04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動態保存蒸気機関車の「昔の配置先」を調べたよ(*'-'*)

秩父鉄道C58 363(2008年5月17日・広瀬河原車両工場)

こんばんは。みっぴょんです。
(*'-'*)
(2012年)7月3日付で、東京都世田谷区立世田谷公園に静態保存されているD51 272号機と車掌車(ヨ5000形)を取り上げましたが、
この機関車と、同じ世田谷区立の大蔵運動公園に保存されているC57 57号機の現役時代の配置区所を知りたくて、調べてみました。
(注:7月3日付記事に追記しました。)

そのついでに、現在全国で動態保存されている蒸気機関車が「現役時代、どこの機関区に配置されていたのか?」、
もちろん全部はわかりませんが、『国鉄動力車配置表』『国鉄車両配置表』(鉄道図書刊行会・発行)で分かる範囲について、下に記します。
(注)
・1957年版・・・『鉄道ピクトリアルアーカイブスセレクション:5・国鉄ダイヤ改正1950』に復刻版掲載。
・1961年版・・・『同:6・国鉄ダイヤ改正1960 在来線全盛期』に復刻版掲載。
・1968年版・・・『同:7・国鉄ダイヤ改正1960 「43-10」の頃』に復刻版掲載。
・1973年版・・・『同:8・国鉄ダイヤ改正1970 特急大増発時代』に復刻版掲載。

●1957(昭和32)年11月1日現在
・C11 171(現:JR北海道)・・・長万部機関区
・C11 207(現:JR北海道)・・・静内機関区
・D51 498(現:JR東日本)・・・平機関区
・C57 180(現:JR東日本)・・・新潟機関区
・C61 20(現:JR東日本)・・・仙台機関区
・C57 1(現:JR西日本)・・・新津機関区
・C56 160(現:JR西日本)・・・横浜機関区
・58654(現:JR九州)・・・西唐津機関区
・C11 325(現:真岡鐵道)・・・茅ヶ崎機関区
・C12 66(現:真岡鐵道)・・・上諏訪機関区
・C58 363(現:秩父鉄道)・・・仙台機関区
・C10 8(現:大井川鐵道)・・・会津若松機関区
・C11 190(現:大井川鐵道)・・・熊本機関区
・C11 227(現:大井川鐵道)・・・苗穂機関区
・C56 44(現:大井川鐵道)・・・(タイ国鉄から未返還)
・C12 164(現:大井川鐵道)・・・小郡機関区宇部支区

●1961(昭和36)年4月1日現在
・C11 171(現:JR北海道)・・・長万部機関区
・C11 207(現:JR北海道)・・・室蘭機関区静内車両分区
・D51 498(現:JR東日本)・・・平機関区
・C57 180(現:JR東日本)・・・新潟機関区
・C61 20(現:JR東日本)・・・盛岡機関区
・C57 1(現:JR西日本)・・・新津機関区
・C56 160(現:JR西日本)・・・横浜機関区
・58654(現:JR九州)・・・西唐津機関区
・C11 325(現:真岡鐵道)・・・茅ヶ崎機関区
・C12 66(現:真岡鐵道)・・・上諏訪機関区
・C58 363(現:秩父鉄道)・・・長町機関区
・C10 8(現:大井川鐵道)・・・会津線管理所(会津若松)
・C11 190(現:大井川鐵道)・・・熊本機関区
・C11 227(現:大井川鐵道)・・・苗穂機関区
・C56 44(現:大井川鐵道)・・・(タイ国鉄から未返還)
・C12 164(現:大井川鐵道)・・・厚狭機関区

●1968(昭和43)年3月31日現在
・C11 171(現:JR北海道)・・・長万部機関区
・C11 207(現:JR北海道)・・・追分機関区苫小牧支区
・D51 498(現:JR東日本)・・・新津機関区
・C57 180(現:JR東日本)・・・新津機関区
・C61 20(現:JR東日本)・・・盛岡機関区
・C57 1(現:JR西日本)・・・新津機関区
・C56 160(現:JR西日本)・・・上諏訪機関区
・58654(現:JR九州)・・・若松機関区
・C11 325(現:真岡鐵道)・・・米沢機関区
・C12 66(現:真岡鐵道)・・・上諏訪機関区
・C58 363(現:秩父鉄道)・・・新庄機関区
・C10 8(現:大井川鐵道)・・・ラサ工業株式会社宮古工場
・C11 190(現:大井川鐵道)・・・熊本機関区
・C11 227(現:大井川鐵道)・・・苗穂機関区
・C56 44(現:大井川鐵道)・・・(タイ国鉄から未返還)
・C12 164(現:大井川鐵道)・・・厚狭機関区

