10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道五十三次を歩こ~♪ 日本橋

東海道五十三次「日本橋」(歌川広重 作)

♪お江戸日本橋 七つ発ち 初のぼり
 行列揃えて あれわいさのさ・・・
というわけで、新企画「東海道五十三次を歩こ~♪」が始まります!
(*'-'*)

東海道五十三次。。。。

昔、「永谷園のお茶漬け海苔」を買うと、広重作の浮世絵のカードが一袋に一枚、入っていましたね。
なんか、応募券を集めて送ると、箱入りの55枚セット(53宿+日本橋+京ですから55枚なんです)が貰えるキャンペーンもあったらしく、うちの母が持ってました。
この「浮世絵カード」ですが、タレントの中山秀征さんのご実家(群馬県藤岡市)が、カードの袋詰め作業を請け負う業者だったそうで、
最近『週刊文春』の「新・家の履歴書」で読みましたけどね。。。。

私が「五十三次を歩こ~♪」と思ったのは、まさに「思いつき」に過ぎません。

歩くことは結構好きで、中途半端ですが、高校生の頃、平塚から小田原までと、小田原から三島までを歩いたり、
10年ぐらい前、東京・池袋から実家(横浜市鶴見区)までを歩いたりもしました。
もっとも、10年前のは半分酔っ払ってましたが(笑)。

ある週末の夜、飲んだ後、なんとなく、ほぼ地下鉄有楽町線沿いに歩いていたら、いつの間にか桜田門の法務省前まで来ており、
「あ、そうだ。このまま桜田通り(国道1号線)を歩いて行ったら横浜だ!」と思い、
(*'。'*)つЦゥィーッ!
歩き始めて、白金台の明治学院大学前あたりまで来たら、もう引っ込みがつかなくなり(笑)、
そこでタクシーを拾うのも悔しいので、五反田、馬込、池上・・・と歩き続けて多摩川大橋を渡り、鶴見まで歩いてしまったんですよ。
明け方、実家に着き、母には「あんた、アホじゃないの?」と言われましたけどね。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

ただ、「五十三次」とはね。さすがに、そこまでは。。。。
( ・_・)
私も「人生の折り返し地点」に来て、自分でも気づかぬまま「ここで何かやってみよう」と思っていたのかもしれません。

手元には昭文社の『街っぷる首都圏』と『ハイエスト 静岡県都市地図』があったんですが、必要とあらば、地図は追い追い買い足すことにします。
(というか、東京では三重県とか滋賀県の地図など、大きな書店でないと買えませんけどね。)

参考までに読んだ本は二冊。
『東海道を歩く旅』(山と渓谷社 エコ旅ニッポン・2010年 初版3刷)。
P1040002.jpg

『決定版東海道五十三次ガイド』
(東海道ネットワークの会21編著・講談社プラスアルファ文庫・2005年初版)
P4010002.jpg

※アマゾンで買えます! 
お求めご希望の方は、こちらをクリックしてください。

新版・完全 「東海道五十三次」 ガイド (講談社 α文庫)

新品価格
¥802から
(2014/5/27 14:52時点)




東海道を歩く旅―宿場町と街道名所をめぐる特選10コース&完全踏破 492km (エコ旅ニッポン 1)

新品価格
¥1,728から
(2014/5/27 14:57時点)




もちろん、京・三条大橋まで全区間をいっぺんに歩く暇はないので、多くの方々がなさっているように、「時間がある時に少しずつ歩く」しかありません。
(実はもう一冊、個人の旅行記も読んだんですが、自分で歩いてみると
「記述の誤りが非常に多い」
「旧道ではない道路(現行の国道1号線など)を歩いている箇所が非常に多く、訂正もしていない」
「”ケチケチ旅行記”を謳いながら、費用がかかりすぎ(毎回、自宅~現地間の移動は新幹線利用。ホテルも結構高いところに泊まってる)」
といった欠点が判明し、「紹介に値しない」と判断しました。
あしからず、ご了承くださいませ。

さて、「思い立ったが吉日」というか、「善は急げ」というか、時間が出来るのが待ち遠しく、
2011年12月17日(土曜)、日本橋へ向かいました。

日本橋の「日本国道路元標」前からスタートしようと思いますが、ここは地下鉄銀座線・半蔵門線の三越前駅が最寄りです。

しかしまあ、東京メトロの「日本橋」の駅名標も撮りたいじゃないの・・・と思い、東西線で日本橋へ。
東京メトロ日本橋駅・駅名標

この新しい15000系っていう電車、私は、まだあんまり馴染みが無いんですが。。。。
東京メトロ東西線15000系(日本橋駅)

