04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東武博物館の「猫ひげ」を見てきた!ヽ( ・∀・)ノ


東武伊勢崎線東向島駅(東京都墨田区)の高架下にある「東武博物館」へ行ってきました(12月1日)。

7月22日にリニューアルオープンされ、モハ5701号電車が保存展示されたのは知っていましたが、行く機会がなくて。。。。

「東武博物館」は、前述のように東向島駅で降りればすぐですが、私は池袋駅東口から浅草雷門行の都営バス「草63」系統に乗り、
大関横丁で「里22」系統(日暮里駅前~亀戸駅前間)に乗り継ぐという、ややこしい行き方をしてしまったので。。。。
(それだと、明治通りの「百花園前」バス停で降りて7分ぐらい歩きます。)

モハ5700系電車、通称「ゴナナ」は東武ファンだけでなく、関東私鉄ファンの間では今も語り草になっている名車です。

これは1951(昭和26)年と1953年の2回に分けて12両が製造された特急用電車で、浅草~東武日光間の特急「けごん」、浅草~鬼怒川温泉間の特急「きぬ」に充当されました。
その後、1957(昭和32)年からは浅草~赤城間の急行「りょうもう」に転じ、1969(昭和44)年以降は、もっぱら臨時急行・快速や団体専用列車に使われていました。
しかし、なにぶん旧性能車両で冷房もないので、ファンには魅力的であっても時代の流れには勝てず、1991(平成3)年7月20日に走った東武日光~浅草間の「さようなら列車」を最後に引退しました。

その後、12両中6両は廃車解体されましたが、残り6両は佐野線の北館林荷扱所(という名の貨物駅。略称「キタニ」)に「隠匿」されました。
「”キタニ”に隠して、どうするんじゃろ?」と、さまざまな憶測を呼びましたが、結果的にモハ5701は保存・・・となったわけです。

私は、現役時代の「ゴナナ」には全然縁がありませんでした。
北千住や春日部で見たことは何度かあったんですが、臨時急行「だいや」(日光の大谷[だいや]川に由来)や、臨時快速「たびじ」(どうして漢字で「旅路」って書かないの?)に充当されていたものの、その運転日が実にわかりにくかった。。。。
東武線各駅(東上線・越生線を除く)に、四半期ごとの臨時列車運転日を記したポスターが掲示されるんですが、それ以外ではどうやって公表していたのか?
ネットがない時代、横浜にいてそんな物を知るチャンスは、ほとんど皆無でしたね。
そんなわけで、残念ですが、乗ることも撮ることも出来ませんでした。
ですから、今回初めて「ゴナナ」をじっくり見ることが出来たんです。

モハ5700系にはモハ5700形+クハ700形の「A編成」、モハ5710形+クハ710形の「B編成」、モハ5720形+クハ720形の「C編成」が存在し、
A編成は当初、上の写真のような前面2枚窓で貫通路がない「湘南タイプ」(注)で、ステンレスの飾り帯が付いているところから、通称「猫ヒゲ」と呼ばれました。
(注:「湘南タイプ」とは、国鉄のモハ80系「湘南電車」のクハ86形に由来する、前面2枚窓・非貫通タイプの通称。1950?60年代の鉄道界で大流行し、
このデザインを採用した国鉄・私鉄車両は多い。鉄道業界人やファンの間では「湘南タイプ」とか「湘南顔」、「湘南フェイス」と言えば、今でも通用する用語。)
しかし、大流行した「湘南タイプ」の欠点は、「貫通路がないので、車両間の通り抜けや、非常時の脱出が出来ない」という点です。
各地に地下鉄直通運転が増えると、地下鉄直通車には「前面に非常口を設置すること」という運輸省令があり、このデザインは採用できませんが、そうなると、やはり「統一性」が優先されるのか、地下鉄に乗り入れない車両も含めて、徐々にこのスタイルは廃れていきました。
以前は浅草?東武日光・鬼怒川温泉間(下今市で分割または併結 )という特急列車があり、乗務員や乗客が「車内を通り抜けができない」という構造は不便で、
1960(昭和35)年にはB編成・C編成と同じ前面3枚窓・貫通路付きに改造されてしまいました。
館内に前頭部だけ保存されているモハ5703号車のヘッドがそれです。私が北千住駅などで見たのは、この前面でした。
(注:これは廃車後、メーカーのアルナ工機(株)で保存されていたが、同社の事情で東武へ返還されたもの。)