●1973(昭和48)年3月31日現在
・C11 171(現:JR北海道)・・・(廃車済)
・C11 207(現:JR北海道)・・・(廃車済)
・D51 498(現:JR東日本)・・・(廃車済)
・C57 180(現:JR東日本)・・・(廃車済)
・C61 20(現:JR東日本)・・・宮崎機関区
・C57 1(現:JR西日本)・・・梅小路機関区(動態保存)
・C56 160(現:JR西日本)・・・梅小路機関区(動態保存)
・58654(現:JR九州)・・・人吉機関区
・C11 325(現:真岡鐵道)・・・(廃車済)
・C12 66(現:真岡鐵道)・・・(廃車済)
・C58 363(現:秩父鉄道)・・・(廃車済)
・C10 8(現:大井川鐵道)・・・ラサ工業株式会社宮古工場
・C11 190(現:大井川鐵道)・・・熊本機関区
・C11 227(現:大井川鐵道)・・・苫小牧機関区
・C56 44(現:大井川鐵道)・・・(タイ国鉄から未返還)
・C12 164(現:大井川鐵道)・・・(廃車済)

16年間で転属していないのはC11 171号機(長万部機関区)とC11 190号機(熊本機関区)ぐらいですが、
C11 190号機は、1941(昭和16)年当時尻内(現・八戸)機関区におり、戦後、伊万里機関区へ転属してからは九州を離れなかったとのこと。
また、C11 207号機は静内→苫小牧と移動していますが、日高本線を中心に活躍したことは間違いないでしょう。

C12 66号機も上諏訪機関区から移動していませんが、これも1933(昭和8)年の新製時は鹿児島機関区に配置され、もっぱら指宿線(現・指宿枕崎線)を走り、
その後、宮古→釜石→弘前と転じて、1944(昭和19)年に上諏訪機関区へ移りました。
生涯のうち、上諏訪で過ごした期間が最も長いんですが、中央本線の上諏訪・岡谷・辰野駅での入換と、辰野~塩尻間の補機運用が主な仕事で、
旅客列車を颯爽と牽引する機会は、スキーシーズンに長野機関区へ貸し出され、飯山線の臨時列車を牽引するときぐらいだったようですね。

C57 1号機・C57 180号機・D51 498号機が1968年当時、揃って新津機関区に所属していたのも興味深いところです。
C57 1号機は、京都の梅小路蒸気機関車館がオープンする際、真っ先に動態保存機リストに加えられましたし、
C57 180号機とD51 498号機は静態保存から、再び本線での動態保存機になって長く愛されていますが、なにかしら運命的なものを感じます。

一方、C61 20号機は仙台、盛岡・・・と東北で活躍し、特急・急行列車を牽引しましたが、東北本線全線電化(1968年10月)で住み慣れたみちのくの地を追われ、宮崎に転じています。
そして、縁もゆかりもなかった群馬県伊勢崎市で静態保存されていましたが、何が幸いするかわからないもので、
「群馬にいる本線用大型蒸気機関車」という点が買われたのか、「再起不能」とすら噂されたD51 498号機故障のピンチヒッターとして復活。
その後、D51 498号機も復帰し、今は2機仲良く動態保存されています。
(*'-'*)
「SLレトロみなかみ4号」八木原(2011年8月27日)・1

ところで、C56 160号機が横浜機関区にいた・・・というのを、意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
C56形といえば「高原のポニー」などと呼ばれて、小海線での活躍があまりにも有名ですから。

