08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武石神井公園駅関連のダイヤ改正、見てきたよ(*'-'*)

西武池袋線石神井公園駅(2012年7月3日)1

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
(2012年)6月30日(土曜)、西武池袋線石神井公園駅の下り線に待避設備と引上げ線が新設され、
同時に、石神井公園~練馬高野台の上り線が複々線化されれたのに伴い、ダイヤ改正が実施されました。
(東京メトロ有楽町線・副都心線も同時にダイヤ改正施行。)

なかなか、ゆっくり見ている時間がなかったんですが、7月3日にようやく「観察」できましたので、書いておきますね。

まず、6月23日(土曜)の初電から、今回新設された石神井公園駅の1番線が一時的に使われ始めました。
(上の写真、左側のホーム。)
これが今後「下り本線」となります。
昨年(2011)年4月17日から「暫定高架化」され、下り全列車が発着していた2番線は、今回から「下り待避線」になりました。

6月23~29日の間は1番線だけが使われ、2番線は、いったん使用停止になりました。
その間に諸々の切り替え作業を実施し、30日の初電から晴れて1・2番線とも使われています。

新しいダイヤでは、当然のごとく石神井公園駅で急行・快速と各停の「緩急接続」が行なわれるようになりました。
これは石神井公園というより、急行や快速が停まらない大泉学園駅、保谷駅の利用者にとっては「福音」です。
\(^o^)/
下の写真、左は2番線(下り待避線)に停車中の保谷行各停。右側は1番線(下り本線)に進入してくる渋谷発飯能行の快速です。
西武池袋線石神井公園駅(2012年7月3日)2

これまでだと、急行や快速は、練馬高野台に停車中の各停(たいがい保谷行か清瀬行)を追い抜いて、石神井公園に停車。
一方、追い抜かれた各停は、閉塞が開いてからゆっくりと練馬高野台を発車し、急行・快速が去った後の石神井公園駅構内に進入していました。

文字で書くと「それだけ」ですが、大泉学園や保谷へ行く(帰る)人が、石神井公園で下車して後続の各停を待つのは、意外に「苦痛」だったのね。
練馬高野台では急行と特急の「二本待避」もあったし、結構待ち時間が長かったんですよ。

私(保谷駅を使うことが多いけど、大泉学園駅で降りることもある)は、急いでいる朝の出勤時はともかく、帰宅時には最初から急行や快速など相手にせず、

1.各停で本でも読みながらのんびり。各停には「保谷行」も多く、居眠りしていても保谷で絶対に起こしてもらえるし(笑)。

2.大泉学園・保谷にも停まる準急に乗る。ただし、夕方~夜は座れないことが多い。
疲れていてどうしても座りたい場合は、練馬駅で準急を捨て、東京メトロ線から来る各停清瀬行に乗り換える。
(練馬駅で既に空いているけど、もし混んでいても中村橋から先はガラ空き。)

3.西武線池袋駅から各停に乗り、練馬駅で、東京メトロ線から来る準急小手指行に乗り換えて先を急ぐ。
この準急は練馬高野台に停まらないので、無駄な通過待ちがなく、しかも比較的空いている。

・・・というふうな使い分けをしてきましたが、これからは、「特急(レッドアロー)以外、とにかくなんでもいいから乗ってしまえばいい」ってことになりました。
もっとも、遠方の所沢や入間市、飯能方面の方々は、「大泉や保谷の連中が急行や快速に乗るようになって、混んで困る」とおっしゃるかもしれません。
なかなか、全てを丸くおさめることはできないものですね。
(・へ・)

また、今回から東京メトロ線発着の「石神井公園行」が新設されました。
新木場~石神井公園間の列車は、従来の練馬高野台止まりを延長した平日の朝がメインで、昼間は無く、夜間は運用の都合で数本あるだけですが、
渋谷~石神井公園間の列車が、平日の昼間に多く走るようになりました。
(以前多かった渋谷~清瀬間の列車は、ほとんど「新木場~清瀬間」にシフトした。ただし、清瀬止まりでは人気がないのか、一部は所沢まで運行。)

昼間の渋谷発石神井公園止まりは、メトロ車7000系の8両編成。
これまで見たことも無かった行き先、
キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!
東京メトロ車「石神井公園」行(2012年7月3日)1

「石神井公園」の文字ですが、なんか、ものすごい細明朝体です。。。。
(消滅した「練馬高野台」もそうだったけど。)
東京メトロ車「石神井公園」行(2012年7月3日)2

