04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えるJR371系、どうなるの?特急「あさぎり」(・.・)?

JR東海371系「あさぎり」(小田急線生田)

赤い「レッドアロー」の話題の次は、青い帯を巻いた「あさぎり」のお話です。
(*'-'*)
JR東海の特急車には、371系電車という「1編成のみ」しかない車両が存在します。

これは、主に小田急電鉄との乗り入れ列車である特急「あさぎり」に充当され、新宿~沼津間を運行していますが、
しばらく前に「2012年3月のダイヤ改正で、371系は引退」と報じられました。

共同通信社『47(よんなな)NEWS』から
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101701000650.html
(以下、引用)
流線形の名物車両が引退へ JR東海「371系」

JR東海は17日、小田急電鉄と直通運転をしている新宿(東京)―沼津(静岡県)間の特急「あさぎり」から、名物車両「371系」を来年3月に引退させる方針を固めた。車両の老朽化などが理由。流線形の先頭部分が目を引き、利用客は大きな窓から富士山などの眺望を楽しめることから人気を集めてきただけに、惜しむ声も出そうだ。

あさぎりは来年3月以降は小田急の車両だけで運転。371系はあさぎりとしては21年で姿を消す。

371系は、91年のあさぎりの相互直通運転開始に伴ってデビュー。白い車体に青いラインの入った塗装は「東海道新幹線車両をイメージさせる」として話題を呼んだ。
2011/10/17 18:05 【共同通信】
(引用終わり)

「あさぎり」。。。。
私にとっては「縁無き列車」で、1991(平成3)年3月16日のダイヤ改正で特急になってからは、3回ぐらいしか乗ったことがありません。

小田急線にも、JR御殿場線にも、乗る機会は結構あるんですが、なぜ「あさぎり」にご縁が無いかといえば、
この列車、ものすごく割高感があるのね。。。。
┐(>_<)┌
小田急線内(新宿~松田間、71.8km)の特急料金は670円ですが、松田からのJR線特急料金がメチャクチャに高く、松田~御殿場間(25.3km)で820円もするんですよ。
運賃・料金の併算だと、新宿から御殿場まで片道2720円(普通車利用)です。

一方、小田急箱根高速バスに乗れば、渋滞のリスクはありますが、新宿駅西口~御殿場駅乙女口間が片道1630円と、1000円以上も安い。
しかも、「あさぎり」は1日4往復なのに対し、高速バスは30分間隔の運行です。
所要時間は、新宿~御殿場間だと「あさぎり」が約1時間30分。高速バスも、定刻どおりなら約1時間40分です。
これじゃ、勝負にならんでしょう。。。。
┐(´~`)┌
「あさぎり」という列車自体、小田急線内では、まずまずの乗車率ですが、御殿場線内では、やはり近年は不調といわれます。
そりゃまあ、そうでしょうな。。。。
JR371系「あさぎり」(小田急線喜多見)・2


小田急線から御殿場線への直通列車の歴史は古く、1955(昭和30)年10月1日から新宿~御殿場間に運行された「芙蓉」「銀嶺」が最初です。
これは、小田急所有のキハ5000形という気動車で運行されました。
全車座席定員制の列車で、小田急線内は特急と同格、国鉄線内は準急扱いだったので、「特別準急」という面白い列車種別だったそうです。

「あさぎり」の名は、1959(昭和34)年10月に、特別準急が1日2往復から4往復に増発された際に登場したもので、当時は漢字書きの「朝霧」でした(もう1本は「長尾」)。
この特別準急時代を、私は存じません(まだ生れておりません)。

1968(昭和43)年7月1日、御殿場線の電化完成によって、小田急の(旧)3000形SE車を充当して電車化され、列車名は「あさぎり」に統一されました。
列車種別は、小田急線内では特急と同格でしたが、国鉄線内は急行扱いになり、またも「連絡急行」なる風変わりな列車種別で扱われました。

この「あさぎり」には、私もちょくちょく乗る機会があり、森永エンゼルの「走る喫茶室」(注)を懐かしく思い出します。
(注:小田急ロマンスカーには、「走る喫茶室」と称する飲物・軽食のシートサービス[有料]があり、原則としてNSE車は三井農林株式会社[ブランド名は「日東紅茶」]が、SE車は森永エンゼル株式会社が担当していた。)
(*'-'*)
小田急(旧)3000形「あさぎり」(海老名電車基地)

前述した1991年3月のダイヤ改正を機に、「あさぎり」は特急に格上げされてSE車は引退、
そして、JR東海の371系電車と小田急の20000形RSE車(下の写真)による「相互乗り入れ」となり、同時に、運行区間も沼津までに延長されました。
小田急20000形「あさぎり」(山北)

JRの371系は静岡車両所(静シス)の所属で、「あさぎり」のほか「ホームライナー浜松5号」(土曜・休日は「ホームライナー静岡35号」)、同「静岡8号」、同「沼津2号」にも充当されています。
ただし1編成しかないため、車両検査などの場合、「あさぎり」は全列車小田急20000形で、「ホームライナー」はJR373系電車などで運行されます。

