11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トクトクきっぷでワクワクのお正月、キター!ヽ(゜∀゜ )ノ


【ご注意】
この記事は2009年11月当時の内容です。
最新の情報は、JR東日本の公式サイトや、『JR時刻表』最新号でご確認ください。


皆様は、この年末年始、「トクトクきっぷ」は何をお使いになるご予定ですか?

私の作戦は・・・こんな感じ。( ´▽`)
ご参考になれば幸いです(ただし、JR東日本の東京地区発が基準なので、他地域の方には申し訳ない・・・。)

1.「一点買い」なら『ふるさと行きの乗車券』!
11月26日(木)?12月20日の間、東京地区から、下記の地域に向けて『ふるさと行きの乗車券』という往復割引きっぷが発売されます。
詳細はJR東日本公式サイトをご参照ください。

なお、「JRふるさと」で検索せよ、とPRされていますが、「ふるさと行きの乗車券」で検索すると、
トップに中島みゆきさんの「ホームにて」の歌詞が出てきちゃうんだな。。。。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
「♪ネオンライトでは~燃や~せない~/ふるさと行~きの乗車券~・・・」っていうアレ。
(1977年6月25日発売のアルバム『あ・り・が・と・う』に収録。「わかれうた」のシングルがリカットされた際、そのB面にも収録。)

私は、みゆきさんには、さほどの愛着がなく、ユーミンと竹内まりやさん、および彼女たちに影響された次世代の歌手にしか興味ないんですが、
それでもこの曲ぐらいは「一般常識」として知ってました。
JRの企画商品担当者に、みゆきさんのファンがいるんだろうなぁ・・・って思うけど、11月25日現在、CMはON AIRされておらず、
前述の公式サイトでも「近日公開」になっていました。

まさか、この曲を使うんじゃあるまいな?????
(「Suica」のCMでは、ユーミンが♪「ち~いさい頃~は、か~みさまがいて~・・・」なんて懐かしい曲を披露してましたがね。
「恋愛ソングの女王・ユーミン」VS.「失恋ソングの女王・中島みゆき」の懐かしソング対決、楽しみ♪)

【追記(12月8日)】
思ったとおり、イメージソングは「ホームにて」でした。
テレビ・ラジオのCMを見聞きしてないんですけど、都内のJR線各駅コンコースで、一日中この曲が流れてます。。。。

それはともかく、この乗車券は
・「往復乗車券」である(フリーきっぷではない)。
・途中下車はできない。
・あくまで、各エリア内の「1駅ゆき」であり、エリア内の「乗り降り自由」ではない。
・特急券・グリーン券・寝台券などは別に購入する。
・エリアや有効開始日の変更は「12月20日」(発売終了日)までに、1回だけできる(その日以降は変更不可)。
というのが主な注意点です。

東京都区内発の発売額は、下記のとおりです(7日間有効)。

=======大人== 学生==こども =======
秋田・青森エリア 10,000円 8,100円 3,400円
岩手・三陸エリア 9,200円 7,300円 3,400円
宮城・山形エリア 8,400円 6,600円 3,000円
郡山・磐越エリア 6,800円 5,100円 3,000円
新潟・庄内エリア 8,200円 6,500円 3,000円
十日町・浦佐エリア7,100円 5,500円 3,000円
長野エリア 7,100円 5,500円 3,000円

※ 大宮~川口・戸田公園間各駅発も発売されています(十日町・浦佐エリア、長野エリアを除く)。
エリアについては、公式サイトおよびチラシをご参照ください。

これね・・・鉄道趣味的に見ると、未乗区間がいっぱい残ってる人からすれば、さぞかしご不満でしょうね。「フリーきっぷ」ではないから。
しかも、途中下車もできませんし。
新幹線や特急列車でサクッと帰省・・・つまり、実家の最寄り駅まで単純に往復するための切符ですから。

