10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いすみ鉄道にキハ28がやってくる!ヽ(゜∀゜ )ノ

キハ58形(2005年7月・弘前)

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)

私の大好きな大好きな、千葉県のいすみ鉄道には、この夏「AKB48」の”わさみん”こと岩佐美咲嬢が来訪してイベントが実施され(私はAKBなど、今回「卒業」する前田敦子嬢ほか、6~7人しかわからないけど)、
えれえ騒ぎだったらしいですが、AKBで喜んでる場合じゃないぜ!
私たちにとっては、もっとすごい(往年の)スターが富山からやってくるよ!

キハ52 125に続く、「国鉄気動車」シリーズ第2弾として、
JR西日本からキハ28 2346(金トヤ)がやってくる!!!!

キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!

8月27日付、いすみ鉄道「社長ブログ」で発表されましたが、これは楽しみです!
http://isumi.rail.shop-pro.jp/
(注:「現時点での問い合わせ等には一切回答しない」とのことですから、今後の公式発表を待ちましょう。)
キハ58・28形(2002年6月・盛岡)1

キハ28 2346は1964(昭和39)年に、大阪府堺市にあった帝國車輛工業(後に東急車輛製造と合併。帝國車輛の工場跡地は現在、ショッピングモール「アリオ鳳」になっている)で製造され、
「社長ブログ」によれば、「新製当初の昭和39年に、ひと夏房総の夏季輸送に活躍した経歴があります」とのことです。
その後の主な活躍場所は山陰本線などであったらしく、私がざっと調べたところでは、1968(昭和43)年3月31日現在の配置区所は米子機関区(米ヨナ)、
1973(昭和48)年3月31日現在では鳥取機関区(米トリ)に配置されていました。

山陰地方は、1982(昭和57)年に伯備線と山陰本線(一部区間)が電化されるまで、国鉄線の電化区間が全然なかったこともあり、
キハ28・58系による急行列車の天下で、古い時刻表を見ると、大阪・京都、あるいは岡山・広島・博多方面と結ぶ、相当に面白い列車が走っていたとわかりますが、この車両もその一翼を担っていたのでしょう。

なお、新造時の車号は「キハ28 346」でしたが、冷房化に伴って4VK+DM83型電源装置(ダイハツ製)を取り付けた際、改造済みであることを識別するため「キハ28 2346」に改番されました。
(冷房化改造工事は1969年度にスタートしており、この車両が改造されたのは1970年前後と思われる。1973年時点では車号が「2346」になっている。)

1987(昭和62)年4月1日、JR発足時点での配置区所は七尾運転所(金ナナ)で、国鉄末期から廃車までは、ずっと北陸で過ごしました。

今回、いすみ鉄道が購入するキハ28は、キハ52と連結して2両編成で運行されるようです。
キハ28・58系で統一された編成にならないのは残念ですが、逆に、国鉄時代のローカル線では、急行用も一般用も混ぜこぜに連結した普通列車が当たり前に走っていましたから、
それはそれで「懐かしい姿」が見られるわけで、待ち遠しいですね。
ヽ(^▽^)ノ
キハ58・28形(2002年6月・盛岡)2

では、ワクワクしながら今後の発表を待ちましょう!
ドキ​ドキ​(*゚​∀゚)​ドキ​ドキ​
(今回の写真は全てイメージで、キハ28 2346ではありません。これらは盛岡運転所にいたキハ58なんですが、あくまで「同系列車両のイメージ」としてご覧ください。
名古屋南車両区にいたキハ28形国鉄急行カラーの写真があるはずなので、探しておきますね。)

【画像追加】(2012-09-01)
お約束どおり、名古屋南車両区(海ナコ)のキハ28・58系の写真を見つけたので、貼っておきますね。
(ナンバーは・・・キハ58 796と判読。)
(*'-'*)
こちらの方が、いすみ鉄道に来るキハ28 2346のイメージに近いと思います。
キハ58 796(海ナコ)急行「のりくら」(1989年11月・高山駅)

列車は高山本線の名古屋行き急行「のりくら8号」。1989(平成元)年11月・高山駅にて。
後部(手前)の2両は富山始発。前部のキハ58形も名古屋南車両区(海ナコ)の所属(高山で増結)で、快速「みえ」カラーでした。
「のりくら」は1990年3月のダイヤ改正で定期運行廃止が決まっており、キハ28・58系の廃車も進んで、ありあわせの車両を適当に連結していたようです。
(注:区所名は撮影当時の呼称。)

