04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都電の保存車を見に行ったヽ(゜∀゜ )ノ


昨日からの続きですが、隅田川駅で開催されたJR貨物のイベントを見ていたら古いお友達親子に遭遇・・・。
昼食の後、中学生の坊やたちは元気良く三河島駅から水戸へ、EF81形電気機関車撮影のため遠征。

(お父さんに「目的の列車だけ撮ったら早く帰ってこいよ。明日は秩父だからな」と言われていました。
明日は秩父だってさ!( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!
なんでも「パレオエクスプレス」のC58 363が「今だけ”門デフ”」なんだって!うっしゃ~!!!)

そして大人たちは「ちょいと、都電の保存車でも見に行こう」ってことになりました。。。。

都電の保存車は結構あちこちにありますが、今回見た3両は「保存状態:特上」クラスです。

まずは、荒川区立あらかわ遊園にある6152号車、通称「一球さん」です。
都電の6000形は1947~52(昭和23~27)年に290両も作られた大所帯でしたが、最終的に6152だけが稼動可能車として残りました。
(現役時代末期は都交の用語でいう「応急車」、JR流にいうと「事業用車」・・・11月21日付に書いた「クモヤ」・・・だったのです。)
1986(昭和61年)に、黄色に赤線の都電カラーから、1950年代の緑色とクリーム色の塗色に戻され、映画の1950年代シーンに登場したりしました。
(『瀬戸内少年野球団』の続編だったような気がする。これには国鉄も協力し、東北本線をEF58 89+旧型客車のロケ用列車が走りました。)
その後も色はそのままで、イベント用車両として使われていました。
なお、「一球さん」の名は、前照灯が「一球」だからです(もっと新しい車両は二つですよね)。

しかし、この車両にはブレーキが空気ブレーキ1系統しかなく、万一それが破損したらアウトです。
まあ、低速の路面電車ですし、この車両はワンマン運転ができず、必ず車掌が乗務するため「運転士に何かあったら車掌が・・・」という考えもあったのか、過去に問題視されたことはありませんでした。
ところが、京福電気鉄道越前本線(現・えちぜん鉄道)での車両暴走・正面衝突事故以来、
「ブレーキが2系統以上の車両(それを「フェイル・セーフ」と呼ぶ)でなければ、本線上の運行は罷りならぬ」という運輸省通達が出て、2000年(平成12)12月から休車、翌年12月に廃車されました。

実は私、問題になった京福電鉄のモハ251という事故車に、事故の数ヶ月前に乗り、東古市(現・永平寺口)駅で撮ってるんですよ。だから、その通達を「大げさな・・・」とは言えないなぁ。。。。
(12月2日追記・・・その写真、見つけたので貼っておきます。)


その後も6152号車は解体はされず、「路面電車の日」などのイベントでは「単なる展示物」として見ることはできましたが、長期の保存をする財政的な余裕が都交にはなく、
結局、荒川区が引き受けて「あらかわ遊園」で保存・・・という次第です。

行ってみると、2007(平成19)年に改修されたそうで、保存状態は良好でした。

「あらかわ遊園」は東京都唯一の公営遊園地で、なんでも大正11(1922)年にオープンした私設の遊園地を、戦後は荒川区が運営しているとか。
入園料は大人200円。乗り物券は1回100円です。火曜(祝日の場合は水曜)と年末年始は休園。開園時間は9時~17時です。
電車を見るだけなら入園しなくても、正面ゲートのすぐ脇なので、柵越しに見られます。


次は荒川車庫の横にある「都電おもいで広場」へ。。。。
ここは、2007年5月26日にオープンしました。中に入れるのは土曜・休日(年末年始を除く)の10時~16時ですが、ここも柵越しならいつでも見られます(入園無料)。
保存されているのは、7504号車「学園号」と、5501号車です。


5501号車は1954(昭和29年)生まれの電車ですが、これは「PCC車」などと呼ばれています。
「PCC車」という言葉、路面電車の本を読んでいると結構出てくるんだけど、まともに解説しているのは少ないなぁ。。。。

PCCというのは、アメリカで1929年に結成されたThe Electric Railroad President's Conference Committee(強引に意訳すると「電気鉄道経営者会議委員会」) が、
その頃から台頭するようになったマイカーや路線バスに対抗するため、近代的な電車の標準仕様を制定し、それに則って製造された電車を「PCC Car」と呼んだことによります。
第一弾はピッツバーグ鉄道(PR Co.)に1936年6月から走り、1950年代半ばまで、100両以上がこの仕様で作られました。