そういえば今でも6050系電車による東武日光・新藤原・会津田島行(各2両ずつ。浅草を出る時は6両編成)なんていう、ややこしい列車がありますなぁ東武さんには・・・と思いましたが、
(注:6050系は「野岩鉄道線内に長大なトンネルがあるので、非常口として前面貫通式にしている」という意味もあるようです。)
東武で「湘南タイプ」は、この「猫ヒゲ」の他には、旧・熊谷線を走ったキハ2000形気動車しかなかったのでは・・・と思います。
(私鉄で「湘南タイプ」を長期間採用していたのは、京王と西武ではないかな。。。。)

では、ちょっと車内に入ってみると。。。。
照明は蛍光灯です。これは、東武の車両では初の蛍光灯だったそうです。
それに対して、冷房どころか扇風機もありません。
末期の「ゴナナ」には、さすがに扇風機は付けられていましたが、登場時にはなかったので、今回、敢えて撤去して初期の姿を再現したとのことです。

客室には2人掛けの、いわゆるロマンスシートが並んでいますが、これはリクライニングしません。
当時としては豪華な座席なんですが、布張りの色に注目・・・紺色ですね。
この車両、運賃制度上は「3等車」なんですが、当時、国鉄の3等車は布地の色が紺だったので、それに合わせたのでしょうか?
だとすれば、いかにも生真面目な東武さんらしいなぁ。。。。
西武さんみたいに、通勤用の電車(当然、制度上は3等車)でもふっくらした座席にし、「うちの座席は国鉄の2等車並みに座り心地がよいから」と、
国鉄2等車と同じ、「赤い布地」にしていた会社(まあ、半分はジョークとユーモアで)もあったんですがね。。。。


残念ながら、通常は座ってみることができないので、手で押してみたけど・・・なんのなんの、結構ふっくらしていて、座り心地はよさそうです。
なお、通路に置いてある補助椅子は多客時に使用されたもので、奇跡的に浅草駅で保管されていたとのことです。
(小田急ロマンスカーにも同じような椅子が積んであって、「補助椅子の場合は、車掌が特急券に『補助席使用』と証明を記し、下車駅で特急料金は払い戻し・・・」
と聞きましたが、今でもそうなのかな? 私が聞いたのは、もう20年も前、高校生だった頃なので。。。。)

トイレが見当たりませんが、これはクハに設置されていて、モハにはありませんでした。でも、必ずモハ+クハの編成で運行されるので、不便はなかったわけです。

外に戻ったら、ナンバーの部分にもご注目。
「モハ5701 東武鉄道」って書いてありますね。


東武における現行の表記方は、「50091」のような番号だけになり、クハとかモハの記号も省略されているくらいで、社名など書いてありません。
でも、ちょっと前までの西武みたいに社紋のエンブレムを取り付ける・・・とか、かつての東急が「T.K.K」、京王帝都(現・京王電鉄)が「K.T.R」と書いていたように
ローマ字3文字の略称を表記する・・・といったやり方ではなく、漢字で「東武鉄道」。。。。
渋すぎる。。。。ヽ(・_・;)ノ
そういえば、関東の私鉄で電動車を「モハ」という国鉄(JR)流の記号で呼ぶのは東武、西武、相鉄など、「○○鉄道」という社名の会社が多く、
「デハ」という記号をつかっているのは東急、小田急、京王、京急などのように「○○電鉄」が多いように思いますね(無論、例外もありますよ)。

なお、このモハ5701号の「湘南タイプ」の前頭部を再現するに当たって、かつて使われていた金型はとっくの昔に廃棄されていたため、
栃木県の会社が新たに金型を作り、それを使って板金したんですが、その金型も保存されています。
そんな物を保存している例はちょっと珍しいので、書き留めておきます。


