10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沼津駅で見た小田急RSE車「あさぎり」(*'-'*)

小田急RSE「あさぎり」(2012年2月22日・沼津)

小田急電鉄の特急車両20000形RSE車は、2012年3月16日限りで定期運行から引退し、
RSE車充当の特急「あさぎり」も60000形MSEに置き換えの上、運行区間も新宿~沼津間から、新宿~御殿場間に短縮されます。
(2011年12月6日付記事で既報。)

「もう一度、RSE車を見る機会があるかなぁ?」と思っていましたが、
2月22日の夕方、沼津駅で思いがけず新宿行「あさぎり8号」を見ました。
(*'-'*)
(「東海道五十三次を歩こ~♪」の帰り。この時刻に「あさぎり」があることを忘れていました。)

現在、このように「THE LAST RUNNING」のステッカーが車体に貼付されています。
小田急RSE・ラストランのステッカー(2012年2月22日・沼津)

神奈川県の県花「やまゆり」をデザインしたステッカーも貼付されています。
小田急RSE・「やまゆり」のステッカー

私は新蒲原駅で、熱海経由の「東京山手線内」ゆき乗車券を買ってしまっていたので、「あさぎり」には乗りませんでしたが、
現行車両の引退&区間短縮の前に、もう一回ぐらい乗りたいなぁ。。。。
( ・_・)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

RSE

1ヶ月切りましたね。
「あさぎり」の他、「はこね」運用や、確か「唐木田ホームウェイ」にも入ってたような…。
僕もいずれでもいいので、しばらく乗ってなかったこともあり、席やスケジュールが合う時に乗れたら、と思います。
前回の373系もそうだけど、今回は惜しくもなくなるっていう列車、車両が多い気がします。

こんばんは

あさぎり撮れたのですね!
なくなってしまうのは寂しいですが
(゜-Å)
小田急車・JR車ともにあさぎり廃止後にも上手く活用されそうですね
(=∩_∩=)v
今日は東海道線に乗ったら211系のアクティが来たり
やまどりを見れたりでした
(。・o・。)
各所でダイヤ改正関連でなくなる撮影をしている人がいるのでしょうね!

いいねえ、実にいいねえ(^^)

 こんばんは。
前回の岳南鉄道に続き、今回は沼津駅構内の『あさぎり』の記事。
毎回、詳しく丁寧な説明に、ただただ敬服。

 岳南鉄道は、この春で貨物の運用が廃止になるので、同県人の
務めとして^^、近々機関車たちに会いに行かねばと思っています。
 371系のホームライナーや『あさぎり』(小田急のあさぎりも)、
321Mなど、時刻改正で消える列車が多いし、貨物列車にあっては、
毎日がネタ物ばかりなので、カメラ片手に、やっきになって走り
回らされて?います。

 自分は消える列車に乗ることよりも、写真に収めておきたい気持ちの方が
強いので、小田急の『あさぎり』や、321Mには乗らずに終ってしまい
そうな気配濃厚。

 みっぴょんは、新蒲原駅から帰りの切符を購入されたとのこと。
ぼちぼちながら『五十三次を歩こう』も再開されたようですね。
 次回はきっと由比か興津あたりまで、足を延ばせることと思いますが、
蒲原~興津間は見所が満載で、県内では宇津谷や日坂と並んで、
トップクラスのお薦め箇所。

 今の私は、毎日のように、さった峠を訪れています。
時期的に、桜海老か、しらす漁が解禁中で、これら漁をする小船も
帆を張っての操業、広重が描いた由比の図絵と重ねることは容易。
 手軽に、400年前に思いを馳せることができる場所でもあります。

 先般、撮影の帰路、西倉沢の川島さん宅で、ぽんかんを買いま
したが、まさかそこが、その昔、東海道の合宿だったなんて、
思いもよりませんでした。
 もちろん、そこが合宿とわかったのは、あとからみっぴょんに
教えて頂いたからで、それまでは合宿という知識もなし。

 知識は多いほど良いと思っている自分なので、今後は合宿でも
丁寧に探索、散策しようと思っています。
 ただ、そこで得た知識をどう使うかという知恵までは、持ち合わせて
いませんけどね、昔から揮発するのも早いし・・・(^^)。
 ともあれ、みっぴょん記事は、いつも参考にしています。

 さった峠では、しょっちゅう富士山に裏切られています。
頭や顔を隠されたり、全身を表わさなかったりが多いので、自分と
根競べの繰り返し。
 そういえば、寝台特急『富士はやぶさ』が、無くなる前の2週間も、
ずっとすっきりとは晴れてくれなかったことを思い出します。

 興津で車を置かせて頂く場所は、お寺の駐車場。
そこから撮影地までは、線路脇を300mほど歩きます。
 ゴミ出しの方や、線路との境の鉄柵に布団を干しているおばさんから、
挨拶がてら「毎日よく来るねえ、おんなじ場所で、よく飽きないね?」、
な~んて言われます。

 「成長があると、同じものも目新しく見えるんですよ」と答えます。
この答え、哲学っぽくて^^、当然相手にはちょっと理解し難い。
 いぶかしい顔をされるので、続けて、「赤ちゃんや幼児って、毎日
同じ絵本やアニメを見たいって、しつこいくらい言うでしょ?」。