横浜では、臨港貨物線の入換と小運転に使われました。
横浜港にはかつて、新興・入江・千若(ちわか)・横浜市場・表高島・東高島・高島・東横浜・横浜港(よこはまみなと)といった、多くの貨物駅があり、
それらの駅からさらに、工場や倉庫、市場の構内へ延びる引込み線がたくさんありました。

港の入換・・・これは「時間勝負」でして、横浜港の場合、米軍の艦船や外国航路の貨物船の入港・出港時刻が何よりも優先されました。
そのため、機関区へ戻って石炭や水を補給する時間が無い場合も多く、小ぶりとはいえ燃料や水を多めに搭載できる「テンダー機」のC56形が好まれた・・・というのです。
(近隣の浜川崎線や鶴見線は、隣り合っていても全然事情が異なり、こちらはC11形タンク機の活躍場所でしたが。)

この問題も、DD13形ディーゼル機関車の登場により、一発で解決してしまいましたが、
現在は、横浜港の貨物線自体が「高島線」の本線部分と、神奈川臨海鉄道の本牧線ぐらいしかありませんし、横浜機関区も廃止されました。

皆様が「みなとみらい」へ遊びにお越しの際、「汽車道」(廃線跡の遊歩道)をお歩きになって、昔、蒸気機関車牽引の貨物列車が盛んに走っていた頃に思いを馳せるのも一興かと思います。
(*'-'*)

で、調べるまで忘れてましたが(何かで読んだ気はするけど)、
今、真岡鐵道にいるC11 325号機って、昔は茅ヶ崎機関区にいて相模線を走っていたんだなぁ!
( ゜。゜)ウヒョー
まさか「里帰り」は不可能だと思いますが。。。。
(この写真はイメージ。大井川鐵道のC11 190号機牽引「SLかわね路」号です。)
大井川鉄道「かわね路」号・1

【せっかくなので画像追加】(2012-10-10)
真岡鐵道のC12 325号機。2012年10月8日、下館駅で撮影。
真岡鐵道C11 325(2012年10月8日・下館駅)1

247~381号機は、いわゆる「戦時設計機」で、砂箱とボイラー上の蒸気ドームが略式の角型になっていましたが、
325号機は真岡鉄道入りを前にJR大宮工場で整備された際、制式の丸型に交換され、相模線時代のイメージとは異なります。
静態保存機には、角型ドームの物もかなり残っていますよ。
首都圏で手っ取り早く見られる「角型ドーム機」は、新橋駅日比谷口「SL広場」に保存されている292号機でしょうね。
そう、ニュース番組などで「日本一、テレビに映る機会の多いSL」です(笑)。

最後に、保存蒸気機関車といえば、
「ahoo!ごみ袋」にあった、実に馬鹿馬鹿しい質問を貼っておきます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1273774052?fr=rcmd_chie_detail

私、最近だんだん意地悪になってきているので、こういうのはどんどん晒すことにしましたが、

>小さく目立たないパンタグラフの付いた蒸気機関車スタイルの電気機関車

そんな気持ち悪い物、誰が見たがったり乗りたがったりするの?
蒸気機関車ファンも電気機関車ファンも納得しませんよ。

>蒸気機関車は電車と違い、色や形がどれも同じで見分けがつかないので、これ以上増やさずに上記のような方法でファンを納得させるべきです。

形式によって全然違いますが何か。あなたが、違いを勉強したらいいだけの話です(嘲笑)。
まさか「C」と「D」、テンダー機とタンク機の区別ぐらい、わかりますよねぇ?
┐('~`;)┌

確かに私も以前、蒸気機関車にはあまり興味もなく、昨年、C61 20号機を撮ってから考え方を変えたんですが、
興味がなかった頃にも、蒸気機関車そのものや、それを好む人を誹謗や中傷したり、無責任な放言をしたことは一度もありません。

こういうことを「ahoo!ごみ袋」でもなんでも、人目に触れる場所に書いてしまうと、
バカにされるだけでなく、二度と「宗主換え」もできなくなってしまいますから、お気をつけあそばせ。

だから送信する前に考えろって>( ゜д゜)