これは30分に1本で、石神井公園駅では、閑散時間帯のホームに駅員さんはいませんが、折返し列車到着が近づくと、出迎える駅員さんが一人、下の事務室から上がってきます。
(この時は、かわいい女子でした。)
やはり、忘れ物の確認とか、保谷・所沢方面への乗り換え誘導があるからね。
(*'-'*)

引上げ線は所沢方に1線。
写真左下に写っている赤い矢印は、なんだかわかりません。進出経路の注意を促す標識の一種だと思いますが、
どこの鉄道会社・どこの駅にでもあるわけではなく、特別の物でしょうね。
東京メトロ車「石神井公園」行(2012年7月3日)3

なお、メトロ直通だけでなく、わずかな本数ですが、西武線池袋~石神井公園間の列車も朝1本、夕方から夜間にかけて数本あります。
(これは、土曜・休日ダイヤの場合、朝には無く夜間のみ。【追記】を参照。)

一方、複々線の使用が始まった上り線も、「緩急接続」に貢献しています。
ヽ(^▽^)ノ
ただ、手元にある『東京時刻表』(交通新聞社)を見ると、石神井公園駅の時刻は急行・準急と各停が「同時刻」になっているものもありますが、
接続をとって発車するんですから「同時発車」はあり得ず、15~30秒程度の時差を置いて発車します。
こんな感じ。( ・_・)つ↓
まず各停池袋行が、準急からの乗り継ぎ客を乗せて発車。
西武池袋線石神井公園駅(2012年7月3日)3

次に準急池袋行が、各停を追って発車。
西武池袋線石神井公園駅(2012年7月3日)4

まだ、各停の最後部が遠くに見えています。
この各停は、練馬高野台駅停車中、準急に抜き去られます。
西武池袋線石神井公園駅(2012年7月3日)5

わずか1駅、1.1kmの複々線化ですが、これまでは先発列車が練馬高野台に着くまで、1分30秒程度待たないと後続列車が発車できませんでしたが、
今回から、すぐに発車できるようになり、大きな前進です。

次は下り線の練馬高野台~石神井公園間複々線化ですが、もうだいぶ完成に近づいており、来年の春、東急との直通が始まるころには使用が開始されそうです。

まだ、これも今回のダイヤ改正で登場した「メトロ車の保谷行」など、見ていない列車はいろいろあるんですが、追々取り上げてゆくことにしましょう。
(*'​-')​ノ

【追記】(2012-07-10。写真はいずれも同日撮影。)
1.西武線池袋~石神井公園間の列車(各停)の写真、貼っておきますね。
留置線から出てくるところ。
(*'-'*)
これらは当然、西武車充当で、この時は20000系でした(18時04分発・5604列車)。
西武池袋線・石神井公園発池袋行(2012年7月10日)

2.保谷駅の2番線(中線)は従来、保谷始発・終着の列車だけが使っており、通常「待避線」としては使われていませんでしたが、
今回のダイヤ改正から、保谷駅で下り特急列車の通過待避が行なわれるようになりました。

写真は、特急「むさし29号」の通過を待つ新木場発西武球場前行各停(保谷発18時15分)。
(B1773S~6521列車。通常は所沢止まりですが、野球開催日のみ西武球場前まで延長。)
西武池袋線保谷駅で各停が特急を待避(2012年7月10日)

==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

西武ダイヤ改正のわだいですね
石神井公園駅じっくり観察してきましたね
(・,・)
退避線ができるとダイヤが大きく変わりますよね
ラッシュ時間帯の運用が変わると通勤してる人は戸惑いますよね
(@.@)
メトロ7000系まだまだ頑張ってますね!
毎日通勤で通過している京急蒲田もボチボチ出来るかな?
ダイヤ改正ってワクワクしますよね
(^.^)
昨日は地震で震度4になりましたが大丈夫でしたか?
今週は梅雨末期の雨と蒸し暑さになりそうですので体調崩さないように気を付けて下さい

aki様

こんばんは。
(*'-'*)
メトロ7000系は、まだ頑張っていますね!
当面、10000系の増備は無い模様で(まあ、増備するにしてもマイナーチェンジするでしょうけど)、
このまま副都心線の東急直通が始まっちゃうんだと思いますね。

