11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田谷公園のD51と「ヨ太郎」見たよ!(*'-'*)

D51 272(世田谷区立世田谷公園・2012年6月5日)1

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
先月の『鉄道ピクトリアル』(2012年7月号)に、「東京都世田谷区立世田谷公園に保存されているD51 272と車掌車ヨ17470」の写真が載っています。
(37ページ、笹田昌宏氏の記事。)

記事には、さらりと「東京都の世田谷公園で・・・」と書いてあるだけですが、D51形はともかく、ヨ5000形車掌車の保存車なんて、かなり珍しいんじゃないでしょうか。
(「都内では唯一」だそうです。)

世田谷区は、練馬区とともに「国鉄(JR)線が全く走っていない区」ですが、そんなのが保存されているとは意外で、
すぐ見に行きました。なにせ近いしね。
ε=ε=┏( ・_・)┛
ところが、最寄り駅の東急田園都市線・池尻大橋駅(南口)から意外に遠く、徒歩だと20分近くかかります。
田園都市線(かつての「新玉川線」)は駅間距離が結構長いので、今でも国道246号線を走る東急バスを利用する人は多いんですが、
渋谷駅などからこの公園を訪れる場合も、バスの方が楽だと思いますね。
(注:交通案内等は、この記事の最後にまとめました。)

さて、公園の中は広く、どこにD51ちゃんと「ヨ太郎」ちゃんがいるのか、少し分かりにくいんですが・・・
いた━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!

まず、D51 272号機ですが、1939(昭和14)年に川崎車輛(現・川崎重工)で製造され、1972(昭和47)年、厚狭機関区を最後に廃車・・・とあります。
この地にやってきたのは1973(昭和48)年とのことですが、活躍の場は主に山陽・九州であったらしく、首都圏には縁がなかったようです。
D51 272(世田谷区立世田谷公園・2012年6月5日)3

この機関車の特徴は・・・まず「門デフ」であること。
(注:ここからしばらくは、ビギナー向けの説明になるので、ベテランの方は飛ばしてください。)

前頭部の両サイドに取り付けてある板状の物を「デフレクター」(除煙板、デフ板)と呼びます。
これは、走行中の空気の流れを上向きにし、煙突から出る煙が運転席の方へ行かないように導くための物ですが、
一般的に日本では、本当に「板」というか「屏風」状です。

これが、「標準的な」D51形機ね。除煙板の型にご注目を。
(川崎市生田緑地公園に保存されているD51 408号機)
D51 408(川崎市生田緑地・2009年12月12日)

ところが、旧・門司鉄道管理局小倉工場で整備されていた蒸気機関車は、デフレクターの板部分が小さく、下部を支柱で支えるタイプが多かった。
これを、俗に「門司鉄道管理局式のデフレクター」、略して「門デフ」(あるいは「門鉄デフ」)と呼んだのです。

「門デフ」採用の目的は何だったんでしょう。
空気抵抗を少しでも減らすためだったのか。あるいは、バイパス弁などを保守点検する際、除煙板が邪魔になるからか。
いずれにしろ、ヨーロッパの蒸気機関車には多いタイプです。
(注:アメリカの鉄道は、除煙板の効果自体をあまり信じていなかったらしく、装備していない機関車が多かった。)

なお、これに似たタイプの物に、長野鉄道管理局長野工場が得意とした通称「長工デフ」などがありました。

「門デフ」というくらいですから、当然ながら九州に多かったタイプですが、
その機関車が九州から他地域に転属した場合は、標準タイプに交換されることが多く、よそではあまり見かけなかったといいます。
今、秩父鉄道に保存されているC58 363号機に、2009年から2010年にかけて「門デフ」が取り付けられましたが、
これは秩父鉄道創立110周年行事の一環で、現在は標準タイプに戻されていますし、
C58 363号機の活躍場所は終始、東北でしたから、現役時代に「門デフ」を取り付けた機会はありません。

(何でも撮っておくもんだなぁ・・・。
C58 363号機の「門デフ」姿の写真、持ってました。2010年5月15日・広瀬河原車両工場一般公開の折に撮影。)
( ・_・)つ↓
秩父鉄道C58 363(「門デフ」装備、2010年5月15日・広瀬河原車両工場)