【参考資料】
石井幸孝:著『キハ58物語』(JTBキャンブックス)
『鉄道ピクトリアル』2008年3月号(「惜別キハ58系」特集号)ほか

《追記》(2012-08-29)
「社長ブログ」は逐一更新されており、「あくまで(鳥塚社長の)私案」と断りつつも、
●キハ28形の搬入は10月中旬。
●エンジン、トルコン等の動力関係部品は、レストア用を一式確保済み。
●整備作業や試運転が順調にいけば、年末年始には旅客営業運転をしたいと思っている。
(キハ28形は、座席の一部を指定席とする。キハ52形は自由席車とする。)
●同じ頃に、新型車両いすみ350形もデビューする。
●2013年度にダイヤ改正を実施し、
・平日ダイヤと土曜・休日ダイヤの分離。
・小湊鉄道の列車との接続を改善する。
・土曜・休日ダイヤでは、キハ28+52を日中時間帯に大原~上総中野間の通し運行とする。
(大原~大多喜間は急行、大多喜~上総中野間は普通列車として運転。)

・・・計画である、と発表されています。

それはそうと、
※キハ30につきましては来年度事業になりますので、詳細発表は年度末になります。」
って、何の話ですか?!(笑)
(((​゚д゚​;ノノ​ぇぇぇ!

なお、業務に支障をきたしますので、お電話でのお問い合わせは、くれぐれもご遠慮願います
web(社長ブログ、フェイスブック、公式サイト)や、新聞報道等での発表を待ちましょう。
よろしくお願い申し上げます。
m(-_-)m
============================
【お知らせ】は「続きを読む」へ。
(CSSとかに興味のある方以外は、わずらわしいので読まなくても構いません。)

《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)



【お知らせ】(2012-08-29)
7月18日から、現行の「コロボックル」のテンプレートになりましたが、
テンプレートの仕様の関係で「写真の右側が切れてしまう」という問題点がありました。
「写真にカーソルを当てて左クリックし、別ウィンドウで見れば、正しいサイズで見られる」とご案内しましたが、それはカッコ悪いし面倒なので、解消したいと思っていましたが、
「記事欄」の横寸法を、元々の510ピクセルから535ピクセルに変更しました。
完全とは言えないかもしれませんが、ある程度、不恰好だったのが解消されたかと思います。
よろしくお願い申し上げます。
(ただし、左側のサイドバーが記事欄ぎりぎりまで接近してしまいました。これはどうしようもないので、ご容赦くださいませ。この「535ピクセルにする」という手法は私の思いつきで、こんなの、どのマニュアルにもないので、これ以上いじったら直せなくなるかもしれず、ヤバいんですよ。。。。)

なお、全体の横幅を元々の1000ピクセルから、1100ピクセルぐらいにしてしまえばいいのかもしれませんが、
そうすると、携帯やスマホで見た場合の型崩れが予想されるので、影響を最小限にするため「記事欄の25ピクセル拡大」にとどめました。
(このテンプレを作った方からすれば、「そんな加工は邪道」とおっしゃるかもしれないけど、やはり「記事欄が510ピクセル」っていうのは狭いし、全体の横幅も一般的には「1024ピクセル」のwebサイトが多いのに、1000ピクセルになっていること自体が珍しいんだから、仕方ないですね。線路の「狭軌」「広軌」みたいな話ですけど[笑]。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

いすみ鉄道にキハ28来るんですね
(@.@)
キハ28・58って子供の頃にディゼルカーって覚えた時に初めて知った形式です
待ち遠しいですね
(*^▽^*)ゞ

キハ58系と言えば

僕には急行ちどりですね。みよしでなくちどり、たいしゃく。やまのゆの方が親しみあり、中でもちどりは陰陽連絡急行として長い歴史を持ってましたし、一時は岩国発着もあって広島でも西部地区に住む私には思い出多き列車でした。夜行便までありましたし。

いよいよ

キハ28が来ますね。以前、ある方から聞きましたが、発表前なので黙っていました。
いずれにしろ、二度と乗れないと思っていたキハ28にしかも千葉で乗れるのは夢のようなことです。

年明けに営業運転と地元紙が報じていますが、待ち遠しいですね。

キハ28!

みっぴょんさん、おはようございます!

