07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報】JR東日本・岩泉線「鉄道としての復旧を断念」

P8290010.jpg

2010(平成22)年7月31日に押角~岩手大川間で発生した、堆積した土砂による列車脱線事故に伴い長期運休(バス代行中)のJR東日本・岩泉線(岩手県:茂市~岩泉間)ですが、
JR東日本は、(2012年)3月30日付で「鉄道としての復旧を断念し、当社の責任においてバス化する」と発表しました。
ウゥゥ(;_;)
(帰宅して夕食を食べながらネットを見ていて、偶然発見。)

【参考】JR東日本プレスリリース「岩泉線について」
http://www.jreast.co.jp/press/2011/20120316.pdf(PDF形式・1.2MB)

これによれば、
1.調査の結果、岩泉線(38.4km)には大規模な岩盤崩壊を起こす恐れのある箇所が23箇所、大きな落石の恐れのある箇所が88箇所存在すると判明した。

2.これらの安全対策工事に、少なくとも約130億円の費用を要する。

3.これに対し、岩泉線の1日あたりの利用者(1日1kmあたりの通過人員)は、2009年度(運休前)の実績では平均49人しかない。
(JR6社中で最下位。ちなみにワースト2位はJR西日本・三江線。ワースト3位は大糸線のJR西日本区間。)
ちなみに、現在運行されている代行バス(1日4往復)の利用者も、1日平均では平日6.4人、土休日3.4人に過ぎない。

・・・ということだそうです。

なお、鉄道の「廃止申請」の時期については明らかにされておりません。
P8290007.jpg

P8290014.jpg

掲載した写真は、私が2002(平成14)年6月に乗車した際の車両・キハ52 146(盛モカ)と、岩泉駅舎です。
(銀塩[アナログ]の紙焼きを起こしたものなので、不鮮明ですがお許しくださいませ。)

【追記】(2013-11-10)
JR東日本と地元自治体との協議が成立し、2013年11月8日付でJR東日本は国土交通省に対し、岩泉線の「鉄道事業廃止届」を提出しました。
http://www.jreast.co.jp/railway/pdf/iwaizumi_20131107top.pdf
(PDF形式)
廃止日は2014年4月1日付となりますが、これは書類上の日付で、もう二度と列車が走ることはありません。
廃止後は、押角トンネルが岩手県に無償譲渡され、改修の上、県道トンネルとして国道340号線のバイパスに転用される計画です。トンネルの改修費用は20億円を上限に、JRが負担します。
鉄道代替バスは地元のバス会社が運行し、本数は鉄道時代と同じ1日4往復となります。
代替バスは年間約4000万円の赤字が想定されていますが、これもJRが補填することで、地元自治体と合意しました。
(『河北新報』2013年11月8日付記事「岩泉線廃線受け入れ 岩手2市町、JR東と合意」による。)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

こんばんは

岩泉線の復旧断念のニュース私も見ました
危険個所と費用と利用者を鑑みると仕方ないのですかね
(o・_・)ノ”(ノ_<。)
現実的な資料を提示して理解を示してますね
国鉄とJRの違いですね

おっはようっす。

 みっぴょんが、今までどおり元気な姿に戻ったことが、
記事から読み取れて、爺は嬉しいよ。
 わずかな休養で、気持ちも体調も回復できる、みっぴょんの
ような、若さと気力が自分にもあったらなあと心底思うよ。
 自分はこの4~5日寝たり起きたりで、病院に行くことはあっても、
鉄に出かけて行く体力はなかったので、MLながらも撮らず
じまいに終わっちまった。
 けど、もう元気になったよ。

 その間、更新されていた記事は、今朝、まとめ読み(^^)。
MLえちご、小田急イベント、岩泉線の廃止など、内容も豊富で
自分には新鮮なものばかり。
 とはいえ、路線の廃止は、ちょっと堪えたけどね。

 岩泉駅も、8年前に一度すぐ近くを通ったんだけど、車で龍泉洞に
向かう途中だったんで、国道からだとどこに駅があるのかわからなかった。
 今思うと、見ておかなくて残念だけど、たとえ廃線になっても、
当面駅舎は残るだろうから、のと鉄道の一部とか栗原田園鉄道、
三木鉄道のように、廃止後に訪れたところも数多いので、機会があれば
立ち寄りたいと・・・。

 きょうは、ワシの体調回復を受けて、春休みということもあって、
伊豆の国市在住の娘と孫達が、『いずっぱこ』と東海道線を使って、
やってくるんで、今から駅まで迎えに行くんさ。
 天気は、春の嵐模様で外では動けないけど、明日晴れたら全員で
デジカメ持って、大鉄か金~菊にでも行こうかな。
 ほんじゃ、ばいばい。

