10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道五十三次を歩こ~♪ 品川宿→川崎宿(1)

北品川駅構内の側線

(続き・2011年12月17日[土曜])
北品川駅の踏切でしばらく「京急ちゃんと遊ぼ~♪」しちゃいましたが(笑)、
保線機械用の側線が気になる(トップの写真)。。。。
(・.・)?
これは旧・東京市電(後の都電)の「北品川」折返し線跡みたいですね。かねて気になっていたんですけど。

京急の歴史を辿ると、必ず
・1925(大正14)年3月11日、北品川~高輪間が開業し、同区間で京浜電気鉄道と東京市電の乗り入れを開始。
・1933(昭和8)年4月1日、(京浜電気鉄道が)1372ミリ軌間から1435ミリ軌間に改軌。現在のルートで品川駅構内に高架で乗り入れ。高輪駅は廃止され、東京市電との乗り入れも廃止。
という記述があります。

これは、八ツ山橋を渡って、鉄道省線の品川駅前にあった高輪駅まで、京浜電鉄の電車が路面上を走り、
同時に、北品川まで同じ線路を市電が乗り入れていた・・・というものです。
今も残っている側線が市電の折返し線跡らしく、当時の地形図にも記載があります。
もっとも、この乗り入れは短命に終わりました。

京浜電鉄が当初、省線の品川駅に乗り入れず、「高輪」なる独立駅を設けたのは、青山方面への延伸計画があったためですが、
「山手線の内側」への私鉄乗り入れは、京成の日暮里~上野公園(現・京成上野)間など、例外的な短区間のものを除けば、どこの会社の申請も通らず、
戦後、都心進出は「地下鉄との相互乗り入れ実施」という形で実現します。

なお、高輪駅廃止と同時に、当時の湘南電気鉄道(日ノ出町~浦賀間および逗子線)との相互直通運転が開始され、品川~浦賀間が一本で結ばれることになりました。

高輪駅の跡は、「高輪wing」(ショッピングモール)などの敷地になっており、痕跡は残っていません。
同駅があった時代、その横には1930(昭和5)年に建てられた洋風建築の「京品ホテル」(注)がありました。
このホテルは2008年5月に、かのリーマン・ブラザーズの日本法人子会社が買収しましたが、すぐリーマン・ショックが起き、「不当解雇」を不服とする労働争議で全国的に報じられました。
結局、元従業員と債権者の間で和解が成立したことから、2010年7月に建物は解体され、「旧・高輪駅の残影」は完全に消滅しています。
(注:京急グループとは、資本的な関係には無かった。)

【追記】(2012-02-05)
記述だけでは分かりにくいので、写真を追加します。
下の写真手前、緑色の文字で「wing」とあるショッピング・モールが旧・高輪駅の跡。
これは、京急グループの施設です。
(平日の夜間に運転される座席定員制列車が「京急ウィング号」と称していますね。)

その隣りに見える、「wing」に食い込むように建っている白いガラス張りの建物が旧・京品ホテル跡で、現在は「ハリウッド」なるパチンコ店になっています。
(岡山県の会社が経営しているらしく、京急グループとは無関係です。)
京浜電気鉄道・旧高輪駅跡

それはともかく東海道に話を戻し、品川宿を南に行ってみましょう。
しかしまあ「東海道・品川宿」っていうと、私はジョージ秋山氏の劇画『浮浪雲』(はぐれぐも)を思い出してしまいますね。
(*​´0`​)ノ「おねえさん、アチキと遊ばな~い?」。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
(そうか・・・アレって『クレヨンしんちゃん』の「原型」だったのか! 息子の名前も「しんのすけ」だし。)
品川宿(北品川宿)

カメラを構えて写真を撮っていたら、「ゲストハウス品川宿」という宿泊施設がありました。
現代の「旅籠」ってことですね。「1泊・素泊まり3000円から」だそうですよ。
詳細は、こちら。↓
http://bp-shinagawashuku.com/index_jp.html

狭く、しかし味のある商店街を進むと、持ち帰り弁当の「ホットモット」があったので、塩唐揚げ弁当大盛りと、豚汁を購入(480円・・・とメモにある)。

どこかで昼食を・・・と思いながら歩いていると、目黒川に出ました。
この川を境に「北品川宿」「南品川宿」と呼ばれたそうで、京急の北品川駅は「北品川宿」に位置します。
品川宿・目黒川

結局、お弁当は橋を渡ってしばらく行った先の小公園で食べましたが、意外にゴミが嵩張り、参りました。
この先、「ゴミの持ち帰り」が意外に重要なテーマになりそうな気がしましたが、どうしたもんでしょうかね。
(・へ・)
南品川宿は、こんな感じの町並みです。
品川宿(南品川宿)