D51 272号機の印象的な点は、もう一つあります。
下の写真、連結器の横を見てください。
D51 272(世田谷区立世田谷公園・2012年6月5日)2

残念ながら割られちゃっていますが、標識灯(赤いランプ)が埋め込み式になっています。
この部分を「前端梁」と呼ぶんだそうですが(私も、この言葉は知りませんでした)、
前端梁に標識灯を埋め込むのは「広工流」というか、広島鉄道管理局広島工場でこのように改造された機関車が多かったそうです。

よその管理局では、前端梁の上の広くなっている部分(作業用足場)に金具を取り付け、それに標識灯を引っ掛けるケースが多く、
広島以外はほとんどそうだったので、この272号機を見たとき、なにか妙な感じがしましたね。
(・。・)ホゥ~ウンウン

次に、D51が従えているヨ14740を見てみましょう。
これは、かつて貨物列車の最後部に連結されていた「車掌車」です。
ヨ14740(世田谷区立世田谷公園・2012年6月5日)1

ヨ5000形は、1959(昭和34)年から製造された形式ですが、この保存車はナンバーが「14740」ですから、ヨ3500形からの改造車ですね。
(注:改造車は「元番号+10000」で、これは元・ヨ4740号車であったと分かる。)
と、思ったらやはり「福島 協三工業 昭和43年改造」の銘板が。。。。
ヨ14740(世田谷区立世田谷公園・2012年6月5日)3

ヨ3500形は1950~1958(昭和25~33)年に製造されましたが、1968(昭和43)年10月1日のダイヤ改正を機に貨物列車のスピードアップが図られ、
その際、ヨ3500形の一部が、高速(85km/h)対応のヨ5000形に改造(軸箱支持装置を2段リンク化)されました。これは、そのうちの1両です。

「ヨ」という記号は「シャショウ」の「ヨ」から採ったものですが、昔は、とにかく貨物列車といったら、決まって最後部にこの「ヨ太郎」が連結されていたものです。
もっとも、「ヨ太郎」とは関東風の通称で、関西では「ヨメサン」と呼ぶことが多かったようです。

このヨ14740は、所属区所名標記が「岡オソ」となっていました。岡山鉄道管理局・岡山操車場のようです。
だとすれば、西の流儀で「ヨメサン」なのかな?(笑)

貨物列車に原則として車掌車を連結しなくなったのは、1985(昭和60)年3月14日のダイヤ改正からでしたが、
最後に全般検査を受けたのは昭和58(1983)年4月、施工は、今は無き大阪鉄道管理局高砂工場(兵庫県高砂市)。
重要部検査施工が昭和59年10月・岡山客貨車区のようですから、「60・3」ダイヤ改正まで活躍したのでしょう。
ヨ14740(世田谷区立世田谷公園・2012年6月5日)2

この車両は岡山を拠点に運用されたようですが、旅客車や機関車と違い、貨車の運用は一部の例外を除き「不定」でしたから、
上京することもあったでしょうし、逆に山陰や九州へ行くこともあったと思います。
私が今でもぼんやり憶えているのは、南武線で「広」の白い文字を大書きした車掌車(正確には「有蓋緩急車」、ワフ29500形のような気がする)を見たことです。
「”広”って何だろう?」と思いましたが、「広島鉄道管理局」の略称などとは、当時、知る由もありません。。。。
(*'-'*)
なお、ヨ5000形自体は岡山固有の貨車ではなく、全国に配置されていましたから、私のご当地「南ツソ」(東京南鉄道管理局・新鶴見操車場)所属のもいました。念のため。

車内は・・・公開されていませんが、覗けました。
o(・_・= ・_・)o
ヨ14740(世田谷区立世田谷公園・2012年6月5日)4

このように、机と椅子、長椅子、そしてダルマストーブ(石炭ストーブ)があるだけで、実に殺風景です。
トイレはありません。後年のヨ8000形とか、コンテナ車の「コキフ」の車掌室にはトイレがあり、ストーブも石油ストーブでしたが。
貨物列車は、一般的に停車時間が長いから、結構トイレには行かれたんでしょうけど、まあ、昔は女性の車掌さんなんていないしね。。。。
(逆に、コンテナ主体の高速貨物列車は停車時間が短いし、停車駅も旅客特急列車並みに少なく、男性の車掌さんといっても「コキフ」にトイレは不可欠だったのでしょう。)