まあ、「バカにつける薬は無い」といいますから放っておくとして、
今日はお風呂上りに髪を乾かしつつ、「カルピスアイスバー」かじりながら、「YouTube」で大井川鐵道のC11 190号機とC10 8号機の重連映像を観てしまいました(笑)。
(*'-'*)
今は動いていないC12 164号機も綺麗な状態に保たれており、最近は昼間、新金谷駅の転車台で展示されていることが多いようです。
一時は「このままC56 44号機の部品取り車として、なし崩し的に解体か?」とも思われましたが、
その心配はなくなったようで、ホッとしています。
(*'​-')​ノ
==============================
《お知らせ》
別館ホームページ『mitsuka115JNRが語るひととき ANNEX』、更新中!
http://mitsuka115anex.web.fc2.com/

だいたい、毎月中旬に大きな更新を実施し、その後も新しい情報が入って、
私が酔っ払って帰宅してからそのまま寝ちゃわない限り(笑)、可及的速やかに更新しています。

ただ、「思うところあって」更新情報をこのブログで大々的に書くのは、やめました。
思いついたとき、クリックしてみてください。「何かが」少しずつ変わっています。
(「見ているよ」という方、「毎朝”今日は何かいな?”とチェックしている」という方、
本当に、心から感謝しています。慣れてきたとはいえ、アレ、作表するのが本当に大変なんです。。。。)

また、7月20日付で「名古屋に本社のあるJR」に関する列車の掲載は、しないことにしました。
(理由:何かとムカつくから。)
なお、例外的に「神奈川県修学旅行集約臨時列車」の御殿場線入線についてのみ、
これは東日本主導の列車なので、今後も掲載します。
(もっとも、次回は来年の初夏ですが。)

まず、何が変わったかといったら・・・
タイトルのスペルは「ANEX」じゃなくて「ANNEX」が正しいじゃん!
(〃▽〃)恥ずかし~。。。。
まるで「チャイルドの複数形は”チルドレン”ってことに気がつかなかった」、
元「チャイルズ」(ラサール石井氏プロデュース)のメンバー・磯野貴理子さんみたいだけど(笑)、
このブログのサイドバーに設置した「Google自動翻訳」で遊んでいて気がつく。。。。

まあ、貴理子さんも最近、テレビで正直に告白してましたし、
私も慌てて、直しました。
(URLの変更は出来ないんですが、まあ、しょうがないや。。。。)
(​ノω`​)プ​プフ​゚
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

おはようございます

緑の雰囲気に変わっていいですね
(^.^)
今回はシュシュポッポSLの調査ですね
子供の頃に桜木町から山下埠頭までSLが走った記憶があります
(@.@)
今も神奈川臨港鉄道にC56-139がいるんですよね
大井川鉄道にSLを見に行きたくなりました
(^,^)

aki様

おはようございます。
(*'-'*)
>子供の頃に桜木町から山下埠頭までSLが走った記憶があります

走りましたね。
(1980[昭和55]年6月)
私も見につれてってもらいました。
あのときはC58 1号機でしたが、もともと横浜機関区にいた機関車で、後に北海道の北見へ移ったんじゃないかな。
今は、京都の梅小路にいますね。
10年ぐらい前だったかなぁ。見に行きましたが、動態保存ではないものの、保存状態は良かったですよ。

山下埠頭の貨物線もなくなりましたね。

>今も神奈川臨港鉄道にC56-139がいるんですよね

あれこそが、横浜機関区にいたC56なんですよ!
長年、中央鉄道学園に教材として保管されていましたが、
学園が廃校になり、なんかいろいろあったらしいけど、
今は神奈川臨海鉄道にいますね。
復活できるといいんですけどねぇ。。。。

>大井川鉄道にSLを見に行きたくなりました

大井川は、機関車だけでなく、客車もまた良し。
JRグループでは見られなくなったオハ35系の客車が走っていますね。
今、C11 227号機が「青い”SLくん”」になっていますが、
NHK静岡放送局の報道では、さすがに「1ヶ月間限定」だそうです。まあ、そうだろうなぁ。。。。
(だって「ユルすぎ」だもの・・・どこかに画像があると思うので、「C11 227 青いSLくん」で検索してみてください。)