ちなみに、371系にはJR東海仕様の保安設備・ATS-PT型装置(現在、東海道本線で使用)は取り付けられたそうですが、小田急が取り付けを進めているD-ATS-P型装置(小田急線内用)の取り付けは行なわない模様です。
小田急のD-ATS-P型は、2013年度(下北沢駅構内の地下化完成時)に本格的な使用が始まるそうなので、「廃止すると決まっている車両には付けない」ということでしょうね。

371系の去就についてですが、「あさぎり」からの撤退後、
「JR東海は今後、371系を団体列車として使えるように改装した上で、来年秋にも再び運行を始める計画。」
と『静岡新聞』は10月18日付で報じていますが、これは公式発表ではなさそうですから、イマイチ信用しかねます。
そもそもこの記事は、「共同」の原稿と写真に加筆しただけだし。。。。
(http://www.at-s.com/news/detail/100069491.html)
┐('~`;)┌
JR371系「あさぎり」(小田急線喜多見)

なお、371系の僚友である小田急20000形RSE車ですが、これも、ハイデッカー構造が現行のバリアフリー関連法規には合致しないため、
D-ATS-P型の取り付けも行なわれず、近い将来には引退・・・と聞いています。
小田急20000形RSE車(喜多見)

しかし、来年(2012年)3月以降、「”あさぎり”は小田急車だけで運行される」とのことですが、
代替車の投入もせず撤退するJR東海と、「当面は存続」と決めた小田急との間には、相当な「温度差」が感じられますね。
(*'-'*)
「20000形RSE車も、近い将来には引退」という話が、即「あさぎりは廃止」となるのかどうかは、分かりません。
小田急電鉄としては「あさぎり」への思い入れも深いようですから、どうなることか。。。。

もっとも、一説に「60000形MSE車で乗り入れ続投!」とも聞いていますが、これも信じていい話なのかどうなのか?
(・.・)?
小田急60000形MSE車(喜多見)

「どこまで信じていいのか、分からない話」はともかく、とりあえず私も仕事やら、女子会やらで忙しい中(笑)、
11月26日(土曜)の朝、良く晴れていたので、泊まり勤務明けに喜多見駅と、生田駅近くで写真撮ってきました。
(喜多見は乗務員交代のある駅ですが、小田急の女性車掌さんって、「宝塚の男役」みたいでカッコイイよ♪)
割高なので敬遠していた「あさぎり」ですが、また「ぼつぼつ撮っておこう」とは思ってます。

最後に、生田駅の売店で見つけた「おいし~♪」を。。。。
小田急「電車サブレ」

『電車サブレ』ですって! お値段は1枚130円と、安かったです。
他の小田急線の駅でも売っているかどうかは分かりませんが、
「おいし~♪」を見逃さないのが私、みっぴょんなのでした(笑)。。。。
(*'-'*)

【追記】(2011-12-17)
「あさぎり」について、小田急電鉄の公式発表がありました。
(2011年12月16日付「ニュースリリース」)
http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/6813_2421858_.pdf(PDF形式)
これによれば、2012年3月17日(土曜)から実施の新しいダイヤにより、
●「あさぎり」は新宿~御殿場間の運転に戻る。御殿場~沼津間は廃止。
●車両は全列車、小田急60000形MSE車での運行となる。
●本数は平日3往復・土休日4往復となる。
●途中停車駅は新百合ヶ丘・相模大野・秦野・松田・駿河小山(一部の列車のみ停車)に変更され、現在停車している町田は通過となる。
なお、一部の「あさぎり」は、新宿~相模大野間で「えのしま」との併結運転となる。

ちなみに、このダイヤ改正をもって10000形HiSE車と20000形RSE車、通勤用5000形電車が引退します。
また、「メトロはこね」が平日も運転される代わり、有楽町線新木場まで乗り入れていた「ベイリゾート」(現在運休中)は、正式に「廃止」となります。
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

あさぎり

371系の引退を知った時、「登場以来そんなに経つのか」と改めて思いました。「あさぎり」自体は同時投入だった小田急20000形で今後も続くようですが。登場した頃は「はこね」の20000形充当運用を選んで乗りに行った思い出があります。今も本線運用あったような。
「あさぎり」、小田急線内は他の町田や本厚木に停車するものと変わりなく利用されているものと思われますが、JRがからむとご指摘の事情が絡んでくるのかも。
ちなみに新宿~御殿場間で1往復だけ「あさぎり」利用の機会がありました。富士スピードウェイでのロック・フェスの時で、往復ともに371系の運用でした。渋滞なく、眺望もいいのでMSEでなくてもいいからずっと続いて欲しいですね。ただ、MSEやEXEみたく、分割・併合タイプが有効的じゃないかと思います。