ちなみに、世田谷公園といえばミニSL「ちびくろ号」(実車の5分の1スケールのD51 272号機とC57 57号機。ただし電動式)が300mの周回線路を走っていますが・・・
この日は火曜日で、ミニSLちゃんたちはお休みだ~! 庫内にいるらしく、影も形も見えず。。。。
(ノ_<。)
C57 57号機の実車は、同じ世田谷区の大蔵運動公園に保存されているそうで、ちゃんと「世田谷区ゆかりの機関車」なのが心憎いところ。
ある方のブログに掲載されていた写真を見ると、かなり精巧な出来栄えで、「ミニSL」などと、あなどれない感じです。

まあ、また来てみましょうね。
(*'​-')​ノ
(取材日:2012年6月5日)

【追記】(2012-07-23)
1957(昭和32)年11月1日現在『国鉄動力車配置表』(鉄道図書刊行会:発行)から
・D51 272・・・熊本機関区所属
・C57 57・・・小樽築港機関区所属

1961(昭和36)年4月1日現在『国鉄動力車配置表』(鉄道図書刊行会:発行)から
・D51 272・・・熊本機関区所属
・C57 57・・・小樽築港機関区所属

1968(昭和43)年3月31日現在『国鉄車両配置表』(鉄道図書刊行会:発行)から
・D51 272・・・熊本機関区所属
・C57 57・・・小樽築港機関区所属

1973(昭和48)年3月31日現在『国鉄車両配置表』(鉄道図書刊行会:発行)から
・D51 272・・・(1972年9月30日付で除籍。最終配置:厚狭機関区)
・C57 57・・・苗穂機関区所属

==============================
●世田谷区立世田谷公園について
・「ミニSL」の運行時刻も含め、下記URLのホームページ(世田谷区役所)をご覧ください。
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00004239.html

・交通
1.東急田園都市線・池尻大橋駅南口下車。
(地下駅ですが、東京メトロみたいに出入口を番号で呼ばず、「南口」と書いてあった。)
国道246号線(玉川通り)を二子玉川方面へ進み、「三宿」(みしゅく)交差点を左に。
駅から徒歩約20分。
国道裏の細い路地は、実にわかりにくいので使わないほうが無難です。

2.渋谷駅南口から東急バス「三宿病院(循環)」「野沢龍雲寺(循環)」「多摩川駅」「東京医療センター」行に乗り、
「自衛隊中央病院入口」で下車。バス停から徒歩約2分(大人:片道210円)。
電車より少し高いけど、この方が絶対に楽です。私も帰りはバスに乗りました。約10分間隔の運行です。
時刻等は、下記URLのホームページ(東急バス公式サイト)をご覧ください。
http://www.tokyubus.co.jp/top/index.shtml

・駐車場は、あるにはあるんだけど(有料)、私は電車・バスで行ったので、
詳しくは、下記URL(iPosNetリアルタイム駐車場案内)をどうぞ。
http://search.ipos-land.jp/p/detail.aspx?id=TMPC21319
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

D51とヨですね!
(@.@)
良い状態で保管されているようで
ヨは確かに珍しいですね!
門デフは分からなくて以前に調べました
(^.^)v
ヨは□のと凸のがありますよね
横浜の公園にある市電は綺麗にしてもらったみたいで
各地の保存車は上手く管理して欲しいですよね!
SLといえば先日は「SLググっと ぐんまみなかみ号・碓氷号」が同時発車したようですね
(・.・)

aki様

おはようございます。
(*'-'*)
ヨの保存車自体は、調べてみると結構あちこちにあるらしいですが、
都内では珍しいですよ。
でも、やはり機関車は、貨車か客車か、「何か」を従えているとカッコいいですね!

凸のは「トフ」です。相鉄には、平成になってもありました。
今でも1両だけ保存車があったと思いますね、
かしわ台車両基地の一般公開(例年10月)で見られると思いますよ。
(ああ・・・ホームページも「イベント」ってページを作らなきゃならないと思っていたんですよ。どうせ関東だけですけどね。
8月の終わりに「京葉臨海鉄道」のイベントがあるらしいです。)

>横浜の公園にある市電は綺麗にしてもらったみたいで
>各地の保存車は上手く管理して欲しいですよね!