いすみがキハ28導入ですか~。やるなあ。房総に縁がある車両で入手可能なもの、という選択肢だったのでしょうか。1エンジンのキハ28のほうが2エンジンのキハ58よりレアな感じです。キハ52は2エンジンで、いすみにはオーバースペックですけど。(キハ52はDMH17エンジンを片方はずして予備にストックしておけといわれる、と社長ブログでいつか読んだ気が)

こうなったら、あとは小湊鉄道が乗り気ではない直通観光列車の実現ですね~。あの社長さんの行動力を見て、最近少し見直しました。

もっとも、いすみ+小湊は土日やイベント時は人多すぎで、行くのに最近は勇気が要るようになってしまいました(苦笑)。カメラ女子と観光客とにわか鉄が鉄道用地無断侵入やら譲り合わないとか、見ていると無秩序で怖いんだもの。それを見て、国鉄型走行時には各地に現れる「ペンタックス67+ハスキークイックセット+銀箱+長靴」のベテランおじさま集団がキレて怒鳴る、みたいな阿鼻叫喚絵巻(苦笑)。

でも、そんな贅沢言ってはいけませんね。素直に喜んで応援しようと思います。いつも有益な情報をありがとうございます~。

祝!キハ28入線

みっぴょんさん、こんにちは。

鉄道ファンにとっては、AKB48よりもKIHA28ですね!

急行型気動車は、常磐線を走り去る姿をおぼろげながら覚えています。

いすみ鉄道は、面白いことを次々とやってくれますね。

コメントありがとうございます♪

いやはや、「いすみ鉄道にキハ28」、大反響です。
(*'-'*)
続いて「来年度はキハ30の話もあるよ」と、どこかの社長さんは漏らしちゃいましたが(笑)。

ただ、気をつけなきゃいけないのは、ここにコメントを書いてくださった皆様は全員、好意的な反応ですが、全ての人がそうは思っておらず、
「いまさらキハ52とかキハ28のような老朽車で、安全が保てるのか?」とか「くだらないマニア向けの商法。一般観光客は来ない」といった、誹謗中傷を書いているブログも二つほど見つけました。
(一人は著書もある、それなりに名の知れた人物です。私も1冊だけ読んだけど、くだらんので続編は買っていません。なお、その人は川島某氏ではありませんので、念のため。ずっとマイナーな人。)

危険な物だったら許可も下りないだろうし、キハ52である程度、お客さんを呼んだ実績があるから「次はキハ28」なんだと思うけど。
まあ、「何にでも反対」っていう人は、どこにでもいますけど、笑っちゃうのは、どちらも首都圏の人ではないってことです。一人は、「鉄道趣味不毛地帯」みたいな県の人ですよ。
(この県を走るJRも私鉄も、一切イベントはやる気ないみたい。近年、聞いたことないです。理由はわかりませんが。)

つまんないことを書くんじゃなくて、「千葉の人が羨ましくてたまらないよ」って、素直に言えばいいじゃないですかね(笑)。

#aki様
>キハ28・58って子供の頃にディゼルカーって覚えた時に初めて知った形式です

おやぁ、そうでしたか。(´∀`*)ウフフ
列車は何だったんでしょうか? 私は東三条駅で見た「赤倉」とか「越後」とか「しらゆき」を思い出しますね。
そのうち、乗ることができたのは「赤倉」だけでしたが。。。。

#レッドサンダー様
「ちどり」ですか。「みよし」じゃなくて。
おっしゃりたいことは、わかります。
もっとも、「芸備線の急行は”ちどり”」というイメージが強かったのか、「松江まで行かない”ちどり”」も一時期あったような。。。。
夜行の「ちどり」が2本あった時代もあるんですね。今となっては驚きです。
それでも、ちゃんとキロ28が連結されていたんですね。昔の列車って「品格」があったんだなぁ、と思います。

#キネ様
「噂」としては私も聞いてましたが、非公式の話は書けませんからね。。。。

私は子供の頃、気動車時代の「犬吠」に乗ったことがあるんですが、覚えているのはただ一点、たぶん佐原か小見川だと思うけど、改札の前に提灯がたくさん飾られていてびっくりしたことです。お祭りだったんでしょうね。

#きえふにいさん様
最近は、上総中野で小湊のキハ200と、いすみのキハ52が接続する臨時列車があり、しかもお互いに「五井←→大原(上総中野経由)」なんてサボを付けているそうじゃないですか。

小湊の沿線、荒れてるんですか?困ったな。
(・へ・)
久留里線もキハ30などの終わりが近づいてるし、あの辺り一帯が「目玉商品」目白押しだからでしょうか。
まあ、「にわか」の連中は、どうせすぐ飽きてどっかへ消えるでしょうから、しばらくの辛抱ですね。

#よこちゃん様
>鉄道ファンにとっては、AKB48よりもKIHA28ですね!