だけど、私みたいに「擦れっ枯らし鉄道女」(笑)からすれば、JR東日本の路線は五能線以外、全線乗車済みなので、
「そうね・・・五能線に一度乗りたい。あと、仙台空港鉄道(厳密には、あれはJRじゃないけど)にまだ乗ってないから、乗りたい」と思ってます。
五能線経由で五所川原、あるいは仙台往復の「1点買い」で十分です。
それだと、なにも「フリーきっぷ」である必然性はないし、途中下車にもさほどこだわりませんから、むしろ『ふるさと』の安値は魅力ですね。

五能線へ行くとして、『秋田・大館フリーきっぷ』を買うと、28,100円です。
(注:これは年末年始も利用可能。五能線は全線、フリー区間になっている。)
『秋田・大館フリー』は特急料金も込みですが、『ふるさと 秋田・青森エリア』を使い、東京~秋田間を「こまち」の普通車で往復し、
さらに弘前→秋田間で「かもしか」に1回乗った・・・と仮定すると、26,910円です。1,190円お得。
(注:特急料金は「繁忙期」で計算。なお、「リゾートしらかみ」の指定席料金は含まない。)

もう一例。東京~仙台間を新幹線の普通車指定席で繁忙期に往復すると、21,580円。
『ふるさと 宮城・山形エリア』と、新幹線特急券(往復分・繁忙期料金)なら18,420円で、3,160円お得。
(注:仙台空港へ行きたければ、南仙台~仙台空港間の往復運賃が別に必要。)

もっとも、JR東日本では、特急料金は「びゅうカード」会員を対象にしたネット予約「えきねっと」の利用を推奨しているので、これを使えば、特急料金はもう少し安くなります。

『ふるさと』の子供料金が「半額」ではなく、どのエリアでも「3,000~3,400円」である点といい、利用可能期間が12月26日~1月8日と結構長い点(延べ14日間)といい、
どう考えても「高速道路料金1,000円」に対抗してますな~。。。。

それとね・・・『ふるさと』は、あくまで「往復乗車券」だけど、特急の利用は「任意」だよ♪
だから
【往き】上野5:47(525M)7:28宇都宮7:38(1533M)8:28黒磯8:37(2129M)9:56郡山10:08(1135M)10:54福島11:00(3573M「仙台シティラビット3号」)12:16仙台
【帰り】仙台17:01(588M)18:22福島18:49(2152M)20:42黒磯20:50(1596M)21:40宇都宮21:47(690M)23:38上野
のように、普通・快速列車で往復したってOK! だとすれば8,400円ですけどね。。。。
おお、「青春18きっぷ」(1冊11,500円)より安いではないの!!!!
ヽ('ー'#)/ 
東京~仙台間の高速バスは「激戦区」で、閑散期だと割引もあるけど、年末年始は強気に「片道5,800~6,100円」などと言ってますしね。
ちなみに東京都区内~仙台市内間のJR鉄道線・ノーマル往復運賃は11,560円です。これ、案外「イケる」かも?!
(注:常磐線経由での乗車はできないので注意。)

2.「ふるさとゴロンと号」
さて、五能線へ行くとして、『ふるさと 秋田・青森エリア』の経路は
・東北本線(東北新幹線)経由
・東北本線(東北新幹線)~北上線・田沢湖線・花輪線・IGRいわて銀河鉄道線・青い森鉄道線経由
・高崎・上越・羽越本線経由。ただし「あけぼの」または「ふるさとゴロンと号」に乗車する場合に限る。
だそうです。
だから、秋田へ行くのに上越新幹線「とき」→羽越本線「いなほ」・・・なんていうのはダメです。えっ?「ムーンライトえちご」?・・・論外(笑)。

じゃあ、「あけぼの」はともかく、「ふるさとゴロンと号」って何よ????