「アスベスト問題」があったから、それを機に壊しちゃったところも少なくないですけどね。
D51といえば、新潟県・柏崎の駅前にロシア(サハリン)から帰ってきたのがいたんだけど、アレ、最近壊しちゃったらしいですよ。。。。

>SLといえば先日は「SLググっと ぐんまみなかみ号・碓氷号」が同時発車したようですね

9月30日に、もう一度やりますよ。
(時刻は7月1日と同じ。ホームページ中「高崎支社」を参照。)
ただ、乗って眺める分にはいいとして、撮影はしにくいです。
立つ場所がほとんどないんですよ。道路との交差部分(3箇所ある)は、踏切ではなくてアンダーパスになってますし。。。。
(*'​-')​ノ

車掌車

トイレがないうえに、揺れが激しくて大変だったようですよ。
それでもヨはまだいい方で、「ワフ」になるとかなりひどかったとか。それもあって8000からはトイレもついたんですよね。
コンテナ車の車掌も、100km/hの10000系はエアサス付きで良かったものの、95km/hの50000系は「乗務前に飲食するな」とか言われていたようです。そののちに10000系貨車の運用減少でエアサス台車に振り替えたコキフ50000も増えたようです。
まあ緩急車だと九州にいたセムフとかは最悪な空間だったようです。

門デフのカマはパシフィックタイプのエルドレッドとミコライオ、ではなくC55とC57に萌えますね。

レッドサンダー様

こんばんは。
(*'-'*)
ワフは揺れそうですねぇ。最後部ですし。
それに冬場は寒そう。。。。
(。・,・。)ふぅ~ふう~

南武線で「広」(おそらく東広島[現:広島貨物]駅常備)のワフ29500?を見た・・・という記述ですが、
考えてみたら、ヨならともかく、ワフがそんな遠くへ行くことは珍しかったでしょうから、貸与車だったのかもしれませんね。
(本来は芸備線あたりで使う貨車か?)
国鉄時代には、本社の斡旋で、遠方の管理局から車両を借りることもよくあったようなので。

でもまあ、車掌車って独特な雰囲気で、「乗ってみたいなー」と思っていましたよ(笑)。

>まあ緩急車だと九州にいたセムフとかは最悪な空間だったようです。

見るからに息が詰まりそうですね(笑)。石炭の粉塵が飛んできて、空気悪そうですし。
akiさんへのお返事に書いたように、相鉄にはトフがいましたけど、
相鉄程度の距離(20kmちょっと)だから、車掌さんも我慢していたと思いますが、あれで長距離は。。。。
さすがに、トフは国鉄線直通許可を受けておらず、厚木駅に国鉄のヨが迎えに来てましたけどね。

C57の門デフ・・・新津の180号機に「お遊び」で付けるためのを、東日本は持ってますよ。何回か付けたんじゃないでしょうか。

おっしゃるように、軽快なパシフィックタイプに似合いますね。
D51のような「ミカド」、C61とかC62みたいな「ハドソン」は重厚で、門デフはあまり似合わないですね。C11みたいなタンク機でもおかしいし。
除煙板の効果はともかく、デザイン的には、なかなか扱いにくい物であった感じがしますね。
(*'​-')​ノ

その昔・・・。

 ワシも40年前、門デフのカマに憧れて4~5年くらいかなあ、
北九州や中九州に通った。
 九州のカマはデフ以外はほとんど原型(排出される煙の色を見る板が、
新たに取り付けられていた)だったから好きだった。
 東北、奥羽本線など、他区から転属して来たカマも、ほとんどは
門デフに改装、シールドビーム補助前照灯も外されてから運用に入って
いたように記憶している。

 門司鉄道管理局のプライドというか、伝統の踏襲(頑固さの継承?)
みたいなものを感じたけど、これは今のJR九州でも感じることがある。
 筑豊本線の門デフC55はミシュランでいう三星(このブログでは
ミツカ星とも言う←言わねえか?^^)真横から見たその優雅さは、
一見に値する。