うまい!!!!o(^▽^)o

>急行型気動車は、常磐線を走り去る姿をおぼろげながら覚えています。

「ときわ」か「奥久慈」でしょうね。懐かしいですね。
編成は、結構長かったですね。平行きと常陸大子行きの併結でしたから。
もっとも、アレは昔、いつでも混んでました。そして、冷房のない車両もありました。
もう一度、しかも関東で国鉄急行気動車を見られるとは・・・楽しみですね!
(*'​-')​ノ

ついに

お疲れ様です。

いちおう5千円オーナーなもので、以前にいすみさんからいただいた文書に「キハ28購入」のことが載っていましたから入線はわかっていました。が、驚くほど早い実現でしたね。しかも平日と土休ダイヤの分離実施。接続相手の小湊鉄道が土休ダイヤ実施でしたから、いつかはそうなると思っていましたが、こちらも来春実現。「大本営発表」なんてタイトルも含めて、鳥塚社長も本領発揮ですね。
実はキハ30も撮影現場ではかねがね噂になってはいましたが、とうとう公式にアナウンスされましたね。静態保存でしょうか…ただ鳥塚社長のことですから、先のことはわかりません。

両線ともイベント時に訪れても荒れている印象がないんですが、荒れる場所は荒れるんでしょうね。もっとも今は荒れるはずのない場所でも荒れるらしいので、偶然にもワタクシが当たらないだけかもしれません。ベテランでも「にわか」でも荒らそうとする輩は即退去!です。

キハ58系列、気づいたら姿がなくなってしまいましたね。初めて乗ったのは東北・磐越西線経由で上野と新潟を結んだ「いいで」でした。キロ以外は自由・指定関係なく全車冷房なし。とんでもなく暑い列車だというのが当時の印象でした。あんなロングランする(確か6時間くらいかけての走破)列車、最近見かけません。

鳥塚社長には先般のイベント終了直後にお会いできました。直後ですからヘロヘロ状態。あれだけ動き回って陣頭指揮を執っていたのですからむべなるかなです。よく「社長が一番動かなければならない」なんてビジネス書でありますけど、まさにそれを地で行くようでした。

コンサートは見ていません(キハ52を撮ってましたので…岩佐嬢が車内でマイク片手にという姿は見かけましたけど)。なにやら彼女、自身の持ち歌ばかりか先輩の「あじさい橋」まで歌ったとか。26年前の秋、その先輩のイベントでオリジナルの生「あじさい橋」を聞いたんでしたっけ。上野から12系の団体で烏山線大金まで来て、稲刈りイベントでした。ん、秋元康&鉄道がらみ?時代は繰り返しているのか?
とりあえず、今後もいすみさんからは目が離せません。

以上、長文失礼しました。

たか様

こんにちは。
(*'-'*)

キハ30の静態保存車は足尾とか、旧・鍛冶屋線の駅跡(確か2箇所)にもあるので、ここはひとつ「動態保存」でお願いしたいですねぇ。
(5000円や1万円だったら出しますから。さすがに50万は厳しいけど。)

私も、いすみや小湊で荒れてるのは見たことないんですけど、時と場合によっては、そういうこともあるのかもしれません。「荒らすのが生き甲斐」みたいなバカもいますしね。
関東で荒れてるのは、**県の**電気鉄道ですよ。
(注:銚子ではありません。)
私は二度と行きたくないです。イベントも結構やってる会社ですが、別館サイト『ANNEX』でも取り上げません。近隣の会社は取り上げてますが。

「いいで」って乗ったことなかったです。あれ、仙コリのキハ58だったのかなぁ?
「あがの」は、急行時代には乗ったことがなくて、郡山~新潟間の快速だった頃に全区間乗りました。郡山から会津若松まではメチャクチャに混んでいましたが、喜多方→新潟間は別の列車みたいにガラ空きでしたね。

>よく「社長が一番動かなければならない」なんてビジネス書でありますけど、まさにそれを地で行くようでした。

小さな会社ですからねぇ。なんでもやらないと。
私は「従業員5人」の会社でも、「従業員8000人」の会社でも働いた経験がありますが、大会社の社長は、あまり気軽に社員の前に姿を見せると「カリスマ性」が薄れて、よくないみたいです。