お弁当食べたのはいいけど、ついでに伊藤園&チチヤス共同開発の乳酸菌飲料「朝のYOO(ヨー)」というものを飲んだら、歩行で適度な運動をしていることもあって、腸内が妙に「活性化」されてしまい(笑)、
青物横丁駅近くの鮫洲公園、その先の品川区民公園の2箇所でお手洗いに立ち寄る始末。。。。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
お腹の調子はともかく、「青物横丁」っていうのは、私が大好きな大好きな駅名で(「信濃追分」とかも好きだけど)、
なんでも、「横丁」と付く駅名は全国唯一だそうですよ。
(・。・)ホゥ~ウンウン
京急電鉄・青物横丁駅駅名標

江戸時代に立った青物市に由来するそうですが、シビレるような、素敵な駅名です。
(*-_-*)うっとり
だって、一度憶えたら一生忘れませんよ、「青物横丁」なんて。
これが「南品川」だったら、記憶に残るかどうか。
次の「鮫洲」っていう駅名も相当なインパクトですが、ここは、都民には警視庁の運転免許試験場でおなじみです。

その鮫洲公園付近で、都営バスの通過を撮影。
都営バス(品川区・鮫洲公園前)

「東海道五十三次の旅で、地下鉄がある都市は東京・横浜・名古屋・京都だけだ」と書きましたが、路面電車との遭遇も豊橋ぐらいです。
しかし、一般路線バスとの出会いは多いでしょうから、なるべく載せるようにしますね。
(*'-'*)

立会川を過ぎ、「泣く子も黙る」鈴ヶ森の刑場跡で旧・東海道は国道15号線(第一京浜)に合流します。
鈴ヶ森刑場跡

これも気になる地点だったんですが、すぐそばを通過する京急の高架橋も気になります。
第一京浜を越えると橋が一旦下がり、大森海岸駅方向に進むと、また上がっている感じがしました。
(((​゚д゚​;ノノ​ぇぇぇ!
京急・立会川~大森海岸間の高架橋1

京急・立会川~大森海岸間の高架橋2

この理由はわかりません。
第一京浜を跨ぐ部分だけ、大型自動車の通過に備えて嵩上げされているのか?
あるいは「高架線→仮線→地上線」のようなプロセスで段階的に高架化を進めた結果、若干上下する部分が生じてしまったのか?
いずれにしろ、電車に乗っていてもほとんど気にならない程度ですが、沿線を歩くとはっきり分かるんですよ、差異があることが。
面白いですねぇ。。。。
(*'-'*)

(続く)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 旅行
genre : 趣味・実用

こんばんは

東海道五十三次の続きですね!
いつも乗ってる京急が詳しく載ってる
(。・ω・。)ほぅほぅ
北品川の引き込み線は横取りのポイントがある保線用ですよね!
高架区間は乗っているとサッと過ぎてしまいますが
意外と高架区間も勾配や曲線があるんですよね
過去に地上を走っていたなんて思い出せないですよね
(・,・)
駅名に地名の由来も勉強になりました
川もキーポイントになるのですかね!
いつもミッピョン様の観察力には感心してます
(・ェ・。)(。・ェ・)キョロキョロ
続きが楽しみです
(^.^)/

品川よいとこ

海に近い所の町はさすがに味わいがありますね。
「町歩き」楽しそうです。
大昔に青物横丁で降りて「町歩き」したのを思い出しました。(わたしもこの名前好きです!)
鈴ヶ森の刑場跡って京急や第一京浜のすぐ脇なんですね。空港に行く際に京急にはお世話になっていますが、全然気がついていませんでした。

京急と第一京浜の交差部が一番高くなっているのは、国道の「建築限界+α」を確保して、あとは高架構造のコストを抑えるために縦断をできるだけいじめた(下げた)のではないかと思いますが、何か他の意味があるのでしょうかね?(条件を知らずに書いていおりますので、よくわかっておりませんし、その先縦断を上げている意味も不明ですが…)

ごみ問題やトイレ問題などいろいろありますが、楽しみつつ頑張ってください♪

aki様

こんばんは。
(*'-'*)
京急ちゃんとのお付き合いは、神奈川駅までしばらく続きますよ。

>北品川の引き込み線は横取りのポイントがある保線用ですよね!

