月30日までで、それもあってこの日、乗ってみたんでした。
秩父鉄道・武州原谷駅(貨物専用・2012年9月30日)2

広い構内にはデキ507号機が1両、ポツンと停車していました。
背後のホームは、24年前に車窓から見たときには有蓋貨車がずらりと並び、袋詰めのセメントを積み込んでいましたが、
今、貨物列車ではそのような物を輸送しなくなり、ガランとしています。
秩父鉄道・武州原谷駅(貨物専用・2012年9月30日)3

遠くで、赤いディーゼル機関車が例のヲキ、ヲキフを押しながら石灰石を積み込んでいます。
秩父鉄道・武州原谷駅(貨物専用・2012年9月30日)

あの機関車は何だろう?
(・.・)?
秩父鉄道・武州原谷駅(貨物専用・2012年9月30日)4

木が邪魔でうまく撮れませんでしたが、「D304」というナンバーが見えました。
このときは「謎の機関車」のままでしたが、帰宅後に調べたら、さすが『レイルマガジン』編集局長・名取紀之氏のブログ「編集長敬白」に記載があり、
それによれば、秩父太平洋セメント所有の物で、1967(昭和42)年・日立製作所製の45トン機だそうです。
秩父鉄道の所有ではなく、ATSなどの保安装置も持っていないでしょうから、構内しか自走できないだろうと思いますが、ちょっとこの12系でも牽引させてみたい感じですね。
(*'-'*)

これも帰宅後に調べたら、皆さん結構この駅やD304の写真をブログに発表しています。
武州原谷駅は「大野原から1.1km」だそうで、まあ、横目で線路を見ながら徒歩20分・・・というところでしょう。
徒歩20分ぐらいなら暑くない季節を選んで、大野原駅から歩いてみてもいいなと思いました。

なぜ、そんなきっぱり言うかといえば、私、秩父鉄道もうひとつの「謎の貨物駅」三ヶ尻駅を見に行ったことがあるのよ(下の写真2点)。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!
三ヶ尻は武川~熊谷貨物ターミナル間の貨物線にある駅で、公式には「武川~三ヶ尻間3.7km」となっていますが、
歩いて行くなら明戸駅で降りたほうが近いです。もっとも、明戸からでも2km以上はあると思いますけど。
秩父鉄道三ヶ尻駅構内(2008年5月17日)

上の高架橋は上越新幹線です。新幹線が通過するシーンを撮りたかったんですが、意外に本数が少なく、あきらめました。
秩父鉄道三ヶ尻駅構内(2008年5月17日)2

線路は三ヶ尻から熊谷ターミナルへ続いていますが、そこまで行っても仕方がなく(旅客列車は停まらない)、
ぶらぶら歩いて高崎線の線路が見える地点まで行き、そこから籠原駅へ出て高崎線で帰りました。
歩いていたら、熊谷ターミナルから武川へ回送される単行機関車が通過しました。
秩父鉄道デキ301(三ヶ尻~熊谷貨物ターミナル間・2008年5月17日)

このときはお友達と一緒で、しゃべりながら歩いていましたが、さすがに明戸から6~7kmも歩いて疲れ、当然、高崎線はグリーン車に乗りました(笑)。
三ヶ尻駅へ行ってみたいけど歩く自信のない方は、明戸駅には常駐のタクシーがないので、JRの籠原駅からタクシーに乗るとよいと思います。
(バスは当てになりません。)
三ヶ尻線は旅客営業の許可を取っていないのか、イベント列車を含め、旅客列車が走った記録はない模様ですが、一度乗ってみたいですね。。。。

余談が長くなりましたが、秩父でも4分停車して普通列車に抜かれます。
考えてみたら、この列車は「観光列車」ですから相当に遅く、一日フリーきっぷを買い、急行列車や普通列車を乗りこなして途中下車すれば、
沿線で同じ「パレオエクスプレス」を何度か撮影できそうです。今度やってみます。
(*'-'*)
12時18分に御花畑へ到着。今日は、ここまでにします。
またね~♪(*'​-')​ノ
秩父鉄道「ELパレオエクスプレス」(2012年9月30日・御花畑駅)

後部のデキ201号機はパンタグラフを下ろしており、運転士も乗っていない単なる「回送」で、プッシュプル運転ではありません。上り熊谷行5002列車は、このデキ201号機が「本務機」として牽引します。

「ELパレオエクスプレス」に乗ると「乗車証」を貰えますが、これは乗車の際に受け取ることになっています。
秩父鉄道「ELパレオエクスプレス」乗車証

武川では改札の外へ出なかったので貰っておらず、御花畑で下車するとき、駅員さんに申し出たら、
「ああ、最初はひろせから乗りましたか。あの駅は”パレオ”が停まらないから、証明書は無いんです。これをどうぞ」
と、1枚くれました。乗るときに貰い忘れた方も、降りた駅でお願いすれば貰えると思います。