 「子供は日々の成長が著しいから、同じものを見ても毎日違う発見が
あるんですよ、自分もそれと一緒です」な~んて、少々格好をつけて
説明すると、「へえ~ッ」っていう顔をしてくれます。
 本当は、どのおばちゃんとも仲がいいので、もっともっと、ざっく
ばらんな言い方ですけどね^^。

 元々この話も誰かの受け売りだし^^、自分は単に線路脇が好き!
っていうだけのこと^^。
 若い頃は、「何のためにこんなことしているのかなあ」と、考えた
こともありましたが、今ではそんなことはありません。
 老鉄の私に、潤いや癒しを与えてくれる大好きな鉄道に対して疑問を
抱くなんてことしたら、バチが当たります^^。

 みっぴょんが、近くまで歩いて来られた際、どこかでばったり出会う
ことを願いつつ、今回はお別れです。
 ほんじゃあ、またね~ッ!
From ふく爺

コメントありがとうございます♪

短い記事でしたが、喜んでいただけて嬉しく思いました。
(*'-'*)
お返事、まとめて失礼します。

#T-Max様
こんばんは。
(*'-'*)

RSE車の運用は、平日ダイヤについては「あさぎり」以外、あまりハッキリしません。おそらく、JR371系の代走で、2編成とも「あさぎり」に充当するケースを想定し、事前告知をしないんだろうと思います。
小田急発行の『ロマンスカー時刻表』(無料配布)に「▲」印の付いている列車(車種不定)のどれかですね。

土曜・休日については明確で、「あさぎり」以外は
・下り
「はこね1号」(新宿7:00→箱根湯本8:27)
「はこね15号」(新宿10:40→箱根湯本12:06)
「はこね29号」(新宿14:10→箱根湯本15:36)
「はこね43号」(新宿17:40→箱根湯本19:06)
「ホームウェイ73号」(新宿19:40→唐木田20:14)

・上り
「はこね2号」(箱根湯本8:36→新宿10:14)
「はこね16号」(箱根湯本12:18→新宿13:49)
「はこね30号」(箱根湯本15:48→新宿17:19)
「はこね44号」(箱根湯本19:17→新宿20:49)
だそうです。

>前回の373系もそうだけど、今回は惜しくもなくなるっていう列車、車両が多い気がします。

RSEはそれほど古くないし、どこかで「再就職」してほしいですけどねぇ。。。。
( ・_・)

#aki様
こんばんは。
(゜-Å)
↑この顔文字もカワイイですね!

「やまどり」を見ましたか!
それは東京~熱海間の団臨だったようですが、なんか熱海→品川→熱海間の意味不明な回送列車も走った模様で。。。。
( ̄□ ̄;)!! 品川到着後9分で、また熱海へ戻るの???
(おそらく国府津・根府川・来宮・伊東のどこにも留置線に余裕が無かったんでしょうね。)

それはともかく、青森から伊東まで、秋田の583系も走ったらしいですね。これは見たかった!
(仕事があったので無理でした。。。。)

#ふく爺様
こんばんは。
(*'-'*)

2月22日は、JR371系の検査日でしたので、朝の「ホームライナー沼津」は371系でしたが、「あさぎり」は全列車小田急RSEだったんですね。
(翌2月23日は「富士山の日」でしたけど。お天気が悪くて残念でしたね。)

静岡県の方は岳南、「あさぎり」、373系の普通列車、そして新幹線300系と、お忙しいのではないでしょうか?

岳南の機関車は、何か活用できませんかねぇ? もっとも、観光地ではないし、「客車を牽引させる」といっても、肝心の客車が国内にはあんまり残ってませんし。。。。
(尾久に14系の寝台車が少し残ってましたけど・・・。)
大井川の電機は、たまに客車を牽引していますね。

>ぼちぼちながら『五十三次を歩こう』も再開されたようですね。

いつ、どこからどこまで歩けるか不明確なんですが、とにかく、柏原(東田子の浦)という中途半端な場所で終わったままにしておきたくなかったので、
正式な「宿場」で終わらせておきたかったんですよ。結果的には、蒲原宿まで行かれましたが。そして風邪をひきましたが(笑)。

岩淵から蒲原までの間は、旧・国道1号線(現:県道396号富士由比線)が国指定の「歴史国道」なるものになっているため、
みんな間違って歩いているようですが、本当は山の中の富士・静岡市道が旧道でして、この坂道(通称「新坂」)を蒲原へ下る風景が素晴らしい。。。。

「間の宿」については、知る人も少ないと思いますよ。広重も描いていませんし、現代においては、「ウィキペディア」の記述もメチャクチャだし(笑)。

さった峠は楽しみにしてます。「興津のお寺の駐車場」とは清見寺ですか? あそこの跨線橋は「現存する日本最古の鉄道跨線橋?」らしいですよ。
あと、東海道本線の安倍川駅は、なぜ駅名を「丸子口」とでもしなかったんだろう?と、地図を見ると思いますね。

>若い頃は、「何のためにこんなことしているのかなあ」と、考えた
こともありましたが

新潟の国鉄色485系が上京するたびに追っかけていた時期(東日本大震災前)、そう思ったこともありましたけどねぇ。。。。

では~♪
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。