こんな狭い所に側線がある理由が「?」でした。
そこで、ある時、国土地理院の関東地方測量部事務所(東京・竹橋にある)へ行った際、古い地形図を閲覧したら・・・市電の終点でした。
なお、このあたりまでが昔の「東京市」で、これより南は「東京府荏原郡」になってしまうため、市電の運行区間も北品川までだったようです。

>高架区間は乗っているとサッと過ぎてしまいますが
>意外と高架区間も勾配や曲線があるんですよね

阪神電鉄は、もっとスゴイみたい。
おおまかに言うと「大正期」「昭和戦前期」「昭和戦後期」「平成(阪神大震災復興で作り直した区間)」の4つに分かれるそうで、かなり勾配や曲線が多いようです。

>過去に地上を走っていたなんて思い出せないですよね

平成になってからも、しばらく地上だった大森町とか梅屋敷あたりは記憶していますが、
北品川~大森海岸間なんて忘れちゃいましたよね。京急鶴見も昔は地上駅だったんですけどね。

>駅名に地名の由来も勉強になりました

青物横丁については、最近、週刊誌で読んだネタです(笑)。

>川もキーポイントになるのですかね!

川っていうのは、市町村や地域の境、郡の境、昔の国境(くにざかい)、都府県の境・・・と、
何かにつけて「境目」になることが多いので、「峠」同様、重要なポイントになると思いますね。

>続きが楽しみです

ありがとうございます。
品川宿→川崎宿間は一回で終わらせようと思っていましたが、
使いたい写真が多く、ページを分けないと、重くなって開きにくくなる恐れがあるので、二回に分けました。
(パソコンなら問題ないでしょうけど、モバイルだと重いでしょうね。)

明日か明後日には続きを書きたいところです。お楽しみに~♪
(1月22日[日曜]に「箱根峠やり直し篇」を決行しようと考えており、その日は丸一日、出てしまうため、平日の夜、帰宅後にショボショボ書くしかないの。。。。)
(*'​-')​ノ

にんべん様

こんばんは。
(*'-'*)
品川宿・青物横丁界隈は、「我が町は由緒ある旧・東海道の宿場である」ということを非常に誇りに思っているらしく、実に良い雰囲気です。

これまでに通った町は、どこでも「ここは旧・東海道である」ということを何らかの形でアピールしていましたね。
数ある街道の中でも、やはり東海道は別格、「街道の中の街道」なんでしょうか。

>鈴ヶ森の刑場跡って京急や第一京浜のすぐ脇なんですね。空港に行く際に京急にはお世話になっていますが、全然気がついていませんでした。

そんなに広い場所ではないし、快特にでも乗っていると、全然気がつかないかもしれませんよ。

ここは八百屋お七とか、天一坊とか、歴史的に有名な罪人が処刑された場所だそうですけど、
今は子供を連れた若い夫婦が、屈託も無く散歩してたりするんですよね。。。。

第一京浜跨道橋の件、おそらくは、何か大きな物を積んだトレーラーの通過を想定して、高めに作ってあるんだと思いますけどね。
なにしろ、主要都市間を結ぶ幹線国道ですから。他にもこういう例があるかもしれません。
(東京に限らず、大阪や名古屋にもありそうですね。)

>ごみ問題やトイレ問題などいろいろありますが、楽しみつつ頑張ってください♪

トイレは、整備に力を入れている自治体(東京都品川区・神奈川県大磯町・二宮町・箱根町など)と、そうでない自治体の差が大きいことが、はっきり分かってきました。

ゴミはですね・・・「行動中、何も飲み食いしなければ良い」って思うけど、そうもいかないし、考えるしかないですね。
神奈川県までは、沿道に結構飲食店があったので、お弁当を買うまでも無く、お店に入って食事ができます。
ところが、静岡県以西は沿道の食事処が少なくなるようで、お弁当に頼る機会が増えそうですが、そうなるとゴミも増えるわけで。。。。

食事処が少ないことの対策として、いわゆる「ミリメシ」(ミリタリーのメシ。自衛隊の装備にある缶入りの糧食)を推奨する方もいらっしゃいます。
それは株式会社武蔵富装という会社が販売しており、一般の人も通販などで買えるんですが、
「缶入り」っていうのが、ちょっと引っ掛かるんですよ。ゴミが出るし、空き缶をそこら辺に捨てることが出来ないから荷物になっちゃうし。。。。

昼食は、もっぱらパンで済ますしかないかもしれませんが、これは「やってみた結果」を、追い追い報告することにします。
(*'​-')​ノ

やっと2012年まで、読み進めました。
京急の品川付近の歴史よくわかりました。ありがとう。大分まえの船橋の歴史もそうだけど、Mitsukaさんの歴史、地理、鉄道の話、スミオの坪に入りまくってまっせ♪

スミオ様

こんにちは。
(*'-'*)

鉄道のことを書いている以上、地理も歴史も経済、社会も無視できないんですよ。今日撮ってきた写真を貼り付けてるだけのブログならともかく。
それだと、「アーカイブ」としての機能はないでしょうね。

東海道・・・一応、日本橋から約150キロの蒲原宿まで歩いているんですが、そこで中断しちゃってます。。。。
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。