答えは、上野~青森間を「あけぼの」と同じルートで走る臨時特急です。
運転日は、12月29日の上野20:45発→青森9:35着/1月2日の青森18:35発→上野6:30着の夜行で、左記の日だけ走ります。
車両は583系電車(下の写真)ですが、全車両、普通車「ゴロンとシート」扱いです。


「ゴロンとシート」って何????
これは定期の「あけぼの」にも連結されていますが、B寝台車でありながら、「座席」とみなして指定席特急料金で利用できる物です。
ただし、「みなし寝台車」ですからね・・・寝具類と浴衣は用意されていません。まさに「ゴロンと」横になるだけ。
だけど、上野~青森間3,860円(繁忙期)の特急料金だけで利用でき、寝台料金は不要です。

例えば、上野~青森間を『ふるさと 秋田・青森エリア』+「ふるさとゴロンと号」で往復するなら、17,720円ですよ。
東京~青森間の高速バスは、JRバス東北・羽田京急バス・弘南バスの「ラ・フォーレ号」が往復17,000円です。

583系は古い電車で、3段式B寝台ですが、それでも「格安で横になれる」っていうのを選ぶか、車両が比較的新しい高速バスを選ぶか。。。。
私なら、最近、秋田総合車両センターで大改修工事を行ったとはいえ、老朽化著しい583系の現役使用など、あと数年で終わりそうな気がするので、
「話の種」に「ふるさとゴロンと号」を試してみたい気もします。
ただ、毛布も何もないから、暖房は効いてるけど風邪をひかないように。。。

3.今年は『正月パス』が発売されないよ!!!!(泣)
JR東日本公式サイトを見ると、『ふるさと』のページにそう書いてあります。

『正月パス』は、1月1日のみ、新幹線も含めてJR東日本・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・北越急行・伊豆急行の全線、
およびJR北海道の中小国?函館間が乗り放題のフリーきっぷで、
普通車用が12,000円、グリーン車用16,000円(いずれも大人用の値段)でした。

これね?・・・一度、2008年の元日に「グリーン車用」で大湊線へ行ったんだけど、グリーン車は楽ちんちん(笑)だし、綺麗なおねえさんが飲み物を一杯無料でくれるし、最高でした!

今年から発売しないのは残念ですが、1995年から続いて、ぼつぼつ新鮮味がなくなってきたのと、本来は「移動の谷間」である1月1日の空席を埋める目的だったのに、
末期には、明らかに『正月パス』利用者による混雑緩和目的の臨時「はやて・こまち」や「とき」が早朝・深夜に走ったりして、
いささか本来の趣旨を逸脱している感じもしました。

まあ、しょうがないかもね。。。。

4.『北東パス』の効用とは?
『北海道&東日本パス』、通称『北東パス』(大人10,000円)も、11月10日から1月16日まで発売しています。
有効期間は12月10日~1月20日の「連続した5日間」です。『青春18きっぷ』と違い、バラバラの日に使ったり、何人もで使うことはできません(1人1枚です)。
フリー区間がJR北海道・JR東日本・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・北越急行と、なぜだか知らんけど富士急行全線です(謎)。

これ・・・どうせ普通列車と快速しか乗れませんし、「意味あるの?売れてるの?」って、いっつも思ってるんですよ。
なにせ、この年末年始から発売の『ふるさと 秋田・青森エリア』も10,000円ですし、『仙台・山形エリア』8,400円、『新潟・庄内エリア』8,200円です。

意味があるとすれば・・・青森~札幌間の急行「はまなす」の自由席なら、そのまま乗れる!
o(^▽^)oキャハハハ

しかし・・・車両、特に客車の好きな方なら注目!
14系客車(座席車)の定期運行って、気がついたら今、「はまなす」だけなんですよ。
夜行の急行で客車っていうのも「はまなす」だけ。「能登」と「きたぐに」は電車ですから。。。。


その「はまなす」乗りたさに、この切符、使ってみましたよ、あたしゃ! 2005年の夏ですが。
たまたま『鉄道ジャーナル』を読んでいたら、「はまなす」と、フィリピンへ渡った14系使用の「プレミアム・エクスプレス」っていう列車の記事が出ていたんです。
さすがに、すぐマニラへ飛ぶ・・・っていうのは無茶ですが、「札幌かぁ?・・・よっしゃぁ!」と思いました。