371系が廃止されるらしいですね
(>.<)
準急や急行時代があったとは知りませでした
確かにJR線での扱いには温度差がありますね
ホームライナーには豪華な車両ですよね
静岡行の東海もなくなって沼津行のあさぎりもですかね
御殿場線を盛り上げて欲しいです
今後20000系の動向も気掛かりですね
(@.@)

T-Max様

こんばんは。
(*'-'*)

時間の流れって早いですよね。
「スーパーひたち」の651系もそうですが、JR初期の車両もそろそろ引退なんですね。
(逆にいうと485系なんて、よく何十年も使ったなぁ・・・よほどの「名車」なんでしょうね。)

「はこね」運用のRSE車は、今でもありますよ。
しばしば運用は変動するようですから、小田急の公式サイトでご確認ください。

>富士スピードウェイでのロック・フェスの時で、往復ともに371系の運用でした。

あ、「富士ロック」行きましたか。
私は毎年、陸上自衛隊の「総火演」(総合火力演習)見学に応募してるんだけど、当たったためしがありません。。。。
(>.<)  ズト~ン!!!!
(お友達にミリタリー・マニアがいるので。その人に「総火演」の記録映像を見せられたら、私も本物を見たくなってしまったんです。)
「不肖」こと宮嶋茂樹氏(カメラマン)あたりになると、向こうから招待状が来るんでしょうね。うらやましい。。。。

>MSEやEXEみたく、分割・併合タイプが有効的じゃないかと思います。

私もそう思いますね。
気動車時代や、旧3000形SE車時代は、需要に合わせてフレキシブルな増結・減車が行なわれていましたから、
この先も、EXEかMSEでそれをやれば良いと思います。

しかし、もし仮にMSEになるとすれば、趣味的には面白いですね。
なにせ、現行の小田急線・箱根登山線・東京メトロ線に加え、JR東海線も走ることになりますよ。「4社を走る車両」って、全国的にも珍しいんじゃないでしょうか?
(*'​-')​ノ

aki様

こんばんは。
(*'-'*)

>準急や急行時代があったとは知りませんでした

タレントの勝俣州和さん(御殿場市出身)は、子供の頃、ロマンスカーに一度乗ってみたくてたまらなかったそうですよ(笑)。

>確かにJR線での扱いには温度差がありますね

そうなんですね。小田急さんには、
「(あさぎりが存在するから)静岡県東部まで、自社のテリトリー」とか
「戦後、御殿場周辺の観光開発をやってきたのは、富士急さんと自社」
といった自負があるようですが、
JR東海さんは「東海道新幹線さえあればよい」と思っているのか、
せっかく「東京・新宿まで直結」のルートを持っているのに、それを活かしている感じがしません。
「新宿を征する者は、渋谷も池袋も征する」んですけどね(笑)。

>ホームライナーには豪華な車両ですよね

静岡支社管内は、普通列車がほとんどロングシートなので、310円で豪華な車両に乗れるのは魅力ですよね。
そういえば、以前「ホームライナー鴻巣」の記事を書いたら、岐阜県の方から「首都圏のホームライナーって、500円なんですか?」というコメントをいただきましたが。。。。

>静岡行の東海もなくなって沼津行のあさぎりもですかね

特急「東海」は、パッとしなかったからなぁ。。。。
横浜駅とか大船駅が便利な方(つまり「新横浜駅へ行くのは遠い」方)には、好評だったのかもしれないけど。
「踊り子」シリーズとセットにして育成するとか、もうひとつ工夫があればよかったと思いますけど、もったいなかったですね。

>御殿場線を盛り上げて欲しいです

まったく同感です。「栄光の旧・東海道本線」ですからね。
一日に何本か、「華」になる特急列車があると、やはり魅力的ですよね。

>今後20000系の動向も気掛かりですね

スタイルや色も独特ですし、小田急唯一の「スーパーシート(JR線内では「グリーン車」と呼称している)がある特急車」ですから、引退は惜しいですね。何か、うまい活用法があるといいんですけど。
(*'​-')​ノ

あさぎり

あさぎりはよく新宿から本厚木まで乗りました。快適ですよね。特に3列座席はゆったりしていて、お気に入りの席です。普通車で3列座席の特急車両って全国的に見ても珍しいのではないのでしょうか。
2階建ての1階席で見晴しはあんましよくないけど、めちゃ混雑している通勤電車の横を通過するのは女王様気分に浸れます。
あさぎりの大きな窓の車両にも今度乗ってみましょうね。

びゅんびゅん丸様

こんにちは。
(*'-'*)

「女王様気分に浸れます」っていう表現、思わず笑っちゃいました。。。。
o(^▽^)oキャハハハ
西武池袋線でも朝方、複々線区間で特急が各停を追い抜くシーンを見られますよ。
もっとも、我が町は特急停車駅ではないので、私が乗っているのは各停ですけどね。

>あさぎりの大きな窓の車両にも今度乗ってみましょうね。

ぜひ、乗ってみてください。本厚木までと言わず、御殿場や沼津まででも♪
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。