「あじさい橋」・・・城之内早苗さんですね。今、NHKの「アサいち」に準レギュラーとして(月に3回ぐらい)出ているようですが。

>上野から12系の団体で烏山線大金まで来て、稲刈りイベントでした。

そんなのあったんですか? 烏山線に入線した12系は「999」と、「山あげ祭り号」だけだと思ってました。

しかし、秋元某って人は、商売が上手いですねぇ・・・。
(全部あの人のアイデアではなく、側近が考えたものもあるでしょうけどね。)
もっとも、ジェロ君は消えちゃったけど(笑)。男性歌手のプロデュースは苦手なんでしょうか?

長文でも大丈夫ですよ。「FC2」のコメント欄は、確か1万字ぐらいまで書ける仕様と思います(笑)。
(「GaZOOブログ」だったか、「256文字」までとか言ってるサイトも、どこかにありました。なんなの、その半端な数?!)

画像見ました

「のりくら」の写真、拝見しました。
JR東海カラーのキハ58を使用している画像は雑誌を含めて初めて見ました!!
「のりくら」はけっこう早くに廃止になってたんですね。
しかも末期はJR東海カラーを使用していたなんて…。
貴重な画像、ありがとうございます。

補遺

お疲れ様です。

キハ30、動態だと嬉しいですよね。なにせ木原線時代からの所縁ある形式ですから。足尾のキハ30は塗り替え前(輩どもに落書きされる前、JRマークがまだあった頃)に一度見たきりです。いちおう足尾線にも高タカのキハ30は入っていましたから所縁ある車両なんですが、本来ならキハ20こそ来てほしかった…。

**県の**電気鉄道ですか。2つあるうちの片方ですかね。最近はどちらもとんと御無沙汰です。どちらも以前は荒れてる様子を見たことないんですが、いつ頃からそうなってしまったんでしょうか。ただ以前はファンは荒れてませんでしたが、従業員がやや荒れ気味なことはありましたね(どちらも)。あ、あくまで当時の話ですから、念のため。

「いいで」は確か混成で、仙コリと新ニイの車両だったと記憶しています。郡山からは「ざおう」併結で、特急行きかう東北線を堂々と走っていました。遠い記憶ですが、途中の日出谷辺りの駅でタブレットの通過授受をしていたのも覚えています。「あがの」はワタクシも快速になってからしか記憶がありません。磐越道開通前は西線、特に郡山~若松はどの列車も混んでいました。多客期には50系の臨時快速「ばんだい」まであったほど。あの時代に戻れたら西線に行きまくるのに。

烏山線は今はキハ40が往復するだけ(というか往復することしかできない)の路線になってしまいました。国鉄最後の改正(61.11)までは仁井田で閉塞を分けられたのと烏山が側線(後の機回し線)を持っていたので、定期列車の時刻を少し変えれば日中も臨時列車が運転できました。※当時は仁井田~大金が通票、大金~烏山は票券式だったはず

ですから結構な割合で団体列車などがあったと聞きます。この稲刈りイベントはお嬢(職場の先輩が城之内女史をこう呼ぶ)のラジオのイベントでした。実は列車が設定されていることの方が先にキャッチできたものの、時刻が分からずに番組まで聞いてしまったものです。それでもわからずにおおよその時刻の見当をつけて出向きました(当日、乗換時に宝積寺でウラはとりましたが)。高く晴れた秋空の下、DE10に牽かれた12系が走ってきて、美しさに感動でした。今考えると、日中の団臨はあれが最後だったんでしょうね。
それから20年後、まさかDD51が烏山線に入線するとは(線路規格からして無理だと思ってましたから)…。以前は滝と烏山の間に速度制限標があって、速度の下にDD13・DE10と記され、貨物全盛の頃をしのぶものでしたが今もあるのでしょうか。

今回も長くなってしまい、失礼しました。おニャン子というとお嬢の一つ前の番号の方のファンだった「たか」でした

祝☆

いすみにキハ28もやってくるなんて
すごく嬉しいですv-22
待ち遠しいですね


あの社長が就任するまで
いすみ鉄道はもう廃止かもしれないと
思ってましたi-195

夷隅周辺も少子化はすすんでいるようで
高校を統廃合したにもかかわらず
まだ毎年数十人も定員割れする学校もあるんです

大人はほぼマイカー所有だし
もう地元の利用客だけでは
いすみ鉄道を支えてゆくことは難しいです

マニア向け商法とののしる方は
ローカル線がいまどんな状況に置かれているのかを
よくご存知ないんでしょうねe-263

たか様

足尾のキハ30、落書きされていた時期には見ておらず、整備途上に一度見てます。ただ、ここの保存活動はどうも、話を聞くと「人間関係がうっとうしい」感じがしたので一切関わる気はなく、それ以上はノーコメントです。
キハ20形は、横川で保存されていますね。