14系を堪能して札幌では「味の三平」で味噌もやしラーメン食べて、「よつばパーラー」でアイス食べて、「サッポロビール園」でジンギスカン食べて生ビール飲んで、
食べてばっかりじゃアホなので、札幌駅JRタワーイースト22階にあるクアハウス「プラウブラン」で汗流して、また「はまなす」に乗りました(笑)。
往復の途中、花輪線でキハ52、奥羽本線でキハ58の国鉄カラー車と「よねしろ」仕様車、
しめくくりには仙台から、当時走っていた快速「ムーンライト東京」の583系にも乗りましたし、楽しい「懐かしの国鉄車両&札幌グルメツアー」でした♪

それから・・・『北東パス』って、5日間連続有効でしょ?
なにも北海道まで行かなくても、例えば高崎~東京間(片道1,890円)を5日間、毎日通ったとするでしょう。。。。
それだと、8,900円も安くなるの。新幹線や特急列車には乗れませんが、グリーン券を買えば普通列車のグリーン車には乗れますし。。。。

この切符が通年発売にならないのは、このように、「定期券代わり」として使わせないためなのかも知れません。。。。

5.『青春18きっぷ』に明日はあるのか?!
これだけ格安切符がいろいろ出てくると、『青春18きっぷ』の効用が、すっかり薄れた感じもしますね。。。。

だけど、まるっきり「ダメダメきっぷ」に成り下がったとも言い切れません。
アレは国鉄時代の名残で、現在も「旅客鉄道会社線・JR宮島フェリー会社線全線」乗り放題なのがミソ。
そう。いかに『北東パス』であれ、JR東日本を1駅でも外れた東海道本線函南駅、御殿場線下曽我駅では無効なのよ。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

それと、「友達同士で」「一家揃って」1冊を使えるのが有難い・・・って人もいるでしょうね。
私は、毎年お正月に家族連れで埼玉県から群馬方面の温泉場へ行くというファミリーとか、
カップルで東京から大阪まで、大晦日にUSJの「カウントダウン」イベントへ行った・・・っていう話も聞きました。

もっとも、世の中には「もう、頭には”18きっぷ”しかない」っていう、「18キッパー(笑)」っていうか「原理主義者」もいるらしいけど、そういう、頭の悪い人は論外。
例えば、東京から五能線へ『18きっぷ』で出かけたら、手ごろな夜行列車がないので、途中で宿泊せざるを得ません。
『ふるさと』などを上手に使った方が、たぶん安上がりです。
(私は山形県の酒田市で健康ランドに泊まってぐっすり寝たことがあるけど、その時はクルマ。健康ランドは安いけど、
酒田のは、駅から6kmぐらいあるから、タクシーなんか使ったら高くつきますよ。群馬県沼田市でも同じようなことがありました。)

『18きっぷ』が威力を発揮するのは、普通列車の本数が多く、「新快速」とか「特別快速」も頻繁に走っている東海道本線などでしょうね。
静岡や名古屋にも「おいしー♪」がいろいろあるけど、それをちょっと食べに行くだけなら、東京から『18きっぷ』で日帰りできますよ。

前にも書いたけど「四日市へ行かなきゃ」という数年来の懸案事項があるし、ついでに例の「国民宿舎 関ロッジ」のナハネ20形寝台車に泊まってみるなら、『18きっぷ』は打ってつけです。

でも逆に言うと、そのくらいしか効用がないとも言えるし、「1日当たり2,300円」という「数字のマジック」に騙されちゃいけません。
アレは、5日分11,500円を「前金で」買うんですよ。
私は、5日分なんて要らないな~。闇で「変な売り方」をしてるのも知ってるけど、そんな物に手を出す気にはなれませんしね。

もっとも、フリーきっぷが極端に少ないJR西日本管内における『18きっぷ』の評価はまったく違うし、難しいところです。

では、皆様もお知恵を絞って、楽しい旅を~
(​o゚д​゚o)​ノ
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。