06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表参道でイルミ見物(*゚∇゚)ノシ


東京・原宿表参道のケヤキ並木にイルミネーションが復活・・・というのは全国ニュースで報じられたのでご存知と思いますが、
イルミ大好きの「イルミッピョン」(笑)としては、10月13日付けの報道発表で「今年から復活」というのを知って以来、ず~っと楽しみに待ってました。
12月1日からやっていますが、今夜(12月4日)見てきました。

明治神宮入口付近から、表参道と青山通りとの交差点(地下鉄表参道駅前)までの約1kmにわたり、約100本のケヤキに約63万個の電飾が飾られています。
期間は来年1月10日までで、点灯時間は夕方5時から夜10時までです。
実行委員会の公式サイトは、こちら。↓
http://www.omotesando.or.jp/bellsymphony/【リンク切れ】
これは日本のイルミネーションの草分けといってもよく、1991(平成3)年からスタートしましたが、マナーの悪い観客による騒音やゴミが問題になり、
1998(平成10)年で中止されており、今回、11年ぶりの復活です。

苦情を申し立てた地元住民の気持ちっていうのも、わかるんですよねぇ。。。。
モイさんのお知り合いで、3代だか4代に渡って、表参道のお隣、竹下通りにお住まいの方がいらっしゃるそうですが、
初対面の時、名刺に「週末は、こっちにいるから遊びに来てくださいよ」と、「046-87*-****」という電話番号を書き足してくれたとか。
この局番は逗子市で、「ほほう。逗子に別荘とは優雅ですなぁ」と褒めたら、その方は「いやぁ、変な話、土日なんか寝てられませんわ。全国から、うちの前にいろんな人が来るんですぞ」と。
その後、横須賀線にイベント列車が走った折、思い出して逗子駅から電話し、別荘を訪問したそうですが、別荘の主は「ここは別世界ですよぉ」とおっしゃったとか。そうでしょうね。。。。

それはともかく、その後、首都圏どころか、地方でもちょっとした駅前商店街でイルミをやっていない所などないくらい、この時期はどこでもイルミをやるようになりましたね。
(私の住む街でも、故郷の駅前でも、やっております。)

今回復活するに当たって、白熱球から「木に優しい」とされるLEDランプに変わりました。
また、実施前に木の診断が行われ、「弱っている」と診断された木には電飾が設置されていません。
該当する木の前には「環境を考えるキーワード」が1文字ずつ書いてある看板が設置され、全10箇所を回ると「その言葉」がわかります。
そして、それを実行委員会のデスク(表参道ヒルズの前)で申告すると、記念品が貰えます。
なお、かつてのスポンサーはJTでしたが、今回からHISになりました。

通りのイルミ自体も綺麗なんですが、沿道のビルもそれぞれ独自に電飾を飾っており、「相乗効果」的に美しい風景を作り出しています。
下の写真は「ディオール」の前です。ディオールの赤い照明とのマッチングが、何とも言えません。。。。
(*-_-*)うっとり


ふと思ったんですが、日本人の「イルミ好き」って、桜や紅葉を喜ぶ民族性と関係あるのかもしれませんね。
人工的なものとはいえ、「木々が色づく」というのが好きなんですよ、きっと。
灯火(とうか、ともしび)っていうのは、人の心を和ませてくれるものですし。。。。
(私は、つい昨日か一昨日・・・じゃなくて(笑)、十数年前の専門学校時代に経験した「戴帽式」をいつも思い出します。)

でも・・・ここで撮ったセルフ写メは、おっかない顔で写ってたので非公開ね。
なんでおっかない顔だったかっていうと・・・歩き回っているうちにストッキングがズリ落ちそうになってしまい、イライラしてたから。。。。
(​ノ∀≦。​)ノプフ​゚ーッ​
(直したわよ、表参道ヒルズのお手洗いで!)

ところで、原宿といえば・・・忘れられないのはイギリス風のハーフティンバーを持つ、原宿駅の表参道口駅舎です。


これは1924(大正13)年竣工、設計者は長谷川馨(鉄道省建築課)。東京23区内のJR線では現存最古の木造駅舎です。
しかしまあ、ネット上の記述って、メチャクチャなんですね。。。。
竣工年もバラバラですし、「都内最古の木造駅舎」と決め付けているのが多いけど、私鉄は? JRでも多摩方面の駅はどうよ?
「ウィ」だか「キ」だかという名のフリー百科事典には「中央線日野駅の駅舎は、先代原宿駅舎が移築された物」なんて書いてあるけど、
出典も不明ですし、逆に「日野駅」の項には、そんなことは一行も書かれていません。いい加減だなぁ(呆)。。。。
(ネット情報は信頼できないので、ここでは杉崎行恭・著『日本の駅舎』『駅舎再発見』[いずれもJTBキャンブックス]の記述に従っておきます。)

これは、いい駅舎ですよ・・・もっとも、私は娘時分、ここで男の人と待ち合わせしてすっぽかされ、全然知らん男性にナンパされてついてっちゃったことがありますけど。
((ヾ​(∀´​* )​ アヒ​ャヒャ​ヒャヒ​ャ
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。