**電気鉄道がどこの社なのかは書きませんが、集まってくる連中のマナーの悪さもさることながら、
この鉄道会社自体が「どうやってイベントをやったらいいか」のノウハウを持っておらず、また、ノウハウを蓄積したり、成功している他社に学ぶ姿勢のないことも問題ではないかと思います。

例を挙げれば、まず、この会社のイベント列車は、景観の良い区間を走りません。
ダイヤ上、臨時列車の設定が容易な区間を走らせたいのはわかるんですが、趣味的に魅力のある区間を走らないので、
数少ない「お立ち台」に人が集中し、結果的に迷惑駐車や「罵声大会」、そして最後にはチェーンソー持参で来て、沿線の木を勝手に伐採するバカまで現れる始末です。

沿線の自治体や商工団体との連携も、おそらく出来ていないと思います。イベント会場で売っている品物にも魅力がありませんでした。
(私は、昔使っていた「国鉄線連絡硬券乗車券」だけ買ったけど。)
商工団体との連携がないので、お菓子とか名物料理などの出品はありません。もちろん、銚電さんみたいに自社でおせんべいを焼くなど、思いも寄らないことでしょう。

要するに、鉄道雑誌の編集部に「イベントやります」って通知を送りつけて、当日、それをやればいい・・・って考えなんでしょうけど、
それで人が・・・しかも「質の高いお客様」が来てくださるかといえば、来るはずがないでしょう。
質の高いお客様を取り込むことができれば、助言を受けたり、各地のやり方を聞いたり、「サポーターズクラブ」とか「**線写友会」のような組織を作って応援してもらうことも可能で、実際にやっている会社もあるけど、「チェーンソー馬鹿」を相手に、何ができますか?

ご多分に漏れず、沿線住民の利用は減る一方で、県の補助金も打ち切りらしいんですが、それならそれで鉄道愛好者を取り込むこともできないんじゃなぁ・・・おそらく、この鉄道も10年以内に廃線ではないかと思いますよ。

話は変わりますが、50系の快速「ばんだい」、一時期あったようですね。機関車はED77でしたっけ?
交流電気機関車もいろいろ作ったけど、結局「決定版」といえたのは、東北向けがED75、九州向けがED76ってことだったんでしょうか。
(多額の開発費をかけたのに、結局、モノになったのが2形式だけなので、大蔵省と会計検査院にはものすごく怒られたらしいですけど。)

今、磐越西線の郡山~会津若松間は途中の小駅の利用者が極端に減ってしまい、「大部分が”快速”なんじゃないの?」ってくらい、各駅停車が減りましたね。
ヨーロッパには昔からこういう路線が多かったようですが、途中駅の周囲が「限界集落」化しているのでしょうか。笑い事じゃ済まない感じですね。

ところで、実は私、「夕やけニャンニャン」って番組、リアルタイムで見た記憶が2~3回しかないんですよ。
なぜなら、中学も高校も家から遠くて、部活動をやっていたこともあり、夕方5時に帰宅してテレビを見ることが稀だったんです。
今でもテレビなどで活躍している方々を見て「ああ、この人はおニャン子出身だよね」っていうのはわかるんだけど、彼女たちを「その時点」では見てないに等しいんですよ。なんか変ですけど(笑)。
(*'​-')​ノ

いな穂※様

キハ28、待ち遠しいですね!
(*'-'*)
キハ58系列の保存車は、調べたら結構あちこちにあるんですが、
稼動可能なのは、和歌山県の有田川鉄道公園にいるキハ58 003だけ。
しかも、あちらは短い展示用の線路を走るだけです(300mぐらい)。
(2011年の1月に行ったんですが、暖かい紀州では「数年に一度」という雪が降ってしまい、動かしてもらえませんでした[泣]。その後、「高速バスか、関空までの飛行機の早割なら安いから、また来よう」と思いましたが、直後に震災があり、そのドサクサで行かれぬまま今に至っています。)

しかし・・・いすみ鉄道では、「旅客営業列車」として片道26.8キロも乗れる!沿線には、撮影場所がいっぱいある!
\(^o^)/
これを喜ばずに、何を喜べというのでしょう!