さて、終点の三峰口まで行かず、御花畑で降りたのは、西武秩父線の横瀬に行きたかったからですね。。。。
(*゚ー゚)ゞ
(次回に続く)

【「ELパレオエクスプレス」のご案内】
※武州原谷駅(貨物駅)の臨時停車は9月30日で終了しました。

※10月7日(日曜)の「EL5重連秩父祭号」は熊谷~秩父間の運行です。
(三峰口までは行きません。また、武川駅・皆野駅は通過します。)
・5001列車 熊谷発10:10→秩父着12:07
・5002列車 秩父発14:36→熊谷着16:18
(停車駅:寄居・長瀞)

※それ以外に、10月は次のイベント列車として運行される予定です。
10月14日(日曜)「EL鉄道の日記念号」
10月27日(土曜)「ELオレンジエクスプレス」
10月28日(日曜)「ELハロウィンエクスプレス」

詳しくは、秩父鉄道公式サイトをどうぞ。
http://www.chichibu-railway.co.jp/
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

ELパレオエクスプレスですね!
特別料金なしで乗れるなんてお得ですね!
(*^,^*)
座席は赤なんですね
(・.・)ほぅ
よりいの駅名標と乗換案内の字体が可愛い感ありますね
過去の画像も交えて充実した内容になりましたね
10月は鉄道関連行事が多く楽しみですね
(^.^)v

今度は昔の職場の近所だ( ​゚∀゚​)・∵​.

前回のエントリーでのレスありがとうございます。
お陰様でどうにか元気でやっております。
まぁ、色々と大変なことがあったりもしますけど(^^;;
※そんな中昨日(10/2)、Kスタ宮城での楽天×ソフトバンク戦を見るために、往復東北道利用でトータル15時間の弾丸ツアーをやってしまった私w

武州原谷のD304と言えば「突放作業」が有名ですね。
こちら↓にその模様の動画がありました。
http://www.woopie.jp/video/watch/20b40bec6ac69a2d
(元の動画はニコ動にあるのですが、こちらのサイトでならID入力不要で見られますんで)

んじゃまた

羨ましい

お疲れ様です

ELパレオ行かれたんですね。行きたかったのですが、当方は自粛期間がもう少し残ってます。武州原谷停車なんて、そう味わえるものではありませんから。これは本当に貴重な経験でした。秩父なら泊まりがけでないので自粛期間も十分に行けるエリアなんですけど、精神的にも断念せざるをえませんでしたv-292その分、来週以降は「はっちゃけ」ますよ!

駅名標はかなり古いタイプですね。このタイプだと蛍光灯の数が少なく(下の方にないのでその分だけ下の方は暗くなる)、ある意味エコなんですよね。以前は水上や会津若松にも番線表示で残ってましたが、いつの間にか消えてしまったようです。

この前のもそうですが、古い画像は紙焼きのスキャニングでしょうか?当方も80年代初頭から90年代初頭のネガプリント、またそのあと昨年までのポジも大量にあります。幸い保存状態はどちらもよく、今も時折プリントする分には何ら遜色ありません。当面は問題ないでしょうが、今後どうデジタル化しようかと思案にくれているところですv-394

ヘッドにあります本のうち「ラストバンカー」の方は前に斜め読みしました。熟読していないので感想を述べるのはいけないのかもしれませんが、「経済をとる人からすると、こうなんだろうなぁ」というのが感想でした。
本当にすみません。昔から読書感想文は苦手で、授業中に「なんで本の感想など他人に発表しなければならないんだ」と平気で教師に盾つく人間だったもので。
あと、これは個人的なもので、うまく説明できないんですけど、どうしてもこの人を好きになれないんですよ。何が嫌いなのか…生理的なものなんでしょうか?よくわかりません。

また長々と失礼しました。そうそう、コメント違うなぁという点があったら、バッサリとやっていただいて構いません。

では

客車列車

確かに特別料金不要の客車列車ですね。秩父鉄道もSLが脱線して
観光客が落ち込んでいるようなので、乗って少しでも応援しなければ。途中の停車駅での停車時分が長いのもあって三峰口までかなり時間がかかりますね。でも空いた客車列車なら苦じゃありません。
あの、大きなセメント工場の貨物駅「武州原谷」っていうんですね。初めて知りました。情報ありがとうございます。

なつかしい!

みっぴょんさん、おはようございます!