1950年代半ばで打ち止めになったのは、そこでアメリカが完全にクルマ社会になったからですが、日本でもこんなのをやったわけですよ。。。。
5501号車の電装品や台車はウエスティングハウス社の特許を買って製造されましたが、ライセンス料が高く、外貨不足の当時は「とんでもない話」というので、
三菱電機・住友金属と阪急系のナニワ工機が、日本流にアレンジして5502号車を作ってしまいます。そのため、3社の頭文字と取って、5502と5503~07は「MSN車」という呼び方もされたそうです。
(注:実際には5501より5502の方が、1年早く完成した。)
なんでも、WH社のライセンス料は部品図面が1点45万円、それを取り付けた状態を示す艤装(ぎそう)図面が35万円とかいう話を何かで読みましたが、確かに1ドル=360円の時代に「それは厳しい」と思いますよ。。。。

5501号車は純アメリカン・スタイルで製造され、乗ってみるとわかりますが、運転台にハンドルがなく、コントローラーもブレーキもペダル操作なんですよ、自動車みたいに。。。。
しかし、これは日本の流儀に反するのか、5502や5503~07は普通のハンドル式でした。
(5501も1960年、ハンドル式に改造。)

結果的にこの5500形は故障が多く、また全長14.3mというのはアメリカならともかく、東京では使い勝手が悪く(都電の標準は全長12~12.5m)、入線できない路線が多くて、
品川駅前~銀座~上野駅前間の1系統専従(所属は三田車庫)で過ごし、作られたのもわずか7両でした。
1系統が廃止された1967(昭和42)年9月末日限り引退しました。そのまま、廃車です。
なにぶんにも珍車なので、トップナンバーだけは解体されずに上野公園で保存され、その後荒川車庫へ移りましたが、「おもいで広場」開園時に一新されました。
まあ、再現されたペダル式コントローラーなどを見ると、完全に「アメ車」で、それだけでも一見の価値があります。

7504号車は1962(昭和37)年に日本車輌で製造され、1978(昭和53)年にワンマン化改造されました。
この時、黄色に赤線の都電カラーから、黄色に青線の塗色になりましたが、これは「赤線=ツーマン車、青線=ワンマン車」という意味があったのです。
実は、東海道・山陽新幹線の総合検測車「ドクター・イエロー」みたいな色!と言った女性がいまして、笑っちゃいましたが。。。。

1984(昭和59)年から7500形の車体更新が始まりましたが、7504だけは旧車体のまま残り、冷房化もされませんでした(7502と7508は更新せずに廃車)。
通学時間帯のみ、リリーフとして臨時電車に運用されることが多く、そのため「学園号」の愛称があったのですが、1998(平成10)年頃から運用を外れ、2001(平成13)年に廃車されました。

乗ってみるとまあ、これはオーソドックスな路面電車でして、特に変わった印象は受けません。

「おもいで広場」は停留所風に仕立てられ、木造家屋ふうのお手洗いもあったりしてムードを盛り上げていますが、
実は、6152号車引退の時、「ブレーキを新基準適合に改造するには約3000万円かかる」と説明され、しかし「静態保存にも約5000万円かかる」と言って都交は手を引いたようです。
ところが、いくらかかったか存じませんが、しばらく経ってみれば「おもいで広場」が整備されました。
きっと偉い人の「鶴の一声」なんでしょうけど、「出来ない」と言って投げたものが、トップ人事の異動で突然出来ちゃう不思議。。。。
「それが、お役所クオリティ」です。
┐('~`;)┌


最後に・・・これは保存車両とは全く無関係なんですが、荒川車庫の構内に「変な自動車」発見!!!!


左ハンドルなので国産のはずはありませんが、どこの国の何という車なのでしょうか?
(@_@)???
ナンバーは「春日部」でしたから、都交所有のはずはないし(それなら「足立」ナンバーでしょうね)、「東京都交通局」とは書いてないから、外部の車でしょう。
もっとも、春日部ナンバー自体の歴史は平成2年(1990)11月26日からと浅く、これは比較的最近取得された物だと思います。
(なお、この写真は立入禁止ラインぎりぎりで撮影し、拡大した物です。念のため。)

「おもいで広場」は、本線を走る電車を眺めながらマタ?リとするには格好の場所でした。タダだし(笑)。

営業所に掲示されていた、最低1万円から「オリジナルデザインの回数券」(1冊7枚綴り1000円×10冊から受付)を作れます・・・なんていう「ご案内」を見て「いいね」なんて言ったりしながら、最終的に我々は王子駅前で解散。
(ちなみに「貸切電車」の料金は、1回1万3820円だそうです。これは安いのか高いのか????)

東京都民だというのに、荒川線1路線しかない都電にはあまり縁がありませんでしたが、なかなか面白いとわかったので、また来ますね。
ただ、今回からリエちゃんが「鉄道けもの道」に足を突っ込んでしまったのが気になる。。。。
(​ノ∀≦。​)ノプフ​゚ーッ​
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。