いずれにせよ、この旅で東京メトロが登場するのは、この一回だけになると思います。
だいいち、地下鉄のある都市が東京・横浜・名古屋・京都だけですしね。
(*'-'*)

地上へ上がって少し歩くと、首都高速都心環状線に「日本橋」の扁額があります。
「日本橋」扁額

その横に「東京市道路元標」があり、左側に「日本国道路元標」のレプリカがあります。
(本物の「日本国道路元標」は、道路に埋め込まれています。)
日本国道路元標・1

さらに「里程標」があり、「京都市 五〇三粁」とあります。
今、書いて気がついたんですが「千米」(1000メートル)と書いて「粁」(キロメートル)って漢字を作っちゃった昔の人、頭いいですね(笑)。
日本国道路元標・2

ところで日本橋は、上空を首都高速都心環状線が通っていますが、これが「見苦しい」という意見もあります。
東京・日本橋

2006年、小泉首相(当時)の指示で「日本橋に空を取り戻す会」という有識者会議が結成され、高速道路の地下移設が検討されましたが、
移設の費用が約5000億円と査定されたため、その後の大きな動きはありません。

自動車ジャーナリストの清水草一さんは、
『日本橋の景観に対して批判的な「日本橋に空を取り戻す会」は、「経済効率優先の街づくりによって貴重な水辺空間が消失した」としているが、
5000億円という莫大な費用をかけて首都高を地下に移設してできあがるのは、どこかで見たような作り物の”美しい水辺空間”ではないだろうか。
それよりは、戦後の高度成長期の突貫工事という、歴史の重みを感じさせる現在の日本橋の方が、はるかに味わい深いと私は考える。』
と、「日本橋に空を取り戻す会」の案を痛烈に批判しています。
(『首都高速の謎』扶桑社新書・2011年 刊)

私も、結局「どこかで見たような作り物の”美しい水辺空間”」しか作れない(であろう)ならば、5000億円もかけてやる必要は無し、と思いますね。。。。
(それだってどうせ、我々国民・東京都民の税金でやるんですよ。。。。)

それはともかく、日本橋でグズグズしていないで、先を急ぎましょう。
ε=ε=┏( ・_・)┛
(続く)
【関係する地域の地図】
※マウスをグリグリして、拡大・縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 旅行
genre : 趣味・実用

walking along

すごい思いつきですね。いろんなドラマがありそうですが、達成に向けて応援しますよ。健康にもよさそうだし、完遂した時の達成感も大きいと思います。
歩く…、僕は旅先、特に海外になると結果として歩くことが多くなります。
それ以外では、学生時代に2度あります。まずは夏場でバイト先の店がいつになく忙しく、終電逃して(土休日ダイヤの日で早まることを忘れてた)池袋から大泉学園まで。もう一つは真冬の大雪の日、志木から大泉というのがありました、こちらはBon Joviのチケット取りの徹夜中(ネット予約のない時代)、天候事情でそうなりました。
時は流れ、昨年の東日本大震災の当日、渋谷から「十数年振りの長距離歩き」を覚悟し、歩き始めましたが、代々木到達時点で大江戸線が再開、しかも都庁前から座れました。練馬でもうまく接続できて日付が変わる前に帰れました。

おはようございます

東海道五十三次を歩くが始まるのですね!
(@.@)うひょ~
永谷園に浮世絵カード入ってましたね!懐かしいです
日本橋には里程標というのがあるのですか
(@.@)ほぅ~
知識も習得されてこれからが楽しみですね
箱根駅伝を見てると歩いてみたくなるのですが
私にはなかなか実現できないです…
無理せずに完歩して下さい
m(_ _)m

日本橋

東海道53次を歩く!っていうのめちゃおもしろいですね。歩いて京都までゴールするのが楽しみですね。わたしにはまず出来ません。日本橋から品川あたりまでなら可能かも知れませんけど。
走破はけっこう交通費がかかりますね。以前日本一周をしたライターさんがいて、その人の本を読んだことありますけど、タクシーやクルマを使ったりでよくわかりませんでした。やっぱり歩いてまわるのが一番ですね。そういえば、以前NHKでも53次の企画やっていましたね。
53次の旅、楽しみにしています。お気おつけて。