残念ですね

ミッピョン様。

こんにちは。

私も昨日、ネットでこのニュースを知りました。
多分駄目であろうとは思っていましたが、さすがに正式発表を目の当たりにするとショックでした。(私も随分と前に、一度だけ友人と乗りに行きました。)
一日あたりの利用人数や運転本数等を考えれば、たとえ土砂崩壊など無くともいつ廃止になってもおかしくなかったのですが、運行されていた頃の末期は秘境路線として幾分知名度が上がって来ていたと思いましたので、「リゾートしらかみ」の様なリゾート列車でも運転されればいいなぁ、と考えた事もありました。

これで久々にJRから線区名が一つ無くなる事になりましたが、現在東日本大震災で不通区間のある箇所に関しては、出来るだけ多く復旧して欲しいところですね。

コメントありがとうございます。

#aki様
(o・_・)ノ”(ノ_<。)
↑この顔文字がまたカワイイ!
特に右の子。「ぅえ~ん!」って感じで。。。。

この種の資料は、旧・国鉄時代にも所轄の鉄道管理局が作成したのがあったんだと思います。
ただし、当時は紙ですから、現地以外の人が入手したり閲覧したるするのは非常に難しかっただろうと思いますね。
いつでも・誰でも・どこにいても見られる・・・ってところが、いかにもネット全盛の現代です。便利になりましたね。
(*'-'*)

#ふく爺様
こんにちは。体調いかがでしょうか。
(*'-'*)
昨日(3月31日)の嵐は、結構すごかったですね。
東京の鉄道網も、東京湾へ注ぐ川の長い鉄橋を渡る路線は、軒並みアウトでした。
(JR東日本の某駅では、私鉄の情報も詳細を伝えているくせに「東海道新幹線」については一切触れていませんでした。仲悪いんだなぁ。。。。)

岩泉線の駅は、どこも「秘境駅」ですから、
自然に還っちゃう前に見に行ったほうがいいと思いますよ(笑)。
たぶん、ホームなんかおサルさんたちが「のど自慢」をやる舞台になっていそう。。。。

>明日晴れたら全員で
>デジカメ持って、大鉄か金~菊にでも行こうかな。

金~菊って例のカーブ・・・昔、友田信号場なる施設があったという。。。。
あそこは車か、タクシーじゃないと行きにくいですね。

菊川って今は「菊川市」なんですね!
ただし、旧・東海道の「菊川郷」は島田市(ってことは、以前は金谷町だったのかな?)。

面白いなぁ・・・と思いましたが、そういえば東海道線の菊川駅は、昔は「堀之内」駅だったわけですから、あの駅が「菊川」と名乗ること自体、矛盾しているのかもしれません。「菊川郷」からは遠いし。
(富士川=旧・岩淵、吉原=旧・鈴川も同様で、旧名のほうが実態に合っていた。)

気候が良くなってきましたから、存分にお楽しみくださいませ~♪
(メールにお返事できなくて申し訳ありません。もう少しお待ちください。)

#ゴナナ様
岩泉線・・・乗ってなかったですからねぇ。ダイヤも不便でしたし。
そもそも山田線が不便ですよ。
東京から日帰りしようと思うと、岩泉線は午後遅い列車にしか乗れませんでしたし。

鉄道末期(2009年ごろ)のダイヤでは、岩泉線を往復してから盛岡へ戻ると、かろうじて最終「はやて」東京行に乗れたようですが、
私が乗った2002年当時は不可能で、宮古へ抜けて品川行の高速バスに乗りました。

JRとしては、岩泉線より常磐線や仙石線、気仙沼線、石巻線などの復旧を優先したい・・・ってことなんでしょうね。
JR東海の名松線も、あのまま廃止じゃないかって感じですね。

岩泉線

私は昭和57年に乗ったっきりです。当時から貸切状態でしたね。
東北新幹線が開通したばかりで、在来特急が新幹線と並存していましたので、この時しかない!とばかりにバイトで貯めた金を周遊券にかえ、目一杯東北乗り潰しました。相当に想い出深い旅でした。
岩泉線は今までよくぞ生き残ってくれたのに残念ですが、仙石線や三陸沿岸の線区の対応で手一杯でしょうから、致し方ないと思います。

ちょうど宮古周辺の宿を探しているところで、そのついでに岩泉あたりの地図を見ながら昭和の龍泉洞の想い出に浸っておりましたので、タイムリーな話題でした。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。