私は・・・まあ「2012年夏に、こういうイベントが行なわれた」という「記録」としてなら1枚か2枚撮ってみたいけど、
さすがに、ずっとコレだったら嫌だなぁ。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

ぬぉっ!ブログデザインが変わってた!(驚)

少し遅めですが、おはようございますm(_ _)m
仕事休みの今朝、「イチローヤンキースへ移籍」のニュースで一気に目が覚めました(笑)

それは置いておきまして、配属先調査お疲れ様でしたm(_ _)m

> C57 1号機・C57 180号機・D51 498号機が1968年当時、揃って新津機関区に所属していたのも興味深いところです。

C57 1がかつて新潟にいて、羽越本線で活躍していたのは存じておりました。
その上で、「ahoo!ごみ袋」並みのアイデアで恐縮なんですが・・・・・
西日本持ちのC57 1を一時期だけ東日本が借り、“里帰り”と称して「ばんえつ物語」編成を牽引する、という案はどないでしょ?
※その間、東日本持ちのC57 180を西日本にレンタルして「やまぐち号」編成を牽引。要はスワッピング
まぁ回送等の問題で、実現は限りなく低いかと思われますが(汗)

> 港の入換・・・これは「時間勝負」でして、横浜港の場合、米軍の艦船や外国航路の貨物船の入港・出港時刻が何よりも優先されました。

時間勝負・・・・・・現業の立場としてこれは分かるなぁ。
私事で恐縮なんですが、最近『当社の某看板列車』の乗務も任されるようになりまして。
機回しによる付け替えなんかもやったりするのですが、限られた時間内で全てを完了させなければならないため、本当に“時間勝負”であることを実感いたします。
※そんな訳で、是非我が社の路線にも足をお運び下さいませm(_ _)m←宣伝モード

> また、7月20日付で「名古屋に本社のあるJR」に関する列車の掲載は、しないことにしました。
> (理由:何かとムカつくから。)

JR発足当初の頃の私はホントに「アンチ○海の○日本厨」みたいな所がありました。
やっぱりどこか“鼻持ちならない”面が目についていたので・・・・・名古屋に一時期住んでいた経験もあるというのに( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
『東○本と東○は何故仲が悪いのか?』といったテーマの本も出版されていた時で、興味深く読んでいたのもいい思い出です(笑)

今は昔ほどのアンチでもなくなってきましたけど(それでも“鼻持ちならない”と感じている事に変わりはありません)、それだけ人間が丸くなったのかなぁ。
ただアンチ○海と言え、キハ75系だけは別格。あの車両は私の好きな車両形式の一つ。
あれはある意味“気動車の常識を変えた”車両。カミンズ最高!(←なんじゃそら)

んじゃ、また(*'​-')​ノ

SLと言えば

こっちではミコライオ、ではなくC57の話題が常に出ますね。

でも実は山口線、シゴナナではなくデゴイチを走らせる予定だったんだけどね。集煙装置がつけられないことで、D51を走らせる予定は没になったんですよね(当時は稼働可能なデゴイチは1号機しかなかった)。
神奈川臨海鉄道のサファテ、ではなくシゴハチ、小郡から出張で横浜に行ってましたね。神奈臨といえば一時期はまっていた某刑事ドラマ(それを見て一時期日産レパードが本気でほしくなった)に良く出てました。また山口線もC58の方が個人的には好きだったんですよね。集煙装置はC58の方が良くにあってました。

私達の間では動輪3つのSLは鯉選手に例えて表現するのがマイブームだったりします。動輪4つだと竜選手になるかな。

みなとみらい

「横浜周辺」の記事、たいへん興味深く読ませて頂きました。

現在の高島貨物線の通る「高島水際線公園」には、小さな蒸気機関車の車輪がオブジェとして置かれてます。

「なんでこんなに小さいのかなぁ?」という疑問がこの記事で解決しました。

物凄い資料の数にも、かなり驚きました。
私がもっとも苦手とする分野です(笑)

別館も

こんばんは。別館も拝見させていただきます。
ちなみに私もオレンジ色のJRは嫌いです。
何様!?と思うときがあります。
趣味的にも面白くありませんし。

桐生下り1番様

おはようございます。
(*'-'*)