謹賀新年

暫くコメント投稿していませんでしたが、さまざまな記事、楽しく拝見しています。
東海道五十三次に挑戦ですね。
私も歩くことは好きで、休日はいろいろなところを歩き回ります。
東海道も部分的には歩いていますが全区間まではちょっと手(足?)が出ません。
やはり基本的には旧道を歩かれるのでしょうか?
無理せず気長に続けてください。

コメントありがとうございます♪

まとめて失礼いたします。
(*'-'*)

#T-Max様
まあ、例によって馬鹿な思いつきですけどね。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
神奈川宿ぐらいまでは「やめるなら、今のうち」と思っていたんですが
(どうせ、その時点では記事も未発表だったので「なかったこと」にできるし)
保土ヶ谷を過ぎて権太坂あたりから「引っ込みがつかない」感じになりました(笑)。

「もっぱら何を見て、何をお伝えするのが良いか」コンセプトが固まってきたのも保土ヶ谷あたりからだったので。。。。
(私のことですから、「途中で鉄道ちゃんとも遊ぶ」方針です。)

震災の時ですか・・・私は数日間、毎朝、練馬高野台駅まで歩いていましたよ、4時起床、5時出発で。。。。

#aki様
そうです、(@.@)うひょ~ な企画ですね。。。。

>永谷園に浮世絵カード入ってましたね!懐かしいです

アレって、昭和何年ごろまで入っていたんでしょうね?
今なら「トレカ」でしょうけど。。。。

>箱根駅伝を見てると歩いてみたくなるのですが
>私にはなかなか実現できないです…

駅伝、今年は実に面白く観ましたよ!
だって、つい最近歩いた所ばっかりですから!
(ただし、駅伝のコースは必ずしも東海道とは一致しませんし、特権で、本来なら自動車専用の道路を走っている区間もあります。)

>無理せずに完歩して下さい

そこが問題です。
神奈川県内は比較的交通至便で、「今日は、ここまで」と思った場所で気軽に電車でもバスでも乗れたんですよ。日帰りも可能でしたし。
(小田急線をうまく利用すると安い。)
箱根から先は、そうはいかなくなるので。。。。
どうやって、体力・時間・資金的に「無理なく」実行するかが思案のしどころです。
でも、京都まで行きますよ! できれば暑くなる前に終わらせたいですね。

#びゅんびゅん丸様
(前のコメント[岳南鉄道]にもお返事してありますよ。)

>東海道53次を歩く!っていうのめちゃおもしろいですね。

めちゃ面白そうでしょ。
(´∀`*)ウフフ

>日本橋から品川あたりまでなら可能かも知れませんけど。

ここは2~3時間で歩けますね。
面白いのは品川宿です。
(京急線・北品川駅下車)

ただ、非常に困るのは「トイレの少なさ」です。これまで歩いたところでは、東京都品川区と神奈川県大磯町は、意識して「トイレ整備」をやっている感じ。
他では、もっぱらコンビニのトイレ利用が多くなります。
(「トイレ情報」は、順次書くことにします。)

>走破はけっこう交通費がかかりますね。

かかりますね。JR東海の沿線に入ると、あまり安い切符も無いし。
高速バスを有効利用する方法を考えないとね。
あと、宿泊は「健康ランド」などを利用できないか、情報収集してます。

>その人の本を読んだことありますけど、タクシーやクルマを使ったりでよくわかりませんでした。

よくわかんないですね。何をしたかったんだろう?
徒歩に限らず、例えば「バイクで日本一周」とか、「路線バスだけで日本一周」みたいに「ある一種類の方法に限る」というなら、それは然るべき価値があると思うけどね。
「歩いたり、車に乗ったり」じゃあ、意味がわかりませんね。。。。

ベルニナ様
今年もよろしくお願いします。
(*'-'*)

>やはり基本的には旧道を歩かれるのでしょうか?