キハ28形は青森から鹿児島まで全国を走りましたから、日本中の方々に一度は来ていただき、懐かしんでもらいたいですね。
ヘッドマークも「社長ブログ」では「千葉管内に限らず、できるかぎり各地のを揃えたい」そうですし。
(四国のは、路線別にイメージカラーで分けられていて、特徴あったんですよね。「いよ」「うわじま」「あしずり」「土佐」「阿波」「よしの川」・・・あれはもう一度見たい。。。。)

いいたいことを言ってる連中・・・
まあ、そういうのは、実際にはどこにもいかず、家でパソコンの前に座ってブツブツ言ってるだけの、ニートの引きこもりでしょう。
何も社会に貢献せず、経済効果も生まず、おまけに(所得がないので)直接税も払ってないとおぼしき連中が、何を言っても説得力ゼロ。
まあ、そういう連中は放って置いて、私たちは鉄道ちゃんを満喫しましょう~♪ 「キハ30も、いすみ入り」って話も楽しみ♪
(*'​-')​ノ

キネ様

順番が逆になってしまい、申し訳ありません。
m(-_-)m
JR東海カラーのキハ58と65、快速「みえ」用のと急行「かすが」用のがありました。
「みえ」用のは通常の4人掛けボックス席でしたが、「かすが」のは0系新幹線から転用した椅子だったと思います。
「キハ58 快速みえ」で検索すると、画像がヒットするんじゃないかと思います。
(私も持ってるんですが、その頃はポジで撮ることに凝っており、今、ここにポジ対応のスキャナーがないので・・・スキャナーを手に入れたら、またブログで公開します。)

その頃は「名古屋に本社のあるJR」も嫌いではなく・・・というか、私はフェリーとか巡航船も好きで、伊勢や鳥羽にも行きましたよ。それに、なんといっても魚がおいしい♪
まあ、三重県は松阪牛もおいしいですね。

「のりくら」は編成も長く、グリーン車も連結されてましたし、格調高い列車でした。富山地鉄乗り入れの「むろどう」とか「うなづき」なんて列車が併結されているのもあったようです(その時代は、実際には見ていませんが)。
高速道路(東海北陸道)が開通するまでは、一般国道が狭いので車を敬遠する人も多く、とにかく高山本線の優等列車は「混んでいる」というイメージでしたね。
まあ、昔は「**本線」と名乗るほどの鉄道は、どこでもよく乗ってましたが(笑)。

No title

楽しそうですね。以前トラベルライターさんからじかに聞いたんですけど、千葉県は温泉が少ないし、高い山がないので、観光誘致には積極的らしいです。県知事みずから先頭に立って観光誘致をしていますね。
いすみ鉄道も積極的らしくて、定例記者会見にはよく社長さんが来るそうです。
出来れば、以前走っていたおおぞら型の特急車両とかも走ってくれると嬉しいですね。
もともとこーいう車両はメンテナンスにめちゃお金がかかりそうですから、利用料金は高くたもいいですね。
いすみ鉄道周辺の養鶏場で古い電車を集めているところがあって、
今度ブルートレインも来るみたいです。列車ホテルでも開業するのでしょうか。
いすみ鉄道は東京から近いので古い車両がいっぱい集まると、ドラマ
のロケとか頻繁に使われそうですね。嵐のニノくんとかが、古い列車に乗っているシーンとかみたいです。妄想ですけど。

補遺の補遺

>50系の快速「ばんだい」、一時期あったようですね。機関車はED77でしたっけ?

その通りです。軸重の関係で昔は75が入れなかったため西線専用でした。若干75より車長があるので見映えもしましたし、広角で撮ると前面窓上部がやや引っこんでいることもあって力強さもありました。1両くらい地元で残さないかとも思いましたけど、地元民にそこまでの発想はありませんでしたね(仙総構内に1両残してあります)。ワタクシが乗った50系快速はさほど混んでませんでしたが、混んでなければ当時の主役455系より遥かに乗り心地も良くて同行者(非鉄)は喜んでました。

>今、磐越西線の郡山~会津若松間は途中の小駅の利用者が極端に減ってしまい、「大部分が”快速”なんじゃないの?」ってくらい、各駅停車が減りましたね。
ヨーロッパには昔からこういう路線が多かったようですが、途中駅の周囲が「限界集落」化しているのでしょうか。笑い事じゃ済まない感じですね。