東急の10連化がどうなるのか、その時期が今のところはっきりしないので、
(「10連化を促進する」と、東急はホームページで公言したけど)
メトロにすれば、「うちも有・副線を全部10連の新型車両にしちゃっていいのか?どうよ?」っていうのを決めかねている感じがしますね。

その点、東武と西武は割り切って、有・副線直通用は10両固定編成しか持ってませんからねぇ。。。。
(もっとも、私は半年ぐらい東横線に乗ってないので、ホームの10連化対応工事がどの程度進捗しているか、わからないんですが。)
(*゚ー゚)ゞ

蒲田・・・長い長い大工事でしたね。
小田急の下北沢前後も、だいぶ姿が見えてきましたが。

地震ね。なんだか最近多いですね。先日のは「震源地は東京湾」とか言ってたので、「いよいよ来たか?!」と思いましたけど。。。。
とりあえず懐中電灯とか水、小型ラジオ、電池、あと数日分のエサ(笑)などは準備してますけどね。
(*'​-')​ノ

石神井公園

ついにダイヤ改正を迎え、石神井公園の下りホームが全面使用になりましたね。ここでの接続や折り返しの復活は感慨深いものがあります。
さっそく下りで急行から各駅停車へ乗り継ぎましたが、やはり待たずにというのはいいですね。地平時代以来か、ずいぶん経ったものだ。車両もほとんどが4ドアになりましたし。
また、地平時代を含めて、石神井公園のホームで下車客と乗り継ぎ客の交錯が緩和されたのもいいと思います。今までは工事のためとはいえ、階段・エスカレーターの片側しか通れなかったですからね…。
ダイヤに関しては下りの通勤準急がなくなったのが大泉学園ユーザーとしては複雑ですが、考えてみればよく今まで続いてたのかも知れません。
メトロ直通に関しても日中毎時2本の快速渋谷以外がけっこう変わってますね。東急につながる時のダイヤが楽しみです。

はじめまして。
そうですか、「ネタ」行きは消滅してしまったのですか。
高架化工事開始以来、池袋線の状況は数年おきに変わるので眼が離せませんね。
入換信号下の赤矢印は、適用線路を示す目印だったと思います。
社線によっては停止目標にも着いていたりしますね。

T-Max様

こんばんは。
(*'-'*)
「石神井公園行」は過去に存在したので、(西武の)古い車両の方向幕には入っていましたが、
東京メトロ車としては「初登場」になりますね♪

地上時代の石神井公園駅には「中線」があって、これは上下共用で「緩急接続」やってました。懐かしいですね。
今は上下線が完全に別々の2面4線の高架駅に・・・。
変わりましたねぇ。
(晴れた日には、遠くスカイツリーが見えますよ。)

>ダイヤに関しては下りの通勤準急がなくなったのが大泉学園ユーザーとしては複雑ですが、考えてみればよく今まで続いてたのかも知れません。

私が当地へ来た頃、通勤準急は「池袋~大泉学園間ノンストップ」だったんだけどなぁ。
その後、練馬停車になり「ずいぶん”安売り”になっちゃったな」と思いましたが(地下鉄連絡を無視できなくなったんでしょうね。大江戸線も含めて)、
今回から「夕方の下りは廃止」ですね。

要するに「大泉と保谷の人も、急行に乗って石神井公園で乗り換えなさい」ってことですが、
でも急行って、所沢や飯能まで行く人で混んでるからなぁ・・・おっしゃるように、複雑な思いです。

>メトロ直通に関しても日中毎時2本の快速渋谷以外がけっこう変わってますね。東急につながる時のダイヤが楽しみです。

和光市には、何日か前「ハマコー」(横浜高速鉄道)のY500系が試運転でやってきたそうですよ!
西武にも、きっともうじき来ますね。
楽しみ~♪
(*'​-')​ノ

くるみもち様

こんばんは。はじめまして。
(*'-'*)
「ネタ」って「練馬高野台」の電略なんですか?
(・。・)ホゥ~ウンウン

>高架化工事開始以来、池袋線の状況は数年おきに変わるので眼が離せませんね。

東急直通が始まっても、石神井公園駅は、大泉方の高架化が残っているから、まだまだ終わりそうもないですね。

>入換信号下の赤矢印は、適用線路を示す目印だったと思います。
社線によっては停止目標にも着いていたりしますね。

あ・・・なるほど、わかりました。

このブログも、400回目を迎えました。
ぜひ、また遊びに来てくださいね♪
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。