原則的にはそうです。
歩いてみると、「旧道の切れっぱし」みたいな道が国道1号線から分岐して、生活道路になったりしています。
また、「旧・1号線」が、バイパス開通で県道や市道に格下げされて残っている区間も非常に多いです。

実際に行ってみるとわかりますが、「旧道にこだわる」というより、
旧道は「歩いて旅をする」前提で作られていますから、歩きやすいんですよ。車も少ないし。
すると、当然「自分に有利な方」を選ぶ結果になりますね(笑)。

全区間歩かなくても「つまみ食い」でも面白い区間は、たくさんありますよ。
東京の近くでは品川宿、保土ヶ谷~戸塚間の「3つの坂」、大磯あたりなど。。。。
名古屋が近くなったら御油とか、有松あたりが今から楽しみです。

ちょっとずつ楽しませてもらおうと思ってます♪
(*'​-')​ノ

鶴見と練馬

まずは旅の無事をお祈りいたしますm(_ _)m
以下、東海道とはあまり関係のないコメント(^^;;;;;;

> 10年ぐらい前、東京・池袋から実家(横浜市鶴見区)までを歩いたりもしました。
> もっとも、10年前のは半分酔っ払ってましたが(笑)。

おぉ、“帰宅難民”を先取りしている(笑)
明け方に帰り着いたという事は、だいたい5~6時間掛けて歩いたという感じですかね?
自分がまだ横浜の住人だった当時、家に車で帰る時はよく国道1号(二国)を通っていましたね。
土地勘が滅茶苦茶思い出される・・・・・・ハハハ。
※鶴見の街は出身高校のある場所ですんで、思いっきり馴染みがありますよ。
 (その母校も昨年春に廃校になってしまいましたがね・・・・・・苦笑)
 去年か一昨年、10数年ぶりに鶴見駅前を訪れた際、カミンが取り壊され、隣に
 新しい ビルが建っているのを見た時にはビックラこきましたよ・・・・・・

> 震災の時ですか・・・私は数日間、毎朝、練馬高野台駅まで歩いていましたよ、4時起床、5時出発で。。。。

この辺↓に詳細が書かれてましたね。
http://mitsuka115jnr.blog119.fc2.com/blog-entry-268.html
http://mitsuka115jnr.blog119.fc2.com/blog-entry-269.html

震災の折は大変なご苦労だったことと思います(弊社も約3週間ほど区間運転でした)。
そう言やぁ練馬高野台から池袋方に3つ先の駅(要は練馬)に知人が勤務してるなぁ(笑)

新年おめでとうございます、今年も楽しみにしております。

新シリーズはおもしろそう!
で、現在、その東海道線に乗ってるお客さまが Twitter でこんな怒り(?)のツブヤキを

引用開始

「HenryTOYOTAJr 並河逸成
今、下田に向かう踊り子117の車中。車内販売がないのはギリギリ許容範囲だが、自販機もないのには呆れた。で、訴えられかねないのは給水器すらないこと。長距離の特急だよ。これで観光立国とかよく言うよ。特急料金返して欲しい。 #JR東日本」

引用終わり

通勤通学列車じゃない観光地行きの優等列車ですから、設備は最低限あるべきだと思います。

日本橋って

日本橋からってこれだったのですね。道路元標からスタート、気合が入りますよね。
とはいえ、京都までの503粁、仕事の合間に歩くには相当大変な距離です。暑くならないうちに完歩は理想ですが、どうか無理せずにゆっくり達成しましょう!
楽しい旧道歩きであれば、どんどん「脱線」していただき、幅広い話題のレポートを期待しております!!

コメントありがとうございます♪

#桐生下り1番 様
鶴見駅前の「カミン」は無くなりまして、今は「シークレイン」です。
「ミナール」はありますけど、これの正式名称が「鶴見臨港鉄道ビル」って、知ってました?!
(「鶴見臨港鉄道」って会社自体は現存するんですよ。東亜建設工業の子会社だったと思いますけど。ただ、専従の社員はおらず、実質的には東亜建設の一部門に過ぎないようですね。)

鶴見って町も、変わってんだか変わらんのか・・・いずれにしろ、東京のお隣だから寂れてはいませんが、京浜工業地帯が日本経済を支えていた時代の勢いは、もうありませんね。。。。
景気も悪いし、花月園競輪が廃止されてから、酔っ払いのオッサンが、めっきり減りましたね(笑)。

#Yackle様
今年もよろしくお願いします。

新シリーズ、順次書いていきますので、ご愛読の程お願いします。
(ツイッターについては、申し訳ありませんがノー・コメントとさせていただきます。私が直接読んだツイートではありませんし、
これは何か、わざと「挑発」している感じがしますね。
こういうのに、うっかり呼応すると「炎上」しそうなので。火の用心!)