本当に笑い事では済まない状況です。実は5年ほど会津に住みましたが、中間の無人駅周辺の集落はどの家も自家用車を数台所有しており、余程でないと鉄道は利用しません。駅周辺自体には生活用品を扱う店舗も少なく、どうしても車で近隣のロードサイド大型店へ行くしかない状況です。会津若松も市街地はガランとしてますし、地元民は郡山・仙台、いや東京すら高速バス利用。JRも割引乗車券を出しているのに告知があまりに下手すぎて…。
10年くらい前(住んでいた頃)に西線は一時期、平日と土休の2本立てダイヤになりました。残念ながら効果がなく、暫くしてもとに戻ってしまいました。当時JR関係者が大いに頑張っていたのを見ていたので、もとに戻るときには仙台支社は本気で西線をやる気なんだろうかと目と耳を疑ったものです。

住んでいた頃に地域の方々と話すと「スキーヤーは会津にお金を落とさない」やら「東京さんは~」と地元にお金が入らないのを不思議がったり、卑下してみたりと話しているのが嫌になるほど。ワタクシが「それはお金が落ちない仕組みがいけない」「東京からの外貨獲得」「今までの歴史だけにこだわらない観光を」と話しても聞く耳を持たない人々がなんと多かったことか(未だに「歴史がメイン」と言って従来の考えを変えようとしない。確かに歴史も観光の一つですが、それだけでは今はやっていけない)。ただワタクシの意見を採用して、実際に売り上げを伸ばした事業所もありますから、こうした人々の奮起に期待したいです。
※31日の鳥塚社長のブログ。あのコメント、本当によくわかります。だからこそワタクシも鳥塚社長を応援しています。

すみません、熱くなってしまいました。
では

コメントありがとうございます♪

まとめて失礼します。
(*'-'*)
#びゅんびゅん丸様
>出来れば、以前走っていたおおぞら型の特急車両とかも走ってくれると嬉しいですね。

キハ183系のこと?
アレは、最短3両編成でないと走れないから、ちょっと過剰かもしれないなー。

>いすみ鉄道周辺の養鶏場で古い電車を集めているところがあって、
>今度ブルートレインも来るみたいです。列車ホテルでも開業するのでしょうか。

なになに?(゚.゚*)
地下鉄丸ノ内線の電車とか、高岡だったかの路面電車がいるのは知ってますが、その話は初耳です!
楽しみですねぇ。。。。

#たか様
>住んでいた頃に地域の方々と話すと「スキーヤーは会津にお金を落とさない」やら「東京さんは~」と地元にお金が入らないのを不思議がったり、卑下してみたりと話しているのが嫌になるほど。

田舎では、「生活に困らない程度の現金収入があれば、多くは望まない。それよりも静かに暮らしたい」という人が多いのも事実です。
「何かデカイことをやってやろう」「ひと稼ぎしてやろう」といった野心家は、さっさと東京でも大阪でも行けばいい話。
・・・というのが、これまでの時代でした。

ところが、「新自由主義」の失敗だか何だか知らないけど、「多くは望まない。静かに暮らしたい」という、地方在住者のささやかな希望すら奪われてしまったほど、この10年ぐらいの間の政策は、ことごとく失敗してしまいましたね。

「都会の人が落としてくれる”外貨”を拾い集めるんだ」という考え方も、一理あります。
しかし、「俺は、そんなに”カネ、カネ”とは言いたくないんだ。地味でもいいから、幸せに暮らしたいだけなんだ。外から入ってくる奴らに村を荒らされたくないんだ」という考え方も正しいと思います。

ですから、会津の人たちが「やり方を変えたくない」「外の人間に来て欲しくない。特に長州の奴はお断り」というなら、「それはそれ」であって、外部の人間がとやかく言うことではなかろうと思うし、
いすみ鉄道の沿線でも、「外貨を拾う」という発想が100%支持を得ているわけではなさそうだけど、「何を言っても考え方を変えない」という人がいても、それは、「その人の生き方」だと思います。

いちばんよくないのは、「外部の人間がガヤガヤ言うこと」、
その中でも特にいけないのは、これはインターネットの「負の部分」ですが、「行きもしない、その”外貨”を落としもしないくせに、家のパソコンの前でヌクヌクしつつ、”ああでもない、こうでもないと”書き込むこと」なんだと思っています。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。