>西日本持ちのC57 1を一時期だけ東日本が借り、“里帰り”と称して「ばんえつ物語」編成を牽引する、という案はどないでしょ?
>※その間、東日本持ちのC57 180を西日本にレンタルして「やまぐち号」編成を牽引。要はスワッピング
>まぁ回送等の問題で、実現は限りなく低いかと思われますが(汗)

実際に可能かどうかは別として、そういう夢をお持ちの方は多いんじゃないかと思いますね。私には「「ahoo!ごみ袋」並みのアイデア」とは思えませんよ。
まあC57 1号機は、もし、せっかくこちらへ来るなら千葉にもお立ち寄りいただきたいですね(笑)。戦後の一時期ですが、千葉機関区所属だったことがあります。
(*'​-')​ノ

レッドサンダー様

おはようございます。
(*'-'*)
>でも実は山口線、シゴナナではなくデゴイチを走らせる予定だったんだけどね。

過去、一般の定期列車として1973年まで運行されていた時代はD51だったようですね。

>神奈臨といえば一時期はまっていた某刑事ドラマ(それを見て一時期日産レパードが本気でほしくなった)に良く出てました。

同じドラマかどうかはわかりませんが、
・警察に追われた被疑者が操車場の構内に逃げ込む。
  ↓
・関西方面へ逃亡しようとし、車票を見て貨車に潜り込む。
(「梅田」とか「安治川口」とかかなぁ?)
  ↓
・DLに牽引されて貨物列車、発車。
  ↓
・そこへ警察到着、被疑者は貨車から飛び降り、銃撃戦に。。。。
という、ムチャクチャなシーンがあったのを思い出しました(笑)。
たぶん、横浜本牧駅でロケしたんじゃないかと思います。
(*'​-')​ノ

と~ちゃん49才様

おはようございます。
(*'-'*)
今朝も「朝練」でしょうか?(笑)
(ここへいらっしゃる方は「早起きさん」が多いですね。静岡方面にも、毎朝、東京行「サンライズ出雲」撮影をしておられる方がいらっしゃるような・・・いや、なんでもありません。)

>現在の高島貨物線の通る「高島水際線公園」には、小さな蒸気機関車の車輪がオブジェとして置かれてます。

お、そんな物件がありますか? 今度、見てみます。

>物凄い資料の数にも、かなり驚きました。
>私がもっとも苦手とする分野です(笑)

私も得意ではありませんが、
いったん手を付けてしまった以上、途中で調査をやめるわけにはいかなくなっちゃったんですよ~(笑)。
(*'​-')​ノ

キネ様

おはようございます。
(*'-'*)

>こんばんは。別館も拝見させていただきます。

ひっそりと営業中です(笑)。よろしくお願いします。

>ちなみに私もオレンジ色のJRは嫌いです。
>何様!?と思うときがあります。
>趣味的にも面白くありませんし。

宣伝など一切しなくても、「みんな黙って高額の運賃・料金を払って乗ってくれる路線」を持ってる会社は強いなぁ・・・と思いますが、
(しかも、その利用者の大部分が社用族)

愛知県内で発売している「新幹線(名古屋・豊橋・新城・本長篠)往復きっぷ」など、信じられないほどの安さですし、
その辺が「公平さ」を欠くんですよね、この会社は。。。。
(東京・神奈川エリアで東海道新幹線を使えるおトクきっぷなど、何もなし。だから、個人的に乗る機会もないんですが。私は1年前に名古屋へ行ったとき以来、乗ってないです。)

東京~北関東では、東北・上越新幹線に「マル幹証明付き・Suica定期券」で乗ると、自由席特急料金が、昔あった「紙の”新幹線回数券”」と同額になるサービスをやっていますが、
東海管内にそんなのは無いんじゃないかなぁ?
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ​

趣味的には今、全然面白くないですね。
観光的な列車は「トレイン117」ぐらいですしね。旧・国鉄仕様車も、美濃太田と伊勢にいるキハ40ぐらいしかありませんし。

静岡・東海地域に住んでいる方のブログを見ると、JRといえば「貨物列車」の写真や話題が多い感じですが、
貨物は「JR東海ではない」んですよね(笑)。
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。