 さて、ヨが付いた保存機関車といえば、2年前に泊まった群馬県川場村の
『ホテルSL』に保存されているD51561にはヨ5000(14102)が、
付いていた(川場工って表記^^)、乗客はそれに乗るはず。
 機関車は電気で走るものらしかったけど、録音の音がヨの車内に
流れる仕組みなんだそうな。

 「乗るはず」「らしい」とか「なんだそうな」って書いたけど、ワシが
泊まった日は平日で、管理運用を任されている組織の方が見えておらず、
乗ることはもちろん、ほたか駅(保存されている駅の名前)のホームに
入場することさえかなわなかった。

 だから、支配人にお伺いした話を前述したんだけど、支配人には、
「SLのあるホテルと銘打っているから泊まったのに、係員がいないと
いうだけでホームにも入れないんじゃ、少しひどいんじゃないですかァ」と、
作り笑顔で苦情を申し述べて帰ってきた。
 その後は、ホテルのフロントで入場券を売るように改善?された
というから、少しは俺の要望を聞き入れてくれたということか?

 群馬県は谷川岳や妙義山の印象から、一般的に山々が険しいという
イメージがあるけど、この村の周りの山々は稜線が穏やかで、ホームの
中には入れなかったものの、ホテル敷地内からこのD51を横から
眺めると、背後に冠着山そっくりの山があって、かつての姨捨を行く
D51が想像できた。
 ホテル横を流れる薄根川の対岸まで渡る吊橋(ふれあい橋)から見る
このSLの情景もかなり見応えはあると思うよ。

 ところで、世田谷区にはC5757号機も保存されているようだね。
なんとか都合つけて見に行きてえもんだな。
 昭和41年3月、札幌駅で客車を牽く同機に遭遇(^^)、ホームから
地面に降りて、パシャパシャ撮っていたら、機関助士に怒られた。
 線路内に降りて叱られたのはこのときが初めてで、いわば「線路に
下りてはいけないんだよ」という認識を持たされた、立ち入り禁止記念日。
 俺は「なんでかなあ」という顔をしながら、ホームに戻ったっけな。
ともあれ、機関車形式と製造番号が同じものに遇えると、なんだか嬉しい。

 あぁ、今回も、新旧の懐かしい思い出に浸れてよかった。
みっぴょん、いい記事をありがとう。
 元気でやってくれ、またね。
 From ふく爺

ふく爺様

>九州のカマはデフ以外はほとんど原型(排出される煙の色を見る板が、
新たに取り付けられていた)だったから好きだった。

その板、「リンゲルマン・チャート」っていうんでしたっけ?
なんか、名前からしてドイツっぽいですね。
九州の鉄道はヘルマン・ルムシュッテル以来、ドイツが「先生」ですからねぇ。「いかにも」ですね。

>機関車は電気で走るものらしかったけど、録音の音がヨの車内に
流れる仕組みなんだそうな。

アレは圧縮空気で走るんですよ。
若桜鉄道のC12とともに、「空気圧機関車」という非常に珍しい存在です。まあ、動くのに「冷たい」蒸気機関車・・・っていうのも妙な感じですが。

川場、ヨ太郎が来たんですか!
かつてあった20系客車は、とっくの昔に解体されちゃいましたが、
(掲示板には「天国へ召された」と書いてある)
「客車をもう一度ほしい」「いや、”ヨ太郎”ぐらいが手頃で良いべ」という話は聞いていましたが、その後の展開は存じませんでした。

>苦情を申し述べて帰ってきた。

ま、いろいろあったらしいです(笑)。
(ここには、差しさわりがあるから書けないけど。別の機会に。)

>ところで、世田谷区にはC5757号機も保存されているようだね。
なんとか都合つけて見に行きてえもんだな。

ここですね。↓
http://www.tokyo-park.net/1311201005_01.html

東名を用賀で下りて、環八→世田谷通りですぐですよ。
写真を見る限り、状態はそんなに悪くなさそうだし、私も見てみたいです。
(電車だと、祖師谷大蔵駅からは意外に遠そうなので、渋谷から成城学園行きのバスが楽かもしれません。)

>立ち入り禁止記念日

当時は「怒鳴られる」程度で済んだんですねぇ。
今だったら警察、来ますよ。
ある意味「よき時代」だなぁ。。。。

「よき時代」のお話、また聞かせてくださいね!
(*'​-')​ノ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。