余談になりますが、「ゴナナ」には売却され、レストランに転用された車両が2両あるようです。
ナンバーはモハ5703号とクハ703号の2両・・・・
って書いてあるサイトが多いんだけど、これは疑問だな?。
モハ5703の前頭部が東武博物館にあるんだから、それはおかしいのでは?
クハがカルダン駆動の台車を「付随台車」として履いているところからして、これはモハ5704or05+クハ704or05じゃないかって気がするんですけど。。。。
(注:現車のナンバー表記が消されているので、わかんないんです。)
場所は埼玉県行田市前谷463-1『カフェレストラン マスタード・シード』だそうです。
この住所で調べたら下車駅は高崎線の吹上駅。地図で調べたら、昔「KSD(中小企業経営者福祉事業団)事件」で有名になった「ものつくり大学」のすぐそばみたい。
吹上あたりは、高崎線に何か面白い列車が走ると撮りに行くんですが、知らなかったな?。。。。

さらに調べると、そのレストランは
・営業時間:ランチ11:30~14:30(L.O.14:00)・ディナー17:30~23:00(L.O.22:00)
・定休日:火曜日
・交通手段:バス利用の場合は吹上駅より行田車庫行(経由が2つあるがどちらでも可)「ものつくり大学入口」下車、新幹線高架に沿って徒歩5分。
だそうです。
奥様に「おい、メシ食いにいくぞ」と誘ってこの店を訪れたら、「インテリアが”鉄”くさくなかったのでホッとした」とブログに書いていた方もいました(笑)。
(逆に、「”鉄”の匂いプンプン」のお店は、東急東横線祐天寺駅前のカレーハウス「ナイヤガラ」とかね。ただ、あそこのカレーはおいし?♪)
「マスタード・シード」、今度行ってみますね♪

さて、「東武博物館」全体の印象ですが・・・
小ぶりながらすごく楽しいんですよ! 小さな博物館なのに、気がついたら1時間半もいた!(笑)
まだまだ書きたいことは山ほどもあるんですが、それは追い追い(2回ぐらいに分けて)ご紹介しましょう。
10年ぐらい前に訪れた時は、そんなに面白いと思いませんでしたし、20分ぐらいで退散しちゃいましたが、
リニューアル効果と、東武関係の著書が何冊もあり、鉄道雑誌にもよく寄稿されているH氏が館長に就任されてから「何かが変わった」という感じがしました。
(モイさんはHさんの知り合いらしく、「俺、上野で一緒に寿司をつまみながら飲んだ」と言ってましたが。。。。どうやら、気さくなお方のようです。)

入館料も大人200円と安いし、なにしろ交通の便がいいので、ぜひ行ってみてくださいね!
==============================
「東武博物館」のご案内
・開館時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
・休館日
毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
・入館料
大人200円 子供(4歳~中学生まで)100円
・所在地と電話番号
〒131-0032 東京都墨田区東向島4-28-16
TEL.03-3614-8811(代)
・公式サイト
http://www.tobu.co.jp/museum/

なお、入場券の裏面にある注意書きによれば、「館内禁煙」とか「飲食は指定の場所で」なんていうのは当然ですが、
「館内で鉄道会社の制服のような物を着用したり、音の出る物(ホイッスルなど)を鳴らすことは禁止」だそうです。
いるのか?「コスプレイヤー」が?!
o(^▽^)oキャハハハ
==============================
【追記】(12月9日)
元祖「湘南タイプ」国鉄クハ86形電車(第2次車以降)について、「百聞は一見にしかず」ってことで写真を載せたかったんですが、私やモイさんのストックにはありませんでした(東京地区からは1977年に姿を消しており、古過ぎるのです)。
ネット上に写真がいっぱい転がってるのは百も承知ですが、無断でパクるわけには・・・と思っていたら、面白いものがあるのを思い出しました。
東海道線藤沢駅ホームにあるキオスクが、そのクハ86形を模した店舗なんですよ。
それを撮って来たので、貼っておきます。
大きさはともかく、スタイルと色は、かなり忠実に再現されています。


==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。