#にんべん様
そうなんですよ。「日本橋」とは、このことだったんです。。。。

「鉄道ちゃん」に触れないと、私の記事じゃなくなっちゃうので、遠慮なく書かせていただきます。
どうか、お楽しみくださいませ~♪
(*'​-')​ノ

mippyonさんへ

いつも丁寧なコメントありがとうございますm(_ _)m

> 鶴見駅前の「カミン」は無くなりまして、今は「シークレイン」です。

直訳すると「海の鶴」なのか(笑)

> 「ミナール」はありますけど、これの正式名称が「鶴見臨港鉄道ビル」って、知ってました?!

もちろん知ってましたよん♪
「鶴見臨港鉄道」と言えば、今の鶴見線の最初の経営会社で、鉄道路線の国有化で撤退後も現在まで存続している会社。
(鉄道路線を手放したり廃線したりしても、鉄道の名前で存続してる会社はいくつかありますねぇ)
戦前には臨港線に並行して「海岸電気軌道」も走っていたし(その後鶴見臨港鉄道に吸収の上廃止となりましたが)。
あの辺りも工業地帯になる前は海水浴が楽しめたとか・・・・・更に隔世の感(笑)

「鶴見線パス」で久々に行こうかなぁ・・・・・・・

桐生下り1番 様

こんばんは。
(*'-'*)
「南武鉄道」も、「アサノ不動産(株)」と社名が変わり、本社も東京へ移転していますが、法人としては現存する・・・という話を聞いたことがありますね。JFEスチール(旧・日本鋼管)の系列だと思われます。

南武鉄道株式会社は、戦後「再民営化」を求めて政府に運動をしたそうです。
民営時代に積極的な経営を行なっていて、国有化後にサービスが低下した線区では、結構そういう動きがあったらしく、
阪和線沿線でも「再民営化」を要求する住民運動があったようです。

しかしまあ、「赤字83線区」ならともかく、南武線も阪和線も国鉄末期まで黒字路線の常連でしたので、国鉄が手放すはずはありませんでした。

南武鉄道時代、登戸の構内に小田急との連絡線があり、これは国有化後も残っていて、戦後、小田急線から川崎駅への直通電車運行構想もあったようですが、
小田急の構想を、当時の東京鉄道管理局は「歯牙にもかけなかった」・・・という話です。「東京メガループ」とか言っている、現在のJR東日本の施策を思うと「隔世の感」がありますね。

海岸電気軌道は、鶴見臨港鉄道が旅客営業を始めたため、電車運行の意義が薄くなり、道路拡幅で軌道が邪魔になったこともあって廃止・・・と聞いています。
走っていたのは今の産業道路(県道6号線)上です。
「鶴見臨港鉄道の軌道線」としての営業期間は短く、廃止を前提に「補償」として買収したに過ぎないのだと思います。

もっとも、旧・海岸電気軌道も、現在の川崎鶴見臨港バス(株)が法人格を継承している模様で、「消えた会社」ではないんですね。。。。

海水浴はできるかどうかわかりませんけど、昨年夏、東扇島に川崎市営の「潮干狩り場」が50年ぶりに復活し、話題になりました。

鶴見線は今、平日の朝夕以外は非常に本数が少ないので、お気をつけくださいませ。
今期の「鶴見線パス」は臨港バスが利用できないので、その点が不便になりましたね。
貨物列車も、扇町から秩父鉄道の三ヶ尻へ行く「コール・トレイン」(石炭輸送列車・・・もちろん外国からの輸入炭)が唯一の定期列車になり、寂しくなりました。
(*'​-')​ノ

2012★

遅くなりましたが、新年の挨拶にまいりました
今年もよろしくお願い致します
これからもブログ楽しみにしてます♪

東海道五十三次の旅
おもしろそうですね
いろんな発見がありそうe-454

楽しんできてくださいe-276
お気をつけて

いな穂 様

今年もよろしくお願いします。
(*'-'*)

「鉄道ちゃん」の話題、最近は「○○が廃止になる」っていうネガティブな話ばかりなので、
ここで趣を変えて、「東海道五十三次を歩きながら鉄道ちゃんと遊ぼ~♪」ってことで、新企画を始めました。

最後は大津~京都間で「おけいはんと遊ぼ~♪」ですかね(笑)。
(実際は、まだ三嶋大社の前までです。「いずっぱこ(伊豆箱根鉄道)と遊ぼ~♪」ってとこですね。。。。)

ご声援、ご愛読よろしくお願い申し上げます。
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。