続編楽しみにしておりました。武州原谷停車のELパレオにご乗車とは、珍しい体験ができましたね。武州原谷を撮りに行こうと思いつつ、この夏も暑さに負けてまだ未体験です。大野原から1キロ程度なのはわかるのですが(中学生のころは大野原~黒谷と歩いていたのですよ)。

昔の写真に今回は特に萌えました。運行開始当時の旧型客車のパレオエクスプレスも懐かしいし、熊谷駅留置中の300系303編成「急行秩父路」をこちらで拝見できるとは感激ものです。私はこの電車やツリカケ100形が好きで鉄道写真を本格的に始めたようなものなので、とても思い入れがあります。昭和の終わりには確かに古びていましたけど、タイフォンを盛んに鳴らしてどんどん駅を通過していくオリジナル電車は、私にはとてもかっこよかったんです。

続きを楽しみにしております~。

コメントありがとうございます♪

まとめて失礼します。
(*'-'*)

#aki様
>(12系の)座席は赤なんですね

以前撮った写真を見ると、車体が緑色塗装だった当時は、内装はJR時代と変化が無く、青い座席でした。
最近、全面リニューアルした際に変えたようです。
今は、子供たちの「ぬりえ」が飾られていました。

>よりいの駅名標と乗換案内の字体が可愛い感ありますね

駅名標のは「ナール」っぽいフォントですが、乗換案内板は懐かしい「国鉄隅丸ゴシック体」みたいですね。

>過去の画像も交えて充実した内容になりましたね

この写真を探すのが大変でしたが(笑)。

#桐生下り1番様
>※そんな中昨日(10/2)、Kスタ宮城での楽天×ソフトバンク戦を見るために、往復東北道利用でトータル15時間の弾丸ツアーをやってしまった私w

北関東道が開通して多少楽になったとは思うけど、えらいことですな!
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!

リンクのサイトは、ダウンロードに恐ろしく時間がかかったので観るのを断念しましたが(サーバがショボイんだと思うの)、「ようつべ」にもD304の動画は、いっぱい落ちてますね。

#たか様
>以前は水上や会津若松にも番線表示で残ってましたが、いつの間にか消えてしまったようです。

会津若松は、あまり昔には訪れたことがないので存じませんが、
水上は駅名標もこのタイプでしたよ。

>今後どうデジタル化しようかと思案にくれているところです

これは写真を撮る人なら全員共通の悩みでしょうね。
乾板の時代はわからないけど、ロールフィルムという技術は80年ぐらい続きました。
しかし、デジタルの記録方法は10年か15年ぐらいで「新陳代謝」してしまうのかもしれません。
それこそ、10年か15年に一回、「その時代の最新の方法」でデータのバックアップを取り直ししなければならないんでしょうか?!
それでも、原版であるネガは捨てられないんだろうし。。。。

そして、趣味は「一代限り」なんですよね。
私が死んだら、こんな物に誰も見向きもしないんだろうな。。。。
┐('~`;)┌

>ヘッドにあります本のうち「ラストバンカー」の方は前に斜め読みしました。

まあ、「一流の銀行家とは、こういう人のことをいうんだろうな」とは思いました。
ただ、こちらは預金したり融資を受ける立場なので、そう考えると「どうよ?」って気もしましたけどね。
私も、晴れているときにニコニコ顔で「傘、貸しましょうか」と言い、雨が降ってくると「返せ」というのが銀行・・・ってことは、一応、体験的に知っています。

>コメント違うなぁという点があったら、バッサリとやっていただいて構いません。

間違いや勘違いしない人なんていません。ドンマイ!
(*'-'*)

#キネ様
房総半島からだと少し遠いけど、ぜひお出かけくださいませ!

>あの、大きなセメント工場の貨物駅「武州原谷」っていうんですね。初めて知りました。

昔、新鶴見操車場には「武州原谷駅常備」の、旧称「チチブセメント」の貨車がよく来てました。
今でも鶴見線扇町~三ヶ尻間の貨物列車があります。
(ただし、積荷は石炭です。三ヶ尻工場のボイラーに使う石炭を、川崎港まで受け取りに来ます。産地は中国かな?)
千葉管内はセメント列車があんまりなかったかもしれませんね。

#きえふにいさん様
>中学生のころは大野原~黒谷と歩いていたのですよ

う~ん、子供は「怖いもの知らず」ですねぇ(笑)。。。。

>運行開始当時の旧型客車のパレオエクスプレスも懐かしいし、熊谷駅留置中の300系303編成「急行秩父路」をこちらで拝見できるとは感激ものです。

これ、探すのが大変だったんですけど、喜んでいただけて「載せてよかった」と思いました。

>タイフォンを盛んに鳴らしてどんどん駅を通過していくオリジナル電車は、私にはとてもかっこよかったんです。

秩鉄オリジナル車ってところがいいですよね。
日本経済が右肩上がりだった時代、地方私鉄に活気があった時代を偲ばせます。
昭和50年頃の統計では、秩鉄の貨車は900両ぐらいあったらしいです。
その頃、もう大人になっていたらなぁ。。。。
電気機関車も、今、三峰口に保存されている「元・阪和電鉄」のがまだ動いていたんじゃないかと思いますね。
(ただ、当時は「フリーきっぷ」とかなかった。この点は、今の方がありがたいですね。)
(*'-'*)
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。